地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

ブラジル

アマゾンで古代のミステリーサークルのような物が発見される!その数なんと450

アマゾンで450もの「古代ミステリーサークル」が発見される! 2千年以上前の叡智か?

2017.02.09

昨年NHKスペシャルでも取り上げられ話題になった、南米アマゾンのジャングル奥深くに暮らす、非接触部族“マシコ・ピロ族”。

2017-02-13_233811

■頻繁に出没するようになった”非接触部族”

これまで文明と接触することを拒み続けた彼らは、なぜか2010年ごろから近隣の村々に姿を現し、周辺の部族や住民と接触するようになったという。彼らは時に、攻撃的な態度で村に現れた。周辺部族には、襲撃を受け命を落とした者もいる。しかし、先住民との協働を目指す非営利団体やペルー政府は、彼らとコミュニケーションを取りつつ、双方が安全に暮らせるよう適切な距離感を模索している。

ブラジル、ゲルディ博物館の人類学者グレン・シェパード氏は、「彼らは、身を隠し接触を拒絶することに多大なる努力をしてきた部族です。でも今は、そこから抜け出そうとしている」と語っている。しかしなぜ彼らは、これまで守り続けた方針を変え、進んで“外”の世界と接触するようになったのだろうか。

今のところ、彼らの口からその理由が語られることはないが、いくつかの可能性が推測できる。食糧難や病気、部族間の争いといったマシコ・ピロ族内部に問題が持ち上がっている可能性。或いは、伐採者や違法採掘者らが彼らの領域に侵入し、彼らが生存の危機を感じているという外部的な要因も考えられる。そして、彼らの生活基盤である熱帯雨林が減少しているという事実も見逃せないだろう。

■森林破壊がもたらした思わぬ発見

世界中で毎年1500万haあまりの熱帯雨林が減少しているというが、南米アマゾンの森林破壊はとりわけ深刻だ。2016年末、ブラジル政府が発表したところによると、2016年の1年間で同国内の森林面積は前年より29%も減少したという。驚異的な速度で、アマゾンのジャングルは縮小の一途を辿っている。マシコ・ピロ族が、拒み続けた“外”の世界に出て行かざるを得なくなった背景には、我々”外”の世界が作り出した環境問題が横たわっていると考えられるのだ。他にも様々な影響を引き起こすことが懸念される、アマゾンにおける深刻な森林破壊であるが、思わぬ発見ももたらしたようだ。

何千年もの間、地面を覆っていた森林が消え去ると、はるか昔この地で暮らしていた狩猟採集民がつけたと見られる不思議な跡が、地上絵のように浮かび上がってきたというのだ。さらに、この遺跡を調査した結果、彼らは我々がイメージする狩猟採集民とはまるで違う生活を営んでいた可能性が浮上してきたという。2月6日付の科学系ウェブサイト「PHYS ORG」が伝えている。

■姿を現した450もの謎の“溝”……

2017-02-13_233917

ブラジル北西部に位置するアクレ州西部では、近年熱帯雨林が減少し、至る所で地面が露出してしまった。すると、周囲を取り囲むように、地面に掘られた“溝”の存在が明らかになったのだ。円形や丸みを帯びた四角形など形は様々だが、同地ではこうした“溝”の跡が、これまで450以上も確認されている。“溝”に囲まれた土地の総面積は、おおよそ13,000平方kmにも及ぶという。その規模の大きさから、この“溝”を作ったと考えられる今から2000年以上前にこの地で暮らしていた人々にとって、重要な意味を持っていたことが推測できる。

ミステリーサークルのような、この謎めいた“溝”の調査を実施したのは、英エクセター大学で博士号を取得した、サンパウロ大学の考古学・人類学博物館の研究者ジェニファー・ワトリング博士を中心とする研究チーム。彼らがこの“囲われた土地”を発掘したところ、不思議なことに遺物はほとんど出てこなかった。そのため、生活を営む村や集落であった可能性は考えにくいという。

場所によっては、厳重にも二重に土地を囲っている“溝”であるが、防衛目的で掘られた訳ではなさそうなのだ。生活感がまるでないこの場所には、宗教的な施設があったのではないか、と研究チームは考えている。宗教施設が450以上も集中するこの地は、儀礼などを行う古代の聖地だった可能性が高そうだが、今回の発見はさらに重要な事実を示唆しているという……。

2017-02-13_234012

■彼らは開拓していた……!?

