地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

ペット

【衝撃映像】ワニがいる川で飼い犬を遊ばせていたら・・・

オーストラリにて、ワニがいる川で自分の飼い犬2匹を遊ばせていた頭の悪い女が、案の定1匹の飼い犬をワニに食べられ泣き叫ぶ映像。

2019-03-25_003819

ワニが近づいてきてるのに、呑気に「カモン」!としか言わない飼い主。

▼だから言わんこっちゃない。



【仰天ニュース】大きなヒグマと一つ屋根の下で20年間仲良く暮らすロシアの家庭

ロシアの家庭、ヒグマと20年間仲良く生活

japanese.china.org.cn | 30. 05. 2016

d02788e9b6b918b63e700a

大きなヒグマとひとつ屋根の下で暮らすとはどのような感覚だろうか。一般人には想像できないことだろう。イギリスの『デイリー・メール』はこのほど、ロシアの家庭と体重140キロのヒグマの共同生活の物語を伝えた。「ステパン」という名前のこのヒグマは今年23歳で、生後3カ月の時にこの家に来てスベトラーナさん・パンテレエンコさん夫妻と生活するようになった。

「ステパン」は家族の一員であり、畑仕事も手伝い、花の水やりを担当している。一番の好物は練乳で、驚く程の量を食べ、1食で25キロの魚類、野菜、卵を食べる。また、サッカーが大好きで、サッカーをしたり観戦することが一番の楽しみである。

参照元 : 中国網日本語版(チャイナネット)

d02788e9b6b918b63e7001

d02788e9b6b918b63e7002

d02788e9b6b918b63e7003

d02788e9b6b918b63e7004

d02788e9b6b918b63e7005

d02788e9b6b918b63e7007

d02788e9b6b918b63e7008

d02788e9b6b918b63e7009

d02788e9b6b918b63e7006

▼他にもヒグマと暮らすオジサンが居た。




【感動する話】人間のように生きたクマ。人の言葉を理解できて一緒に暮らしたクマの一生。

ヴォイテクは、1963年に動物園で生涯を終えます。20年ほど生きたことになります。幸せだったのかどうかは分かりませんが、兵士たちとは不思議な縁であるし、まるで人間のように生きたクマの一生は不思議なおとぎ話のようです。



動物が持つ常在菌やウイルスに注意!イヌやネコなど身近なペットから人間に感染

犬や猫も…身近な動物からの感染症に注意 ペットは清潔に保ち予防を

2014.11.9 17:08

ecb1411091708001-p1

動物が持つ常在菌やウイルスから感染する病気は動物由来感染症(ズーノーシス、人獣共通感染症)と呼ばれる。イヌやネコなど身近なペットからの感染例も多く、特に免疫力の弱い高齢者や乳幼児、妊婦は注意が必要だ。(佐々木詩)

200種類以上

「ヒツジ、大きくて怖いー」「こっちにおいで、エサあるよー」。大阪市天王寺区の「天王寺動物園」。ヒツジやヤギにエサやり体験ができるコーナーでは、子供たちが歓声を上げながら動物と触れ合っていた。エサを渡す際には、職員が「終わったら必ず手を洗うんだよ」と声かけ。同園職員の榊原安昭さんは「必ず声をかけています。エサ売り場の隣には手洗い場も設けています」。ズーノーシス予防のためだ。

世界保健機関(WHO)はズーノーシスを「脊椎動物と人間との間で自然に移行するすべての病気または感染」と定義し、世界に200種類以上あるとしている。病原体の伝播(でんぱ)には動物にかまれたり、ひっかかれたりすることで感染する直接伝播と、動物を触ったりすることでダニなどを通して症状が現れる間接伝播の2種類がある。エボラ出血熱や重症急性呼吸器症候群(SARS)のように有効な治療法が開発されていないものもある。

日本の場合、諸外国に比べると、動物からの感染症は比較的少ないとされている。それでも、身近なペットからの感染例は多い。

散歩の後は清潔に

大阪市東成区の「おざさ動物病院」。10月中旬、「皮膚に炎症がある」と飼い主が小型犬を連れてきた。診察の結果、「皮膚真菌症」と判明。カビによって炎症が起きていた。同院の小笹孝道院長が確認すると、飼い主も、腕にかゆみが出ていた。ペットが皮膚炎を起こすだけではなく、ペットを介して人間にも感染していたのだ。「動物だと子犬や子猫が発症しやすい。人間も抵抗力の低い子供やお年寄りに症状が出ることが多いようです」

