地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

ネトウヨ

ネトウヨ育成に精を出す自民党!ネット上の過激コメント、その実態は雇われたバイト工作員?謎の組織「T2」について自民党本部に電凸

【ショック】ネトウヨたちは自民党に雇われたアルバイト? 謎の組織「T2」について自民党本部に電凸してみた結果…!

2017.09.11

2017-09-13_152016

昨今、安倍政権が揺れている。森友学園や加計(かけ)学園をめぐる疑惑、自民党議員や政権幹部の度重なる失言など、傲慢な態度に国民は怒りを募らせ、7月の都議選で自民党が大敗したことも記憶に新しい。インターネット上では反安倍派のみならず、保守派からも政権批判が噴出している有様だが、まるでそれに息を合わせるかのようにネトウヨたちも勢いづいているようだ。

■ネット上の過激コメント、その実態

ところで、かねてよりこれらネトウヨの一部が「雇われアルバイトではないか」という噂があった。今年4月、インターネット上で配信されるニュースに対するコメントに関して、立教大学ネットワーク社会論の木村忠正教授とYahoo! ニュースが共同で調査・分析したところ、韓国・中国に対する排他的なコメントが上位を占めていることが判明したが、不思議なことにわずか1%のユーザーが1週間で100回以上もコメントを投稿しており、しかもこの1%のユーザーの投稿で全コメントの20%が形成されていたのだ。もしや、この1%のユーザーが「雇われアルバイト」ではないか? そう疑われても仕方のない実態が、数値によって浮き彫りになった形だ。

2017-09-13_152132

日本では10年ほど前から嫌韓・嫌中関連の本がこぞって出版されるようになり、(あくまでも筆者の感覚ではあるが)インターネット上の嫌韓・嫌中コメントは2013年頃から激増したように思える。この2013年といえば、日本でネット選挙運動が解禁された年である。そして同年6月19日、参議院議員選挙に合わせる形で、自民党はネット選挙運動の推進を口実に特別チーム「Truth Team(T2)」を発足させたのだ。

※ 9月7日13時30分ごろ、この件について編集部が最新状況を自民党本部に電話で問い合わせたところ、広報局より「T2は2013年の参議院選挙のために限定的に組織されたものであり、選挙後に組織としては解散した」(担当者)との回答を得た。また、昨年4月にはNHKが「自民党 ネット上の声分析する新組織設置」と報じているが、この点についても尋ねたところ、「そのような専門組織を立ち上げた記憶はない。普段からネットの声にも耳を傾けるようにはしており、特に選挙の前などは注視するよう通達がくることはあるが、大々的に組織だって行っているわけではない」とのこと。では「NHKの記事は誤りということか?」との質問には「特にこちらで判断することはない」という。結局のところ真相はどこにあるのか、実態はなかなか見えてこなかった。

2017-09-13_152236

■ネトウヨ育成に精を出す自民党

2013年5月28日放送のNHKニュースウォッチ9でも取り上げられたが、このT2の主な業務は、自民党と立候補予定者のSNS(FacebookやTwitterなど)、ブログや掲示板(2ちゃんねるなど)の書き込みを24時間態勢で分析・監視すること。たとえば、候補者の名前を含むコメントがGoogleの検索上位に表示されるか分析したり、少しでも党や候補者の不利になるコメントには反論もしくは削除を試みるという。さらに、対立候補や他党に対するネガティブキャンペーンを繰り広げる役割も担うとのこと。筆者も経験上、政権批判のみならず、小沢一郎氏を擁護しただけで突然ネトウヨにしつこく絡まれた経験がある。

チームのトップにはIT政策を担当する平井卓也衆議院議員が就任し、自民党ネットメディア局の議員約20人のほか、選挙スタッフやITベンダーのスタッフ、さらに顧問弁護士2人から構成されている。また、参加企業には超有名IT企業がこれでもかと名を連ねている。さらに2005年には、自民党幹事長補佐(当時)の世耕弘成議員が「チーム世耕」というインターネット上で自民党をサポートするチームを発足、やがてそれは「J-NSC(自民党ネットサポーターズクラブ)」へと発展し、現在1万5000人以上もの会員を抱えているという。今は自民党を離党した小池百合子都知事も、当時は広報本部長で、かつては自民党支持のネトウヨ育成に力を注いでいた。

真偽は不明だが、6月末より「雇われネトウヨの給料は1行20円」という情報も出回り始めている。発端は、とあるネトウヨがFacebookに情報を流出させたのだという。果たしてネット上に溢れる安倍政権賛美や嫌中・嫌韓コメントの“火付け役”は本当にアルバイトたちが担っているのだろうか。少なくとも、ネット上の意見が世論を正しく反映しているなどとは思わないほうが良さそうだ。

参照元 : TOCANA

2017-09-13_153113

2017-09-13_153147

2017-09-13_153219

2017-09-13_153243


ネトウヨの星・桜井誠が新党旗揚げ 新党名「日本第一党」 略称「日本一」

元在特会会長の桜井誠が新党立ち上げ、ツイッターとブログで報告。

Makoto_Sakurai_01

党首 桜井誠

DSC03787

最高顧問 瀬戸弘幸










橋下徹:「勘違いすんなよ、お前。お前みたいなの許せねえ」

桜井誠 :「私、政治に興味ない」

あれ?政治に興味ないと言っていた桜井誠が都知事選出馬の次は新党旗揚げ?



相模原事件の植松聖容疑者は安倍信者でフリーメイソン信者のネトウヨだった!?

障がい者大量殺害、相模原事件の容疑者はネトウヨ? 安倍首相、百田尚樹、橋下徹、Kギルバートらをフォロー

2016.07.26

WS000308-1

相模原の障がい者施設で起きた大量殺人事件は、死者19人という戦後最悪の事態となった。しかも、容疑者は「障害者なんていなくなればいい」と供述していると伝えられており、その差別思想に基づいた残虐な行為には憤りを禁じ得ない。

ところが、このニュースに、ネトウヨたちがまたぞろ「犯人は在日」「在日によるテロ」などという根拠のないデマをわめきたてている。

「聖は在日韓国人が好む漢字だろ」「松という字は、キムを姓とする在日が好む姓だよ」「元職員だそうだな、在日雇ってたんだか」「いかにも在日っぽい風貌」「在日によるテロが毎日のように行われているのに、その元締めの民団総連をなぜ放っておくんだ?」

凶悪事件が起きるたびに繰り返されるこの差別的なデマの拡散、ヘイトスピーチはどうにかならないものか。

そもそも、今回の事件に関しては、「容疑者はネトウヨ」というほうがまだ事実に近いのではないか。

たとえば、容疑者がツイッターでフォローしていた有名人を見てみると、安倍晋三、百田尚樹、橋下徹、中山成彬、テキサス親父日本事務局、ケント・ギルバート、上念司、西村幸祐、つるの剛士、高須克弥、村西とおると、ネトウヨが好みそうな極右政治家、文化人がずらりと並んでいる。

また、その中身も、最近、右派発言が目立つ村西とおるの「米軍の沖縄駐留は平和に大きく貢献している、米軍がいればこその安心なのです」という発言をリツイートしたり、「在日恐い」「翁長知事にハゲ野郎って伝えて!!」といった、ネトウヨ的志向がかいま見えるツイートも散見される。

もちろん、ネトウヨ思想を持つものがすべて凶悪事件に走るわけではないし、この事件については、障がい者施設の職員の劣悪な労働環境という根深い構造的な問題もある。また、責任能力の問題というのも今後は焦点になるだろう。これらの問題については追って報道するつもりだ。

しかし、容疑者は一方で、衆院議長公邸に「私の目標は重複障害者の方が家庭内での生活および社会的活動が極めて困難な場合、保護者の同意を得て安楽死できる世界です」といった手紙を届け、「障害者なんていなくなればいい」と供述している。今回の犯行は、その弱者を社会から排除するという思想の延長線上に出てきたもので、“ヘイトクライム”的な側面があるのは明らかだろう。

そして、これはネットで在日韓国人や弱者に対して、「死ね」「日本から出て行け」などと叫んで排除しようとしている、ネトウヨ的なメンタリティと決して無関係ではないはずだ。

ネトウヨたちは、この凶悪事件に「在日の仕業」などと無根拠なデマを喚き立てる前に、自分たちの内部にひそむ排除思想のヤバさに気づくべきではないのか。

参照元 : LITERA

0da4888d-s

1dc9620e-s

2a62359a-s

6c2d1d93-s

c7e220af-s

c428ad84-s

fea044af-s

8adcf249-s

2016-08-04_125253

※ ちなみに植松聖容疑者のツイッターアカウント(tenka333)は、逮捕後すぐに凍結された。

【関連記事】
●相模原殺傷事件は何か違和感がある!新種の自作自演テロ、ヤラセ事件の可能性が高い?

●【相模原殺傷事件】植村容疑者は危険ドラッグを常用していた!犯行前に顏を整形手術

●相模原市緑区の障害者施設で、刃物を持った男が侵入し、多数の人が刺され19人死亡、26人負傷、そのうち20人重傷

●相模原殺傷事件の植松聖容疑者、尊敬する刺青彫り師に弟子入りするも破門されていた

●相模原事件は措置入院解除のせいじゃない、警察の捜査ミスだ! いたずら殺害予告は逮捕しても植松容疑者は放置

●【相模原市・障害者殺傷事件】植松容疑者、、「そう病、妄想性障害、大麻精神病、非社会性パーソナリティー障害」など複数の診断名

国内最大の掲示板「2ちゃんねる」契約先の顧客に自民党

大規模掲示板2ちゃんねる 契約先の顧客には与党自民党

注 下記の記事内には誤報部分が含まれており、ページ最後に説明します。

運営者の間で内紛が生じ、管理権限を米軍出身のJim氏が掌握して元管理者であった西村博之氏(通称「ひろゆき」)が新サイト(2ch.sc)を立ち上げる騒動に発展した国内最大の掲示板、2ちゃんねるにおいて、企業などにたいして都合の悪い書き込みを削除するサービス「風評被害バスターズ」が存在していたことが、ユーザーらの調査で分かった。また、2ちゃんねると「独占的な契約」を行なって炎上を防止するサービスを実施する企業、ホットリンク社が存在していたこととその顧客に自民党が含まれていたことがわかった。

まず、風評被害バスターズによれば「当社では2ちゃんねるに投稿されたスレッドを見られないようにする削除サービスをご提供」とあることから、削除権限のある運営陣に何らかの働きかけをすることで削除等に関して特権的な扱いを受けることが可能であったのではないかと推認される。
 
1

(「風評被害バスターズ」ウェブサイトより。)

この風評被害バスターズの内容はホットリンク社(東証マザーズ上場)という企業のコーポレートページでアナウンスしてある。
 
2

(ホットリンク社プレスリリースより。なお同社は図、左側の「ガーラパズ社」と2012年に経営統合をしたことをプレスリリースで発表している。)

そして同社が2ちゃんねるにおいて(旧)運営陣との独占的な契約で得られるデータを入手していたことと、その顧客に電通を初めとする国内の大手企業と政府与党の自民党が存在していたことも波紋を呼んでいる。

更に以下の通り、同社は2013年の参議院選挙で自民党向けにサービスを提供していた。とすると、自民党→ホットリンク社→2ちゃんねるのひろゆき氏らという契約と金銭の流れが存在していたことになり、2ちゃんねるのスポンサーが政権与党であったことになるためだ。

となると実際に提供されていたサービスの中身がどのようなものか、2ちゃんねるの運営における特別な取り計らいが自民党に対してなかったかという問題点が浮上してくる。同社の提供するサービスにはいわゆる「炎上」を防止することも含まれると明記されているため、2ちゃんねるとの独占的な契約を通して、得た情報により、政府に都合の悪い情報が2ちゃんねるで出回らないようにされる等するための積極的な「活動」や、「ニュース速報+」といった人気のあるボードでのスレッド(ニューストピック)作成権限を持つ運営陣によって一部のニュースの恣意的な無視・削除などがなかったかという疑問が生じてくる。
 
3

4

(ホットリンク社・コーポレートサイトより)

5

(2014年の2ちゃんねる分裂騒動において、2月よりひろゆき氏らと提携して対応してきたという4月2日付け・ホットリンク社社長・内山幸樹氏のコメント)

加えて、この件はこれに留まらず、ネット上での大規模な情報操作の疑惑も浮上している。というのは、Google等の検索エンジンで、最初にヒットするページの多くが、livedoorや、LINEを運営するNEVERなどの大手企業を初めとするいわゆる「まとめブログ」(2ちゃんねるの書き込みやTwitterの内容をまとめたもの〜場合によっては恣意的な編集・改変がしてあると指摘される)となってしまっているからである。つまり、2ちゃんねるの投稿とそのまとめサイトの内容をコントロール出来れば、検索結果を支配できることになって事実上日本のネット上での情報を操作できることになる。

