地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

スペイン

バルセロナで車突入テロ!13人死亡、5人の容疑者を射殺!イスラム国が犯行声明(現地映像あり)

バルセロナでテロ 車突入13人死亡か 武装男が店侵入との情報も

2017.8.18 02:45

2017-08-18_161723

【ベルリン=宮下日出男】スペイン北東部バルセロナで17日午後5時(日本時間18日午前0時)ごろ、群衆に小型トラックが突っ込み、地元警察によると1人死亡、32人が負傷し、うち10人が重体という。死者は13人との報道もある。警察当局はテロとみて捜査を始めた。

地元メディアによると、銃を持った男が近くのバーに侵入し立てこもっているとの情報もあり、車で群衆をはねた後、逃走した容疑者の可能性がある。

現場はバルセロナ中心部のランブラス通り。カタルーニャ広場に通じる約1・2キロの並木道でレストランやホテル、商店が並ぶ。バルセロナは、世界遺産サグラダ・ファミリア(聖家族教会)などで知られる建築家、ガウディの作品が建ち、世界中から観光客が訪れ、日本人観光客も多い。

在バルセロナ日本領事館によると、これまでのところ日本人が被害に遭ったとの情報はないが、確認を急いでいる。

スペイン国内では2004年3月、マドリード市内で191人が死亡し、1800人以上が負傷する列車爆破テロ事件が発生。イスラム過激派が犯行声明を出した。同テロ事件以降、スペイン国内でイスラム過激派によるテロ事件は起きていない。

一方、欧州では近年、トラックや自動車を使ったテロ事件が頻発している。16年7月にはフランス南部ニースで、同年12月には独ベルリンで、今年3月と6月には英ロンドンでも車両を使用したテロが相次ぎ発生した。

参照元 : 産経新聞




バルセロナでテロ 歩道に車突入 13人死亡

2017年8月18日 00時54分

2017-08-18_162020

【パリ賀有勇】スペインからの報道によると、北東部バルセロナの中心部のランブラス通りで、17日午後5時(日本時間18日午前0時)ごろ、歩道に小型トラックが突っ込んだ。ロイター通信などによると、13人が死亡、多数が負傷した。警察当局はテロとみて捜査を開始した。警察は現場付近を封鎖した。

武装した男2人がレストランに侵入したとの情報や、運転していた男が徒歩で逃走したとの情報もあるが、詳細は不明。

現場は、世界的な観光地のランブラス通り付近。救急車が多数駆け付け、救助作業を続けた。

欧州では最近、フランス南部ニース、ドイツの首都ベルリン、英ロンドンなど、通行人をはねるテロが相次いでいる。

参照元 : 毎日新聞







2017-08-18_162044

2017-08-18_162054

2017-08-18_162104


バルセロナで大量轢殺テロ事件 イスラム国「IS」が犯行声明を 死亡者13名に

2017年 08月 17日 17時 24分

バルセロナの人気スポットであるランブラス通りで白いライトバンが普段、歩行者しか使えない中央部に乗り、600メートルぐらいに亘って数十人を轢いて、走行の末にキオスクと衝突した。また、利用されたライトバンの中にはアフリカ北部、モロッコ出身のDriss Oukabir氏のメリリャ発行スペインパスポートが発見されたが、本人自身はジローナ県・リポイ基礎自治体の警察署に出頭し、パスポートを盗まれたと訴える。

加害者は1人逮捕されたが、攻撃に参加した容疑者は他に2人がおり、そのうち1人が射殺され、1人が逃亡中。封鎖された中心街の交通は非常に制限されて、バルセロナ市へのアクセスに検問も敷いている。

2017-08-18_162543

*Driss Oukabir氏のパスポートを利用してライトバンがレンタルされたが、本人が実行犯ではない模様。

既に現地メディアでは テロ攻撃として扱われており、現在まで死亡者13名、負傷者80名が確認されている。現在はメトロ、州立鉄道とRenfe鉄道はランブラス通りやグラシア通りなど付近の駅には止まらない。なお、イスラム国(IS)傘下のメディア、Amaq(アマック)によると、ISが攻撃を認めると伝えた。

