地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

シリア

【閲覧注意】米軍がシリア(アサド政権)の軍事施設に巡航ミサイル攻撃!化学兵器が撒かれた後の街(R18指定)

シリア アサド政権の軍事施設に 米軍が巡航ミサイルで攻撃

2017年4月7日 13時58分

2017-04-07_195751

アメリカのトランプ政権はシリアで化学兵器の使用が疑われる攻撃で多数の死傷者が出たことへの対抗措置として、シリア国内にあるアサド政権の軍事施設を巡航ミサイルで攻撃しました。シリアの内戦が始まって以降、アメリカがアサド政権への攻撃に踏み切ったのは初めてです。

シリアでは今月4日、北西部イドリブ県の、反政府勢力が支配する町で空爆があり、少なくとも72人が死亡したほか、住民の多くに呼吸困難やけいれんなどの症状がみられ、猛毒のサリンのような神経ガスや塩素ガスなどの化学兵器が使われた疑いが強まっています。

これを受けてトランプ政権は、アサド政権による攻撃だとして6日、対抗措置としてシリア国内にあるアサド政権の軍事施設を巡航ミサイルで攻撃しました。

トランプ大統領は、滞在先の南部フロリダ州で声明を発表し「シリアの独裁者、アサドが無実の市民に対して化学兵器を使って攻撃を行った。このとても残虐な攻撃でかわいい赤ちゃんたちも無慈悲に殺害された」とと述べました。

そのうえで「シリアの空軍基地に対する軍事攻撃を指示した。この攻撃は化学兵器の使用と拡散をやめさせるためアメリカの安全保障上、非常に重要な国益だ」と述べ、シリアへの攻撃に理解を求めました。

アメリカ国防総省によりますと、地中海に展開するアメリカ軍の駆逐艦からシリア軍の飛行場に対して巡航ミサイル59発を発射したということです。

アメリカはシリアで過激派組織IS=イスラミックステートに対して空爆を続けてきましたが、アサド政権への攻撃に踏み切ったのは今回が初めてです。

この攻撃について、シリアの反政府勢力はアサド政権が化学兵器を使ったと強く非難していますが、アサド政権とその後ろ盾のロシアはこれを否定し、双方の主張は真っ向から対立しています。

米国防総省の声明 空軍基地にミサイル発射
アメリカ国防総省の声明によりますと、トランプ大統領の指示を受けて、アメリカ軍が日本時間の7日午前9時40分ごろ、シリアのシャイラート空軍基地に対し巡航ミサイルを発射したということです。

巡航ミサイルは、地中海に展開するアメリカ海軍の駆逐艦「ポーター」と「ロス」の2隻から、シリアの空軍機、燃料や弾薬施設、それにレーダーや防空施設を標的に合わせて59発が発射されたということです。

また、シャイラート空軍基地は、化学兵器の貯蔵に使われていたとしていて、アメリカの情報機関はこの基地を離陸した空軍機が化学兵器の攻撃を実施したと判断したとしています。

また、空軍基地にいるロシアとシリアの人員が被害を受ける可能性を最小限にするため、アメリカ軍の攻撃について事前にロシア軍に通報したとしています。

アメリカ国防総省は、現在、今回の攻撃の結果を調べていますが、現時点では、シャイラート空軍基地にある空軍機や設備に大きな損害を与え、シリア政府による化学兵器の使用能力が低下したとしています。

シリア 反政府勢力「攻撃を歓迎」
アメリカがシリア国内にあるアサド政権の軍事施設を巡航ミサイルで攻撃したことについて、アサド政権と戦闘を続けるシリアの反政府勢力、シリア国民連合の広報担当者は、フランスのAFP通信の取材に対し、「攻撃を歓迎する。アメリカ政府がアサド政権の空爆能力を無力化させるよう求める」と述べました。

シリア国営通信 化学兵器使用の疑惑自体がねつ造
アメリカのトランプ政権が、シリア国内にあるアサド政権の軍事施設を巡航ミサイルで攻撃したことについて、シリアの国営通信は「アメリカの侵略行為は、イドリブ県で起きたことをめぐる、多くのテロ支援国によるプロパガンダのあと行われた」と伝え、アサド政権が化学兵器を使ったという疑惑自体が、アメリカなどの反政府勢力の支援国によってねつ造されたものだと強調しました。

「空軍基地1か所が攻撃受けた」
シリア国営通信は「きょう7日の明け方に空軍基地1か所がアメリカ軍が発射したミサイルによって攻撃を受け、被害が出た」と伝えました。

また、ロイター通信によりますと、シリアの国営テレビは、シリア軍関係者の話として「アメリカによるミサイル攻撃によって、シャイラート空軍基地に損害が出ている」と伝えています。

一方、ロイター通信は、アメリカ国防総省の話として「アメリカが標的にしたのは、ロシアが駐留しているとされている場所ではない」と伝えています。

岸田外相「事実関係の確認に全力」
岸田外務大臣は衆議院の外務委員会で「情報は承知しており、現在、わが国としても事実関係の確認に全力で取り組んでいる。シリアについては、化学兵器が使われたのではないかという事案が発生した後、安全保障理事会で議論が行わていたところであり、日本としても、まずは安保理の場で、国際社会の対応、議論にしっかり貢献していかなければならないと考えている。国連の場などを通じて情報収集、分析に努めたい」と述べました。

また、岸田外務大臣は7日正午すぎ、外務省で記者団に対し、「わが国としては、まず事実関係の確認と調査を進めている。事実関係を確認したうえで、日本政府としての考えを明らかにしなければならない」と述べました。

また、記者団が「アメリカの対応を支持するのか」と質問したのに対し、岸田大臣は「日米間で意思疎通は緊密に行っているが、詳細は控える」と述べました。

外務省の杉山事務次官は7日午後1時半ごろ総理大臣官邸を出る際、記者団が「安倍総理大臣に状況説明を行ったのか」と質問したのに対し、「そうだ。谷内国家安全保障局長を中心に、外務省、防衛省などから」と答えました。また記者団が、「日本政府の対応はちかぢか発表するのか」と質問したのに対し、「そう遠くない将来、明らかにする」と述べました。

自民 高村氏「レッドライン越えたことが決意に」
外交・安全保障政策に詳しい、自民党の高村副総裁は、党本部でNHKの取材に対し、「アサド政権が化学兵器を使ったという確証を持っていて、レッドラインを越えたということだろう。このことが、『無法国家』にアメリカの決意を知らせることになり、『無法』ができなくなるということが考えられる。その反面、北朝鮮が、『シリアは核を持っていないから攻撃された』と、ますますミサイルや核が必要だと考えるかもしれない。トランプ政権はオバマ政権と違い、レッドラインを越えたと思えば思い切ったことをやるというメッセージが、『無法国家』を抑制させる効果が出ればいい」と述べました。

少なくとも2種類の化学兵器使用か
シリア北西部イドリブ県では、4日、反政府勢力の支配地域が空爆を受け、子どもを含む少なくとも72人が死亡し、数百人が病院で手当てを受けています。現地で活動する国際NGO国境なき医師団は、患者の症状から、少なくとも2種類の化学兵器が使用された疑いがあるとしています。

現地の病院に医療チームを派遣している国際NGO、「国境なき医師団」は5日、声明を出し、治療した患者から瞳孔の収縮や筋肉のけいれんなど猛毒のサリンのような神経ガスに特徴的な症状が見られたと明らかにしています。

さらに、別の病院に運ばれたほかの患者からは、塩素にさらされた可能性があることを示す漂白剤のような臭いが確認されたということで、少なくとも2つの種類の化学兵器が使われた疑いがあるという見方を示しました。

この攻撃について、シリアの反政府勢力はアサド政権が化学兵器を使ったと強く非難していますが、アサド政権はこれを否定し、双方の主張は真っ向から対立しています。WHO=世界保健機関は、専門家チームを派遣し、犠牲者の検視に立ち合うなどして攻撃に使われた物質を特定する調査に乗り出しました。

また、国連安全保障理事会は、5日、緊急会合を開き、欧米各国は、攻撃を行ったのは、アサド政権だと厳しく非難しましたが、ロシアは真っ向から対立したため、真相究明を求める欧米が共同で提出した決議案は採決が見送られています。アサド政権は4年前、国内の化学兵器の廃棄に応じましたが、その際、廃棄の対象とはならなかった塩素ガスなどによる攻撃を続けていると国連などから指摘されていました。