これまで、鬱蒼と生い茂るアマゾンの熱帯雨林は、(開発が進む近代に至るまで)手付かずの原生林だと考えられていた。しかし先住民たちは、ジャングルの恩恵をただ享受するだけでなく、積極的に自然を変容させていた可能性が浮上してきた。それというのも、“溝”が掘られた時代、この地が熱帯雨林に覆われていたなら、今回発見された無数の“溝”は、森林を切り開いた後に掘られた可能性が考えられるのだ。

研究チームはこれを裏付けるため、“溝”に囲まれた2つの土地を対象に、過去6000年の植生、そして火がいかに使用されていたかを明らかにしようと考えた。土壌サンプルを取り出し、シリカ(ケイ素)が含まれる微小植物化石を分析。その結果、先住民たちは何千年にもわたり、火を使って竹林を大々的に変容させていたことが判明。やはり“溝”は、一時的に開拓された土地に掘られていたのだ!

さらに先住民たちは、自分たちにとって経済的価値の高いヤシなどの木を集中的に植えることによっても、周囲の森林環境を変え、豊かな暮らしを送っていたという。2000年以上前、熱帯雨林に覆われたこの地域は、さながら「先史時代のスーパーマーケット」の様相を呈していたというのだ。それはもはや、“採集”ではなく長期的な計画に基く“栽培”であり、農業なのではないか?

縄文時代前〜中期の大規模集落跡、三内丸山遺跡では、野生種とのDNA比較によりクリが人為的に栽培されていた可能性が指摘されている。本格的な農耕が伝わるはるか以前に森林で生きていた人々は、その恩恵を最大限に引き出すために創意工夫をこらし、自然に手を加える知恵を持っていたのかもしれない。それは近年、より深刻化している森林破壊とはまるで違う手の加え方であると、ワトリング博士は強調する。

破壊するのではなく、「より持続性のある、効率的な土地利用を目指す古代の素朴な知恵」に我々が学ぶところは多そうだ。しかし、その知恵が明らかになったのが、歯止めが効かない森林破壊の結果というのはなんと皮肉なことか。

(坂井学)

参考:「PHYS ORG」、「EXPRESS」、「NATIONAL GEOGRAPHIC 日本版」、ほか

参照元 : TOCANA


STONEHENGE SHOCK: Hundreds of strange monuments found in the AMAZON RAINFOREST

HUNDREDS of ancient ‘earthworks’ similar to that found at England’s Stonehenge have been discovered in the Amazon, proving for the first time that some of the first settlers in Brazil cleared large swaths of the rainforest.

By SEAN MARTIN
PUBLISHED: 12:39, Tue, Feb 7, 2017 | UPDATED: 15:52, Tue, Feb 7, 2017

Many believed large scale deforestation was a relatively new concept, exacerbated by the industrial revolution at the end of the 1800s and beginning of the 1900s.

But the discovery of earthworks that are roughly 2,000 years old in the Amazon proves that deforestation has been around since the year zero.

While the regrowth of trees had blocked the trees for centuries, recent deforestation has allowed some 450 earthworks, known as geoglyphs, to reemerge, discovered by scientists from the UK and Brazil flying drones over the areas.

The scientists behind the discovery are unsure what purpose the geoglyphs, which are spread out over a 13,000 kilometre squared region serve, but feel that they were probably used for rituals or religion.

2017-02-13_235333

Jennifer Watling, a post-doctoral researcher at the Museum of Archaeology and Ethnography, University of Sao Paulo, although she carried out during her time at the University of Exeter, said: "The fact that these sites lay hidden for centuries beneath mature rainforest really challenges the idea that Amazonian forests are 'pristine ecosystems`.

"We immediately wanted to know whether the region was already forested when the geoglyphs were built, and to what extent people impacted the landscape to build these earthworks."