2017-08-18_162624

現在、州警察の「Mossos d'esquadra」が エリアを立入禁止にしており、救急車は負傷者の手当に向かっている。

今件のテロ攻撃は近年、ヨーロッパ他国にも発生した同様攻撃と酷似している。そのうち、最大の惨劇となったのは2016年7月14日、フランス南部・ニース市の遊歩道「プロムナード・デ・ザングレ」において、花火の見物をしていた人々の列にトラックが突っ込んだ事件である。少なくとも84人が死亡し、202人の負傷者が出た。



事件現場はこちらになります

2017-08-18_162849

参照元 : pressdigitaljapan







【衝撃映像】スペイン上空を飛ぶ旅客機の中からUFOが撮影される!

「ウソだろ!?」飛行機から乗客が撮影した“プランクトン型UFO”映像があまりにもリアル!

2017.04.16

2017-07-07_192614

時として人は、目を疑ってしまうような光景を目の当たりにすることがある。今月5日に動画共有サイト「YouTube」に公開された、UFOが飛行機の真下を飛び去っていく様子を撮影した映像も、その1つといえよう。



謎の飛行物体を捉えた映像は、スペイン上空を飛ぶ旅客機の中から撮影されたものだという。撮影者が窓から機体の真下に広がる雲海を撮影していたところ、画面左下から、まるでプランクトンのようにも見える楕円形の不思議な飛行物体が現れる。

撮影者は「嘘だろ!?」と驚嘆の声を上げ、すぐさま謎の物体を画面いっぱいに拡大して映し出す。しかし時すでに遅く、プランクトン型UFOはものの20秒もしないうちに、撮影者が乗る旅客機からは見えなくなってしまった。今回撮影されたUFOに酷似した飛行物体は、つい先日メキシコでも撮影されている。

この動画が「YouTube」に公開されると、たった8日で90万回を超える再生回数を記録(2017年4月13日現在)。撮影者は「この映像は本物だ」と主張しているものの、編集された映像ではないかと、その信憑性を疑う者がいるのも事実だ。

2017-07-07_194341

■民間航空会社のパイロットによる目撃証言

しかし、民間航空会社のパイロットが、飛行機の操縦中にUFOを目撃したという証言はこれまでにも数多く報告されている。1995年にアルゼンチン航空の旅客機が、同国バリローチェ空港へ着陸態勢に入った時、機体の目の前に突如円盤型のUFOが出現。

光を放ちながら飛行する円盤と、危うく衝突しそうになるという事件が起きているのだ。他にも1952年には、米国ニューヨークからマイアミに向かって飛行中だったパンアメリカン航空の機体の目前に、突然6つの光輝く謎の物体が現れ、機体の真下を猛スピードで通過していったとの報告もある。

昨年10月には、1,900ページにも及ぶ「UFOファイル」を公開したスペイン。今回撮影されたUFOの謎が明かされる日も近いかもしれない……。

(文=山下史郎)

参考:「YouTube」、ほか

参照元 : TOCANA


スペイン国防省が「機密UFOファイル」1900ページを公開! 当局も困惑した「説明不可能な事件」が複数判明!

2016.10.28

今月、スペイン国防省が1900ページにものぼる「UFOファイル」をオンラインで公開! 「スペイン版Xファイル」とも目される機密資料に、世界中が激震している。

2017-07-07_200241

■スペインの「UFOファイル」

スペイン国防省は1991年からUFO情報の機密解除を行ってきたが、これまではスペイン空軍本部に直接足を運ばない限り閲覧することができなかった。だが、このたびオンライン公開が決定。1962年〜95年の間にスペイン国内で報告されたUFO目撃情報が、80のデジタルレポートにまとめられている。

それぞれのレポートには、目撃地・目撃日時・目撃情報の要旨・目撃者のインタビューや画像などの情報が掲載されている。1箇所で目撃されたものから、複数人が異なる場所で目撃したものまであり、日付と描写が一致している場合、同一の物体を目撃したものとして取り扱われているそうだ。今回はその中から、スペイン・ガリシア州で報告された4つの目撃談をご紹介したい。

