マヌルネコ繁殖成功 県こども動物自然公園

2014年6月16日

PK2014061602100042_size0

県こども動物自然公園(東松山市)は中央アジアなどに生息する小型のヤマネコ「マヌルネコ」の自然繁殖に成功し、子ネコ四匹=写真、同公園提供=の公開を始めた。同公園のマヌルネコは八匹になった。 マヌルネコは生態が不明な点も多く、国内では四動物園に十数匹しかいない。

四月十八日、雌のタビー(六歳)が四匹を出産した。タビーは警戒心が非常に強いため、飼育係が慎重に見守り、五月七日、タビーがえさを食べているすきに巣箱をのぞき、四匹の赤ちゃんを確認。 同十七日、初めて赤ちゃんが巣箱から出たという。赤ちゃんは巣箱で寝ている時間が長く、見られない場合もある。問い合わせは、同公園=電0493(35)1234=へ。 (中里宏)

参照元 :
東京新聞


マヌルネコの赤ちゃんがうまれました!!(マヌルネコ舎)

2014.6.5

4月18日(金)にマヌルネコの赤ちゃんが4頭うまれました!!

この日は、1日中お母さんのタビーの姿や気配もなく、心配になり夕方巣箱をそっと見てみると… 「ウー…」と、うなっているお母さんのお腹の下に動く毛玉?  いや赤ちゃんがいました!! 幸いその日は雨で静かな開園日だったので、落着いて出産できたのかなと思います。次の日からは、お母さんが落ち着いて子育てができるようにしばらくの間、展示をお休みさせていただきました。

生後1ヶ月過ぎるころから赤ちゃんたちは巣箱から出始め、自力でエサを食べている姿が見られるようになり、順調に成長していることがわかりました。

そして6月4日(水)から展示場の扉を開け、4頭の赤ちゃんたちの展示を開始しました!!まだまだ、巣箱から出始めたばかりなので見られないこともあります。また、とってもこわがりな赤ちゃんたちなので、そっ〜と静かに見てあげて下さい。

参照元 :
埼玉県こども動物自然公園