2017-02-14_001418

However, she warned: “Our evidence that Amazonian forests have been managed by indigenous peoples long before European Contact should not be cited as justification for the destructive, unsustainable land-use practiced today.

“It should instead serve to highlight the ingenuity of past subsistence regimes that did not lead to forest degradation, and the importance of indigenous knowledge for finding more sustainable land-use alternatives.”

参照元 : express

ブラジル・サンパウロで車に乗っていた邦人男性(42)が何者かに胸を撃たれ死亡

邦人男性、射殺される=強殺容疑で捜査―ブラジル

2017/1/20(金) 6:16配信

【サンパウロ時事】ブラジルの最大都市サンパウロで16日、日本人の40代の男性が射殺された。

在サンパウロ総領事館が19日、明らかにした。容疑者の行方は分かっておらず、地元警察は、強盗殺人事件として捜査している。

関係者らによると、殺害されたのはホンマ・ユタカさん(42)。16日午後2時(日本時間17日午前1時)ごろ、車に乗っていたところを、フロントガラス越しに何者かに胸を撃たれた。サンパウロ市南部の病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。

現場は、多くの自動車が往来する大通り。市内では、金融機関や両替所を利用した日本人が拳銃を持った強盗に襲われる事件が相次いでおり、総領事館は「常に警戒心を維持してほしい」と注意を呼び掛けている。

参照元 : 時事通信



【閲覧注意】ブラジル・リオデジャネイロで議員に立候補していた元警察官の男性が2人組の殺し屋に射殺される(R18指定)

ブラジル・リオデジャネイロで、議員に立候補していた元警察官の男性が、2人組のヒットマンによって射殺されてしまうという、恐ろしい防犯カメラの映像。

2017-01-20_053251

Councilman Candidate killed in Brazil

The pre-candidate for councilor Pilar Berem was shot dead outside his home in Duque de Caxias, in the Baixada Fluminense on Saturday (2). Images from a security camera showed the crime.

The video shows the victim out of the house and then getting into a car. Then two men in another car shoot. Berem tries to escape through the passenger door, but it is hit and falls.

Shooters - hooded and wearing white gloves - still shots.

Then a woman comes out of the house and despairs to see the fallen man.

The Homicide Division of the Baixada Fluminense investigating the case.

※ 閲覧注意(R18指定)



【閲覧注意】ブラジルのスラム街でのギャング同士の殺し合い(R18指定)

ブラジルのスラム街の日常。平和な日本では想像つかない、街中でのギャング同士の殺し合い。

そんなヤバイ映像がブラジルのスラム街から流出した。

2017-01-20_052209

Meanwhile Somewhere

I think it is Brazil

※ 閲覧注意(R18指定)



【超閲覧注意】ブラジル・ロライマ州の刑務所で暴動が起き少なくとも33人が死亡!その光景が地獄絵図(R18指定)

またブラジルの刑務所で暴動、33人が死亡

2017.1.7 00:17

ejLW9GHKkjsiYAQ1438945503

ロイター通信によると、ブラジル・アマゾン地域にあるロライマ州の刑務所で6日、暴動が起き、少なくとも33人が死亡した。当局者が明らかにした。

詳細は不明だが、この刑務所では昨年10月に薬物取引のグループ間の衝突で10人が死亡した。

ブラジルの刑務所では過剰収容が問題化し、暴動や脱獄が頻発。1日には北部マナウスの刑務所で、ブラジル最大都市サンパウロに拠点を置く薬物密売グループとマナウスを拠点とするグループの抗争を原因とする暴動が起き、50人超が死亡した。(共同)

参照元 : 産経新聞


More Footage of the Brazilian Prison Riot* GRAPHIC *

Prison yard littered with mutilated dead bodies.

※ 閲覧注意(R18指定)




Prison Guard Held Hostage by Inmates in Alcacuz Prison

January 14 2017 another deadly riot in Alcacuz prison in Rio Grande do Norte, Brazil, where a guard was taken hostage and is shown tied up, inmates demand that the police not intervene, and ask for fix the horrific conditions in Brazilian prisons.