●“分厚い”UFO

1966年4月2日スペイン北西部フェロルで、警備員と2人の船乗りが、上空を漂う“分厚い物体”を目撃、5分毎に形を変える薄暗い明かりを放っていたという。それから30分後の夜11時頃には、フェロルから直線距離で6kmほど離れたナロンで、船乗りが地元ラジオ放送局の上空を漂う同一物体を目撃したそうだ。

2017-07-07_200403

●モザイクタイルUFO

1969年4月2日には、ガリシア州ベセレアーとルーゴの中間付近で直径2メートルの丸い飛行物体が目撃されている。

2017-07-07_201201

目撃者の男性は、

「その物体には貝殻のような形をした面と平たい面がありました。そして全体がファンタスティックな光で照らされていました」
「機体はモザイクタイルのような様々な色の小さなピースでできていました」
「動きがなく、地上にかなり近いところにいました」

と、目撃した飛行物体を詳細に描写している。その後、男性はより詳しく観察するために車を止められる場所を探していたが、レポートによると「目撃者が車を止めたときには、もうその物体は消えていた」という。

国防省は「目撃者の証言は客観的で正確である可能性を排除できない」としつつも、「太陽か花こう岩に反射した光が引き起こした錯覚である可能性が高い」と結論づけ、それ以上の調査には乗り出さなかったようだ。

●電波干渉UFO

「UFOファイル」に記録されているのは民間人の目撃情報だけではない。ガリシア州の港町ノイアでは、1989年12月5日午後6時48分ごろ、軍の航空統制隊が不審な飛行物体を確認。サンティアゴ・デ・コンポステーラの航空管制官も、7時頃に上空17km付近でレーダーが反応を示したと報告している。その後、不思議なことに午後8時頃から謎の電波干渉が管制室を襲い、午後9時には追跡を打ち切らざるを得なかったそうだ。レポートによると、この物体は「メガネ状」の円盤で、様々な色の光を発しながら低速で飛行していたという。

2017-07-07_200539

●緑色の高速UFO

1993年12月23日に同じくノイアで目撃されたUFOは、125ページに渡ってまとめられている。レポートによると、ノイアの航空統制隊長を含めた5人が、緑色の飛行物体を目撃。黄色っぽい飛行機雲を吐き出していたという。目視できたのは僅か3〜4秒ほどで、物凄いスピードで大西洋のかなたに消えていったそうだ。レポートでは「隕石と思われるが、説明不可能な事件」と結論づけられている。

如何だっただろうか? 米国に引き続き、スペインまでもがUFO機密情報のオンライン公開に踏み切った。今後この流れが世界中に波及していくことも考えられる。各国の動向には一層注視していった方が良いだろう。

今回ご紹介したエピソードは「UFOファイル」のほんの一部に過ぎない。全てのレポートは「スペイン国防省のオンライン図書館」から無料で閲覧できる。興味のある読者は一読してみるのも良いかもしれない。

(編集部)

参考:「スペイン国防省オンライン図書館」、「El Mundo」、「Express」、ほか

参照元 : TOCANA


2016年7月、ロシアのパイロットが2機のUFOと遭遇した映像を報告した!



スペインで白龍(ホワイトドラゴン)のような謎の生物が発見される

八つ裂きか?スペインで「ハク様」に似た龍のような生物が発見される

77f8a505-s

龍は空想上の生き物であり、実際には存在しないわけですがもしかしたら昔の人はこのような「謎の生物」を見て、想像して作り上げたのかもしれません。ということでこちらには謎の生物がスペインで打ち上がったと話題となっております。見た目はぼろぼろですが、これがもし生きていたら本当に龍のような生き物なのかもしれませんね。

2016-02-09_004413

掲載元の情報によるとこの謎の生物は、スペインの海岸で見つかったのだという。大きさは4メートルほどありツノがあるのが特徴なのだという。

で、これが何なのか生物学者がしらべているのだがわからないのだという。角が生えているという点と4メートルもあるという点から、もしかしたら神話上海の怪物かなにかではないかと地元のテレビが報じているという。

しかし空想上のモンスターであるわけはないので、もし可能性があるとすればリュウグウノツカイの仲間か何かではないかということだ。

ハク様が湯婆婆に八つ裂きにされた姿でなければ良いですが、ね。

(秒刊ライター:たまちゃん)

参照元 : 秒刊SUNDAY


このホワイトドラゴンの映像は本物か?