厚生労働省の「愛玩動物の衛生管理の徹底に関するガイドライン」では、ペットを介する主なズーノーシスを挙げて注意を呼びかけている。ペットの糞から感染し、内臓や目に症状が現れる「イヌ・ネコ回虫症」、ネコの糞などから感染し妊婦が感染すると胎児に障害をもたらす「トキソプラズマ症」、イヌ、ネコの口腔(こうくう)内にいる常在菌で、人間の皮膚の化膿(かのう)や呼吸器疾患などを起こす「パスツレラ症」などがある。小笹院長は「散歩の後は足を拭いてブラッシングをしてあげる。シャンプーや歯磨きも定期的に行い清潔に保つことが、人間への感染予防にもつながります」と話す。

同ガイドラインなどによると、イヌ、ネコのほか、鳥の排泄(はいせつ)物などから感染し呼吸器系に症状が出る「オウム病」や、リスやハムスターなどからうつり、風邪のような症状が出る「野兎(やと)病」、爬虫(はちゅう)類からの「サルモネラ症」などもあるほか、移動動物園で牛を触ったことでO157に感染する例もあったという。大阪府動物愛護畜産課の武田雅人さんは「かわいいからといって、口移しでご飯をあげるといった過度の接触は避けてほしい。また、触った後にはしっかり手を洗うことが重要です」と予防法を話す。

野生動物の場合は、さらに、感染の危険が増す。武田さんは「身近なところで弱っている動物を見かけても、触らずに、行政などに連絡してください」と話す。また、海外では国内にはない感染症も多いため、安易な動物との接触は避けた方がよいという。武田さんは「適切な距離で、動物と仲良く過ごしてほしい」と話している。
 
参照元 : SANKEIBIZ


人獣共通感染症(じんじゅうきょうつうかんせんしょう:ズーノーシス(zoonosis))は、ヒトとそれ以外の脊椎動物の両方に感染または寄生する病原体により生じる感染症のこと。感染している動物との直接接触やその糞や毛垢などを介して再感染が起きる。他の呼び名については呼称についてを参照のこと。

人獣共通感染症の問題点
特に以下の点が公衆衛生上大きな問題となる。
 
新興感染症としての人獣共通感染症
近年、森林伐採などによる環境の激変によって野生動物とヒトとの距離が狭まり接触する機会が増えたことや、種々の動物がペットとして輸入され飼われる機会が増えたことなどにより、従来は稀であったり知られていなかった病原体がヒト社会に突如として出現する。このように新興感染症として現れた場合、未だヒトが免疫を獲得していないために大流行を引き起こす危険性が高く、診断や治療の方法も確立していないために制圧が困難である。2003年に出現した重症急性呼吸器症候群(SARS)にこの問題点が顕著に見られた。
 
予防の難しさ
1980年に撲滅宣言が出された唯一の感染症である天然痘では、その原因となる痘瘡ウイルスがヒトにのみ感染するものであり、かつ終生免疫が成立するワクチンの開発に成功したことが、その功績につながった。すなわち世界中の人すべてにワクチンを接種すれば、それ以上天然痘は伝染しえない。
 
これに対して人獣共通感染症である狂犬病ウイルスは撲滅して予防することが不可能だと言われている。狂犬病ウイルスは全ての哺乳類に感染するため、それら全てにワクチンを接種することは不可能である。またネズミなどの小動物はきわめて小さな門戸から侵入して感染源となることがあり、予期せぬ接触によって感染する危険性がある。
 
呼称について
人獣共通感染症以外の呼称としては動物由来感染症などが挙げられる。以前は人畜共通感染症または人畜共通伝染病という呼称が一般的であったが、「畜」という語が家畜のみを想起するのに対して、近年は愛玩動物(ペット)や野生生物からの感染が重大な問題になっているという指摘がある。

これらを考慮して、人獣共通感染症という言葉を用いようとする動きがあり、この呼称が定着しつつある。ただし、「獣」とは本来なら哺乳類など体毛で被われた動物を指す言葉であり、オウム病や鳥インフルエンザなど鳥類由来の感染症や、爬虫類由来のサルモネラ感染症、昆虫類や魚類由来の寄生虫疾患等も包含する語としては必ずしも「畜」より適切とは言い難い。

いずれにしても、どの語を用いるべきかについては未だ議論の分かれるところであり、統一されるにまでは至っていない。なお、厚生労働省はヒトへの感染経路を重視する観点から動物由来感染症という呼称を使っている。

これに対して獣医学の立場からは、「動物は汚いもの」という意識を必要以上に広く植え付けるだけでなく、ヒトから動物への感染(ヒト由来感染症)による動物への被害という問題もあるため不適切ではないかということも指摘されている。特にヒト由来の抗生物質耐性菌による動物への被害を問題視する意見もある。
 
