地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

ピラミッド

エジプト・ギザにあるクフ王のピラミッド内部に巨大空間発見

クフ王の埋葬室か…ピラミッド内に巨大空間発見

2017/11/2(木) 21:07配信

2017-11-09_180505

名古屋大などの国際研究チームは2日、エジプト・ギザにあるクフ王のピラミッド内部に巨大な空間があるとの調査結果を、英科学誌ネイチャーで発表した。

研究チームは、宇宙から飛来するミュー粒子を使ってピラミッドを透視。巨大通路「大回廊」(全長約50メートル)の約20〜30メートル上に未知の空間があるのを発見した。詳しく分析したところ、全長が約30メートルもあることがわかった。チームの森島邦博・名大特任助教は「大回廊に匹敵する規模の可能性がある」と話す。

名大の河江肖剰(ゆきのり)共同研究員(エジプト考古学)は「王の埋葬室の可能性もある」とみる。従来は「王の間」が埋葬室と考えられてきた。しかし、河江さんによると、王の間の天井には古いひび割れがあり、崩れる危険がある場所に埋葬するとは考えにくいことから、本当の埋葬室は別の場所だという説もあった。河江さんは「今回見つかった空間に本当の埋葬室があるかもしれない」と話している。

参照元 : 読売新聞


1922年に考古学者、及び写真家によって撮影された、エジプトの都市テーベ、王家の谷にあるツタンカーメン王の墓の内部。

2017-11-09_180738

2017-11-09_180750

2017-11-09_180803

2017-11-09_180816

2017-11-09_180829

2017-11-09_180843

2017-11-09_180855

2017-11-09_180912

2017-11-09_180925

2017-11-09_180938

2017-11-09_180954

2017-11-09_181013

2017-11-09_181029

2017-11-09_181049

2017-11-09_181101

2017-11-09_181116

2017-11-09_181142

2017-11-09_181204



超古代ピラミッドに「トーション・フィールド」が存在!?山頂にテレポーテーション装置が設置されていた!

ピラミッド山頂に「テレポーテーション」装置が設置されていた!「トーション・フィールド(ねじれ率場)」が発覚=ボスニア

2017.02.27

地球史を大きく塗り替える古代ピラミッドが発見されたとの情報が舞い込んできた。なんと、光速の100億倍の速度を持つ「テレポーテーション装置」がピラミッド山頂に設置されていたというのだ!

■超古代ピラミッドに「トーション・フィールド」が存在していた

2017-03-06_230159

海外オルタナティブメディアによると、東欧ボスニア・ヘルツェゴビナ某所で世界最古級のピラミッドが複数発見され、それらのピラミッドに現代科学を遥かに凌ぐ超技術「トーション・フィールド(ねじれ率場)」が存在することがSemir Osmanagic博士の調査で判明したという。

「トーション・フィールド(torsion field)」とは、1980年代にソ連の科学者らによって提唱され、後に科学のメインストリームから“似非科学”のレッテルを貼られた知られざる物理理論である。しかし、その内容は量子力学に見られる「量子もつれ(quantum entanglement)」に近く、現在でもその正当性を訴える者も少なくないという。

トカナでも度々ご紹介してきたが、「量子もつれ」とは、2つの粒子が何の媒介もなしに同期して振る舞う遠隔作用のことで、この現象を応用できれば、「量子テレポーテーション」など、瞬時に情報を伝達することができるようになると、以前から科学界では注目されている。(量子テレポーテーションのより詳細な解説は過去記事を参照)

2017-03-06_230244

そして、「トーション・フィールド」も同様の遠隔作用を引き起こすことが可能だというのだ。天才発明家ニコラ・テスラが発見した「テスラ波」が「トーション・フィールド」内で生成され、それが光速の100億倍の速度で移動するという。真空中における光の速度が約30万km/sであるから、「トーション・フィールド」は3千兆km/sという、とてつもない高速伝達が可能になる。もはや瞬間転移装置といっても過言ではないだろう。

「ニコラ・テスラが発見したテスラ波はトーション・フィールドの相互作用で生成されます。光よりもずっと速く、一切のエネルギーを失うことなく太陽やその他の惑星などに瞬時に到達することができます」(Osmanagic博士)

すると、太古の地球にはすでに「量子テレポーテーション」に準ずる装置が存在したということになるが……そんなSFまがいの古代構造物が実際に存在するというのだろうか?

■人工的に建造された可能性が高い

2017-03-06_230339

オルタナティブメディア「Ancient Code」によると、このピラミッドが意図的に建造されたことはすでに明らかになっているという。まず、ピラミッド型の形状はエネルギーの増幅に最適な形であること、そして地下には「トーション・フィールド」を発生させるための鉄板や水晶が人工的に設置されていることがOsmanagic博士の調査で判明しているそうだ。さらに、フィンランド人研究者Mika Virpiranta氏も、26もの火山道が不自然にピラミッド内部に繋がっていることを発見しているという。つまり、人類を凌駕する超科学技術を持つ何者かが意図的に建造した可能性が高いということだ。

2017-03-06_230413

建造目的は依然不明だが、地球外知的生命体が太古の地球に文明をもたらしたとする「古代宇宙飛行士説」を裏付ける証拠の1つであることは間違いないだろう。これほどの大発見をマスメディアが一切報道していない背景には、超古代文明の科学技術を血眼になって探し求めているアメリカやロシアといった大国の圧力があるのかもしれない……。今はただ、全ての真実を知っているOsmanagic博士がオルタナティブメディアに詳細を語ってくれることを期待するしかない。続報が入り次第お伝えする。

(編集部)

参考:「Ancient Code」、「Disclose.tv」、ほか

参照元 : TOCANA



2017-03-06_231107

国際会議でマヤ文明に関与していた証拠とされる宇宙人のミイラが発表される

国際会議で宇宙人のミイラが公開される! マヤ文明には宇宙人が関与していたことが判明か!

2015.12.15
 
2015-12-16_185319

紀元前3000年ごろから16世紀まで、長きに渡り繁栄してきたマヤ文明。比較的繁栄が困難とされる熱帯雨林の中で高度な技術を有し、壮大な都市を築いてきた。しかし、あまりにも高度な技術と豊富な天文学的知識から時代とかみ合わない不可解な点も多数発見されており、多くの研究者らから“マヤ文明には宇宙人が関与していた”という可能性も囁かれているのだ。当然のことながら、そのたびに様々な議論が巻き起こってきたが、ついにこの論争が終結を迎える時がきたのかもしれない。英「Express」紙が報じるところによると、先日ついに『宇宙人がマヤ文明に関与していた証拠』とされるミイラが発表されたというのだ。

■宇宙人の子供のミイラか?

『宇宙人がマヤ文明に関与していた』との発表をしたのは先日ブルガリアの首都ソフィアで行われた国際UFO会議上である。この会議には世界中の著名UFO研究家らが終結しており、懐疑的な意見を持つ否定派ともさまざまな意見が交わされたのだが、UFO研究家らは宇宙人と関係がある“決定的な証拠”としてマヤ遺跡から発掘された子どものミイラを供覧、スライドショーを用いて聴衆らにこのミイラが宇宙人であると結論付けるに至った経緯を説明したのだ。

まず起因となったミイラだが、身長は約130cmにも満たない子どものミイラである。これは、現代の子どもでいうと推定8歳ほどの年齢であると予想される。

UFO研究家らはこのミイラを細部に至るまで細かく分析、生存していたころの状態を再現したところ

・子どもミイラの「目」が、人の子というにはあまりにも大き過ぎる
・「耳」が耳としての機能のない、単なるイミテーションである

などのことが判明。特に、耳の機能についてはこのミイラが人間ではないという決定的な証拠として、研究家らが調査。かの有名なUFO墜落事故「ロズウェル事件」で回収されたとされる宇宙人の死体と比較、検証して発表したのだ。

また、UFO研究家らはマヤのほかにもエジプト文明などの古代文明には宇宙人が関わっていたのではないかと主張しており、その証拠として世界中の主要な史跡から宇宙人の存在を示す「壁画」や「像」などが発見されていることを指摘している。

これらの遺物は、大変高度な知能をもった宇宙人が古代文明繁栄の陰に存在することを示唆しているとし、古代文明にみられるピラミッドのような構造物の建築にも宇宙人が携わっていたと主張しているのだ。

■クフ王のピラミッドも宇宙人が関わっていた?