Hey Guys, Bill here! Those mystery creatures you guys want answers about just keep rolling in… and here are three of the latest sent in from billschannel viewers just like you.

(This is the script for the show, good for translations).

Number 1, is this thing sent in by Drakken Shago, who wrote, "Hello Bill, I recently found this image, and I thought I could ask you for help. is real or fake?"

Well Drakken, this beast from the ocean is pretty strange looking but it is real.

It was confirmed to be a rare megamouth shark by Marine Wildlife Watch of the Philippines.

This male shark is only the 66th Megamouth specimen to be officially recorded.

It washed ashore in the Philippines and was measured at 4.6 Meters ( or about 15 feet) long.

Number 2 is the cute little guy.

Jamie Herinquez sent this to me with a note that simple said, Real Or Fake.

Jamie, there are a lot websites out there peddling the idea that this was found in China and no one can identify it. But it turns out to be, and you guessed it… real!

It’s called the Spotted Cuscus.. Some people claim it is Australia's Answer to the sloth, slow moving, sluggish and shy. Not dangerous at all.

Number 3, is this dragon looking thing.

Both Leonardo Soto & Latisha Gligich sent this in wondering if it might be real.

Now, I get a lot of submissions about dragons but this particular one is a fake.

The story that usually comes with the photos is that it was shot and killed in somebody’s house in Malaysia or China - but the truth is, it is a sculpture as evidenced here in this pictures published in Malaysia.

There is no word on what it was built for, but I don’t think you have to worry about it reeking havoc anytime soon.

If you come across anything you not quite sure about… send it to me at billschannel@ gmail.com and I will see you next time!



スペイン裁判所がイスラエルのネタニヤフ首相に逮捕状(戦争犯罪)

スペインがイスラエル「ネタニヤフ首相」を戦争犯罪で逮捕状

e8707bac2cffc18c8e4a4bdbf056212b

シオニスト悪魔ネタニアフに逮捕状が出ているようです。

スペイン警察 ネタニヤフに逮捕状(2015-11-26)

スペインの地に足を踏み入れると、ネタニヤフは捕まる。

司法解剖により9人のトルコ人活動家が30発撃たれて死亡と証明。

Israel wants to quash an arrest warrant prepared by a Spanish judge for Benjamin Netanyahu over the deadly 2010 IDF attack on the Gaza Freedom Flotilla that killed ten people. The Israeli PM and six other former ministers would be arrested if they set foot on Spanish soil. “We consider it to be a provocation,” said an Israeli foreign ministry spokesperson. “We are working with the Spanish authorities to get it cancelled. We hope it will be over soon.”

Judge Jose de la Mata, who drew up the warrants, ordered the police and civil guard to notify them if any of the seven enter Spain.

Israeli Defence forces carried out a deadly attack on the Freedom Flotilla aid ship Mavi Marmara, which was attempting to bring supplies to Gaza, in contravention of an Israeli-imposed blockade.

Nine activists were killed during the raid that took place in international waters some 150km from Gaza, one more died of wounds later that month.

Autopsies revealed the nine Turkish men were shot with 30 bullets and five were killed with close-range bullets to the head.

File picture shows an undated image taken from the Free Gaza Movement website on May 28, 2010 of the Turkish ship Mavi Marmara taking part in the ICC

: Israel's killing of 9 Gaza flotilla protesters ‘not of sufficient gravity’ for war crimes probe

The other Israelis who have been issued warrants are ex-foreign minister Avigdor Lieberman, ex-defense minister Ehud Barak, ex-deputy prime ministers Moshe Ya'alon and Eli Yishai,

former state minister Benny Begin, and Israeli Navy commander Eliezer Marom.