ひろゆき氏が取締役を務める「未来検索ブラジル」と大手動画サイト「ニコニコ動画」を運営するドワンゴ社(東証一部上場)が、2chのいわゆる「まとめブログ」に、手数料の徴収を条件に転載を許可する契約をオファーしていたことも疑惑を深めている。(特に、livedoorニュースやマイナビニュースは何故か、メジャー度のわりにスレッドのソースとして使われることが多く、元・運営陣の作為があったのではないかと筆者は感じている。)
 
6

(ニコニコ動画のホームページには、未来検索ブラジル社への支払を条件として2ちゃんねるのまとめブログ作成を認める「大手メディアプラン」が掲載されている。)

もっともインターネットにおけるプロパガンダ活動の発覚は日本国内に留まらない。例えばアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドのいわゆるファイブ・アイズもNSA、ASIO、GCHQなどの諜報機関がFacebookやTwitterなどのSNSにおいて、有利な情報を流通させるための浸透活動を行なっていたことがエドワード・スノーデン氏のリークした文書によって明され、スキャンダルとなっている。

7

(今年2月に報道された、グレン・グリーンワルド氏の記事に掲載された英国政府・GCHQの秘密ユニット「統合脅威研究諜報部」トップシークレット資料。同記事によると、アメリカ国防総省傘下のNSAと共同でSNSやブログでの活動を行なっていた)

これを見るといずれの国でもネット上での情報工作の重要性が(おおっぴらには語られないが)認識されていたことになる。なお、2月の内紛開始から2ヶ月足らずで2ちゃんねるを掌握して現在の管理者となっているのは旧米国軍人のジム・ワトキンス氏である。2chとSNS、いずれの場合も「自由な言論空間」というインターネットユーザーの理想と相違する実態は、利用者にとって受け入れがたいかもしれないが、それを所与のものとして制度が再考される必要がある。

ところが、さらに疑問が浮かんできた。5月13日にホットリンク社取締役の成瀬氏へ電話インタビューしたところ、類似した「風評被害バスターズ」と「ネット風評被害バスターズ」は別のサービスとの返答を得た。そこで本紙は以下の通り、訂正を出したが、さらなる疑問が浮かんできたのだ。

「*誤報部分について この記事内で当初、有償削除サービスを提供する「風評被害バスターズ」を、ホットリンク社において提供しておられる炎上防止の「ネット風評被害バスターズ」と同様のものとして記載していましたが、両者は別の企業が運営する別のサービスです。関係者各位にご迷惑をおかけしたこと、お詫び申し上げます。」(5月13日)」

参照元 : エコーニュース


安倍政権を裏で操る日本会議が日本武道館で改憲大集会 ネトウヨ安倍総理や百田尚樹も参加

日本会議が牛耳る改憲大集会に安倍首相がメッセージ、百田尚樹も参加! ネトウヨ丸出し改憲運動の恐ろしい行方

2015.11.11
 
kenpokaisei_151111

読売新聞社が先週末実施した全国世論調査によれば、安倍内閣の支持率は51%で、先月調査から5ポイント上昇。5カ月ぶりに不支持を上回った。

支持率上昇は、日中韓首脳会談が評価された結果だと分析されている。8月に戦後70年談話を発表した際もそうだったが、支持率が低迷すると、安倍首相はリベラルとも受け取れるような行動をして、目眩ましをしてきた。それがまんまと功を奏したということらしい。

だが、もちろん、この首相の危険な本質はまったく変わっていない。昨日11月10日の衆院予算委員会で、安倍首相は、民主党の岡田克也代表から「安保法制と同様に数がそろえば憲法改正をやるつもりではないか」と問われ、「数がそろえばというのは民主主義のルール」「(憲法改正の)数をそろえるために衆参両院で大勝する」「緊急事態条項からやる」と憲法改正を目指すことを改めて明言した。

言葉だけではない。安倍首相は実際に、例の狂信的右派団体と一体になって、本気で改憲の世論づくりを進めているのだ。

そのことがはっきりとわかったのが、同じ11月10日、東京・日本武道館で開かれた「今こそ憲法改正を!1万人大会」という大規模集会だった。この集会、主催は昨年10月に結成された「美しい日本の憲法をつくる国民の会」という団体だが、実態は、共同代表として櫻井よし子氏と並んで田久保忠衛・日本会議会長、三好達・日本会議名誉会長の名があるように、日本最大の極右組織・日本会議の“改憲キャンペーン大集会”だ。

この日、会場につめかけた参加者は、主催者発表で1万1328人。武道館の駐車場には何台もの大型バスが駐車されていたが、これは、地方の日本会議が「1泊2日の東京研修ツアー」などと称して、全国からシンパを動員していたからだ。来場者層は中年から老年が大半に見えたが、実際「北海道本部」や「愛知県本部」など各地方のHP上で「研修ツアー」が告知されていたことが確認できる。

そして驚くべきは、そんなカルト的極右組織の集会に、なんと安倍晋三が現役総理大臣として登場したことである。

「70年間のときの流れとともに、世の中が大きく変わりました。この間、憲法は一度も改正されていませんが、21世紀にふさわしい憲法を追求する時期に来ていると思います」

「憲法改正に向けて渡っていく橋は整備されたのであります」

そう改憲は眼前だと意気込むメッセージを寄せ、来場者から大喝采を浴びた安倍首相。当日の会場アナウンスによれば、安倍首相は本来会場入りして生演説を行う予定だったが、衆院予算委と日程が被ったため、やむなくビデオメッセージでの出演となったという。

もっとも、安倍首相および安倍内閣が日本会議と切っても切れぬ仲にあることは、いまさら言うまでもないだろう。事実、会場には古屋圭司、衛藤晟一、下村博文、山谷えり子、新藤義孝、城内実、有村治子、礒崎陽輔……など安倍首相の盟友や側近をはじめ、多数の政治家が来賓として出席していたが、彼らが所属する日本会議国会議員懇談会の特別顧問を務めるのが、他ならぬ安倍晋三だ。
 
しかし、国内のみならず海外からも安倍政権と極右団体の“近すぎる距離”が問題視されているこのタイミングで、まさか当の日本会議のイベントに生で登壇しようとするとは……。

しかも、日本会議の改憲案のトンデモぶりは、自民党案の比ではない。日本会議新憲法研究会がまとめた「新憲法の大綱」が掲載されている『新憲法のすすめ 日本再生のすすめ』(大原康男・百地章/明成社/2001年)の中では、「国民の義務として、教育を受ける義務、納税の義務に加えて、新たに遵法義務及び国を守る義務を明記する」として、「国民」に「国を守る義務」を課している。ようするに、日本会議は徴兵制を目的とした憲法改正を企図した集団なのだ。

安倍首相は、こんな極右組織と一体化して改憲運動へ取り組んでいくことを高らかに宣言したのである。

では、彼らはいったい何をやっていくつもりなのか。当日、会場で配られたパンフレット(「あなたの力で憲法改正の実現を」)によれば、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の事業内容は、1000万人を目標とする改憲賛同署名活動、国民啓発用のパンフレット、チラシ、ポスター等の作成、そして「憲法改正啓発映画」の制作と全国での上映運動等。ようするに、地方で草の根改憲運動を展開するということらしい

だが、この日の集会の様子を見ていると、その中身はとてもまともな運動とは思えないものだ。それを象徴するのが、やはり会場で上映された「憲法改正啓発映画」の予告編だろう。

この映画、いちおう「憲法改正ドキュメント映画」というふれこみだが、制作総指揮がなんとあの百田尚樹氏で、ナレーターは津川雅彦氏。こんなデマばかりふりまいているネトウヨオヤジに憲法改正をPRさせるのかと唖然としていたら、その内容はやっぱりとんでもないものだった。

津川氏の「日本国憲法は日本を守るどころか、逆に日本を破壊しかねない危険さえ持っています」というナレーションに護憲デモの映像がインサートされ、「GHQに押し付けられた憲法!?」というデカデカとしたテロップの後に、嘘くさいGHQと日本政府関係者のやりとりの再現VTR映像が流れる……。「ドキュメント映画」どころか、カルト宗教が信者獲得のためにつくった陰謀論満載のプロパガンダ映画なのである。

壇上で挨拶した百田氏は「(映画の)内容は日本国憲法がいかにデタラメに作られたか」「(本編は)予告編の100倍面白いです!」と豪語していたが、さて、どんなトンデモ映像が出来上がるのかという意味で、これは二重に恐ろしい。

しかも「憲法改正へのご提言」として登壇した人物のなかには、近年ネトウヨ的な言動に磨きがかかっているケント・ギルバート氏の姿が。会場では大いにウケていたが、ケント氏の発言内容はひどいものだった。

「護憲派のなかには、これ(9条)を崇高な規定だと頑なに信じる人がいます。(略)『憲法9条を世界遺産にしよう』というのもありました。妄想がここまでくるとアヤシイ新興宗教の教義のようです」

「アヤシイ新興宗教」とか、元モルモン教宣教師のお前に言われたくないわ、とツッコミたくなったが、そんなケント氏の“9条攻撃”に会場からは割れんばかりの拍手が……。

とにかく、浅薄な極右思想まるだしの連中がデマだらけの日本国憲法攻撃をしているその様子は、改憲集会というより、ネトウヨのヘイト集会と勘違いしてしまいそうになるくらいのレベルの低さだった。

とはいえ、日本会議を見くびることはできない。とりわけ驚かざるをえないのが、会場で発表された「美しい日本の憲法をつくる国民の会」の結成から1年での「国民運動の成果」だろう。

この会は、47都道府県に「県民の会」なる下部組織を結成しているが、11月2日現在、31都府県の地方議会で「憲法改正の早期実現を求める」決議がなされており、加えて12月中にも3道県で決議されることが決定的だという。会場にも約200人の地方議員が来場していた。そして、同じく改憲に署名した国会議員の人数も11月10月現在で422名にも達したと報告された。さらに、集会の終盤に大会決議を読み上げたのは、日本青年会議所(JC)の副会頭だ。本サイトでも既報の事柄だが、日本会議は、国会議員、地方議会、JCにまたがる巨大な全国ネットワークを形成していることが、数字や光景としてはっきりと現れているのだ。

安倍首相が、リスクを度外視してこの集会に参加したのも、その日本会議の持つ多大な影響力を鑑みた結果だろう。むしろ、個人的に改憲への異常な執念を持つ安倍首相にとって、日本会議こそが、真の政治的本心をむき出しにできる場所だと言ってもいいかもしれない。

「『美しい日本の憲法をつくる国民の会』の皆さまにおかれては、憲法改正1000万賛同者の拡大運動を中心に、日本の国づくりの国民的議論を盛り上げていただいており大変心強く思います。21世紀にふさわしい憲法を自らの手で作り上げていく。その精神を日本全体に広めていくために、今後ともご尽力をいただきたいと存じます。憲法改正に向けて、ともに、着実に歩みを進めてまいりましょう」

そう会場メッセージで力を込めた宰相の目には、もはや国民全体の姿など映っていないのではないか。“お仲間”のカルト的極右組織によるバックアップで、自らの野心を達成しようとする安倍首相。もしかすると、すでにこの国はかなりのレベルで“カルト化”が進んでいるのかもしれない。

(宮島みつや)

参照元 : LITERA

2015-06-20_024351



ヘイトスピーチに抗議したら、ネトウヨから家族を脅迫する内容のFAXを送られた伊藤大介氏(46)が会見

ヘイトスピーチと抗議し脅迫された男性会見

2015年6月1日 20時37分

K10010099731_1506012103_1506012103_01_03

ヘイトスピーチと呼ばれる民族差別的なデモだとして抗議したところ、参加者から繰り返し脅迫された男性が、民事裁判での損害賠償が確定したことを受けて、弁護士とともに1日、都内で会見を開き、「自分と考えの違う人を攻撃する異常な世の中になっている」などと述べて、差別の撲滅を訴えました。

会見を開いたのは神奈川県平塚市の伊藤大介さん(46)です。伊藤さんはおととし、東京・新宿区の新大久保で行われていたデモに対し、ヘイトスピーチだとして抗議したところ、デモに参加した男性から家族を脅迫する文章をファックスで繰り返し送りつけられました。

この男性は脅迫の罪に問われ、罰金20万円を命じられましたが、伊藤さんは「差別への抗議を封じようという犯罪で、許されない」と主張して、賠償を求める訴えを起こしました。裁判では東京高等裁判所がおよそ90万円の賠償を命じ、相手の男性側が上告しなかったため、先月、判決が確定しました。

