地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

ヘリコプター

【動画】機内から撮影されたヘリコプターの墜落事故映像が怖すぎる

ヘリコプター機内から撮影された墜落事故映像。

2019-03-16_221957

▼こちらが実際の墜落事故映像



墜落するまでの時間が怖すぎる。幸いにも死者はでなかったようです。

【閲覧注意】トルコ国境付近でロシア軍機が撃墜される ⇒ パイロットがパラシュートで脱出 ⇒ IS戦闘員が地上から銃殺

トルコ国境でロシア機が撃墜 モスクワから最新情報

2015/11/24 18:41

2015-11-25_050632

トルコとシリアの国境付近でロシア軍機が撃墜されました。ロシアの反応について報告です。

(陣中文記者報告)
撃墜されたのはロシアの爆撃機1機で、トルコ軍は「F16」戦闘機でこの国籍不明の爆撃機を撃墜したとしていますが、ロシア国防省は、地上からの攻撃で撃墜されたと主張しています。乗員についても、ロシア国防省は、パラシュートで脱出に成功したとしていますが、安否については不明だとしています。

また、ロシア国防省は乗員について、2人以上いることを示唆しています。シリア上空では先月16日にも、無人機「ドローン」が撃墜されました。このドローンについて、ロシア軍のものという指摘もありましたが、この時もロシア軍は否定しています。

参照元 : テレ朝ニュース





2015-11-25_050646


トルコとシリアの国境付近でロシア軍機が撃墜された。ロシア軍パイロットがパラシュートで脱出するも、IS戦闘員に地上から銃撃され、トドメを刺される映像。(R18指定)

2015-11-25_045124

2015-11-25_045035

Russian Pilots SHOT DEAD by ISIS as they parachuted down





لحظة فتح المضادات الأرضية من قبل الثوار على الطيارين الروسيين أثناء هبوطهم بالمظلات في ريف اللاذقية




<ロシア軍機撃墜>プーチン大統領「ロシアは容認しない」

2015年11月24日(火)23時40分配信

2015-11-25_065526

◇「テロリストの共犯者に背中から撃たれた」とも

【エルサレム大治朋子、モスクワ杉尾直哉】トルコなどからの報道によると、トルコ軍のF16戦闘機2機が24日、シリアとの国境付近でロシア軍のスホイ24戦闘爆撃機1機を撃墜した。墜落地点は、シリア北西部ラタキア付近とみられる。乗員2人は脱出したが、シリア反体制派は2人が死亡したと語った。ロシアは強く反発しており、トルコが加盟する北大西洋条約機構(NATO)との関係悪化につながる恐れが強い。

トルコはロシア軍機が領空侵犯したと主張しているが、プーチン露大統領は「トルコ領から1キロ離れたシリア領内を飛行していた」と否定。トルコが過激派組織「イスラム国」(IS)の石油密輸ルートになっていると指摘、「テロリストの共犯者に背中から撃たれた」と、トルコを「テロ支援者」になぞらえて批判した。プーチン氏はさらに「このような犯罪をロシアは容認しない。事件は両国関係に重大な結果をもたらすだろう」と強硬な姿勢を示した。

AP通信によると、トルコのダウトオール首相は、国際法違反の領空侵犯に対して「すべての措置を取る義務がある」と言明。トルコ軍の措置は正当だったという見方を示した。NATOは、トルコの要請を受けて大使級臨時理事会を24日夕に開くことを決めた。

イラク駐留米軍のウォレン報道官は24日、「純粋にトルコとロシアの事件だ」と述べて距離を置く姿勢を示した。NATOとロシアの直接対決にエスカレートさせたくないという米国の思惑を反映し、慎重な姿勢を見せている模様だ。

