地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

ペンタゴン

メロン氏「ペンタゴンは未確認物体遭遇事件を把握している」元クリントン&ブッシュ補佐官が暴露

【衝撃】“UFOとペンタゴン”について元クリントン&ブッシュ補佐官がガチ暴露「 国防省は12のUFOを把握」

2018.04.18

「やっぱりUFOはいるよね!?」――最近アメリカでは、UFOマニアでない一般の市民でさえUFOについて大真面目に語る事態に発展している。CNNやワシントンポストなどの大手メディアに対して、ある男がUFOを追跡する米軍の機密映像を公開したことから、この騒ぎは始まった。その男とは……ペンタゴンの元副長官だったのだ!

■メロン氏「ペンタゴンは未確認物体遭遇事件を把握している」

これまでにトカナでもお伝えしたようにその映像は3つ。どれも国防総省(ペンタゴン)がかつて承認した映像という、大変なお墨付きである。

1つ目は、米軍パイロットたちが卵型の浮遊物を空中で発見し観察している様子を捉えたもの。2つ目は、2004年に起きた、ニミッツ航空母艦に搭載された戦闘機F-18が未確認物体の出現に巻き込まれた事件の映像だ。そして3つ目は、「科学・UFO宇宙研究組織(TTS Academy)」が公開した超機密映像である。これは、米軍戦闘機に搭載された監視照準装置が浮遊物を撮影したという、なかなかのお宝映像である。



クリントンとジョージ・W・ブッシュの両政権時代に副国防長官として活躍したクリストファー・メロン氏は、現在、TTS Academyのアドバイザーを務めている。そのようなガチの防衛専門家のアドバイスのもと、これらの映像が公開されたのだから、誰しも興味を持つのは仕方ない。

メロン氏は言う。「ペンタゴンの官僚たちは、ここ3年間だけでも実に12件以上もの未確認物体遭遇事件を把握しています」

何しろ、その物体の特徴が異次元そのものだ。「例えば、そのUFOらしき物体は高度1万8000メートル以上もの高さから超音速で降下したかと思えば、突然海上15メートルでホバリング(急停止)します」。

このような技術を持つ飛行物体は地球上に存在しない。そもそも、航空機のホバリングは非常に難しく、風やダウンウォッシュなどの外乱を相殺しなくては急停止をすることはもちろん、空中で停止したままの状態を保つことはできない。だから、あらゆる科学者の見識をはるかに超えたこの物体を見て、メロン氏のような高名な防衛専門家でさえも「あれはUFOではなかろうか……」と大真面目に議論する事態となったのだ。

2018-04-19_210228

■国防総省の「スルー体質」を痛烈に批判

2018-04-19_210343

メロン氏は、かつての自身の職場である国防総省を批判する。「ソビエトが人工衛星の打ち上げを成功させ、アメリカは負けてなるものか! と月面着陸をやってのけた。だったら、もう少し国防総省がUFO研究に協力しても良いはずだ」

彼の怒りの背景には、ここ5年の国防総省の対応が影響している。国防総省は2012年、UFO調査のための資金確保をストップしてしまったのだ。メロン氏は、UFO研究こそが月面着陸に勝るとも劣らない科学のロマンであり、アメリカにとって安全保障問題の1つでもあるのだから、アメリカ政府が今後も資金協力すべきなのだ! と不快感を露わにしている。しかし、現在の国防総省に最も欠けているものは資金協力を避けるケチくささではなく、根本的な意識の持ち方であると指摘する。

「さまざまな調査機関がせっかくUFOについて調査報告を出してくれたのに、最近の国防総省は取り合わず、承認しようとしない例も多い」(クリストファー・メロン氏)

つまり、メロン氏が最も指摘したかったのは、ここ数年にわたる国防総省の「スルー体質」なのだ。国防総省にしてみれば、未確認物体に時間を割くよりも他に優先して取り組むべき事案があるという本音もあるのだろう。しかし、国防総省のこうした煮え切らない態度は、複数の政権下で自国の国防を真剣に考え続け、引退後もこうして航空防衛専門家として研究を惜しまないメロン氏の心に、逆に火をつけてしまった。だからこそ、現在の所属団体(TTS Academy)とタッグを組んで「政府が停滞しているのなら、俺たちがやってやろうじゃないか!」と、映像公開に踏み切ったようだ。

