地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

エイリアン

50歳で謎の死を遂げた元政府職員は地下世界でエイリアンと戦闘を繰り広げた!?

地底世界でエイリアンと戦闘した元米政府職員が怪死「1477もの地下基地が存在」「青ビームで胸を撃たれ…」

2018.06.26

宇宙開発や地球外生命体探査など、昨今の我々は空ばかり見上げているような気がしないでもないが、案外重要な鍵は足元にあるのかもしれない。我々が立つ大地の下の地底事情はどうなっているのか、また地底に知的生命体や文明が存在するのだろうか。

2018-07-01_220819

■建設現場に突如謎の穴が出現

現在、ロシア・モスクワ某所にかくまわれていると言われているアメリカ国家安全保障局の元職員エドワード・スノーデン氏も、かつて地底には先進的な文明を持つ知的生命体が住んでいると言及している。はたして“地底人”は存在するのだろうか。

1997年に50歳で謎の死を遂げた元政府職員のフィル・シュナイダー氏は、今から20年も前に世界には1477もの地下世界があり、米国内でも129カ所あることを暴露している。そしてそれらの地下世界にはエイリアンが生息しているというのだ。

シュナイダー氏はなぜこのような情報を知っていたのか? それはシュナイダー氏が実際に地下世界に降り立ち、エイリアンを目撃し、そして彼らと戦闘を繰り広げたからにほかならない。

2018-07-01_220908



■地下でエイリアンvs特殊部隊の戦闘が勃発

穴は思ったより地中深くに通じていて、まるでゴミ箱をひっくり返したような悪臭に包まれていたという。ゴンドラに乗って穴を下降し、広い空洞に降り立ったシュナイダー氏がいきなり出くわしたのは、身長が2メートル以上もあるエイリアンであった。しかも3体いたのだ。

念のために携行していた拳銃をとっさに引き抜いたシュナイダー氏はエイリアンに向かって発砲。2体を撃ち倒したが、もう1体は胸の前から不気味な青いビームを放ち、シュナイダー氏の胸を直撃した。胸部を裂かれたシュナイダー氏だったが幸運にも一命は取りとめる。それでもとっさの防御姿勢で左手の指を2本失い、靴が焼けて足先に火傷を負ったという。

2018-07-01_221154

特殊部隊の軍人たちがすぐに地下空間にやってきて、シュナイダー氏を救出したのだが、その内の1人がエイリアンのビーム攻撃で死亡したという。

シュナイダー氏がゴンドラで地上に戻ってきてからは、次々に隊員たちが地下空間へと突入してエイリアンと戦闘を繰り広げ、この日だけで60人以上の命が犠牲になったということだ。そしてこの時に助かったのはシュナイダー氏を含めて3人だけであったという。

■2年間のディスクロージャー活動の末に謎の死

1947年生まれのシュナイダー氏は事件当時32歳だったことになるが、公務員の守秘義務規定に基づき、この後、この事件を口外することはなかった。

3人の生き残りのうちの2人はなぜかカナダの養護施設に送られ、一般のアメリカ人との接触が断たれているという。そして政府筋の人間から脅されているというのである。

国内に残っているシュナイダー氏にも、折に触れて脅迫めいた嫌がらせがあり、ついに我慢できなくなった氏は1995年、世に向かって口を開き、このダルシーでの出来事を公言したのだ。

2018-07-01_221300

その後も精力的にディスクロージャー活動に尽力したシュナイダー氏は、現在の地球には7種族の慈悲深いエイリアンと4種族の敵対的なエイリアンが生息していることや、米政府とエイリアンとの間に密約が交わされていることなどにも触れ、この件に関する政府の機密情報を1995年のワークショップ「Preparedness Expo」の壇上などで暴露している。

しかしながらシュナイダー氏の活動は2年余りで終わることになる。1997年に謎の死を遂げたのだ。死因は自殺ということになっているが、シュナイダー氏のサポーターたちは今も事件性を疑っているという。CIAやFBIの機密文書が続々と公開されている昨今だが、シュナイダー氏にまつわるこの一件に今後何か新事実がもたらされることがあるのだろうか。

(文=仲田しんじ)

参考:「Latest UFO Sightings」、「Documentary Tube」、ほか

参照元 : TOCANA


PHIL SCHNEIDER - THE MAN BEHIND THE ALIEN AGENDA

2018-07-01_222651

PHIL BELIEVED THAT THERE ARE SEVEN BENEVOLENT ALIEN SPECIES CURRENTLY LIVING ON EARTH AND FOUR EVIL SPECIES. THE THEORY FURTHER SUGGESTS THAT THE US GOVERNMENT HAS SIGNED FOUR TREATIES WITH THE ALIENS IN 1944, 1954, 1962 AND 1979. THE TREATY IN 1954 WAS SIGNED BETWEEN THE GOVERNMENT AND SPECIES OF GREY ALIENS.
Phil Schneider was a US government geologist, engineer and arguably one of the most controversial figures in the world of ufology and extraterrestrial subjects. Phil was born in 1947 and worked for the US Government for years. He worked in the field of nuclear medicine, was involved with the “Philadelphia Experiment”, as well as working for the Government in building underground military bases. Phil was quiet about his work, and his knowledge on extraterrestrial. However, after the death of his father in 1993 and the murder of his friend Ron Rummell, Phil decided to shed light to some of the most controversial topics in history: Aliens.

The Alien Agenda

Arguably the most popular and known conspiracy theory of Phil Schneider is the “Alien Agenda”. The engineer conspired that the US government knows about the Alien Agenda in 1933. According to the conspiracy theory, Aliens are supposed to take over the world in 2029.

In his noted, Schneider indicates that 16 UFO crashes took place between 1947 and 1952. From the crashes, the US government recovered 117 alien bodies, four of which were alive. The security of the extraterrestrial was handled by a special unit within the military. The unit was named “Blue Berets” and was part of the “Project Pounce”.

Phil believed that there are seven benevolent alien species currently living on Earth and four evil species. The theory further suggests that the US Government has signed four treaties with the Aliens in 1944, 1954, 1962 and 1979. The treaty in 1954 was signed between the Government and species of Grey Aliens.

Schneider believed that the goal of secret military bodies was to protect the Earth from a likely alien invasion. He locates the home of alien bodies in Nebraska and claimed the US Government has piles of wrecked UFOs.

Phil went a step further, claiming in some private conversations that he was present at one meeting between high level officials from the United Nations and an alien. The meeting took place in a facility with expensive meeting rooms.

Other conspiracy theories

Aside from the Alien Agenda, Phil Schneider’s material can be broken down into five other conspiracy theories: the black budget, the Dulce Wars, deep underground military bases or DUMB’s, Advanced aircraft and the New World Order.

From those, the New World Order is a theory that has several supporters. According to his theory, power elites from all around the world will take over and enslave humanity into a dictatorship. The idea is that the New World Order will bring a One Government that will rule over everything. In such world, citizens from all around the world would hand over their freedom and liberties in exchange for protection against terrorist threats. Phil stated there are 107,200 prison boxcars built and they can store more than 15 million individuals who refuse the cause.