人類のあらゆる知識が凝縮されているというその構造から「究極のミステリー」として名高いピラミッドであるが、今回発表された内容によると、とても絵空事とは思えない。

先日行われたエジプトの古代ピラミッドにおけるサーマルテストで、クフ王のピラミッドの一部分から熱反応の異常が検出されたのは記憶に新しい。これはピラミッドの東側下部にある3カ所の石から出た反応であり、他の石よりも表面温度が最大で約6度も高い結果だったという。今回の調査結果から具体的な説明はされていないが、今後エジプト考古省では宇宙線由来の「ミュー粒子」を利用し、ピラミッドの内部構造を分析して行く予定だということだ。

この件に対し、トカナでは毎度おなじみの著名UFO研究家、スコット・ウェアリング氏は、異常な熱反応はその場所に非常に強いエネルギーが入っている証拠である、とし「これはピラミッドが古代の宇宙人によって作られたことを証明する重要な証拠となるかもしれない」と語っている。また、ウェアリング氏独自のこの理論から、「地球に偉大な功績を残してくれた宇宙人が死亡すると、伝統にのっとり手厚い法要を執り行ったのではないか」と主張しているのだ。

今回発表された子どものミイラが宇宙人であるという確証は持てないが、古代文明の繁栄と共に宇宙人が関わっていたとすれば、長い年月を過ごすうちに宇宙に帰れず地上で命尽きた宇宙人がいても不思議ではない。古代人からすれば、宇宙人はもはや「神」のような存在だったのではなかろうか。

現代においてロストテクノロジーやオーパーツなどと呼ばれているものは、もしかしたら宇宙人が古代にもたらした技術だったのかもしれない。
 
(文=遠野そら)
 
参考:「Express」ほか

参照元 : TACANA


Are UFO investigators probing the world's first real alien corpse?

UFO researchers are claiming a mummified "being" they are studying came from outer space, but was buried in a Mayan tomb for hundreds of years.

By JON AUSTIN
PUBLISHED: 11:46, Mon, Nov 16, 2015 | UPDATED: 12:52, Mon, Nov 16, 2015

Mummy-Kiud-619738

UFO chasers claim mummified children like this one found in ancient tombs are actually aliens Alien investigators tried to garner support for their theory that the mummy, reportedly removed from a Mayan tomb in Mexico, is an extra terrestrial and not a child mummy, as sceptics claim.

the 50-inch-long mummy was shown during a UFO conference in Sofia, Bulgaria, where several 'UFO experts" tried to convince the crowds its eyes were too big to be that of a human child, and its "near non-existent ears" mean it is also not of this world.

Alien-Fake-391318

Are aliens really buried with the ancient dead?

Alien conspiracy theorists claim there is evidence in major historical sites of ancient civilisations, such as the Mayyan and Egyptians, that they were visited by advanced alien races, that helped them build structures such as ancient pyramids.

These conspiracy theories were further boosted last week, when it emerged last week that during thermal tests on the ancient pyramids in Egypt, heat spot anomalies were found in three blocks at the base.

Thermal-Pyramid-391317

Thermal imaging on the Egyptian Pyramids

This prompted alien researcher Scott C Waring to claim it could be string evidence for the theory.

He said: "This anomaly is three very energy filled objects at the bottom of the pyramid.

"This could be the evidence we need to prove that it was created by ancient aliens and that they pyramid is more that a spectacle to look at."

The far-out theory contends that some of the alien visitors died on earth and were then buried by their human hosts in traditional ways.

Similar stories have emerged about mummies found in ancient Egyoptian tombs.

Roswell-Slides-391313

The Roswell Slides alien or mummy unveiled in May

And, this May, at a conference in Mexico, slides dating back to the 1940s were produded at a UFO conference attended by thousands of people, which the organisers claimed showed an alien "which crash landed in a flying saucer at Roswell, New Mexico, USA, in 1947.

Sceptics produced evidence, however, including a display case sign, that identified it as the mummy of a two-year-old Native American child.

Most scientists, however, also believe the mummy on display at the Bulgarian conference, and those found earlier in Egypt are also nothing more than child mummies.

参照元 : EXPRESS

エジプト・クフ王のピラミッドなど内部の新発見に、元神経外科医ベン・カーソン氏「倉庫だ」と釘を刺す

ピラミッド内部の新発見に「倉庫だ」 釘を刺すカーソン氏に考古学者ら猛反発

2015年11月14日(土)17時30分配信
 
thumb_400_01_px400

世界七不思議の一つで、約4500年前に造られたエジプトのクフ王のピラミッドなど複数のピラミッドに、未知の部屋や通路が存在する可能性が10日までに、明らかになった。日本を含む国際研究チームが現地でピラミッドの表面温度を測定したところ、周囲と温度の異なる箇所を発見。こうした温度の違いは内部に空間があったり、内部の空気の流れが原因で起こるため、“秘密の部屋”の存在が一躍クローズアップされている。米国では大統領選に絡み、ピラミッドの「穀物貯蔵庫」説が脚光を浴びており、今回の発見は、ピラミッドの謎への関心の高まりに拍車をかけそうだ。

■底辺部の3つに異常

9日付のAP通信やフランス通信(AFP)などによると、今回の研究結果は、謎に満ちたピラミッドの内部構造を解明するため、日本、エジプト、フランス、カナダの4カ国で構成する国際研究チームが先月25日から進めているプロジェクト「スキャンピラミッド」がまとめた。

調査の対象はカイロ南部にある計4基のピラミッド。ギザにある世界最大(高さ約146メートル)のクフ王の大ピラミッドをはじめ、上半分と下半分で傾斜角が異なるカイロ近郊のダハシュールにある2つの“屈折ピラミッド”などだ。

研究チームは、ピラミッドが外部から温まる日の出と、その熱が冷却されていく日没に、赤外線で熱を調べるサーモグラフィーによる調査を実施。その結果、対象になるすべてのピラミッドでさまざまな温度の違いが見つかった。

今回の研究結果を発表したアル・ダマティ考古相は会見で「とりわけ、クフ王のピラミッドの東側で顕著な温度の違いを確認した」と語り、ピラミッドを構成する石灰岩のブロックのうち、底辺部にある3個のブロックの温度だけが、なぜか他よりも高かったなどと指摘。

そして「こうした異常(の原因)は、ピラミッド内部に空間が存在することや、内部の空気の流れなど、多くの仮説や可能性が考えられる」と述べ、内部にこれまで知られていなかった秘密の部屋や通路が存在する可能性を示唆(しさ)した。

■カーソン氏「倉庫だ」

人々を魅了し続けるクフ王のピラミッドは紀元前2560年頃、エジプト第4王朝のファラオ(古代エジプトの君主)だったクフ王の墓として、約20年の歳月を費やし建築されたとされる。

しかし、その目的についてはいまだにはっきりせず、王墓であるという説のほか、日時計説や穀物の倉庫説、宗教儀式の神殿説、天体観測施設説など、さまざまな説が唱えられている。

そんな折、研究結果が発表される5日前の今月4日、来年の米大統領選の共和党候補の指名争いで最有力とされる元神経外科医、ベン・カーソン氏(64)が、米CBSニュースに、クフ王のピラミッドを「ファラオの墓ではなく穀物の貯蔵庫だった」と発言したことで、米国でピラミッドの謎が突如、脚光を浴びた。

カーソン氏は学生時代から、旧約聖書に登場する全ユダヤ人の祖先ヤコブの子、ヨセフがエジプトで長く続いた干魃(かんばつ)を乗り切るため、穀物の貯蔵倉庫としてピラミッドを建設したと主張し続けている。CBSに「今もその考えに変わりはない」と答えたのだ。

■考古学者は「反発」

エジプトの考古学者らはカーソン氏の発言に「非科学的だ」と猛反発したが、そうした話題のさなかに発表された今回の研究結果は、大きな空間の存在を示唆しているだけに、にわかに穀物倉庫説が現実味を帯びてきたとの見方も出ている。

果たして、未知の空間は存在するのか−。研究チームは来年末で終えるはずだった調査をさらに延長すると発表している。

参照元 : 産経新聞



【関連記事】
ピラミッドの秘密を解き明かすためエジプトで行われているサーモグラフィー調査で温度の異常

エジプト人と外国人で編成した専門家チームがピラミッドの秘密を解明する新たな調査を開始

専門家「古代エジプト王の墓の奥に、未発掘の部屋が残されている可能性あり」ツタンカーメンはエイリアンだった!

【衝撃映像】富士山にUFOが頻繁に現れる謎 ピラミッドと関連している?

奈良のピラミッド、常時公開 観光客に人気

エジプト考古学者「ツタンカーメンの陰部は”立った”状態でミイラにされていた」 チ〇コがピラミッド

バミューダ海域にある通称「バミューダトライアングル」の海底に水中都市の跡が発見される!