アメリカ人の気質を表す言葉に「Perception is reality」というものがある。「視認できるものこそが現実だ」という意味だ。メロン氏の執念によって世間に公開された、かつての国防総省のUFO追跡映像。トカナ読者の方々にはぜひしっかり見ていただきたい。

(文=鮎沢明)

参考:「Washington Post」ほか

参照元 : TOCANA






元ジャパンタイムズ編集長・島津洋一氏「韓国MERSウイルスはペンタゴンの生物兵器研究所から放たれた」

韓国MERSウイルスはペンタゴンの生物兵器研究所から放たれた

2015年6月18日(木曜日)、14時24北京
 
South-Korean-MERS-patient-quarantined-in-China

軍事検閲の隠蔽化のため、中東呼吸器症候群(MERS)の蔓延を防止しようと懸命になっている医師、医学研究者や韓国の公衆衛生当局が必要な情報にアクセスできないでいます。中東以外では世界初のMERS感染者は68歳の韓国人ビジネスマンで、中東のある非公開の場所を訪問した後、首都ソウルから40キロ南の生まれ故郷の京畿道に戻った事まではわかっていました。この最初の患者は名前は匿名で、世間の目の届かないところにいます。

世界中のメディアヒステリーで無視することはペンタゴンの生物兵器計画の下でのウイルス研究にMERSのパンデミックを結びつける証拠の数々です。以下の事実は、5月下旬に始まった韓国の大流行が、40キロ南ソウルの烏山米空軍基地、でJUPITRの細菌戦のプロジェクトでの実験室の事故によって引き起こされている可能性があった事を示しています。筆者の意見は括弧でくくって書いていきます。

2012年に始まったアラビア半島のMERS感染はよく知られているように、コウモリではなく、ラクダによって引き起こされました。よって現在、その種の病気はウイルス特異的抗体をもつラクダの病気として分類されていますが、元々MERSそのものは、ナイル川渓谷に沿ってコウモリが出没する崖を住居にしている「穴居人の疾患」の人と接触することで広がる病気として長い歴史を持っていました。

ところがアメリカ主導の2回目(※9.11後の2001年ブッシュ大統領時代の話)のイラク侵攻の際、トンネルや洞窟を破壊する劣化ウラン弾に力を注ぎ、GBU-28バンカー・バスター爆弾の米空軍の使用の結果としてヒト集団に広がったコウモリ型ウイルス。エジプトの墓に住む感染したコウモリは、人間が密集して住む町に避難所を捜さざるを得なくなりました。出典:国防総省の契約の下で働いていた微生物学者(注:劣化ウラン弾DUの放射線被曝によりコウモリのウイルスの毒性が増加した可能性があります。)(※以下より自動翻訳のまま)

海軍研究ユニット3(NAMRU-3)、カイロ、エジプトに拠点を置く米国の生物兵器のチームは、その後、SARSと同じ球形ウイルス群に属する、コロナウイルス(CoVの)としてそれを識別する、MERSの遺伝暗号を解読しました一般的な風邪。MERS-CoVの研究はフォート・デトリック、メリーランド州、ペンタゴンのトップ生物兵器の研究室とアバディーン性能試験場のサイトでの生体防御研究理事が監修しました。出典:米軍プレスサービス。(注:最初のサンプルはヨルダンから来たことを公式主張は、軍事占領下イラクでMERSの広がりにわたって報道管制の一部である可能性があります。)

エイプリルフール2014で、米国防総省の国防高等研究計画庁(DARPA)はDARPA局長アラティPrabhakarによれば、その最優先としてMERS調査とその生物学的技術事務所を開設しました。この国防総省が資金を提供するプログラムは、非公開のラボと一緒に、カナダのメリーランド州とのMedicagoで例えば、Novavax、バイオテクノロジー企業や民間の研究所、米国の研究機関や大学で、海外の数十に生物戦争関連の研究を委託しています。出典:連邦・テクノロジーズの事業(FCW)マガジン