会見で伊藤さんは「民族差別を繰り返す団体や個人に警鐘を鳴らそうと裁判に踏み切ったので、判決を歓迎したい」と話していました。

また、伊藤さんの弁護士は「ヘイトスピーチが社会問題化するなか、自分と考えの違う人を攻撃する行為で異常な世の中になっている」と訴えました。

一方、男性の弁護士は「上告は見送ったが、判決の内容には納得していない」と話しています。

参照元 : NHKニュース





桜井誠氏 vs 伊藤大介氏






ラーメン店で男性客を踏みつけ、死亡させた体重120kgのネトウヨに懲役7年の判決

ラーメン店で何度も踏みつけ…隣客死なせた男に実刑

2015/03/19 16:30

000046707_640

ラーメン店で男性を踏みつけ、死亡させた体重120kgの男に懲役7年の判決です。

今西伸一郎被告(38)は去年9月、東京・北区のラーメン店で隣の男性客(当時49)とトラブルになり、顔と腹を何度も踏みつけて、その後、死亡させた罪に問われています。初公判で今西被告は起訴内容を認めていました。

19日の判決で、東京地裁は「体重120kgの被告が、一方的に顔や腹を数回踏みつける危険性の高いものだった」「被害者のささいな行動に腹を立てて行ったもの」として、懲役10年の求刑に対し、懲役7年を言い渡しました。

参照元 : テレ朝ニュース




ラーメン店で暴行直後に注文の男に懲役7年「軽くする事情は見あたらない」

2015年3月19日17時4分

昨年9月に、都内のラーメン店で座席を巡ってトラブルになった男性客(当時49歳)の腹部を踏みつけるなどして死亡させたとして傷害致死罪に問われた東京都足立区の元会社員・今西伸一郎被告(38)の裁判員裁判公判が19日行われ、東京地裁(園原敏彦裁判長)は、懲役7年を言い渡した。

今西被告は黒のスーツ、青いネクタイ姿で出廷。園原裁判長から証言台に立つよう言われた時のみ「はい」と返事し、神妙な表情で判決理由を聞いていた。

検察側によると、今西被告は昨年9月27日午前0時ごろ、飲食をしていた東京都北区JR田端駅近くのラーメン店で、座席を巡って後から来た男性客とトラブルになり、襟首をつかんで床に倒した上、頭部や腹部をアウトドア用ブーツで蹴ったり、踏みつけたりの暴行を加え、死亡させた。

園原裁判長は「(被告は)体重120キロの体格で、抵抗・防御をしない相手に対して一方的で激しい暴行を加えたとし「相手のささいな言動に立腹しており(量刑を)軽くする事情は見あたらない」とした。検察は、今西被告が暴行後に救命措置などをとらず、みそラーメンと半チャーハンを注文して飲食を続け「刑務所に行くので最後の晩さんだ」などと供述した点を考慮すべきと主張したが、園原裁判長は「眉をひそめるべきことではあるが、刑罰の目的に(考慮することが)有意なものとは言えない」とした。

今西被告は初公判では「このまま警察に捕まると、多分、ちゃんとしたものが食べられないので、ラーメンセットを頼んだ」などと証言していた。

傍聴席では今西被告の親族とみられる60代ぐらいの女性が判決言い渡し前後から嗚咽(おえつ)をし始め、閉廷後には動けなくなり、担架で救急搬送された。

参照元 : スポーツ報知




120kg巨漢男、ラーメン店で「踏み付け暴行」認める

2015/03/13 11:58

000046265_640

東京都内のラーメン店で口論になった男性を踏み付け、その後、死亡させた男の初公判が行われ、男は「間違いありません」と起訴内容を認めました。

今西伸一郎被告(38)は去年9月、北区のラーメン店で、隣の男性(当時49)とトラブルになり、顔と腹を何度も踏み付けて、その後、死亡させた罪に問われています。初公判で今西被告は、小さな声で「間違いありません」と起訴内容を認めました。

冒頭陳述で、検察側は「体重120kgの被告による一方的で激しい暴行」「些細(ささい)なことで激高し、短絡的」と指摘しました。一方、弁護側は「救命措置を取ろうとしたが、周りから『動かすな』と言われ、席に戻って食事を続けた」と主張しました。

参照元 : テレ朝ニュース




今西伸一郎が殺人事件を起こしたラーメン屋

17


今西被告はファイスブックで、自民党バスツアーに参加したと書いてました。ネトウヨには実刑がお似合い。

imanishi-576x1024

hqdefault (1)

40-226x300





【台湾】新幹線トイレ内で日本人の女が「黙れ、チャイニーズ!お前は韓国のテロリストだ!創価学会!」と叫びながら乗務員を殴る

新幹線のトイレ占用した日本人とみられる女、乗務員に殴りかかる/台湾

2015/02/24 14:25

f7b54eb038c0568d

(台北 24日 中央社)旧正月の今月19日、台南―嘉義間を走行中だった台湾高速鉄路(新幹線)車内で、トイレを占用していた日本人とみられる女が、様子をうかがいに来た女性乗務員らに罵声を浴びせたほか、殴りかかるなどして警察に連行される騒ぎがあった。台湾のテレビ局TVBSが23日に伝えた。

女はスーツケース3個を持ち、車内のトイレに長時間こもっていたとみられる。不審に思った乗務員が外から声をかけたが応答がなかったため、安全確認のために扉の施錠を解除したところ、女は日本語なまりの英語で「黙れ、チャイニーズ」、「お前はテロリストだ」などと叫びながら殴りかかってきたという。 

女は乗務員から嘉義駅で下車するよう促され、警察に引き渡されている。 

(編集:齊藤啓介)

参照元 : フォーカス台湾


ネトウヨババア?

動画1分15秒付近から、女性乗務員がトイレのカギを開けると

ネトウヨ婆『使ってるでしょうがぁ!使ってるでしょうがって!』(日本語)

ネトウヨ婆『シャーラップ チャイニーズ!』

乗務員『ソーリー ごめんなさい ごめんなさい』

ネトウヨ婆『ユーアー  サウスコリアンズ テロリスト!』

ネトウヨ婆『ソーカガッカイ インタナショナル!』

ネトウヨ婆『ゲット アウェイ!』

ネトウヨ婆『日本語が話せる警察を呼びなさい』(日本語)



台湾人に向かって、

チャイニーズ!
サウスコリアン!(南朝鮮人)
テロリスト!
創価学会インタナショナル!

ネトウヨ婆、意味不明(笑)

頼むからネトウヨは、日本から、いや、自宅の敷地から出ないでくれよ…

彼氏にしたくない男No1はネトウヨ「無職なのに2chでは一人前」 一般人女子「ネトウヨ気持ち悪い、人種で差別するって最低」

ネットで見る付き合いたくない男No1は『ネトウヨ』(ネット右翼) / 働いてないのに2ちゃんねるでは一人前

2011年6月17日
 
bakauyo2_p

2011年の今ではネット環境も普及し、インターネットのSNSなどで出会い、そのままお付き合いに発展することも少なくありません。

もちろん第一印象から入って話し方、容姿までお付き合いする前にチェックするのは、バーチャルな世界でも変わらない部分ですね。

でも、やっぱり最初から生理的に無理な人も多数いるのは事実。現実でも見た瞬間気持ち悪いと思う人はいるものですが、ネットでもTwitterや掲示板の書き込みを見て、引いていまう人はもちろんいます。

そこで記者の周りの女性にアンケートを取り、「ネットで見た絶対に付き合いたくない男」がどのような人か聞いてみることに。するとダントツで多かった意見が「ネトウヨ」(ネット右翼)でした。

ネット右翼とは、インターネット上だけで証拠もない理由で中韓をけなしたり、右翼的な発言ばかりする人の蔑称。客観的に見てもちゃんとした理由で批判していたり、ネット上だけでなく現実でもきちんと聞いている人が納得する意見を言える人は除きます。

以下に記者が聞いた、「ネトウヨのこんな所が気持ち悪い」と女性が思っていることを記載。ちょっと心当たりのある人は、注意して見る事をお勧めします。

「働いてないのに2ちゃんねるでは一人前」

「中国や韓国で意味もなく日本人を叩いている人と同レベルな事に気づいてない」

「韓国の好きな所を言うと売国奴扱いするくせに、働いてない時点で売国奴だと分かってほしい」

「人種でしか人を判断できなそうで、肝っ玉が小さそう」

「日本人である事だけを誇りにしてそうで気持ち悪い」

「ちょっとでも韓国を持ち上げる内容のテレビ番組があると『電●の工作がまた始まったよ!』とか激怒しそうで一緒にいられない」

「親に食べさせてもらってるのに生活保護受給者を必死に叩いてそうで哀れ」

「具体的じゃない愛国トークばかりで話がつまらなそう」

「『俺は右翼じゃない!中道だ!』とか言ってるけどどうでもいい」

「新大久保や鶴橋で電車を降りる人を日本人じゃないと言って周りの乗客から引かれそうで怖い」

「チョ●とかブサヨとかリアルで使われたらドン引き」

基本的にネトウヨはネットでしか堂々とした発言ができないことから、無職やコミュニケーションに難がある人だと思われているようです。

本当に女性が思う「ネトウヨ」にピッタリな人がいるかは分かりませんがもし当てはまっている人がいたら、少し意識を変えてみるのも良いかもしれないですね。

(文=山戸なでし子)

参照元 : pouch




JKの間では「ネトウヨ」が最強の悪口になってる。そのパワーはかつての「ネクラ」の比じゃない(笑)

BuEu0JqCYAAIlRu

@run_bun
ネトウヨ受難の時代。うちのJKと友達の会話を聞いてたら、「ネトウヨ」が最強の悪口になってるらしい。そのパワーはかつての「ネクラ」の比じゃない。

@th491
大学生の間では、いまや反知性主義の象徴で、暴力的で威圧的というイメージだとか。「ネトウヨ」が、靖国で狂喜乱舞したり、ヘイトスピーチで街頭に登場したりして、その正体を現したので、イメージしやすくなったとかいうこと。過激化して墓穴を掘ったということなのでしょう。

@Dethtooldo
女子高生の間では「ネトウヨ」という言葉が強烈な悪口の代名詞になってるのか・・・・いいことだ!ネトウヨ総理の安倍が女子高生たちから「あいつ、キモ〜イ!」とdisられ始めるのも時間の問題やな。

@erkin_kawabata
あいつネトウヨかよ..ショボ。おまけにレイシストだって。生きてる価値ねーな、ギャハハ..という感じ?健全。

@run_bun
「〇〇どう?」「ネトウヨだよ」「キモ〜あり得ん」 でバッサリ。更に「デブとネトウヨどっちが許せる?」全員一致で「デブ!」]

@kakakka11
「JK」が誰に向かってその悪口を使うんだろうな?しかも悪口を言う事を大絶賛とは
否定しないってことは肯定ってことかな?まあ他人の陰口を言ってるのを見て楽しむっていうのを娯楽にしてるのならしょうがないのかな その陰口を言ってる人もいわれてる人も俺は知らない

@run_bun
いいえ、お相手する気になれないだけなので、私のことなら 「どうぞ、おかまいなく」

@ikeda_kayoko
(そうか、もはや若者層には「ネトウヨ、ダサい」という受けとめが広がっているのか)

@run_bun 娘のクラスのネトウヨ君は井上ひさしが大嫌い(読んだことないのかも)。「井上ひさしは神武天皇から今上天皇まで、歴代天皇の名前言えたんだよ」と言われて、翌日には暗記してきたそうだ。
JKの評価は厳しいけど、イイとこ、あるじゃん。

参照元 : ログ速


一般人女子「ネトウヨ気持ち悪い、人種で差別するって最低」

8909

愛浦☆マスター@aurayuma★管理者
○皆さんは、インターネット右翼に
ついてどう思いますか??

ゆっぴ★OIonWXTfyR_osQ ○正直気持ち悪いです。差別とかバカ?って感じ。

くるみん(*/ω\*)@kurum1010★AU=W5qpKqrybk○私もネット右翼は苦手です。
見ていて恐いし、韓国人も、中国人も、同じ人間で、友達ですよね。。。

*まな*→mana*★3DS=2izHcuXsfC
○ネット右翼気持ち悪い。人種で差別するって、最低だと思います。

*○。紅華。○*@kisaragi12☆Ivbn8QluzZdd★3DS=6xPUQASmTi
○韓流好きやのに、ネット右翼がけーぽっぷスター馬鹿にしてきてムカツク!!

もか★3DS=2izHcuXsfC
○同意です。あなた達に彼らの
良さの何がわかるのかって思います(笑)

小野★Android=TTHgQ70dQb ○ネット右翼かあ・・・ よく見かけるね。差別をして何が楽しいんだろうって思う。キモチワルイし近寄ってほしくもない。

女性掲示板(相談風味)

参照元 : ログ速

40歳になってもやっているとイタいこと1位『ネトウヨ』

18f4bc25

ネット右翼よりもさらに恐いのがジジウヨ?

