地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

フランス

【閲覧注意】フランス革命記念日を祝う花火を見物していた人の列にトラック突入テロ、80人死亡、100人超けが!現場は地獄絵図(R18指定)

トラック突入テロ、80人死亡=革命記念日、花火客に乱射も―仏ニース

2016年7月15日(金)10時32分配信

nic714-jpp021867133

フランス南部のリゾート地・ニースで14日午後10時半(日本時間15日午前5時半)ごろ、フランス革命記念日を祝う花火を見物していた人の列にトラックが突っ込んだ。

さらにトラックを運転した容疑者は見物客に向かって発砲した。AFP通信によると、ニース市のクリスチャン・エストロジ市長はこの事件で77人が死亡したと明らかにした。負傷者も100人以上に達した。

仏検察当局は、テロ事件として捜査に着手する方針を決めた。英紙ガーディアン(電子版)によると、実行犯は運転しながら発砲しており、地元当局も「意図的な攻撃」との見方を示した。

英BBC放送(電子版)は「警察と車両所有者との間で銃撃があったとする情報がある」と伝えた。運転手は射殺された。地元メディアによれば、車内から銃と手りゅう弾が発見され、実行犯は武装していたとみられる。実行犯の人数や身元は明らかにされていない。

トラック突入を受け、花火見物客は現場から逃げ出すなどパニックになった。現場はプロムナード・デ・ザングレ(英国人の散歩道)と呼ばれる地中海沿いの通り。トラックは約2キロにわたって人々をひき倒した。マルセイユの日本総領事館によると、現時点で日本人が事件に巻き込まれたとの情報はない。

オランド大統領は突入事件を受け、訪問先の仏南東部アビニョンから直ちにパリへ戻り、対策の陣頭指揮を執ることを決めた。パリでは昨年11月、同時テロ事件が発生。同大統領は14日、同事件以降継続してきた非常事態について期限である26日に解除する考えを明らかにしたばかりだった。

革命記念日に当たる14日は、パリ中心部のシャンゼリゼ通りで恒例の軍事パレードが行われるなど国内が祝賀一色になった。捜査当局は、こうした日を選び、突入事件を起こした実行犯の動機や背後関係について 捜査する方針だ。

参照元 : 時事通信




実行犯、31歳チュニジア系か=突入トラックから身分証―仏

2016年7月15日(金)10時46分配信

nic714-jpp021873943

【パリAFP=時事】フランス・ニースのトラック突入事件で、トラック内からニース在住でチュニジア出身の男(31)の身分証が見つかった。

警察筋が15日明らかにした。

参照元 : 時事通信

nic714-jpp021873942

▼猛スピードでトラックが突入してくる瞬間が写っている。

FRONT VIEW OF TRUCK ATTACK

Dramatic moments when terrorist drives through the promenade, swerving left and right .... Truck heading straight towards cameraman .... Rest in Peace.




フランス・トラック突入後の現場は地獄絵図

▼閲覧注意(R18指定)

Scores dead in Nice as lorry driven into Bastille Day crowd in terrorist attack

Graphic aftermath footage

Dozens are reportedly dead after a lorry crashed in a crowd of people celebrating Bastille Day in southern France. Hundreds were reported fleeing the scene after the vehicle careered into people who had gathered to celebrate the country's official independence day.

The incident is believed to have happened on the Promenade des Anglais at around 10:30pm local time during a firework display in what local officials are treating as an attack, French media has said.





*GRAPHIC* Aftermath of Terrorist Attack in Nice, France, Bastille Day.

Raw footage of aftermath.



resized

nic714-jpp021867194

nic714-jpp021867213

nic714-jpp021867217

nic714-jpp021867315

nic714-jpp021868475

nic714-jpp021868512

nic714-jpp021872892

nic714-jpp021872965

nic714-jpp021872967

nic714-jpp021873075

nic714-jpp021874213

nic714-jpp021874322

nic714-jpp021881458

nic714-jpp021881466

【パリ同時多発テロ】コンサート会場襲撃の瞬間映像が公開される

フランス・パリのテロ事件でコンサート会場が襲撃される瞬間映像が公開された。この銃撃テロ事件で約100人が死亡したようですが、会場の外の映像を観ると、確かに数名の人が撃たれて、道に倒れている様子が映っている。

2015-11-19_080635

コンサートホール「バタクラン(Bataclan)」襲撃の瞬間を市民がスマホで録画した映像が公開されました。この日、会場ではアメリカのバンド「イーグルス・オブ・デス・メタル」のLIVEが行われており、多くの観客で賑わっていた。無差別な発砲は動画9秒〜。

Attacks in Paris - The arrival of terrorists in Bataclan Theatre killing





▼劇場、外の様子。

2015-11-19_080541

Footage filmed by 'Le Monde' journalist Daniel Psenny captured the moment crowds fled the Bataclan concert hall in Paris, Friday, after gunmen began shooting at the crowd around 22:00 local time



▼上の映像に関しては、このような見解をする人も。

パリのテロ現場の映像は偽モノでした。

【関連記事】
【パリ同時多発テロ】バタクラン劇場のテロ事件は、仏政府が劇場にいた人達を殺害し、テロの犠牲者として利用した自作自演だった!?

【フランス同時多発テロ】パリで劇場など6カ所で銃撃があった他、サッカースタジアムでも爆発!153人以上が死亡

仏大統領が非常事態宣言「前代未聞のテロ攻撃だ」シリア介入に報復か

アノニマスがイスラム国に宣戦布告「世界中でお前たちを追い詰める。お前を見つけ、そして放しはしない」

【茶番】イスラム国が新声明「必ずアメリカの中枢ワシントンを攻撃する」⇒ ISの車列近くを米軍戦闘ヘリがお見送り

パリ郊外で警官隊が武装グループと銃撃戦 1人自爆、1人射殺、5人逮捕

パリ郊外で警官隊が武装グループと銃撃戦 1人自爆、1人射殺、5人逮捕

パリ同時テロ首謀者の捜索で銃撃戦、1人自爆 1人射殺 5人逮捕

2015年11月18日(水) 20時7分
 
2015-11-18_223255

パリ郊外のサン・ドニで同時多発テロの首謀者の捜索を行っていた警官隊が、武装グループと銃撃戦になり、女1人が自爆したほか、男1人が射殺されました。

18日午前4時半ごろ、フランス警察のテロ対策部隊が、パリ郊外のサン・ドニにあるアパートの一室に捜索に入ったところ、中にいた武装グループと銃撃戦になりました。

「ババババ、ダダダダという音がして飛び起きた。身を乗り出して外を見たら警官が『窓を閉めて』と」(目撃者)