The Dulce Wars takes place in 1979, when Phil Schneider is part of a drilling operation at Dulce NM. After four shafts have sink, Schneider was appointed to travel down to determine the problem. He claims he discovered a cavern with aliens, and members of the FBI and the black berets were forced to intervene.

The remaining three theories: the black budget, deep underground military bases and advanced aircraft and stealth technology complement the Alien Agenda theory. According to Schneider, the US Government has more than $508 billion budget for military research and uses those money to prepare for the incoming invasion.

The Death of Phil Schneider

Phil Schneider died in January 1996. Official cause for death was suicide. However, the events leading up to the death of Phil Schneider is what makes it controversial. In May 1995, in his speech, Phil talked publicly about the Alien Agenda, The New World Order, Black Budget, Secret Military Bases and much more.

Following his death, neither the police neither the medical examiners finished their investigation. Many believe he was the victim of his “freedom of speech”. His knowledge and his desire to be public, and his indication he will release a book with everything that he knows, all of his notes, photos and manuscripts had to be removed. Following his death, his manuscripts, photos and notes were stolen.

Phil was founded by his friend Al Pratt, who for several days suspected something is wrong with Schneider. Several days in a row, Al went to the apartment of Mister Schneider, saw the car down in the parking lot, but nobody answered at the door. Five days later, he decided to call the police and the manager of the building and enter the apartment. The body of Phil Schneider was lying there.

参照元 : Documentary Tube




デロング氏が語るロズウェル事件の真相「米国は地球外生命体を発見している」

【超新説】「ロズウェル事件」の“全く新しい真相”とUFOの謎を著名研究家が暴露!「米国が宇宙人を発見したのは冷戦期、本当は…」

2017.11.08

2017-11-10_022038

UFO研究に専念するため2015年に「Blink-182」を脱退した、トム・デロング氏。今年2月には、UFO業界への貢献が評価され、国際UFO会議において、「リサーチャー・オブ・ザ・イヤー」にも選出されるなど、早くもUFO界きっての重要人物になりつつあるが、この度、UFO界で最も熱いこの男が、ロズウェル事件の真相を赤裸々に語ったというのだ!

■デロング氏が語るロズウェル事件の真相「米国は地球外生命体を発見している」

米オンラインマガジン「Consequence of Sound」(3日付)などによると、先月26日、デロング氏は、米スタンドアップ・コメディアンであるジョー・ローガン氏がホストを務めるポッドキャストのトークショー「The Joe Rogan Experience」にゲストとして参加。ある内通者から、これまでの定説を覆すロズウェル事件の本当の意味を教えられたと語り始めたのだ。

2017-11-10_022138

「私はその男に会うために空港に向かい、空港内のレストランでテーブルに着きました。その男以外には誰も周囲にいませんでした。ウェイターが近づいてきましたが、その男はウェイターを追い払い、私の目を見てこう言ったのです。『我々が生命体を発見したのは冷戦期だ』、と。チビりましたよ」(デロング氏)

2017-11-10_022218

1947年のロズウェル事件も東西冷戦(1945〜1989)の間に起こっているが、デロング氏によると、米国が地球外生命体を発見したのはロズウェルとは別のルートだったという。そして、なんとロズウェル事件とは、エイリアンUFOの墜落ではなく、ナチス製UFOの墜落事件なのだという新説を語り始めたのだ!

「ナチスが南アメリカで取り組んでいた技術は米国の100年先を行っていました。そのため、元ナチの科学者らはNASAに迎え入れられたのです。彼らは重要な何かを知っていたのです」(同)

「私が見たところ、ロズウェル事件はアルゼンチンで研究を続けていたナチスの仕業です。ナチスは宇宙人の技術をすでに持っていたのです。人々はエイリアンや観測用気球などをダシにストーリーを仕立てあげてきましたが、真実は誰にも予想されたくないものだったのです」(同)

2017-11-10_022259

ということは、米国はナチスの宇宙人技術を秘匿するため、さまざまなカバーストーリーを流したということだろうか? いずれにしろ、内通者が誰なのか、彼らが発見した“生命体”とは何なのか、本当にナチスは宇宙人の技術を入手していたのか、多くの疑問が残るが、デロング氏の驚異的な人脈を考えると、彼がまったくのデタラメを語っているとは考え難い。

先月立ち上げを発表した、デロング氏率いるUFO研究組織「The To The Stars Academy of Arts and Science(To The Stars-AAS)」にも、CIAにディレクターとして24年間勤務した人物や、ロッキード・マーティン社の先進開発計画“スカンクワークス”に携わっていた人物、国防省の元情報高官、ペンタゴンの元国防次官補佐など、米国政府のUFO情報にも精通していると見られるエリート中のエリートが集められている。誰も夢にも思わなかった驚愕の真実をデロング氏が握っている可能性は十分にあるだろう。今後、決定的な証拠とともに全ての真相を明らかにしてくれることに期待したい。

(編集部)



参考:「Consequence of Sound」、「Express」、ほか

参照元 : TOCANA


TOM DeLONGE LEAKS: 'US found alien life form during Cold War, but not from Roswell UFO

THE US is holding the corpse of a dead alien life form, but it did not come from the alleged Roswell UFO crash, rock singer Tom DeLonge has sensationally claimed.

By JON AUSTIN
PUBLISHED: 15:22, Fri, Nov 3, 2017 | UPDATED: 17:04, Fri, Nov 3, 2017

2017-11-10_022830

The former Blink 182 singer is now a legend among the UFO community after putting together an organisation made up of former military and government insiders dedicated to revealing the truth about aliens.

After launching the To The Stars Academy, Mr DeLonge revealed on radio he met with a government source in an airport who revealed the shocking claim of an alien life form being found.

Mr DeLonge was interviewed on The Joe Rogan Experience - an online podcast hosted by the stand-up comedian - and described the bizarre meeting with a shadowy official and a further two-day interrogation in a hotel.

He said: “I fly out to this airport and I sit at a table in a restaurant at the airport.

“No one’s in there, and this gentleman sits down. And the waiter comes up, he waves off the waiter, and he looks me in the eye and he says ‘It was the Cold War and we found a life form

2017-11-10_022912

"That’s when I started sh***ing my pants.”

He was asked by Mr Rogan if he asked where they found it, but strangely, Mr DeLonge replied "I didn't ask him that question."

Mr Rogan said: "Really? Did you ever think this guy was bulls****ing you?"

"F**k no," replied DeLonge.

But, Mr DeLonge said he was told it was not found in the Roswell crash.

He said that after World War Two the US military were working with captured Nazi scientists who had managed to develop secret high-tech craft based on alien flying saucer technology.

He said: "They were 100 years ahead of us about what their guys did at the end of the war in South America.

"They knew some shit that was very important.



“What I believe crashed at Roswell… I believe it was German… from Argentina.

"But it had hallmarks and technology based on alien technology. "So, we put out a story saying, ‘It’s alien!’

"And then we put out a story saying, ‘It’s a weather balloon!’