トランプ氏 急速にアサド政権への強硬発言
アメリカのトランプ大統領は、シリアで化学兵器が使われた疑いが強まっていることをめぐり、ここ数日急速にアサド政権に対する強硬な発言が目立つようになっていました。

このうち5日には、「罪もない市民に対する化学兵器を使った攻撃は恐ろしいことでこのようなアサド政権による凶行は許容されてはならない」と述べて厳しく非難しました。

そのうえで許容できない一線、いわゆるレッドラインを越えたのかという質問に対し「私にとっては『レッドライン』の域を越え、いくつもの線を越えている」と述べて何らかの行動を取る可能性を示唆していました。

さらに、トランプ大統領は、6日南部フロリダ州に向かう飛行機の中で同行の記者団に対して「アサド大統領がまだシリアで取りしきっている。何かが起きるべきだ」と述べ何らかの対抗措置が必要だという考えを示し、強硬な姿勢を示していました。

プーチン政権はアサド政権の政府軍を支援
シリアのアサド政権を擁護してきたロシアのプーチン政権は、2013年、アメリカのオバマ前政権が、シリアのアサド政権が化学兵器を使ったとしてシリアへの軍事行動に踏み切ろうとした際、シリアの化学兵器を国際管理下に置く提案を行い、アメリカ軍による軍事行動を断念させました。

ロシアは、おととし9月からアサド政権からの要請を受け、シリアを拠点とする過激派組織IS=イスラミックステートをせん滅するとして、シリアでアサド政権の政府軍を支援して軍事作戦に踏み切りました。

今回、シリア北西部で化学兵器が使われたと見られることについて、ロシア国防省は、ロシア軍の関与を否定したうえで、化学兵器は反政府勢力のものだとの見方を示していました。

これまでロシア軍が軍事行動を続けてきたシリアで反政府勢力を支援するアメリカが軍事行動に踏み切ったとことでアメリカとロシアの間でシリア問題をめぐる対立が一層先鋭化することが予想され代理戦争になるおそれも懸念されます。

参照元 : NHKニュース




攻撃を命じたトランプ大統領の声明 全文

2017年4月7日 14時42分

2017-04-07_200139


アメリカのトランプ大統領がシリアへの攻撃を命じたあと出した声明の全文です。

アメリカ国民の皆さん、シリアの独裁者アサドが火曜日、おそろしい神経ガスの化学兵器を使って罪のない市民を攻撃した。アサドは無力な男性、女性、子どもの息の根をとめた。多くの人が時間をかけて残虐に殺された。この非常に野蛮な攻撃によってかわいい赤ちゃんたちさえ残酷に殺害された。どんな子どももこのような恐怖によって苦しむべきではない。

化学兵器による攻撃を実施したシリアの飛行場を標的とした軍事攻撃を、今夜、命令した。化学兵器の使用と拡散を防ぐことはアメリカの安全保障上の重要な利益だ。

シリアが化学兵器禁止条約の義務に違反し、国連安全保障理事会の求めを無視して禁止された化学兵器を使ったことには議論の余地がない。アサドの行動を変えさせるための何年にもわたるこれまでの取り組みは大きな失敗に終わった。その結果、難民危機は深まり、地域の不安定な状況は続き、アメリカや同盟国の脅威となっている。

私は今夜、シリアでの虐殺と流血の事態とあらゆるテロ行為を終わらせるため、すべての文明国に協力を求める。われわれは非常に問題の多い世界の難局に直面している。傷つき亡くなった人たちに祈りをささげ、アメリカが正義の側にいるかぎり、最後には平和と調和が勝利することを望む。おやすみなさい、そしてアメリカと全世界に神の恵みを。ありがとう。

参照元 : NHKニュース



安倍首相 米政府の決意を支持

2017年4月7日 15時37分

2017-04-07_200719

安倍総理大臣は記者団に対し、アメリカ軍がシリア国内にあるアサド政権の軍事施設を巡航ミサイルで攻撃したことについて、化学兵器の拡散と使用は絶対に許さないというアメリカ政府の決意を日本政府として支持する考えを示しました。

政府は、アメリカ軍がシリア国内にあるアサド政権の軍事施設を巡航ミサイルで攻撃したことを受けて、午後3時すぎから総理大臣官邸で、安倍総理大臣や岸田外務大臣、それに稲田防衛大臣らが出席してNSC=国家安全保障会議の閣僚会合を開きました。

このあと、安倍総理大臣は記者団に対し、「シリアにおいて再び化学兵器によってなんの罪も無い多くの一般人が犠牲となった。幼い子どもたちも犠牲となった惨状を目の当たりにして国際社会は大きな衝撃を受けている」と述べました。

そのうえで、安倍総理大臣は「極めて非人道的であり、国連決議にも反する。化学兵器の拡散と使用は絶対に許さないという米国政府の決意を日本政府は支持する。今回の米国の行動は、これ以上の事態の深刻化を防ぐための措置と理解している」と述べました。

そして、安倍総理大臣は「東アジアでも大量破壊兵器の脅威は深刻さを増している。その中で、国際秩序の維持と、同盟国と世界の平和と安全に対するトランプ大統領の強い関与を日本は高く評価する。今後、米国をはじめ国際社会と連携しながら、世界の平和と安定のために日本が果たすべき役割をしっかり果たしていく」と述べました。

自民 下村氏「党として政府の方向性を支持」
自民党の下村幹事長代行は党本部で記者団に対し、「安倍総理大臣が、トランプ大統領との信頼関係の中で、アメリカを支持するとコメントしたということであれば、党としては当然、政府の方向性を支持したい。アメリカとロシアとの関係は非常に危惧する部分があるが、政府には、日本とロシアの関係がマイナスにならない視点で対応してほしい。北朝鮮に対しては、一定の抑止力になる部分もあるのではないかと考えている」と述べました。

共産 笠井氏「アメリカ支持 直ちに改めるべき」
共産党の笠井政策委員長は、記者会見で「化学兵器の使用は、人道と国際法に違反する重大で許されない行為だが、国連安全保障理事会の決議もないままに、アメリカが一方的に攻撃を強行したとなると、国連憲章や国際法に反する。そうした中で、安倍総理大臣が『支持する』と言ったことは、極めて重大なことだ。軍事攻撃により、シリア内戦をさらに悪化させることになるし、日本政府や安倍総理自身も、悪化させる側に立つということになるので、そういう態度は直ちに改めるべきだ」と述べました。

参照元 : NHKニュース


今月4日、条約により禁止されている「化学兵器」がシリアで使用された。その街の様子がヤバすぎる。今現在、死者は100人以上、多数の子供も含まれる。



Minutes after the sarin gas attack on Idlib, Syria

Part of channel(s): Syria (current event)
Dozens of people, including at least ten children, have been killed in what is suspected to be one of the deadliest chemical attacks in Syria in years, multiple activist groups say.









シリアで連続爆弾テロが起き、兵士や市民ら47人死亡 イスラム国が犯行声明

シリアで連続爆弾テロ 兵士や市民ら47人が死亡

2016/09/05 22:27
 
000082845_640

内戦が続くシリアで連続爆弾テロが起き、これまでに兵士や市民ら47人が死亡しました。過激派組織「イスラム国」が事実上の犯行声明を出しています。

シリアの首都ダマスカスや西部のホムスなど4カ所で5日、自動車爆弾などによる爆弾テロが相次ぎました。シリア反体制派のNGO(非政府組織)によりますと、これまでにアサド軍の兵士や市民ら47人が死亡し、多くのけが人も出ているということです。

一連の爆弾テロについて、過激派組織「イスラム国」系のメディアは「『イスラム国』の戦士が殉教作戦を行った」と伝えています。「イスラム国」はシリアやイラクでの劣勢が伝えられるなか、アサド政府軍やクルド人勢力など敵対勢力が支配する地域でテロ攻撃を激化させています。

参照元 : テレ朝ニュース


At least 40 people were killed in a series of bombings in mainly government-held areas of Syria on Monday, according to state media.