日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

鳥居

2015-10-15_130104

鳥居(とりい)とは、神社などにおいて神域と人間が住む俗界を区画するもの(結界)であり、神域への入口を示すもの。一種の「門」である。

概要
鳥居を立てる風習は、神社の建物がつくられるようになる前から存在した。古来日本では、屋根のない門という意味で「於上不葺御門(うえふかずのみかど)」ともいった。中国の「華表」の訳を鳥居とするので、過去には漢文で「華表」と記したこともあったという。

鳥居は一般的には神社を象徴するものとして捉えられているが、仏教寺院にも見られることがある(→神仏習合)。一方で鳥居を持たず楼門(随神門)をもつ神社も存在する。戦後の区画整理により境内が縮小されたり移転したため、現在の神社境内とはかけはなれた場所に孤立している鳥居もしばしば見かけられる。御陵に建てられていることもある。

図案(意匠)としては神職であった氏族や家(いえ)が家紋として用いることがあるほか、現在の地図記号では神社を意味する。また俗用に小便無用、不法投棄のごみ除けなどに利用されることがある。

俗信においては、鳥居の上に石を投げて乗せると願いが叶うといわれることがある。信仰のあり方の一つとして寛容な社寺もあるが、投げ上げる際に危険であり鳥居の上に乗った石がいつ落下するか分からず参拝者として本来慎むべき行為である。また鳥居の美観を損ない破損させる原因となる。

数え方は、「1基、2基」と数える。一般にひとつの参道に複数の鳥居がある場合は、一番外側から「一の鳥居、二の鳥居…」と呼ぶ。また、神社の前に形成された町のことを「鳥居前町(とりいまえまち)」と呼ぶことがある。 稲荷神社などの鳥居が朱色であるのは、古来その色が生命の躍動を表し災いを防ぐとして神殿などに多く使われたためで、これが鳥居にも影響しているとされる。

▼皇大神宮(伊勢神宮)正宮(三重県伊勢市)

2015-10-15_130509

▼厳島神社の大鳥居(広島県廿日市市)

2015-10-15_130122

▼伏見稲荷大社の千本鳥居

2015-10-15_130448


▼サンチ―の鳥居

torana

起源

鳥居の起源については諸説あり、考古学的起源についてはっきりしたことは分かっていない。単に木と木を縄で結んだものが鳥居の起こりであると考えられる。文献に徴すれば古くは「於不葦御門(うへふかずのみかど)」(皇太神宮儀式帳)と称して、奈良時代から神社建築の門の一種としている。いずれにせよ、8世紀頃に現在の形が確立している。

そのほか主要な説として、天照大御神(あまてらすおおみかみ)を天岩戸から誘い出すために鳴かせた「常世の長鳴鳥(とこよのながなきどり)」(鶏)に因み、神前に鶏の止まり木を置いたことが起源であるとする説、日本の冠木門を起源を求める説、インド仏教にみられるトラナや中国の華表や鳥竿、牌楼(ぱいろう)、朝鮮半島の紅箭門(こうぜんもん・ホンサルムン)、イスラエルの移動型神殿、雲南省とビルマとの国境地帯に住むアカ族(英: Akha)の「村の門(ロコーン)」など海外に起源を求める説などがある。また、ユダヤ教と関連があるとする説もある(日ユ同祖論)。

▼インド仏寺のトラナ説

2015-10-15_130202

▼中国の牌楼説

2015-10-15_130225

文化人類学的な観点

現在の雲南省とビルマとの国境地帯に住むアカ族(英語:Akha、中国ではハニ族)の「パトォー・ピー(精霊の門)」という村の入口の門では、上に木彫りらしき鳥が置かれることや、鳥を模した造形物を飾る風習もあることが実地を調査した研究者から報告されていることから、日本の神社でよく見られる「鳥居」の原型は、アカ族らが長江流域から南下、避難してくる前、長江流域に住んでいた時代(百越人であった時代)の「鳥居」ではないのか、という説もある。アカ族の村の門には鳥の木形が置かれるが、同様の鳥の木形は日本での稲作文化の始まりとされる弥生時代の遺蹟である池上・曽根遺跡や纒向遺跡でも見つかっており、また他にも多くの遺蹟でも同様である。

そのほか、更に遡った歴史観として「鳥居を赤く染めるのはユダヤ教(旧約聖書)の影響を受けてる。」とか「秦氏はイスラエルの失われた10支族の一族だ。」という日ユ同祖論にもとづく説も見られるが、疑似科学の域を脱するものではない。

語源
語源についても同様に不明である。鶏の止まり木を意味する「鶏居」を語源とする説、止まり木(あるいは神前止まり木)説、「とおりいる(通り入る)」が転じたとする借字説、トラナを漢字から借音し表記したとする説などがある。Karow&Seckelは鳥居の名称を鳥(Vogel)そのものに求め、死者の家として家屋の中心部だけを残して崇敬の対象としたとの説をとる。

構造そのものに着目した説としては、鳥居桁(架木)説とでも呼ぶもので、そもそも建築用語として高欄の横木の最上部のものを鳥居桁と呼ぶことは奈良時代の資料から明らかになっており、障子の上桁の横木を鴨居と呼ぶのと同じく、「トリイ」とは古来からの建築用語であり、これが神社門に転じたとする説である。奈良時代に「トリイ」の語は建築用語として存在し、平安初めに一般神社門は「トリイ」と俗称され、平安中期にはこの名称が庶民によって用いられたとする。

構造
2本の柱の上に笠木(かさぎ)、2層の水平材とする場合に上層の笠木に接して島木(しまぎ)を渡す。その下に貫(ぬき)を入れて柱を固定したのが一般的な鳥居の構造である。他に、貫と笠木の間に額束(がくづか)を建てることがあり、柱下部に亀腹(かめばら。饅頭ともいう)を施したり、掘立であれば根巻きや根巻き石(ねまきいし)を施すことがある。笠木と柱の間に台輪(だいわ)という円形の保護材をつける例もある。

鳥居の分類は大別すると、柱や笠木など主要部材に「照り」や「反り」、(柱の円柱加工を含まない曲線を表す加工)があるかないかである。照りや反りが施された代表例としては明神鳥居(みょうじんとりい)があり、 それらが施されない代表的な例としては神明鳥居(しんめいとりい)があげられる。

材料
材料は木材(檜・杉など)で造られた「木鳥居」、石で造られた「石鳥居」、銅板で全体を葺いた鳥居を「銅鳥居・金鳥居(かなどりい)」という。銅鳥居は、「唐金(からかね)の鳥居」と呼び、江戸時代には浮世絵などに描かれている。近年では鉄パイプ、鉄筋コンクリートで建てられた鳥居もある。

また、佐賀県西松浦郡有田町にある陶山神社の鳥居は陶磁器製、京都府八幡市にある飛行神社の鳥居はジュラルミン製、秋田県八郎潟町にある副川神社の鳥居は塩化ビニール製など、その他の材料による鳥居もある。

250px-ToriiJapaneseGate

形式
建てられる鳥居の形式は寄進者の好みによることが多く、鹿島神社に春日鳥居が建てられるようなこともあるように祭神と関連を持つことは少ないが、山王鳥居は日枝神社(山王神社、日吉神社)になどと結びつくものもある。

神明鳥居に代表されるもの
神明鳥居に代表されるものは、柱や笠木は丸材を用いることもあるが、全体的に直線の部材が用いられる。神明鳥居は素朴な形式で、全体的に直線的である。笠木柱には丸材、貫には板材が用いられることが多い。笠木の下に島木がなく、貫は貫通せず、柱は地面に対し垂直に立てられている。伊勢鳥居とも言うように、伊勢神宮において現れたと考えられており、この類に外宮鳥居がある。この形式のバリエーションとして、貫に角材を用いたものが、靖国神社をはじめとする各地の護国神社で広く見られることから、特に靖国鳥居と区別することがある。

春日鳥居、鹿島鳥居、八幡鳥居の類は、明神鳥居と同様に、笠木の下に島木があり、貫が貫通し、春日・八幡鳥居の柱には転びが施されるが照りや反りは施されない。ちなみに、春日鳥居と八幡鳥居は、笠木と貫の木口を斜めに切るか切らないかの違いのみで主要部は同様に造られる。

・神明鳥居(伊勢鳥居)
・鹿島鳥居(かしまとりい)
・春日鳥居(かすがとりい)
・八幡鳥居(はちまんとりい)
・黒木鳥居(くろきとりい)
・靖国鳥居(やすくにとりい)
・内宮源鳥居(ないぐうげんとりい)
・宗忠鳥居(むねただとりい)
・三柱鳥居(みはしらとりい) - 正三角形平面に組み合わされ三柱の鳥居。
・城南宮鳥居(じょうなんぐうとりい) - 京都市伏見区の城南宮の本殿に向かって正面にある鳥居。基本型は神明鳥居に属するが、柱下に饅頭があり、棟の部分に島木・笠木を重ねて、さらに屋根を葺いている。その島木の正面中央に神紋の金具が打たれている。

svg
2015-10-15_132637

明神鳥居に代表されるもの
明神鳥居は笠木の下に島木があって反りが加えられている。柱は地面に対して少し傾斜(転び)をつけて立てられている。宇佐鳥居以外は笠木と貫を額束で連結して補強している。

・明神鳥居
・稲荷鳥居(いなりとりい) - 柱と笠木の接合部に台輪が取り付けられている。台輪鳥居(だいわとりい)ともいうが、台輪を付けた鳥居はこれに限るものではない。
・山王鳥居(さんのうとりい) - 明神鳥居の笠木の上に破風を付けたもの。破風鳥居ともいう。
・奴禰鳥居(ぬねとりい) - 島木と柱の間に台輪を持ち、額束の代わりに叉首(さす)を入れる。
・三ツ鳥居(みつとりい) - 1つの明神鳥居の両脇に小規模な明神鳥居を2つ付けたもの。三輪鳥居(みわとりい)ともいう 。
・中山鳥居(なかやまとりい) - 笠木は明神鳥居と同様に造るが、貫を貫通させない。
・宇佐鳥居(うさとりい) - 宇佐神宮の鳥居で額束がない。笠木に桧皮葺の屋根をかける。
・両部鳥居(りょうぶとりい) - 主柱を4本の稚児柱で支える。
・住吉鳥居(すみよしとりい) - 柱に角材を用いる。