「ネトウヨ」より「ジジウヨ」がこわい

2014年08月15日 22:04
 
BuEu0JqCYAAIlRu

今日は69回目の終戦の日だ。政府主催の全国戦没者追悼式のほか、各地でいろいろなイベントが開かれただろう。この暑さは式典の類に好適とはいいがたいが、この夏の真っ盛り、盆休みに合わせたかのようなこのタイミングは、日本人の季節感に妙にマッチしているようにも思う。というわけで、最近思うことをつらつらと書いてみる。

以下はきちんとしたデータや理論で裏付けた話ではない。この種のテーマはタッチーなのでことばの定義とかめんどくさいが、そのあたりも割とふわっとしたままでいく。高齢者層、もう少し広げて中高年層の間に勇ましげな論調がめだつなあ、みたいな印象論、という前提でご理解願いたい。

記事タイトルの「ネトウヨ」「ジジウヨ」は釣りっぽいが、主に語呂のよさで選んだ。世間でどういうニュアンスで受け取られているかは一応承知しているが、個人的に特段貶める意図はない。「ジジ」ということばは高齢の男性を意味するわけだが、そうした人々に限ったものとは考えていない。だから「オジウヨ」でも「オバウヨ」でも「ババウヨ」でもいいかもしれないし、それらを総称することばがあればもっといいのだが、とりあえず「ジジウヨ」で代表させておくことにする。

「ウヨ」は「右翼」の略語だが、そっち方向と位置づけられるものはさまざまある。愛国心を重んじ、日本の軍事的プレゼンスを拡大すべきといった考え方が中心的、なのだろうか。保守は右翼とは必ずしも結びつかないだろうが、現代日本の文脈では近いものと考えてよさそうだ。広くとらえると、いわゆる嫌韓、嫌中やその他の排外的思想や、伝統的(戦前あたりを理想とする考え方としておく)な習慣や制度をよしとする価値観もそれに近い方向性といえる。

もともと総じて中高年層、特に男性は右翼的というか保守的というかタカ派的というか排外的というか、そういった傾向が強いことは知られている。たとえばヤフーの意識調査でこんなのがある。

「安倍首相の靖国神社参拝は妥当?」(2013年12月26日〜2014年1月5日)
 
これでみると総投票数49万弱のうち「妥当」が76%を占める。投票者の80%が男性、50%以上が50代以上だ(40代以上なら8割だ)。思い切り偏っていて、統計としての信頼性を求めるわけにはいかないが、少なくともこの種の問題に興味を持つ人のうち高齢男性がかなりの割合を占めている、ぐらいのことはいえそうだ。

威勢のいい言動ということでいえば、たとえばこの前の都知事選で「予想外」の善戦をした田母神俊雄氏を支えたのも、やはり中高年層であったらしい。以下の記事は、朝日新聞の出口調査による世代別の投票動向に各世代の投票率を加味して推計したものだが、これだと20〜30代で得票全体の4割、つまり40代以上で残りの6割を占めることになる。50代以上でも36%を得ているという。

「若者は本当に田母神氏を支持したのか?」(Yahoo!ニュース個人2014年2月11日)
 
もともと「ネトウヨ」自体、その平均は「38歳強」なのだそうで、一般的なイメージでいう「若者」層とはややずれがあるわけだが、ネットでのプレゼンスがそれほど高くないとされる、それより上の世代でも、こうした傾向はみられる。それが顕著にあらわれているのが、いまや50代どころか60、70代をターゲット読者層とするこうした雑誌の記事傾向だ。

たとえば『週刊ポスト』。2014年8月15・22日号は時期が時期だからということもあるが、こっち方向の記事が目立つ。
 
米軍慰安婦たちのスクープ証言「私は韓国『基地村』の売春婦だった」
 櫻井よしこ「猛毒を撒き散らす中国と対峙する覚悟が必要です」
 特攻隊員の手紙 妻へ、母へ、我が子へ──男たちは気丈な言葉を遺し、心で泣いた
 
もともと小学館は「こっち方向」が強いから(『SAPIO』などはほぼ丸ごと全部それだ)、こういう方向性になるのはある意味自然だろう。「日本人の遺骨に「1柱200万円」を要求した日朝協議の屈辱シーン」「北朝鮮と中国が結託した「パールライス12・5万t」強奪計画」(7月25・8月1日号)、「「台湾は国じゃない」と決めつける NHKほか大メディアの「媚中と無知」の大暴走」(7月11日号)、「「反日・嫌韓」解決できない、必要ない!の声が圧倒的多数」(6月20日号)といった具合で、以前からこの手の話題をちょくちょく取り上げている。

『週刊文春』だと、2014年8月9日号に「大特集「反日」の真実 中国よ、韓国よ、君たちが間違っている 第1部 習近平も中国人もどうかしている 橋爪大三郎×津上俊哉」、6月29日号には「尖閣危機をよそに「集団的自衛権NO」で共闘 中国がほくそ笑む 公明・朝日売国オウンゴール」なんていう記事が出ている。

ウヨ界隈では「親中韓的」としてあまり評判がよろしくないらしい『週刊現代』でも、2014年8月9日号の石原慎太郎インタビューでは、石原が「今の野望は何か」との問いに対して「支那(中国)と戦争して勝つこと」と答えたと書いたりしている。

ふだんこの手のものをほとんど読まないので見出しを見るだけで目がクラクラするが、どちらかというと反中韓といった色彩が強いことがわかる。考えてみると、集団的自衛権のような話は少なくとも現段階では抽象的な問題だ。

世界の注目が集まるガザ地区やイラクなどの情勢に関してそっち方向の人たちが一致した明確な意見をもっているというふうにもみえない。というわけで、彼らの現実の関心事項が主に中国、韓国との関係であることはまあ当然といえば当然の話でもある。

世代論に走るのは本意ではないが、「戦争を知らない子どもたち」のなれの果てであり、日本がこれらの地域に対して何をしたのかを直接見てはいないこの世代にとって、これらの国々は、かつては概ね意識の外にあったのではないかと思う。日本は欧米に追いつき追い越せとやってたし、これらの国々は政治的にも経済的にも、かつては日本とは状況が異なり、はるかに遅れていたから、比べる意味があまりなかった。もちろんそうなった原因の一端は日本にあるわけだが、いずれにせよ、この世代の日本人の中には、現在みられるような中韓の存在感の大きさを、「昔ならありえなかった、いつの間にか追いつかれた」とみる人がいるのだろう。

これらの国々のかっこ悪いところやまずいところを一生懸命探して指摘するのも(上記の週刊誌もそうだし、産経新聞などもそういう記事が大好きだ)、日本がいかに外国に評価されているかをやたらに強調するのも(外国に、がポイント)、彼らが失われつつある自信を保つために必要としているのではないか。

自尊心のよりどころを国に頼らざるを得ない人がこうした考え方に惹かれるという見解もあって、実際そういう人も少なからずいるだろうとは思うが、後述のようにこの層には社会的立場のある人も少なくないから、むしろ「ジャパン・アズ・ナンバーワン」といわれなくなった喪失感のようなものがあるのかもしれない。

で、こうした「ジジウヨ」たちが、(典型的にイメージされる若年層の)「ネトウヨ」よりこわいというのは、第一義的にはこの層の人たちが、若年層の人たちと比べて明らかに現実の政治を左右する力が大きいということだ。それは端的にいえば投票率の差ということになるが、必ずしもそれだけではない。「ネトウヨ」も「30代、40代が主力であり、比較的富裕な中小の自営業者を中心」とする、との指摘がある。「ジジウヨ」たちの中にも、社会的立場があり、発言に社会的影響力のあるであろう人たちが少なからず含まれていると考えるのが自然だろう。実際、『週刊ポスト』の媒体資料には、読者層の過半数が年収900万円以上、とある。実際にどうかは知らないが。

それはともかく、彼らは、戦争を知らず、今後も知る必要はない。『戦争を知らない子どもたち』が発売されたのは1970年だが、当時戦争といえば日本が参加していないベトナム戦争だったわけで、ほとんどの人にとって戦争は既に身近なものではなかった。もっと上の世代でも、戦後生まれは既に60代のほとんどを占める。70代もほとんどが戦場を知らない。石原慎太郎だって終戦時には12歳だった。

そして彼らは、平和の配当としての高度成長やその後の繁栄を謳歌し、今に至った。年齢的にみてもう戦争に行くことはない。全面戦争が困難になった現代では、身近な場所が戦場になることもないだろう。どうせ今後の人生もそう長くはないし、何か言っても責任を問われる立場ではない。基本的に気楽なのだ。

過激な主張は、それ自体としてはもちろん自由だし、必ずしも危険とまではいえない。だが、これがマスメディアに載って繰り返し拡散され、強化されていくと、とたんに危険度が高まる。さらに異論を封じる空気が広がっていくともうレッドゾーンだ。戦前の日本から学ぶべきことはいろいろあるだろうが、よくいわれるような軍部の独走とか政府の言論統制とかよりも、対外強硬論を煽ったメディアや論者が世論と呼応して、暴走が止まらなくなっていった経過の方が重要ではないかと思う。

最近古本屋で買って面白く読んだ本がある。

武藤貞一著『日支事変と次に来るもの』(新潮社、1937年(昭和12年))
武藤貞一は記憶が正しければ当時朝日新聞の論説委員で(その後報知新聞の主筆になった由)、評論家として国民に戦争への覚悟を繰り返し説いた人だ。

1892年(明治25年)生まれのこの人は、1937年時点で45歳。当然ながら自ら戦争に行くこともなく、戦後も生き残って反共の立場からの評論活動を続けた。方向性はともかく合理性を重んじた人であったと評価されているようだが、実際にこの本を読んでみると、正直そうでもないように思う。たとえば、出版の2ヶ月前に起きた盧溝橋事件(1937年7月7日)に関連して、

「・・・アメリカが絶対傍観を守っているのは、ソ連の赤化攻勢を東亜に確認するが故である。イギリスが冷静なのも、北支に日本が防共壁を築いてくれることは、それは支那の利権に関する限り、さして排撃すべきことでないとするからである」と書いている。アメリカはソ連と対立しているから、ソ連に対抗するための日本の動きを静観するだろうという見立てだが、その後で今度はユダヤ黒幕論を持ちだして、

「世界赤化を目指して資本主義倒潰に驀進しているロシア・ユダヤ政権と、資本主義国際戦争への猛烈なる誘導を「軍備拡張、国防強化」といふ名目で進み、政府や議会に断然君臨しているアメリカ・ユダヤ政権とは、その実、仲のよい兄弟なのだ」とも書いている。つるんでいるのか対抗しているのかどっちなのさと聞きたくなる。

対ソ連という観点で米英が日本を見逃してくれるだろうとの見方は、当然ながら当時のソ連のめざましい発展が背景にある。日本の中国進出は、ソ連に対抗するという要素が強くあった。共産主義の波及への恐れは米英も共有しているはずだというわけだが、実際のところは、その後米英ソが国民政府を支援し、1939年には日米通商航海条約が破棄されたことで、情勢を見誤ったものであったことが明らかとなる。

すると今度はこの人、この本ではほとんど触れていない対米戦の必要性を説く『日米十年戦争』(1941年(昭和16年))を出版し、「アメリカが大陸を南漸して太平洋岸に出て来たとき、延いてはペリーが浦賀湾頭に砲声を轟かしたとき、今日の成行きは約束されてい」たと書いている。

じゃあなんで1937年の本では「絶対傍観を守っている」と書いたのか。そして、日米開戦で米国が南方資源を失うとの指摘も当然のようにはずれた。単にそのときそのときの時局に応じて適当に論を立て、戦争に向けて煽り立てただけではないか、というのが正直な感想だ。

とはいえ、結果としてこの人がまちがったことを批判したいのではない。この人は当時人気の評論家であり、この本以外にも『英国を撃て』『戦争』など多くの著作がある。私が入手したこの本は第5刷で、初版から合わせると15万部が刷られたことになる。すべての漢字にふりがなが振られていて、親しみやすい文体とともに、想定される読者層の広さが伺える。実際、この本が出版された翌年に国家総動員法が成立しているから、この本もそうした世論形成にそれなりの役割を果たしたのだろうが、逆に、こうした言論を歓迎する空気が、この人にこうした本を書かせたということでもある。

少なくとも日本においては、民主主義と帝国主義は表裏一体のものとして発展した。それは明治時代の自由民権運動のころから綿々と続いてきた流れであり、軍部の独走とかメディアの責任とかだけに帰すべきものではない。軍部の政治への進出も、民衆の不満を背景とした「世直し」と受け取られていたし、海外への進出に対しても、利権を通じた国民生活向上への期待が寄せられていた。そして、こうした考え方に沿わない人々は沈黙を強いられた。権力によってというより、主に相互監視によって。

いずれにせよこれらは内向きの論理であり、多くの外国から容認されるものではなかった。だからこそ日本は、不本意ながらも大きな戦争にのめり込まざるを得ず、結果として国家存亡の寸前にまで追い詰められた。他の道が現実としてとれたかどうかはわからないが、少なくとも、異なる見方、多様な考えを社会の中に確保することがいかに大事かということはいえると思う。その点は今も同じだ。警戒すべき対象は法制度よりむしろ、私たち自身の心の中にある。

武藤貞一は

「平和の欲求ほど戦争を拡大させるものはなく、挙国一致の強硬態度ほど事態の不拡大に裨益するものはない」と主張したが、私はそうは思わない。戦前に少なくともある程度成立した「挙国一致の強硬態度」が何をもたらしたか、改めて振り返るまでもなかろう。

