地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

ニュージーランド

何かの異変か!?ニュージーランドの海岸で400頭を超えるクジラが打ち上げられる

NZ海岸 クジラ400頭超打ち上げられる

2017年2月10日 21時00分

K10010872311_1702102058_1702102100_01_02

ニュージーランドの海岸で10日、400頭を超えるクジラが打ち上げられているのが見つかり、政府やボランティアなどが海に戻す作業を続けています。ニュージーランド南島のゴールデン湾の海岸で10日、大量のクジラが打ち上げられ動けなくなっているのが見つかりました。

現地の自然保護当局によりますと、打ち上げられたのは400頭を超えるゴンドウクジラで、このうち250頭から300頭は、見つかったとき、すでに死んでいたということで、当局の職員や500人以上のボランティアが、残りのクジラを海に戻す作業を続けています。

満潮時に合わせて海に戻しているということですが一部は沖合までたどりついたものの、およそ80頭が再び海岸で動けなくなっているということで、ボランティアたちはクジラに水をかけるなどして対応しています。

ニュージーランドでは、たびたびクジラが海岸に打ち上げられていますが、今回は記録が残る19世紀以降、3番目に多いということです。

ゴールデン湾は遠浅で干満の差が激しいため、迷い込んだクジラが海岸で動けなくなったという見方もありますが、はっきりした原因はわかっていないということです。

参照元 : NHKニュース




浅瀬のクジラ600頭以上に=ガス爆発の恐れ−NZ南島

2017/02/13-14:22

2017-02-13_231204

【シドニー時事】ニュージーランド(NZ)南島のゴールデン湾で、先週以降に浅瀬に打ち上げられたクジラの数は12日までに累計600頭を超えた。記録がある19世紀以降では、同国内で2番目の規模となった。

一時は数百人のボランティアが駆け付け、救助に努めたが、大半のクジラは息絶えた。南半球は今、真夏で、死んで腐敗したクジラの体内にガスが充満し、爆発する恐れがある。環境保護局は付近を立ち入り禁止にして、ナイフなどを使ってクジラのガス抜きを進めている。

打ち上げられたのは、日本近海にも多い小型のゴンドウクジラ。ゴールデン湾は遠浅で、迷い込んだクジラが動けなくなりやすい地形のため、「天然のクジラのわな」と呼ばれている。大量打ち上げのはっきりした原因は分かっていない。

参照元 : 時事通信

2017-02-13_231354





かつてニュージーランドに生息し、絶滅した恐鳥「モア」の生々しい手が発見される!

モア

2016-06-29_133745

モア(Moa)は、ニュージーランドにかつて生息していた鳥類で、ダチョウ目モア科に属する構成種の総称。現在ではすべてが絶滅した。恐鳥とも言う。

哺乳類が生息していなかったニュージーランド島において、6属10種以上に進化して独自の繁栄を遂げていた。草食性で、天敵はハルパゴルニスワシ以外には存在していなかったが、マオリ族のニュージーランドへの上陸後、生息地の森林の減少や乱獲により急速に生息数が減少した。

最大の種では 3メートル近い体高に成長する最大の鳥類であった。ダチョウやヒクイドリのように脚力が発達し、飛ぶことはできない。

2016-06-29_133921

分子生物学による系統関係
モアの化石からDNAを調べたところ、モアは現生のシギダチョウに最も近縁であることが判明したという。

参照元 : wiki/モア


The Mount Owen Moa

This claw is from a Moa, a flightless bird which has not been in existence for nearly 500 years, so this claw is in unbelievable shape.

2016-06-29_133311

参照元 : amazingviralpics

ニュージーランドの川で超巨大なウナギが撮影される

ニュージーランドのマナワツ川で、超巨大ウナギが発見された。

awMfvtQWI12qzIt1415606133_1415606137

映像はその様子を撮影したものですが、この動画を観たユーザーからは、「これはフェイクでは?」という声も。

Human sized eel in the Manawatu River




これが普通の大ウナギのサイズ。この大きさでもデカいのに、ニュージ−ランドのウナギは化け物クラス。

feeding electric eels near Tahuayo Lodge in the Amazon Jungle




ニュージーランドで目が3つあるカニ、双頭のカメが発見される

動物の奇形:3つ目のカニ、双頭のカメ

August 6, 2014

目が3つ、鼻が2つ、頭から触覚が1本生えている生き物がニュージーランドで見つかった。8月に「Arthropod Structure & Development」誌で紹介されたヤワラガニの一種で、学名Amarinus Lacustrisと呼ばれる沢ガニの珍しい奇形だ。

「3つ目」のカニの奇妙な体と脳の異常は、複数の奇形が重なった結果だと思われる。まず、体の一部が2匹分存在するというシャム双生児(または結合双生児)の特徴として、第3の目がついている。また、カニは目を損傷すると新しい目を再生する能力があるが、それがこの場合はうまく再生できずに触覚となって生えてしまった。 