▼暴動の際、囚人に拘束された刑務所の職員




2017年1月1日に発生したブラジル・アマゾナス州の刑務所で暴動が発生。ギャング同士の抗争により、60人が殺されたと伝えられているが、その5日後の今月6日、ブラジル・ロライマ州の刑務所で、その報復とみられるギャング同士の抗争により、33人が惨殺されるという事件が発生。

Brutal Killing of Multiple Inmates in Roraima Jail, Brazil

※ 閲覧注意(R18指定)



▼まさに地獄絵図






ブラジル・セアラー州の刑務所内で、すでに入所していた囚人の家族を殺し、同じ刑務所に入ってきた男が、多数の囚人たちによってマットレスに縛り付けられ、燃やされている様子。

Brazilian inmates burning fellow *Graphic*

The crime was motived, probably, because the intern was involved in the killing of a family member of another inmate. Ceara - Brazil.

※ 閲覧注意(R18指定)



【閲覧注意】ブラジル・サンパウロに住む皮膚が恐竜やトカゲのようで、鼻を持たない男が人気者

【閲覧注意】性格が奇形を凌駕する ― 鼻がなく、皮膚もただれた人気者=ブラジル

2016.01.23

2016-01-25_183008

未成熟なところだと、小学生が同級生に対して「太っているから」「貧乏だから」「親がシングルだから」といった理由で、一歩引いた状態で接し、場合によってはいじめにつながることすらある。恐らくは、対象者が自分とは違うから、特異だから、平均的でないから、特別な対応をしてしまうのだろう。大人になれば頭脳やコミュニケーション能力も発達し、自然と「いじめはいけませんよ」「平等に接しましょう」という言葉が出てくるようにもなるが、それでもすべての人と平等に接することは難しい。とかく、病人に対しては顕著だ。

特に奇病、難病などの大病を患う人に対しては、直感的に強く拒否反応を示してしまうのが正直なところだろう。「同じ人間だから」と頭では理解していても、握手、会話など、ふだん当たり前にできることができなくなってしまう。無論、慈愛の精神が強く、何ごともないかのように接することができる人もいるが、多くの人はそうではない。それは日本のみならず、世界各地で見られることであり、酷いところだと迫害するケースまである。そんな世の中である以上、自然と奇病、難病などを患う人は肩身の狭い思いをしており、性格も閉鎖的になりがちだ。しかし、そんなことがまるで当てはまらない妙に明るい人も存在する。

ブラジル・サンパウロに住むMarcio Jardelさんは、いくつもの奇形を持って生まれてきた。皮膚は恐竜やトカゲのようであり、顔はSF映画の特殊メイクのよう。さらに、鼻を持たないのか、皮膚のただれにより呼吸困難となってしまっているのか、顔の中心部にはプラスチック製の管のようなものが……。その見てくれは、あまりに完璧ないびつさゆえ、ネットでは「偽物」「作り物」「マスク」など、疑惑の声も上がっている。

ただ、Marcio Jardelさんは自身のFacebookにさまざまな写真をアップしており、決して負い目を感じているようには見えない。それどころか、老若男女、多くの人と写真を撮り、Marcio Jardelさんも、一緒に写る人もみな、一様に笑顔だったりする。サンパウロの街でも、普通に受け入れられている様子。Marcio Jardelさんは、日本でいうところのリア充だ。

性格が奇形を凌駕し、愛される存在となっているMarcio Jardelさん。8月に開催されるリオデジャネイロ五輪に彼が登場するようなことがあれば、健常者とそうでない人の間に作られてしまっている壁に、何かしらの変化をもたらすかもしれない。

(文=平正雄)

■ブラジルのリア充、Marcio Jardelさん

2016-01-25_182638

2016-01-25_182656

2016-01-25_182711

2016-01-25_182723

参考:「Bam Margera」ほか

参照元 : TOCANA


神の使いとして生まれてきた奇形人間の不思議。世界の奇病。病名と名前とか病気の説明。

0:06「ラバ女」と呼ばれた女性
0:51バブルマン―全身を無数のいぼで覆われた男
1:36全身を長毛で覆われた「獅子面男」
2:06単眼症
2:31ハサミのような指を持つザリガニ男
3:06人魚症候群の少女
3:51二重関節少女
4:16 4本足の少女
4:56腹部に双子を持つ女性
6:11ベンガルの双頭児
6:41チンパンジー・ガール



【閲覧注意】ピットブルを丸呑みし、窒息死させたアナコンダ

ブラジルで、大きなピットブルを丸呑みしたアナコンダを発見。犬の中で、最も凶暴なピットブルを飲み込んで窒息死させたアナコンダ(大蛇)。

住民が、アナコンダの腹を切り裂きピットブルを取り出すも、すでに死んでいた。

2016-01-20_135517

Big Pitbull was eaten by a bigger Anaconda.