ウォレン報道官はさらに、ロシア軍機について「本来飛ぶべきでない空域を飛行していた」と述べた。

トルコのアナトリア通信によると、トルコ空軍機は、領空侵犯機に対して5分の間に10回警告を出したが、領空から離れなかったため撃墜したという。

参照元 : 毎日新聞


トルコ機がロシア機を撃墜 緊張高まる

2015年11月24日 22時55分

K10010317891_1511241918_1511241919_01_02

内戦が続くシリアと隣国トルコとの国境付近で、トルコ軍が、ロシアの爆撃機を領空を侵犯したとして撃墜しました。ロシアのプーチン大統領が「ロシアとトルコの2国間関係に深刻な影響を与えるだろう」と述べるなど緊張が高まっています。

トルコ軍によりますと、現地時間24日の午前9時20分ごろ、トルコ軍の戦闘機がシリアとの国境付近で国籍不明の軍用機を領空を侵犯したとして撃墜し、軍用機はシリア北西部ラタキアの近郊に墜落したということです。

これについてロシア国防省は、ロシアのメディアに対し、撃墜されたのはシリアの上空6000メートルを飛行していたロシアの爆撃機「スホイ24」だと明らかにしました。これを受けてロシアのプーチン大統領は、24日、南部のソチでヨルダンのアブドラ国王との会談の中で、「テロリストの手先がロシアの爆撃機を背後から襲った」と述べ、トルコをテロリストの手先と呼び強く非難しました。そのうえで、「爆撃機はトルコに脅威を与えていなかった。ロシアとトルコの2国間関係に深刻な影響を与えるだろう」と述べました。

これに対して、トルコのダウトオール首相は24日、「たび重なる警告にもかかわらず領空を侵犯されれば、トルコにはそれに応じる権利がある」と述べ、撃墜は当然の判断だと強調しました。

今回の撃墜を巡ってトルコ側は、「軍用機はトルコの領空を侵犯し、10回にわたって警告を繰り返したにもかかわらず飛行を続けた」と説明しているのに対し、ロシア側は「爆撃機はシリア領内を飛行していた」として、領空侵犯はしていないとの立場を強調しており、両国の間で緊張が高まっています。

ロシア軍によるシリア空爆
ロシア軍は、シリアで過激派組織IS=イスラミックステートなどを壊滅させるためとして、9月30日以降、シリア北西部のラタキア郊外にある空軍基地を拠点に空爆を行っています。こうしたなか、ロシア軍は先月20日、同様にシリアで空爆を行う有志連合を主導するアメリカ軍との間で、双方の軍用機の偶発的な衝突を防ぐ対策を取ることで合意していました。

ロシア軍は、先月末にエジプトでのロシアの旅客機の墜落を爆弾テロと断定したことを受けて、今月17日からは報復攻撃を行うとして、戦略爆撃機やカスピ海を航行する艦船から巡航ミサイルを100発以上発射するなど、ISに対する攻撃を強化しています。

撃墜されたとみられる「スホイ24」とは、ソビエト時代の1970年代半ばに導入された爆撃機です。全長はおよそ25メートル、定員は2人で、最高速度はマッハ1を超え、ロシア軍の主力爆撃機として実戦配備されています。イギリスの軍事専門誌「ジェーンズ・ディフェンス・ウイークリー」によりますと、2000年以降、スホイ24をベースにした性能を向上させた戦闘爆撃機の開発に成功しているということです。

シリア巡るトルコとロシア
シリアではロシアがことし9月から空爆に乗り出しましたが、トルコ政府は、ロシアによる空爆が過激派組織ISだけでなく、アサド政権と戦う反政府勢力も標的にしていると懸念を示し、シリアとの国境付近でロシア軍による領空侵犯を非難していました。そのうえで「何か発生した場合は、責任はロシア側にある」と警告していました。

こうしたなか、先月16日にはトルコ軍がシリアとの国境に近い領空内で国籍不明の無人の偵察機を撃墜しましたが、ロシア側は、撃墜された無人機はロシアのものではないと否定していました。

トルコは有志連合の1国として、アメリカやフランスなどと共に対ISの空爆に参加していて、シリアの内戦についてはアサド大統領の退陣を最優先に求めています。これに対し、ロシアは、ISに対する空爆を強化するという点では有志連合と同じ立場ですが、アサド政権については支持しています。