この銃撃戦で、女1人が自爆し、男1人が射殺されました。また、室内やアパートの近くにいた男女あわせて5人が逮捕されました。

フランス警察は、テロの首謀者とされるアブドルハミド・アバウド容疑者を拘束するためにアパートに家宅捜索に入ったということですが、これまでのところ、この中にアバウド容疑者が入っているかはわかっていません。

警察は、DNA鑑定などを行って逮捕した男女の身元の確認を進めています。アパートには、現在も容疑者が潜んでいる可能性があるということで、警察は、建物の全ての部屋を慎重に調べています。

参照元 : TBSニュース

2015-11-18_223312

2015-11-18_223322

2015-11-18_223338

2015-11-18_223350


パリ同時多発テロ:9人目の容疑者、逃亡か

2015年11月18日 11時35分

【パリ賀有勇、矢野純一】パリ同時多発テロ事件で、フランス捜査当局は17日、死亡した実行犯7人と指名手配中の男の他に、襲撃に直接関わり、逃走していると見られる人物が1人いることを明らかにした。

事件に直接関与した人物は9人となる。事件当時の映像から判明したが、身元などは分かっていない。捜査当局は、犯行に使われたと見られる3台目の車や、犯行の準備に使われたと見られる拠点を発見し、事件の全容解明へ向けた捜査を急いでいる。

複数の仏メディアによると、新たに判明した男は、バーやカフェを襲撃後に自爆した仏国籍でベルギー在住のブラヒム・アブデスラム容疑者(31)とともに、襲撃に加わったとみられる。

 ブラヒム容疑者が襲撃時に車で移動している様子を通行人が撮影した映像に、車内から2丁のカラシニコフ自動小銃が突き出されている様子が映っていた。自動小銃を1人で2丁持つことは考えづらいため、運転手を含めて計3人が乗っていたことになる。

車には、ブラヒム容疑者の弟で国際指名手配されているサラ・アブデスラム容疑者(26)が乗っていたと見られているが、もう1人の顔などは映像でも判別できていない。

また、犯行グループが使用したとみられる3台目の車が17日朝、パリ市内で見つかった。車内にカラシニコフ銃が残されていた。襲撃現場で目撃された2台の車はすでに発見されている。このほか、襲撃犯らがパリ郊外2カ所のアパートなどを拠点としていた痕跡も見つかった。

一方、過激派組織「イスラム国」(IS)を名乗るフランス語の犯行声明を読み上げた男について、仏捜査当局は、仏国籍のイスラム過激派メンバー、ファビアン・クラン容疑者(35)と確認した。AFP通信が伝えた。

報道などによると、クラン容疑者は仏海外領土レユニオン島出身。1990年代にイスラム教に入信し、2000年代前半に過激思想に傾いたとみられる。仏南部トゥールーズ周辺のイスラム過激派のネットワークで活動。12年に同地でユダヤ教徒ら7人を殺害し、仏特殊部隊に射殺されたモハメド・メラ容疑者とも親交があったとみられている。

09年、イラクで活動していたISの前身組織への参加を勧誘したとして禁錮5年の実刑判決を受けた。出所後、シリアに渡ったことが分かっている。仏パリジャン紙によると、パリ郊外のキリスト教会への攻撃を計画していた男が逮捕された今年4月のテロ未遂事件に関与した疑いがある。

参照元 : 毎日新聞


Paris Police Operation to Get ISIS Terrorists End with 7 Arrest

Police Operation at Paris apartment where ISIS mastermind was holed up' ends with his one terrorist woman blowing herself up with a suicide vest, one terrorist shot dead and seven arrested.

A northern suburb of Paris was scene of an early morning police raid in which French security forces killed two terror suspects in connection with last Friday’s deadly attacks in the capital.

The shootout occurred in Saint-Denis on Wednesday in an operation by special police forces trying to catch a suspect from the Friday attacks in the city, which killed over 130 people.

The suspects were holed up in an apartment in the in Saint-Denis neighborhood.

▼銃撃戦の映像?これもヤラセ?




Footage Has Sounds of French Police in Shootout with Suspect in St.Denis

ALLEGED footage of the current situation .... There are reports of heavy gunfire near Saint-Denis in Paris during a police raid in connection to the weekend attacks.

At least one policeman has been injured in a shootout with alleged terrorism suspects in Paris, during a pre-dawn police raid in the northern suburb of St-Denis. The nature of the injuries are not known, and French police would confirm only that an operation was underway in the suburb.

- French media say two or three suspects “very close” in planning Friday’s attacks are involved.
- Local residents were evacuated during the operation.
- Shots were first heard at 4.30am local time. The operation has been going on for two hours.
- Police officers have been injured.
- Suspects are apparently holed up in an Apartment.






ネットで主流「フランス同時テロは偽旗作戦」!後藤健二氏の妻もパリJICA理事長と?麻生太郎天皇財閥と奴隷武器貿易キャボット家の繋がり!




【パリ同時多発テロ】バタクラン劇場のテロ事件は、仏政府が劇場にいた人達を殺害し、テロの犠牲者として利用した自作自演だった!?

バタクラン劇場のテロ事件はフランス政府の自作自演だった?