Anaconda kills a Pitbull ...



【閲覧注意】ブラジルで7歳の女の子をレイプした男が住民から集団リンチをうけ死亡(R18指定)

ブラジルで、7歳の女の子を強姦した男が、怒った住民らによって撲殺されている様子。

強姦魔の男はその後、死亡した。

2016-01-11_220907

※ 映像には残虐な内容が含まれます。18歳未満の閲覧禁止。

Man Beaten to Death by Mob for Raping a 7 Year Old

Happened in Brazil



【衝撃映像】ブラジルで酔っ払い男が警察官に「FUCK」と叫んだ結果

ブラジルにて、酒に酔った男が警察官に「FUCK」と挑発した結果、激怒したポリスが男をボコボコにする監視カメラの映像。怖すぎる・・・

2015-12-25_130337

Guy Provokes Brazilian Police......then gets DESTROYED

The story yet to be confirmed is that a man standing on the sidewalk drinking beer with friends shouted VAI TOMAR NO CU to cops that were patrolling the area, in english the equivalent would be to shout FUCK THE POLICE to a cop.

The cops stopped the car and one of them punched the guy several times in the face and then returned to their job.



【閲覧注意】ブラジルで事件現場に向かった警官2人が強盗団から銃撃される衝撃映像

ブラジル・リオデジャネイロ州で、パトカーに乗って強盗事件の現場に向かう警官2人が強盗団を制圧するためにサイレンを鳴らした途端に銃撃されてしまう。

強盗団は車を降り、別の車を盗み逃走を図った。強盗は、バスに向かっても発砲した。銃撃を受け、大けがを負った警官の一人は現在、昏睡状態のようです。

2015-11-18_232257

Inside Car Video Released Of Police Being Fired At By Robbers *volume:warning*

Google translate - Military police were traveling by Av. Washington Luis and got stuck in a traffic jam at the exit to the Av Brazil following a red light so they turned on the siren to cut through the cars. At the front of the car were bandits and when they heard the siren began firing at the police. One of the officers managed to reverse and a 15 BPM car that was also in the bottling shifted shot with them. The robbers got out of the car and kept shooting. The robbers also shot towards a bus so that it stayed closing the road and stole another car and fled. Details of the car they were in was not stolen and was in the name of one of the bandits. This happened last year. They were doing an administrative mission. The police are currently well. The officer who was shot was in a coma for five months and the Commander of 15bpm at the time gave full support to the family.



【閲覧注意】ブラジル・サンタカタリーナ州のエルチリオルス橋から女性が飛び降り自殺

2015年11月16日、ブラジル・サンタカタリーナ州フロリアノポリスにて、女性が高い橋の上から飛び降ります。

女性は消防士の説得には応じず、16日月曜日の朝、エルチリオルス橋から飛び降り自殺しました。落下の途中で橋の鉄骨に打ちつけられた後、海に落ちます。

2015-11-18_073228

Woman falls down from high bridge in Brazil

A woman falls from Hercilio Luz Bridge on the morning of Monday (16) in Florianopolis. Despite attempts by firefighters to prevent the action, she fell from the tower of the mainland side of the bridge.According to the military police, the woman died from the fall.