The self-styled Islamic State, or ISIL, said it was behind the attacks.

The deadliest were two explosions on the Arzouna bridge area at the entrance to Tartous, which killed 35 people, according to the Syrian Observatory for Human Rights.

Syrian state television said the first explosion was a car bomb and the second was a suicide belt detonated as rescue workers came to the scene of the first incident.

In the space of an hour, a suicide bombing struck a suburb west of Damascus, while a motorbike exploded in the northeastern city of Hasaka, which is controlled by Kurdish fighters. A car bomb also exploded in the central city of Homs. The Observatory said it hit an army checkpoint, killing four officers.

#Syria’s #war: Multiple #bomb blasts hit government controlled areas including Tartous, Homs, Hasaka AJENews https://t.co/nfjkvwaI7O— B.D. Mowell (bdmowell) September 5, 2016

Islamic State claims wave of bombings across Syria that killed at least 48 people https://t.co/oSodjEogSd pic.twitter.com/2zR4xjahEe— Chicago Tribune (@chicagotribune) September 5, 2016

The attacks follow the recapture by the army and its allies of a district of Aleppo that rebels had seized last month.

They also came just as the G20 summit wrapped up in China, and the United States and Russia failed to reach a deal on ending the violence in Syria.

President Barack Obama said his meeting with Vladimir Putin was “constructive but not conclusive.” Putin said the talks were “on the right track” and he hoped both nations would strengthen cooperation against terrorism.

Obama calls G20 talk with Putin “constructive but not conclusive.

Wave of ISIL-claimed bombings in Syria kills at least 40





シリア内戦で空爆を受けた街並みが地獄すぎる

まるで「この世の終わり」! シリア内戦で廃墟と化した街の空撮映像が地獄すぎる

2016.02.16

2016-02-23_141128

アサド政権と反体制派、そして「イスラム国(IS)」やクルド人勢力、さらに背後で戦闘を支援する欧米やロシア、そして中東各国の思惑も絡み、シリア内戦は混迷を極めている。シリア人権監視団(英国)の報告によると、昨年1年間の内戦による死者数は5万5219人(子どもは2574人)、2011年に内戦が本格化してからの死者数はすでに26万人を超えた。しかも、この統計に行方不明者は含まれないため、実際の犠牲者数はこれをはるかに上回るとの指摘もあるほどだ。

現在、住む場所を失った多くのシリア人が難民となって周辺国やヨーロッパへと流れこんでおり、各国は対応に苦慮している。過激な排斥運動が広がりを見せる一方、難民のなかにも犯罪に走る者や、テロリストが紛れこんでいる疑いも浮上しており、歴史的混乱へと発展する恐れまで指摘されている。このような中、混乱の震源地であるシリアのあまりにも悲惨な状況を如実に示す動画が公開され、改めて世界に衝撃が走っている。まずは問題の映像をご覧いただこう。



シリア第三の都市ホムス。首都ダマスカスとアレッポの中間に位置し、内陸部の各都市を結ぶ要所として栄えている――という話は今や昔。2016年現在、ホムスの街は内戦によって完全に“死んだ街”になってしまった。ドローンによる空撮映像が捉えているのは、もはや人が住めるような建物が一軒も残されていない絶望的現状だ。爆撃によって瓦礫の山と化した街は、人口100万人を誇っていた過去がまるで嘘のように閑散としている。まさに「この世の終わり」としか喩えようのない光景だ。

▼破壊される前のホムスの街並

2016-02-23_141217

自らの愛する街が完膚なきまでに破壊され尽くした時、人はどのような行動を取るだろう。復興に努めるほどの気力と体力が残されていればよいが、それよりも早くこの地獄から抜け出し、新天地で再び生活を立て直したいと願うことを誰も否定はできないはずだ。この映像は、シリア難民の多くが「生きるため」に、止むに止まれぬ思いで母国を去らざるを得ないという現実を世界に訴えかけている。

(編集部)



参考:「産経ニュース」、ほか

参照元 : TOCANA


15年の死者5万5千人超 人権監視団、子供犠牲も2500人以上

2016.1.1 15:35

ダウンロード

シリア人権監視団(英国)は31日、2015年1年間のシリア内戦の死者数が5万5219人に上ったと発表した。行方不明者もおり、実際の数はさらに多いとみられる。子供の犠牲は2574人。

11年3月に反体制運動が本格化してからの死者数は26万758人に達した。14年の死者数は7万6021人だった。(共同)

参照元 : 産経新聞



シリアの首都ダマスカス近郊と中部ホムスで連続爆弾テロ!127人死亡 ISが犯行声明

連続テロで127人死亡=政権標的、ISが声明―シリア

2016年2月22日(月)5時9分配信

【カイロ時事】シリアの首都ダマスカス近郊と中部ホムスで21日、連続爆弾テロが相次ぎ、AFP通信によると民間人多数を含む少なくとも計127人が死亡した。

いずれもアサド政権の支配地域が標的となっている。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。

ダマスカスでは、郊外にあるイスラム教シーア派の「サイエダ・ゼイナブ廟(びょう)」付近で4回にわたって自爆や自動車爆弾による爆発があり、少なくとも68人が死亡した。アサド大統領が属するイスラム教アラウィ派の住民が多いホムスのザフラー地区では、2度の爆発により59人以上が犠牲になった。

参照元 : 時事通信


Bloody Sunday in ‪Syria's ‪‎Damascus, ‪Homs‬

resized

Four deafening blasts rocked today, Sunday, the Shia-populated district of Sayyidah Zaynab in the southern suburbs of Damascus, leaving more than 46 people dead, 100 injured in latest poll.

Local witnesses reported that at least two of the four explosions were carried out by suicide bombers.

The Sayyidah Zaynab district is where Imam Ali’s daughter is buried, and is one of the most significant iconic places for Shia Islam.

On January 31st, more than 50 people were killed, scores injured in a twin suicide bombings in the same district. ISIS claimed responsibility for the attack.

The stricken neighborhood is home for thousands of internally displaced people who fled the war in surrounding towns, as well as Shia fighters defending the shrine.

Hours earlier, two explosions hit the central city of Homs leaving at least 58 civilians dead, many others wounded in one of the city’s busiest streets at rush hour.

参照元 : liveleak


シリアレポート

21 Feb 2016

Four deafening blasts rocked today, Sunday, the Shia-populated district of Sayyidah Zaynab in the southern suburbs of Damascus, leaving more than 46 people dead, 100 injured in latest poll. Local witnesses reported that at least two of the four explosions were carried out by suicide bombers. The Sayyidah Zaynab district is where Imam Ali’s daughter is buried, and is one of the most significant iconic places for Shia Islam.
On January 31st, more than 50 people were killed, scores injured in a twin suicide bombings in the same district. ISIS claimed responsibility for the attack.
The stricken neighborhood is home for thousands of internally displaced people who fled the war in surrounding towns, as well as Shia fighters defending the shrine.
Hours earlier, two explosions hit the central city of Homs leaving at least 58 civilians dead, many others wounded in one of the city’s busiest streets at rush hour.

945277_1156275134409300_5058507074648986902_n


12743633_1156275177742629_1891475373528501447_n

CbvuCO0UYAEvNRN

参照元 : syriareport


Up to 80 people are feared dead and around 200 are believed to be injured after several blasts rocked Damascus, Sunday.