"But the real thing it was we didn’t want anyone to guess.”

Mr DeLonge said he was told by insiders that the government had been infiltrating UFO groups since the 1950s and spreading "misinformation" in a bid to stop the real truth getting out.

2017-11-10_023055

2017-11-10_023104

He even said he was interviewed by six shady officials in a hotel over two days to ensure that he didn't already know too much, after he revealed in an earlier interview there was an international consortium dedicated to dealing with the "threat from aliens".

Mr DeLonge said he has been told stuff that he simply cannot reveal at this stage.

Roswell has been at the heart of the UFO scene since in July 1947 the military sensationally announced in a press release it had found the remains of a crashed flying saucer in the desert nearby.

But the following day it retracted the statement, saying it was in fact a damaged US Air Force air balloon.

Witnesses later came forward to say there had been alien bodies within the "crashed craft", which along with the wreckage were then taken to a mysterious top-secret military base.

There have been many theories about what actually happened, but an official government probe into what happened concluded it was a secret spy balloon being tested.

参照元 : express



古代マヤ文明が地球外知的生命体と交流していた新たなる証拠!メキシコの洞窟でエイリアンの壁画が発見される

【衝撃】メキシコの洞窟で“完全にグレイ型”な古代エイリアンの壁画が新発見される! マヤ文明と宇宙人を繋ぐ決定的証拠か!

2017.09.15

メキシコの洞窟で、UFOやエイリアンが描かれた壁画や彫刻が見つかった――そんな驚くべきニュースが飛び込んできた。古代マヤ文明が地球外知的生命体と交流していた新たなる証拠ではないかと注目を集めているようだ。「Disclose.tv」をはじめとする複数の海外オルタナティブメディアが伝えている。

2017-09-21_164031

■洞窟内部の不思議な遺物

謎の遺物が見つかったのは今年4月のことだ。メキシコのプエブラ州とベラクルス州の境にある緑生い茂る森の中にひっそりと存在する洞窟で、トレジャーハンターのグループが内部を捜索したところ、古代マヤ文明のものと思しき奇妙な線画が描かれた岩や、彫刻の施された石が多数発見されたのだ。

これだけでも大発見だが、驚くべきはそこに描かれているものだった。石に刻まれていたのは、大きな目にひょろっとした体をした奇妙な生物――まさに「グレイタイプ」と呼ばれるエイリアンとしか思えない生物の姿だ。

2017-09-21_164122

洞窟付近に暮らす人々の間には、遠い昔にやって来た奇妙な「船」と、その光景を描いた壁画の伝承があった。発見者らはそれを頼りに捜索を進め、今回の発見に至ったという。そう、伝承はすべて真実だったのだ。

■エイリアンと古代文明

発見者たちはこの遺物を、古代文明とエイリアンが接触していた証拠と考えている。遠い昔、メキシコの地にグレイタイプのエイリアンが訪れており、人々と交流していたというのである。よく知られているように、メキシコの古代文明とエイリアンとの関連は古くから指摘されており、さまざまな遺物が見つかっている。最近でも、2015年にはエイリアンのミイラが見つかったり、今年4月にもエイリアンをかたどった石像が発見されたりしているのだ。

2017-09-21_164206

今回発見された壁画には、空に浮かぶ巨大なUFOの下、跪いた人間にエイリアンが何かを手渡している光景も描かれていた。それはまるで、古代の王がエイリアンから文明を授かったことを暗示しているようだ。古代マヤ文明が有していた高度な技術と天文の知識は、やはりエイリアンに由来するものなのだろうか。洞窟の調査はまだ始まったばかりであり、今後の進展が期待される。





(吉井いつき)

参考:「Disclose.tv」、「EWAO」、ほか

参照元 : TOCANA

2017-09-21_165044

2017-09-21_165138

2017-09-21_165221

2017-09-21_165357

米タフツ大学とミシガン大学医学大学院の研究チームが人間のゲノムに8%の「エイリアンDNA」が混入していると発表

人間のゲノムに8%の「エイリアンDNA」が混入していると米国科学アカデミーが掲載! 古代の謎のウイルスが原因か?

2016.10.29

「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこへ行くのか」――フランス人画家ゴーギャンの問いを今一度問い直す時が来たかもしれない。なんと、人類の遺伝情報の中に「エイリアンDNA」が存在するという驚愕の研究結果が報告されていたというのだ!

2017-02-17_074705

■古代エイリアンDNAが新たに発見された

各海外メディアが伝えるところよると、米タフツ大学とミシガン大学医学大学院の研究チームが、世界中から集められた被験者2500人のDNAを調査した結果、19もの「非―ヒト由来のDNA(エイリアンDNA)」が、現代人のゲノム(全遺伝情報)に存在することが新たに判明、3月22日付の『米国科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences)』に掲載されたていたという。

さらに驚くべきことに、調査した2500人中2%の被験者にはエイリアンDNAの完全な“レシピ”が残されていることまで判明しているそうだ。一体このDNAは何なのだろうか?

実は、エイリアンDNAの正体は、「HIV(ヒト免疫不全ウイルス)」に代表されるレトロウイルスの一種、内在性レトロウイルス(HERV)だということが分かっている。内在性レトロウイルスとは、レトロウイルスが何らかの原因でゲノムに取り込まれ、何世代にもわたり遺伝されてきたものだ。人間のゲノムの8%を占めているともいわれている。

HIVと聞くと恐ろしいウイルスのように聞こえるが、胎盤の作成や脳細胞の活性化にかかわる内在性レトロウイルスも発見されており、人間が進化する過程で不可欠な役割を果たしてきたそうだ。

今回の研究結果は、レトロウイルスと人間の関係に新たな視点を提供するものになると研究チームのウイルス学者ジョン・コフィン博士(タフツ大学)は語っている。

「どのような経緯でレトロウイルスと人間がともに進化してきたのか、それを解明する重要な情報が明らかになりました」
「古代に起こったウイルスの爆発的感染を解明できるかもしれません」

2017-02-17_074824

これまでの研究では、内在性レトロウイルスはガンなどの病気の宿主にダメージを与えるものとして関連付けようとしてきたが、その中には宿主の進化を促したものがある可能性が近年指摘されている。ただ、共同研究者であるタフツ大学ザカリー・H・ウィリアムズ博士によると、「まだ全ての内在性レトロウイルスが見つかってないことが研究の障害になっている」ため、「今後さらに多くの人を対象にスクリーニングする必要がある」とのこと。

遺伝学者のジェフリー・キッド博士も今後の研究に更なる熱意を見せている。

「遺伝子の発現に影響を与える他の内在性レトロウイルスのサンプルも多く発見されています」(キッド博士) 「今回のメソッドを用いて、今後も遺伝子に挿入されている内在性レトロウイルスを探していくつもりです」(同)

身体の設計図ともいうべきDNAが「人間らしくないもの」で構成されているという驚愕の研究結果。ウイルスなどの生命が地球外から飛来したとする「パンスペルミア仮説」にならえば、人間はすでに地球外生命体とのハイブリッドだということも考えられるだろう。我々は一体何者なのだろうか……?

