地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

マイクロチップ

【超監視社会】米ウィスコンシン州の自販機メーカーが、従業員にマイクロチップ埋め込みを提供

手にマイクロチップ埋め込み、米メーカーが従業員にオファー

2017/7/26(水) 11:31配信

2017-07-26_194123

[25日 ロイター] - 米ウィスコンシン州の自販機メーカーが、従業員に対し、スナックなどの購入、コンピューターへのログイン、コピー機使用などの際に使えるマイクロチップを手に埋め込む機会を提供している。電磁波によって通信し、15センチ以下に近づけると情報が読み取れる仕組み。

このメーカー「スリー・スクエア・マーケット」のバイスプレジデント、トニー・ダナ氏によると、チップは米粒ほどの大きさで、従業員85人のうち50人前後がインプラントを選択した。親指と人差し指の間に注射器状の器具で埋め込む。

これは非接触型クレジットカードやペットの識別チップに使われている技術に類似したもので、同社は社員にこの技術を提供するのは全米初としている。チップはスウェーデンのメーカーが製造するという。

ダナ氏は今回の企画について、無線通信を使用した識別チップがより広範囲な商用性を持つかどうかを見極める試みの一環と説明した。

同社のトッド・ウェストビー最高経営責任者(CEO)は声明で「この技術はいずれ標準化され、パスポートや公共交通、あらゆる購買の場などで採用されるだろう」と述べた。 

ただ、ハッキングの懸念などからこうした動きに反発する声もあり、2月にはネバダ州の上院議員が強制的なチップの埋め込みを違法とする法案を提出している。

参照元 : ロイター












2017年までに全アメリカ人にマイクロチップが埋め込まれる!遠隔殺人機能も備わっている!?

米大手放送局「2017年までに全アメリカ人にマイクロチップが埋め込まれる」 “遠隔殺人機能”も!?

2016.01.25

2010年3月、アメリカ国民の皆保険を目指すいわゆる“オバマケア法案”と呼ばれる医療保険制度改革法案と、その修正法が議会を通過。大統領の署名を受けて承認され、2014年度から施行されることになった。2,309ページにも及ぶというこの法案だが、その1,014ページの16行目に、患者に対してFDA(アメリカ食品医薬品局)が定める「クラス2デバイスのインプラント」が可能になる条項が記されている。法案の施行後、アメリカ国民に対して何らかのインプラントが可能になるという意味だが、この“クラス2デバイス”とはいったい何なのか? その背景に、世界統一政府による壮大な“人類管理システム”の実現に向けた方策があるのではないかと物議を醸しているようだ。

■2017年の人々にはマイクロチップが埋め込まれている!?

過去に放送され大反響を呼んだ“2017年の社会生活を予見する”「NBC」ニュースの特集に、今また注目が集まっている。



特集は、救急搬送された患者の立場ではじまる。どのような状況で救急車に乗せられ病院に担ぎ込まれたのか、詳しい説明はないが、とにかく免許証など身分を証明するものを一切身につけていない状態のまま救急医療を受けることになったのだ。例えば、公共交通機関で移動中に事故や事件に巻き込まれ、手荷物などを手放してしまった状態で救助された場合などには、じゅうぶんあり得るケースだろう。

ここで本人に意識があれば、血液型などを直接本人から聞き出すこともできるが、意識を失っていればそれすらできず、担当した医師の判断ですべての処置が施されていくことになる。この救急患者がもし持病などを抱えていて、特定の薬剤などを受けつけない状態にあれば、場合によっては深刻な事態を招きかねないだろう。

しかしここで想定されている時代は、2017年だ。身ひとつで運び込まれた急患の皮膚の下には、「マイクロチップ」が埋め込まれているのである。このマイクロチップを専用のスキャナで読み取ることで、本人の名前や血液型、年齢、住所などはもちろん、過去の医療診察歴もすぐに判明し、的確な処置を素早く行うことができるのだ。身元不明で運ばれても、すぐに親族や保護者に連絡することも可能になる。このようなケースでは、マイクロチップは確かに有益であるだろう。

2016-01-25_165547

医療制度改革法案とその修正法(H.R.4872)1014ページ 「H.R.4872」より

番組ではマイクロチップのほかにも、指紋認証や顔認証、網膜(あるいは虹彩)認証などの「生体認証技術」を紹介し、個人認証システム導入を前提とした近未来の暮らしを描いている。指紋認証などは、すでにiPhoneなどに採用されてすっかり身近になった感もあるが、果たしてマイクロチップを埋め込む未来とは、いったい何を意味するのか。実は極めて恐ろしい事態も考えられるという。

■マイクロチップには“遠隔殺人機能”も備わっている!?