著名な鳥居

日本三鳥居
・吉野・銅の鳥居(かねのとりい)(重要文化財)
金峯山寺(きんぷせんじ)蔵王堂の参道に建つ。室町時代のものと伝えられる。高さ約8メートル。
額束は「発心門」
・安芸の宮島・朱丹の大鳥居(木造)(重要文化財、世界遺産)
厳島神社・社殿前の海中に建つ。楠造り両部鳥居。現在の鳥居は平安時代から数えて8代目で明治8年(1875年)7月に完成したもの。
神額:沖側「厳島神社」、神社側「伊都岐島神社」(有栖川宮熾仁親王染筆)
・大阪四天王寺・石の鳥居(重要文化財)
永仁2年(1294年)に造られた日本最古の石造りの大鳥居の一つとされている。
扁額の文字:「釈迦如来 転法輪処 当極楽土 東門中心」

日本三大石鳥居
・日光東照宮(重要文化財)
黒田長政による寄進。
・八坂神社(重要文化財)
南楼門前の鳥居。
・鶴岡八幡宮(重要文化財)
一の鳥居 若宮大路の南側の鳥居。

京都三珍鳥居
・木嶋坐天照御魂神社 三柱鳥居
・厳島神社 (京都市上京区) 京都御苑内の唐破風石鳥居
・北野天満宮境内社 伴氏社の石鳥居

その他
・熊野本宮大社
高さ33.9メートルの日本最大の鳥居。(2011年8月1日現在)
・伏見稲荷大社
約1万基の鳥居がある。
・平安神宮
高さ24.4メートルの鳥居。
・気比神宮
国の重要文化財。木造としては3番目の高さがある。
・元木の石鳥居
国の重要文化財。山形市にある平安時代建立の日本最古の石鳥居。
・野宮神社
鳥居は樹皮がついたままの「黒木鳥居」で、古代の鳥居の形式を伝えている。
・粟嶋神社 (宇土市)
日本一小さな鳥居といわれる「腰延べ鳥居」、これをくぐると婦人病を初めとするさまざまな病が平癒するといわれる。
・陶山神社 (有田町)
明治 21年 (1888年) 奉納の磁器製の鳥居。
・山王神社 (長崎市)
二の鳥居は原爆の爆風により片方の柱が吹き飛び「一本柱鳥居」と呼ばれる。

以下略

参照元 : wiki/鳥居


超古代文明の遺跡!?「大石神ピラミッド」【青森】

ピラミッドと聞いて思い浮かべる地名は? エジプト? でも日本にもピラミッドは全国にたくさんあるんですよ。飛騨の位山、中国地方の葦嶽山、特に東北地方は五葉山、姫神岳、十和利山、黒俣山と一大ピラミッドゾーンになっています。今回はエジプトよりも古い、数万年前のものと伝えられている青森県の「大石神ピラミッド」を訪れました。

大石神の鳥居がピラミッド入り口

2006-07-08-02

山道を登っていくと、大石神を奉った鳥居が見えます。ここがピラミッド入り口。日差しが強い日でしたが、木々の生い茂った山は昼間でも薄暗くなっています。このピラミッドが発見されたのは昭和9年。戸来村出身の画家の鳥谷幡山(1876〜1966)が、日本各地にピラミッドを認定していた酒井勝軍(1874〜1940)(※)に大石神を紹介したのがきっかけでした。またしてもオカルトファンにとって嬉しい名前が出てきました。

※……酒井勝軍(さかいかつとき):キリスト教伝道者。竹内巨麿の『竹内文書』に傾倒し、日本各地のピラミッドを調査・発見した人物。オカルトマニアに今も人気が高い超古代史の巨人。

(以下略)

参照元 : 日本珍スポット百景

青森県にキリストの墓とピラミッドがある件

2015-10-15_134050

入り口には鳥居 ピラミッドなのに鳥居

参照元 : 一体どういうこと?青森県にキリストの墓とピラミッドがある件【珍スポット】


ピラミッドと言われている富士山にも鳥居がある。富士宮がなぜ富士山に建てられたのか?

▼九合目の目印、白い鳥居

img_13

▼山頂入り口最後の鳥居

img_7

参照元 : Favorite time


▼富士宮ルートの山頂には富士山頂上浅間大社奥宮(ふじさんちょうじょう せんげんたいしゃ おくみや)があります。

IMGP6490

▼このような鳥居がなぜ富士山にあるのか?

IMGP6546

参照元 : 「富士山お鉢巡り」解説!山頂火口をぐるっと一周

25c90e216db238d0c23135997f0fd792

c25d27fa23ef70b39b4ac0eb2e71aab5

c78fc88918cc896ec994d227bd12f1c7

d7af3eafb88c374ea77d71e068f0a8fa

eb59fb13055a1b4057334314bd07a3ee (1)

c3eb598030df7f0e15ce4f581a29cce5

▼ベトナムに謎の鳥居

906b0c31

03f59bac

13d41b6b

参照元 : べとまる


日銀を天空から見ると「円」の文字がある。鳥居そのものではないか!

日本銀行本館の設計者・辰野金吾は意識的に建築設計する際に「円」という形を設計したのか、はたまた偶然の産物なのか?

7536116112_967247a2c3

8b86899b

e0162814_21171029

2015-10-15_141333

グーグルマップ日本銀行

参照元 : 日銀を天空から見ると「円」の文字に見えるのは意識的設計か?

▼日本銀行・鳥居坂分館を調べると、その横に日本基督教団・鳥居坂教会がある。

鳥居坂教会

グーグルマップ日本銀行 鳥居坂分館

wiki/鳥居坂教会

鳥居坂の名前の由来を調べてみると、曖昧な感じだった。

2015-10-15_142759

鳥居坂

(中略)

名前の由来
右の写真は、現在(平成 22 年)の鳥居坂である。鳥居坂の名のおこりは、慶長の初期に鳥居(鳥井)彦右衛門元忠が坂の東側(写真では右側)に屋敷を拝領していたからだといわれている。また、一説では氷川神社の二の鳥居があったから、あるいは三の鳥居があったからともいう。

2015-10-15_142645

もともと坂は無かった
左の延宝(1673 〜 1681)図によると、この通りは突き当たりであり、鳥居坂はなかった。その後の元禄版の江戸図(元禄 12 年(1699 年))になって、現在の鳥居坂の道が現われる。これにより、今の鳥居坂ができたのは、元禄の少し前頃、鳥居家の敷地を一部つぶして道としたものと思われる。

(以下略)

参照元 : 鳥居坂ものがたり


古来の鳥居は3本足だった

(前略)

御肇国天皇(はつくにしらすすめらみこと)と呼ばれた、実質、日本の初めての天皇とも言える第10代の祟神天皇の時代は、、、こうした2本足の鳥居では無かった可能性があると言うのを、ご存知でしょうか?そして、もう一つ大事な事ですが、、、そもそも鳥居とは何なのでしょうか?

まぁ、鳥居は、機能的には、俗世界と神域を隔てる境界のような機能を持っていますが、「鳥居」という言葉からは、鳥が居る場所、、、と考えるのが自然です。

では、鳥居には、どんな鳥が住んで居るのでしょうか?八幡宮とかなら、鳩とか似合いそうなもんですけど、、、実際は鳥居に住む鳥は、鳩ではありません。

▼石清水八幡宮の鳥居の扁額(へんがく)の「八」は、鳩になっている

iwashimizuhatiman

これを解くには、古代の中国を考えてみることが必要です。例えば、湖南省長沙の馬王堆の「帛」には、月の中のヒキガエルと対をなすように、太陽の中に、烏(カラス)が描かれているのが分かります。

▼馬王堆漢墓(まおうたいかんぼ)1号墓の帛画

maputaikohun

また、中国の「大荒東経」には

「湯谷の上に扶木あり、太陽がひとつ至るやひとつ出てゆく。皆カラスに背負われている」

・・・と言う記述も見えます。

したがって、"カラスは太陽神の使い"である事が分かります。一方、日本の神社を見て見ましょう。日本の神社は、ご神体が鏡です。

「この鏡が何を意味するか?」と言えば、、、古事記の中で、下記のように書かれているのが、鏡を信仰する由来になっています。天孫降臨の際、天照大神から瓊瓊杵尊に授けられ、この鏡を天照大神自身だと思って祀るようにとの神勅(宝鏡奉斎の神勅)が下された。

鏡に映ったのは太陽神です。したがって、天照大神を祀る日本の神社は、基本的に太陽神を祀る神社なのです。それで、古代中国においては、"カラスは太陽神の使い"でした。したがって、太陽神である天照大神の使役する鳥も、またカラスなのです。だからこそ、鳥居は、カラスの住む場所と言えるのです。

カラスは三本足であるならば、鳥居は?

そして、大事な事ですが、太陽に住む烏(カラス)は、古代中国の時代から"3本足のカラス金烏(きんう)である"と信じられてきました。3本足のカラスには、熊野の八咫烏がありますが、元々は、金烏だったのが、日本において八咫烏となっています。

yatagarasuhi

さぁ、、、こういうところから考えると、、、3本足のカラスの住む鳥居の足が、なぜ2本なのでしょうか?鳥居は2本足であるよりも、3本足である方が、信仰的には自然だと思いませんか?