伝播様式による分類
ダイレクトズーノーシス(direct zoonosis)
同種の脊椎動物間で伝播が成立し、感染動物から直接あるいは媒介動物を介して機械的に感染する。
Zooanthroponoses - 動物からヒトへと伝播する人獣共通感染症
Anthropozoonoses - ヒトから動物へと伝播する人獣共通感染症
Amphixenoses - ヒトと動物の双方に伝播する人獣共通感染症
狂犬病、炭疽、オウム病、腎症候性出血熱、結核、細菌性赤痢、アメーバ赤痢、旋毛虫(トリヒナ)症、ブルセラ症、カンジダ症、サルモネラ症、ブドウ球菌症など
サイクロズーノーシス(cyclo-zoonosis)
病原体の感染環の成立のために複数の脊椎動物を必要とする。この型には寄生虫によるものが多い。
アニサキス症、包虫(エキノコックス)症、有鉤条虫症、無鉤条虫症など
メタズーノーシス(meta-zoonosis)
脊椎動物、無脊椎動物間で感染環が成立するもの。
アルボウイルス感染症、発疹熱、日本住血吸虫症、肝吸虫症、リーシュマニア症など
サプロズーノーシス(sapro-zoonosis)
病原体が発育・増殖の場として、有機物・植物・土壌などの動物以外の環境を必要とするもの。
トキソカラ症、アスペルギルス症、ボツリヌス症、ウェルシュ菌食中毒、クリプトコッカス症など
混合型
上記4型が組み合わされたもの。
肝蛭症、ダニ麻痺症など
 
主な人獣共通感染症
細菌性人獣共通感染症
炭疽 ― ペスト ― 結核 ― 仮性結核 ― パスツレラ症 ― サルモネラ症 ― リステリア症 ― カンピロバクター症 ― レプトスピラ病 ― ライム病 ― 豚丹毒 ― 細菌性赤痢 ― エルシニア・エンテロコリティカ感染症 ― 野兎病 ― 鼠咬症 ― ブルセラ症 ―等
ウイルス性人獣共通感染症
インフルエンザ ― SARS ― 狂犬病 ― ウエストナイル熱 ― エボラ出血熱 ― マールブルグ熱 ― Bウイルス感染症 ― ニューカッスル病 ― 日本脳炎 ― ダニ脳炎 ― 腎症候性出血熱 ―ハンタウイルス肺症候群 ― サル痘 ―等
リケッチア・コクシエラ・バルトネラ性人獣共通感染症
Q熱 ― ツツガムシ病 ― 猫ひっかき病 ―等
クラミジア性人獣共通感染症
オウム病 ―等
原虫性人獣共通感染症
睡眠病 ― シャーガス病 ― リーシュマニア症 ― クリプトスポリジウム感染症 ―等
人獣共通寄生虫症
エキノコックス症 ― 日本住血吸虫症 ― 肺吸虫症 ― 旋毛虫症 ― 肝吸虫症 ― 肝蛭症 ― アニサキス症 ―等
真菌性人獣共通感染症
クリプトコッカス症 ― カンジダ症 ― アスペルギルス症 ― 皮膚真菌症 ― 等
プリオン病
変異型クロイツフェルト・ヤコブ病

参照元 : wiki/人獣共通感染症


トキソプラズマ症

トキソプラズマ症とは、トキソプラズマ(Toxoplasma gondii)による原虫感染症である。世界中で見られる感染症で、世界人口の3分の1が感染していると推測されているが、有病率には地域で大きな差がある。健康な成人の場合には、感染しても無徴候に留まるか、せいぜい数週間のあいだ軽い風邪のような症状が出る程度である。

しかし胎児・幼児や臓器移植やエイズの患者など、免疫抑制状態にある場合には重症化して死に至ることもあり、重篤な日和見感染症といえる。重症化した場合には、脳炎や神経系疾患をおこしたり、肺・心臓・肝臓・眼球などに悪影響をおよぼす。予防するためのワクチンはない。

病原体
トキソプラズマはアピコンプレックス門に属する単細胞生物である。以下の3つの形態をとる。

栄養型
栄養型は急増虫体(タキゾイト)と呼ばれており、細胞内に寄生して無性生殖により急激に増殖する。消毒液や胃酸などに対する抵抗性を持たないため、これを摂食しても感染は起きにくい。しかし眼や鼻の粘膜や外傷から感染することがある。
 
シスト
脳や筋肉の組織中に厚く丈夫な壁に包まれた球形のシストを作る。シストには数千におよぶ緩増虫体(bradyzoite)が含まれており、無性生殖によりゆっくりと増殖している。シストは室温でも数日、4℃なら数ヶ月生存しており、-12℃までの低温にも耐えるが、熱処理(56℃15分)や冷凍処理(-20℃24時間)で不活化できる。
 
オーシスト
終宿主であるネコ科の動物に感染すると、有性生殖を行ってオーシストが形成される。オーシストは糞便中に排出され、環境中で数日間かけて成熟し、数ヶ月以上生存している。消毒液に対する抵抗性が高いが、シスト同様の処理で不活化できる。
 