2015年11月17日12:12

以下の記事は、フランス政府がバタクラン劇場にいた人たちを殺害しテロの犠牲者として利用したことが明らかになったと伝えています。

この記事を読む限り。。。どうやら今回の偽旗同時多発テロは、NATOなどがシリアを完全に破壊するために第三次世界大戦を手っ取り早く勃発するための工作だったようです。バタクラン劇場でのテロ事件はフランス政府のねつ造だったとのことですが、実際に多くの人たちが殺害されてしまいました。

しかし他の事件現場では他の国の政府或いは諜報機関が関与したのではないでしょうか。フランス政府だけでこれだけの偽旗事件が作り出せるわけもありませんし。。。

別の記事によると、この事件が起こる2週間前にワシントンDCでアメリカの副大統領とフランス、アメリカ、イギリス、イスラエルなどの諜報機関が秘密会議を開きパリでの偽旗テロの計画を練ったそうですから。。。

9.11テロ事件が起きた時には、世界中の誰もが主要メディアが報道するニュースに騙されましたが、今回は様々な人々が偽旗テロ事件の真相を明らかにしています。

G20では対テロ対策が盛り上がりました。彼らは偽旗テロ事件が成功したことと、これで第三次世界大戦を始める口実ができたと祝杯をあげているのでしょうか?

Busted: Totally Proven Beyond All Doubt: The French Government Staged The Attacks

(概要)

11月16日付け

DHZToSjIN3

BUSTED: TOTALLY PROVEN BEYOND ALL DOUBT: THE FRENCH GOVERNMENT STAGED THE ATTACKS, ROUNDED UP THE FUTURE “VICTIMS” AFTER THEY LEFT THE BATACLAN, MURDERED THEM WHILE THEY WERE IN CUSTODY, AND THEN SET UP THE BLOODY SCENE WITH THE BODIES.

A GLITCH IN THE MEXICAN MEDIA HAS PROVEN THAT THE FRENCH GOVERNMENT MURDERED “VICTIMS” WHILE IN CUSTODY OF THE AUTHORITIES. WE DEFINITELY HAVE A LOT OF DEAD PEOPLE IN THESE “TERROR ATTACKS” AND IT LOOKS LIKE NONE DIED “IN THE NAME OF ISLAM”.

BUSTED: THE ONE MEXICAN GIRL (Nohemi Gonzalez) WHO DIED WAS CONFIRMED ALIVE AFTER THE BATACLAN SHOOTING WHEN HER FAMILY CALLED HER BOYFRIEND’S PHONE AFTER HEARING ABOUT THE SHOOTING IN THE MEXICAN MEDIA.

HE SAID HE WAS WITH HER OUTSIDE AND THEY WERE BOTH FINE, AND NOW, AFTER THE AUTHORITIES TOOK HER INTO CUSTODY SHE IS DEAD. BUSTED BUSTED BUSTED, THERE WERE NO TERRORISTS, THE FRENCH GOVERNMENT DID THIS JOB, AND IT IS A FILTHY FALSE FLAG.

I MIGHT GET BLASTED OFF THE WEB FOR REPORTING THIS, BUT IT IS A COLD HARD FACT, IT CAME ACROSS THE TELEVISION WHILE I WAS GOING OVER THE PHOTOS OF THE BATACLAN. THE DEAD BODY SCENE LOOKED REAL, BUT WAS TOO LOW RES TO WORK WITH.

THEN THIS REPORT CAME ACROSS THE TV WITH THE GIRL’S FAMILY ON TELEVISION, SAYING IT LIKE IT HAPPENED FROM THEIR PERSPECTIVE. THEY CONFIRMED SHE WAS NOT SHOT AFTER THEY HEARD ABOUT THE SHOOTINGS IN THE PRESS.

THEY GOT AHOLD OF HER BOYFRIEND AFTER THE BATACLAN WAS EMPTY, WHO WAS WITH HER ALIVE AND TOTALLY UNHURT OUTSIDE THE THEATER.

NOW, AFTER BEING TAKEN INTO CUSTODY BY AUTHORITIES TOTALLY UNHURT SHE HAS BEEN CONFIRMED DEAD AND HER FAMILY IS WONDERING HOW, WHEN THEY CONFIRMED SHE WAS NOT HURT AND ALL WAS WELL.

THEY BLEW IT BLEW IT BLEW IT, THERE WERE NO ARABS, THE FRENCH GOVERNMENT DID THIS AND GOT THEIR BODY COUNT BY MURDERING PEOPLE IN CUSTODY!

The fact that the French government murdered victims and then planted them back in the scenes afterwards explains completely why no real shooting ever turned up on amateur cell phone video from the Bataclan, yet there was a significant body count. They took this Mexican girl into custody, murdered her, brought her back into the Bataclan and dragged her to where they left her dead. This explains why blood is dragged all over the floor in the bataclan, because they dragged and dropped the bodies after killing them.

This might be the first time ever the perpetrators of a false flag got busted by their own media, I REPEAT: THE ONE MEXICAN VICTIM WAS CONFIRMED ALIVE AND UNHURT AFTER THE BATACLAN “SHOOTING”, ONLY TO END UP BACK INSIDE THE THEATER DEAD FOR THE PHOTO SHOOT. THE FRENCH GOVERNMENT DID THIS, NO IFS OR BUTS.

Now let’s keep an eye on the distribution of deaths, to find out if the authorities ID’d people before killing them, to get deaths from as many countries as possible. If there are deaths from everywhere, that is exactly what they did – the French checked ID’s to decide who they would kill based upon where they were from, to get as many countries as possible to stand behind a war on Islam after losing one of their own . . . . .

After reporting this, I might as well pop in a movie and wait for a drone strike. And by the way, I am feeling well and not suicidal.

Anything to get their world war 3, ANYTHING. I am actually pissed off beyond belief, of all the gall! They needed a real body count so they murdered people who were PROVEN ALIVE after the “event!”

Ok, after working on this for a while, things are coming into view. Here is what likely happened: Agents, not “terrorists” got a small body count at the scene, and then spiced it with people they detained afterwards. That makes the most sense based on various reports, they did not kill all “in custody”, they spiced it with people they needed dead for the most political gain by murdering people who were selected for their nationality via their ID’s while in custody.

Among the dead, there is quite a list of countries so far.

We have: Michael Jozic, from Belgium Elif Dogam from Turkey OTHER COUNTRIES NAMED, TO CUT TO THE CHASE: France, Sweden, Tunisia, Mexico, United States, Chile, Algeria, Portugal, Italy, Morocco, Spain, England, Germany, and the list is not done yet.