そのような考えに基づいて考えて見ると、日本にも幾つか、3本足の鳥居が残されている神社が見られます。

▼木島坐天照御魂神社の三柱鳥居

三本柱鳥居

写真は、「三囲神社と蚕の社の三柱鳥居」より引用

▼伊香具神社の伊香式鳥居

伊香式鳥居

▼大神神社摂社の檜原神社の三柱鳥居

みついいいいい

他にも、あちこち見られますが、実は、これらのような3つの足のある鳥居が、、、本来の鳥居の形なのです。この事は、飛鳥昭雄氏が、その著書の中で、裏の神道組織「八咫烏」の頭領に、「古代の日本は、全ての神社の鳥居が3本足だった」と言う事を確認しています。

なので、今、現代で見られる2本足の鳥居は、本来は誤りだと言えます。このことは、現在行われている「塩津港遺跡(滋賀県長浜市)」発掘調査における神社の遺構にも見られます。

上記サイトには、神社の遺構を元に、復元した想定イメージが描かれているんですが・・・ やっぱり鳥居の真ん中に、一本木が立っているのです。

◆古代の塩津港の神社イメージ

このように3本足の鳥居は、古代では、当たり前だったのかもしれません。

・・・まぁ、その3本足が2本足に変わったのは、その昔、藤原不比等の治世の時、唐の高宗の皇后であった武則天が、景教(ネストリウス派キリスト教)弾圧を始めたからだ、、、とも言われています。 そのため、唐の弾圧を恐れた日本は、国家ぐるみで、仏教に転身することになり、3本足だった鳥居も、消されていったと考えられます。しかし、逆に言えば、現在、3本足の鳥居が残されている大きな神社は、相当、元の原始信仰に拘っている神社だと言えますし、八咫烏が関わった神社であった可能性も大きいのではないかと思います。 とまぁ、日本の神社の鳥居一つにも、こうした思想が込められている訳です。

ちなみに・・・ 屋外の神域を守る門の役割を果たしているのが、鳥居であり、屋内の神域を守る門の役割を果たしているのが、鴨居です。鳥居も鴨居に共通する「居」には、「くぐる」という意味があり、鳥居も鴨居も、その中を人が通行するものです。

参考:家の達人:鴨居【かもい】

このようにして見ると、「鳥居の烏」と「鴨居の鴨」は、それぞれ対応しており、烏(=八咫烏)と鴨(=賀茂氏)は表裏一体の関係にある事が暗示されています。

なお、賀茂氏は、後に述べる秦氏とは古代に婚姻関係で結ばれた氏族です。秦氏本系帳には、「鴨氏人を秦氏の聟(むこ)とし、秦氏、愛聟(あいむこ)に鴨祭を譲り与う。故に今鴨氏禰宜として祭り奉るのはこの縁なり」と書かれています。

三井家のルーツ

ところで、少し話は変わりますが、日本の財閥で三井グループというのがあります。オカルト好きな方なら、ご存知でしょうけど・・・ 実は、木島坐天照御魂神社の三柱鳥居や、三囲神社(みめぐりじんじゃ)の三柱鳥居など、これら三柱鳥居の幾つかは、三井グループの三井氏と関係があります。

▼三囲神社の三柱鳥居(東京都墨田区向島)

三囲神社の三柱鳥居(東京都墨田区向島)

この三井氏のルーツについては、一般的には元々は藤原道長で、道長の六世孫が、大和の三井村に所領を持った所から、三井家と名乗っていると言われています。しかし、この三井家は、その15代目の時に近江佐々木氏から養子を迎えています。

(以下略)

参照元 : 不況対策


トリリスと日本の鳥居。奇妙な符合性

日本の鳥居、調べてみると奇妙なことが分かる。日本中に何十万とある鳥居ですが、それが何であるか誰も知らないというのです。神社や寺がそこに建てられる前からあったと言われていますが、何のために、どうして、いつから日本にあるのでしょうか?只の門なのでしょうか?

▼トリリトン・三石塔(Trilithon)

trilith_600

Trilith_Stonehenge

2015-10-15_155835

世界遺産ストーンヘンジー

ストーンヘンジ(Stonehenge)はイギリスにある世界遺産の一つです。世界で最も有名な先史時代の遺跡で、円陣状に並んだ直立巨石とそれを囲む土塁で成り立っています。 円形に囲われた土手の中には、30もの巨石が直径30mほどのサークル状に直立していて、その立石らの上には横石が乗り、今は崩れてしまっていますが、かつては円形に繋げられていたそうです。

ストーンヘンジはロンドンから西に約200km離れた、イギリス南部・ソールズベリーから、さらに北西に13km程度進んだ地点に位置しています。 アングロ・サクソン人がブリテン島に移住した時にはすでにストーンヘンジは存在しており、遺跡の目的については太陽崇拝の祭祀場、古代の天文台、ケルト民族のドルイド教徒の礼拝堂・・・などなど様々な説があります。

stone_12

(以下略)

参照元 : 世界遺産ストーンヘンジー




人間の探究 293 古代の宇宙人

44c7fcc0

まず第一に古代人は現代人が知らない技術をもっていました。例えば、人間は2千トンの石を動かすことなどできません。人間が縄でひっぱるのでしょうか。縄で引っ張っても2千トンの石は動きせん。しかも、ピラミッドの石切場から石を運ぶのに山や川を越えてくるのです。平坦地で石を運ぶこともできないのに山や川を越えてくることはできません。

それから、南米のプマプンクの遺跡を見てもわかりますが、あんなものがどうやってできるのでしょう。石の表面は平です。しかも、2ミリくらいの溝が10センチくらいの深さに掘ってあるのです。どのようにして、どのような道具で切ったのでしょう。

しかも、石には小さな穴が開いているのです。そんなことができるのでしょうか。当時の道具で実験した人がいるのです。当時、鉄はないので多分、青銅であるから、青銅の道具で石を削るのです。すると、10回くらいやると青銅だと曲がってしまうのです。また、焼き入れして青銅を叩くのです。そんなことをやって石など加工できないのです。

ですから古代人は人間以外のものだとわかるのです。プマプンクの遺跡や、ピラミッド、イギリスのストーンヘンジ、フランスのカルナックとか、それらの巨石文明は人間がつくったものではないと思ったほうがよいのです。


なぜそう思うのかというと、もし人間が造ったならば、その技術が途絶えることはありません。人間が造ったならば、「どのように造ったのか?」という技術を解明することはできます。イースター島のモアイも10メートルくらいの大きさです。しかも、土に埋まっている部分の方が多いのです。あれをどのようにして動かしたのでしょう。

それは、古代には一つの技術があったのです。重力をなくす技術をもっていたのに違いありません。重力をなくす技術を人間はもっていません。ですから、人間以外の文明だとわかるのです。古代に人間以外の者が造った文明があり、それは宇宙人の文明です。

なぜ、そのようなことが言えるのかというと、キャトルミューティレーションがあります。UFOが青い光を出すと牛が空中に吸い上げられて、しばらくすると、ドーンと落とされるのです。すると、目や性器をくりぬかれた状態になっているのです。

アブダクションもそうです。人間が青い光に吸いあげられてUFOの中に吸い込まれて、体を調べられて体に何かを埋め込まれるのです。基本は青い光を当てると空中に物体が浮き、UFOに吸い込まれてしまうのです。そのような事件が何万件とあるのです。

青い光をUFOから発しているのですが、それは多分、重力波です。例えば、石に青い光線を当てると、引力がなくなってしまうのです。どのような大きな石でも、青い光線を当てられると、重力がなくなって空中に浮いてしまうのです。

それならピラミッドもできるのです。どのような大きな石でも、空中に浮いてしまうのです。そこにピラミッドを造ろうと思ったら、UFOから青い光線を当てて石を空中に浮かせて運び、積み上げていくのです。また、石に光線を当てて、空中に浮かせて運ぶのです。そのように、人間が積木を造るようにしてピラミッドはできてしまいます。

あんな巨石を人間が階段を造って運ぶなどできはしません。ピラミッドに使われている石は200万個です。それから石をカッターで削るのですが、どのように削ったのでしょう。切れ目が石と石でピッタリと合わさっているので、びくともしません。それもレザー光線のカッターがあったのに違いないのです。

石を加工するのに、レザー光線で加工すると、どんな小さな穴もあけられます。直角系に石を加工する技術があったのです。このレザー光線の技術と、重力をなくす技術と関連しているのです。

「物体を空中に浮かせる」という一つの技術をもっていれば、その技術でレザー光線もできるのです。石も平らに加工して、UFOで石を運ぶのです。モアイは伝説では「自分で歩いた」と言われています。学者が実験でモアイを、30人くらいでひっぱるのですが、動きもしません。縄をひっぱった程度では動きもしません。

やはり、「モアイは自分で歩いた」と言われているのですから、その通りでUFOから青白い光線を当てて、運んできたのです。古代の地球に宇宙人がきて、古代人がいたのです。その時にもっていた技術が引力をなくす方法です。UFOそのものは空中を飛んでくるのですから、それができなければUFOは飛べません。

