プーチン政権を批判した野党指導者が暗殺される 元第一副首相のボリス・ネムツォフ氏(画像)

2015年02月28日 11時44分 JST

o-KREMLIN-570

ロシアの野党指導者で、プーチン政権に批判的なボリス・ネムツォフ氏が2月28日未明、モスクワの中心部クレムリンの近くで何者かに射殺された。ロイターなどが報じた。

BBCによると、警察の発表で容疑者は特定されていないが、車内からネムツォフ氏の背中に4発の銃弾を浴びせたという。ネムツォフ氏はクレムリンが見える橋をわたっているところだった。

ネムツォフ氏は、3月1日にモスクワで行われるウクライナでの戦闘に反対するデモ行進への支持を訴えた数時間後に暗殺された。

AP通信によると、ネムツォフ氏はエリツィン大統領時代に第一副首相を務めたが、プーチン氏が大統領に就任して以降は野党に回り、一貫してプーチン大統領の政策を批判していた。
 
o-NEMTSOV-570

ロイターによると、プーチン大統領は今回の事件を強く非難し、大統領令を発して捜査にあたることを表明した。またプーチン大統領は今回の事件を「何者かの指示による殺人」ではないかと指摘し、ネムツォフ氏が日曜日に予定していた抗議デモへの「挑発」だと述べた。

参照元 : The Huffington Post


ネムツォフ氏射殺事件 監視カメラが殺害の瞬間をとらえていた(ビデオ)

1.03.2015, 12:04

ru

モスクワで野党のボリス・ネムツォフ氏が射殺された事件で、殺害現場から、新たな証拠が見つかっている。

ネムツォフ氏が射殺されたモスクワ川大橋を24時間体制で録画している全天候型屋外監視カメラの映像が公表された。このカメラは殺害の瞬間をとらえていた。



カメラの映像では、明確ではないものの、ネムツォフ氏と、同氏に同伴していた女性とみられる2人の人物がうつっている。2人は橋の上を歩いている。時刻は、23時30分。同じ方向に清掃車が走って来る。清掃車が2人と並んだ時、殺人が行われる。しかしその場面はうつっていない。なぜなら車体が視界を遮っているからだ。

しばらくすると、清掃車の陰から犯人と思われる人物が走り出て、待機していた自動車に乗り込む。なお、この自動車がどうやって橋に到着したのかを解明するのは難しい。

全ては綿密に計画されたものであることが分かる。

さらにもう一つ。殺害直後に、「白い自動車」だったとの説が報じられたが、映像では、グレーのようにみえる。

ネムツォフ氏は、2月27日深夜に射殺された。テレビ「ロシア24」が伝えた。ネムツォフ氏は自動車から銃撃を受けた。現在のところ、使用されたのはマカロフ拳銃だったのではないかとみられている。約8発の銃弾が発射され、4発が命中、ネムツォフ氏はその傷が原因で、その場で死亡した。

参照元 : ロシアの声


プーチン氏「犯人処罰に全力」=本格捜査開始、犯行車発見−ロシア暗殺

2015/02/28-23:52

【モスクワ時事】ロシアのプーチン政権を批判していた野党指導者ボリス・ネムツォフ氏(55)がモスクワ中心部で暗殺された事件で、プーチン大統領は28日、遺族に宛てて弔電を送り「犯人を罰するため全力を尽くす」と約束した。大統領府が発表した。

当局は28日、事件の真相究明に向けた本格捜査を開始した。「交流サイトで殺害すると脅されていた」(ネムツォフ氏の代理人)との証言もあり、慎重に調べているもようだ。地元テレビによると、犯行に使われた白色の車がモスクワ中心部で見つかった。

捜査当局は大統領府に近いモスクワ川大橋の現場の南方にあるネムツォフ氏の自宅アパートで、書類やコンピューターなどの内容を検証。政治活動を含めて犯人につながる交友関係を詳細に確認しているとみられる。イスラム過激主義やウクライナ危機などが絡んでいる可能性も排除していない。

インタファクス通信によると、現場では6発の銃弾が見つかり、うち4発が散歩中のネムツォフ氏の身体を貫通していた。追い越しざまに車内から銃撃したとみられる。事件当時に3台の車が通過していたことが、防犯カメラの映像から判明。当局はナンバープレートなどから、うち白色の1台が犯行に使われたと、ほぼ特定していた。

ペスコフ大統領報道官は、ロシア国営テレビ英語放送で「暗殺事件について答えを出すのは時期尚早だが、これは謀略行為だと、100%自信を持って言える」とコメント。「ネムツォフ氏は政権の脅威でない」と述べ、政権が関与したとの見方を否定した。プーチン大統領は、全当局を挙げて捜査チームをつくるよう命じた。

参照元 : 時事通信







【関連記事】
【ロシア野党指導者殺害】捜査当局が実行犯の男2人を拘束 黒幕が海外にいる可能性