自然界は完璧ではない。普段とは違ったことが起こる場合もある。科学者にとってこうした異常は、ただ興味深いだけでなく、貴重な研究資料となる。 

3つ目ガニの筆頭研究者で、ベルリンにあるフンボルト大学のゲアハード・ショルツ(Gerhard Scholtz)氏は、「自然界で発生した奇形は何が可能であるかを我々に教えてくれる」と話す。「これらを研究することは、過去の失敗から学ぶようなものだ。なぜ奇形が発生したか、その原因と構造を理解すれば、通常の発達についても原因と構造を理解することができる」。 

◆突然変異 

遺伝子の突然変異が悪い結果をもたらし、死に至る場合もある。自然界の掟として、こうした遺伝子は消滅していく運命にある。しかし、中にはその個体に競争的利点を与えて生存の可能性を高め、生き残っていくものもある。 

動物に発生する奇形は遺伝子だけが原因ではない。例えば、体の一部の発達するタイミングにほんのわずかズレが生じただけで、様々な結果がもたらされる。 

環境が影響することもある。例えば爬虫類の卵は、孵卵期の温度によって性別が変わってくる。そして温度が高すぎると、頭部が2つに成長してしまう。 

しばしば奇形は、1つだけでなく複数の要因が重なって起こることが多いと、『Freaks of Nature』の著者でアイオワ大学の神経科学者マーク・ブルムバーグ(Mark Blumberg)氏は言う。「現在我々が普通だと思っている動物の体の構造、例えばゾウの長い鼻やメスのハイエナの大きな生殖器は、もしかしたら環境の変化に応じて進化の過程で生まれ、それが動物の発達を変化させてきたのかもしれない」。 

しかし、「科学者の中には、遺伝子変化は進化を牽引しているのではなく、後からついていくものだと考える者もいる」と、ブルムバーグ氏は付け加えた。環境、遺伝子、発達過程、そして時間などが相まって全く新しい動物が生まれるのだという。 

◆単眼症のヒツジ 

1950年代、アイダホのヒツジ農場で、額の真ん中に目が一つだけしかない単眼症の子ヒツジが生まれ、関係者を驚かせた。子ヒツジたちの脳も、未発達の状態だった。 

原因は花にあった。乾期にヒツジたちが食べていたバイケイソウに含まれる物質が、胎児の成長を妨げてしまったのである。 

後に、科学者たちはその原因となった物質を突き止め、シクロパミンと名付けた。シクロパミンは、胎児の発達に不可欠な遺伝子の活動を妨げるが、近年になって、癌(がん)の治療薬としても研究の対象となっている。 

◆白眼のハエ 

進化生物学者で発生学者のトーマス・ハント・モーガン(Thomas Hunt Morgan)氏は、培養していた通常の赤眼のハエの中に白い眼をしたショウジョウバエを発見し、それを研究して、染色体が遺伝にどのような役割を果たしているかを理解する手がかりをつかんだという。 

Photographs by Stephen Moore and Gerhard Scholtz; (below) ChinaFotoPress / Getty Images

参照元 :
National Geographic

weird-and-wild-freaks-nature-1-s2048x1562-p-600x457_600x450

ニュージーランドの西オークランドでガソリンスタンドに拳銃持った覆面強盗が登場!店主 VS 強盗(店主強すぎワロタw)

西オークランド、ニュージーランドのガソリンスタンドに覆面被った強盗が店主に銃を向けて金を要求、しかし店主は怯まず強盗をフルボッコに!

_Epic_Fists_vs_Gun_91017343_thumbnail

Epic Fists vs Gun !!!




人気ブログランキングへ

【ニュージーランド】星空のタイムラプス動画を撮影中にメチャクチャ動くUFOが出現!!

【衝撃UFO動画】これは新しい! 星空のタイムラプス動画を撮影中に出現したメチャクチャ動くUFO

2012年5月26日
 
nz-nightskie

そんじょそこらのUFO映像では、もはや誰も驚かなくなった今日この頃。単なる発光物体だけでは見向きもされない、悲しきUFOの実態がそこにはある。もしかしたら本物のUFOかもしれないのに……。

そんななか、久々に「これはっ!」とUFO映像ファンが注目しそうなUFO映像が公開された。夜空に漂うUFOを単に撮影した映像ではなく、「タイムラプス」という手法を使って撮影された映像である。

タイプラプス動画とは、静止画をつなぎ合わせてパラパラ漫画的に映像化する手法。夜空の星の動きなどを映像化するとき、よく使われる撮影テクニックである。そんなタイプラプス映像を撮影している最中……突如として謎の発光物体が出現!

単なる人工衛星じゃないの? 単なる飛行機じゃ……と思うなかれ。どう考えても人工衛星の動きとは思えない、急停止に急発進、ありえない動きをするのである。なお、こちらの映像の撮影地はニュージーランド。星がとてもキレイである。

参照元 : Youtube Horsefarmer1000
参照元 : ロケットニュース24



最新記事
Amazon




楽天トラベル


人気ブログランキングへ

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