地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

テレポーテーション

超古代ピラミッドに「トーション・フィールド」が存在!?山頂にテレポーテーション装置が設置されていた!

ピラミッド山頂に「テレポーテーション」装置が設置されていた!「トーション・フィールド(ねじれ率場)」が発覚=ボスニア

2017.02.27

地球史を大きく塗り替える古代ピラミッドが発見されたとの情報が舞い込んできた。なんと、光速の100億倍の速度を持つ「テレポーテーション装置」がピラミッド山頂に設置されていたというのだ!

■超古代ピラミッドに「トーション・フィールド」が存在していた

2017-03-06_230159

海外オルタナティブメディアによると、東欧ボスニア・ヘルツェゴビナ某所で世界最古級のピラミッドが複数発見され、それらのピラミッドに現代科学を遥かに凌ぐ超技術「トーション・フィールド(ねじれ率場)」が存在することがSemir Osmanagic博士の調査で判明したという。

「トーション・フィールド(torsion field)」とは、1980年代にソ連の科学者らによって提唱され、後に科学のメインストリームから“似非科学”のレッテルを貼られた知られざる物理理論である。しかし、その内容は量子力学に見られる「量子もつれ(quantum entanglement)」に近く、現在でもその正当性を訴える者も少なくないという。

トカナでも度々ご紹介してきたが、「量子もつれ」とは、2つの粒子が何の媒介もなしに同期して振る舞う遠隔作用のことで、この現象を応用できれば、「量子テレポーテーション」など、瞬時に情報を伝達することができるようになると、以前から科学界では注目されている。(量子テレポーテーションのより詳細な解説は過去記事を参照)

2017-03-06_230244

そして、「トーション・フィールド」も同様の遠隔作用を引き起こすことが可能だというのだ。天才発明家ニコラ・テスラが発見した「テスラ波」が「トーション・フィールド」内で生成され、それが光速の100億倍の速度で移動するという。真空中における光の速度が約30万km/sであるから、「トーション・フィールド」は3千兆km/sという、とてつもない高速伝達が可能になる。もはや瞬間転移装置といっても過言ではないだろう。

「ニコラ・テスラが発見したテスラ波はトーション・フィールドの相互作用で生成されます。光よりもずっと速く、一切のエネルギーを失うことなく太陽やその他の惑星などに瞬時に到達することができます」(Osmanagic博士)

すると、太古の地球にはすでに「量子テレポーテーション」に準ずる装置が存在したということになるが……そんなSFまがいの古代構造物が実際に存在するというのだろうか?

■人工的に建造された可能性が高い

2017-03-06_230339

オルタナティブメディア「Ancient Code」によると、このピラミッドが意図的に建造されたことはすでに明らかになっているという。まず、ピラミッド型の形状はエネルギーの増幅に最適な形であること、そして地下には「トーション・フィールド」を発生させるための鉄板や水晶が人工的に設置されていることがOsmanagic博士の調査で判明しているそうだ。さらに、フィンランド人研究者Mika Virpiranta氏も、26もの火山道が不自然にピラミッド内部に繋がっていることを発見しているという。つまり、人類を凌駕する超科学技術を持つ何者かが意図的に建造した可能性が高いということだ。

2017-03-06_230413

建造目的は依然不明だが、地球外知的生命体が太古の地球に文明をもたらしたとする「古代宇宙飛行士説」を裏付ける証拠の1つであることは間違いないだろう。これほどの大発見をマスメディアが一切報道していない背景には、超古代文明の科学技術を血眼になって探し求めているアメリカやロシアといった大国の圧力があるのかもしれない……。今はただ、全ての真実を知っているOsmanagic博士がオルタナティブメディアに詳細を語ってくれることを期待するしかない。続報が入り次第お伝えする。

(編集部)

参考:「Ancient Code」、「Disclose.tv」、ほか

参照元 : TOCANA



2017-03-06_231107

ロシアが世界を仰天させるプランを打ち出す!「今後20年以内にテレポーテーション技術を確立する」

ロシア「2035年までに“200兆円”つぎ込んでテレポーテーションを実現する」→国営メディアが急遽全否定する異常事態に発展!