今回の撃墜は、対ISという目的は同じものの、アサド政権を巡って立場の隔たりがあるトルコを含む有志連合とロシアが十分に連携できていない実態が浮き彫りになっています。

参照元 : NHKニュース


救出に向かったロシア軍ヘリも攻撃受け破壊

2015年11月25日 11時12分

2015-11-29_054341

内戦が続くシリアと隣国トルコとの国境付近でロシアの爆撃機がトルコ軍に撃墜され、救出に向かったロシア軍のヘリコプターも武装勢力の支配地域から攻撃を受けて緊急着陸し、破壊されました。ロシア軍は、これまでに合わせて2人が死亡したことを明らかにしました。

ロシア軍の爆撃機は24日にシリアとの国境付近でトルコの領空を侵犯したとしてトルコ軍の戦闘機に撃墜されました。ロシア軍の参謀本部によりますと、爆撃機が墜落したのは、シリア領内の反政府の武装勢力が支配する地域で、パラシュートで脱出した乗員2人のうち1人が地上から銃撃を受けて死亡しました。

ロシア軍は、爆撃機の乗員を救出するため、ヘリコプター2機を墜落現場付近に派遣しましたが、このうち1機が反政府の武装勢力が支配する地域から攻撃を受けて緊急着陸したということです。その際、兵士1人が死亡し、ヘリコプターは、さらに砲撃を受けて破壊されたということです。

武装勢力側は、ロシアのヘリコプターをミサイルで攻撃して破壊したと主張し、その映像をインターネット上に公開しました。ロシア軍によりますと、ヘリコプターに乗っていた兵士は、シリア北西部のラタキア郊外にあるロシア軍の空軍基地にたどりついたということで、ロシア軍は爆撃機の乗員の救出作戦を続けているとしています。

参照元 : NHKニュース


トルコ人兵士がロシア軍のヘリを爆破!

2015年11月24日、トルコ人の男は、地上にとめていたロシア軍のヘリコプターを爆破した。攻撃の様子を録画し、ネット上に公開した。

2015-11-25_045205

2015-11-25_045243

Turkmen blew up Russian Helicopter 24-11-2015

The Turkmen blew up one of the Russian helicopters who were seeking the two, we know now, killed Russian pilots who's SU24 got shot at by Turks.

As far as i know the pilots of the helicopter survived.
Hopefully this war will end soon by defeating all these so called moderated, but jihadi moron, groups.

RIP Pilots of the SU24. May god be with you and may you not have suffered at all.
My condoleances to the families.



【衝撃映像】米ミズーリ州でレーザーポインターをヘリコプターを狙って照射した男を逮捕

レーザーポインターでヘリを攻撃していた男を上空から特定、逮捕

米ミズーリ州でヘリコプターを狙ってレーザー光線を発射していたジャスティン・スタウダ容疑者を警察ヘリが上空から赤外線カメラで特定、警察車両が急行し即座に逮捕されてしまったようです。以前にレーザーがロシアの飛行機を狙った事件を紹介しましたが、これだけの距離が有りながらかなりの威力があるようです。
 
2015-11-17_231105

2015-11-17_231042

Idiots With Laser Arrested After Pointing At News Helicopter

New York, NY - The FAA is investigating two instances of lasers being pointed at news helicopters Wednesday evening. 

One helicopter was heading to downtown Brooklyn to cover the arrest of an alleged Greyhound bus thief when it was struck by a green laser.

The helicopter remained over Prospect Heights as the pilot and reporter Dennis Protsko attempted to pinpoint the source of the laser from 1,500 feet in the air. Protsko rotated the helicopters camera and spotted a group of what appeared to be workers behind a health food restaurant pointing the laser not only at the news helicopter, but also at an NYPD chopper when it came to investigate. 