ブラジルの刑務所で暴動が起き、外部から乗り付けたグループと警察が銃撃戦 日本人3人死傷

銃撃戦に巻き込まれ日本人3人死傷 ブラジル

2015/11/17 23:05

2015-11-18_064916

外務省によりますと、ブラジル北部のベレンで12日、現地に住む日本人3人が銃撃戦に巻き込まれ、70代の女性2人が亡くなりました。60代の男性1人は意識不明の重体です。刑務所で暴動が起き、外部から刑務所に乗り付けたグループと警察が銃撃戦になったということです。

参照元 : テレ朝ニュース



2015-11-18_064926


ブラジルで銃撃戦、邦人2人死亡1人重体 車で移動中

2015年11月17日(火)23時24分配信

2015-11-18_064549

ブラジル北部パラー州のサンタイザベル市で12日、車に乗っていた日本人移住者3人が銃撃戦に巻き込まれ、2人が死亡した。地元メディアなどによると、亡くなったのはエツコ・ノグチさんとエミコ・シゲトモさん。ヒロノブ・ノグチさんが意識不明の重体という。

在ベレン日本領事事務所によると、事件が起きたのは、12日午後2時半ごろ。地元の刑務所で暴動が起きた際、囚人の脱走を手助けした武装集団と地元の軍警察との間で銃撃戦が発生。ノグチさんらはたまたま車で通りかかったところを、車を奪おうとした武装集団に襲われて撃たれたという。3人とも日本国籍を保有。報道によると、買い物に行く途中だったという。(サンパウロ=田村剛)

参照元 : 朝日新聞

2015-11-18_065413


【衝撃映像】ブラジルの警察官による殺人事件 無実の市民2人を射殺

ブラジル・ロライマ、ボアビスタで勤務中の警察官による殺人事件。突然、車で体当たりしてきた警官は、家から出てきた女性を射殺し、今度はぶつかった車の運転手を射殺した。

勤務中の警察官が無実の市民を殺害する凶悪事件を防犯カメラが録画していた。

2015-11-18_005338

On duty police officer murders two innocent people.

Apperently he was cheated on by the woman in the car. The other guy has nothing to do with it.



【衝撃映像】ブラジル・サンパウロでマチェーテを振り回してしたキチガイ男が警察に射殺される

ブラジルのサンパウロでキチガイ男がマチェーテで警察を挑発し、射殺される映像。

狂った男は、マチェーテで武装し、警察の指示に従わず、挑発を繰り返した。最後に2発の銃弾を浴びて死亡した。

2015-11-18_004645

Crazy man makes threats with machete and is killed by the military police

Man in fury, armed with a machete, is shot by military police in Region District New Town in Itu SP, which by the way the police did a great job, check the TIME in the FACAO maniac is shot with two shots.

The boy apparently upset with a machete in hand, tries to commit suicide with the gun on the neck, with effective police trying to control the situation, the uncontrolled threat deliver blows upon the police, thus offering more danger !! The solution was the same bullet, 2 shots, a hit in the hand and another in the individual's chest !!

CONGRATULATIONS to the police!



【衝撃映像】ブラジルで銀行強盗に遭遇した若い女性が、顔を撃たれて流血

ブラジル・パラー州サンタバーバラで、銀行強盗が銃撃戦!流れ弾が若い女性の顔に命中。警備員は、強盗に対して銃で応戦したが、犯人に当たらなかった。

20年の若い女性が強盗の撃った流れ弾に当たり、顏から血を流しながら床に倒れ込んだ。

2015-11-14_202752

Young woman gets shot in the face during robbery

(GT) A security guard interrupted a robbery in Santa Barbara, in Para, notice that it is a bank branch for small payments, everything is normal when they arrive burglars and to realize that they were armed, vigilante pulls out his gun and begins an exchange of fire with the bandits , green man was already in the bank to cover the robbers, but his gun failed ...
He enters confornto to the guard, and after realizing that the guard's gun was out of ammunition, he runs and runs away from the local ...
In the crossfire, a young woman of 20 years is hit on the head by the robbers, look in the corner that she feels bad and then lies down on the floor with blood dripping and splashing all over the floor ..
sad tragedy ...
Edilvania Santos was bailed out to the hospital, but he could not survive ...
Police Work to find burglars ...



【閲覧注意】ブラジル・サンパウロで銀行強盗をした犯罪集団の結末(R18指定)

ブラジル、サンパウロで銀行強盗事件が発生、強盗団を追いかけた警察が犯人の車に向けて自動小銃を発射し、2名の強盗を射殺した。映像は警察官が撮影したものと思われる。

2015-11-14_171016

Bloodbath: Bank Robbers Killed by Police

Warning: On-duty cops actually shot at somebody.