2016.06.26

177631

環境汚染や資源の枯渇が危惧される現代において、国家が未来に向かって持続的発展を遂げるためには「科学・技術立国」以外の選択肢はありえない。世界中の国々が、科学技術の振興を競争力向上の決定的要素と位置づけており、その成否によって将来の明暗がわかれることは間違いないだろう。

そのような中、ロシアが世界を仰天させるプランを打ち出した。なんと、「今後20年以内にテレポーテーション技術を確立する」というのだ。早速詳細についてお伝えしよう。

■テレポーテーション技術は夢物語ではない

今月22日、英紙「The Telegraph」が報じたところによると、“テレポーテーション計画”はロシアの国立科学研究機関が打ち出した科学・技術立国プラン「国家技術イニシアティブ」に含まれているという。
 
2016-06-29_205844

空間を物理的に動くことなく、一点から一点へと瞬時に移動するテレポーテーション技術など、SF作品だけの夢物語だと考えている読者がいるかもしれない。しかし、これまでトカナが何度も報じているように、世界中の研究機関が“本気で”テレポーテーションの実験を行っている。

2014年5月には、デルフト工科大学(オランダ)の研究チームが「量子もつれ」を利用して“100%の精度で”瞬時に情報を転送することに成功した。さらに米中の共同チームは、この「量子テレポーテーション」の技術を応用して微生物を瞬間移動させることを試みている。まだまだ物質を転送することの課題は山積みだが、テレポーテーションは決して夢物語などではなく、実現すべき目標として日夜研究が行われているのだ。

そして、クレムリン肝いりの「国家技術イニシアティブ」では、2035年までにテレポーテーション技術を確立するため、総額200兆円もの予算がつぎ込まれる予定だ。計画の責任者であるアレクサンダー・ガレツキー博士は、ビジネス紙「Kommersant」(22日付)のインタビューに次のように答えている。
 
359409

「現代の私たちを取り巻くテクノロジーのほとんどは、20年前のSF映画からの引用のようなものですよ。テレポーテーションだって、今後20年で達成される」

近年、ロシアの科学技術は国家による戦略的支援のもと目覚ましい向上を遂げており、今後数十年のうちに量子コンピュータや神経インターフェイス(人体とコンピュータを直接繋ぐ技術)の分野において、同国がトッププレイヤーの地位に上り詰めることも十分に考えられるとのことだ。

■ロシア国営メディアが即座に否定!

もしも人類がテレポーテーション技術を手にしたら、日常生活が一変するのみならず、安全保障の分野にも相当なインパクトがもたらされることになるだろう。そして、まるでそれを物語るような事態が進行中だ。今回の「国家技術イニシアティブ」が西側メディアによって報道されると、その直後に、ロシア側がテレポーテーション計画を否定しはじめたのだ。

101386

ロシアメディア「スプートニク」(旧:「ロシアの声」)は、英紙「Telegraph」の記事が配信されると、計画筋の話として「それは量子情報通信の話であって、量子テレポーテーションのことを指しているわけではない」と報じている。

まさに、テレポーテーション技術の開発競争に拍車がかかることを防ごうとしているような印象を受けないだろうか? 実質的なロシア国営メディアが、これほど早いタイミングで否定記事を配信すること自体、裏で何らかの意図が働いている可能性が高い。

数十年前、世界各国が他国より1日でも早く原子爆弾完成を完成させようと水面下でしのぎを削っていた構図が、再現されることになるのか? テレポーテーション技術をめぐる各国の“駆け引き”からも目が離せない。

(編集部)

参考:「The Telegraph」、「The Daily Mail」、「Sputnik」、ほか

参照元 : TOCANA




【量子力学】微生物のテレポーテーション実験が本格化!人間の瞬間移動が実現する日も近い?

「人間の転送装置」が実現する日も近い? 微生物のテレポーテーション実験が本格化、驚愕の実験内容とは?

