地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

パンデミック

中国人客の急増で日本の風俗業界がヤバい!風俗嬢に性病が大流行

日本の風俗業界、中国人客急増で性病大流行=「国辱」「中国の性都はもっとひどい?」―中国ネット

2014年10月12日 22時44分
 
naka

2014年10月11日、中国メディア・澎湃新聞は日本メディアの報道を引用し、日本の風俗業界で性病が大流行している背景に、中国人客の急増があると報じた。 

記事では、日本の風俗業界で沈静化したはずの性病が再流行しているとした上で、その原因として隣国からの「お得意さん」の影響がささやかれていると指摘。 

ある性風俗店関係者の話として、ここ数カ月の売り上げの約1割がアジア系の外国人で、「おそらくほとんどが中国人だ」と伝えた。 

このニュースに、中国のネット上にはさまざまなコメントが書き込まれている。以下はその一部。 

「中国人として恥ずべきニュースだ」 
「日本でこれだけ性病が流行しているなら、(中国の「性都」として知られる広東省の)東莞はものすごいことになってるだろ」 
「どんな奴らが行ってるんだ?」 
「ほとんどが日本視察団の幹部とかだろ」 
「こんな奴ら、日本から帰ってくるな。国に病気を持ち帰るな」 
「どれだけの中国人が海外旅行する余裕があると思ってるんだ?行けたとしても、そんな場所には寄りつかないだろ」 

(翻訳・編集/NY)

参照元 :
レコードチャイナ


【関連記事】
外国人客が増加する風俗業界で性病のパンデミック発生か!東京五輪でさらに被害拡大


外国人客が増加する風俗業界で性病のパンデミック発生か!東京五輪でさらに被害拡大

東京五輪でパンデミックが発生!? 外国人客が増加する風俗業界で性病蔓延中

2014.07.09
 
471_140115103131_1

都内デリバリーヘルスで店長を務めるA氏は、最近、風俗業界を悩ませている現象についてこう明かす。

「この業界に15年近くいますが、嬢の性病感染率は過去にないほど高まっている。特に多いのは、咽頭淋病や咽頭クラミジアです。嬢には、月に1回の性病検査を義務付けているので、そこで発覚するのですが、薬をもらってもなかなか治らない場合もある。当店では『ごっくん』(精液を飲み込むプレイ)が人気の有料オプションだったんですが、表向きは廃止して、常連客に限り提供しています」

こうした異常事態の原因としてA氏がにらんでいるのが、外国人客の増加である。昨年、日本を訪れた外国人旅行者は初の1000万人の大台を突破。それに伴い、風俗店を利用する外国人も増加している。

「もともと外国人客はお断りだったんですが、不況で売上が低迷する中、2年ほど前から受け入れるようになった。その後、外国人客の数は右肩上がりで、今では売上の1割ほどがアジア系外国人です。嬢の性病感染の増加は、外国人客の増加と不思議なほど比例している。性病検査をしてもらっている病院の医師によると、海外から持ち込まれる性病の中には、抗生物質が効きにくい耐性菌によるものが多いとのことです」

性病だけではない。畜産場や養殖場などでの抗生物質の乱用が問題となっている中国でも、抗生物質が効力を発揮しない、さまざまな薬剤耐性菌が出現しており、多剤耐性肺結核には毎年世界最多の12万人が罹患している。また、各地の養豚場では、ほとんどの抗生物質が効かない感染症にかかる豚が多発しており、人への感染も危惧されている。

東京五輪が開催される2020年には、さらに多くの外国人が日本を訪れることとなるが、風俗業界を介して性病のパンデミックが発生する可能性も否定できない。
(文=牧野源)

参照元 :
日刊サイゾー




【閲覧注意】ウイルス危険度ランキング TOP5

最強のウィルス(菌)ランキング!