そして、そうやって「一致」した人々の大半は戦後一転して責任を一部の指導者に押し付けた。マスメディアもだ。いわゆる「一億総懺悔」論はよく、一億総無責任化であると評される。みんなが同程度に悪いからお互いに批判しあわないという暗黙の合意だ。その意味で、戦争時のあれこれに関する責任論が現在まで尾を引いているのも、当時、意見の多様性が確保されていなかったからだと思う。

もちろん、「ネトウヨ」が若年層の一部でしかないのと同様、「ジジウヨ」が高齢者層の多数を占めることもそうそう考えにくい。だが、声の大きい人々の主張は、実際より大きくみえる。そしてネットによって大衆同士が国境を越えてつながりあう今の時代、その影響力はこれまでより大きくなってきているのではないかと思う。ウヨ的な考え自体をいちがいに否定するものではないが、そのリスクについては意識せざるを得ない。

おそらく、中国にも韓国にも、似たような層の人々がいるにちがいない。過激な言論を内向きに発したつもりでも、それが伝わってさらなる反発を招き、さらに過激になっていくさまは、呼応しあった動きのようにもみえる。よくネットを同種の意見が集まる「エコーチェンバー」になぞらえるが、真逆の意見が他のグループから入ってきた場合にはさらに加速されるということだろうか。

それがメディアを通して拡散されていくことは、新聞や週刊誌、ネットメディアなどにおいて「ネットではこのような意見が」といった記述が多くみられることから明らかだ。そういった状況はやはりよろしくない。特に、社会的な立場や影響力がある人々、暇がありかつリスクやコストを追わずにすむ立場の人々がこうしたプロセスにはまっていくのは大変よろしくない。経験を積み、判断力を期待されるこの層の人たちには、煽ることばの巧みさではなく、周囲を広く見渡す冷静さを期待したい。

最後にもう1つ。「ジジウヨ」に限らず誰しも、自分と違う意見に触れることは、絶対に必要だ。そしてそのためには、考えのちがう相手に対する敬意が最低限必要になる。その意味でヘイトスピーチには反対だが、ヘイトスピーチを規制しようという動きに対しても、最大限慎重でありたい。その意味でも、過激な言論は自制することが必要だろう。たいていのことは、過激な表現でなくてもいえるはずだ。

というわけで、ふわっとした印象論はこれにて終了。

参照元 : BLOGOS




ニコ生主でお馴染みの安倍信者でジジウヨの頑固一徹さん。



頑固一徹さん(ジジウヨ)、地上波デビュー




【ネトウヨ】ヨーゲン逮捕!MS社の会員サービスを転売目的で悪用、詐欺容疑で佐藤文平容疑者(57)を再逮捕

MS社の会員ID詐取容疑 福島県の男を再逮捕 全国初の例 栃木県警と栃木署

2014年7月4日 15:23

o0450038212935212151

米マイクロソフト(MS)社の技術者用会員IDを詐取した容疑で、県警サイバー犯罪対策室と栃木署は4日、福島県いわき市平、ホームページ(HP)管理業佐藤文平容疑者(57)を再逮捕した。

逮捕容疑は2011年11月上旬ごろ、転売が禁じられているソフトウエアの認証コード「プロダクトキー」を販売する目的でMS社ウェブサイトにアクセスし、契約料を支払って技術者向け会員サービスの会員となり、MS社からIDの交付を受けた疑い。

県警によると転売を行う目的で、MS社からこのIDを詐取した容疑での検挙は全国で初めて。

佐藤容疑者はことし6月、MS社が商標登録したロゴなどを広告として利用した疑いで逮捕されていた。

参照元 : 
下野新聞SOON


MS社の会員サービス悪用、詐欺容疑で男を逮捕

2014年7月4日23時16分

hatabo

米マイクロソフト(MS)社の技術者用の会員IDをだまし取ったとして、栃木県警サイバー犯罪対策室などは4日、福島県いわき市、HP管理業佐藤文平容疑者(57)を詐欺容疑で逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

県警によると、佐藤容疑者は2011年11月上旬ごろ、転売が禁じられているソフトの認証コード「プロダクトキー」を販売する目的でMS社のIT技術者向けサービスに加入し、会員用IDの交付を受けた疑いがある。このキーを知人らに適正価格の半額以下で提供していたという。

プロダクトキーで、MS社の基本ソフト「ウィンドウズ」「オフィス」など複数ソフトの正規版が使えるようになる。サービスの契約料は3万9千円で、利用可能になるソフトは計20万〜30万円相当という。県警は、佐藤容疑者が複数のキーの交付を受け、少なくとも400万円以上の利益を得ていたとみている。

参照元 : 朝日新聞








【関連記事】

ジャーナリスト・安田浩一氏 vs ヨーゲン氏(ネトウヨ)の騒動&新春まったりトーク まとめ


テキサス親父のYoutube動画が韓国政府から有害動画指定を受け、削除される(笑)

テキサス親父 韓国政府から有害動画指定・削除と報告

2014年06月17日 15時28分
 
20131209174630c9c

テキサス親父日本事務局は、「テキサス親父」ことトニー・マラーノ氏の動画が韓国政府によって有害動画指定を受け、削除されたことを公式HPで報告した。

マラーノ氏は、従軍慰安婦問題や靖国参拝について中韓の執拗な反発に異議を唱えることで知られている。これまでに「慰安婦は高給取りの売春婦だった」などの動画も公開した。

そして「カトリックの総本山であるバチカンには東京裁判で死刑になった1060人の魂が祀られているんだ。朝鮮人日本兵も含めて分け隔てることなくな。なぜ、中国と韓国は法王に文句を言わないんだ?」などと意見をし、ネットユーザーから「正論だ!」と支持されることが多い。

そんなマラーノ氏の動画がYouTubeのガイドライン違反とのことで削除されたのだが、これを韓国政府の攻撃によるものである事が明確だと説明した。

そしてこの攻撃については「これは、完全にテキサス親父の動画が、韓国政府の戦略の邪魔をしていて、これが自国民に閲覧されることが、とても困ると言う事の証明です」と説明した。

なお、マラーノ氏は作家・百田尚樹氏らとともに「テキサス・ナイト in JAPAN 2014」を全国4カ所で開催することも発表されている。イベントは「歴史プロパガンダ戦争勃発! 日本を取り巻く情報戦を徹底ロンパセヨ!!」という内容のようだ。

参照元 :
アメーバニュース

BqVcbu9CAAACryN





嫌韓ブームの正体 金慶珠と周来友が激論

金慶珠vs周来友 激論「嫌韓ブームの正体

2014.05.24

ニュースでは連日、日中韓の関係悪化が報じられ、書店には関連書籍のコーナーが設けれる――空前の“嫌韓ブーム”が世を席巻している。冷静さに欠ける報道や言説も飛び交う中、日本に住み、かつ韓国・中国にもルーツを持つ有識者はこの現象をどのように捉えているのか。論客として知られる金慶珠氏と周来友氏を招き、1時間半に渡り激論を交わしてもらった。

――日中日韓の関係が冷え込む一方、日本人の中国や韓国に対する感情も悪化しています。

金慶珠:(以下、金)諸々の要因はありますが、やはり根底にあるのは、アジアのパワーバランスの変化の中で日本社会が感じている閉塞感ではないでしょうか。経済では中国には抜かれ、韓国にもある産業分野では脅威を感じている。

これまではとるに足らない存在で、興味すらなかった相手に対し余裕がなくなってきている。 そんななか、歴史問題や領土問題とも絡んで『韓国人は嘘つきだ』とか『国に帰れ』などという攻撃的言動が横行している。その意味で、私は昨今の「嫌韓ブーム」は、日韓の問題ではなく、日本国内の社会問題であると見ています。

周来友:(以下、周)本来なら、日本はもっと堂々としていればいいと思うんですけどね。『日本はすごいんだ』とか『世界から尊敬されているんだ』とか言っている出版物やテレビ番組が目につきますがそれ自体、自信喪失の現れ。私が言うのもなんだけど、技術や社会秩序、文化など、中国や韓国がどう逆立ちしても50年は絶対に叶わない、日本はいいものを沢山持っているじゃないですか。長年日本に住んでいて日々感じているんです。

金:安倍政権は『強い国日本』というスローガンを掲げていますが、そもそも日本は強い国。GDPで中国に抜かれて第3位になったからといって、4位のドイツとの差も歴然で、当面は抜かれる可能性があるわけでもない。

それなのに、排外主義の動きが高まっているのには、 日本の外国人居住者の少なさも一因だと思います。全人口に対する外国人の割合は、ヨーロッパで11%ほど、韓国は3.1%ですが日本は1.6%しかない。異質なものに対する不慣れ、という事情もあるのではないでしょうか。

周:それは仕方のないことですよ。何しろ、日本はよくも悪くも島国ですからね。しかも目をいつも欧米に向けているんです。近頃、ヨーロッパが移民に悩まされているのをみて、余計に心配して逆戻りしようかなと動揺する部分もあります。

金:対韓感情に限って言えば、ブレ幅が大きいことも気になります。内閣府の調査によると、2011年には日本人の約62%が韓国に対して親しみを感じていたのに、翌年には39%台に急落しているんです。李明博の竹島訪問や、天皇への謝罪要求が取り沙汰された事などが背景にあるのですが、こうした大幅な変化は中国や他の諸外国に対しては見られない特徴。

周:それは韓国の日本に対する態度がブレているから、というのもあるんじゃないですか? 韓国の大統領は就任当初は対日政策で未来志向を打ち出したりするのに、支持率が落ちてくると急に強硬な反日に転じるじゃない?

ある意味ではその点、中国政府の対日政策は一環していると言えるかもしれない。日本の協力を、昔は資金の面で、今は技術的な面で得ながら、日本にはいつも厳しい視線を注いています。それは日本には叶わないんだと敬意を払わざる得ない部分もあれば、警戒しなければならない要素もあると感じているからだと思うよ。

金:残念ながら、韓国人の対日感情は「親しみを感じない」で一貫しています。因みに、「大統領の支持率と反日」との関連性は日本のメディアが作り上げた一種の都市伝説のようなものです。事実、それを裏付ける具体例もないまま、韓国側の対日強硬姿勢が見られると、それは韓国内の政治事情によるものだと決めつけるんですね。

それにしても、SPA!も含めてですが、マスメディアによる最近の嫌韓・嫌中ビジネスはちょっと酷い。おそらく在日の中国人、韓国人ならずとも冷静な日本人ならみんな違和感をもっていると思いますよ。今日はそこを質そうと思ってやって来たんですが、私が呼ばれたということは御誌は方向転換されたんですか?(笑)。

例えば最近起きた観光船沈没事件では、日本のメディアは我先に逃げ出した船長や乗組員のことばかりを伝えていますよね。実際には修学旅行生の救助にあたって命を落とした女性乗組員や教師も大勢いたんです。しかしそのことはほとんど報道されない。結果、日本のネット上では、韓国人批判が書き立てられている。まず先に韓国憎し、があってニュースが作られていく。テレビもこれに便乗する。こうしたメディアによる空気作りによって、どんどん溝が深くなってしまっている印象が拭えません。

周:まあ、その方が売れるんだからしょうがないじゃない(苦笑)。活字離れと業界の人が心配する中、ネトウヨの方がよく本を買ってくれるんだよ。でも往々にしてそういった記事を書いている人って、個人的に会って話すと意外と親中、親韓が多かったりするんですよ。両国に詳しくなるにつれて、いい面も悪い面も見えてくる。

ただ、彼らもメディアからお金をもらっている立場だから、空気を読まなきゃいけないし、『悪い面を書いてくれ』と言われれば従わざるを得ないでしょ、本音はいつも隠されるんですよ。

金:そうした状況こそが問題なんです。メディアに関しては『利用と充足』という理論にもあるように、人々は正しい情報を得ようとするのではなく、自らが欲しい情報を選択して集めるという傾向がある。しかしメディアはそこに迎合していていいんでしょうか。特に「ワイドショー」などと呼ばれる日本独特の情報番組のジャンルでは、報道の形を取りながらも、ジャーナリズムとは程遠い興味本位の主観的な解説や論調が目立ちますね。

私も韓国に在住経験をお持ちの日本人専門家で、韓国では日韓友好を強調しながらも、日本への帰国後には一転して韓国の批判に終始している方を何人も知っています。

それだけ、お互いの国で、お互いについて本音で語ることには、まだまだタブーが多いことを痛感させられます。特にマスメディアという空間では、大衆の欲望こそが「正義」として扱われ、専門家と称される人々でさえも、その前では萎縮してしまうことが残念でなりません。

周:でも悪い面だけでも、取り上げられないよりはいいと思う。相互理解のためにはまず相手に興味を持って、相手の事を知るということが大切。だから負の面から入ってもいいんです。日本のメディア各社も嫌中・嫌韓一辺倒ではさすがに飽きられるので、じきに売り方を変えてくると私は楽観的にとらえています。

――確かに偏向報道は問題ですが、中国や韓国もメディアが日本叩きをやっていますよね?