(編集部)

参考:「University of Michigan Health System」、「Science Daily」、「Daily Mail」、ほか

参照元 : TOCANA


More ancient viruses lurk in our DNA than we thought

One whole endogenous retrovirus genome -- and bits of 17 others -- were spotted in a study of 2,500 human genomes
ANN ARBOR, Mich. — Think your DNA is all human? Think again. And a new discovery suggests it’s even less human than scientists previously thought.

2017-02-17_075810

Nineteen new pieces of DNA -- left by viruses that first infected our ancestors hundreds of thousands of years ago -- have just been found, lurking between our own genes.

And one stretch of newfound DNA, found in about 50 of the 2,500 people studied, contains an intact, full genetic recipe for an entire virus, say the scientists who published their findings today in the Proceedings of the National Academy of Sciences.

Whether or not it can replicate, or reproduce, it isn’t yet known. But other studies of ancient virus DNA have shown it can affect the humans who carry it.

In addition to finding these new stretches, the scientists also confirmed 17 other pieces of virus DNA found in human genomes by other scientists in recent years.

The study looked at the entire span of DNA, or genome, from people from around the world, including a large number from Africa -- where the ancestors of modern humans originated before migrating around the world. The team used sophisticated techniques to compare key areas of each person’s genome to the “reference” human genome.

Working at Tufts University and the University of Michigan Medical School, the researchers made the findings with funding from the National Institutes of Health.

HERV-enly find

2017-02-17_075913

The findings add to what science already knows about human endogenous retroviruses, or HERVs. That’s the name for the ancient infectious viruses that inserted a DNA-based copy of their own RNA genetic material into our ancestors’ genomes. They’re part of the same type of virus that includes the modern human immunodeficiency virus, which causes AIDS.

Over generations, the virus-generated DNA kept getting copied and handed down when humans reproduced. That’s how it ended up in our DNA today. In fact, about 8 percent of what we think of as our “human” DNA actually came from viruses. In some cases, HERV sequences have been adopted by the human body to serve a useful purpose, such as one that helps pregnant women’s bodies build a cell layer around a developing fetus to protect it from toxins in the mother’s blood.

The new HERVs are part of the family called HERV-K. The intact whole viral genome, or provirus, just found was on the X chromosome; it’s been dubbed Xq21. It’s only the second intact provirus found to be hiding in human DNA.

In the researchers’ own words:
“This one looks like it is capable of making infectious virus, which would be very exciting if true, as it would allow us to study a viral epidemic that took place long ago,” says senior author and virologist John Coffin, Ph.D. of the Tufts University School of Medicine. “This research provides important information necessary for understanding how retroviruses and humans have evolved together in relatively recent times.”

“Many studies have tried to link these endogenous viral elements to cancer and other diseases, but a major difficulty has been that we haven't actually found all of them yet,” says co-first author Zachary H. Williams, a Ph.D. student at the Sackler School of Graduate Biomedical Sciences at Tufts University in Boston. “A lot of the most interesting elements are only found in a small percentage of people, which means you have to screen a large number of people to find them.”

“This is a thrilling discovery,” says co-first author Julia Wildschutte, Ph.D., who began the work as a Ph.D. student in Coffin’s lab at Tufts. “It will open up many doors to research. What’s more, we have confirmed in this paper that we can use genomic data from multiple individuals compared to the reference human genome to detect new HERVs. But this has also shown us that some people carry insertions that we can’t map back to the reference.”

2017-02-17_075955

U-M genetics researcher Jeffrey Kidd, Ph.D., worked with Wildschutte when she was a member of his laboratory team. “These are remnants of ancient events that have not been fixed in the population as a whole, but rather happened in the ancestors of some people alive today,” Kidd says. “There have been a number of examples of other HERVs that insert themselves next to human genes or near them, and have impact on their expression. We’re interested in applying these methods to find other types of viral or mobile element insertions.”

Genetic teamwork
The Michigan team used methods for characterizing repetitive DNA sequences that Kidd and his team had developed, while Coffin and Williams used complementary techniques. Wildschutte is now at Bowling Green State University.

Many of the genomes they examined were from the 1000 Genomes Project, an international collaboration. Another set of genomes came from work Kidd and colleagues at Stanford University had done as part of the Human Genome Diversity Project, with a focus on DNA samples from African volunteers.

These latter samples showed more signs of HERVs, in line with the high level of genetic diversity in African populations. That diversity stems from the longtime stability and intermixing of the continent’s population – as opposed to other populations in Europe, Asia and the Americas that stem from specific out-migrations in ancient times.

Cataloging all the HERV insertions in humans will require even more scanning of whole human genomes, which are becoming easier to come by as technology improves and becomes less expensive. And although intact proviruses lurking in our DNA may be rare, the impact of other HERV sequences on our health or disease is probably not.

The research was funded by the National Institutes of Health (OD009154, CA089441, GM112339) as well as the American Cancer Society and the F.M. Kirby Foundation.

参照元 : University of Michigan Health System

UFO多発地帯、南極大陸でまたしてもUFOらしき物体が発見される

南極の凍った湖に停泊する円盤型UFO(直径34m)が激撮される! エイリアンの基地か、ナチス・ドイツの極秘施設か!?

2017.02.07

言わずと知れたUFO多発地帯、南極大陸でまたしてもUFOらしき物体が発見されたようだ。

UFOや地球外生命体の謎を追い続けるYouTubeチャンネル、「secureteam10」による今回の発見は、英紙「DAILY STAR」「THE Sun」など複数の海外メディアに驚きを持って取り上げられた。

かねてより一部のUFO研究家たちは、いまだ人類未踏の領域が残されている氷に閉ざされた大地に、UFOの一大拠点があるに違いないと主張してきた。そのため、今回の発見は「秘密に包まれたテクノロジーが南極に存在する決定的証拠だ」と、彼らを歓喜の渦に巻き込んでいるという――。

2017-02-14_010800

南極大陸は、UFO以外にも自然の造形とは明らかに異なるピラミッドなどの構造物が多数発見されていることでも知られ、さまざまな憶測が飛び交ってきた。やはり、人が暮らすにはあまりに過酷な氷に覆われた南極大陸には、宇宙人の基地が存在するのだろうか。それとも、一部でまことしやかに囁かれているように、第二次大戦中に円盤型秘密兵器の開発に着手していたと噂されるナチス・ドイツの残党が、密かに南極へと逃げ延びていたのだろうか。果たして今回の発見は、いまだ多くの謎に包まれている南極大陸の“真実”を暴くことができるのか……!?

それでは、「secureteam10」がグーグル・アースを使って発見したという、問題の映像をご覧いただこう。



動画では、グーグル・アースの照準を南極大陸北部の山岳地帯に合わせている。岩肌が露出した付近をさらに拡大すると、なんと、円盤状の物体が岩の隙間から顔を出しているではないか。洞窟のような窪みに、問題の物体は半分隠れているものと思われる。いずれにせよ、自然の造形とはとても思えぬ円盤型をしているのだ――。

2017-02-14_011125

■円盤の近くにエイリアンの基地がある……!?