感染経路
トキソプラズマは人間を含む幅広い温血動物に寄生するが、終宿主はネコ科の動物である。人間への感染経路としては、シストを含んだ食肉やオーシストを含むネコの糞便に由来する経口感染が主である。オーシストは耐久性があるので、直接糞便に接触しなくても、土壌を経由して野菜や水を汚染する場合がある。その他に妊婦から胎児への経胎盤感染がある。
 
食肉
おそらくほぼ全ての哺乳類・鳥類がトキソプラズマに感染する可能性があり、したがって食肉は種類によらず感染源になりうる。とくに羊肉・豚肉・鹿肉など、高頻度にシストが見付かるものもある。感染動物由来の食肉を生食したり加熱が不十分だったりすると、感染の原因となる。食肉そのものだけでなく、包丁やまな板などが汚染されて、それが他の食材や手を汚染することもある。
 
ネコ
例えばネコの糞便中のオーシストが付着した食餌をネズミが食べることで感染し、ネズミの体内に形成されたシストはネコがネズミに噛み付くことで取り込まれる、という具合に生活環が成立していると考えられる。人間への感染経路としては、飼い猫のトイレ掃除、園芸、砂場遊びなどで手に付いたオーシストが口に入ることが考えられる。
 
ただし感染ネコがオーシストを排出するのは初感染の際の数週間に限られており、オーシストを排出しているのはネコの1〜2%程度に過ぎない。ネコと触れるだけで感染するわけではなく、またネコの糞便中のオーシストも成熟するのに数日を要することから、通常の飼い猫であれば感染源としてはそれほど重要ではない。
 
胎盤
感染は通常腸管で起こるが、マクロファージに侵入し血流に乗って全身へ広がることができる。このとき宿主が妊娠していると、胎盤を経由して胎児に伝染する場合がある。伝染のリスクは感染時期によって異なり、妊娠初期の感染では低率で、しだいに増加し妊娠末期ではリスクは70%に達する。ただし、胎児の症状は感染時期が早いほど重篤になる。
 
その他
臓器移植や輸血によって感染した例が知られている。また実験中に、誤って注射したり、飛沫が眼や鼻に入ったりして感染した例もある。
 
症状
免疫系が正常な場合
初感染でも、およそ8割の場合は発熱もなくリンパ節が腫れる程度でほとんど気付かれない。残り2割程度では、リンパ節の腫れや発熱・筋肉痛・疲労感が続く亜急性症状が出て、そのあと緩やかに(1ヶ月程度で)回復する。この間、患者は単球が増加しており、伝染性単核球症と似た徴候を示す。普通は治療の必要がない場合が多い。
 
しかし、まれに急性症状を示す患者がいる。この場合は眼(脈絡網膜炎)、心臓、肺などに病変が起き、神経系に症状が出る場合もある。血液中に原虫が認められる虫血症(parasitemia)も長引き、尿や唾液のような体液にも原虫が出現する。
 
いずれの場合でも組織中にシストが生じて慢性感染に移行する。シストの検出は難しい。慢性感染になった場合の治療法は確立していないが、特に症状が出るわけではないので問題になることは少ない。実験的にはアトバコン(英語版)や、アトバコンとクリンダマイシンの合剤がシスト中の緩増虫体を死滅させることがわかっている。
 
トキソプラズマの慢性感染が宿主に影響を与えるという研究報告がいくつかある。
 
疫学的な研究により、トキソプラズマ陽性だと男児が生まれやすいという結果が得られている。
 
トキソプラズマに感染したマウスはネコを恐れなくなる(猫の尿の匂いに引き寄せられるようになる)。これはネコを終宿主とする原虫にとっては都合がいいと思われる。詳しい機構はわかっていないが、ドーパミン量が多くなっていることと関係があるかもしれない。
 
トキソプラズマの慢性感染によりヒトの行動や人格にも変化が出るとする研究例はかなりある。男性は反社会的に女性は社交的になる、統合失調症や双極性障害にかかりやすくなる、男性はリスクを恐れなくなる・集中力散漫・規則破り・危険行為・独断的・反社会的・猜疑的・嫉妬深い・女性に好ましくない、逆に女性は社交的・ふしだら・男性にもてる、などなど。
 
免疫抑制状態の場合
免疫抑制状態の患者が罹患すると中枢神経系障害や肺炎・心筋炎を起こすこともあり、より重篤な疾患を引き起こしやすい。幼い子供も免疫系の機能が十分でなく、重篤な症状になる場合がある。
 
トキソプラズマ陽性のエイズ患者は、Tリンパ球が200以下になると予防をしないかぎりトキソプラズマ脳症を発症する。これはシスト中の緩増虫体が活性化し、血流に乗って全身に広がり脳に至るためである。病状は潜行性になるときもあり、この場合は突然脳症を発症する。脳を冒されると、神経症状が出て急速に進行する。