Syria: Up to 80 dead as multiple blasts rock Damascus



シリアの首都ダマスカス近郊で正体不明の軍用機が空爆!子どもを含む60人死亡

正体不明の軍用機が空爆、子どもら60人死亡 シリア

2015/12/15 10:32

2015-12-16_172219

シリアの首都ダマスカス近郊で激しい空爆があり、子どもを含む多くの死傷者が出ている模様です。

13日、ダマスカス近郊のドゥーマなど反政府組織が支配する地域で、激しい空爆がありました。イギリスで活動するシリア人権監視団によりますと、正体不明の軍用機が学校などを空爆し、子ども2人と学校の校長が死亡したということです。

反政府組織によりますと、この空爆で60人が死亡したということです。ドゥーマ周辺ではシリア政府軍によるミサイル攻撃も行われたということですが、空爆がどの組織によって行われたのかは分かっていません。

参照元 : テレ朝ニュース



2015-12-16_172232

2015-12-16_172241

2015-12-16_172301








シリア人女性がロスチャイルドの新世界秩序(NWO)がシリアを嫌う理由を説明

ロスチャイルドのNWOがシリアを嫌うワケ

2015年11月18日14:38

2015-11-18_205157

以下のビデオで、シリア人の女性がNWOがシリアを嫌う理由を説明してくれています。なるほどと思います。 今世界で起きていることは全てNWOアジェンダの下に起こされているのです。世界中でNWOに抵抗する国があるとすればその国は破壊される運命にあります。シリアがまさにそうです。

残念ながら、シリアは破壊されてしまいました。今回のパリの偽旗テロ事件により、シリアのISISを破壊するという口実の下に、シリアが完全に破壊されてしまうのではないでしょうか。

シリア国民はみな愛国者だったそうですから、その理由だけでも、あれほど大量のシリア難民がヨーロッパに流れ込むことは考えられませんね。少なくとも多くのシリア人はシリアの周辺の難民キャンプで待機しているのだと思います。

日本でも、阪神大震災から東日本大震災などで日本が破壊されたのも、日本をNWOの配下に置くための脅迫だったのではないかと思います。

日本も90%が日本民族でまとまっていましたから、NWOの連中は在日を使って日本の破壊工作を行っているのだと思います。

Eight Reasons Why the Rothchild New World Order Hates Syria – Syrian Girl

(ビデオ)

11月17日付け
ロスチャイルドのNWOがシリアを嫌悪しシリアを攻撃している8つの理由とは。。。
シリア人の女性がビデオを投稿しました。



1、シリアは常にNWOに抵抗してきました。従って、シリアの中央銀行はロスチャイルドではなく政府が所有しています。ロスチャイルドが所有する中央銀行は、各国の通貨の価値や通貨の発行量を決定する国際決済銀行の配下にあります。リビアでは国が破壊された直後にロスチャイルドがリビアの中央銀行を乗っ取りました。

2、NWOに抵抗し続けたシリアはIMFに対する債務がありません。シリアは信頼できる同盟国ロシアからお金を借りています。エジプトのイスラム教徒のモルシ大統領は、イスラム教に反してIMFから40億ドルものお金を借りたのです。シリア政府にはお金がありません。シリアの銀行は外国勢力の支配を受けていませんので、イラク、リビア、パレスチナとは違い、シリアの大統領は独自の外交政策を断行することができます。

3、シリアには遺伝子組み換え食品が入ってきていません。シリアは法的に遺伝子組み換え食品の使用を禁止しています。遺伝子組み換え会社の米モンサント社はアメリカを支配しています。そしてアメリカがイラクを侵略した直後に行ったことは、イラクの法律を改正し、イラクの農民が勝手に天然の種子を保存することを禁止したのです。そしてイラクの農民はモンサント社から非常に高価な遺伝子組み換え種を買わなければならなくなりました。

インドでは多くの農民がモンサント社の遺伝子組み換え種を買わなければならなくなりました。しかしそれらの種を使ったことで収穫量が激減し新しい種を買うお金もなくなり多くの農民が自殺しました。インドもモンサント社から遺伝子組み換え種を買うことに合意したのです。このようにNWOは各国のフードチェインを支配することで、1つの世界政府の下で各国を支配しようとしているのです。シリアはNWOに抵抗してきました。

4、シリア人は世界的な陰謀を認識しています。シリアでは主要メディアも世界的な陰謀について報道しています。例えば、アメリカの大統領候補者(共和党のブッシュ、民主党のケリー)はどちらも同じ秘密結社(スカルアンドボーン)に所属していますから、誰が大統領になっても変わらないということをシリア人は知っています。

5、シリアは天然ガスが豊富でありガスのパイプラインを建設する計画がありました。世界の権力層は石油や天然ガスの支配権を握ることで世界を支配することができます。最近、シリアは領海内に大量の天然ガスが埋蔵されていることを発見し、イラン、イラクを経由してヨーロッパにガスを供給するパイプラインを通す計画を立てました。

しかしイスラエルを迂回してヨーロッパにパイプラインを通すことになると、NWOが目論むイスラエルを拠点に世界のエネルギーを支配することができなくなります。つまりイスラエルでいつでもパイプラインの栓を閉めることができなくなるのです。シリアは世界の支配層に打撃を与える代替えエネルギーも推進しています。

6、シリアはシオニズムとイスラエルに抵抗しています。シリアはイスラエルが手を付けていない最後の国なのです。そのため、NWOを成功させるためにはシリアを破壊しなければならないのです。

7、シリアは中東で唯一非宗教的な政府が統治している国です。アラブの春以前は中東の多くの国々が非宗教的な国でした。しかしアラブの春以降は、欧米諸国が押し付ける「民主主義」の下に過激思想の宗教色の強い政府が中東諸国を統治するようになりました。最近ではエジプトはムスリム同胞団の政府が統治するようになりました。

イスラエルも同様に、過激なユダヤ教原理主義者の政府がイスラエルを統治するようになりました。シリアは中東で最後の非宗教的な国なのです。シリアでは人々がお互いにどの宗教を信じているかを尋ねるのは失礼にあたるのです。

彼らがどの宗教を信じていても、自分はシリア国民と答えます。シリアでは何百年も前から異なる宗教の人々が平和に暮らしてきたのです。NWOにとって、同じ国の人々を宗教で分離することこそが世界を征服する事につながるのです。シリア国民はこれまで1つに団結することでNWOに抵抗してきました。

8、シリアには強い国家的同一性があります。世界中に同じチェーン店が展開しており、どこの国に行っても同じ店、同じファッションを目にします。しかしシリアは違います。シリアで売られている製品はシリア製が殆どです。コカコーラや他の外国製品はシリアでの販売を禁止されていましたが、数十年前にシリアの大統領がそれらの販売を許可しました。

これは大きな間違いだったと思います。シリアには独自のコーラ製造会社がありましたが、コカコーラが販売を許可されてから、シリアのコーラ工場は閉鎖されました。シリアのコーラはコカコーラよりもずっとおいしかったのですが。。。シリアは長い間、外資系企業の進出に抵抗してきました。

NWOがシリアを嫌う理由は上記以外にもたくさんあります。シリアこそ、世界で最後に残った反NWOの自立国家だったのです。NWOは世界中の国々がみな同じようになることを画策しています。そして、世界中の国々を同じような状態にした上で国境を取り外せば、世界全体を支配できるようになります。NWOはシリアを嫌っています。なぜならシリアは世界で唯一の自由の国だからです。

参照元 : 日本や世界や宇宙の動向


マードックとロスチャイルド:占領されたシリア領内で石油採掘

ddba7445

↑自分の利権のためにシリアへの攻撃を煽るマードックの新聞

◆9月3日

世界のメディア王などと言われているルパート・マードックと国際的金融資本勢力の本家であるロスチャイルド家のジェイコブ・ロスチャイルドは、イスラエルが占領しているシリア領のゴラン高原に石油採掘権をイスラエルから受けているという。

それは国際法に照らし合わせて違法なのだが、力の論理にものを言わせて石油を採掘する権利を手に入れたということは、現在のシリア紛争でも、彼らの傀儡となる新政府でもできれば、シリア領内で自由に石油採掘ができるようになると踏んで、反政府勢力を支援してもおかしくは無い。

8月29日号「プーチン大統領:欧米がシリアを攻撃すれば、サウジを攻撃する?」で明らかにされたように、このシリア紛争の背後にはやはり、石油・天然ガスの利権に絡む思惑があるといえるだろう。この記事の中に以下の指摘が成されている:「シリアに対する戦いはサウジアラビアとカタールと彼らの欧米同盟国によって進められているが、その狙いは一つである:シリアを通過するパイプラインで完成するロシアが抑えているヨーロッパ連合の天然ガス市場を打破することであり、以下のようにロンドンのフィナンシャル・タイムズ紙の6月の記事が報じた内容がある」

シリアのイラク寄りの地域で石油や天然ガスが採掘されているし、地中海沖にも、天然ガス田の存在が期待されている。またこの記事にあるようにゴラン高原でも石油が期待されている。中東に残された石油・天然ガウの最後の希望の地であるかもしれないシリアという姿が分かってくると、そのシリアの争奪戦ということが、このシリア紛争の真相ということになりそうだ。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