世界的なUFO研究家スコット・ウェアンリング氏は、今回「secureteam10」によって発見された円盤について正真正銘のUFOであると確信している様子だ。

「素晴らしい発見です。凍りついた湖を深い峡谷が囲んでるのでしょうか。円盤は氷の上に存在するようですね」(ウェアリング氏)

「グーグルのルーラーで計測したところ、この円盤型UFOの直径は34mです。かなりの大きさですから、機体全てが隠れる適切な洞窟が見つからなかったのではないでしょうか」(同氏)

確かに直径34mともなれば、機体を完全に隠すことは難しそうだ。普段は人目を避けていると思われるUFOが、半分しか隠れることのできないこの場所に停泊している理由について、ウェアリング氏は次のように憶測する。

「この場所の近くに、エイリアンの基地があると考えて間違いないでしょう。人間に見つからないよう、おそらく地下深く、地上からだいたい4〜5kmのところに基地があるはずです」(同氏)

付近にエイリアンの地下基地があるはずだと推測するウェアリング氏だが、発見者「secureteam10」は、ナチス・ドイツの基地が南極にある可能性も考慮に入れているようだ。

2017-02-14_011213

■南極にこだわったヒトラー

ヒトラーが南極調査に熱を上げた理由には諸説あり、現在もはっきりしない。南極と地下で繋がっているとされる不死の楽園「トゥーレ伝説」に強い興味を持っていたともいわれているが、アイガー北壁に代表されるように、国威発揚のための“征服”競争の一端と見ることもできるだろう。

いずれにせよナチスは、1938〜42年まで毎年のように南極遠征を実行し、研究者や技術者から成る探索隊を派遣していた。軍事拠点の建設も計画され、多くのナチス関係者や専門家がこの南極基地に移されたという。

しかし、ナチス・ドイツの敗戦により南極基地の詳細はとうとう明らかになることはなかった。そのため「ナチスの一部(幹部クラスとされる)は、密かにこの基地に逃げ延びていたのではないか」という噂が一部で信じられており、南極で度々目撃される謎の飛行物体もナチスと関連づけられることが多いのだ。

今回発見された円盤型物体がエイリアンによるものなのか、それともナチスの残党によるものか、現段階で断言することはできない。もちろん、画像のエラーという可能性もあるだろうが、南極で奇妙な物体や構造物が数多く発見されていることは紛れもない事実。今後も、謎多き大陸から新たな発見がもたらされることに期待したい。

(坂井学)

参考:「THE Sun」、「DAILY STAR」、「UFO Sightings Daily」、ほか

参照元 : TOCANA




IT'S A UF-SNOW Antarctic UFO hunters spot alien ship hidden a cave near the South Pole

Unexplained discovery fuels conspiracy theories about extraterrestrial and lost civilisations

BY JASPER HAMILL 25th January 2017, 1:39 pm

UFO hunters have spotted an “alien ship” in Google Earth satellite images of Antarctica.

Investigators from a YouTube channel called Secure Team zoomed in on a mountainous region of the South Pole and found what appears to be a disc poking out of a cave.

This sighting was hailed as “final proof of secret technology” on the frozen continent.

“This is a bombshell discovery and one of the most obvious unnatural and anomalous structures we have found at the South Pole,” Secure Team said.

There have been a number of unexplained Google Earth sightings in Antarctica recently, including what looks like a large pyramid.

This has led to wild speculation about a lost civilisation hidden under the ice and even claims that aliens had built a massive base in Antarctica.

2017-02-14_011907
The shock claims come just months after similar footage of a pyramid on the icy continent

Other people have suggested the Nazis went to the South Pole to test out saucer-shaped craft.

Of course, many of the pyramids and flying saucers discovered in the polar regions could be natural formations or glitches in the images.

Last year, the internet lit up with discussion about a huge and mysterious “anomaly” lurking beneath the frozen wastes of an area called Wilkes Land.

2017-02-14_012001

A view of Antarctica, the frozen landmass at the south pole of our planet

2017-02-14_012033

The icy wastelands of Antarctica are infamously barren and inhospitable, making research very difficult Some researchers believe it is the remains of a truly massive asteroid which was more than twice the size of the Chicxulub space rock which wiped out the dinosaurs.

If this explanation is true, it could mean this killer asteroid caused the Permian–Triassic extinction event which killed 96 percent of Earth’s sea creatures and up to 70 percent of the vertebrate organisms living on land.

However, the wilder minds of the internet have come up with their own theories, with some conspiracy theorists claiming it could be a massive UFO base or a portal to a mysterious underworld called the Hollow Earth.

This “Wilkes Land gravity anomaly” was first uncovered in 2006, when NASA satellites spotted gravitational changes which indicated the presence of a huge “structure” sitting in the middle of a 300 mile wide impact crater.

2017-02-14_012103

The area known as Wilkes Land is circled in red

2017-02-14_012134

This representation of satellite data shows the bizarre anomaly beneath Wilkes Land “To this day, scientists have no idea or way to discover exactly what is buried deep under this thick ice shelf,” Secure Team said.

“This continent has been shrouded in a mystery of its own for years now.”

Secure Team suggested the Nazis built secret bases in Antarctica during World War II, which were designed to be used by flying saucers.

The UFO hunters added: “There is some evidence of this coming to light in recent years, which images purporting to show various entrances built into the side of mountains, with a saucer shape and at a very high altitude.

“This begs the question: how would you enter these entrances without something that could fly and was the same shape as hole itself?”

We pay for your stories! Do you have a story for The Sun Online news team? Email us at tips@the-sun.co.uk or call 0207 782 4368

参照元 : the sun

またしても南米・ペルーで「長頭頭蓋骨」が発見される!DNA鑑定で現生人類と一致せず!数千年前の“グレイ型”宇宙人のミイラも発見

ペルーで再び「長頭頭蓋骨」が発見される! DNA鑑定では「ヒトに非ず」…“グレイ型”のミイラか!?

2016.11.28

またしても南米・ペルーで謎の「長頭頭蓋骨」が発見された。これまでのものと大きく異なる点は、サイズがきわめて小さいことだ。そして一緒に発見されたのは、それよりもさらに小さい長頭頭蓋骨を持つ全長30cmほどのミイラである。古代人の子どものものなのか、それとも……。

■謎が膨らむペルーの「長頭頭蓋骨」

1928年にペルー南岸部の砂漠地帯で発見された「長頭頭蓋骨」だが、その後の専門家による調査・分析によってかえって謎が深まるという皮肉な事態を迎えている。

南米大陸には古くからアンデス文明が栄え、発掘場所のペルーの地にも1万年以上も前から人類が暮らしていたとされているが、本格的な分析によってこの長頭頭蓋骨の持ち主がこの地に住んでいた古代人ではない可能性が高まってきたのだ。

2017-01-25_033533

2014年1月に発表されたDNA鑑定の分析結果によれば、長頭頭蓋骨の遺伝情報は現生人類のものと一致しておらず、ネアンデルタール人やデニソワ人などの旧人類のものでもないことが判明したのである。

乳幼児期から頭部を縛り上げたり、木片で挟むなどして「長頭」へと人為的に変形させる風習を持つ民族が世界各地で確認されているため、その形状自体はそれほど大きな謎ではないのだが、このペルーで発見された長頭頭蓋骨は明らかに人間のサイズを越えた頭部の容積を持っていることも指摘されている。一般的な人間の頭蓋骨より約25%大きく、約60%も重いことが判明しているのだ。人為的な頭部の変形ではこのような変化は起らない。

有名な「ナスカの地上絵」など、地球外文明との接触を連想させるミステリアスな遺跡が残るペルーだが、ひょっとするとこの長頭頭蓋骨はエイリアンのものである可能性も浮上してきている。

そして先日、またしてもペルーで発掘されたという新たな長頭頭蓋骨と、きわめて小さい骸骨が公開されたのだ――。

2017-01-25_221901

■数千年前の“グレイ型”エイリアンのミイラか?