Happened in Sao Paulo, the trio tried to evade police, but were chased down, and started firing their automatic weapons at police, leaving them no choice but return fire and kill two robbers at the scene, and severely wounding one, who is under police custody.



ブラジル・サンパウロ州で、18歳の日本人男性が2人組の強盗に襲われ、銃で撃たれ死亡

サンパウロで日本人男性、2人組の強盗に撃たれ死亡

2015/10/21 13:41

2015-10-22_202032

ブラジルのサンパウロ州で、18歳の日本人男性が2人組の強盗に襲われ、銃で撃たれて死亡しました。

地元の日本総領事館やメディアによりますと、19日午前1時半ごろ、サンパウロ州サントスで、日本人のルアン・オオシロさんがバス停にいたところ、自転車に乗った2人組の強盗から携帯電話を渡すよう要求されました。オオシロさんが携帯を渡そうとしたところ、男が銃を発砲し、1発がオオシロさんののどに当たって死亡しました。

2人組は何も取らずに逃走したということです。オオシロさんはパーティーに参加した帰りでした。オオシロさんは千葉県市原市出身で、14年ほど前から父親とブラジルで暮らし、サンパウロ大学の経済学部を目指して受験勉強をしていたということです。

参照元 : テレ朝ニュース





ブラジルで公共バスのサービス向上を求めるデモ隊が暴徒化!バス6台を放火

暴徒がバス6台放火 サービス向上の要求に逆効果

2015/09/24 17:44
 
2015-09-26_190339

市民らが次々にバスに放火。暴挙に出た意外なワケとは?

真っ赤な炎をあげて燃えているのは、市内を走る公共バス。ブラジル内陸部の都市で、デモ隊が暴徒化。放火により6台のバスが焼失。デモに参加した市民はおよそ400人にもなった。

警察官:「皆さんにお願いしたいのは、落ち着いて貰う事です。」

デモの目的は公共バスのサービス向上。

2015-09-26_190411

デモにより燃えたバスの損害はおよそ2億4000万円以上にもなっている。

2015-09-26_190514

デモに参加してない市民:「暴徒化して、自分たちの要求を通そうとしていること自体が不快なことだよ。」

2015-09-26_190420

参照元 : テレ朝ニュース



2015-09-26_190355

2015-09-26_190455

【閲覧注意】ブラジルで起こった悲惨な交通事故!犠牲者が見せた最後の形相がこの世のものとは思えない凄まじさ(R18指定)

目が合ったら呪われる!? 交通事故で死んだ男の最後の表情が鳥肌モノの恐ろしさ!!=ブラジル

2015.09.12

2015-09-15_052214

警視庁のまとめによると、2014年の日本の交通事故死者数は4,113人で、1日当たりに換算すると11.3人となる。これは統計を始めた1948年以降で3番目に少ない数であり、近年は減少傾向が続いているという。

一方、急速な経済成長の真っ只中にあるブラジルの交通事故死者数は、1時間に5人以上との統計もあり(2012年、エスタード社)、これは人口が日本の2倍であることを考慮しても極めて憂慮すべき事態であるといえる。

そんなブラジルから、とある交通事故発生直後の光景を捉えた衝撃的な映像が届けられた。今月9日に「LiveLeak」に投稿された動画の解説によると、事故の発生は7月26日。そこに写っているのは、ぐちゃぐちゃに潰された車と、それ以上にぐちゃぐちゃになった人間たちである。

パライバ州の田舎道で起きた自動車4台が絡む大事故で、3人が死亡したと伝えられているが、犠牲者が見せた最後の形相がこの世のものとは思えない凄まじさだった! さっそく問題の動画と画像をご覧いただこう。(R18指定)



事故の衝撃で完全に大破した黒いバン。ことごとく粉砕したその運転席では、初老の男性がピラー部分(?)で頭を割られて息絶えていた。

顔の半分が吹っ飛んでしまっているが、残された右目はぐっと見開き、食いしばったまま剥き出しになった歯は牙のように見える。まるで、目を合わせた人間に呪いをかけようとする悪魔を彷彿させる、おどろおどろしい表情だ。