番組で紹介されている、米粒を2〜3粒つなげたほどの長さのマイクロチップが、FDAが定める「クラス2デバイス」だ。確かに身体に埋め込めるサイズではありそうだが、“マイクロ”というにはやや大きいような気もする。では、この中に一体何が入っているというのだろうか。

複数の海外メディアによれば、このマイクロチップは、ある程度離れた場所からでも情報を読み取ることができるRFID(radio frequency identifier)端末であり、設備が整っていればどこにいても当人の位置を特定でき、プリペイドカードやクレジットカード機能を持たせることによってショッピングの決済にも使えるという。もちろん、JR東日本のスイカなどのように公共交通機関の支払いに使うことも技術的には可能なのだろう。そして、こうした行動の記録やショッピングの履歴はネット上のどこかに記録され続け、いつでも当人の生活を追跡・把握することが可能となる。

このように便利な機能を数多く持つたせたところで、それでもこのマイクロチップはやや大き過ぎやしないかとも思えるのだが、そのわけは、遠隔操作によって埋め込んだ人間を殺害できる機能が備わっているためではないかと疑う人々もいるようだ。マイクロチップ内に、例えば青酸カリなどが仕込まれており、何らかの判定が下され、遠隔操作で青酸カリを放出させて“母体”の当人を殺害することができるというのだ。致死量の毒物を封入しているがゆえに、このくらいのサイズになってしまうのだ。

環境問題を専門とするジャーナリスト、評論家の船瀬俊介氏もこの件に警鐘を鳴らしており、自著の『死のマイクロチップ 明日はあなたに埋められる?』(イースト・プレス)の中で、このマイクロチップの機能にはGPSによる位置情報の特定、個人情報(収入と支出、病気の診断履歴、マイナンバーなど)の管理に加えて、やはりボタンひとつで処刑が可能になる遠隔殺人機能も備わっていると主張している。そしてアメリカ人だけでなく、日本での実施も計画中であるというのだ。

2016-01-25_171534

果たして、その目的とするところは何なのか? 海外の陰謀論者によれば、マイクロチップを埋め込んだ人々を厳重に監視することで、国境を越えた世界統一政府が「新世界秩序(New World Order)」の名のもとに世界中の人々を管理し、場合によっては人口調整を行うことを視野に入れた壮大な支配・統治計画があるということだが、実態はよくわかっていないのが現状だ。

話を戻し、NBCニュースの特集では、2017年にはマイクロチップの埋め込みがスタンダードになっているという論調なのだが、もうそれは来年の話である。今年の末には新たな米大統領が登場することになるが、これから2017年までの間に、アメリカ社会がいったいどんな様相を呈してくるのか、“くしゃみをすれば風邪を引く”日本としてもその動向の把握は怠れない。

(文=仲田しんじ)

参考:「Before It's News」、ほか

参照元 : TOCANA




NBC Reports: All Americans Will Receive an RFID Microchip Implant in 2017 (Video)!

Tuesday, January 19, 2016 12:51

The Mystery of the Apocalypse and the Number 666
NBC has recently predicted that in 2017, all of America will be tagged with microchips. They will be implanted to help identify individuals immediately. According to the report, the technology is used to answer one question, “Am I who I say I am?”

micro_chip_rh65u5

An Exclusive You Have To See: The Last Frontier of Free Press Is Here! No More Censorship, Unlike YouTube and Others!

Some worry, however, that the RFID Microchip will give the government too much power, allowing them to track every move. In some states, like Virginia, legislation is in process to stop this from happening. The report also reveals an RFID Brain Chip that has been developed and is currently being tested on several humans.

It was reported that the use of Micro-Chips in Bill H.R. 4872 was located on Page 1014 under “National Medical Device Registry” it tells about a “Class II Device That is Implantable” and yes, they passed the bill. Read Page “1014″ In The H.R. 4872 Read Class II Special Controls Guidance For FDA Staff.