The Mexican victim’s family is questioning how on earth she is dead when she was alive after everything settled down, ALIVE LONG ENOUGH AFTER IT ALL FOR THE MEDIA TO HAVE REPORTED IT, AND FOR THEM TO TRY TO CALL AFTER HEARING ABOUT IT. THIS GIRL’S FAMILY WAS IN MEXICO, THIS NEWS DID NOT BREAK IN MEXICO IN FIVE MINUTES. IT TOOK A LOT LONGER THAN THAT, HOW ON EARTH DID THIS GIRL END UP DEAD WHEN SHE WAS FINE WHEN THIS HIT THE NEWS IN MEXICO, LONG ENOUGH FOR HER FAMILY TO RESPOND TO THE NEWS OF THE ATTACK AT THE BATACLAN AND CALL? This latest event might be what kills false flags, the French government is BUSTED WHOLESALE.

[more…]

————————— Paris Shooting HOAX CRISIS ACTOR REVEALED! Smiling Partner Duping Delight!

フランス政府が今回の偽旗同時多発テロを仕掛けたことが証明されました。フランス政府は、バタクラン劇場から出てきた人たちを一斉検挙し、彼らを拘留した後に殺害しました。その後、劇場内を血まみれ状態にセットし遺体を置いたのです。

メキシコのメディアのミスにより、フランス政府が特定の観客らを拘留した後に殺害しテロの犠牲者を作り上げたことが明らかになりました。 バタクラン劇場で起きたテロ事件により大勢の犠牲者が出たと報道されましたが、彼らはイスラム過激派によって殺害されたのではない事が分かりました。 バタクラン劇場でテロリストに殺害されたと報道されたメキシコ人の若い女性(Nohemi Gonzalezさん)は、事件発生時には生きていました。彼女の家族が、事件直後に彼女の安否を確認するために、彼女のボーイフレンドに電話したところ、彼も彼女も一緒に劇場の外に出て元気でいると伝えました。 しかし、電話で通話した直後に彼女は当局に連れて行かれ殺害されたのです。つまり、バタクラン劇場ではテロ事件は発生していなかったのです。フランス当局が大量殺人を行い、テロの犠牲者をねつ造したのです。

テレビのニュースで、バタクラン劇場で起きたテロ事件が報道された時、ニュースの画像を注意深く観察しましたが、遺体はホンモノのように見えました。

その後、犠牲者の遺族がテレビに出演し、テロ事件が起きた時には娘は殺害されていなかったと語ったのです。事件が起きた時、劇場から人々が出てきて劇場内は空になっていました。その時、彼女も外に出てきました。そしてその後、フランス当局に連れていかれ殺害されたと遺族は語ったのです。

フランス政府は、この劇場でテロの犠牲者をねつ造するために、多くの遺体が必要だったのです。そして彼女も殺害されました。フランス政府は劇場から出てきた人達を一斉検挙し拘留した後に後に殺害し血まみれの遺体を劇場内に戻したのです。

事件が起きた時にバタクラン劇場にいた一般人が携帯電話で撮影した映像が公開されました。その映像によると、劇場では銃撃事件は起きていなかったことが分かります。何の発砲音も聞こえません。

しかし劇場内には多くの遺体が用意されました。当局は特定の人々を殺害した後、遺体を劇場に戻したために、劇場の床には血まみれの遺体が引きずられた跡がついていたのです。

今回、グローバル・エリートが支配する主要メディア(メキシコのメディア)がミスをしたことで偽旗事件の真相が暴かれてしまいました。また、事件現場の画像はフランス政府が撮影・公開したものです。フランス政府は劇場にいた観客のIDを事前に確認し、誰を殺害するかを決めていました。

もしフランス政府に殺害された犠牲者の中に外国人が含まれていたなら。。。殺害する人物の国も特定していたのです。彼らはできるだけ多くの国を巻き込むために多くの外国籍の人たちを殺害した可能性があります。 彼らは第三次世界大戦を勃発させるためなら何でもやってしまいます。

フランス政府は、劇場にいた人たちの中で、政治的利益のために都合の良い人たち(IDや国籍を確認)を特定し、彼らを一斉検挙した後に殺害し劇場内に遺体を戻しました。しかし拘束した人たち全員を殺害したわけではありません。政治的に都合の良い人たちのみを殺害しました。

フランス政府によって、劇場でのテロの犠牲者を創り出すために殺害された人たちの国籍は:ベルギー、トルコ、フランス、スウェーデン、チュニジア、メキシコ、アメリカ、チリ、アルジェリア、ポルトガル、イタリア、モロッコ、スペイン、イングランド、ドイツ、その他(まだ確認中)です。

メキシコの遺族は事件後にどのようにして彼女が殺害されたかを知りたがっています。



こちらのビデオでは、ジャーナリストが今回のテロ事件の真相を暴露しています。



参照元 : 日本や世界や宇宙の動向


ボストンマラソンの自作自演テロでは、劇団員が使われましたが、今回のパリ同時多発テロで話題の4人の女性が同一人物だという説はデマだと分かりました。

11988680_897914193625668_8583916527124257216_n

▼この写真の4人の女性は別人だと発覚。それぞれの身元が判明。

2015-11-16_220025

オーロラ、サンディフック、ボストンテロで同一人物だと言われていた悲劇の女性は別人だった。3人すべての女性の身元が分かっており、同一人物ではない事が確定しました。

▼オーロラの女性

amanda

写真に写っている女性の名前はアマンダMedekです。彼女は2012年7月20日、金曜日、オーロラ、コロラド州でゲートウェイ高校にて、彼女の妹Micaylaを探していた。

▼サンディフックシューティングの女性

carlee

上記サンディフック写真に示すように、女性は彼女の妹ヴィッキー・ソトが死んだことを知らされた時の写真です。この象徴的な写真はCarleeソトは彼女の妹ヴィッキーソトは、学校での銃乱射事件で殺された。

▼ボストンテロの女性

emma3

エマ・マクドナルドと二人の友人はボストンの犠牲者のために徹夜で撮影しました。

2015年パリの同時多発テロの女性は他の3人とは無関係であり、それぞれの女性は別人であることがハッキリしました。

▼パリの同時多発テロの女性1人の身元は分かってません。

201511151151288c2

paris-crying

2015年11月、パリの同時多発テロに遭遇した女性は、4つのすべてのテロ現場に遭遇した悲劇の女性だという話や劇団員(エキストラ)というネタは完全にデマでした。

2015-11-20_074419

2015-11-20_074442

2015-11-20_074518

2015-11-20_074539

4人の女性が別人だと公表した英文の元記事▼
Was the Same Woman at the Aurora, Sandy Hook, and Boston Tragedies?