ペルー南部沿岸の砂漠地帯にある洞窟で発見されたという長頭頭蓋骨は手のひらに収まってしまうほど小さい。加えて、さらに小さい頭部の全長30cmほどのミイラも一緒に発見されたということだ。小さいというだけではない。その風貌はなんと“グレイ型”エイリアンを彷彿とさせるものだったのだ。



公開者である生物学者のブライアン・フォレスター氏は、自ら撮影した動画の中でこの骸骨を紹介している。人間ものではないことは明らかであるが、生物学者としてもどの生物の骸骨であるのかは見当がつかないということだ。

2017-01-26_010157

当然ながら石でもなく、フェイクでもない(もしフェイクだとすればかなり入念に作られたものであるという)。青みがかった頭蓋骨の中は中空になっていて、フォレスター氏の分析では厚さ3〜5mmの頭蓋骨にミイラ化した皮膚が張りついた状態になっているという。近いうちにX線検査や骨と皮膚のDNA鑑定を行なうということである。

2017-01-26_010236

いち早くこのニュースをとり上げた「UFO Sightingsd Daily」のスコット・ウェアリング氏によれば、これらの骸骨は数千年前のものであり、知的生命体としてのエイリアンである可能性もじゅうぶんあるということだ。いずれにしてもまだ情報が不足しており予断を許さないのだが、今後の分析の進展に期待したい。

(文=仲田しんじ)



参考:「UFO Sightingsd Daily」ほか

参照元 : TOCANA


宇宙人疑惑「パラカスの頭蓋骨」2回目のDNA解析結果が公開される! 人類史を塗り替える新事実が発覚!?

2016.08.01

「パラカスの頭蓋骨」――それは、世界中の考古学愛好家やオカルトファンを長きにわたり魅了し続ける、奇怪な長頭の頭蓋骨である。1928年、ペルー南岸部ピスコ州近郊の砂漠地帯、パラカスにある約3000年前の墓地遺跡で、「ペルー考古学の父」と呼ばれるフリオ・テーヨ(1880〜1947)によって発見された。

2017-01-26_011446

■「パラカスの頭蓋骨」発見の経緯

300以上も出土した「パラカスの頭蓋骨」だが、現地の歴史博物館で保管されることになり、長きにわたる調査・分析が行われてきた。その結果、「古代における頭蓋変形の風習を示すものである」との見方が一般的に。そもそも板などで頭を挟み、固く縛って引き伸ばす頭蓋変形の風習自体は、世界各地の古代文明で見られるものである。

一部では、古代人が地球外生命体と出会い、その頭の形を真似て頭蓋変形に及んだとする説も唱えられているが、いずれにしても、宗教的・文化的な背景に基づく頭蓋変形という行為自体は、決して珍しくない。つまり、「パラカスの頭蓋骨」もその一例にすぎないと見なされていたというわけだ。

■“未知の生物”か“地球外生命体”か!?

ところが2014年、驚くべき発見によって事態は急変する。博物館が「パラカスの頭蓋骨」をDNA解析にかけることを許可し、毛根が残った髪の毛や歯、さらに皮膚の一部まで含まれる頭蓋骨のサンプルを3つ、研究者たちに提供したのだ。そして最新科学による第1回目の分析結果が公表されると、世界中に衝撃が走った。



なんと、「パラカスの頭蓋骨」の遺伝情報は、現生人類や霊長類、さらにネアンデルタール人やデニソワ人をはじめとする過去に出現した人類の祖先たちとも大きく異なっていたのだ。そして、異常なほどの背の高さや赤茶色の髪の毛も、この地方の古代人には見られない特徴であることが判明。これを受け、「パラカスの頭蓋骨」の正体は完全に藪の中、“未知の生物”説や“地球外生命体”説まで囁かれる事態へと発展した。

それから2年後となる2016年7月、ついに2つ目のサンプルのDNA解析結果が発表された。果たして調査に進展は見られたのか!? 浮かび上がってきたのは、人類史を塗り替えるような新事実だった!

■2回目の解析で明らかになった新事実

今月25日、「LIVING IN PERU」をはじめとする複数のペルーメディアが伝えたところによると、第2回目のDNA解析では前回と大きく異なる結果が得られたという。というのも、「パラカスの頭蓋骨」のルーツが、現在のヨーロッパや中東にある可能性が高くなったというのだ。第1回目で“未知の生物”や“地球外生命体”かと騒がれた解析結果は、用いられたサンプルの状態が良好ではなかった可能性もありそうだが、ともかく最新の科学は頭蓋骨の知られざる事実を導き出すことに成功した。

2017-01-26_011754

では、今回の解析結果が意味するものは何か? そう、コロンブスに先立つこと約2500年、今から3000年以上さかのぼる太古の昔、すでにヨーロッパや中東からアメリカ大陸へと移り住んだ人々がいることを示す証拠かもしれないのだ。生前の「パラカスの頭蓋骨」たちが、本当にヨーロッパや中東からアメリカ大陸に到達した人々(もしくはその子孫)だったとしたら――これは私たちの歴史認識を大きく修正する必要に迫られる大発見ではないか。

■謎は深まるばかり

では、2回に及ぶDNA解析で「パラカスの頭蓋骨」の謎が完全に解き明かされたかといえば、決してそうではない。最新の科学をもってしても、引き伸ばされた頭に秘められた不思議は、深まるばかりのようだ。

通常、幼少期より頭部を縛り上げられた人間の頭部は、それを受けない場合と同じ体積と重量のまま、形状のみに変化が表れるという。しかし「パラカスの頭蓋骨」の体積は、通常の頭蓋骨より25%大きく、約60%も重かった。そのため人為的に頭部が変形されたケースとは矛盾が生じてしまうのだ。

つまり「パラカスの頭蓋骨」は、“生まれつき”引き伸ばしたような形をしていた可能性が高いのだが、この謎については今回のDNA解析を経ても何ひとつ進展が見られなかった。考古学研究家で作家のL. A. マズーリ氏は、ペルーメディアの取材に次のように答えている。