症状は部位に応じてさまざまで、片麻痺、失語、視野狭窄、眠気、不安感など。まれだが延髄を冒された場合は、対麻痺が起こる。予防や治療にはピリメサミン(英語版)とサルファ剤と葉酸(ピリメサミンによる葉酸不足を補う)を投与する。
 
先天性トキソプラズマ症
免疫系が正常でも妊娠している場合には別の注意が必要になる。妊婦が虫血症になると、原虫は胎盤に移行し、そこから胎児に伝染する可能性があるためである。通常は妊娠中にトキソプラズマに初感染した場合にのみ起き、妊娠前6ヶ月以前の感染は影響はないとされているが、ごくまれにシスト中の原虫が再活性化して伝染することもある。ただし妊娠中に初感染しても、実際に胎児が先天性トキソプラズマ症を発症する割合はかなり低い。
 
妊娠初期
胎児へ伝染するリスクは低いものの伝染したときの症状は重篤になる。原虫が中枢神経系の発達に影響して、頭蓋骨の形成異常、頭蓋内の石灰化、水頭症、大頭症、脳室の膨大などを引き起こし、流産、死産、または出産後数ヶ月で死亡するか、精神運動障害が生じる場合が多い。神経症状としてひきつけ、緊張・弛緩、異常な反射が、そして成長不全や脈絡網膜炎などが見られる。
 
妊娠中期
4ヶ月以降の感染では、内臓、特に消化器系に影響が出る。黄疸、脾臓や肝臓の肥大、粘膜からの出血などが多く、しばしば予後不良となる。
 
妊娠後期
伝染のリスクは70%に達するが、比較的軽い症状となりすぐには気付かれないことも多い。早くに気付かれる症状としては、色素性の脈絡網膜炎、ひきつけや精神運動発達の遅れ、頭蓋の肥大などが上げられる。実際にはこのような症状が出ないで慢性感染に移行することが多く、数年たってから眼に病変が見付かって先天性トキソプラズマ症と診断されることもある。
 
感染診断
母体が感染したことを診断するには、免疫学的な方法を用いる。(理論的には血液中やリンパ節から原虫を検出することもできるが、一般に困難である。)そこで妊娠がわかったときにはあらかじめトキソプラズマ抗体を調べておくのである。

はじめから陽性であればすでに初感染は済んでいるので胎児への影響はないと考えられる。はじめは陰性であったのに陽転した場合には先天性トキソプラズマ症を発症するおそれがある。

早期薬剤投与によって先天性トキソプラズマ症の発症を抑えることが出来るので早期診断が重要である。治療は主にスピラマイシン(英語版)を用いる。通常用いられるサルファ剤は妊婦には禁忌である。
 
予防
・調理の前後にはよく手を洗う
・園芸や猫の世話をする時にはゴム手袋などを着用する
・生食や無滅菌の牛乳を避け、加熱、燻製、塩蔵がしっかりされた食品をとる
・24時間以上冷凍した食品を使う
・野菜や果物は酢水で洗ってから食べる
・猫はできるだけ部屋飼いにし、生肉を与えたり狩りをさせたりしない
・肉類は十分に加熱し食べる
・妊婦は生肉を取り扱わない

もし飼い猫が外出せず、かつ生肉を食べないのであれば、飼い猫から感染することはまずあり得ない。ゴム手袋などを着用して飼い猫のトイレを毎日清潔に保ち、さらに適宜ゴム手袋を消毒すればよい。ただし、どこで食事をしているかわからないようなネコは、近づけない方が感染の可能性を減らせるだろう。
 
生肉、動物、ネコの糞便に汚染される可能性があるものなどを取り扱う職業に就いている場合は注意が必要である。獣医師や繁殖家とその補佐、食肉処理場・加工場や肉屋の従業員や検査員、農家、造園家、研究施設や衛生試験場の技師、医師や保健衛生関連の専門家などが該当する。
 
疫学
Question book-4.svg この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2009年2月)
 
成人での抗体陽性率は、アジアでは少なく、アメリカでは約11%、北欧やイギリスで30%以下、ヨーロッパ南部と湿潤アフリカで20〜50%、ヨーロッパ西部では50〜70%に達する。

フランスは特に多いことが知られており、抗体陽性率は全体で80%を超え、妊婦に限っても54%と高率である。これは生に近い肉を好む食習慣があることと関係している。ドイツ(約80%)・オランダ(80%超)・ブラジル(67%)も多い国として知られている。日本では、地域差があるが10%前後となっている。
 