仏大統領が非常事態宣言「前代未聞のテロ攻撃だ」シリア介入に報復か

「前代未聞のテロ攻撃だ」仏大統領は非常事態を宣言

2015/11/14 11:47
 
2015-11-14_133948

パリでの同時多発テロを受けて、フランスのオランド大統領は非常事態を宣言し、すべての国境を封鎖すると明らかにました。

フランス、オランド大統領:「フランス全土に非常事態を宣言する」

オランド大統領は、「前代未聞のテロ攻撃だ」と非難するとともに「テロに直面してきた我が国は、テロに打ち勝つ方法を知っている」などと述べ、テロに立ち向かう姿勢を強調しました。さらに、非常事態を宣言し、すべての国境を封鎖すると明らかにしました。フランス各地には約1500人の兵士らが動員され、治安維持にあたっています。オランド大統領は、15日からトルコで行われるG20首脳会議を欠席すると表明しました。

オバマ大統領:「これはパリやフランス国民だけに対する攻撃ではない。全人類と普遍的価値に対しての攻撃だ」

同時多発テロを受けて緊急会見を開いたオバマ大統領は「無実の人を恐れさせる非道な企てだ」と強く非難しました。そのうえで、フランスの政府や国民が必要とする支援を行う意向を示しました。オバマ大統領は誰が犯行に及んだかなどの言及を避けましたが、「テロリストに対して正義を下すために世界中の国々と協力していく」と強調しました。

参照元 : テレ朝ニュース



2015-11-14_134000

2015-11-14_134010

2015-11-14_134033

2015-11-14_134021

2015-11-14_134048


“爆発音”が遠くで…テロ発生時、緊迫の瞬間を証言

2015/11/14 11:48

2015-11-14_135248

銃撃があったレストランの周辺の緊迫した様子について、日本人の目撃者の証言です。

パリ支局・橋本美輝:「爆発音のようなものが遠くで聞こえた。(爆発のような音は)何回かに分けて聞こえた。パトカーなどの音が普段にはない勢いで聞こえてきた」

現場は若者が多く集まるエリアで、夜遅くでも比較的、安全に外出できるという印象を持っていたためショックが大きかったということです。

パリ支局・橋本美輝:「1月に起きたシャルリーエブドの事件の記憶が少し薄れかかっている時に思い出させるような事件が起きたことに、皆、ショックを受けている」

参照元 : テレ朝ニュース



2015-11-14_135258

2015-11-14_135314

2015-11-14_135325


シリア介入に報復か イスラム過激派が関与の可能性

2015/11/14 11:49

2015-11-14_135001

パリで、劇場やレストラン、スタジアムなどを狙ったとみられる同時多発テロが発生しました。フランスメディアなどは、襲撃は7カ所であり、劇場では100人以上が死亡するなど、これまでに合わせて120人以上が死亡したと伝えています。犯人像など、これまでに分かっている最新情報について報告です。

(吉田豪記者報告)
テロは、全容がまだはっきりしないところが多くありますが、大統領も出席した競技場や満員のコンサート会場、そして若者が多いエリアのレストランでの同時多発テロということから、入念に準備をしたうえで、多くの人でにぎわう金曜日の週末を狙った可能性が高そうです。

死者は120人以上とのことですが、負傷者も多いことから、今後、死者の数が増えていく可能性もあります。フランスメディアはコンサート会場にいた人の目撃談として、「人質に向かって『オランドのせいだ、お前の大統領のせいだ。シリアに介入しなければよかったのだ』と言っているのをはっきり聞いた。イラクのことも触れていた」と伝えました。

また、犯人がテロ行動を正当化するためにフランスのシリアへの軍事介入を理由に挙げたと報じています。コンサート会場には治安部隊が突入し、犯人4人を現場で射殺しました。また、5人の身柄をこれまでに拘束しています。目撃者によりますと、犯人がアラビア語で「神は偉大だ」と叫んでいたことから、イスラム過激派が今回の犯行に関与した可能性も出てきました。

また、逃走中の犯人は武器を持っているとの情報もあり、フランス政府は国民に対し、外出しないよう呼び掛けたほか、14日は学校を休校にすると発表しました。なお、フランスにある日本大使館によりますと、現時点で「銃撃などに巻き込まれた日本人はいない模様だ」と話しています。また、市場やデパートなど人が多く集まる場所に出掛けないよう注意喚起を行っています。こちら、ロンドンでも急に街中に警察官の姿が多くなりました。テロ対策で警備がぐっと強化されています。

参照元 : テレ朝ニュース



2015-11-14_135020

【関連記事】
【フランス同時多発テロ】パリで劇場など6カ所で銃撃があった他、サッカースタジアムでも爆発!153人以上が死亡

【フランス同時多発テロ】パリで劇場など6カ所で銃撃があった他、サッカースタジアムでも爆発!153人以上が死亡

パリで銃撃や爆発、153人死亡 劇場やサッカー場など

2015.11.14 Sat posted at 10:36 JST

paris-terror

(CNN) CNN系列局のBFMTVによると、フランスのパリで13日夜、劇場など少なくとも6カ所で銃撃があったほか、サッカーの代表戦が行われていたパリ郊外のスタジアムでも少なくとも3回の爆発があり、当局によると、合わせて少なくとも153人が死亡した。

内務省によると、銃撃があった場所の1つ、劇場「バタクラン」では少なくとも112人が死亡した。同劇場内から脱出したラジオ記者によると、黒い服に身を包んだ男2人がAK47とみられる自動小銃を発砲。マスクは着けておらず無言だったという。銃撃は10〜15分間にわたり続き、劇場内のコンサート会場にいた観客はパニックになり悲鳴を上げた。20〜25人の死体が床に散乱していたという。