周:中国は言論統制がある国だから、メディアが政府の意図を汲んで報道するのはある意味しょうがないんです。それでも一部の反骨精神を持ったジャーナリストたちは、ギリギリまで頑張っているんです。それに比べて、日本は言論の自由が認められているのにもかかわらず、結局は商業主義に冒されて偏向報道に陥ってしまっているのはちょっと残念ですよね。日本には検閲がないかも知れないけど、自粛が結構多い気がします。

金:もちろん韓国も例外ではありません。いわゆる「国民感情」という名の下で、過剰な日本批判が蔓延っているのも事実です。ただし韓国の場合、メディアの日本批判は、かつてに比べると徐々に改善されてきていると感じますます。日本に対する理解も進み、そういう意味では国民にも耐性が出来ている。政治や歴史認識の問題と、社会や文化的交流の情報を区別して受け止めるようになってるんですね。

ところが日本の場合はむしろその逆。中国や韓国批判をするようになったのもここ数年の話ですが、相手国に対する情報も理解も不足していて、国民にも耐性がなく、「反日」か「新日」、「善玉」か「悪玉」などと単純化してとらえる傾向が顕著になっています。

周:確かにね。日本人はメディアに流されやすいところもあると思う。中国では言論統制下のメディアの言うことを鵜呑みにする人なんていない。12年の反日デモに参加していたのも、「憤青」といわれる知識レベルの低い少数派です。日本の排外デモの参加者も、負け組が多いと言われているんですよね。中国で反日活動をやってる連中と在特会の連中は、実は気があうんじゃないかと個人的には思うんですが(笑)。

反日は政策であって、中国国民の多くは日本への旅行や電気製品、アダルトビデオなどを通して日本の素晴らしさを知っている。ところが残念なことに、日本人は中国韓国についてあまり知らないんですよ。彼らが知っているのはマスコミに見せられた両国の一部に過ぎない。

金:確かにその通りですね。日本人が韓国に興味を持ち始めたのはここ10年くらい。予備知識がない中で、日本の嫌韓は、相手を知らないままに負のイメージだけを巨大化させている。それに比べ、韓国の最近の世論調査では、国民の7割が日本に対して好意を感じないと答えている反面、日本の長所については8割が認めている。韓国人にとって、日本は常に関心の対象であったために、日本のいいところも悪いところもよく知っているんです。(次回に続く)

【金慶珠氏】

 0611-550x824

韓国に生まれ、幼少期を関西で過ごし、現在は東海大学教養学部・国際学科で教鞭をとる、日韓双方に長い在住経験を持つ論客。近著に「日本が誤解される理由」(イースト新書)などがある


【周来友氏】

9166e9b348e1448fd41906b6d018ce57-550x824
 
1963年、中国浙江省紹興市生まれ。1987年に私費留学生として来日し、タレント・ジャーナリストとして活躍

<取材・文/日刊SPA!取材班>

参照元 : 日刊SPA



【関連記事】
パク・クネ大統領「本当は日本と仲よくしたい」 反日と嫌韓は作られた物 情報操作に踊らされるネトウヨ

ネトウヨ(レイシスト) vs 男組(反レイシズム)

2014.05.11 世界平和大行進【新社会運動】 出発前の柏木公園にて、男組の街宣車が登場。

両者、激しい罵り合い合戦。

男組:「レイシスト帰れ!」

ネトウヨ:「乞食かえれ!朝鮮人かえれ!」




世界平和大行進【新社会運動】

2014年5月11日(日) 13時00分〜15時00分の予定

世界平和のためにあの男が立ち上がった。平和を希求するすべての日本国民よ集結せよ!
平和を妨げる支那朝鮮はもういらない。差別・ヘイト大好き主義のレイシスト支那朝鮮は平和の敵だ。
今こそ平和の敵、支那朝鮮を追放、殲滅しよう。
新宿から始めよう! 世界平和の第一歩を、支那朝鮮のない平和な世界を!
世界平和のために日本人が立ち上がるときが来た。立ち上がれ日本人、桜田修成に続け!

※情報随時更新。最新情報をチェックしてください。

【日時】
平成26年5月11日(日)
13:00集合 13:30出発

【集合場所】
新宿柏木公園

【現場責任者】
桜田修成

【注意事項】
・雨天決行
・日章旗、旭日旗、Z旗、拡声器、プラカードなどの持ち込み歓迎します。特攻服!陸軍!海軍!大日本帝国服装!全身迷彩!でのご参加大歓迎!ただし!チマチョゴリ、チャイナドレス、人民服など日本に相応しくない服装の場合は退場してもらいます!
・ハーケンクロイツ、無政府主義など、趣旨に合わない旗物類の持ち込みはご遠慮願います!
・キレイゴトと危険物の持ち込みは厳禁です
・撮影が入る可能性が高いため必要な方はサングラス等で対策してください
・現場責任者の指示には必ず従ってください

【主催】
新社会運動

【協賛】
協賛団体(個人)を募集しています
応募される個人・団体の方は桜田修成まで

参照元 : 世界平和大行進【新社会運動】

桜田修成▼
hqdefault

男組メンバー▼
BRYvjIbCQAAZWPe

ネトウヨにレイシストが多いのはIQが低いから?カナダの研究者「IQが低いほど人種差別をしたり偏見を持ち易い」

IQが低いほど人種差別をしたり偏見を持ちやすいことが判明(カナダ研究)

2013.5.11 09:00

d6a1aea4

カナダ、ブロック大学の研究者チームが、「人のIQの低さと他に対して偏見を持ったり人種差別的傾向を持ったりすることとは関連がある」とする内容の調査報告を行ったそうです。

チリのメディアによれば、調査報告は「子供のころにIQが低いことと、成人してから偏見を持ちやすい傾向、また人と交わる際の保守的傾向とは関連がある」としているそうです。via:commonpost

IQは「知能年齢と実年齢の関係」によるものなので、生涯不変というわけではなく、また、学力とIQ(知能)は必ずしも正比例するとは限らないそうです。もちろん、知能が高ければ、学力 (習得度) が高い可能性は十分にあるのですが、学力の向上にはIQ(知能)以外に心身的な要素、家庭環境、学習の仕方など多くの要素が入ってきます。
 
804a0f26

IQ(知能)は簡単に言うと情報を処理する力のことで、「全く今までに経験のない事柄に直面したときに、物事の原理やルールを効率よく察して、どのように順応するか」 という能力のことを言うのだそうで、そう考えれば、人種差別をすることがいかに非効率であり、現代社会に順応する考え方ではないかということが、知能の高い人には頭の中で計算できるので、知能が高ければ、たとえ本音はどうであれ、人種差別や偏見を持っているようなスタンスを表だって示さないというのはわかる気がします。

ただ逆に、知能が高いゆえに、人種差別や偏見を利用して、扇動したり、利用する人もいる感じもしますが、そういった人はやはり知能が高いだけに、本人自体本当は、人種差別や偏見を持っているわけではなく、あくまでも手段のひとつとして利用しているだけなのかな?どうなのかしら。

人種差別に関してはお病気であるから薬で治療できる可能性があるという報告結果も発表になってましたね。そーいえば。 人種差別は精神疾患、薬で治る可能性(英研究) 

参照元 : ザイーガ

人種差別は薬で治る精神疾患?

2012年3月9日(金)16時32分

Common Heart Drug May Combat Racism

オックスフォード大学の研究者が、心臓病の薬で人種差別意識を緩和できそうなことを発見した 一般的によく使われている心臓病の薬で、潜在的な人種差別意識が改まる可能性がある――そんな研究結果が発表された。

研究では、交感神経の働きを抑えるベータ遮断薬「プロプラノロール」を服用した人と、プラシーボ(偽薬)を服用した人を比べた。すると前者のほうが、人種的偏見を抱く傾向が少なかったと、英インディペンデントが報じた。

プロプラノロールは、心拍などの自律的機能をコントロールする神経回路に作用する。同時に、恐れや感情反応に関係する脳の部位にも作用する。

そのため不整脈や高血圧などのほか、不安やパニック障害などの治療にも使用される。 今回の研究結果は、人種差別は「恐れ」に根差すものだという事実によって説明出来るだろう――研究を行った科学者たちはそう考えていると、オーストラリアAP通信(AAP)は報じている。

差別心は誰にも起こりうる 研究の中心になったのは、英オックスフォード大学の実験心理学者であるシルビア・テルベック博士。彼女はAAPに対し、「われわれが得た研究結果は、脳内で潜在的な人種的偏見が形成されるプロセスについて、新たな根拠を示すものだ。潜在的な人種的偏見は、平等を心から信じている人の中にも存在しうる」 AP通信によれば、有志参加者18人ずつからなる2つのグループを対象に研究は行われた。

一方のグループはプロプラノロールを、他方はプラシーボを服用してから1〜2時間後に、「人種に関する潜在連想テスト(IAT)」を受けた。 彼らにコンピュータの画面で黒人と白人の写真を見せ、即座に好意的区分か、否定的区分かに分類してもらう実験を行った。

するとプロプラノロールを服用した人々の3分の1以上が、「マイナス」の得点を出した。つまり彼らは潜在意識のレベルで、非人種差別主義の方に偏っていた。 プラシーボを服用したグループでは誰1人として、そうした傾向が表れなかった。

研究の共同執筆者であるオックスフォード大学哲学科のジュリアン・サブレスキュ教授はAP通信に対し、「こうした研究は、われわれが無意識にとっている人種差別的態度は薬で調節できるという可能性を提起するものだ。その可能性は興味をそそるものではあるが、慎重な倫理的分析を必要とする」と、語っている。

彼はこう続ける。「人間を道徳的により良くすることを目的にした生物学的研究には、暗黒の歴史がある。それに、プロプラノロールは人種差別を治療する薬ではない。ただ、多くの人がプロプラノロールのような『道徳的』副作用のある薬を使っていることを考えれば、私たちは少なくとも、その副作用がどんなものなのか理解を深める必要はあるだろう」

参照元 : NEWS WEEK日本版

ネトウヨに「レイシスト」や「頭が著しく悪い人達」が多いのはIQが低かったからなのか!

なるほど、それなら納得です(笑)

ジャーナリスト・安田浩一氏 vs ヨーゲン氏(ネトウヨ)の騒動&新春まったりトーク まとめ

安田浩一氏vsネトウヨY氏の騒動が示す「ネット弁慶」の正体〜ネットウヨク論:番外編

2014年01月17日
 
hatabo2

つい先日、ネットウヨク問題を追い掛けている記者・安田浩一氏と、主にTwitterで典型的なネトウヨ発言を繰り返す某人物(以下Y)との間にいざこざが発生した。このYは安田氏に対してかれこれ1年以上も粘着していたのだが、遂には安田氏が「そんなに言いたい事があるなら取材させて欲しい」とYの自宅を訪問。 

すると、それに驚いたYが警察を呼んでみたり、Twitterでああだこうだ騒ぎ立ててみたりと、まさに蜂の巣を突付いたような状態に。おそらく自宅を突き止められた恐怖が彼をそうさせたのだろうが、彼にとっては不幸な事に安田氏の側に続々と援軍が集まり、最終的に 「自宅&本名晒し」の圧力に負け、全面降伏するに至った。

[以下安田氏による説明] https://twitter.com/yasudakoichi

(1) 本日、Yさん宅を取材で訪ねました。彼がなぜヘイトスピーチを繰り返すのか、その理由を聞いてみたかったからです。実はこれまでに数度、彼の地元に足を運び、周辺取材を重ねていましたが、直接に「当てる」ことはしませんでした。

(2) 今回は、きちんと話をうかがおうと思い、ちょっと高めの日本酒を手土産に彼の自宅をうかがいました。年末に「豪遊しよう」とのお誘いもあったので、少しばかり軍資金も用意しました。

(3) 彼の自宅のインタホンを押して、応対された家族の方に来意を告げました。すぐにYさんに代わってくれたのですが、私が「安田です」と名乗ると、突然にインタホン越しに罵声が飛んできました。「帰れ!帰れ!」。

(4) 取り付くしまもないので、その場を一度離れて、YさんにDMを送りました。突然にうかがって申し訳ないと思っていること、取材をうけてもらうことは可能だろうか、そうしたことを記しました。すると、Yさんから「30分後に来てもよい」との返信がありました。

(5) 約束通り、30分後にYさんの自宅を再訪しました。しかし、私を待っていたのはYさんではなく、1台のパトカーと数人の警察官だったのです。

(6) 私はYさんの家の前で状況を見ていたわけですが、そのとき、ドアが開いて、警察官に守られたYさんがちらりと顔をのぞかせました。なんと、Yさんは部屋の中でサングラスをかけていました。おそらく私に素顔を見られることが嫌だったのでしょう。