「人為的な頭蓋変形だった可能性は残りますが、私はそうは思いません。なぜなら、(体積や重量の問題だけではなく)『パラカスの頭蓋骨』の場合は大後頭孔(頭蓋骨と脊柱をつなぐ部分)がとても後ろの方に位置しているのです。普通は、もっとあごに近い位置にあるはずなのです」

2017-01-26_012000

2回のDNA解析によって、少しずつ「パラカスの頭蓋骨」の正体が明らかになりつつある。しかし、知れば知るほど、新たな疑問が生じてくる現状がおわかりいただけるだろう。一体、「パラカスの頭蓋骨」の正体は何者なのか? もともとヨーロッパや中東で暮らしていたなら、彼らはなぜ、どのように南米へと移動したのか? 謎は深まるばかりだが、残されたサンプルはあと1つ、アメリカの専門調査機関に提出されたという。その分析結果を、世界が固唾を呑んで見守っている。

(編集部)

参考:「EXPRESS」、「LIVING IN PERU」、ほか

参照元 : TOCANA


エイリアンか、新種か、捏造か!? ペルーで発見された「パラカスの頭蓋骨」に刻まれた未知の遺伝情報とは?

2014.02.26

かつて南米で発見されたが、その謎深さゆえに研究が進展してこなかった頭蓋骨がある。そして今月、この頭蓋骨のDNAを解析したところ、驚くべき結果が得られたと語る男が出現し、考古学ファンたちの話題を呼んでいるようだ。詳細について解説しよう。

■頭蓋骨発見の経緯

1928年、ペルー南岸部ピスコ近郊の砂漠地帯、パラカス。考古学者フリオ・テーヨ(1880〜1947年)は、この観光地にある巨大な墓地遺跡から、奇妙な頭蓋骨を数多く発見する。3000年ほど前の人間のものと思われたその頭蓋骨は、縦方向に長く引き伸ばされた形をしているのだった。

2017-01-26_012433

その後、実に300以上も出土したこの奇妙な頭蓋骨の調査は、謎が謎を呼ぶ展開を見せ、考古学者たちを困惑させることとなる。そもそも考古学者にとって、変形した頭蓋骨自体はそれほど珍しいものではない。頭部を縛り上げたり木片で挟むなどして変形させる風習は、「頭蓋変形」として古代から世界各地に存在することが判明している。むしろ謎は頭部の外形以外にあったのだ。

■深まる頭蓋骨の謎

2017-01-26_012526

通常、幼少期より頭部を縛り上げられた人間の頭部は、それを受けない場合と同じ体積と重量のまま、形状のみに変化が表れる。しかしパラカスで発見された細長い頭蓋骨の体積は、通常の頭蓋骨より25%大きく、60%程度も重かった。そのため人為的に頭部が変形された可能性に疑問が生じてしまう。

さらに謎は頭蓋骨の構造にもあった。通常、左右に1対ずつあって結合しているはずの頭頂骨(頭頂から後頭部までを形成する骨)が、大きなひとつの骨となっていたのだ。当時の考古学者たちはこれらの謎を解明することができず、結果として、パラカスの頭蓋骨はその後数十年にわたり放置されるという運命を辿るのだった。

そして現代、その謎に再び光を当てようと試みる男が現れた。パラカスの歴史博物館で働き、頭蓋骨の謎を研究する傍ら、書籍の執筆やツアー会社の経営にも取り組んできたブライアン・フォースター氏だ。

■DNA解析の結果……!?

フォースター氏は、パラカス歴史博物館のジュアン・ナヴァロ館長から、謎に満ちた頭蓋骨をDNA解析にかけるためにサンプルを採取する許可を得る。彼が採取した5つのサンプルには、毛根が残った髪の毛や歯、そして皮膚の一部も含まれていたという。そしてそのうち3つのサンプルが遺伝学者に宛てて送られ、現代の技術をもって調査されることとなった。ちなみに、遺伝学者たちのあらゆる事前予想と先入観を排除するため、送ったサンプルに関する情報は一切明らかにしなかったのだという。

2017-01-26_012608

そして今月、1つのサンプルのDNA解析が完了し、フォースター氏によってその結果の一端が明かされ、大きな驚きを呼んでいる。

彼によると、サンプルの解析で得られた遺伝情報が、現生人類のものと一致しなかったというのだ。その差異は、現生人類との間で異種交配が起こった可能性すら考えられないほどに大きなものであったという。さらに「今までに出現したネアンデルタール人やデニソワ人、またそれ以外のあらゆる動物にも見られない未知の遺伝情報」であるため、パラカスの細長い頭蓋骨は、エイリアンか未知の生物のものであるかもしれないとしている。他にも、異常なほどの背の高さや赤茶色の髪の毛も、この地方の古代人の特徴とは異なっており、彼の推測を補強する材料となるという。

2017-01-26_012701

現在フォースター氏はさらなる研究のための資金を募っているが、調査の詳細が明かされていないため、その信憑性に疑問を呈する声もあるようだ。いずれは論文としてまとめ、査読を受ける必要があるだろう。果たして、パラカスの細長い頭蓋骨はエイリアンのものなのか、それとも未知の生物のものなのか。さて、真偽のほどは如何に。

(ヨムノ・トルグ)



参照元 : TOCANA

ペルーで人間とも、地球のどんな生物とも違う3本の指を持つミイラとグレイタイプの小型ミイラが発見される!

【衝撃】エイリアンの巨大な“手”がレントゲンで撮影される! 専門家「地球の生物ではない」=ペルー

2017.01.19

昨年、ペルー南部の洞窟で全長30cmほどの“グレイ型”エイリアンのものらしき長頭頭蓋骨を持つミイラ(以下、”小型ミイラ”)が発見され、大きな話題になったことは覚えているだろうか。このミイラを公開したのは、生物学者で古代史の謎を探求するウェブサイト「HIDDEN INCA TOURS」を運営するブライアン・フォレスター氏だった。

2017-01-25_221901

今回そのフォレスト氏から、またしても衝撃的な発表がなされたことを1月6日付の英紙「EXPRESS」など多くのメディアが伝えている。なんでも、地球上で確認されている生物のものとは明らかに違う、巨大な“手”のミイラがレントゲンで撮影されたというのだ……。まず、レントゲン撮影に至った経緯をざっと説明しよう。

■“小型ミイラ”のすぐ近くで発見されていた“手”

2017-01-25_221916

実は、冒頭で述べた“小型ミイラ”は、フォレスト氏自身が発掘したものではない。ペルー南東部に広がる砂漠地帯の坑道で、採掘に当たっていた作業者のグループによって発見され、フォレスト氏に引き渡されたのだという。このグループは“小型ミイラ”のすぐ近くで、ミイラ化した“3本の指を持つ手”も発見しており、“小型ミイラ”とともにフォレスト氏に引き渡されていたのだ……。

実は当初より、ミイラを発見したという採掘者グループには疑いの目が向けられていた。それもそのはず、ミイラが発見された正確な場所や、発見状況などの詳細を全く述べていないのだ。当然、金目当てが疑われ、彼らが発見したというミイラも、一部ではまがい物扱いされていたのである。

しかし、一団からミイラを受け取ったフォレスト氏は、疑惑を全否定する。偽物などではなく、エイリアンの“本物”のミイラであることを明らかにするため、今回ペルー、クスコでレントゲンを使った本格的な調査に乗り出したのだ。

2017-01-25_222105

■人間とも、地球のどんな生物とも違う……!?