韓国の流行の初期段階では、100韓国軍人は軍人のMERS感染後、USAF烏山空軍基地で隔離されました。この初期の感染は、韓国の兵士が実際の患者ゼロであることを示します。兵士は、伝え烏山で151番目医療病院に移籍する前に民間病院で骨折の治療を受けました。ソース:聯合ニュースサービス6月3日、2015年(注:骨折は実験室の事故や破損出荷ケースはMERSの発生の出発点であったかもしれないことを示している可能性があります。)

SKOREAHEALTHMERS150608e

京畿道で烏山空軍基地は、共同米軍、韓国のポータルと統合脅威認識先進技術実証(JUPITR ATD)、フォート・デトリック、MDでのそのほかのラボ施設を運営し、軍の生物学的サーベイランスプログラムに家です。烏山飛行場は、シアトル・タコマ国際空港(SEA-TAC)にUSAF輸送ハブとして、そのための主要な治療と避難負傷した軍人のためのセンターと、生物兵器の監視と応答のための中心地です。(注:便利な、京畿道が中東を旅し、感染した実業家の家庭省として報告されます。)

MERSのパンデミックのグローバルモニタリングは、秘密主義、ソウルベースの​​国際ワクチン研究所(IVI)を主催し、世界保健機関(WHO)によって導かれます。IVIのチーフサイエンティストおよび業務執行取締役は、大佐ジェロームキムという名前のアメリカ軍に出向USAFの役人です。彼はロックビル、メリーランド州の研究のウォルターリード陸軍研究所の分子ウイルス学と病因部門の元ヘッドです。

博士クラウディオLanata、カヤオ、ペルー、生物兵器開発のための主要な軍事的中心部にある米海軍医学研究ユニット6の科学ディレクターは、WHO-IVI科学諮問委員会に含まれます。出典:IVIのウェブサイト。(注:これは、米軍は、WHOの主要なウイルス研究室を制御していることを衝撃的でなければならない理由は、私たちがおとなしく、このような帝国のコマンドや制御を受け入れるようになってきました。?)

健康の韓国の国立研究所の研究者は、韓国人の患者からの組織試料を検査、MERS変異体はサウジアラビアウイルスに「近い一致」であることがわかりました。出典:韓国保健福祉省のウェブサイト。(注:近試合で顕著な違いは、突然変異を示し、天然ヒトからヒトへの伝播では、ウイルスの遺伝子の塩基対がほとんど検出されているだろうリボ核酸構造における小さな変化は、韓国を得たが。 MERSは、生物戦剤としての可能性を増加させる、より迅速に送信されます。)

MERSへの世間の注目は烏山空軍基地にユタ州に試験場米陸軍のDugwayからのライブスターン株炭疽菌の「偶発的」出荷に気を取られました。(注:誤ってMERSの兵器を隠蔽するために、炭疽菌ではなく、MERSに韓国軍人のいずれかの死亡を属性に出荷が多分組織された大規模な細菌戦攻撃が産油アラブ諸国に対して調製されている確かなら、それはなるだろうセンスが韓国への遺伝子改変タスクを転送します。)

軍事、医薬品の剤としてWHO

WHOは、病院、診療所、シニア家庭や学校のための香港の医師からの室内空気質の推奨事項を促進するために失敗することにより、空気中の病原体の拡散を教唆しています。SARSの前の状況と同様に、MERS-CoVのの普及には、室内環境でのウイルス負荷濃度で指数関数的に増加します。

必要なのは、二酸化チタンエアークリーナー内部の感染性粒子を破壊するフリーラジカルの空中患者と医療スタッフの間で伝送し、発生を防止する医療施設の再設計されています。

4韓国の病院内のMERSの広がりは、それによって自身が大手製薬企業による収益性の高いワクチン研究の破損しているプロモーターであることを明らかにし、香港のディレクターのマーガレット・チャン頑固に反対病院の再設計SARSの発生時にどのように思い出させてくれます。香港と中国南部2002-04年のSARSの流行から、ハード教訓は明らかにソウルやジュネーブに達したことはありません。

研究室用のバイオセキュリティプログラムに沿って、そのウイルス研究所の秘密は、国防総省とNATOの付属物にWHOに変換されます。医療倫理のその目に余る違反は抜本的な改革を求める声に拍車をかけています。WHOこの著者の七エッセイシリーズで報告されているように、ミネラル豊富な西アフリカで修正されたエボラウイルスの意図的な植栽に素直パートナーを務め、および産油湾岸諸国におけるMERSの広がり。