(7) もちろん私は取材の過程でYさんの顔写真を入手しています。サングラスをかけても素顔は知っています。

(8) Yさんの通報を受けた警察官たちは、とりあえず私に事情を尋ねてきました。私は取材者であること、それゆえに警察が介入するまでもないことを説明しました。警察官も「まあ、それならば仕方ないですね」といった感じでしたので、再びYさん宅の前に立ちました。

(9) 再びインタホンを押したのは警察官です。Yさんに私のことを説明しようとしたのでしょう。しかしYさんは、やはりインタホン越しに「個人情報云々」と言うばかりです。私も「ぜひ話をきかせてほしい」と返しましたが、そこでインタホンが切れました。それからはまったく応答がありません

(10) その後もYさんとはDMなどを通して色々とやり取りを重ねましたが、そのあたりについて今回は割愛します。いずれ、なんらかの形でまとめるつもりです。小ネタであることはわかっていますし、Yさん1人だけが抱える問題でもありませんし。

この安田氏の発言以外に、「自分もYの本名や自宅を知っている」と発言する人間が現れ、その情報が正しいと解るや、常日頃は「何様だ?」と言いたくなるような上から目線の言動をしていたYが、人が変わったかのように降伏宣言を発する。

ちなみに、どうして安田氏がYの自宅を訪ねたかと言うと、それはYが (フォロワーへのポーズもあったのだろうが) 安田氏を呼び付けた形だったからである。

安田氏からYへ

「ぜひまた公衆電話から連絡ください!ビビる必要はないから。酒くらいご馳走しますよ。」

Yから安田氏へ

「じゃ、俺と豪遊しにいこうか、全部驕ってくれる?たまには日本人にたかられるのもいいだろよ...」

安田氏からYへ

「いいよ。連絡ください。」

そう、このYは安田氏の電話番号を調べ、わざわざ公衆電話から彼に電話をかけるなど挑発行為を行っていたのである。安田氏は著書の取材の際に、堂々と携帯番号が書かれた名刺をあちこちのネトウヨ系団体や構成員らに配っているので、Yからすれば安田氏の番号を知るのは容易だったはずだ。そしてこうも思ったのだろう。「実際に電話をかけりゃ安田もビビるだろう」と。

ところがこれが大誤算であり、ネットウヨクとカテゴライズされる人間の致命的な弱さでもある。Yは本名・自宅バレや携帯番号バレを極度に恐れているようだが、世の中にはそんなものいくら流出しようが晒されようが屁でもない人間もいるという事が解らなかったのだ。そんな人間に突然電話を掛けたり、挑発的な文言で呼び付けるなどしたら「接触したいのかな?」と勘違いされ、こうなるに決まっているではないか。

Yを始め、ネットに依存する「ネット弁慶」は、原則としてネットと現実社会との間に絶対の境界線を引く。Yのようなタイプは、ネット上の人格は 「中二病故の全能感」を持っているが、実際に社会の中で接してみると異常なほど脆い。そして今回のように相手が自分の聖域(=自宅などプライベート空間)に入って来ようとすると、強烈な拒否反応を示す。言ってみれば、引き篭もりの子が母親に「勝手に入ってくんなよババア!」とヒステリックに喚き散らしている姿に瓜二つなのである。

Yも自分の匿名性が壊されて怖い思いをしたのだろうが、そもそもはYのあまりに迂闊過ぎる言動が招いた結果だ。彼は普段から朝鮮人を殺せだなんだと在特会のデモかのような不穏な発言を繰り返しており、今回の安田氏との一件でも、彼や仲間達は「安田をマフィアを使って殺す」といったアウトな発言をしてしまっている。せめて小学生の子供のように「友達のスーパーハカー」とか「極真空手をやっている先輩」程度で済ませば良いものを「マフィアがお前を射殺しに行く」なんて言っちゃダメだろう......。

またYは安田氏以外に対しても、完全にアウトな物騒過ぎる言葉を向けており、今後は 「記者が自宅に来た」といった話では済まず、それ相応の「社会のジャッジ」を受けるハメになるかもしれない。とはいえ誰それが家に押し掛けて来てうんぬんではなく、「Yの言葉の暴力の被害に遭った人間から何らかの通知が届くかもね」という話だ。おそらく本人に自覚はないのだろうが、彼はそれくらいアウトな子だったのである。

言論の自由とは、何でも好き勝手に言葉を発していいというだけではない。発した言葉に対する義務・責任が常に付いて回る。その覚悟があるならば好きにしていいよ、というのが言論の自由の意味だ。だから極論を言えばどんなに酷い差別的な言葉であっても、それを発する事自体はその人の自由である。ただし、その言葉を発した為に何らかの罪に問われても、それもまた当然なのだ。インターネットという公の場所で言葉を発した以上は、それに対して他人からのリアクションが返って来るのは当然。そしてそのリアクションが自分にとって好ましくない内容だったとしても当然。おまけに言えば、ネットの世界に「本当の意味での匿名」なんて無くて当然である。せめてYはこれらを自覚してから「ロールプレイングとして」 イキがるべきだった。

ところが、Yのような引き篭もり型の人間は、何故か「ネットは公の場所である」という認識が持てない。お部屋の中のPCなどから接続しているとしても、ネットの世界は「お外」 なのだが、それを理解せず「絶対に安全なお部屋の中の出来事」だと思い込んでしまうのだ。そしてYのように無駄にフォロワーが集まってしまったりすると、彼らの前でいいカッコをしたいと考えてしまい、身の丈に合わない発言をしてしまう。すると引くに引けなくなって今回のような怖い目に遭うと......。思えば在特会会長の通名・桜井誠も、自分の本名バレを異常なほど恐れていたし、今回のYとは共通点が多い。ネットを使って目立ちたいのであれば、ネットとはいかなる物かを考えてからにすべきだろう。

最後に、Yを面白がって攻撃している側の人間にも苦言を呈しておく。今回のYについては自業自得の面が多すぎるので庇うに庇えないが、どう考えても彼は病人である。診断を受ければ何らかの病名が付いても不思議ではない。そういう人間を寄ってたかって追い詰め、仮に勢い余って何か不幸な結末を迎えたとしたらどうなるだろうか? 

Yを追い込んでいる人間の殆どが「反レイシズム」を謳っている面子だが、万が一の事があった場合に「反レイシズム運動」そのものに疑惑の目を向けられる事にもなり兼ねない。 確かにYは石を投げ付けるのに面白い的なのかもしれないが、具体的な被害を受けた人間でもない限り、お祭り気分で攻撃するのは控えるべきだろう。それでは鬱憤晴らしで「朝鮮人をコロセ!」と叫んでいるネットウヨク団体らと何も変わらない。少なくとも、世間は在特会も反レイシズム運動もどっちもどっちと看做すだろう。虐げられている弱者を助けたいと運動している連中が社会から疑われては、助ける対象の弱者が今以上に不利益を被る結果になる。 せめてそこまで考えてから公の場で行動すべきだ。

「(自分達が認定した)レイシストには多少暴力的な対応をしたって構わない」

「アイツは(自分達が認定した)レイシストだから石を投げる的にしたっていい」

↑これらも立派な差別だという事が解るだろうか? 差別問題がいかに根深く複雑なのか理解しているなら、Yに対する対応を間違えれば自分達の首を締めると気付けるはずだ。自分達に都合よく「差別・被差別」を使う輩があまりに多かったから、差別反対の声を挙げるという当然の行為を忌み嫌う日本人が増えてしまったという歴史をお忘れなく。

Written by 荒井禎雄

Photo by Toffee Maky

NDO(日本のダメなオトナたち)http://ch.nicovideo.jp/ndo

様々なジャンルの、何かしらの専門知識を持つ様々な業界の人間(オトナ)「ダメそうなオトナたち」による、マジメなんだかいい加減なんだか解らない情報バラエティチャンネル『東京ブレイキングニュース』の執筆陣(草下シンヤ・荒井禎雄)らによる 「勝手に公開編集会議」 を放送しています。記事に対するご意見ご要望などありましたら、ぜひご参加ください。

参照元 : 東京BREAKINGNEWS


<ニコ生放送 安田浩一&ヨーゲン 新春まったりトーク>
 





【その後、ニコ生放送で、スカイプ公開討論をやることになる。


d218a071


ヘイトスピーチデモが物議を醸す 反中デモで自らファシスト宣言!なぜかナチスの「ハーケンクロイツ」掲揚に非難殺到

反中デモでナチス「ハーケンクロイツ」掲揚 「クズとか馬鹿じゃ済まされない」非難殺到

2014/1/20 18:08

073a75ac

ヘイトスピーチデモが度々物議を醸している。右派、左派問わず批判が多く、カウンター集団「C.R.A.C.(旧:レイシストをしばき隊)」とのやり合いで逮捕者が出るのも恒例行事のようになっている。

2014年1月19日にも、埼玉・蕨市、川口市周辺でデモが行われたが、「どんどんヘイトスピーチしよう」という姿勢だった上、なぜかナチスのハーケンクロイツまで掲げられる始末だった。ネット上では非難が噴出している。

「言いたい放題、書きたい放題!」ヘイトスピーチを推奨

問題のデモは、在日特権を許さない市民の会(在特会)などが賛同する「行動する保守」の活動予定サイトに、「【西川口〜蕨】中国人ほか外国人の入国全面禁止要求デモ」として告知されていた。

主催は「外国人犯罪撲滅協議会」、共催は「チーム悪即斬」という団体で、主旨は、「中国人および外国人による犯罪撲滅!治安の悪化は多民族化・多人種化が最大の元凶!特に中国人の多い埼玉県西川口から蕨周辺にかけて、特に中国人に多い日本人への帰化と日本人との国際結婚そして混血の阻止を訴えたデモ行進を開催します!それら中国人ほか外国人との共生同化政策にも断固『NO!』を突きつけます!」と書かれている。

また、このデモは「ヘイトスピーチ・フリータイム」として、「言いたい放題、書きたい放題!拡声器、プラカード、旗、ノボリ類の持ち込み、大歓迎です」と、ヘイトスピーチを推奨していた。他国の国旗の持ち込みは禁じられたが、例外として「ナチ党旗・ハーケンクロイツ」は認められた。

「自らファシスト宣言ですか。世界の鼻つまみ者ですね」

14年1月19日、デモは予定通り行われたが、カウンター活動のため現地に行ったと思われる人が、ツイッターで「蕨のデモ、先頭集団がナチスの旗を背負ってる…。ひどい」と、ハーケンクロイツを背中に巻きつけたデモ参加者の写真付きで投稿し、多くの人にこの問題が広まった。

「こりゃひどい。一線を超えた彼らを許しちゃあかん」「自らファシスト宣言ですか。世界の鼻つまみ者ですね」「最早、クズとか馬鹿じゃ済まされんわな」など非難の声が多数上がったほか、「#1月19日西川口と蕨でのヘイトクライムを許すな」というハッシュタグでも、デモへの怒りが寄せられた。

ドイツではナチを賛美することが違法とされ、ハーケンクロイツを掲げることも、民主主義を否定する行為と考えられている。もっとも、問題のデモ参加者が巻いていたハーケンクロイツは裏返しになっていて、「卍(まんじ)」になっているという指摘もあり、「こいつらアホですか?」「裏返しwwwwwバカすぎるwww」と嘲笑する書き込みもある。

今回のデモの主催団体の代表・有門大輔氏が1月20日に更新したブログによると、ハーケンクロイツの掲揚を認めたのは、ネオナチを標榜する極右政治団体「国家社会主義者同盟」代表で、埼玉県を拠点としていた故・篠原節氏への「鎮魂歌の意味合いもあった」と説明している。

参照元 : J-CASTニュース


警察官激励!!外国人犯罪撲滅国民大行進・東京

20130527071126d55

【主催】外国人犯罪撲滅協議会 代表:中井ケイノスケ氏 有門大輔氏

8c41c714

共催 : チーム悪即斬 代表・荒巻丈氏

デモの映像▼





小林よしのり「朝生の首相、靖国参拝についてのアンケート結果は、賛成が圧倒的になるのは当たり前、ネトウヨは騒がしい少数者であり、安倍信者であり、必ず行動を起こす」

年始の朝生について

2014/01/02
 
o0496039312211124731

朝まで生テレビで首相の靖国参拝についてアンケートをとっていたが、賛成が圧倒的になるのは当たり前だ。最近この手のアンケートは必ずネトウヨが勝つ。ネトウヨはノイジー・マイノリティ(騒がしい少数者)であり、安倍信者であり、必ず行動を起こす。

昔は左翼がノイジー・マイノリティで、行動を起こす「プロ市民」と言われていたが、最近はネトウヨの方が行動を起こす。国の指針についての討論で、アンケートをとっても意味がなくなったのだ。

しかし番組の出演者で、山際って奴は、吠えずに話すことは出来ないのか?中国人が私の国にあなたみたいな人がいっぱいいると言っていたが、思わず笑った。ああいう五月蠅い奴を見ると、本当に自称保守が嫌いになる。

田原はアメリカからの現場の報告が気に入らないからといって、なんでアナウンサーを自虐史観とまで罵るのか?あのアナウンサーは現場からの報告をしていただけで、自分の考えを述べたわけじゃないだろう。相変わらず田原って短気の怒りんぼで、イカレテルなあ。

韓国人の代表が最近、辛淑玉じゃなくて、金ナントカという女性になってるが、40代後半にしてはあの女性、美人だ。主張は別にして、熟女好きのわしとしては気に入るタイプだな。

辻本清美は昔に比べて政治家らしい意見を言うようになった。だが慰安婦問題をまだ本気で信じているのか?韓国との外交のために、政治家として、嘘も方便で言ってるのか?