●マードックとロスチャイルド:占領されたシリア領内で石油採掘

【9月2日 The Rebel】

何百万人ものアメリカ人はフォックス・ニュース、ウォール・ストリート・ジャーナル、その他のルパート・マードックが所有しているメディアから情報を得ている。

フォックス・ニュースとマードックが所有するメディアは大体においてアメリカのシリア攻撃を支援しているが、彼らは読者にマードックがシリアとの戦争に利権を持っていることは伝えない。

ルパート・マードックはイスラエル人とアメリカ人の会社の共同所有者なのだ。この会社はシリア領でイスラエルが占領しているゴラン高原の石油採掘権が与えられている会社だ。フォックス・ニュースがこの情報を開示しないのは高度に非倫理的である。

イスラエルはシリア領だがイスラエルが占領しているゴラン高原での石油採掘権を、ジェニ・エナジーに与えた。ルパート・マードックとジェイコブ・ロスチャイルド卿は、このジェニ・エナジーの大株主である。このジェニ・エナジーはアメリカのシェール・ガスに利権を持っているし、イスラエルのシェール・オイルにたいしても同様である。ディック・チェイニーもまたこの会社の顧問である。

国際法ではクレイグ・ムレイが2013年2月に、「イスラエルはシリア領の石油採掘権をマードックとロスチャイルドに与えた」の記事の中に書いたように、イスラエルが占領地の石油採掘権を与えることは違法行為となる。

「イスラエルにとって、占領地のゴラン高原の資源の採取をしようということは国際法では完全に違法行為である。日本は第二次世界大戦時、シンガポールの石油資源の採取に対して国際司法裁判所を通してシンガポールから訴えられた事があった。議論は国際法の中でなされ、占領国は以前主権国によって操作され機能していた油田を使用することは構わないが、占領国が新しい井戸を掘ることは違法である、とされた」

ジェイコブ・ロスチャイルドとルパート・マードックが占領されたシリア領内で、石油採掘に投資している事実は、彼らが1990年にユーゴスラビアが分解されたやり方と非常に似たやり方で、シリアを弱体化し、分割するためにアサド政府を倒すことを支援していることを示している。

参照元 : ROCKWAY EXPRESS


シリアが攻撃されているのはロスチャイルド家の銀行がないからでしょうか?

ロシアやイランがシリアを支援していますがシリア内戦もスーダン内戦も利権絡みでしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答

ping626ca527takeさん  編集あり2014/2/120:22:59

確かにシリアにはロスチャイルド系銀行は無いし、IMFへの借金もないので、アメリカ(ネオコン)の言いなりにならない数少ない国の一つ。しかし「ロスチャイルド」の名を出すと、いまだに反政府軍を正義と信じている輩が、「陰謀論」とか騒ぐのがオチ。

シリア紛争は当然アメリカやサウジ、カタール等が親イランのアサド政権打倒の為に仕掛けたものだが、様々な要素(利害関係)が絡み合っており、仕掛けたアメリカもコントロール出来にくい状況(サウジが支援するイスラム原理主義組織と、トルコ等が支援する自由シリア軍間で内紛が起きている)。そのどさくさに、イスラエルがラタキア等のシリア軍基地を空爆しているが、いつものように西側メディアは一切伝えない。

追記
南スーダンは完全な石油利権絡み。中国が独占気味だったスーダンの石油利権に、ネオコンが横やりを入れて南スーダンの独立紛争を引き起こした。シリアとイランはイラン・イラク戦争時からの同盟国。欧米がアサド政権打倒を画策するのも対イラン政策の一環。ロシアとシリアも冷静時代からの同盟国。地中海唯一のロシアの軍港がシリアのタルトゥースにあるし、シリアはロシアから兵器を調達している。

参照元 : Yahoo知恵袋

【衝撃映像】(シリア)カメラマンの至近距離で激しい空爆

シリアで超絶に激しい空爆映像。カメラ撮影している至近距離が空爆され、激しい爆発を起こす。ここまで鮮明な空爆映像は珍しい。2〜3発の爆弾が落ちた後、建物が激しく爆発する瞬間が撮影されている。

2015-11-18_011628

2015-11-18_011648

Syrian intense Airstrike hits Darayya (close sight)

▼こちらが空爆される瞬間映像




シリアにて、カメラに向かって喋る男性の頭上からミサイルが降ってきて爆発、辺り一面が吹き飛ぶという瞬間映像。

Agitpropper Ahmad abu Hamza hit by artillery shell



【超閲覧注意】イスラム国(IS)がシリア・アラブ軍の兵士を戦車で踏みつけ処刑(R18指定)

シリア・アラブ軍の人質をISが戦車で踏みつけ処刑する映像。中国軍の戦車に抗議した市民がぺちゃんこにされた事件を思い出した。ISは、あの事件をパクったのでしょうか?

2015-10-28_083054

New method by savage caveman to take already surrendered hostage life

A new video purportedly released by the Islamic State shows an alleged soldier with the Syrian Arab Army (SAA) being run over by a tank driven by an ISIS militant.

More details with FULL uncensored video can be found HERE

BRUTAL: ISIS Executes Man By Running him over By Tank (FULL UNCENSORED video link)




▼ノーカット、ボカシ無しのフルムービーはこちらのページで閲覧可能(※超閲覧注意!R18指定)

WATCH: ISIS Executes Man by Running Him Over With Tank

イスラム国(ISIS)が世界遺産パルミラ遺跡の柱に人質3人を縛り付けて爆破

ISIS、人質3人を遺跡もろとも「爆破」 シリア中部

2015.10.27 Tue posted at 16:32 JST
 
palmyra-unesco

(CNN) 過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」がシリア中部パルミラで、遺跡の柱に人質3人を縛り付けて爆破したことが27日までに分かった。英国に拠点を置く非政府組織(NGO)「シリア人権監視団」が明らかにした。

同組織はISISによる残虐な「処刑」の例として、シリア軍兵士が戦車でひき殺されたとも報告している。この兵士が「戦車でISIS戦闘員の遺体を踏みつけた」ことに対する報復だと主張しているという。

「死刑」を宣告された人質の一部は、殺害前に自分の手で墓穴を掘ることを強制されるとの情報もある。ISISは今年5月にパルミラとその周辺を掌握した。遺跡の保護に携わっていた専門家を殺害し、8月には文化遺産として非常に大きな価値を持つバール・シャミン、ベル両神殿を相次いで破壊。さらに今月初め、遺跡への入り口に立っていた凱旋門(がいせんもん)を爆破した。

こうした破壊行為の写真を堂々と公開するISISの姿勢からは、世界有数の貴重な文化遺産を毀損(きそん)することへの罪の意識といったものがみじんも感じられない。

参照元 : CNN.CO.JP


IS、パルミラの円柱爆破 3人の「処刑」に利用

2015年10月27日(火)7時58分配信

【AFP=時事】在英の非政府組織(NGO)「シリア人権監視団(Syrian Observatory for Human Rights)」は26日、シリア中部の古代都市パルミラ(Palmyra)で、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が拘束していた3人を3本の円柱遺跡に縛り付け、柱ごと爆破して「処刑」したと発表した。

同団体のラミ・アブドル・ラフマン(Rami Abdel Rahman)代表によると、ISは25日、「パルミラとその周辺から身柄を拘束し連行してきた3人を円柱に縛り付け」、その3本の柱を「爆破し処刑した」という。

パルミラの活動家によると、ISは殺害された3人の身元や殺害の理由について地元住民に公表していない。またパルミラの別の活動家はAFPに対し、「ISはメディアの注目をひくためにこんなことをやっている。自らの凶悪性を誇示し、世間の耳目を集めるためだ」と話した。

