地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

ハビタブル惑星

NASAが超重大・緊急発表「地球から39光年先の赤色矮星を周回する7つの地球サイズの系外惑星を発見!3つは生命存在可能」

NASA、7つの地球サイズ惑星を39光年先に発見 3つは生命存在可能

2017/2/23(木) 6:01配信

2017-02-25_210350

これまでもさまざまな生命の存在が可能な惑星「ハビタブル惑星」が発見されてきましたが、今回はさらなる快挙です。NASAは2月22日、地球から39光年先の赤色矮星を周回する7つの地球サイズの系外惑星を発見したと発表しました。

この赤色矮星「TRAPPIST-1」を周回する系外惑星のうち、3つは表面に水の存在しうる「ハビタブル惑星」に相当。地球外生命体の存在の調査が期待されます。

今回の観測は、ヨーロッパ南天天文台の超大型望遠鏡(VLT)とNASAのスピッツァー宇宙望遠鏡によって行われました。TRAPPIST-1のサイズは木星より少し大きい程度で、質量も太陽の8%しかありません。そして、その周りを7つの系外惑星が周回しています。

TRAPPIST-1は非常に暗い恒星で放出するエネルギーも少ないのですが、惑星が非常に近くを周回しているためにハビタブル惑星が存在しています。系外惑星はTRAPPIST-1に近いものから「TRAPPIST-1b、c、d、e、f、g、h」と名付けられ、恒星から太陽と水星の間に収まるほどの距離を周回しています。

TRAPPIST-1b、c、d、e、f、gは岩石からできており、そのうちb、c、dは恒星から近すぎて液体の水を保持するには高温すぎます。そこで、TRAPPIST-1e、f、gがハビタブルゾーンに存在することが判明したのです。また、これらの惑星には水の海が存在する可能性もあります。

今後、TRAPPIST-1とその系外惑星はハッブル宇宙望遠鏡、それに今後設置される欧州超大型望遠鏡やジェイムズ・ウェッブ宇宙望遠鏡によって観測が予定されています。これだけ多くのハビタブル惑星が宇宙に存在するのなら、そのうちの1つぐらいには宇宙人がいてもおかしくないかもしれませんね。

参照元 : sorae.jp

trappist-star-1

trappist-star-2

trappist-star-3


地球外生命はいる!? 土星の衛星に有機物が

2017/2/25(土) 21:00配信

2017-02-26_033513

NASA及び東京工業大学 地球生命研究所(通称ELSI)の研究員である藤島皓介さんが、2月23日放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にゲスト出演。ちょうどこの日、『地球に似た惑星を発見した』とNASAが発表したことから、さらに詳しく教えてもらいました。

とーやま校長「今日(23日)の朝方にNASAから発表されましたけど、これはどういうことなのですか?」

藤島「39光年先の宇宙に、地球によく似た太陽系外惑星が……真ん中に暗い太陽があって、その周りに地球とほぼ同じようなサイズの惑星が7つ見つかったんです。しかもそのうちの3つに、海(水)がある可能性がかなり高いということを発表しました。言い切ってはいないんですけどね」

とーやま校長「“海がある”というのは、どういうことなんですか?」

藤島「もともとNASAは“Follow the Water”といって、宇宙に行って生命を探したいんですが、その時に“水がどこにあるのか”っていうことにすごくフォーカスしてるんです。水がない所には生命も誕生しないだろうという前提があるんで、惑星の表面の水がちょうど液体として存在できる、太陽から程よい距離にある『ハビタブルゾーン』というのがあるんですけど……」

あしざわ教頭「暑すぎると干上がっちゃうし……」

とーやま校長「遠すぎると凍っちゃう」

あしざわ教頭「じゃあ、地球はすごくちょうどいい所にあるってことですね」

藤島「これは本当に感謝ですよ。そういう『ハビタブルゾーン』に入っている惑星が、なんと3つも見つかったんです!」

とーやま校長「この時点での高揚感は半端じゃないですよ。……それで『エンケラドス』って何ですか?」

藤島「今回の発表は、僕らの太陽系外にある恒星系で見つかったっていう話なんですけど、実は太陽系の中にも生命がいるのではないかということで、候補地がいくつかあるんです。たとえば、火星はかつて海をたたえていたと言われているので、過去の火星で生命が誕生していた可能性があるらしいし、氷衛星といって表面は氷なんですけど中に今でも海をたたえている衛星が、土星と木星の周りにいくつかあるんです。木星には『エウロパ』という衛星があり、そして土星には『エンケラドス』という小さい衛星があるですけど。土星探査機のカッシーニが、2005年にエンケラドスの近くを通った時に、“南極から何かが噴き出るぞ”と。どうやら海水が氷の裂け目を割って間欠泉のように宇宙に噴き出しているのを見つけたんですよ」