男らは人質を取って劇場内のコンサート会場に立てこもっていたが、BFMTVによると、警察特殊部隊が現場に突入。襲撃者2人は殺害され、立てこもりは終わったという。警察により人質少なくとも100人が屋外に解放された。負傷者がいる模様。

また仏メディアによると、サッカー・ドイツ代表とフランス代表の試合が行われ、オランド仏大統領も観戦に訪れていたパリ郊外の「スタッド・ド・フランス」で複数の爆発があった。オランド大統領はハーフタイムに避難し、スタジアムは閉鎖された。情報筋によると、爆発のうち1件は自爆テロとみられる。

これを受けて、オランド大統領は非常事態を宣言し、国境を閉鎖する意向を示した。「我々は共感と連帯、団結を示し、冷静さを維持する必要がある。フランスは強く偉大な国でなければならない」と述べた。事件は「前例のない攻撃」で、「テロと直面して、この国は自分をどう守り、軍隊をどう動かし、テロリストにどう打ち勝つかを知っている」とも述べた。

オランド大統領、マニュエル・バルス副大統領、カズヌーブ内相は内務省で緊急会議を開催した。パリ警察は市民に自宅待機を命令。ツイッター上で、「絶対の必要がない限り」自宅にとどまるよう呼びかけている。

「ル・パリジャン」紙の記者によると、フランス当局はテロ捜査を開始。公式の犯行声明は出ていないが、過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」はツイッター上で、一連の攻撃を称賛した。

また、オバマ米大統領はホワイトハウスで、「これはパリやフランスの人々への攻撃にととまらず、人類すべてと我々が共有する価値観への攻撃だ」と主張。一連の攻撃について、「罪のない民間人を狙った卑劣なテロ行為だ」と述べた。

paris-terror2
 
米国の対テロ当局者によると、米国の対テロ当局は、情報を収集し米国に対するテロの脅威がないかを評価するため、会議を開催。今のところ米国への脅威を示唆する情報はないという。現時点でパリでの犯行を疑われているのは、シリアやイラクから帰国した戦闘員だという。

参照元 : CNN.CO.JP


▼仏独代表の試合があったサッカー場でも爆発があった

paris-terror-stadium




France: Victims rushed to hospital as deadly terror attacks hit Paris

The wounded were taken out of a Paris restaurant after the site was attacked by a gunman, Friday. The restaurant is just one location in a series of attacks in the French capital resulting in the deaths of dozens people. Some reports indicate that the current death toll will exceed more than 100 people at






▼爆発後のサッカー会場

Breaking News: Stade De France moments after the explosion.

Moments after the explosion.Panic of spectators in Stade de france .




▼パリのレストラン、銃撃現場の映像

Paris Attacks - Scene Outside Restaurant Massacre

The scene immediately after gunmen opened fire in a restaurant, killing and injuring many people.






<パリ同時多発テロ>オバマ米大統領「人類への攻撃」と非難

2015年11月14日(土)10時20分配信

2015-11-14_125314

【ワシントン和田浩明】パリの同時多発テロを受けオバマ米大統領は13日夕(日本時間14日朝)、ホワイトハウスで緊急声明を発表した。オバマ氏は、「罪のない市民を恐怖に陥れようとする言語道断の試みだ。パリやフランスだけでなく、人類や共通の価値への攻撃だ」と非難し、「テロリストを裁きにかけ、テロ組織を追い詰める」と断言した。

オバマ氏は、フランスに対するいかなる支援も行う考えを表明。「米国にとって最も古くからの同盟国であるフランスと共に、テロや過激主義と戦う」と述べた。数日以内にオランド大統領と連絡を取り、事件捜査などでの連携を取る意向を明らかにした。

オバマ氏は、「情勢はまだ流動的だ」として実行犯や動機に言及することは避けた。

国防総省当局者によると、カーター米国防長官もルドリアン仏国防相と早期に協議を行うため調整している。ケリー米国務長官も、攻撃を「邪悪だ」と指弾する声明を発表し、「人間性に対する攻撃と戦わねばならない」と述べた。

米CNNによると、全米のテロ対策当局者はパリの事件を受け緊急ビデオ会議を開いて対応を協議した。現時点で、米国に対する具体的なテロ情報は明らかになっていないという。

参照元 : 毎日新聞




パリ新聞社襲撃後もイスラム教徒標的の攻撃が相次ぐ 手際の良さに「軍の特殊部隊かと思った」 最初に編集長を射殺

フランスでイスラム教徒標的の攻撃相次ぐ、パリ新聞社襲撃後

2015年01月08日 20:56

img_4d7

【1月8日 AFP】フランスの複数の都市で7日夜から8日未明にかけて、イスラム教の礼拝所などが攻撃される事件が相次いで起きた。検察当局者が8日、述べた。

パリ(Paris)西部のル・マン(Le Mans)では8日午前0時過ぎ、モスク(イスラム教礼拝所)に手りゅう弾3発が投げ込まれた。手りゅう弾は爆発しなかった。

また、仏南部ナルボンヌ(Narbonne)近郊のポールラヌーベル(Port-la-Nouvelle)ではイスラム教の夜の礼拝の直後に、礼拝に使われていた建物に向けて発砲があった。

さらに8日、仏東部ビルフランシュシュルソーヌ(Villefranche-sur-Saone)では、モスクそばのケバブ店で爆発があった。けが人はいなかったが、当局者は、爆発は「犯罪行為」によるものと述べ、警察当局が捜査に着手したと語った。(c)AFP

参照元 : AFP BBNEWS

img_71


犯行の一部始終−編集室で最初に編集長射殺 手際の良さに「軍の特殊部隊かと思った」

2015.1.8 21:16

B7In-N-CYAAKfHt

仏風刺週刊紙シャルリー・エブドを標的にした銃乱射事件で、犯行グループはアラビア語で「神は偉大なり」と口にしながら、際立つ「手際の良さと冷酷さ」(AP通信)で被害者を次々と撃ち抜いていったとされる。

