地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

スマトラ島

絶滅した伝説のホビット「マンテ族」か!?インドネシアのスマトラ島でバイクツーリングを楽しんでいたグループが偶然撮影

【動画】絶滅したはずの伝説のピグミー「マンテ族」の撮影に成功、半裸で走り去る! 超小型原人「フローレス」とも関係か?=インドネシア

2017.03.30

インドネシアで伝説として語り継がれているピグミーを捉えた貴重映像が公開された。我々ホモ・サピエンスとは別種のホビット「フローレス原人」との関係も指摘され、世界中で大きな話題になっている。

■伝説の小人が全力で疾走する衝撃映像

問題の映像は、インドネシア・スマトラ島北端に位置するバンダ・アチェの森林でバイクツーリングを楽しんでいたグループが偶然撮影したものだ。詳細は映像をご覧頂きたいが、バイクから逃げるように猛烈な勢いで走り去る小柄な半裸の男性(?)がはっきりと映っている。やや長めの枝のようなものを携え、頭髪は少なそうだ。



もう少し詳細に撮影できればなお良かったのだが、半裸の小人はすぐに脇の茂みに飛び込んでしまい、完全に姿を消してしまう。2分弱の映像中、小人の姿をとらえたのは僅か数秒だが、今月22日にYouTubeチャンネル「Fredography」が公開すると、わずか1週間のうちに500万再生を超える人気動画となっている。

2017-04-11_145421

アチェには原マレー人のガヨ族が30万人も住んでおり、現在も多くの原住民が山岳部や沿岸部に存在するといわれている。映像の小人も原住民の1人と見られるが、インドネシア人が仰天しているのは、彼が幻のピグミー族「マンテ族」である可能性が濃厚だからだ。

「マンテ族」は、身長1メートルほどで筋肉質、角張った顔に狭い額、腰まで届く長い髪という特徴を持っていたといわれる、かつてアチェのジャングルに存在した伝説の民族だ。すでに絶滅したといわれるが、現在でもマンテ族の存在を信じる研究者はいるという。(「Wikipedia インドネシア語版」参考)。

■フローレス原人とも関係か?

2017-04-11_145502

インドネシア紙「Tribunnews.com」(3月28日付)によると、これまでにもマンテ族らしき小人の報告はいくつかあり、1987年には米紙「Daily Compass」が、アチェ東部の森林でマンテ族が発見されたと報じていたという。また、18世紀の資料では、2人のマンテ族が捕らえられ、スルタンに引き渡されたとの記録が残っているそうだ。

もし、マンテ族が実際に存在するとしたら学術的にも重要な価値を持つ発見になるだろう。というのも、“ホビット”の愛称で知られる、2003年にインドネシアのフローレス島で発見されたフローレス原人(ホモ・フローレシエンシス)との関係が指摘されているからだ。

2017-04-11_145526

以前トカナでもお伝えしたが、身長1メートル体重25キロほどのフローレス原人は、我々ヒト、ホモ・サピエンスと異なる種であったと、仏自然史博物館の科学者アントワーヌ・バルゾー氏らが主張している。もしかしたら、マンテ族は人類とは異なるヒト科の生物かもしれないのだ。

真相を知りたくなるのが人の性だが、こちらの都合で彼らの生活が破壊されることだけはあってはならないだろう。今回ばかりは、伝説の原人の姿が見れただけで満足しても良いのではないだろうか?

(編集部)

参照元 : TOCANA


マンテ族は、かなり小柄な体格の民族で、外界の人々を見ると逃げると言われています。また17世紀には、2人のマンテ族が捕獲され、時のスルタンに献上されたという記録が唯一残されています。ただし多くの人はマンテ族については伝説と考えており、神話の存在だとされてきました。

ただし近年では東南アジアに存在した小人の存在が考古学者によって明らかにされており、2003年には群島の反対側にあるフローレス島に成人しても身長1mほどの小型のヒト属と広く考えられている絶滅種「ホモ・フローレシエンシス(フローレス人)」の存在が確認されています。

フローレス人は、約5万年前に絶滅したと考えられており、小さい脳でありながら火や石器を使っていたと考えられています。

インドネシア・スマトラ島南西付近でマグニチュード7.8の地震発生

〔海外地震〕インドネシア・スマトラ島南西沖でM7.8、日本への津波の影響なし(3/2)

2016年3月2日(水)22時20分配信

2016-03-03_002826

米国地質調査所(USGS)によると、日本時間3月2日21:49頃、インドネシア・スマトラ島南西沖を震源とするM7.8の地震が発生しました。気象庁によると、この地震による日本への津波の影響はありません。【3月2日22:50現在、レスキューナウまとめ】

【発生事象】(USGS)
震源地:インドネシア・スマトラ島南西沖(南緯4.9度 東経94.2度)

近隣都市からの方角・距離:
インドネシア・ムアラシブルット(シブルット島)の南西659km
インドネシア・パリアマンの南西804km
インドネシア・パダンの西南西805km
インドネシア・ソロクの西南西843km
オーストラリア領ココス諸島・ウェスト島の北北西849km

発生日時(日本時間):3月2日21:49頃
震源の深さ:24.0km
地震の規模:M7.8(当初7.9)
津波:気象庁によると、この地震による日本への津波の影響はありません。

■基礎データ
インドネシア共和国
人口:約2.49億人
首都:ジャカルタ
在留邦人数:16296人(外務省発表)

参照元 : レスキューナウニュース


スマトラ島周辺では過去にも多くの地震

2016年3月2日 22時40分

2016-03-03_000456

スマトラ島の周辺では過去にも多くの地震が起きています。2004年12月には、スマトラ島北部のアチェ特別州の西側、およそ200キロの沖合で、マグニチュード9.1の地震が起き、地震とその後の津波などで20万人を超える人たちが犠牲になっています。

また、2007年9月にもスマトラ島南部のブンクルの沖合およそ130キロの地点でマグニチュード7から8の地震が相次ぎ、インドネシアで最大1メートル20センチの津波を観測したほか、アラビア半島でも70センチの津波を観測しました。

さらに2012年4月にはスマトラ島沖のインド洋でマグニチュード8.6の地震が起き、スマトラ島沿岸部の一部では高さ1メートルを超える津波が観測されました。

このほか2008年2月にはスマトラ島の中心都市、パダンから南南西およそ160キロの沖合を震源とするマグニチュード7.3の地震が起きました。

参照元 : NHKニュース


インドネシアで大地震 日本への津波影響なし

2016年3月2日 22時27分

2016-03-04_002655

アメリカの地質調査所から気象庁に入った連絡によりますと、日本時間の2日午後9時49分ごろ、インドネシアのスマトラ南西付近を震源とするマグニチュード7.9の大きな地震がありました。気象庁によりますと、この地震による日本への津波の影響はありません。気象庁によりますと今回の地震は大きな津波が比較的起きにくいとされる「横ずれ」といわれるタイプと推定されるということです。

参照元 : NHKニュース

最新記事






楽天トラベル




人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