あしざわ教頭「映像としてとらえたんですか」

藤島「とらえたんですよ。で、これは半端ないよと。おそらく、中の海の成分が宇宙空間に噴き出ているんですね。しかもその成分を調べたら、海水の成分である塩とか有機物が見つかったんです。今、この有機物は何なのかという話になっています。なのでひょっとしたら、そこに生命がいるかもしれないんです。あるいは、生命になる途中の何らかの有機物が、複雑になって進化する(化学進化)途中のフェーズにいるかもしれないんです」

とーやま校長「本当にめちゃめちゃ小さい何かがいる?」

藤島「かもしれないです。実際に行って、採って調べたいんですよ。今、そういうプロジェクトに関わっています」

とーやま校長「それはどれぐらいの年数をかけて、採って研究できそうなんですか?」

藤島「探査機を飛ばすと、おそらく片道7年ぐらいかかるんですね。だから、7年ぐらいかけて到達して、エンケラドスのプリューム(噴き出ているもの)のサンプルを採って、あわよくばその場で分析して、あるいはサンプルリターンをして地球に持って帰りたいです」

とーやま校長「地球に持って帰ると何がいいんですか?」

藤島「詳細に分析できるんですよ。探査機に搭載できる機器は限られているんで、持って帰ればもう少し詳細に調べられます。ただもし仮に生命がいた場合、それを地球に持って帰る途中に地球の大気で爆発して“あれ、サンプルなくなっちゃって、しかもひょっとしたらエンケラドス生命で地球を汚しちゃった?”みたいな可能性もあるので」

あしざわ教頭「そんな危険が!?」

藤島「これは、惑星保護(planetary protection)って概念があって、ちゃんとそういうところをどうやって守っていくかっていうのも考えなくちゃいけないんです」

とーやま校長「すごい話ですね。そういうことも決められてるんだ」

あしざわ教頭「何が起こるかわからないってことですね」

とーやま校長「今の段階で、どれぐらいの確率なんですか?」

藤島「そこはわからないんですけど、確率を出すために僕ら以外の生命を見つけたいんですよね。結局、今宇宙でわかっている生命って僕らだけじゃないですか。地球生命以外の生命体が太陽系の中で見つかった瞬間に、おそらくこの宇宙は生命で満ち溢れています」

あしざわ教頭「逆を言うと、その最初の1個がなかなか見つからないってことなんですよね」

藤島「そうなんですよ。宇宙も広大ですし地球のような惑星もいっぱいありますから、ひょっとしたらそこで生命が誕生しているかもしれません。ただ、知的生命になるかどうかって言ったらまた別ですから」

とーやま校長「そこまでの進化を遂げるかっていうのは、わからないんですね」

【藤島皓介さん】
1982年生まれの34歳。慶應義塾大学SFCを卒業後、2011年からアメリカ航空宇宙局・NASAに勤務。“アストロバイオロジー”の研究を続け、2016年からは、東京工業大学 地球生命研究所(ELSI)に所属。現在もNASAの客員研究員を務めていて、1年の前半は日本、後半はアメリカで活動している。

参照元 : TOKYO FM+






世界中の関係者が胸を踊らせる大発見!ハビタブル惑星が見つかる!研究チーム「生命体がいる可能性が高い」

3つのうち1つは地球外生命体が存在する「ハビタブル惑星」が発見される

2016.05.23

地球から水瓶座方向に40光年離れた恒星系に、地球と同規模のサイズの惑星が3つ発見された。そのうち少なくとも一つは、生命の居住候補として優れており、また地球外生命体が存在する「ハビタブル惑星」の可能性があるという。