ウイルス (virus) は、他の生物の細胞を利用して、自己を複製させることのできる微小な構造体で、タンパク質の殻とその内部に詰め込まれた核酸からなる。生物学上は非生物とされている。

ウイルスは他の生物の細胞を利用して増殖できるという、非生物と生物の特徴を併せ持つ。現在でも自然科学は生物・生命の定義を行うことができておらず、便宜的に、細胞を構成単位とし、代謝、増殖できるものを生物と呼んでおり、細胞をもたないウイルスは、非細胞性生物または非生物として位置づけられる。しかし、遺伝物質を持ち、生物の代謝系を利用して増殖するウイルスは生物と関連があることは明らかである。感染することで宿主の恒常性に影響を及ぼし、病原体としてふるまうことがある。
 
Virus はラテン語で「毒」を意味する語であり、古代ギリシアのヒポクラテスは病気を引き起こす毒という意味でこの言葉を用いている。さてそれでは、最近インフルエンザウィルスでウィルスに注目が集まっているので脅威の細菌&ウィルスランキングを発表します!

※注意!
実際に感染された方の写真を掲載しています!恐ろしいのはウィルス自体ですが、やはり患者の症状もかわいそうです。かなり衝撃的な写真が掲載されているので見たくない人はやめてください!

最強のウィルス(菌)ランキング
 
第5位
【炭疽菌】

antrax

kl16847

炭疽菌(たんそきん)は、炭疽(炭疽症)の原因になる細菌。第二次世界大戦以降、生物兵器として各国の軍事機関に研究され、2001年にはアメリカで同時多発テロ事件直後に生物テロに利用された。22人が感染し、5人が死亡した!

菌を吸った人で、48時間放置した場合、90%の確率で死にます!米国疾病対策センターは、炭疽菌を危険度Aに指定している!
 
(症状)
感染すると、血管内で増殖し毒素を出し、毒素により血管という血管から血が漏れ出します!多臓器不全により死に至ります!が、早い段階での抗生物質の投与で回復します!
 
第4位
【天然痘】

smallpox

housoukao

非常に強い感染力を持ち、全身に膿疱(イボのようなブツブツ)を生じ、治癒しても瘢痕を残すことから、世界中で不治、悪魔の病気と恐れられてきた代表的な感染症。その恐るべき感染力、死亡率のため、時に国や民族が滅ぶ遠因となった事すらある。

最も恐ろしい生物テロに利用されやすいウィルスです!それは、飛沫感染(空気感染)で簡単に感染するからです!北朝鮮が保有していると言われています!20世紀だけで世界中で5億人が犠牲になったと言われています!死亡率は90%〜100%!!他のウィルスと違い、ヒトだけに感染します!
 
(症状)
飛沫感染や接触感染により急速に感染します!そして40℃前後の高熱、頭痛・腰痛などになり、発熱後3〜4日目には、頭部、顔面を中心に皮膚色と同じまたはやや白色の豆粒状のブツブツが生じ、全身に広がっていく。
 
7〜9日目に再度40℃以上の高熱になり、これは発疹が化膿して体表面だけでなく、内臓にもブツブツができ、それによる重篤な呼吸不全によって、死に至る。 

※このウィルスは世界中から危険とされ、アメリカの「米国疾病対策センター」と「ロシアのベクター研究所」に集めるように各国に協力を要請しましたが、本当に集められたかは不明です!

第3位
【ペスト】

bubonic_plague

ペストは、齧歯類(特にクマネズミ)に流行する病気。菌を保有したネズミの血を吸ってペスト菌を持った蚤(ノミ)が人間にくっつき、体の血を吸うとき唾液が体内に入ります!この時にペスト菌も入るのです!

ペスト菌はリンパを通って、首、脇、肩・足の付け根、あたりのリンパ節にたまり、こぶし大に膨れます!そしてリンパ節が破裂して細菌や毒素が血液に流れ出します!抗生物質で治療しなければ7日以内に死にます!14世紀だけで7500万人の死者を出しました!毎年1000人〜2000人の死者を出しています!

※山でリスや動物の死骸を見つけても近づいてはいけません!死骸に群がるノミが体につけばあなたもペストです!
 
第2位
【HIV】

hiv1

ヒト免疫不全ウィルスです!HIVはエイズを引き起こします!1975年以降、約2500万人がエイズで亡くなり、現在世界で3600万人の感染者がいます!HIVは、本来ウィルスと戦うはずの免疫細胞に感染するのです!

他のウィルスと違って一生取り除けないのです!感染したままです!HIVは、直接攻撃はしません!免疫細胞に感染し、機能停止状態にしてしまうのです!