戦時中の731部隊の遺産

韓国が原因で731数十年先にウイルス研究における米英の軍国主義日本の特殊な武器グループ単位の永続的な遺産にウイルス学のためのWHOセンター今日は、日本軍は1930年代後半の間に占められて満州に非常に伝染ハンタウイルスを単離し、前電子顕微鏡の発明。

革新的なウイルスプログラムは、腺ペストの老舗細菌学の研究の下でそれを偽装することによって極秘に維持しました。ウイルス武器は腺ペストよりもはるかに急速に普及contagionsで民間人居住者の莫大な質量と少なくとも2,000日本兵が死亡し、その結果、中国の都市に対して展開されました。

70年前の戦争の終わりには、731部隊とのウイルス学者は心からDugway試験場での米軍の細菌戦の研究室では、その致命的な研究を継続するために招待されました。激しくCIAによって否定されたが、朝鮮戦争時のオン・アース証人は、生物学的薬剤が鴨緑江の谷の中国側の上秘密の夜間便から削除されたことを表明します。

中国北部への訪問で、生き残った市民防衛ボランティアの一つは、馬の毛とラットの糞を含むわらの束をクリーンアップについて教えてくれました。自分のアカウントは、ラットの尿と糞を介して拡散されているマウス(マウス負担)ハンタウイルス、と一致していました。

ハンタウイルスは、戦争の歴史の中で最も致命的な自傷行為のエラーの間でそれを作る、漢江(ハンタウイルスの同名)に沿って3,000人以上の米兵が死亡し、その結果、しかし、制御することが困難であることが判明しました。ロング韓国の紛争終了後、ハンタウイルスは、天然のフォーコーナーズ地域のインディアンと、より最近では、ヨセミテ国立公園の観光客を含め、アメリカ人を殺すために続けました。

unit731-torture

遺伝子改変によって退治

エコロジー固有の病原体は、特定の地域の地政学的な戦略の下で開発されています。UAEはイスラエルと同盟国トルコが主導的な役割を取るながら、ソウルのWHO国際ワクチン研究所に参加する唯一のアラブ国家です。一方、サウジアラビアと中国はラクダDNA、MERSに抵抗することができラクダ抗体の探求の最初のステップをデコードするために協力しています。世界がいずれかの攻撃に秘密の生物学的戦争でロックされているか、全体集団を守り、地域の資源をキャプチャされています。

過去10年間、遺伝子改変SARS、鳥インフルエンザの連続発生は、エボラ及びMERSは西洋制御の下で公衆衛生システムを置くために協調の試みの国民集団を超える経済サボタージュやテロの影響がありました。米国、カナダ、オーストラリア、ヨーロッパと日本の応答は、常に明白なことを認めることを拒否です。

韓国MERSのソースへのフォレンジック調査が緊急に必要とされています。公正な科学的調査の可能性は、しかし、実質的にゼロです。ソウルの政府はすでに完全にSewolフェリー沈没は、イスラエルの造船業界と協力して構築された韓国海軍の新しいドルフィン級潜水艦の一つで、水中の衝突によって引き起こされた可能性の高いシナリオのその毛布カバーアップによって損なわれています。MERSと、その信憑性は、新たな深さに沈んで。

MERSの発生の本当の原因に率直な答えは容易に罪のない韓国人が巻き添え被害で命を失い続けている間来て悪化のために準備する必要がありますアラブ諸国を意味し、軍国主義志向ソウル外か、ワシントンから出ないであろう。

labs

科学ジャーナリストの島津洋一は香港のSARS発生やタイの鳥インフルエンザ感染の間はそれらの国の公衆衛生情報チームを率いていました。(※国際的にも信頼を置かれている科学ジャーナリスト)
 
e0069900_12325095

参照元 : South Korea MERS EMERGED Out Of the PENTAGON’s BIOWARFARE Labs


在韓米軍基地で22人が炭疽菌に曝露の恐れ 誤送付で

2015.05.28 Thu posted at 12:44 JST
 
anthrax-cdc

(CNN) 米国防総省の研究所が手違いで炭疽菌(たんそきん)の生きたサンプルを米国内や韓国の研究施設に送付していた問題で、在韓米軍の烏山空軍基地は28日までに声明で、訓練施設で22人がサンプルにさらされた可能性があると述べた。