欧米メディアの報道を総合すると、犯行グループは7日午前11時半ごろ、現場のビルに到着。全身黒ずくめで顔を隠し、自動小銃を持った実行犯2人が、幼い娘と玄関前にいたイラストレーターの女性にドアを開ける暗証コードを打ち込むよう「完璧なフランス語で脅迫した」という。

実行犯は受付にいた管理人に「シャルリー・エブドか」と確認し、直後に1人を銃撃で殺害。定例の編集会議が開かれていた2階の編集室に迷うことなく直行し、「神は偉大なり」と叫びながら、編集長とボディーガード役の警察官を最初に殺害した。

犯行時間は約5分。少ない時間で10人を「預言者ムハンマドの復讐(ふくしゅう)だ」などと叫びながら次々と殺害し、待機していた3人目の男の運転する黒い車で「何事もなかったかのように立ち去った」という。

逃走中、路上に倒れる警察官に遭遇。実行犯は命乞いする警察官を前に「1人が通行に支障がないことを確かめ、もう1人が(至近距離から)とどめの一撃を(頭部に)撃ち込んだ」。

逃走中に衝突事故を起こすと、実行犯は別の運転手を脅して車を奪った。

実行犯の1人が国際テロ組織アルカーイダの一員と名乗ったとの情報もある。目撃者は「(犯行グループは)極めて良く訓練されていた。軍の特殊部隊なのかと思った」と語った。

米陸軍の元指揮官は米CNN(電子版)で、充実した装備や射撃術、迅速な逃走方法などから、実行犯は「訓練されたテロリストのようだ」と分析した。(犬塚陽介)

参照元 : 産経新聞


仏紙銃撃 パリ抗議集会に数万人「悲しい。でも恐れない」

2015年1月9日(金)7時55分配信

【パリ=内藤泰朗】フランスの風刺週刊紙シャルリー・エブド本社の襲撃事件から一夜明けた8日、現場から近いパリ中心部では依然として、警察が厳戒態勢を敷いた。夜を徹したパリの抗議集会には、数万人が集まった。「私たちは恐れない」。凶弾に倒れたジャーナリストと漫画家たちへの連帯と、言論の自由への弾圧には屈しないとする強く静かなメッセージは世界に広がった。

警察によると、襲撃現場からも近いレピュブリック(共和国)広場には、約3万5千人が埋め尽くした。ソーシャルメディアなどを通じて、世界に広がった「私はシャルリー」の連帯を示す合言葉。それが書かれた紙を首からぶら下げた若者たちに声をかけると「ペンは銃よりも強い」「銃で言論の自由は奪えない」「悲しい。でも、恐れてはいない」などと、力強い答えが次々と返ってきた。ろうそくを手に涙を浮かべていた女性は「私たちは怒ってはいない。なぜなら怒りは、新たな怒りを生むから」と語った。

警察に封鎖された襲撃現場で出会ったIT(情報技術)関連会社のマネジャー、セルジュ・ポチェさん(43)は、政治や宗教などについての風刺や皮肉が効いた同週刊紙の漫画が大好きだったという。

「真剣に戦ってきたシャルブ(同週刊紙の編集長のニックネーム)たちの死を悼みここに来た。おぞましい事件が宗教や民族の対立に火をつけないことを祈りたい」と強調した。

参照元 : 産経新聞


イギリス人ジャーナリスト斬首や911テロと同じヤラセ映像か?

仏紙襲撃テロ警官が射殺されたと言われる場面、撃たれた男性から全く血が流れてない?



なぜタイミングよく頭上から撮影してるのか?

パリ警察による茶番、捏造?




イスラム国が脅える最強女性戦士たち クルド人女性部隊YPJ

女性兵士の多くは17歳から25歳の若者。

女性兵士:「私達クルド人の女性にとってイスラム国なんて全く怖くないです。相手になりません」



【関連記事】
【衝撃映像】イスラム教を風刺するイラストで物議!テロリストがパリの新聞社を襲撃、12人死亡

【パリ新聞社襲撃】実行犯のフランス人兄弟が立てこもっている現場に治安部隊が突入、2人を射殺

【衝撃映像】イスラム教を風刺するイラストで物議!テロリストがパリの新聞社を襲撃、12人死亡

パリの新聞社襲撃、12人死亡 イスラム教風刺で物議

2015年1月7日23時10分

20150107213208sdfoip

風刺画が売り物のフランスの週刊新聞「シャルリー・エブド」の事務所が7日、自動小銃を持った男らに襲撃された。少なくとも記者ら12人が死亡、数人が重体となった。同紙は、イスラム教を風刺するイラストで物議をかもしてきた。オランド大統領は「野蛮なテロ行為だ」と批判した。

7日午前11時半(日本時間同日午後7時半)ごろ、黒い目出し帽をかぶった男らが、パリ中心部に近い同紙の事務所に押し入り、カラシニコフと見られる自動小銃を乱射したという。建物の外に出た後も銃を放ち、車で逃走した。仏政府によると容疑者は3人だといい、捜査当局が行方を追っている。死者のなかには2人の警官も含まれている。

容疑者らは重装備で、自動小銃の扱いにも慣れていることから、米CNNは専門家の見方として「軍隊式の訓練を受けているのではないか」と報じた。

AFP通信によると、同紙は編集会議中だった。犠牲者には風刺漫画家や記者ら5人が含まれ、うち1人は同紙の発行人も務めるステファン・シャルボニエ氏だった。

オランド大統領は現場に駆けつけ、「新聞社、つまり表現の自由への攻撃だ」と厳しく批判。「野蛮なテロ行為にほかならない。フランスは団結した国だと示さねばならない」と呼びかけた。政府は対テロの警戒情報を、最高レベルに引き上げた。オペラ座周辺など、日本人も含めて世界中から観光客らが集まるパリ中心部にも小銃を持った警官らが配置されている。

襲撃犯らは特定されておらず、動機も不明なままだ。ただ、仏メディアによると、犯人らが「(イスラム教の)預言者(ムハンマド)の復讐(ふくしゅう)だ」と叫んだのを聞いた人もいる。イスラム過激思想に影響を受けているのではないか、との見方が強い。