HIVに感染すると免疫力が低下して、肺炎になって死んでしまったりします!それがエイズです!一生無くならないので感染者は無限に増え続けるのです!しかし、それより最も恐ろしいウィルスがいます.....。
 
第1位
【エボラウィルス】 

hy_ebola_01

まさしく地球上で最強のウィルスです!このウィルスは、エボラ出血熱の病原体です!致死率90%!!感染したらほぼ死にます!発症すると体中の皮膚や目、鼻、口、毛穴などから出血します!有効な治療法はありません!!

ウィルスは侵入後、細胞を攻撃!やがて血管内皮細胞に侵入し大繁殖して血管を突き破り激しい内出血を引き起こします!血中にウィルスが溢れると血栓ができ血液の流れが滞り臓器が機能不全に陥ります!

それから1週間程度で肉体は限界を超え、体中の穴という穴から血が噴き出します!ワクチンや治療法はありません!よって、アメリカではエボラウィルスを生物テロの危険度Aに指定しています!

ウィルスは食物連鎖の中で人間の上にいるといっても過言ではないでしょう!人間が唯一支配できない、現代の最先端の研究においても未だ良く分からない生物でも細菌でもないものなのです!ですが、インフルエンザだって脅威のウィルスなのですよ!トップ10には入ります!
 
形を変えてまたやってくる変幻自在のウィルスなのですから!死者数は世界で年間50万人!アメリカだけで年間3万人います!スペイン風邪のときは5000万人の命を奪いました!ウィルスとはイタチゴッコで永遠に戦い続けなければならないのです!
 
そして、ペニシリン(抗生物質)やタミフル、リレンザなどが効かない新型もそのうち出てくるでしょう!この世からウィルスが絶滅することなどあり得ないのです!地球の営みや自然界と戦って勝つことなど不可能ですから!うまくできていますよね?

全ての食物連鎖の上にヒトがいて、その数が増えすぎるとそのまた上のウィルスが人間を減らし、宿主が減ったウィルスも数を減らす!我々も自然の中の一つだということを痛感させられますね!

参照元 : PATRIOT


【パンデミック】エボラ出血熱の感染1711人、死者932人に

エボラ熱死者932人に サウジ、感染疑いの男性死亡

2014/08/06 23:51
 
CI0003

【ロカルノ(スイス)共同】世界保健機関(WHO)は6日、西アフリカで猛威を振るうエボラ出血熱について、感染が確認または疑われる死者が4日までにリベリアなど4カ国で計932人に上ったと発表した。死者は今月2〜4日の3日間に45人増えた。

サウジアラビア保健省は6日、エボラ熱への感染が疑われていた40代のサウジ人男性が西部ジッダの病院で同日死亡したと発表した。中東での死者は初めてとみられる。

WHOは6日、エボラ熱に関する専門家による緊急委員会をジュネーブで開催。7日までの予定で、感染状況が「国際的な公衆衛生上の緊急事態」に該当するかどうか判断する。【共同通信】

参照元 : 47NEWS


★ギニア 患者多数で厳戒態勢

★シエラレオネ 患者激増中で制御不能 
★リベリア 患者激増中で制御不能 

☆ナイジェリア リベリアから感染者が入国死亡、治療した医師らに感染、死亡者も 
☆モロッコ リベリアから感染者が入国死亡 

◎サウジアラビア 出血発熱等のエボラと似た症状の旅行者が死亡、感染の有無を検査中 

○イギリス 発熱等の旅行者、隔離検査中(陰性の可能性) 
○アメリカ 発熱等の旅行者、隔離検査中(NYは陰性、オハイオは?) 

※アメリカ 隔離患者を移送 
※スペイン 隔離患者を移送


エボラ出血熱の恐ろしさ

細胞と細胞がくっついているのは、コラーゲンが接着剤の役割をしているからで、コラーゲンが多いと肌のキメの細やかさとか、保湿力があるからしっとりするとか、 美肌に必要のみならず、粘膜などもほとんどがコラーゲンによってあの状態を作り出している。

エボラ系が繁殖してゆくのにこのコラーゲンを利用してゆくと言う、 だから粘膜系に付着してその数を増やしてゆくと、 まずのどが痛くなったり少し発熱したりと、風邪と同じような状況になる。