2016.01.25

ケーブルも電波も使わずに量子の“もつれ”状態を利用して情報伝達を行う「量子テレポーテーション」――。人類にとって夢のコミュニケーション手段だが、この技術を用いて我々人間のような有機生物の“中身”を転送できる可能性が見えてきたというから驚きだ。まさに海外ドラマ『スタートレック』で使われている“転送装置”が実現する日も近いのだろうか。

2016-02-08_142948

■有機生物の“中身”をテレポーテーションする

量子力学の実用化の試みは、昨今目覚しい発展を遂げている。2014年にNASAのJPL(ジェット推進研究所)、NIST(アメリカ国立標準技術研究所)、スイス・ジュネーブ大学などの物理学者からなる研究チームが、光ファイバーを用いてこれまでの「量子テレポーテーション」最長記録を大幅に更新する25kmの隔離に成功したのもつかの間、2015年11月にはNTT物性科学基礎研究所の武居弘樹氏が主導する研究チームが、およそ100kmの距離で成功し、世界記録を塗り替えた。

これまでのニュートン力学や、アインシュタインの理論による理解の範囲を超えた量子論だが、研究と実用化の試みは着々と進められている。その中でも、米・インディアナ州パデュー大学のトンカン・リィ教授と、中国・清華大学のツァン・クィ・イン博士が共同で行っている実験は、ひときわ斬新で奇妙なものである。それというのも、微生物を量子テレポーションで瞬間移動させようという前代未聞の実験なのだ。ということは、もしこの実験が成功したとするなら、いずれ我々の肉体を瞬間移動させることができる“転送装置”が現実のものになるかもしれないのだ。

だが気を急いてはいけないようだ。現状では有機生物の“中身”をテレポーテーションすることがまずは試みられている。しかし、そんなことが可能なのか?

■量子的重ね合わせの状態をつくりだす

実験のカギを握るのは、テレポーテーションさせようとする有機体を、量子的重ね合わせ(Quantum superposition)という状態におくことである。では、この量子的重ね合わせとはどんな状態なのか? これを説明するためには、前世紀の初旬にまでさかのぼることになる。それは以前トカナでも紹介しているが、オーストリア人物理学者のエルヴィン・シュレーディンガーが1935年に行った思考実験「シュレーディンガーの猫」のことだ。

ここでは詳しい説明は避けるが、わかりやすく手短にいってしまえば、「シュレーディンガーの猫」とは確率50%で生死の境目にいる箱の中の猫のことだ。青酸ガスを仕掛けた箱に入れられた猫が、一定の時間が経過した後に、はたして生きているのか死んでいるのか、当然のことながら箱を開けてみるまでわからない。これを量子論では“観察”することで猫の生死が決定されると解釈するのだ。つまり、開ける前の箱の中にいる猫は生きてもいるし、死んでもいるという2つの可能性が共存した存在なのである。そしてこの状態こそが、量子的重ね合わせの状態なのだ。
 
2016-02-08_143039

リィ教授らは、有機体がテレポーテーションをするには、まずこの量子的重ね合わせの状態にしなくてはならないと考えている。しかし、思考実験の中の話ではなく有機体を実際に量子的重ね合わせの状態にするには、一体どうすればよいのだろうか。

■記憶などの情報が離れた有機体の間でテレポートできるようになる

リィ教授らによれば、有機体を量子的重ね合わせの状態にするには、まず冷凍状態にしなければならないという。冷凍にすることで有機体内の化学的活動とエネルギー消費、外界との相互干渉がなくなり、いわば物質化する。実験では、テレポーテーションさせる有機体を微生物に設定していることから、まずはこの微生物を冷凍状態にするのである。
 
2016-

次に、この冷凍した微生物を、電動で細かく振動する薄い皮膜の上に配置する。イメージとしては、叩いた時の太鼓の張り皮のように薄皮が細かく振動している状態だ。こうして振動する皮膜の上に置かれた冷凍の微生物は、量子的重ね合わせの状態になるとリィ博士らは主張している。