ヒト以外の動物におけるトキソプラズマ症
ヒツジ、ヤギ、ブタ、イノシシのトキソプラズマ病は家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されている。と畜場法において感染食肉は全廃棄の対象となる。トキソプラズマ病以外での全廃棄の対象となる寄生虫病はピロプラズマ病、トリパノソーマ病、旋毛虫病、有鉤嚢虫症がある。治療にはマクロライド系抗生物質、サルファ薬、スルファモイルダプソン、ピリメサミンなどが使用される。
 
関連項目
猫から人にうつる感染症としては、他にパスツレラ症、猫ひっかき病などがある。

参照元 : wiki/トキソプラズマ症

猫に自分の寝床を奪われた犬が切ない・・・

自分のベットを猫に占領された犬のリアクションがなんとも可愛い。決して強引に猫を襲ったりしない優しい犬。ほのぼのしたペットの映像。

dog-beds2

Gatos que tomam conta das camas dos cachorros.
Otimo!

Cats stealing dogs' beds



NMB48 LIVE!! ON DEMAND

キツネと仲良しのお爺さんがムツゴロウみたいだと話題に

普通のキツネをペットとして飼育しているお爺さんが、仲良くじゃれ合う姿がなんとも癒される。キツネも嬉しいと犬のように尻尾を振るんですね。

igi92v

This is Dawn, one of the Nuneaton and Warwickshire Wildlife Sanctuary's 6 resident foxes that cannot be returned to the wild. The majority of animals we get in is injured wildlife that is aimed to be returned into the wild, however, Dawn was a young fox that was took into a dog rescue centre as the member of public that found her thought she was a dog! When they realised they bought her into us but it was too late, because she was too tame and this meant that she wouldn't be able to look after herself in the wild. Dawn is not a pet, and we do not recommend any fox or wild animal as a pet

Geoff-and-Dawn-the-Fox

Geoff and Dawn




中国では偽食品や薬剤の混入など食の安全を脅かす事件が多発 ペットを盗んで羊肉として売っていた男を逮捕

【驚愕】中国でペットの猫を盗んで羊肉として売っていた男が捕まる

2013年9月12日

偽食品や薬剤の混入など、中国では食の安全を脅かす事件が多発している。そんななか、猫肉を羊肉と偽って販売していた男が捕まったそうだ。しかも、その猫肉は食用の猫肉ではない。男は、他人の家で飼われていた猫を盗んでいたのである。

・猫泥棒の手口
この猫泥棒の手口はシンプルにして実に鮮やかだった。男は生きたスズメをぶらさげたカゴを用意。それを置いておくと猫はスズメに興味を持って自らカゴの中に入ってくるそうだ。猫が入ったところで、ガシャンとフタをしてしまえば簡単に猫を捕まえることができる。その間わずか2分足らずだったという。

・ついに男を確保
付近では、どうやら飼い猫が盗まれるという被害が多発していたようだ。パトロールに当たっていた男性は、「猫泥棒が夜に同じ道を通ることはわかっていたが、オートバイが速すぎて追いつけなかった」と話している。

だが、パトロールのかいもあり、2013年9月9日早朝についに猫泥棒を確保。男のオートバイに積まれていた3つの袋のなかにはなんと20匹の猫が入っていたそうだ。

・猫を殺して羊の尿につけて羊肉として販売か
男が猫を盗んでいた理由は、猫の肉を羊肉として売るためだったという。猫をさばいて、羊の尿や羊油につけこむと、羊の香りがする。男はこの「偽羊肉」をレストランなどに卸していたようだ。

・住民からは怒りの声
公開された動画には、猫泥棒の男と住民のやりとりが映し出されている。
男「やりたくてやってるわけじゃない。こういう仕事は良心のカケラもないから」
住民「金のためだろ、能力があるなら真っ当な仕事をしろ!」
住民「何がノラ猫だ! ぜんぶ飼い猫だったじゃないか」
男「敷地には入ってない」
住民「入っていないならどうやって盗んだんだ!?」
男「全部道で拾った」
住民「ここらにいた猫はみんな飼い猫だったんだ!」

・現地では衝撃
男は猫の肉を羊肉としてレストランなどに卸していたとされている。現地では知らないうちに猫肉を食べていたかもしれないと衝撃が走っている。しかもその猫肉は飼い猫、すなわち誰かの家の家族だ。飼い主の心情を思うと、いたたまれない。今後、このような事件が起きないことを願うばかりだ。