また、トラックで息絶えたもう1人の犠牲者も、まるで串刺しの刑を受けたかのようにフロントガラスを突き破ったポールで顔面を潰されている。さらに、周囲に群がる野次馬たちが撮影に興じている様子も、より一層不気味さをかきたてる。まさに地獄絵図といったところだ。

事故の犠牲となった男性も、自らの死に顔がこれほどまで話題にのぼっているとは、思いもよらなかっただろう。ネット社会の現在、自分の死に顔まで世に拡散されるかもしれないと思うと、恐ろしい時代になったものだ。 (まさこ)

liveleak

参照元 : TOCANA

【衝撃映像】柔術家で総合格闘技の選手でもある女性を襲った強盗が、「三角締め」をかけられ泣き叫ぶ

柔術家襲った強盗ご難=技をかけられ悲鳴上げる

2015年9月5日
 
enhanced-11932-1441229271-7

マラニョン州のアサイランジア市で1日、柔術家で総合格闘技の選手でもある女性を襲った強盗が、「三角締め」と呼ばれる足技をかけられて、「助けて! 警察を呼んで!」と泣き叫ぶという珍事が起きた。

トレーニングに向かう途中、男性2人組に襲われ、携帯電話を持ち去られたのはモニッケ・バストスさん。手にしていた携帯電話をバイクで近づいてきた2人組に奪われた時は、友人がふざけて取ったのかと思ったが、そうではない事と相手が武器を持っていない事を見て取ってバイクを引っ張った。バイクがひっくり返り、強盗の一人に手が届いたため、片腕と首を両足で固める「三角締め」をかけて相手の動きを封じたが、携帯電話は相棒に持ち去られたという。

事件に気づいた人々は強盗を懲らしめようとしたりもしたが、モニッケさんはそれを望まず、警察に引き渡すまでの約15分間、技をかけ続けた。身動きもままならぬ強盗が、「助けて! 警察を呼んでくれ! こんな事をやったのは初めてだ」と泣き叫ぶ様子を納めたビデオは、インターネットにも流れた。

か弱い女性を狙ったつもりが逆に捕まり、泣き叫ぶ姿までさらした強盗こそ、いい面の皮だが、モニッケさんは「我が身を守ろうとして体が動いただけで、同じような状況に置かれたら、もう一度同じ行動を取るだろう」と言いつつ、「周りの動きにはくれぐれも注意し、強盗などの被害に遭わないよう」との忠告と共に、「むやみに抵抗しないで」とも呼びかけている。(2、3日付G1サイトより)

参照元 : ニッケイ新聞


Man Tries To Steal Phone From Female MMA Fighter, Regrets It

Instant karma.

09/03/2015 05:30 PM EDT

Don't steal. But if you're going to steal, maybe steer clear of professional MMA fighters.

Monique Bastos laid down some serious karmic justice in Acailandia, Brazil, Tuesday night, after would-be thieves tried to rob her and two friends of their cell phones, Brazilian news website GoTropa reported.

Needless to say, the robbery didn't go as planned:

2015-09-06_082859

The two men arrived on a motorcycle as Bastos was on her way to jiu-jitsu training, she told MMAFighting.com.

"I tried to hold my phone, and I realized they were not armed. When they tried to escape, I lifted the rear wheel of the bike and they fell on the ground," Bastos said. "The guy who took my phone ran away, but I was able to get the other one."

As video of the incident shows, "get" is an understatement. Bastos calmly held the man -- later identified as 18-year-old Wesley de Sousa Araujo -- in a chokehold with her legs for 15 minutes until police showed up.

Here she is smiling for a picture while Araujo panics on the ground:

2015-09-06_082918

Bastos added she's "been through this a few times before," and decided to fight back this time around.

Watch the video below. Warning: it contains plenty of yelling and fighting.

Ladao chama pela mae apos ser imobilizado por lutadora de MMA



最新記事
Amazon




楽天トラベル


人気ブログランキングへ

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