"We could actually see him standing back outside the building with the laser in his hand shooting at us," Protsko is heard saying in the video.



氷の上で立ち往生していた鹿を驚くべき方法で救助するヘリコプター

ヘリコプターが驚くべき方法で鹿を救助

非常に巧妙なテクニックのヘリコプターパイロットは、鹿を助けるためにチョッパのダウンドラフトを使用することで、氷の上で立ち往生していた鹿を吹き飛ばしながら移動させていき、見事救出。

この見事なテクニックでヘリを操縦し、鹿を助けたパイロットに拍手を贈ろう

A very clever helicopter pilot manages to rescue a deer stuck on the ice, by using the down-draft of the chopper to literally blow the animals out of danger.

When a deer and her fawn were trapped on the thin ice of a frozen harbour in Canada, rescue workers decided it was too risky to go out and help the stricken animal.

The mother was exhausted after hauling itself out of the freezing water of Antigonish Harbour in Nova Scotia after repeatedly crashing through the ice and could not even stand up on the treacherous surface.

Not wanting to leave the deer and its offspring to their fate, a skilled helicopter pilot hit on an ingenious solution - blow the deer to shore using the downdraft from his helicopter's rotors.

Ian Waugh, a retired biologist from Alberta, says he spotted the deer struggling on the ice last month and reported it to the Department for Natural Resources (DNR), which decided it was too risky to rescue the animal on foot.

'It caught my eye that the female was down on the ice and every time she tried to get up, she would fall back down and she was splayed out,' he said

A few hours later, Waugh spotted a DNR helicopter near the mother and the alarmed fawn ran to shore as the chopper descended. He was amazed by what happened next.

'The wash, because the ice was so smooth, the wash was so powerful that it actually started to push the deer,' says Waugh, who recorded the incredible rescue on camera.

At first the terrified animal struggled, but as it realised it was moving towards safety it stopped struggling and allowed itself to be blown along.

Once it hit dry land, a DNR officer and the pilot helped it to its feet and sent it on its way.

Waugh later saw the deer and her fawn reunited in the woods.

He said: 'It was just brilliant. It was a solution exactly tailored to the situation.

Helicopter rescues deer in the most amazing way



人気ブログランキングへ

【衝撃映像】オランダ人アーティストが事故で亡くなった飼い猫をラジコンのヘリコプターにして飛ばしてみた

【衝撃動画】亡くなった飼い猫をラジコンのヘリコプターにした男性

2012年6月4日

最愛のペットとの別れは非常に悲しいものです。それが不慮の事故など、覚悟ができていないうちの出来事ならばなおさらでしょう。

一方、とあるオランダ人アーティスト「バート・ヤンセン」氏は、事故で亡くなった飼い猫「オーヴィル」を弔うため、衝撃的な方法を使ったそうです。それはなんと、亡くなったオーヴィルをはく製にし、ラジコンのヘリコプターに改造。実際に空を飛べる「作品」に仕上げました。

その作品『オーヴィル・コプター』を見てみると、空を飛ぶムササビのように開かれた手足には計4つのプロペラが付き、内臓の代わりに内部にはモーターなどの部品が組み込まれています。

現在はアムステルダムの国際アートフェアにオーヴィル・コプターは展示されているようですが、今後モーターとプロペラを強化して更に良い飛行を実現させるそうです。

Youtubeではオーヴィル・コプターを実際に動かしている動画「PowNews – Orville vliegkat」も公開されているようですが、亡くなってからヘリコプターに改造され、牛を追い掛け回しているのをオーヴィルは楽しく思っているのでしょうか。

生前大好きだった鳥たちとオーヴィルはもうすぐ一緒に飛べるとヤンセン氏は語っていますが、猫が好きな人から見るとちょっと異様に思えるかもしれませんね……。

(文=江田島平子)
https://twitter.com/heiko_edajima
ソース : ロケットニュース24
http://rocketnews24.com/2012/06/04/218148/













人気ブログランキングへ

最新記事






楽天トラベル




人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