The investigation began after Spanish activists that were part of the flotilla filed a criminal complaint against the Israelis involved in the raid. In June this year, the five year investigation was put on hold, but can be reopened if any of the suspects visited Spain.

A UN report slammed the deadly IDF raid: “Israel’s decision to board the vessels with such substantial force at a great distance from the blockade zone and with no final warning immediately prior to the boarding was excessive and unreasonable.”

South African police have arrest warrants for four Israeli commanders involved in the Freedom Flotilla carnage.

An alert was circulated to South African Border Control system in September.

Provocation’: Israel outraged over Spain’s Netanyahu arrest warrant

RT.com

Netanyahu still faces arrest in Spain - Middle East Monitor




Netanyahu still faces arrest in Spain

Saturday, 21 November 2015 14:42

benjamin-netanyahu-Congress-030315

A Spanish judge is standing firm on his decision to reopen a legal case against Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu and others linked to the 2010 Mavi Marmara raid if any of them ever step foot in Spain. Anadolu Agency has gained access to a decree from Judge Jose de la Mata, which, despite a request from the district attorney’s office to cancel the order, maintains the position that could lead to the arrest of Netanyahu or other Israeli officials if they enter Spanish territory.

De la Mata has ordered the addition of seven names to the police database and for police or national security to notify him if any of the people named are in, or are trying to enter, Spain. Once notified, the judge could reopen the case into the Freedom Flotilla which would allow the Spanish National High Court to notify, charge and even arrest the accused.

Six civilian ships in the Freedom Flotilla were raided in international waters by Israeli forces on 31 May, 2010, as the vessels tried to break the Israeli blockade of the Gaza Strip. Nine Turkish activists were killed and 30 other people were wounded, including one who died nearly four years after being critically injured. Three Spanish citizens were also on board at the time.

The names in De La Mata’s order are of those who made up the so-called “Forum of Seven”, a committee of Israeli ministers who made key decisions about security issues when the flotilla was attacked. They include Netanyahu, ex-foreign minister Avigdor Lieberman, ex-defence minister Ehud Barak, ex-deputy prime ministers Moshe Ya'alon (who is current defence minister) and Eli Yishai, former state minister Benny Begin and former Israeli naval commander Eliezer Marom.

“It is confirmed that the requirements exist to activate Spanish jurisdiction in this crime, for example the presence of the accused in Spanish territory,” the document, issued on 17 November, says. The appeal by the district attorney’s office was filed on 13 November.

The Israeli government is, predictably, outraged by the decision, said the Jerusalem Post. "We consider it to be a provocation,” explained Foreign Ministry spokesman Emmanuel Nahshon on 14 November. “We are working with the Spanish authorities to get it cancelled. We hope it will be over soon."

参照元 : MEMO Middle east monitor


‘Provocation’: Israel outraged over Spain’s Netanyahu arrest warrant

Published time: 17 Nov, 2015 17:29

564b646ec3618895028b4583

Israel wants to quash an arrest warrant prepared by a Spanish judge for Benjamin Netanyahu over the deadly 2010 IDF attack on the Gaza Freedom Flotilla that killed ten people.
The Israeli PM and six other former ministers would be arrested if they set foot on Spanish soil.

“We consider it to be a provocation,” said an Israeli foreign ministry spokesperson. “We are working with the Spanish authorities to get it cancelled. We hope it will be over soon.”

Judge Jose de la Mata, who drew up the warrants, ordered the police and civil guard to notify them if any of the seven enter Spain.

Israeli Defence forces carried out a deadly attack on the Freedom Flotilla aid ship Mavi Marmara, which was attempting to bring supplies to Gaza, in contravention of an Israeli-imposed blockade.



Nine activists were killed during the raid that took place in international waters some 150km from Gaza, one more died of wounds later that month.

Autopsies revealed the nine Turkish men were shot with 30 bullets and five were killed with close-range bullets to the head.