プラズマを使った重力波をなくす技術と、レザー光線で石を切るという技術をもっていた宇宙人が造った文明です。ピラミッドも人間が造ったものではありません。

フランスのカルナックの遺跡もすごい遺跡です。3キロも石が続いているのです。それも石がどのくらいかというと、5メートルか、もっと大きい石です。その大きな石を何万個も並べたのです。そんなことを誰がやったのでしょう。

ヨーロッパにいたのは野蛮人です。野蛮人が造ったのでしょうか。それは違います。ある目的をもってつくられたのです。ナスカの地上絵もそうです。ナスカの地上絵は30キロにわたって描かれています。空からでないと見えないのです。それも古代に地球に来た宇宙人の文明です。人間以外のものが先史文明を造り、石を使い巨石文明を造ったのです。石はレザー光線で切り取ったのです。

そして、何らかの理由で地球から去ったのです。自分たちが来たという証明のために巨石文明を造り帰っていったのです。そのあとに人間がらしいものが生まれてきたのですが、その前には巨石文明はできていたのです。だからピラミッドは、いつ造られたのかわからないのです。

宇宙人はそのような接触をしてきたのです。

「あれ、変なものがあるな」と人類が気が付いて、そこから人類の歴史が始まったのです。その前の文明は宇宙人が造ったものですからわからないのです。宇宙人は帰ってきません。古代文明は宇宙人のメモリアルとして理解した方が理解できるかもしれません。

参照元 : 中杉 弘のブログ


最も謎深い遺跡 プマ・プンク

プマプンクにはこのように、まるで工場で作られたように同じ型の精巧なH型ブロックが多数ある。ただ1ブロック100トン以上の重さであるため現代の工場でも造る事は難しい。

o0400037812168016544

石の表面はつるっつるに加工されてあり、顕微鏡で観測した結果レーザーカットしたよりも滑らかな、ダイヤモンドで研磨したのと代わらない程であった。

o0456030212168016542

(中略)

ティワナク遺跡と言えば、太陽の門が有名だ。自分も12年前に訪れたが、近くにあったプマプンクの存在を知らなかった。これもテレビでよく見るティワナク遺跡。

o0600040012168041385

(以下略)

参照元 : ラエリアン 原発に反対!


宇宙人が作ったとしか思えないプマ・プンクの遺跡。35分付近から鳥居のような石のオブジェが!鳥居と宇宙人は繋がっているのか?



古代人に、ここまで綺麗に石をカットする技術はない。しかも巨大な石を運ぶことも人類には不可能。つまり、これらを作ったのは人類ではない?



こちらはロシアの映像。このような強大な石をカットして積み上げることは、古代の人間には無理。では誰が?どう考えても宇宙人としか思えません。



【衝撃映像】富士山にUFOが頻繁に現れる謎 ピラミッドと関連している?

富士山は宇宙人の基地になっている!? 突如現れたUFOを日本人が撮影

2015-10-01_094151

日本で一番の高度を誇る霊峰「富士山」。有名な観光スポットであり、登山客も毎年多数訪れる山だが、実は富士山には裏の顔があるという。

それはなんと「宇宙人の基地」ではないかという説だ。たびたび富士山ではUFOの目撃者が出ており、写真のみならず動画での撮影をされた例も多々ある。

そんな中、過去に類を見ない程非常に鮮明なUFOを日本人が富士山で撮影した動画がYoutubeに公開されており、多数の海外メディアがそれを報じているのだ!

動画を見ると確かに小さ目ではあるが、空を浮遊したり、物凄い速度で動いている謎の飛行物体を見る事が出来る。

この動画を見たユーザーたちは、「凧か飛行船じゃないか?」 「いや、凧や飛行船にしてはものすごい速度で移動している」などと議論をしているようだ。

他には某国のUAV(無人航空機)が日本を侵攻するための調査をしているとの説もあり、これが本当にUFOなどの未確認飛行物体であれば、日本に危機が訪れようとしているのかもしれない。

参照元:allnewsweb.com

参照元 : ロケットニュース24




フリーメーソンしか知らない、富士山の“重大な秘密”!? メーソン会員証に描かれた、日本ピラミッドの謎!!

2014.06.10

2015-10-01_095014

「世界の謎と不思議に挑戦する」をコンセプトに掲げ、UFOからUMA、都市伝説、陰謀論……と、さまざまな不思議ジャンルの話題で、読者に驚きと感動を与えてきた学研「ムー」。ここでは、そんな「ムー」を操る三上丈晴編集長が厳選した“マストブック”を紹介しながら、世の中の不思議に深く触れていただきたい。

念願が叶い、世界遺産に登録された富士山。日本一の標高を誇る霊峰だ。秀麗な姿は海外でも有名で、日本の代名詞になっている。はからずも、それを実感したのは、秘密結社フリーメーソンの会員証を拝見したときのことだった。日本のロッジに所属するフリーメーソンが所持する会員証には、富士山が描かれているのだ。

富士山には火口がある。横から見ると、火口部は水平で、ちょうど富士山は台形のような姿となる。フリーメーソンの会員証に描かれた富士山も、しかり。その上に、万物を見通す目、通称プロビデンス・アイが光っている。

そう、これは、まさに1ドル札の裏に描かれたピラミッド・アイ、そのものである。富士山は霊峰であると同時に、ピラミッドに見立てられているのだ。

実際、“日本ピラミッド”という概念がある。古史古伝のひとつ『竹内文書』には、広島の葦嶽山や長野県の皆神山など、超古代文明の神殿として日本ピラミッドが建設されたことが記されている。日本ピラミッドとはエジプトのピラミッドと違い、自然の山を利用して、巨石などを配して整形された山岳祭祀遺跡のことで、秋田の黒又山などは山頂部から縄文土器が発見され、学術的にもその存在が認められている。

今回、世界文化遺産として認められた富士山は、まさしく霊山であり、日本ピラミッドにふさわしい。富士山山頂には神社があり、周辺には磐座や巨石遺構が多数存在し、まさに日本一の山岳祭祀遺跡である。フリーメーソンがいうまでもなく、富士山はピラミッドなのである。

ちなみに、お札の都市伝説として、100円札とピラミッド・アイなるものがある。描かれた富士山を透かすと、山頂部に裏に描かれた野口英世の片目が見えるというもの。フリーメーソンの会員証、もしくは1ドル札と同じ構図だ。もちろん、これは偶然ではない。明らかに仕組まれたものだ。

フリーメーソンは知っているのだ。富士山がいかなる山であるかを。たんに霊峰という意味のみならず、もっと重大な秘密が存在することを認識している。中でも、彼らが注目しているのは富士山山麓に存在した超古代文明である。度重なる噴火によって滅んでしまったが、かつて富士王朝なるものがあった。

その富士王朝を開いたのは、はるかシルクロードの彼方からやってきた神々である。 そう伝えるのが、もうひとつの古史古伝『宮下文書』である。秦始皇帝の命を受け、不老不死の仙薬を求めて旅立った徐福が目指した蓬莱山とは、まさに富士山のとであり、彼が文書としてまとめたのが『宮下文書』の始まりであるというのだ。

徐福は童男童女のほか、さまざまな技術者を引き連れて出航している。彼らは、ある意味、古代のフリーメーソンである。秦始皇帝の陵墓がきれいな四角錐であり、かつ徐福ともどもユダヤの血を引いているという説を鑑みるとき、あらためて富士山の存在がクローズアップされてくる。

本書『富士王朝の謎と宮下文書』は、これまで深く語られることのなかった『宮下文書』を手掛かりに、失われた富士王朝の実像に迫っている。世界遺産に登録された今こそ、富士山の封印を解く時ではないだろうか。

●三上丈晴(みかみ・たけはる)
1968年、青森県生まれ。学研「ムー」の5代目編集長。筑波大学を卒業後、学習研究社(現・学研)に入社。「歴史群像」編集部を経て、入社1年目より「ムー」編集部に所属。

●「ムー」
出版社:学研パブリッシング/発売日:毎月9日/税込価格:670〜690円/発行部数:7万部/概要:「世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリーマガジン」として、UFOや超能力、UMA、怪奇現象、オーパーツ、陰謀論など、オカルト全般を追求する情報誌。

公式HP

★これまでのまとめ読みはコチラ

参照元 : TOCANA


序章 世界初見解:日本の日の丸と古代エジプトの太陽神を表す赤い丸の太陽の紋は同一と考えられる

2014年07月28日 13時18分12秒

前略

●世界初見解:エジプトのピラミッドの如し日本の富士山は、ダイヤモンド富士や芦ノ湖から見た光景でプロビデンスの目を現す●

古代エジプトのピラミディオンは神の全知全能の目を表すプロビデンスの目と酷似しています。そしてピラミディオンをピラミッド型社会の図式として、赤い丸の太陽の位置が意味するものを考えれば、赤い丸の太陽で示せる日本は、ピラミッド型社会の頂点に位置していると解釈できます。

また古代エジプトの絵の特徴の一つに神々の目を赤色の丸で描く場合も多く、ピラミディオンの赤い丸の太陽が目の意味も持つ事も示唆しています。そのような観点から、プロビデンスの目を崇拝すると噂されるイルミナティの恐れる若しくは崇拝する国は、日の丸を国旗とする日本であるとも読み解けるのです。