古市が僕たち若者世代は国境を超えて、サブカルで仲良くできるみたいなちゃらいこと言ってて、それを自民党の武見って奴が同意してたが、平和ボケかと思った。文化も政治に左右されると主張していた韓国熟女の方が正しい。

日本のサブカルチャーが国境を越えて愛されていようと、国と国の戦争は起こるときは起こる。ナショナリズムの衝突をなめてはいけない。

局面は刻々と変わる。小泉の靖国参拝の時と今では、全然違うということくらいわからなければ、国の行方を左右する政治家としては、失格なのだ。今の日本のナショナリズムは、中韓と同質の暗黒面に堕ちている。

参照元 : ゴー宣道場
https://www.gosen-dojo.com/index.php?action=pages_view_main&active_action=journal_view_main_detail&post_id=2834&comment_flag=1&block_id=736#_736


ネトウヨを殺人未遂で逮捕!犯行後、「ナイフでめった刺しにしたった」と自らツイッターに書き込み

車を運転の男性が自転車に乗った男に刺され負傷 大阪市東淀川区

2013/12/25 06:28

mqdefault (1)

24日夜、大阪市東淀川区で、車を運転していた男性が、自転車に乗った男に刃物のようなもので刺された。男は、現場から逃走している。午後8時15分ごろ、大阪市東淀川区菅原で、「男性が背中を刺されたと言っている」と警察に通報があった。

警察が駆けつけると、車が止まっていて、運転していた30代ぐらいの男性が、背中を3カ所刺されていた。命に別条はないという。

近所の人は「バーンと音がして、見たら車と自転車の衝突事故みたいになっていて。『オラー』みたいな感じで、めっちゃけんかしているみたいだった」と話した。警察は、殺人未遂事件として、自転車で逃げた30代とみられる男を追っている。





ツイッターからアシ 「クラクション鳴らされて刺した」と書き込んだ男を逮捕

2013.12.26 19:51

BafeuA1CUAEqp6S

大阪市東淀川区の路上で男性が刺され重傷を負った事件で、大阪府警捜査1課は26日、殺人未遂の疑いで住所不定、無職木浪青容疑者(25)を逮捕した。事件の約15分後、木浪容疑者と同名の人物がツイッターに「車にクラクションを鳴らされて、すごんできたからナイフでめった刺しにしたった」と書き込み、逮捕につながったという。

捜査1課の調べにも「クラクションを鳴らされて文句を言われ、全力で戦ってやろうと心に決めて刺した」と供述。目撃者の証言から木浪容疑者を特定した。

逮捕容疑は24日午後8時10分ごろ、東淀川区菅原7丁目の路上を自転車で通った際、乗用車と衝突しそうになり、運転していた内装業の男性(31)に腹を立て、肩や脇腹の計3カ所をナイフで刺した疑い。

捜査1課によると、車の窓越しに運転席にいた男性を刺し、発進した車にしがみついたまま、さらに刺したとみられる。殺意は否認している。

事件後のツイッターには「ナイフ取り出すの少し手間取ったんだけど、アイツ怖い顔した」との書き込みもあったほか、事件を報じる記事のURLも添付されていた。

参照元 : 産経ニュースWEST
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131226/waf13122620000016-n1.htm


「刺した」とつぶやき逮捕、大阪 殺人未遂容疑の男

2013/12/26 20:21

大阪市東淀川区の路上で男性が刺され重傷を負った事件で、大阪府警捜査1課は26日、殺人未遂の疑いで住所不定、無職木浪青容疑者(25)を逮捕した。事件の約15分後、木浪容疑者と同名の人物がツイッターに「車にクラクションを鳴らされて、すごんできたからナイフでめった刺しにしたった」と書き込み、逮捕につながったという。

捜査1課の調べにも「クラクションを鳴らされて文句を言われ、全力で戦ってやろうと心に決めて刺した」と供述。目撃者の証言から木浪容疑者を特定した。

参照元 : 47NEWS
http://www.47news.jp/CN/201312/CN2013122601002152.html


犯行後のツイート▼



木浪青容疑者はネカフェ難民だった!



木浪青容疑者は日頃からヤクザやドキュンに対して異常に敵対心を抱いていた。



木浪青容疑者は生活保護受給者だったのか?



木浪青容疑者はネトウヨだった!


安倍首相の靖国参拝パフォーマンスは秘密保護法で支持率低下を回復させるためのアピールだ

安倍首相が靖国神社に参拝 政権1年 就任後初 「恒久平和の誓い、お伝えした」

2013.12.26 11:33

plc13122611340014-p1

安倍晋三首相は政権発足から1年となる26日午前、東京・九段北の靖国神社に参拝した。首相による靖国参拝は平成18年8月15日の小泉純一郎首相以来、7年4カ月ぶり。首相は第1次政権時代の不参拝について、かねて「痛恨の極み」と表明しており、再登板後は国際情勢などを慎重に見極めながら参拝のタイミングを探っていた。首相は参拝後、記者団に「この1年の安倍政権の歩みをご報告し、二度と再び戦争の惨禍によって人々が苦しむことのない時代をつくるとの誓い、決意をお伝えするためにこの日を選んだ」と語った。

同時に、靖国境内にある世界のすべての戦没者を慰霊する「鎮霊社」にも参拝した。その上で「恒久平和への誓い」と題した「首相の談話」を発表し、「中国、韓国の人々の気持ちを傷つけるつもりは全くない。中国、韓国に対して敬意を持って友好関係を築いていきたい」と訴えた。

「痛恨の極みとまで言った以上、その発言は重い。戦略的にも考えている」

首相は25日夜、周囲にこう語り、靖国参拝の可能性を示唆していた。10月半ばにも周囲に「年内に必ず参拝する」と漏らしていた。

首相は昨年12月、いったんは就任翌日の27日に靖国に参拝することを計画したが、当時はまだ中国、韓国や同盟国の米国の反応や出方が見えにくかったこともあり見送った。

だが、その後も中韓は、首相が「対話のドアは常に開かれている」と呼び掛けているにもかかわらず、首脳会談に応じようとしていない。韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は世界各国で対日批判を繰り返し、中国は尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む東シナ海上空に一方的に防空識別圏を設定するなど、一切歩み寄りを見せない。

また、戦没者をどう慰霊・追悼するかはすぐれて内政問題であり、東アジア地域で波風が立つのを嫌う米国も表立った批判はしにくい。米国とは安全保障面や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)など経済面での関係を強化しており、反発は一定レベルにとどまると判断したとみられる。

参照元 : 産経新聞


<安倍首相靖国参拝>日本の経済界衝撃、米国も批判―中韓との関係改善遠のく

2013年12月26日 14時45分

靖国神社

2013年12月26日、安倍晋三首相の靖国神社参拝を受け、中国、韓国など東アジア諸国が強く反発している。尖閣諸島や竹島など領土問題や歴史認識で対立する中韓との緊張がさらに高まるのは必至。両国との関係改善を希求する経済や文化界は衝撃を受けている。また東アジアの平和と安定を望む米国も戸惑いを隠せないようだ。 

安倍首相に近い経済界、官界、労働界、学識経験者らで構成される日本アカデメイア(共同代表=牛尾治朗ウシオ電機会長)が最近まとめた「日本の長期ビジョン」中間報告では「中国や韓国との歴史対話」の必要性を強調していただけに、このビジョンに参画した関係者の多くがこの時期の靖国参拝に疑問を呈している。 

特に経済界は、経済再生を最優先に掲げて、持論の憲法改正や歴史認識の見直しなどは当面封印することを要望、「安倍首相も理解してくれている」(日本経団連幹部)と楽観視していただけに、「首相参拝により中韓との関係改善が先送りになれば日本経済の先行きに少なからぬマイナスになる」(大手メーカー幹部)と顔を曇らせる。 

米国も首相の靖国参拝を問題にしている。米外交関係者は「日本と中国・韓国の関係悪化は、米国にとっても望ましくない。日米同盟にとっていい影響はない」と批判した。今秋来日したケリ―国務長官とヘーゲル国防長官はあえて千鳥ケ淵戦没者墓苑を訪ねて祈願。A級戦犯が合祀されている靖国神社は認めないとの強い意思表示とされた。安倍晋三首相が今年8月15日の終戦記念日に靖国神社参拝見送りを決めた際、メネンデス米上院外交委員長は、「未来を見据えた決断であり、日本が地域や国際社会に貢献しようとしているのであれば、未来を見据えることは非常に重要だ」と評価していた。 

「靖国参拝」の後には、憲法改正の「露払い」とされる集団的自衛権の行使解禁問題が控えているとされる。特定秘密保護法と同様、大きな論議を巻き起こすのは必至。東アジアの平和と経済相互発展にも暗い影を落としそうだ。(取材・編集/SK)

参照元 : Record China


在日米大使館「失望している」 安倍首相の靖国神社参拝

2013年12月26日15時08分

【ワシントン=大島隆】在日米国大使館は26日、安倍晋三首相が靖国神社を参拝したことについて、「近隣諸国との関係を悪化させる行動を取ったことに、米国政府は失望している」との声明を発表した。米政府が日本の首相の靖国神社参拝を公式に批判するのは極めて異例だ。

声明はまた、「米国は、首相の過去への反省と日本の平和への決意を再確認する表現に注目する」とし、今後の安倍首相の対応を注視する考えを示した。

参照元 : 朝日新聞


「どさくさ紛れひきょう」と批判の声

2013年12月26日12時22分

突然の首相の靖国神社参拝に、在日コリアンの関係者からは「パフォーマンス」「どさくさ紛れでひきょう」と批判の声が上がった。

市民団体「コリアNGOセンター」(大阪市生野区)の郭辰雄代表理事(47)は「中国、韓国を含めアジア諸国が反発する中での参拝で政治的な緊張が高まる可能性がある。より慎重に対応すべきだ」と話した。

在日本大韓民国民団(民団)中央本部の幹部は「来年に向け日韓関係改善の動きを期待していたが、冷や水を浴びせられた。あまりに唐突。年末のどさくさに紛れさせるひきょうな手段と受け取られても仕方がない」と厳しい口調で批判。

韓国大使館関係者も「驚いた。南スーダンに展開中の韓国軍に銃弾を提供して恩を売ったから、今なら反発が少ないと考えたのかもしれない」と指摘した。

大阪市生野区のコリアンタウンで食料品店を営む在日韓国人2世の宮本翼成さん(49)は「やっぱり、という感じ」と冷ややかだ。「国民や中韓に強い日本を見せるという、薄っぺらいパフォーマンスにしか見えない」と断じた。

大勢の華僑が飲食店を営む横浜中華街では、老華僑の男性(73)が「日中関係がこれだけ悪くてもお客さんは来てくれている。中華街と政治は関係ない。参拝の影響もすぐには出ないだろう」と冷静に話した。ただ就任1年での参拝に「中国政府や日本国民がどう受け止めるかの方が気になる」と付け加えた。(共同)

参照元 : 日刊スポーツ


安倍首相靖国参拝 韓国政府関係者「参拝したら日韓関係終わり」

2013/12/26 11:57

安倍首相の靖国参拝は、韓国や中国でも、速報で伝えられている。政府当局の公式な反応はまだないが、韓国政府のある関係者は、FNNの取材に、首相が靖国に参拝したら、日韓関係は終わりだと語った。

韓国では、特に日本に批判的なマスコミを中心に、南スーダンのPKO(国連平和維持活動)で、自衛隊が弾薬を提供した件をめぐって、安倍政権の軍事拡大に向けたアピールだとの批判が起きている真っ最中。

26日朝、国防省の会見では、経緯について、日韓で食い違う部分を厳しく追及された報道官が、「助けたことは忘れろという言葉があるでしょう」とまで述べて、日本批判を展開したほど。このため、今回の参拝で、もともと右翼的とみられていた安倍政権への反発が、いっそう強まるのは必至で、日韓関係が、さらにこじれるのは間違いない。

いまだ開かれていない安倍首相と朴槿恵(パク・クネ)大統領との首脳会談も、これでますます遠のいたとみられる。
日本側の日韓関係当局者は、「どのみち、すでに日韓関係は悪かったから」と、ため息交じりで話していた。

参照元 : FNNニュース




<ツイッターユーザーの反応>


<安倍信者(ネトウヨ)の反応>


最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