ISは、イスラム教出現以前の遺物を、破壊すべき偶像崇拝とみなしている。【翻訳編集】 AFPBB News

参照元 : AFPBB News

▼シリアの世界遺産パルミラ遺跡

img_85dbc49759bbda44b12884d253e62f4d240686

img_411b5d794c231442726353a3bddbdf0e240975

img_a60252fa32d4e2fd5f7b556e3efee153204100

【ドローン映像】ロシア軍がシリアの反体制派を攻撃か!?イスラム国以外も空爆

ロシア、IS以外も空爆 シリアの反体制派を攻撃か

2015年10月2日(金)5時8分配信
 
2015-10-02_090510

ロシアが1日、シリア領内で過激派組織「イスラム国」(IS)以外の過激派の拠点を空爆した。AFP通信が伝えた。9月30日に空爆を始めた際には、標的をISに限定すると説明していた。シリアのアサド政権の延命のため、米国が支援する反体制派を攻撃している可能性もあり、米国とロシアの対立が深まる恐れがある。

AFP通信によると、シリアの治安当局者は1日、ロシアが、シリア北西部イドリブ県にある国際テロ組織アルカイダ系組織の拠点を攻撃したと話した。

ロシアのラブロフ外相も同日、米ニューヨークでの会見で「ロシアはISやその他のテロリストを攻撃している」と述べ、空爆の対象を拡大する意向を示した。国際的に理解の得やすいISへの空爆を大義名分に、他の反体制派の拠点を攻撃している疑いがある。

30日にシリア中部ラスタンなどで行った空爆でも、米欧などが支援するシリア反体制派の統一組織「シリア国民連合」のハーリド・ホジャ議長が「ロシア軍はISもアルカイダもいない場所を襲撃し、36人の民間人が殺された」と、ツイッターに投稿した。

米国のカーター国防長官も「恐らくISの軍は存在しなかった」と話すなど、空爆開始の当初から、ロシア側の説明には疑念が出ていた。

参照元 : 朝日新聞

2015-10-02_090637

2015-10-02_090555


ロシア軍のシリア空爆、ドローン映像

Russia has struck eight Islamic State (ISIS/ISIL) targets in Syria, the country’s Defense Ministry said, adding that civilian infrastructure was avoided during the operations.“Today, Russian aerospace force jets delivered pinpoint strikes on eight ISIS terror group targets in Syria. In total, 20 flights were made,” spokesperson for the Russian Defense Ministry, Igor Konashenkov, said.

“As a result, arms and fuel depots and military equipment were hit. ISIS coordination centers in the mountains were totally destroyed,” he added.

Drone footage from todays Russian air strikes in Syria




On the diplomatic front, Russia has mounted a firm defence of its air strikes in Syria.

President Vladimir Putin told a cabinet meeting that the action was legal under international law and fully supported by the Syrian government.

Sentiments echoed at the United Nations by his foreign minister Sergei Lavrov.

“The Russian Ministry of Defence presented a full report on what was hit and what was the targets. We targeted ISIL associated depots, armaments and sites. We would be coordinating with the Syrian army and that is, I think, commonplace, recognised everywhere that airstrikes alone will not solve the problem.”

Lavrov also went on to say that the legal basis for US coalition air strikes was “really flawed.”

Russia defends air strikes in Syria



ロシア軍が「イスラム国」と戦うアサド政権を支援するため、空爆開始

ロシア、シリア空爆開始…「対テロ」で政権支援

2015年10月01日 00時43分
 
2015-10-01_074735

【モスクワ=田村雄】ロシア軍は30日、シリアでイスラム過激派組織「イスラム国」と戦うアサド政権を支援するため、空爆を開始した。

プーチン大統領は同日、アサド政権からの要請を受けてシリアへの軍事介入を決断し、上院が全会一致で承認した。

シリアでは、米国が昨年9月以降、「イスラム国」への空爆を行っている。ロシアによる軍事介入で、米露が偶発的に衝突する危険も排除できない。

インターファクス通信によると、プーチン大統領は30日、政府幹部との会議で「アサド大統領から軍事支援の要請を受け、国際法に基づき対テロ作戦を行う」と宣言した。作戦は空爆に限定し、地上戦は行わないと明言した。シリア大統領府は同日、声明で、ロシアに航空戦力による支援を要請していたことを認めた。

シリア国営テレビによると、ロシアの軍用機は、シリア中部ホムス、ハマ両県などにある「イスラム国」の複数の拠点を空爆した。ロシア国防省の幹部は30日、「シリア領内のテロリストの拠点を正確に攻撃する航空作戦に着手した」と述べた。

参照元 : 読売新聞

2015-10-01_074750




【閲覧注意】シリアの反政府勢力、開催エリアで爆発!男性の頭が吹き飛ぶ(R18指定)

爆発はシリアの反政府勢力、開催エリアにヒットした後、男性の頭が吹き飛ばされました。

2015-09-05_223041

戦争の悲惨さがよく分かる光景です。※ 映像にはグロテスクな内容が含まれます。苦手な方は視聴をご遠慮下さい。18未満の閲覧は禁止。

Guy has head blown off after explosion hits rebel-held area in Syria



【閲覧注意】スン二派の羊飼いがサウジジオ・ワッハーブ派に斬首される(R18指定)

シリアのスンニ派、羊飼いがサウジジオ・ワッハーブ派の野蛮人に斬首される映像。貧しい羊飼いが一体何をしましたか?散々、暴行した後に斬首!残虐非道のテロリスト。

2015-07-04_111900

※ 映像にはグロテスクな内容が含まれます。18歳未満の視聴はお断りします。

What did the poor shepherd do? Refuse to give them one of his sheep to rape?

Syria: Saudi Zio-Wahhabi savages beheading of a Sunni shepherd



【シリア】ISIS「イスラム国」が断食破りの少年2人を処刑

断食破り、少年2人処刑=シリアの「イスラム国」

2015年6月23日(火)10時19分配信
 
2015-06-23_130758

【ベイルートAFP=時事】18日からイスラム教のラマダン(断食月)入りしているシリアで22日、過激派組織「イスラム国」が断食破りを理由に少年2人を処刑した。在英のシリア人権監視団のアブドルラフマン代表が、住民たちからの情報として明らかにした。

現場は東部デリゾール県の村で「2人とも『宗教警察』横の木に昼からつるされ、夜になってもそのままだと住民らが話している」と代表は語った。遺体には「断食破り」と掲示が添えられているという。

「イスラム国」は支配地で斬首や石打ち、むち打ち、はりつけといった残酷な刑罰を科している。

参照元 : 時事通信




イラクやシリアでISISから拉致された10代の少女が奴隷市場で売られる

IS、拉致した少女たちを奴隷市場で取引 国連

2015年06月09日 12:57
 
img_9a68645ad29126115e6993626c009141236390

【6月9日 AFP】イラクとシリアでイスラム過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」に拉致された10代の少女たちが奴隷市場で売られていると国連(UN)事務総長特別代表が報告した。少女たちは、わずか「たばこ1箱」で取引されることもあるという。

ザイナブ・バングーラ(Zainab Bangura)国連事務総長特別代表(紛争下の性的暴力担当)は、今年4月にイラクとシリアを訪れて以来、ISの戦闘員による悲惨な性暴力の問題に取り組んでいる。

バングーラ特別代表は、ISが制圧した地域から逃れた女性や少女たちと話をしたり、地元の宗教的、政治的指導者と会談したり、トルコやレバノン、ヨルダンで暮らす難民の元を訪れたりしてきた。

ISは、戦闘を仕掛けた先で拉致した少女たちを売るために奴隷市場を運営しているが、ISがこれまでに何人の女性たちを奴隷化してきたかは分かっていない。

少女たちはわずか「たばこ1箱」から、数百ドル、または数千ドルで取り引きされているとバングーラ特別代表は言う。

バングーラ特別代表は、数人の少女たちについて報告。少女たちの多くは、ISが標的としたイラク北部のクルド系少数派、ヤジディー(Yazidi)教徒だという。

「少女たちの一部は一室に閉じ込められ、裸にされて洗われる。狭い家の中には100人以上いた」という。その後、少女たちは男たちの前に立たされて「値踏みされる」のだという。(c)AFP/Carole LANDRY

参照元 : AFP BB NEWS


日本国民の皆さんへ…ISIS・ISIL・IEIL=偽ユダヤ国=シオニストの侵略部隊

こんなイスラエル↓とアメリカに占領させている、安倍晋三自民党から日本を取り戻せ!