【左上】
オーストリアの美術史美術館に収蔵されるエジプト新王国時代のピィラミディオン形の石碑です。

【右上】
古代エジプトの死者の書に描かれた赤い丸の太陽と赤い丸の瞳のホルスの目です。(日本初公開)

【左下】
フランスのルーブル美術館に収蔵されるパピルスのヌトとゲブの描写は、プロビデンスの目の構図である。

【右下】
ロシアのエルミタージュ美術館に収蔵される古代エジプトのピラミディオンです。古代エジプトで聖地のアビドスより出土のこのピラミディオンは、プロビデンスの目そのものです。

25c90e216db238d0c23135997f0fd792


●世界初見解:エジプトのピラミッドの如し日本の富士山は、ダイヤモンド富士や芦ノ湖から見た光景でプロビデンスの目を現す●

世界遺産となった日本の富士山は、エジプトのピラミッドの如し人工的な三角形の山です。この富士山のような三角形の山は、日本で最も一般的に連想される山の形です。しかし世界を見渡せば、三角形の山は、非常に珍しく一般的でないのです。

そしてダイヤモンド富士は、エジプトのラーの冥界の旅路やプロビデンスの目の概念と重なります。さらに芦ノ湖から見た富士山の第一火口が目の形に見えるのです。芦ノ湖から望む雪化粧をした富士山は、プロビデンスの目と瓜二つです。クフ王のピラミッドの数万倍規模の富士山には、エジプトの神話やプロビデンスの目の暗号が隠されていると感じます。

【左上】
世界初見解:ダイヤモンド富士=太陽神ラーの冥界の旅路+プロビデンスの目

【右上】
世界初見解:芦ノ湖から眺める雪化粧をした富士山+富士山の第一火口=プロビデンスの目

【左下】
人工的な三角形をした日本の富士山は、エジプトのピラミッドのようです。もしも、富士山がピラミッドであるなら、エジプトのクフ王により建造されたギザの大ピラミッドの数万倍規模となり、人類には建設不可能とされ、神業か異星人にしか建設できないという理論になります。

【右下】
エジプトのピラミッドに太陽が重なる光景は、日本の富士山のダイヤモンド富士と似ています。

c25d27fa23ef70b39b4ac0eb2e71aab5

●世界初見解:縄文時代の富士信仰の祭祀遺跡やピラミッドの如き古画から、日本の富士山は古代エジプトの世界観と重なる●

日本の山岳信仰を代表する富士信仰は、約3千年前の縄文時代晩期から富士山を神として崇拝していました。そして江戸時代に起こった富士講で信仰者が急増し、富士山は神体山として広く庶民に認知されていくのです。

また富士山は、昔時より葛飾北斎など日本を代表する画家達にも愛され多く描かれています。しかし彼らの描く富士山の大半の絵が、何故かエジプトのピラミッドと瓜二つに見えるのです。

またダイヤモンド富士で古代エジプト神話のラーの冥界の旅路を連想し、芦ノ湖から眺めた富士山はプロビデンスの目と酷似しています。つまり日本の富士山は、エジプト神話の世界観と通じていると感じるのです。

【左上】
日本の富士山をエジプトのカフラー王のピラミッドやスネフェル王の赤いピラミッド、プロビデンスの目と対比させる。

【右上】
名称:絹本著色富士曼荼羅図、作者:狩野元信(壺形朱印)、時期:室町時代、指定:重要文化財。壺形朱印から狩野元信(日本絵画最大画派の狩野派二代目)により室町時代に描かれたと確実視され、国の重要文化財指定の『絹本著色富士曼荼羅図』は、富士信仰に伴う富士山登拝禅定の光景を図絵にした富士曼荼羅図の代表作の一つです。富士山がピラミッドのように描かれ、神との繋がりでエジプト神話を連想させられる図絵と感じます。※またギザにある三大ピラミッドの光景と似ています。

【左下】
富士山の日本名画4枚です。
1.江戸時代(左上)葛飾北斎の名所浮世絵の連作である『富嶽三十六景』の中で最も有名な神奈川沖浪裏の木版画です。
2.江戸時代(右上)竹取物語絵巻です。富士山は古来より不死の山と呼ばれ、エジプトのラーの冥界の旅路の概念と似ている。
3.鎌倉時代(左下)真光寺に所蔵される紙本著色遊行縁起(国の重要文化財指定)に描かれた富士山はピラミッドの如しです。
4.江戸時代(右下)奈良市指定文化財で江戸時代に盛んとなった富士講(富士信仰の一派)の富士曼荼羅図の富士山です。(室町時代に狩野派二代目の狩野元信により描かれたとされ、国の重要文化財である絹本著色富士曼荼羅図よりは格下です。)

【右下】
江戸時代の代表な浮世絵とされる葛飾北斎の『富嶽三十六景』の一枚で赤富士と通称された凱風快晴です。この凱風快晴は、『富嶽三十六景』の中で最も知られ、世界で一番有名な日本画とされる神奈川沖浪裏と同じくらい有名な木版画です。(エジプト最大のクフ王のピラミッドと対比させました。※因みに、このピラミッドは、先端部分が欠けていて台形です。またエジプトのスネフェル王の赤いピラミッドは、日本の富士山の赤富士と似ています。)

c78fc88918cc896ec994d227bd12f1c7

●世界初見解:日本の山々の多くはエジプトのピラミッドと酷似し、古代エジプト神話の概念とも繋がる隠されたピラミッド山●

数万の山々があると言われる日本の山の特徴は、エジプトのピラミッドの如し人工的な三角山の比率の多さを挙げれます。その代表格である富士山には、プロビデンスの目の暗号も隠されています。

また熊本県の阿蘇にある米塚を見ればピラミッドと同様に人工的な感じを受け、岩手県にある金山三峰はギザの三大ピラミッドを彷彿とさせます。そして伊豆諸島にあり東京都の管轄である利島は、海に浮かぶピラミッド島と感じます。

【日本】
1.静岡県と山梨県に跨る巨大な神体山の富士山(日本国内の山の数=16667、ピラミッド山の数=3000以上)
2.青森県五所川原市の靄山(神体山:アラハバキ神)です。アラハバキ神のアラ=アラー?、アイヌ語で頭領の意味となる。またアラハバキ神は、片目であったとされプロビデンスの目を連想し、修験道とも繋がり、辿れば出雲に行き着く。
3.滋賀県野洲市の三上山(神体山:御影神)です。御影神は天照大神の孫です。
4.栃木県日光市の社山は麓から見るとピラミッドです。
5.山形県最上郡金山町 金山三峰(薬師山・中の森・熊鷹森)です。
6.伊豆諸島にある利島(東京都利島村)は、完全にピラミッド島です。右上は豪州にあるボールズ・ピラミッド世界遺産です。
7.熊本県阿蘇市の往生岳のふもとの米塚は、世界最高峰のスコリア丘の一つです。
8.三角山の異名を持つ山形県の富神山(神体山:富神明神)は、完璧なピラミッド山で、周辺から縄文時代の窪遺跡を発掘。

【世界】
1.ヒマラヤ山脈のエベレスト山(ネパール、チベット)※ネパール語のチョモランマでも御馴染
2.アンデス山脈のアコンカグア山(アルゼンチン)
3.キリマンジャロ山(タンザニア)※成層火山
4.アルプス山脈のモンブラン山(フランス、イタリア)
5.漢拏山(韓国)※ハルラ山は韓国最高峰でも1950mの高さしかなく、しかも朝鮮半島本土ではなく済州島にあります。
5.三清山(中国)
7.ピレネー山脈のアネト山(スペイン)
8.アラスカ山脈のマッキンリー山(アメリカ)

eb59fb13055a1b4057334314bd07a3ee (1)

●世界初見解:富士山はダイヤモンド富士やパール富士で太陽神ラーの冥界の旅路、笠雲で宇宙(高天原)との繋がりを表す●

日本の富士山はエジプトにあるピラミッドの形と瓜二つです。また形だけでなく、富士山と太陽の重なるダイヤモンド富士や月と重なったパール富士は、プロビデンスの目や古代エジプトの太陽神ラーの冥界の旅路の概念を彷彿とさせています。

そして逆さダイヤモンド富士や逆さパール富士は、太陽の360度の回転の図式化とも読み取れ、太陽神ラーの冥界の旅路による不老不死への願い表しているかのようです。また富士山を覆う笠雲の光景は、宇宙船がピラミッドに降り立ったかのように見えます。この光景は、富士山を通して宇宙、即ち天界(高天原)と日本の繋がりを示した暗号と感じます。

ダイヤモンド富士=プロビデンスの目
ダイヤモンド富士やパール富士+逆さ富士=太陽(神)の永続性(=360度)

富士山ピラミッドと笠雲の光景は、宇宙からUFOでやって来た神や高天原と繋ぐ地が日本である事を示す暗号にも解釈できます。ダイヤモンド富士やパール富士は、エジプトの太陽神ラーの冥界の旅路、日本を神の国とする日月神事の概念とも重なります。