The other Israelis who have been issued warrants are ex-foreign minister Avigdor Lieberman, ex-defense minister Ehud Barak, ex-deputy prime ministers Moshe Ya'alon and Eli Yishai, former state minister Benny Begin, and Israeli Navy commander Eliezer Marom.

The investigation began after Spanish activists that were part of the flotilla filed a criminal complaint against the Israelis involved in the raid. In June this year, the five year investigation was put on hold, but can be reopened if any of the suspects visited Spain.

A UN report slammed the deadly IDF raid: “Israel’s decision to board the vessels with such substantial force at a great distance from the blockade zone and with no final warning immediately prior to the boarding was excessive and unreasonable.”

South African police have arrest warrants for four Israeli commanders involved in the Freedom Flotilla carnage. An alert was circulated to South African Border Control system in September.

READ MORE: Netanyahu under fire after accusing Palestinian grand mufti of inciting Holocaust

South Africa will liaise with Interpol Turkey to extradite the Israelis should they arrive. A court in Istanbul issued arrest warrants for the four in 2014.

Gadija Davids, a South African journalist, first made the complaint about the attack in 2011. She says she was kidnapped and assaulted before being imprisoned in Israel after the IDF stormed the aid ship.

“This decision has allowed us to hold these commanders, now fugitives from justice responsible to answer for crimes that were committed in the high seas,” Davids said.

参照元 : RT



スペインに宇宙ゴミが相次ぎ落下 正体不明の天体「WT1190F」も地球に落下

宇宙ごみが相次ぎ落下、住民騒然 スペイン

2015年11月13日(金)9時19分配信
 
2015-11-15_164906

【AFP=時事】スペインに、宇宙ごみの雨が降り注いだ──。同国南東部で、ロケット燃料タンクや衛星の残骸の可能性がある謎の物体が、わずか1週間の間に3つ空から落下し、戸惑う地元の人々が見守る中、爆弾処理班や防護服に身を包んだ専門家らが現場に駆けつけた。

最初の落下物は、黒い蜂の巣のような奇妙な球体で、ムルシア(Murcia)州の町ムラ(Mula)で先週、発見された。そして先週末、見た目は似ているがより小さな物体が、30キロ離れた同州カラスパラ(Calasparra)でも見つかった。

カラスパラ町役場のマリア・ホセ・ゴマリス(Maria Jose Gomariz)さんは12日、「最初の物体が見つかった日の早朝、6〜7個の火の玉が空から落ちてくるのを見たとの目撃情報が複数寄せられている」と述べた。

この発見は騒ぎを引き起こし、治安警察の捜査官らが現場に駆けつけ物体を詳しく調査したが、警察は、2つの物体にはいずれも放射能はなく、人体には危険がないと断定した。治安警察は、これら物体がロケットの補助燃料タンクの一部である可能性があるとみている。

第3の物体は、ムルシア州に隣接するバレンシア(Valencia)州のエルダ(Elda)で10日に見つかった。農家の男性が自分の畑で長い金属のような物体を発見し、警察に通報した。物体を回収した近郊のアリカンテ(Alicante)の警察によると、衛星の破片の可能性があるという。

米航空宇宙局(NASA)によると、現在50万個以上の破片が地球の周りを回っており、毎年、小さな宇宙ごみが地球に落下している。【翻訳編集】 AFPBB News

参照元 : AFP=時事

img_59e621ec94aed18f6af743db0f7181e6205721

img_483f2e587a5c965b3259b94bfd871921267284


正体不明の天体「WT1190F」、地球に落下! 国際チームが観測に成功

2015年11月14日(土)17時0分配信

今年10月3日に発見された、地球と月を結ぶ軌道を回っていた天体「WT1190F」が、2015年11月13日15時18分(日本時間)に、スリ・ランカの南のインド洋上で大気圏に突入した。これまでのところ地上への被害は報告されていない。

WT1190Fは大きさ2mほどの天体で、その軌道運動から、自然の天体としては密度が小さいことが判明しており、過去に月や惑星に向けて探査機を打ち上げたロケットの、タンクやパネルといった人工物ではないかと考えられている。