■木星とその衛星系に類似した「居住可能惑星」

今月初頭に科学誌ネイチャーで発表され、関係者の間で注目されている天体は、将来の人類の有力な“引越し先”になるかもしれない。

地球環境と類似する環境範囲内にあれば、人類の移住、生命の発生や進化もなし得るという仮説に基づく宇宙領域を「ハビタブルゾーン(生命居住可能地域)」というが、今回見つかったものは恒星から届く放射線量が地球の数倍で、恒星との距離が近すぎることも遠すぎることもなく、地表温度も適度かつ地表に水があって生命が存在し得る条件を備えていると推測されている。

3つの惑星が周回しているのはTrappist-1(2MASS J23062928-0502285)と呼ばれる矮星だ。赤褐色で表明温度が2600度と超低温(太陽の約半分)で質量は太陽の8%、大きさは8分の1ほどで、木星よりやや大きく、地球からはとても近いにもかかわらず肉眼でも望遠鏡でも見えないほどに暗い。この種の小さく暗い惑星は天の川付近ではよく見られるが、今回のTrappist-1はいままで同種の惑星が確認されていなかったエリアで発見された。

2016-06-04_121143

発見したベルギー・リエージュ大学の研究チームは、チリのアタカマ砂漠にあるラ・シヤ天文台で、口径60cmの望遠鏡を用いて調査を行っている。地球から太陽までの距離と比較すると、3つの惑星とTrappist-1 は20〜100倍近く接近しているという。「この惑星系のスケールは太陽系というよりも、木星とその衛星系に類似している」そうで、3つすべての惑星がハビタブル惑星である可能性を視野に入れ、より大きな測定機器を準備することも検討しているという。

天文学者らによるこれまでの太陽系外惑星研究の主流は、光源の明るい星に集中していたが、リエージュ大学では逆に光の弱い60の矮星の探査に着手。

「小さな惑星の周囲は、現時点で我々が持つ技術を駆使して地球サイズの惑星における生命を検出できる唯一の場所」なのだという。他の明るい惑星ではその明るさゆえに生命の痕跡が埋もれてしまうため、Trappist-1のような暗い超低温矮星こそ検出可能で、着目すべきだとコメントしている。

■生命体がいる可能性が高い

研究チームは2015年9〜12月にかけての62夜にわたり、こうした恒星の光や明るさの変化を観測して定期的に光が遮られる日食のような現象を発見し、赤外線を検出できる望遠鏡を使って詳しく調べた。

観察により、内側に位置する2つの惑星の公転周期はそれぞれ1.5日と2.4日であることが判明。残る3つ目は4〜73日の間と、いまだ軌道がはっきりわからないというが、この惑星も生命体がいる可能性が高いと考えているという。

惑星らは常に同じ面がTrappist-1の方向に向き、片方は常に夜、もう片方は常に昼の状態であるらしい。共同研究者であるMITの天文学者ジュリアン・デ・ウィット氏は今後、生命の存在の可能性の重要な手がかりとなる大気成分など、より詳しい調査を行う予定だとしている。また各地の観測所と提携して惑星に水やメタン分子が存在するのかどうかの調査も計画しているとのこと。

2016-06-04_121252

世界中の関係者が胸を踊らせているらしいこの大発見だが、地球から近いというこの40光年の距離、およそ380兆km(1光年=9.5兆kmで計算)。まったく想像もつかないような距離感だが、到達までに何百万年もかかるというから、正に天文学的数字である。

我々が生きているうちに人類はどこまで宇宙の謎に迫れるのか? 同時に我々はどこまで理解度を高められるのか? 個人的にも挑戦したいところである。

(文=Maria Rosa.S

参考:「Daily Mail」、ほか

参照元 : TOCANA


Are aliens living just 40 light-years away? Astronomers 'hit the jackpot' by finding THREE Earth-sized habitable worlds bathed in 'eerie red light' around a nearby star

・Astronomers have spotted three Earth-sized planets orbiting a dwarf star
・The miniature planetary system is just 40 light-years away from Earth
・At least one of these worlds may be not too hot, not too cold, but 'just right'
・Scientists said they may have 'hit the jackpot' in the search for life

By RUSS SWAN FOR MAILONLINE
PUBLISHED: 15:00 GMT, 2 May 2016 | UPDATED: 09:58 GMT, 3 May 2016

They're not too hot, not too cold, and may provide just the right conditions for life to form. Astronomers have found three Earth-sized worlds within the so-called habitable 'Goldilocks' zone of a nearby star. The scientists believe at least one of these 'three bears' planets may be 'just right' for life to get going, giving the search for life elsewhere in the universe a significant boost.