因みに富士信仰(浅間信仰)の富士山頂上浅間大社の主祭神は、木花之佐久夜毘売(木花咲耶姫=浅間大神)です。

c3eb598030df7f0e15ce4f581a29cce5

●世界初見解:平安時代にできた鯨の形の山中湖は、木花之佐久夜毘売やエビス(鯨)の繋がりから、富士山と対の人工湖●

山中湖は平安時代の延暦の富士山の大噴火によりできた自然湖とされ、富士五湖の中で際立って新しく、完璧な鯨の形の湖です。鯨は日本神話でイザナギとイザナミの最初の子で、不具で海に流された蛭子命(えびす)を表します。

そして富士山の主祭神の木花之佐久夜毘売命は、火中で子を産み安産の神とされ、浅間信仰で水の神となり蛭子命と繋がります。またピラミッドと酷似し、古代エジプト神話と繋がる富士山と同様に、山中湖も始新世の鯨の化石が世界で唯一纏まって発見されたエジプトのクジラ渓谷と繋がります。山中湖は富士山と対になる宗教的概念により造られた人造湖と感じます。

★画像右上★
富士山頂上浅間大社(富士山本宮浅間大社・奥宮):主祭神・木花之佐久夜毘売命(コノハナノサクヤビメ) 久須志神社(富士山本宮浅間大社・末社):主祭神・大名牟遅命(大国主)、少彦名命(スクナビコナ)

【山中湖】
山中湖は、完璧な鯨の形をしています。鯨は日本古来から神として信仰されています。また日本神話では、蛭子命を表します。蛭子命は不具の為に葦舟(ラーの船も葦製)で海へ流されます。

【富士山】
富士山の主祭神である木花之佐久夜毘売は、身籠った子を夫の子でないと疑われてしまいます。その疑念を晴らす為、火中で彦火火出見尊(ホデリ)など三柱を産みました。

★画像左上★
富士五湖で最大の面積を誇る山中湖は、平安時代の延暦の富士山大噴火(延暦19年・800年)の際にできたとされ、富士五湖の中で突出して新しい自然湖です。しかし人工的な鯨の形や周辺の鯨に関連する多数の神事から、この湖は人造湖であると感じます。

★画像左下★
蛭子(ヒルコ)は伊耶那岐命(イザナギ)と伊耶那美命(イザナミ)の最初の子です。不具の為に海へ流された蛭子が漂着した信仰から海神や漁業の神とされ、鯨を神格化し化身とします。また蛭子命は七福神のえびすを表します。さらに木花之佐久夜毘売の子の彦火火出見尊(ホオリ)や大国主の子の事代主、少名毘古那(スクナビコナ)もえびすと同一視され蛭子命と繋がるのです。

★画像左下:世界遺産に登録されるエジプトのワディ・アル・ヒタン(クジラの谷)★
エジプトのクジラ渓谷では、人類誕生以前の始新世の鯨(バシロサウルスやドルドン)の化石が世界唯一で大量に発見されています。

また日本と同じく古代エジプトでは魚を神として崇めていました。人類より遥か前の約4千万年前から生息し、哺乳類でありながら地上で生活のできない鯨は、伊耶那岐命と伊耶那美命との間に生まれた最初の神で、不具の子であった蛭子と似ています。

d7af3eafb88c374ea77d71e068f0a8fa

●世界初見解:鯨形で人造湖の如き山中湖と富士山は日本神話で結ばれ、古代エジプトのオクシリンコスやナカダ文化とも繋がる●

自然湖とされる山中湖は、奇妙な鯨の形で人工的な湖に見えます。それを裏付けるかのように山中湖は、ピラミッドの如き富士山と日本神話で繋がっているのです。昔から日本で鯨は神として崇拝されてきました。また鯨が蛭子命を表し、蛭子命はえびすと同一視されます。

そして山中湖と富士山周辺の多数の神社では、計算されたかの如く蛭子命やえびすに関連した神々を祭っています。さらに人類誕生以前の始新世の鯨の化石が発見されたエジプトのクジラ渓谷や王朝以前のナカダ文化における鯨を模した副葬品、鯨に似た魚を崇拝したオクシリンコスなどとも繋がり、山中湖は人造湖に感じます。

★画像右上★
山中浅間神社:木花咲耶姫命(ホオリの母)、ニニギ(ホオリの父)、オオヤマツミ(ホオリの祖父)

山中諏訪神社:豊玉姫命(ホオリの妻)※山中明神安産祭りで全国的に有名な神社です。

鯨=神=蛭子命=えびす=事代主神、少彦名神(スクナビコナ)、彦火火出見尊(ホオリ)

彦火火出見尊(ホオリ=山幸彦)は、ウガヤフキアエズの父で、初代天皇である神武天皇の祖父です。

★画像左上・1:先王朝時代(紀元前4400年-3000年)のエジプトのナカダ文化の魚型パレット(ルーブル美術館の収蔵品)★
支配階級の墓に埋葬されたイルカ型のパレットです。天照大神や神武天皇より前に生まれた蛭子と同様に統一王朝前の副葬品です。因みにハクジラ亜目のイルカは、蛭子と同じ鯨(小型鯨)に属します。

★画像左上・2:日本の神事と深く関係し、神とされる鯨(画像は江戸時代に歌川国芳により描かれた宮本武蔵と巨鯨)★
古くより日本で鯨は神とされてきました。また縄文時代から続く捕鯨は、神事と密接に繋がっています。

★画像左上・3:枚岡神社の主宰で行われた天津神(基本的に伊勢系と国津神(基本的に出雲系)の大和合を祈願した葦舟神事★
天津神(基本的に伊勢系:天照大神、ホオリ)

国津神(基本的に出雲系、大国主、事代主)

この葦舟神事は2013年に枚岡神社の主宰で行われました。因みにエジプトの太陽神ラーの乗る船は、蛭子命が乗せられた舟と同じ葦製でした。また枚岡神社の葦舟神事のホームページでは、宮司がシュメールとの関連を示唆しています。

宮司よりひとこと

★画像左上・4:古代エジプトのオクシリンコスの魚崇拝★
古代エジプトの重要遺跡が多数出土のオクシリンコスでは、世界的に珍しい日本のような魚崇拝の形跡があります。この聖魚は、モルミルス系の古代魚でイルカ似の形です。そしてイルカはクジラ目ハクジラ亜目に属す小型鯨で、蛭子命と再び繋がるのです。

★画像左下・1:日本三奇祭とされる山梨県の吉田の火祭り(重要無形民俗文化財)★
山梨県の吉田の火祭りは、吉田諏訪神社主であった佐藤家を起源に吉田諏訪神社と北口本宮冨士浅間神社の両社合同で行われる祭です。

この祭は火中出産を成し遂げた木花開耶姫命を祭神の一柱とし、安産も神徳の一つとされています。また祭の名物であるお山さんと呼ばれる富士山型の御山神輿は、朱色の三角の形で富士山と言うよりエジプトのピラミッドを彷彿させる形に見えます。

★画像左下・2:寺社の鳥居として使用された鯨鳥居は、日本で鯨が神とされていた証明書★
日本の長崎県にある蛭子命を祭る海童神社や色丹島にあるとされる色丹神社の鯨骨でできた鯨鳥居からは、鯨=神の概念を読み取れます。因みに鯨鳥居は何故かピラミッドの如き三角形で、また色丹神社の鯨鳥居はプロビデンスの目を連想させる形です。

★画像右下・寺社の鳥居として使用された鯨鳥居は、日本で鯨が神とされていた証明書★
この鯨鳥居はプロビデンスの目に似ています。

★画像右下:鯨に纏わる神々や日本を建国した神武天皇誕生までの日本神話の暗号が隠された富士山と山中湖★
富士山頂上浅間大社奥宮(富士山本宮浅間大・奥宮)
主祭神・木花之佐久夜毘売命(アマテラスの子であるニニギの妻、ホオリの母)
久須志神社(富士山本宮浅間大社・末社)

主祭神・大国主(事代主=えびす=鯨の父)、少彦名命(スクナビコナ=えびす=鯨、大国主の国造りの同志)
★★★★コノハナサクヤビメ、ニニギ、ホオリは、神武天皇の父であるウガヤフキアエズより格段に重要な三柱★★★★

コノハナサクヤビメやニニギ、ホオリは、神武天皇の父であるウガヤフキアエズより格段に重要な三柱です。何故なら、ニニギは神武天皇に繋がるアマテラスの唯一の子であり、その妻がコノハナサクヤビメで、アマテラスの子孫以降で最初の天津神と国津神の融合だからです。

そして、その融合によって産まれたのがホオリなのです。またアマテラスの両親であるイザナギとイザナミの実質的な最初の子のヒルコ(えびす=鯨)は不具でしたが、コノハナサクヤビメは、神武天皇に繋がるアマテラスの子孫を火中出産し、見事に大役を果たしたからこそ重要なのです。

以下略

参照元 : スメラの秘密 天皇と大和民族、そして日本のルーツを探る

img_9

ナスカに引かれた線をグーグルアースで調べていくと富士山や前方後円墳に繋がる。



最新記事
Amazon




楽天トラベル


人気ブログランキングへ

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