この天体の追跡にはNASAなども協力、また突入に際しては、欧州やアラブ首長国連邦などの大学や研究機関からなる観測チームが組織され、WT1190Fが大気圏に突入した瞬間を、航空機から観測することに成功した。

観測で得られた映像やデータは、将来の小惑星や、スペース・デブリ(宇宙ゴミ)の大気圏突入時の動きを予測を改善することなどに役立てられる。

参照元 : sorae.jp



スペインで緑色の犬が生まれる!超人ハルクにちなんで名前はハルクに

緑色の犬が生まれる…スペイン

2014/06/14

スペインで緑色の犬が生まれました。ブリーダーのアイド・バラレドさん(27歳)のもとで生まれた子犬のうち、2匹が緑色でした。一緒に生まれた他の子犬たちは普通の体色でした。

アイドさんは子犬の体が何かで汚れていると考え、洗い流そうとしましたが、もともとの体毛の色が緑なのだと気がつきとても驚いたといいます。

緑色の2匹の子犬のうち、メスの方はすぐに死んでしまいましたが、オスは今も生きています。他の子犬と比べると、体が小さく虚弱です。体の色は緑色からだんだん普通の犬のようになってきているそうです。

アイドさんの父親のマニュエル・バラレドさん(52歳)は、緑色の肌をした「超人ハルク」にちなんで子犬を「ハルク」と呼んでいます。

獣医師のダニエル・バルベルデさんは、メスの緑犬が死んだ理由と、なぜ緑色なのかを調査中です。ダニエルさんによると、スペイン国内でこれまでに緑色の犬が生まれたという科学的な報告はないとのこと。ウイルス・細菌学的な試験を行なって、この謎を解きたいとしています。

メイル・オンラインの報道によると、英国ランカシャーでも、2012年に緑色のラブラドールが生まれています。

参照元 : アメナマ!


Are these the world's first GREEN puppies? Spanish dog owner has kittens when litter of five includes two 'Hulk' pups

19:34 GMT, 12 June 2014

A Spanish dog breeder was left in shock when two tiny puppies were born a shade of green.
Aido Vallelado, 27, said she struggled to believe it when she first saw the colour of the two puppies.
Born smaller and weaker than the rest of the litter, one of the green puppies, a female, died shortly after birth - but the male puppy is still alive, although he is weak.
Ms Vallelado said: 'I thought the puppies were maybe dirty somehow and I tried to clean them, but the colour wouldn't come off and then I realised it was the colour of their fur.'
 
green_dog01

A Spanish dog breeder was left in shock when these two tiny puppies were born green

article-2656315-1EB0E67C00000578-734_306x488

article-2656315-1EB0E46C00000578-935_306x488

Aido Vallelado, 27, said she struggled to believe it when she first saw the colour of the two dogs
Molina, who breeds hunting dogs with her father Manuel Vallelado, 52, in the Spanish town of Laguna de Duero, said her father had called the puppies the Hulk pups, and joked that she should not get them angry.
The male puppy is now gradually beginning to lose his colouring.
Vet Daniel Valverde is now looking into the cause of death of the female puppy and the dogs' colour.

He said: 'There are no other recorded cases of this happening in Spanish scientific literature. I am carrying out virological and bacteriological tests to try and find an answer.' 
The two Spanish puppies however are not the first reported examples of green pups.
In 2012, MailOnline reported on a green Labrador puppy born in Clayon-le-Moors, Lancashire.



article-2656315-1EB0E67000000578-759_634x356

Molina, who breeds hunting dogs with her father Manuel Vallelado, 52, (pictured) said her father had called the puppies the Hulk pups
Naomi Grimes and Kyle Murray's two-year-old golden Labrador, Buttons, gave birth to a litter of eight - but the couple were shocked when the second in the litter came out with an unusual green glow.
The other seven puppies were born - during the 28-hour labour - with normal golden coats. 
The cause for the colouring at that time was given as exposure to a substance called biliverdin, which can be found in the placenta.