実際にコロラド大学の研究開発チームは2年前に、アルミニウム製の振動する皮膜を開発し、マイクロ波光子を量子的重ね合わせの状態にして維持することに成功しているということだ。

そしてこの冷凍した微生物と振動する“太鼓”を2セット用意し、その間を超伝導回路(superconducting circuit)で結ぶと、2つの微生物の“中身”はまったく同じものになるというのだ。つまり一方の“中身”が他方へテレポートし、同じ内部状態の微生物が別々の場所に同時に存在することになるのである。

テレポートする“中身”といっても内臓や体液などではなく、今のところは“情報”だけである。たとえば記憶や感情などが離れた有機体の間でテレポートできるのではないかと考えられているのだ。「Daily Mail」の取材に応えたリィ教授は、次のように胸を張る。

「我々は、2つの微生物が同時に存在できる方法を真正面から提案しました。そして将来、量子的重ね合わせの状態の微生物がテレポートできる青写真を描いてみせたのです」

もちろんこの研究の最終目標は、人間を含む生物のテレポーテーションであることは間違いない。まさに『スタートレック』の“転送装置”の実現である。量子テレポーテーションについては、まずはインターネット網に代わる量子ネットワークの実用化が先決だと思っていたが、意外にも早く“転送装置”の可能性が見えてきたことになる。しかし微生物ならともかく、人間の場合は冷凍後に蘇生できる技術が確立されていないため、まだまだ課題は山積みだろう。それでも、まったくのSF的な夢物語と考えられていたテレポーテーション実現の糸口が見つかったことには驚くばかりだ。実用化は遠い将来のことではあるが、今後の研究に期待したい。

(文=仲田しんじ)

参考:「Daily Mail」、「Unknown Country」、ほか

参照元 : TOCANA


Could teleportation become a reality? Scientists propose the first scheme to teleport the MEMORY of a creature

・Plan to do this using something known as quantum superposition
・This suggests particles can exist in different states until observed
・They suggest using oscillating membranes and superconducting circuits to achieve teleporation when an organism is in a frozen state

By ELLIE ZOLFAGHARIFARD FOR DAILYMAIL.COM

PUBLISHED: 22:07 GMT, 13 January 2016 | UPDATED: 22:20 GMT, 13 January 2016

The dream of Star Trek-style teleportation may not be as farfetched as it seems. A team of physicists has come up with a plan to teleport the memory of an organism using a technique known as 'quantum superposition'.
This suggests particles can exist in different states known as 'superpositions', in two or more places at once, until they are observed.

30229FBE00000578-0-image-a-64_1452718950580

Quantum teleportation between two microorganisms is shown. The internal state (an electron spin) or the state of a microorganism on an electromechanical oscillator can be teleported to a remote microorganism on another electromechanical oscillator using electrical circuits, the researchers claim

The bizarre experiment has been proposed by Professor Tongcang Li at Purdue University and Dr Zhang-qi Yin at Tsinghua University. They suggest using electromechanical oscillators and superconducting circuits to teleport the quantum state of a microorganism. They also proposed a scheme to create a Schrodinger's cat state in which a microorganism can be in two places at the same time. In 1935, Erwin Schrodinger proposed a famous thought experiment to prepare a cat in a superposition of both alive and dead states. Physicists have made great efforts in many decades to investigate macroscopic quantum phenomena. For example, a group in Colorado recently cooled the vibration of a 15-micrometer-diameter aluminium membrane to quantum ground state, and entangled its motion with microwave photons. But quantum superposition of an entire organism has never been done. Tongcang Li and Zhang-qi suggest the way to make it work would involve cooling a common bacterium down to a frozen state.

This would to prevent chemical activity from taking place and energy from being exchanged with the environment.
They would then attach the microbe to an oscillating membrane, which they say would be enough for the bacterium to be put into a superposition state.
Quantum superposition and teleportation of the organism can then be done with the help of superconducting microwave circuits.