イスラエルとISISが、臓器密売で協力

2014.12.13

77dcce185a18a7dca542fbc221d4a2c1_XL

シオニスト政権イスラエルの医療チームが、イラクとシリアでの臓器密売のため、テロ組織ISISと協力を行っています。

情報筋が23日火曜日、イスラエルのTVチャンネル2 の報道として伝えたところによりますと、テログループISISは最近、財政源の拡大を目的に、イスラエルなど各国の医療グループの協力を受け、イラクやシリアで殺害した人の臓器を密売しています。

この報告によりますと、ISISはイラクやシリア、そしてトルコで、遺体から心臓、腎臓、肝臓等の臓器を取り出し、それらを密売するためにイスラエルの医師の協力を受けているということです。ISISは、さらに収入を確保するために、麻薬、歴史的な遺物、石油の密売を行っています。

医師の一人はISISは殺害した人質や犠牲者の他、ISISの戦士の臓器も密売していると述べています。これらのテロリストは、イラク北部のモスルに臓器を売るための病院を設立しています。

参照元 : イランラジオ

イスラエル人医師が、臓器売買でテロ組織ISISに協力

2015/03/08(日曜) 22:17

4599dc37bc4067c7e93fd88e27528113_XL

情報筋が、「イスラエル人医師が、臓器売買でテロ組織ISISに協力している」としました。

シオニスト政権イスラエルの第2チャンネルは、「ISISは、自らが殺害した人々の臓器売買に当たって、イスラエル人のある専門医のグループを採用している」と報じています。

この報道によりますと、ISISは殺害した犠牲者や、前線で重傷を負ったこの組織のメンバーの臓器を、イスラエル人の専門医のチームの協力により売買しているということです。

ISISは、こうした人道に反する行動の実行に当たって、イラク北部の町モスルにある特別な病院で、イスラエル人医師を採用しています。

また、ISISは自らが殺害した犠牲者の臓器をトルコに売りさばいていると言われています。これ以前に、ISISは資金確保を目的に、地域のアラブ諸国の支援や原油、麻薬の売買といった方法をとってきました。

しかし、現在では臓器売買がISISにとって4番目の資金調達の手段となっています。シオニスト政権イスラエルは、地域での危機が始まった当初から、常にテロ組織の負傷者を受け入れており、これらの人々をパレスチナ被占領地、イスラエルの各地で治療させていました。

参照元 : イランラジオ


これは世界中の視聴者から信頼されているイランの Press TVの記事です。イスラエルとアメリカの侵略部隊ISIS・ISIL・IEIL=ISの『臓器売買』のScoop News !!

ISIL trafficking human organs: Iraq 18 February 2015 『ISILは、臓器密売人:イラク』

Wed Feb 18, 2015 3:26AM

イラクの国連大使は、『同国はISILテロリストによるものと思われる臓器売買の証拠を持っている』と述べた。イラク政府は、ここ数週間で各々10乃至20体を含む遺体を集団墓所で『ISILタクフィーリ主義(カルト)』テロリストによるものとしか考えられない臓器密売の証拠を発見したと、火曜日にNew Yorkの国連安全保障理事会でイラクの国連大使ムハンマド・アリ・ハキムが発表した。

しかも、彼らの遺体の背中には切開された大きな傷痕があったと付け加えた。

『我々が発見した遺体のいくつかはバラバラで、しかも、いくつかの臓器が無くなっている。一部の臓器が無くなっている理由は何か? 連中のもう1つの資金調達の形だ』とハキム大使は述べた。

『これらのテロリスト集団は、人間としてのあらゆる価値を冒涜した。連中はシーア派、スンナ派、キリスト教徒、トルクメン人、Shabak(イスラエル公安庁)、あるいはIzadisにせよ、彼らはイラクの人々に対し、最も凶悪でおぞましい犯罪的テロ行為を冒した』と彼は述べた。

『これらは、国際的正義以前の問題で、責任を負わなければならない人類に対して冒された真の大量虐殺の犯罪である』とハキム大使は付け加えた。

『数週間前から、遺体からの臓器摘出を拒否したため、“ISIL・ISISタクフィーリ主義の過激派”は10人のイラク人医師を殺害した』とイラク特使も述べた。

シリアとイラクで活動している“ISIL・ISISタクフィーリ集団”の収益を遮断することを目的として15の国連加盟国は 2月12日に決議を採択した。

イラクのための国連支援ミッションの特別代表として、安全保障理事会への彼の最終的な演説では、『ISIL・ISISのタクフィーリ主義テロリストは、男性(女性と子供たち)に対する重大な犯罪を冒し続ける中、この国の政治的・社会的・宗教的指導者たちが、自国をテロから救うために合体した』とニコライ・ムラデノフは述べた。

さらにムラデノフは、ISIL・ISISに制圧された領域での民間人の安全について懸念を表明した。特に、テロリストの監禁下においては、何千人もの女性と子供たちが臓器提供のために対象とされてしまう危険性が高い、と彼は述べた。

イラクにおける60%の人道支援事業が、今後数週間のうちに、資金援助が受けられない限り、閉鎖となるか活動が制限されてしまう可能性が高い、とイラクへの国連特使は述べた。

ISILタクフィーリ・テロリストは、イラクのスンナ派のアラブ中核地帯の一部を通り抜ける前の2014年6月にイラク北部のモスルを制圧した。タクフィーリは以前、隣国シリアで一部の地域を占領していた。

ムラデノフは、タクフィーリ主義テロリストが冒した暴力行為の結果として、2014年に少なくとも 1万2000人の民間人が虐殺され、2万3000人以上の人々が負傷したと述べた。

参照元 : ISIL trafficking human organs: Iraq

ウクライナ南部・東部で臓器売買が行われている証拠写真が公開 ← ロシアの記事です。

ウクライナ東部ドネツクで違法な臓器売買が行われている証拠写真が公開された。臓器売買には、ウクライナ国家親衛隊と、ウクライナ政府も関与している可能性がある。

以下のサイトに、ドネツクでRussia Todayのグレム・フィリップス記者が撮影した写真が掲載されている。(閲覧注意!)↓ …かなり酷い。

Перемирие в Донецке и торговля человеческими органами в фотографиях ◆キエフ軍兵士の臓器が売られている?

ロシアのインターネットでは、ウクライナ南部・東部で活動するキエフ政権に忠実な部隊の負傷兵達の臓器が欧州で売られているという噂を巡る議論にさらに拍車がかかっている。

ブロガー達は、ウクライナへの連邦制導入を支持する人々との戦いで負傷したウクライナ国家親衛隊やその他のキエフ政権に忠実な部隊の兵士達が搬送される病院では、外国人外科医が大勢勤務しており、彼らは主に重症の兵士達を担当している、と指摘している。

負傷兵達はその後キエフへ搬送されるが、キエフの病院に到着するまでに死亡してしまうのではないかという疑いがあり、欧米へ売るために、兵士の臓器が摘出されている可能性があるという。なお、臓器の搬送には、救急車や現金輸送車が使われているという。

★専門家達は、北大西洋条約機構(NATO)に占領されたユーゴスラビアでもこのような事が行われていたと指摘している。(臓器売買も人身売買も全て、悪魔の戦争犯罪国アメリカ・イスラエルの犯罪!)