同基地は「全員が検査や抗生剤、場合によってはワクチン投与を含む適切な予防的治療を受けた」として、症状が出ているものはいないとしている。

国防総省のウォレン報道官は先ごろ、烏山空軍基地にはサンプル1つが送付されていたとして、「感染の兆候が出ている兵員はいない。サンプルは適切な手順に従って破棄された」と発表していた。

この問題は、米メリーランド州の研究所に生きた炭疽菌のサンプルが届いたことから発覚し、全米の研究所などで緊急調査が行われた。

ユタ州ダグウェイの研究所に残っていたサンプルを調べた結果、生きた菌が含まれていたことを確認。送付する際は死んだ菌だと思っていたため、生きた菌を送付する場合の厳重な対策を講じないまま発送していたという。

cdc

炭疽菌は送付する前に、定められた手順に従って不活性化されることになっていた。問題のサンプルを受け取った可能性のある軍や政府機関、民間の研究所などは、炭疽菌の在庫確認を急いでいる。

専門家は国防総省に対し、この菌の輸送に関して一般に危険が及ぶ恐れはないと説明している。また、米疾病対策センターも国防総省と連携して調査に乗り出し、現時点で一般に危険が及ぶ可能性はないとの見方を示した。

国防総省の広報によれば、現時点で健康被害などの報告も寄せられていないという。

参照元 : CNN.CO.JP





911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

911事件の嘘をくずせ『Loose Change 2nd Edition』

911

素直に受け入れ難い内容かも知れませんが、落ち着いて御覧ください。冒頭で述べている通り、配布奨励動画です。「Loose Change」で検索すればYouTubeやGoogle Videoでも見つかるはずです。

警告!この情報を所有する者はアメリカ愛国者法、第802条の元、国内テロの容疑で身柄を拘束され裁判抜きでグワンタナボ収容所に拘留される恐れがある。

この動画を貴方の友人や家族や見ず知らずの他人に見せて欲しい。なるべく早く、手遅れになる前に。上映会の開催、無許可のダビング、インターネット上での配布を強く希望する。












ボーイング不在の決定的証拠映像



一般市民が撮影したビルの映像。マスコミが流したCG映像との違いをご覧ください。




これはジミー・ウォルターの「Confronting The Evidence」のダイジェスト版。日本語で編集されていて分かり易いです。

911テロ検証ビデオ Loose Change 2nd Edition japanese(完全字幕版)

911の真実(WTC第7ビルは爆破された、ペンタゴンに旅客機は突入していない?などの数々の疑惑とその反論も)

911同時多発テロにおける真実を追う




これが911に疑問を持つきっかけになってくれれば幸いです。

911はアメリカユダヤの自作自演@国際3

totalindex大型まとめサイト(日本語)







日本人も、そしてアメリカ人も、さらには全世界の人々が騙されているのです。捏造された情報の中に埋もれる真実を、今こそ人類のために広めねばなりません。

いわゆる支配者である彼らは、銀行によってお金を作成し、食料と資源とエネルギーを独-占していくことに専念しています。全ての戦争は広告によって鼓舞されて正当化されてきたということ。戦争はマスコミ、広告PR会社が大衆を扇動することによって作り上げられる。




ベンジャミンフルフォード:「若い時に誓った。もし今までに信じてきた事に、反する事実が現れた時には、世界観を変える。そうじゃ-ないと無知な頑固オヤジになる」






2006年10月07日 ジミー・ウォルター 講演 9.11テロ 南タワーに突入した飛行機は虚像か






仏記者チエリ・メッサンによる9.11検証本の全訳は

9.11テロ検証 偽情報・大衆操作(Resistance.people)




『911の嘘をくずせ Loose Change 2J』より。あの日の4つの事件で一番わかりやすい嘘はペンタゴンで起きたこと。





【関連記事】
今まで見たことがない911アメリカ同時多発テロの驚くべき映像

最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