「シャルリー・エブド」は数万部を発行。これまでも、ムハンマドを女性に見立てた半裸のイラストを掲載するなどし、イスラム団体などに激しく批判されてきた。2011年には、火炎瓶が投げ込まれて事務所が全焼した。イスラム過激派の標的になっているとして、7日も仏当局が警備を続けていたという。

フランスは昨年、米国に続いて過激派組織「イスラム国」への空爆に踏み切った。これに対し、「イスラム国」との連帯を主張する組織が9月、アルジェリアでフランス人男性を誘拐、殺害する事件が起きた。

欧州では、「聖戦」の名のもとにシリアやイラクに渡る若者が後を絶たない。フランスでは「予備軍」も含めて1千人規模にのぼるとされる。12月末には「神は偉大なり」などと叫んで歩行者らに車で突っ込む事件が重なり、治安当局は警戒を強めていた。(パリ=青田秀樹)

フランスの週刊新聞「シャルリー・エブド」は風刺画が売り物で、前身は1960年に創刊された月刊紙「アラキリ」。アラキリは極左的な過激な紙面が売りだったが、60年代に2度の発行禁止処分を受けた。週刊化後の70年にはドゴール元大統領の死去を巡る表現で再び発禁に。その後、現在の題名で再刊し、一時休刊の後、92年に復刊された。

タブロイドサイズで16ページ。AFP通信によると、平均部数は約3万部。近年、発行を続けるために寄付を呼びかけていた。

参照元 : 朝日新聞




テロリストがシャルリー・エブドに襲撃テロ!警察官2人を含む12人殺害

風刺雑誌「シャルリー・エブド」のオフィスでテロ攻撃、12人が死亡している。命乞いする警察官にトドメを刺すテロリスト。

AS20150107004687_commL

During a terrorist attack today at the office of satirical magazine Charlie Hebdo, Terrorists have killed 11 people. In this video the kill one of the police officers who was as the scene during the attack.

Terrorists shoot officer in Paris during terrorist attack at Charlie Hebdo

撃たれた男性から全く血が流れてない。これもヤラセの可能性が高い?





フランスのパリ市内で週刊紙「シャルリーエブド」を発刊している会社が覆面をした武装集団に襲撃される事件が7日にありました。これにより現時点で死者が12名報告されています。

AS20150107004684_commL

この週刊誌は2度に渡ってイスラム教の預言者ムハンマドを侮辱する風刺画を掲載した過去がありイスラム教国各地でデモが発生するなどの騒動を起こしておりました。

現在、世界中でISIS(イスラム国)に感化したイスラム教徒によるテロ事件が多発しており、同事件も関連があるとの見方を強めているそうです。



thumd3915

AS20150107004520_comm

AS20141215003911_comm

【関連記事】
パリ新聞社襲撃後もイスラム教徒標的の攻撃が相次ぐ 手際の良さに「軍の特殊部隊かと思った」 最初に編集長を射殺

【パリ新聞社襲撃】実行犯のフランス人兄弟が立てこもっている現場に治安部隊が突入、2人を射殺

世界で初めて自動で動く「人工心臓」の移植を受けた患者がフランスで亡くなる

フランス 人工心臓を世界で初めて移植された人間が亡くなる

2014年3月4日09:17

by brykmantra

世界で初めて完全に自動で動く人工心臓の移植を受けた76歳の患者がフランスで亡くなった。ジョルジュ・ポンピドゥ病院(パリ)が明らかにした。昨年12月には人工心臓の移植手術が行われていた。

この男性は人工心臓を移植された後、65日間生き延びた。手術前にはもうすでに瀕死状態であったが、その後、回復を示し、人工呼吸器も外すようになった。

フランスでは毎年、心臓疾患により約3万2千人が亡くなっている。
アレン。カルパチエ教授が開発した人工心臓は、人間にかかる物理的負荷が変化しても外部からの制御が必要ないという完全自動制御を特徴とするものだった。
 
ただ、臨床実験のほか大きな壁となるのはその価格で、たった900グラムの装置が8万ユーロとなっており、手術総額は12万ユーロという。

参照元 :
ロシアの声

【フランス】西アフリカのマリで取材中だった仏ラジオ局の記者2人がアルカイダ系の武装勢力に拉致され、殺害される

仏ラジオ記者2人が拉致、殺害される マリで取材中

2013.11.03 Sun posted at 10:51 JST

map-mali

(CNN) フランス外務省は2日、西アフリカのマリで取材中だった仏ラジオ局の記者2人が国際テロ組織アルカイダとつながりを持つ武装勢力に拉致され、殺害されたことを明らかにした。

2人はラジオ・フランス・アンテルナシオナル(RFI)の記者。マリ北部キダル近郊で2日午前、遊牧民トゥアレグ人の武装勢力メンバーにインタビューした後、メンバーの自宅前で拉致された。両記者の車の運転手は地面に伏せるよう命じられ、2人の抵抗する声を聞いたと話している。

フランスのオランド大統領は、犯行を「卑劣な行為」と非難する声明を出した。マリでは昨年の軍事クーデターに続く混乱の中で、武装勢力が北部を占拠。今年1月に旧宗主国のフランスが軍事介入した。キダルは武装勢力の最後の拠点だったが、2月までにフランス軍に制圧された。


人気ブログランキングへ

フランスのシャンゼリゼで暴徒と警察が激しい衝突

フランス:シャンゼリゼで警察と暴徒の間で激しい衝突

maxresdefault

2013年5月12日、シャンゼリゼ、フランスチャンピオンフットボールチームの戴冠式後の出来事。警察と暴徒の衝突はシャンゼリゼ大通りとデ・ラ・グランデ軍事博物館で約4時間以上続いた。多くの窓が破壊され、ヒューゴボス、マックドナルド、ピアジオ店などが略奪された。バイクショップや車屋の多くも被害を受けた。

France: Violent Clash Between Police and Rioters On Champs Elysee



【衝撃映像】フランスの団地で火事、激しく燃えながら大爆発

フランスで、建物が燃え、ガスシリンダーに引火、そして複数の爆発。

Take place in France. Renovations are underway. Gas cylinders used by the workers would have caught fire as well.

Building In Fire With Multiple Explosions



別視点からの映像▼


人気ブログランキングへ

最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