参照元 :
Daily Mail

スペインの泥棒が民家から盗んだカメラやテープに少年の性的虐待ビデオ画像があるのを見つけ警察に通報、民家の住人64歳男が逮捕される

スペインの泥棒の義憤、侵入先で性的虐待画像見つけ警察通報

2013.12.21 Sat posted at 16:28 JST

o0400040011137310520

マドリード(CNN) スペイン南部のハエンで泥棒が民家から盗んだカメラやテープに少年の性的虐待のビデオ画像があるのを見付けて警察に通報、民家の住人の64歳男が逮捕される事件があった。

泥棒は旧式のカメラ「スーパー8」などに収められていたテープ3つを封筒に入れ、駐車中の車の下に隠して公衆電話から警察に連絡。テープの在り場所を知らせると共に、封筒の中に容疑者の住所を教えるメモ用紙も添えていた。

また、自らのメモ書きも同封し、「これらのテープを手にする不運に出くわした」などと記述。「警察がその職務を果たし、この下劣な人物に終身刑を下すことが出来るようテープを差し出す義務を感じる」とも述べていた。

逮捕された容疑者は一人暮らしで、地元のサッカーチームのコーチ。地元警察によると、ポルノビデオを見せる約束で一部の少年選手を誘い、性的虐待を働いていたという。4人の被害者の存在がわかったが、16歳の少年は6年間にわたって被害を受けていたという。

容疑者は自宅の泥棒被害を警察に通報し、多数の電気製品の盗難を報告したが、カメラとテープについては伏せていた。地元警察の警官はこの泥棒を「良心ある盗っ人」と呼んでいるが、行方を追う職務も忘れていない。

参照元 : CNN.CO.JP
http://www.cnn.co.jp/world/35041759.html

【閲覧注意】スペイン列車脱線事故!死者78人、他90人が入院中!頭が潰れた16歳少女の死体がグロ過ぎる

【スペイン列車脱線事故】

運転士が昨年、サイトで200キロ運転を自慢 死者80人に

2013.7.26 01:10

スペイン北西部ガリシア州サンティアゴ・デ・コンポステラで起きた高速鉄道脱線事故は25日、列車が制限速度を大幅に超えて急カーブに進入したことが判明した。捜査当局は運転士による速度違反が脱線の原因との見方を強めているもようで、ロイター通信によると、運転士を正式に取り調べている。

同国メディアによると、死者は80人に達した。複数の同国メディアは捜査関係者の話として、運転士の1人が、制限速度の2倍以上の時速約190キロで走行していたことを認めたと伝えた。多くの車両は横転して大破した。

ムンド紙電子版などは25日、運転士が昨年、交流サイトで、時速200キロで走行した経験を誇示する書き込みをしていたと伝えた。  スペイン国鉄のロドリゲス社長はラジオの取材に「事故を起こした車両は当日の朝に点検を受けたばかりで異常はなかった」と述べ、技術的な問題の可能性を否定した。(共同)

ソース : 産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130726/dst13072601110001-n1.htm




Spain's Train Disaster - Security Camera Footage ; Spanish train driver 'admitted to going too fast'



20130725-743065-1-L

1374695943_634251_1374701480_album_normal_680

2013-07-24T224331Z_5_CBRE96N1NK600_RTROPTP_2_SPAIN-TRAIN

d3a1cea5

1374718525168

2013-07-24T224331Z_5_CBRE96N1NK600_RTROPTP_2_SPAIN-TRAIN

1374695943_634251_1374704110_album_normal_680

1374695943_634251_1374701480_album_normal_680

グロ注意!16歳少女の死体

thumb_zoom2

thumb_zoom1

人気ブログランキングへ

【スペイン】事故の後、車が立ち往生し、動かない事にブチ切れ!自分の車を破壊するクレイジー男

ドライバーが自分の車を破壊

事故の後、車が立ち往生。ブチキレて自分の車を破壊するドライバー。友人がいくら止めても怒りは収まらず。


Driver destroys his own car



人気ブログランキングへ

最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