でもそれは免疫などが喉の粘膜などから入り込んだであろうエボラを攻撃し始めているのだが、エボラたちはすでにコラーゲンを使って粘膜系で増え続けている。唾液や呼吸系の循環から内臓の方へと増え続け、内蔵がだんだんとエボラに浸食されてゆく。もちろん血液からも広がってゆき、体内に多くのエボラが増え続けてくると、コラーゲンを消費された肉体はその細胞と細胞の接着剤を失って結合が緩み始める。

胃や食道や小腸や大腸はコラーゲンと細胞を新陳代謝をしてその表面を安定させているが、コラーゲンなどがエボラに犯されて新たな新陳代謝が阻害され、内蔵類の内壁はどんどんと剥がれて落ちていき、その表面からは血や体液が混ざり合う。

胃の中も血と胃の内壁であふれ、吐き気によって何度もエボラウィルスと共に内容物と血を吐き出し、腸内は血や内臓の破片が混ざったエボラウィルスのスープで一杯になり、何度も下痢でトイレを往復し下水にエボラウィルスを垂れ流す事になる。

下痢や嘔吐と一向に回復しない症状によって疲労していき、さらには血液内を巡回して増え続けるエボラが血管の壁を作っているコレステロールとその接着剤としてのコラーゲンを浸食し、さらには筋肉内までどんどんと侵食していく。

もちろん細胞は次第に剥離して血が染みだし、薄くなった古い皮膚の中に血とエボラと筋肉繊維が入ったパンパンの肉体になっていく。脳や目などもグズグズになっていき、最後はそれらの内容水溶物が目や鼻や口や耳、さらには肛門や尿道などの大きな穴から吹き出してしまう。

数日から数週間の間で進行して、途中で動けなくなってそこで死んで破裂してしまう。病院にエボラ患者が居ても、医者たちはどうする事も出来ずに破裂させてしまい、その体液の中にあるエボラウィルスを拡散させてしまう。

医者や片づけた肉親や看護婦が感染してしまう場合が多い。重症患者は 自身のウィルスを他の人間に 感染させる為にエボラウィルスにマインドコントロールされて半端ない大暴れをする。

それを取り抑えようとした看護師が血飛沫で感染する。例え途中で何かしらの原因で感染力が無くなったとしてもコラーゲンを失った肉体が崩れてしまい、各部に障害や形状の崩壊があると言う。

致死率90%
たとえ生き残っても失明や重篤な後遺症が残り、まさにゾンビ状態 感染したら終わりである。


【パンデミック】エボラ出血熱、ついに米国上陸 死者826人、看護師6人が感染死亡 コントロール不能の兆し

致命的なエボラウイルス、米国上陸、交流サイトで大恐慌

2014年08月04日 10時08分
 
u5676091604265891410fm11gp0

米現地時間2日午前、西アフリカのリベリアでエボラ出血熱に感染したアメリカ人男性ケント・ブラントリー医師がチャーター機で帰国したことについて、AFP通信は「致命的なエボラウイルスは今日、アメリカ本土に上陸」と伝えた。
 
アメリカ当局は、エボラ対応に自信をもつよう国民に呼びかけているが、致命的で伝染性の高いエボラウイルスは、アメリカの交流サイトで「エボラ大恐慌」を引き起こしている。
 
「アトランタから私のところまで、6時間の距離しかない。少なくともエボラ感染者2人がそこにいる。さて、私からエボラまでの距離がどれぐらいあるか」などとの書き込みがアメリカの交流サイトでいっぱいだ。エボラ感染者2人の帰国に対するアメリカ政府の容認は、エボラウイルスが全米で流行するきっかけになるという不安が高まっている。米CNNによると、ハリウッドの「アウトブレイク」という映画のシーンがアメリカで再現されることに不安を抱く書き込みは多い。「アウトブレイク」は、1970年代を舞台に、アフリカ奥地ですさまじい伝染力と死亡率をもつ未知の伝染病の脅威と、それに立ち向かう人々の姿を描いたパニック・サスペンス。報道によると、エボラ感染者2人の帰国に抵抗感をもつ国民は多い。「エボラ感染者の治療に当たる人々を尊敬しているが、アメリカに姿を現すことを見たくない」という書き込みも、「アフリカでのエボラの流行にさじを投げた以上、アメリカで流行する可能性はないか」との書き込みもある。
 