30229FC200000578-0-image-a-65_1452718953386

The dream of Star Trek-style teleportation may not be as farfetched as it seems. A team of physicists has come up with a plan to teleport the memory of an organism using something known as 'quantum superposition'
With a strong magnetic field, the internal states of a microorganism can be entangled with its motion and be teleported to a remote microorganism.
Since internal states of an organism contain information, this proposal provides a way for teleporting information, or memories, between two remote organisms.
Li says 'We propose a straightforward method to put a microorganism in two places at the same time, and provide a scheme to teleport the quantum state of a microorganism.
'I hope our unconventional work will inspire more people to think seriously about quantum teleportation of a microorganism and its potential applications in future.' added Yin.
'Our work also provides insights for future studies about the effects of biochemical reactions in the wave function collapses of quantum superposition states of an organism.'

参照元 : Daily Mail


Physicists to Teleport a Living Creature for the First Time

Friday, September 18, 2015

quantum-teleportation_0

A team of physicists have put forward an ambitious new plan to put the principle of quantum superposition, where an object can exist in two places at once, to work on a subject that has not been attempted before: they plan on doing this with a living microorganism.

Researchers have been steadily increasing the scale of the subject that they subject to a state of quantum superposition, where the particles affected are in more than one place at the same time, starting with smaller elementary particles such as photons, up through recent experiments where macroscopic, inanimate objects have been subjected to this state.

But what about living organisms?

Quantum physicists at Purdue University in Indiana and Tsinghua University in Beijing have proposed putting a common microorganism, such as a single bacterium, into a state of quantum superposition. While this would not be true teleportation of the creature, as that would involve it ceasing to exist at it's point of origin, and continuing to exist at it's destination, this would constitute an incredible step towards the goal of true quantum teleportation.

“Although it has attracted enormous interest, no quantum superposition state of an organism has been realized. So we propose a straightforward approach to put a microbe into a superposition of two spatial states, that is, the microbe will be at two different positions at the same time,” explains Tongcang Li of Purdue University.

Dr. Li proposes to utilize an apparatus that employs an oscillating aluminum membrane that holds a state of superposition, that was developed at the University of Colorado two years ago. They plan to place their Schrodinger's Microbe on the membrane to induce it into it's own state of superposition. Dr. Li hopes that the experiment could be constructed and running in the next three years.

“It is cool to put an organism in two different locations at the same time,” adds Dr. Li. “In many fairy tales, a fairy could be at two different locations or change locations instantly. This will be similar to that. Although it will be a microbe instead of a fairy.”
Image Credit: Science--AAAS

News Source: The Original Proposal Additional Story from the Guardian

Find stories like this: Quantum Indeterminacyteleportation

2016-02-08_144829

参照元 : Unknown Country


あるアメリカの量子力学を素人にわかりやすくした番組の一部を抜粋したものです。量子-力学は大学の理系でしかも量子力学を選択しないと習わない分野です。不確定性原理とい-う到底一般的なニュートン力学(400年前)しか知らない文系の人にはオカルトに感じ-るでしょう。

例えば、三角形の内角の和は、180度と習ったと思いますが、実際は、180度以上で-す。リーマン幾何学といって、それに基づいて相対性理論は説明がつきます。不確定性原理は、位置と時間は同時には確定できないということを証明した原理です。ハ-イゼンベルグという人が発見しました。

あと、それが発展して、実は、そこの存在という-のは、<観察>してはじめて存在するという<哲学>のようなことが実際に現実にこの世-の中でおこっていることだとマイケルボーアが提唱し、実際はそのエンタグルメントは4-0年前に証明され、また、実際にテレポーテーションは、20年くらい前に実験に成功し-ました。

今は、日本人のグループが量子テレポーテーションに関しては、リードしていま-す。しかし、その量子力学を応用したとんでもない量子コンピューターはやっぱりアメリ-カが何歩もリードしています。








【関連記事】
【衝撃映像】世界各地で起こっているテレポーテーション現象・まとめ

最新記事
Amazon




楽天トラベル


人気ブログランキングへ

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