参照元 : Weibo @鳳凰網広州站
中国日報網(中国語)
執筆 : 沢井メグ
ロケットニュース24

▼猫泥棒の男
2013-09-12_134914

▼こちらが猫を盗むために使っていたバイクだ。後ろのカゴで猫を捕まえていた
2013-09-12_134828

▼カゴに生きたスズメがつるし、猫をおびき寄せていた
2013-09-12_135036

2013-09-12_134719

2013-09-12_134701

▼荷台から発見された猫
2013-09-12_134757

中国の動画ニュース 郑州男子深夜偷宠物猫欲做羊肉串被抓▼



飼い主に捨てられてしまった「捨て犬」を保護 もじゃもじゃの毛を綺麗にカットしたビフォーアフター写真が話題に

もじゃもじゃな毛を剃ってあげたらこうなった! 捨て犬のビフォー・アフター写真がスゴイと話題に
 
shrek1

ダイエット前後や整形前後など、ロケットニュース24ではこれまでにも数々のビフォー・アフター写真を紹介してきた。それらは、時に見る者を鼓舞し、時に驚愕させるようなものであった。

そして今また、世界中の人々に衝撃を与え話題となっているビフォー・アフター写真がある。今回の被写体は、人ではなく犬。飼い主に捨てられてしまった「捨て犬」だ。その犬が発見されたときの姿と保護されてからの変貌ぶりがスゴイ! と注目を浴びているのだ。

・男性が捨て犬を発見「カーペットかコヨーテの死体かと思った」
カナダのオンタリオ州に住むある男性が、自らの農場で奇妙なものを発見した。男性が一目見て、「カーペットかコヨーテの死体かと思った」というそれは、よくよく見てみると毛に覆われた犬であることが判明。捨てられた状態のその犬は、もじゃもじゃと伸びきった自らの毛で歩くこともできず、硬直しているような状態だったという。

・もじゃもじゃすぎる犬に動物病院のスタッフも驚愕
男性の妻で動物病院に勤めるブレンダ・ゴフさんは、もじゃもじゃの犬を自らの勤務先に急いで連れて行った。犬とは思えぬ衝撃的な姿に病院のスタッフたちもビックリ。彼らは映画のキャラクターをヒントにして、その見た目から犬を「シュレック」と名付けることにした。

・もじゃもじゃの毛は全部で1.5キロ以上
シュレックを回復させるべく、まずは毛を剃るところから始められたのだが、あまりのもじゃもじゃっぷりに作業は難航。獣医による体調のチェックなども含め、必要なすべての工程が終了するのに数時間を要し、剃り落した毛の重量は1.5キロを超えたという。

ビフォー・アフター姿が世界中で話題に
元の姿に戻ったシュレックを見て、スタッフたちはまたまたビックリ! カーペットと見間違えるような見た目だった犬は、実はとても小さく可愛らしい姿をしていたのである。その後、彼らがシュレックのビフォー・アフター写真を Facebook で公開したところ、瞬く間に拡散されて世界中の人々に衝撃を与えることとなったのだ。

・体力は回復しているが今でも怯えることがある
体力は順調に回復し続け、保護されてから3日後には、人間や他の犬とも触れ合うようになったというシュレック。だが今でも、時々怯えていることがあるという。今後、シュレックが人間との信頼関係を取り戻し、幸せに暮らし続けられることを願いたい。

執筆:むねやけサンデー
ロケットニュース24
カーペットのようだったビフォー写真がこちら
shrek2

剃るのも一苦労
shrek3

総重量1.5キロ
shrek4

全然カーペットじゃないアフター写真
shrek5

本当はこんなに小さくて可愛かったのだ
shrek6

シュレックは右
shrek7

もはやもじゃもじゃの面影なし
shrek8

人気ブログランキングへ

【米国】ペットの犬や猫がジャーキーを食べた後、病気になり死亡する事例が多発 「共通点は中国産」

謎のペット大量死 中国産原因か 米FDAがジャーキー調査

2013.10.25
 
inu01

米国内で、ペットの犬や猫がおやつ用のジャーキーを食べた後、病気になり死亡する事例が多発していることが判明し、飼い主たちに不安が広がっている。米食品医薬品局(FDA)が24日までに公表したもので、2007年以降に約3600匹が病気になり、うち約600匹が死亡した。ジャーキーの大半には中国産の原材料が使用されていたとしているが、原因は特定できていない。FDAは飼い主に注意を呼びかけるとともに、獣医師らに協力を要請。中国当局とも連絡を取り、大切なペットの命を奪う謎の病気の解明に全力を挙げている。

■600匹が犠牲

「われわれが遭遇した疾患の大発生事例の中でも、最も難しく謎が多い症例の一つだ」

FDA獣医学センターのバーナデット・ダナム所長は22日に公式サイトで公表した「ペット用ジャッキーに関連する疾患」情報の中で、こう指摘した。

ロイター通信や米CBSニュースなどによると、疾患は犬が3600匹、猫は10匹の報告がありうち計約580匹が死亡した。ジャーキーを食べた後、食欲の減退や下痢、嘔(おう)吐(と)の症状がみられた。さらに詳しく調べたところ、6割の症例で胃に、3割で肝臓や泌尿器に異常をきたし、重(じゅう)篤(とく)なケースでは腎不全や胃腸内の出血、けいれんなどを起こし死に至る。