The star is around 40 light-years away. By comparison Mars is, on average and based on its orbit, 12.5 light-minutes away. The international team of astronomers that found the planets said they are orbiting an ultracool brown dwarf star about one-eighth the size of our sun called 2MASS J23062928-0502285. Also known as Trappist-1, this dim and cool star fades slightly at regular intervals, indicating several objects are passing between the star and the Earth.

Detailed analysis has now shown that three planets with similar sizes to the Earth are present. Trappist-1 is much cooler and redder than the sun and barely larger than Jupiter. It lies in the constellation of Aquarius.
Such stars are both very common in the Milky Way and are very long-lived, but this is the first time planets have been found around one of them. Despite being so close to the Earth, this star is too dim and too red to be seen with the naked eye or even visually with a large amateur telescope.



33A8A25300000578-3566047-image-a-1_1462196331872

The international team of astronomers that found the planets said they are orbiting an ultracool brown dwarf star about one-eighth the size of our sun called 2MASS J23062928-0502285, also known as Trappist-1. This artist's impression shows how the star looks from the surface of one of the newly-found planets

ss

Trappist-1 is much cooler and redder than the sun and barely larger than Jupiter. Such stars are common in the Milky Way but this is the first time planets have been found around one. The trio of exoplanets is up to 100 times closer to their star than the Earth is to the sun (illustrated) and all three could be habitable

According to Michael Gillon of the University of Liege, Belgium, the planetary system looks more like moons orbiting Jupiter than our conventional idea of a solar system. 'The planets are 20 to 100 times closer to their star than Earth is to the sun,' he explained. 'This is more similar in scale to the system of Jupiter's moons than the solar system.' The team used a modest 60cm telescope, based in Chile, to find the planets. The astronomers believe all three may be habitable, and they are now turning larger instruments on these new worlds to find out more. While other exoplanet searches have concentrated on bright stars, Gillon and his team set up the Trappist survey specifically to scan the 60 nearest dwarf stars. 'Systems around these tiny stars are the only places where we could detect life on Earth-sized exoplanets with our current technology' he said. 'So this is where we should start to look.'

33BD6CC500000578-3566047-image-a-3_1462197140819

In September, Trappist-1 was seen to fade slightly at regular intervals, showing that several objects were passing in front of it. The current position of the star (bottom) is shown by a red cross. Its relative position in 1953 (top) and 1998 (middle) is indicated by a red circle to show its orbit compared to its current position

33A8A25A00000578-3566047-image-a-43_1461947432063

In their report, the astronomers said all three planets are likely tidally locked to their dim star, with hemispheres of permanent night and day. Other exoplanet searches have concentrated on bright stars while the latest study specifically sscans our 60 nearest dwarf stars. Stock image

In September 2015, Trappist-1 - was seen to fade slightly at regular intervals, showing that several objects were passing in front of it.
Further observations confirmed these were Earth-sized planets. The two innermost planets orbit in 1.5 and 2.4 days, while the third is less certain and might be anything between four and 73 days. The team believes this third 'Daddy Bear' planet is the most likely to be habitable out of the three. In their report, published today in the journal Nature, the astronomers said all three planets are likely tidally locked to their dim star, with hemispheres of permanent night and day. For the inner two, this might restrict any life-friendly sweet spots to the 'twilight zone'. But on the third, the whole planet may be able to support life. Because this solar system is relatively close, it should be possible to detect whether the planets have an atmosphere, and even to detect signs of life. 'We can study their atmosphere and composition, and within our generation, assess if they are actually inhabited,' added co-author Julien de Wit, an astronomer at MIT. He added: 'All of these things are achievable, and within reach now. This is a jackpot for the field.'



参照元 : Daily Mail

最新記事
Amazon




楽天トラベル


人気ブログランキングへ

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