With the RFID Microchip they can track the movement of the people that are implanted. They can also control the money and food of the people. It is also reported to be possible to even kill the people that don’t obey. The HR 3962 Bill is an exact copy of the HR 3200 bill in with the exception of just a few words removed concerning the RFID Microchip but the ability to Chip Every Citizen of the United States is still in the bill. Open Bill and Read Pages 1501 through 1510 Read Class II Special Controls Guidance For FDA Staff Read And Do The Research For Yourself …

The mystery of the Apocalypse and the number 666



Apocalyptic sound was heard in Slovakia 2015



Mysterious sounds appearing all around the planet !



“And he did what he did to everyone – small and great, rich and poor, free and slave – the character to the right hand or to the fronts, so no one can buy or sell who does not have a character name of the beast or the number of his currency. That’s wisdom: who has understanding, let him count the number of the beast, for it is the number of a man and his number is 666 “(Revelation of St. John 13, 16-18)



An Exclusive You Have To See: The Last Frontier of Free Press Is Here! No More Censorship, Unlike YouTube and Others!

参照元 : beforeitsnews






スウェーデンの会社では、従業員にマイクロチップを埋め込む 「プライバシーの侵害」懸念する声も

社員の手に「マイクロチップ」埋め込む会社 コピーも鍵もこれ1つでOK

2015.2.6
 
0206bbc001

私たちは日ごろオフィスに入ったりバスに乗ったりするときに、さまざまな情報が登録された「ICカード」を使っています。スウェーデンのとあるハイテクオフィスビルでは、カードの代わりに「マイクロチップ」を使っているそうです。

そのチップの付与の仕方が、また変わっています。なんと従業員の手の甲の、皮膚の下に埋め込むのだとか。BBCの技術特派員ロリー・セラン‐ジョーンズが、スウェーデンでの体験を動画でレポートしています。(文:夢野響子)

「手で触れるだけ」パスコードの入力不要に

このビルのテナントに勤めるフェリシオ・デ・コスタさんは、オフィスの入り口で手をかざしてドアを開けます。彼の手の中には、米粒ほどの「無線周波数識別チップ」が埋め込まれているのです。

このビルに勤める他の700人にも、近々チップを埋め込む機会が提供される予定です(拒否する権利はあるようですね)。このしくみは入退室時やコピー機の利用だけでなく、飲み物の購入などにも使われる予定です。

ビルのオープニング時には、チップの開発最高経営責任者がステージ上で自らの手にチップを挿入するセレモニーが行われました。BBC特派員も、この技術を理解するためにチップを挿入することにしました。

チップのインプラントは、プロの刺青師が行います。親指と人差し指の間の皮膚をマッサージし、消毒して深呼吸すると、注射のような一瞬の痛みとともにチップが皮膚の下に挿入されました。患部には絆創膏が貼られます。

この技術開発に携わるハネス・ジョブラドさんのチップには、彼の「電子名刺」が含まれており、スマートフォンをかざすと、チップに書かれている情報を読むことができます。

「人間は本当にここまで、テクノロジーと一体化する必要があるのか?」

この質問に、彼はこう答えました。「私たちはすでに、日常的に技術と相互作用している。現在はPINコードとパスワードが必要で不便だろう? 手で触れるだけの方が自然じゃないかな」

0206bbc002

「プライバシーの侵害」懸念する声も

特派員が実際に試してみると、コピー機を稼働させるために、手を不自然にねじらなければならなかったりして、それほど自然でもないようです。チップのインプラントを心待ちにする人がいる反面、疑わしいと思う人もいるようです。しかしジョブラドさんは、

「何年も前、ワクチンの集団予防接種に人々は懐疑的だったよ」

と言います。彼は、大企業や政府が税務当局チップやGoogle、Facebookのチップを皮膚に埋め込む日は確実に来ると信じています。取り出しは5分で可能だそうですが、彼は取り出すつもりはないそうです。

イギリスへ戻った特派員の痛みが残る手には、マイクロチップが入ったままです。より洗練されたチップが開発されれば、フィットネスバンドのようなウェアラブル技術も、それに置き換わるかもしれません。どこかに置き忘れることがないからです。

しかし肌の下にテクノロジーを埋め込むことが、文化的に許容されるかどうかは別問題だ、と特派員は締めくくっています。読者からも、チップが人間の健康状態などのデータを把握する可能性があり、「プライバシーの侵害」について懸念する人もいます。

(参照)Office puts chips under staff’s skin / The rise of the Swedish cyborgs (BBC)

参照元 : キャリコネニュース








最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