サンプルとして入手したジャーキーを検査したが、原因物質は検出されていない。被害は特定のブランドに集中しているわけではなく、「多数で報告されている」という。

共通点は鶏肉や鴨(かも)肉、さつまいも、ドライフルーツなどが使われていたことで、その原材料のほとんどが中国産だった。しかし、米国ではペットフードメーカーに対し、法律で原材料の生産国の表示を義務付けておらず、消費者はそれを知ることができないのが実情だ。

■表示なしに不安

今年1月には、FDAがニューヨーク州の試験所で行っているサンプル調査で、2社のペット用ジャーキーの鶏肉成分から米国で未承認の抗生物質など6種類の薬物が検出された。いずれも中国産の原材料が使用されていたという。薬物は低レベルで今回の大量死との関係は不明だが、回収措置が取られた。

さらに07年にはペットフードに使われていた中国産原材料に化学物質が含まれており、4000匹のペットが死亡する事態も起きている。

ダナム所長は「動物を愛する者として、早急に原因を突き止め、被害の拡大をストップさせたいと願っている」と述べ、各方面に協力を求めた。具体的には獣医師らに発症したペットの血液や尿などの提供を要請。飼い主には、発症したペットに与えたジャーキーを保管するよう呼びかけている。また、原材料を生産した中国の工場の調査も進めているという。

これに対し、CBSニュースは、全米に広がる飼い主たちの不安を伝えた。

「私は最近、飼い猫を腎不全で亡くしたが、これが原因だったかもしれない」「ペットは家族の一員。ペットフードの原材料の産地や製造過程などを開示させる法律が必要だ」

中国産に対する不信に加え、メーカーの製品表示への不満も高まっている。

参照元 : ZAKZAK




【激萌え映像】恥ずかしがり屋のシャイなアライグマ

【動画】おらぁ恥ずかしいだぁ〜 / 必死に顔を隠そうとするシャイなアライグマさんに激萌えの巻
 
raccoon

世の中にはさまざまな性格の方がいて、積極的な方もいれば消極的な方もおり、また大胆な方もいれば恥ずかしがりの方もいますよね。

こちらの動画に登場するアライグマさん、この方はかなりシャイな様子。必死になって前足で顔を隠して、全力で恥ずかしがっております。うわぁ〜、そのかわいさ、ズルイ!!!!!

この動画は、動画共有サイト「You Tube」に投稿されているもので、アライグマさんとその飼い主らしき男性が映っています。男性が何かを話しかけると、アライグマさんは「おらぁ、恥ずかしいだぁ〜…」と言わんばかりに前足で顔を覆うんだよぉ〜。

もふもふのアライグマさんが恥ずかしがる姿、まじで萌え萌え!!!!!

しかぁ〜し、よくよく男性の発言を聞いてみると、「裸の女性が近付いてきたぞ! 注意、注意!」などと言っているの。この言葉を聞いたら、前足で顔を覆うようにトレーニングされているのかしら?

それにしても、アライグマさんの激萌えポーズ。やばいっす。「裸の女性なんて、まともに見られないっす。恥ずかしいっす」って言っているようだわぁ〜。うぶなのね、うふん♪

ソース:ロケットニュース24
http://rocketnews24.com/2013/09/07/366160/



人気ブログランキングへ

父親が子供に手を挙げたその瞬間、飼い猫のニャンコが仲裁!人間の子供を必死で守ろうとするニャンコが話題に

人間の子供を守るべく身を呈して父親を止めようとするニャンコが健気過ぎる!/ ニャンコ「やめて〜ぶたないであげて〜」

父親が子供に手を挙げたその瞬間、なんと、かたわらにいたニャンコが身を呈して子供を守ろうとしているではありませんか! その健気な姿を観ていると、自ずと「ミャーミャー」という声が、「やめて〜ぶたないであげて〜」という声に聞こえちゃう! 何度も何度も執拗に子供を叩こうとする父親。

それに何度も喰らいついていくニャンコ。きっと「これはなんとしてでも自分が止めなければ……!」、とでも思っていたのでしょうね。 「ニャンコの姿は健気で可愛いけれど、このお父さんやりすぎじゃあないの?」、なんてことばかり気になっていた、というあなた。

安心して。一連の流れは、いわばニャンコに対するドッキリ。このアクションを引きだしたいがために、彼らはわざと演技をしていたのです。

(以下略)

ソース : ロケットニュース24

The Brave Cat Guards His Master




人気ブログランキングへ

【中国】これは笑えるw 愛犬を女の子のようにドレスアップして散歩する老人

このワンちゃん、二本足で散歩してますw 周りの通行人に笑われてますw しかもカメラ目線w

Old man's dog dressed up like girl



人気ブログランキングへ

最新記事






楽天トラベル




人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