オバマ大統領は、エボラウイルスについて「厳戒の防犯措置をとり」、代表団のメンバーに対し「さらに検査する」と表明した。エボラがアウトブレイクを起こしているリベリアなどアフリカ3カ国は、国境に跨る隔離地帯の設置を認めた。
 
ロンドンからモスクワまで、エボラの水際作戦に全力を尽くす国家は多くなっている。
 
(翻訳 金慧)

参照元 : 新華ニュース


エボラ出血熱死者826人、コントロール不能の兆し

2014年08月04日 17時41分

u42303581613817626713fm11gp0

英紙「フィナンシャル・タイムズ」の報道によると、世界保健機関(WHO)が発表したデータでは、西アフリカでエボラ出血熱の流行で約826人が死亡し、死者数は前回の疫病の2倍に相当しているという。
 
7月28日−7月30日の3日間で50人が死亡し、疫病の状況はコントロールが不能である兆しが見え、ギニア、リベリア、シエラレオネで感染のスピードがコントロールのスピードを上回った。
 
最新の死者データを発表する前に、西アフリカの3カ国は農村部へ軍隊を動員させ、隔離させるなど様々な措置を取った。3カ国は声明で、新たな対策は感染例の70%を占めている国境地帯で隔離措置を取るとしていた。

エボラ出血熱は潜伏期が2−21日、治療法やワクチンはなく、死亡率は50%−90%に上り、嘔吐、下痢、内出血、外出血などの病症が出る。
 
WHOのマーガレット・チャン事務局長によると、状況が更に悪化すれば、大災難になり、社会や経済を大きく損ない、他の国に蔓延する可能性がある。現在は、もはや感染のスピードが我々のコントロールのスピードを越えてしまっている状態だという。
 
(翻訳 王秋)

参照元 : 新華ニュース


英専門家、エボラ出血熱患者の惨状を目の当たりに 看護師6人が感染死亡

2014年08月04日 17時29分

u22052020241065177385fm11gp0

英紙「サンデー・ミラー」の3日付の報道によると、イギリスの54歳の防疫専門家、Cokie Van Der Velde氏は先週、リベリアの首都モンロビアのエボラ治療センターでボランティアとして働いたがイギリスに戻ると、5日間の日記を公開した。
 
1日目:7時半に治療センターに到着、まず、防護服を着て、首から足までを包み、しばらくすると、大汗をかいた。湿気があり暑いのに、マスク、帽子、手袋、エプロン、ゴーグルを付けなければならない。
 
危険の高い区域に入る前、職員は皮膚が外に出ないよう確認してくれた。患者たちの便や嘔吐物を片付けた。下痢や流血が深刻な患者に必要な水を飲ませた。コップの蓋を開ける力もない患者もいれば、無理して話す患者もいる。死亡人数は毎日増えている。我々は死体や遺物、ベッドシートを焼却しなければならない。

2日目:地元の人を訓練し、整理作業に協力し、テレビ番組を聴いてもらう。地元で、誤解や恐怖は漂い、我々はデマを打ち消すことに注力した。
 
3日目:ある病院を訪れ、医療関係者を教育する。なぜなら、ウィルスが爆発すると、地元の医療関係者は適正な防疫措置を講じておらず、看護師7人はそれに感染し、中でも、6人は死亡した。彼らは救急車を1台しか持っておらず、埋葬隊は単輪車やごみ車を使い、死体を運搬する。地元の宗教リーダーは、医療関係者がウィルスを拡大するとデマを流し、医療関係者の作業に支障をきたしている。
 
4日目:我々は限界に来ている。私が4週間前にリベリアに到着した際、患者が4、5人の治療センターはいま、患者でいっぱいになった。我々は彼らをどこに置くかを把握しておらず、死体安置所もいっぱいになった。
 
5日目:目が覚めると、のどが痛い。塩素ガスを吸いすぎたのが原因だが、それに感染したのを恐れた。今朝、体温を10回測量した。夜になかなか眠れず、発熱するかどうかが分からない。エボラウィルスに感染したら、誰が私の家族に連絡してくれるのか?
 
(翻訳 李継東)

参照元 :
新華ニュース



【関連記事】

エボラ出血熱の感染が過去最悪の規模 警戒レベルを最高レベルに引き上げ、3か国への不要な渡航を控えるよう勧告

【閲覧注意】ウイルス危険度ランキング TOP5

最新記事






楽天トラベル




人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