去年、イスラエルとアメリカの侵略部隊アル・ヌスラのテロリストが生肝を食べてたしね。

イスラム教徒のフリをしたキチ害シオニスト軍の戦闘員にはよくある話。気持ち悪い…


シリア東部のデリゾールで米軍特殊部隊がIS幹部を殺害し、容疑者の妻を拘束

米軍特殊部隊 「イスラム国」幹部を殺害 シリア

2015/05/17 05:52
 
000050581_640

アメリカ政府は、軍の特殊部隊がシリアで奇襲作戦を行い、過激派組織「イスラム国」の幹部を殺害したことを明らかにしました。

シリア東部のデリゾールで15日夜、アメリカ軍の特殊部隊が地上作戦を行い、「イスラム国」の幹部、アブ・サヤフ容疑者を殺害し、容疑者の妻を拘束しました。アメリカ側の死傷者はいませんでした。アブ・サヤフ容疑者は「イスラム国」の軍事作戦に関わっていただけでなく、組織が資金源としている石油の密売で重要な役割を果たしていたということです。今回の作戦はオバマ大統領が承認して行われました。拘束された人質を救出する目的以外でアメリカの特殊部隊が「イスラム国」に対してシリアで地上作戦を展開するのは初めてとみられます。

参照元 : テレ朝ニュース




米特殊部隊、シリアで「イスラム国」幹部殺害

2015年5月17日 12:28

アメリカ政府は16日、シリア東部で特殊部隊が地上作戦を行い、過激派組織「イスラム国」の幹部を殺害したと発表した。

カーター国防長官の声明によると、特殊部隊が15日夜、シリア東部で地上作戦を行い、「イスラム国」の主要な資金源である石油やガスの違法取引に関わっていたアブ・サヤフ幹部を殺害した。アメリカが「イスラム国」幹部を狙った地上作戦を明らかにしたのは初めて。また、作戦では同じくテロ活動に関わっていたアブ・サヤフ幹部の妻をとらえ、拘束されていたクルド人少数派のヤジディ教徒の女性を救出したという。

アメリカメディアは、地上作戦は20人以上の隊員と新型輸送機オスプレイなどを使って行われたと伝えている。

参照元 : 日テレNEWS24




米特殊部隊が急襲作戦、シリアでISIS幹部殺害

2015.05.17 Sun posted at 10:14 JST

isis-syria-raid-map

(CNN) カーター米国防長官によると、米軍特殊部隊は15日夜から16日朝にかけ、シリア東部でイスラム過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」に対する急襲作戦を実施し、アブ・サヤフ幹部を殺害した。

作戦では同幹部の妻とみられるイラク人女性が拘束された。女性はイラクで取り調べを受けている。

作戦の内容に詳しい情報筋がCNNに語ったところによると、陸軍特殊部隊デルタフォースの隊員二十数人が多目的ヘリコプター「ブラックホーク」や輸送機「オスプレイ」で、東部デリゾール県にあるシリア最大の油田、オマル油田付近に入った。同県内に6カ所ある油田、ガス田はすべて、昨年7月以降ISISの支配下に入っている。

特殊部隊は現地でISIS拠点のビルを襲撃。ISIS側は女性や子どもを盾にして反撃を試みたが、部隊は同幹部らISISのメンバー十数人のみを殺害することに成功し、隊員も全員が無事に帰還したという。

米政府高官によると、当初の目的はアブ・サヤフ幹部を拘束することだったが、本人が抵抗したため殺害やむなしと判断された。

米国家安全保障会議のミーハン報道官によると、作戦はオバマ米大統領の指示で実行された。同報道官は声明で、イラク当局の協力に感謝する一方、シリアとの間で事前の連携はなかったと述べた。

アブ・サヤフ幹部はISISの主要な資金源とされる石油やガスの取引を統括していた。作戦で押収したコンピューターなどから、ISIS内部の運営や通信、資金調達に関する大量のデータが入手できたという。

専門家らによると、ISIS支配下の油田は米軍の空爆で設備が破壊され、もはや大きな資金源にはなっていない。今回の作戦は、資金調達部門の主要人物を狙うことで、ISISへの資金の流れや犯罪組織とのつながりについて詳細な情報が得られるという点に意味があったとみられる。

作戦ではさらに、イラクのクルド系少数宗派ヤジディ教徒の若い女性1人が保護された。米当局者によれば、アブ・サヤフ幹部と妻はISISが住民らを拉致、連行している活動にもかかわっていた疑いがある。

参照元 : CNN.CO.JP


【衝撃映像】シリアで捕虜になったパイロットが暴行される

シリアでの捕獲パイロットの映像

彼は後に、JabhatアルNusraに売却された。それは「適度な反逆者」と呼ばれる西洋担保「FSA」と戦って、この勇敢な男はクリスチャンだったからであった。

Islamic-State-Syrian-Pilots-Bent-Over-Inside-350x198

It showed out this brave man was a christian, fighting against the western-backed "FSA" called "moderate rebels"...he was later on sold to Jabhat Al-Nusra, as he have appeard in their pictures.

THIS VIDEO IS FULL PROOF THIS MAN WAS CAPTURED BY THE SO CALLED MODERATES, LOOKING AT THE BEARDS, AND ALSO ANALYZING THE SPEECH.

Jabhat al-Nusra do not use degrading words as "fuck, pussy" etc.

Media try to hide the fact the he was captured by FSA but were handed to Al-nusra front.

Will LL allow this video of mine or will it also "violate the terms"???

NEW video of the captured Syrian pilot - Subtitles



戦場カメラマンの渡部陽一が語るイスラム国

すでに世界統一政府は存在している?

111

全世界の国々がユダヤ金融マフィアに抵抗できなくなっている。強大な通貨発行権を有する彼らは、日米中ソ独仏を手に入れた。ロシアはプーチン閣下による強権で追い出されたが、再び舞い戻って来る(深く静かに侵入する)ことの繰り返しが彼らの二千年にわたる歴史である。

日本は明治維新で彼らの籠(かご)の鳥となった。パパブッシュがNWOに何回も言及したのが彼らの世界統一政府宣言である。彼らは既にウクライナで農地三千万ha(EU農地の1/3相当)の20%以上を手に入れGMO(遺伝子組換え作物)の準備をしている。全世界の法律はユダヤ法であり、経済学とはユダヤ経済学のことである。

イスラム国は米CIAやイスラエルの傭兵部隊である。



シリアで取材を行っていたという戦場カメラマンの渡部陽一さんが語る「イスラム国」とは!?





【衝撃映像】ダルアーで大規模な自爆テロ発生 凄まじい破壊力

2014年12月7日、ダルアーでシリア軍の団地近くで自爆テロが発生。凄まじい爆発が起こり、巨大な煙が舞い上がる。

81630009_s

Huge Explosion results from the "martyrdom" of a militant suicide bomber, who blew himself up near a Syrian military housing complex in Sheikh Miskin, Daraa 12/7/2014

Massive Suicide Bombing in Sheikh Miskin, Daraa



【衝撃映像】日本国民よ、これが戦争だ!(シリア編)

シリアにて、激しい銃撃戦や戦車に搭載したカメラ映像などを50分にまとめた動画。これがリアル戦争だ。

mqdefault (1)

Syria Civil War 2013 - Battlefield Syria: Heavy Fighting Clashes And Firefights. Heavy Fighting, Heavy Clashes and Intense Firefights. This pictures do we get if we look up the internet for Syria Videos. No war ever before was so well documented by alternatet sources like the Syrian Civil War. In 2013 there was such an high amount and flood of informations, pictures and videos about this conflict that it is impossible to cover them all up in just one video. This compilation brings back some famous scenes of the conflict that apeared on the net in 2013. It shows footage of the Syrian Army and also of the Syrian Rebells in HD. It dont seems like this storm of raw information will end in 2014 as there is still no end of the conflict in sign.

Syrian Civil War 2013 - Battlefield Syria: Heavy Fighting Clashes And Firefights |Syria War





Syria War - Heavy Firefight And Clashes Between Al-Qaeda And Syrian Rebels Plus Syrian Army . Insanity in the Syrian Civil War. The Islamic State Of Iraq And Levant attacked the headquaters of an Local Free Syrian Army Brigade in Aleppo. After fierce clashes between booth parties government forces have also begun to strike against rebel forces and radical islamists groups like the al-Nusra Front and The Islamic State Of Iraq And Levant who are booth foregin backed Al-Qaeda linked fighting groups. They are mostly formed of foregin fighters from other arabic countrys, europe and chechenya who want to establish an islamic state under the sharia law in the region. They are also known to be more trained, efficient and disciplined during their combat operations than regular Free Syrian Army Forces. The FSA Brigade attacked here was the Martyrs Of Badr Brigade in Aleppo. Clashes between secular FSA Rebels and Al-Qaeda groups are nothing new in Syria but here you see a long combat operation on tape. If you want to see more Combat Footage from Syria and other Warzones Subscribe to my Channel also you would help me a lot if you comment, share and like this video to keep this Channel growing. This is a longer Video but it is worth the watch. To prevent confusion this is Al-Qaeda And Syrian Rebels fighting the Syrian Army&Co plus Al-Qaeda Vs Syrian Rebels Vs Syrian Army.

Syria War - Heavy Firefight And Clashes Between Al-Qaeda And Syrian Rebels Plus Syrian Army




3Dプリント
最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