レントゲン撮影により、長い3本の指は、それぞれ6個の骨から成っていることが確認された。言うまでもなく、3個の骨を持つ人間の指とはまるで違う。調査に当たった医師は、本物の骨と皮膚組織を持つことから、この手は確かに何らかの生物のものであるが、人間とも、地球に生きるいかなる生物とも違うという結論に至った。

やはり、フォレスト氏の主張通り、手はまがい物ではなかったようなのだ。氏はさらにこのミイラを詳しく分析するため、今年中にも放射性炭素による年代測定や、DNA鑑定をアメリカで実施する予定だと語っている。この手の持ち主は、どれほど前に生きていたのか。手とともに発見されたという“小型ミイラ”との関係性も気になるところだ。

2017-01-25_222348

■”小型ミイラ”と”手”のみ発見されたミイラは親子……!?

世界的なUFO研究家スコット・ウェアリング氏も、フォレスト氏が発表したミイラの調査結果に高い関心を持つ一人。氏は、DNA鑑定は今回のレントゲン同様、単に我々が知るいかなる種とも違うということが確認されるだけではないか、と予想する。

「我々は、このミイラと比較することができるエイリアンのDNAを持っていないのです」(ウェアリング氏)

ただ、一緒に発見されたという“小型ミイラ”との比較により、同じ種であることが確認できる可能性はあるとウェアリング氏は見ている。同じ種という結果になれば、当然”小型ミイラ”はエイリアンの幼児と考えられ、”手”のみ発見されたミイラと親子である可能性も出てくるのだ。

実は今回の、レントゲン撮影の結果発表にも「人間の指の骨を継ぎ足しただけでは」といった否定的な意見は依然として多い。疑惑を晴らしたかったフォレスター氏の目論見に反して、さらに深い疑いを生んでしまった感すらある。しかし、地球上で未確認のDNAが検出されれば、もう疑い得ないだろう。そんなフェイクを作りようがないからだ。果たしてどんな結果が出てくるか。引き続き”エイリアン(?)のミイラ”に注目だ。

(坂井学)



参考:「EXPRESS」、「UFO SIGHTINGS HOTSPOT」、ほか

参照元 : TOCANA


Giant Hand of an Unknown Being found in Peru

January 3, 2017

When a local person and his friends were exploring the tunnels of the southern desert near their home they found a bizarre “Alien” hand which has only three long and thin fingers along with a small mummified elongated humanoid skull.

2017-01-25_230632

Although it is easy to call the “Alien” hand as a hoax, the artifact was seen by researcher Brian Foerster – HiddenIncatours - in person recently in Cusco Peru.

It was presented to Mr. Foerster and his team, by the local person living in Cusco, a region of Peru who does not want to sell the artifact as he simply wants to know what it is.

The “Alien” hand

X rays of the “hand” show that each of the 3 fingers has 6 bones, while a human hand has 3. Once again, as with the skull, physicians in Cusco determined that clearly this is not the hand of a human, but is made up of bone and skin. They were unable to determine what kind of life form it is, or was.

The “Alien” Skull

The skull was x-rayed and examined by physicians here in Cusco who stated that it clearly was not a human, but was a life form of some kind. The skull is composed of bone and skin of some sort. Plans are in the works for radiocarbon and DNA testing early in 2017 in the US.

See also our article: Alien Looking Skull Found In Desert of Peru
http://ufosightingshotspot.blogspot.co.id/2016/11/alien-looking-skull-found-in-desert-of.html



Labels: 2016, aliens, Ancient, ancient civilization, ancient history, extraterrestrials, giants, human giants, mystery, skulls, unexplained

参照元 : UFO SIGHTINGS HOTSPOT

米国カリフォルニア州で、地球上の生物とは思えないバケモノの死骸が発見される

エイリアンか!? 地球上の生物とは思えない「異型のバケモノ」が死骸で発見される!!

2015.11.10

過去トカナでは、正体不明の不思議な生物の話題を多数お伝えしてきた。しかしそれらは、体の一部が何らかの動物に似ているなど、少なくとも“この世のもの”であることだけは確かだった。ところが今回、米国カリフォルニア州で発見された謎の死骸は、他に類を見ない摩訶不思議な姿形で人々を驚かせている。

Alien-Creature

まん丸い頭部と長い首、人間にも似た目と口、まるでスライムのような肌、そして2本の触手(?)が生えた胴体――地球上に生息するどんな動物にも似つかない、おどろおどろしい“バケモノ感”を漂わせている。今月9日、英紙「EXPRESS」をはじめとする複数の海外メディアが報じたところによると、発見者のジアンナ・ペポニスさんは自宅裏庭で偶然この死骸に気づき、すぐさま写真に収めたのちフェイスブック上にアップした。

2016-07-26_072403

「本当は投稿する気なんてなかったけど、正体がどうしても知りたくて」
「見つけた時、すでに息はなかったわ。友達にどんどんシェアして(一緒に考えて)ほしい」(ペポニスさん)

写真がインターネット上に広まると、海外掲示板サイト「reddit」などではユーザーたちによる熱い議論が巻き起こった。「完全にエイリアン」「まちがいなくフェイスハガー(映画『エイリアン』に登場する凶暴な小型エイリアン)だ」という意見のほか、「有蹄動物(鹿や馬など蹄をもつ動物)の胎児だと思う。体を半分喰われてしまったのだろう」と冷静に分析する声、さらには「まったく何だかわからない。でも、これを庭から撤去するなら、その場所には塩を撒いておいたほうがいいと思う」と怯えきった反応も寄せられているようだ。

果たして、死骸の正体が白日の下にさらされる日は訪れるのか……? 謎はますます深まるばかりだが、ペポニスさんには、これをぜひとも遺伝子検査にかけることをお願いしたい。

(編集部)

参考:「The Daily Mirror」、「The Daily Mail」、「EXPRESS」、「METRO」、ほか

参照元 : TOCANA

▼イメージ画像:「Thinkstock」より

2016-07-26_080554

地球上に存在しない約800年前の「宇宙人と人間の巨眼ハイブリッド頭蓋骨」が発見される!?秘密結社ペガサス教団が保管していた?

「宇宙人と人間の巨眼ハイブリッド頭蓋骨」が発見される! 中世秘密結社「ペガサスの光教団」と関連か?

2016.07.22

約800年前の「宇宙人の頭蓋骨」が発見されたと、7月19日付の「Daily Express」が報じている。その保存状態の良さからフェイクだとの声もあるが、年代測定や獣医師による鑑定がなされているため、UFO研究家の間では「宇宙人で間違いない」との意見もでている。まずは、写真をご覧頂こう。

■地球上に存在しない生物

Sealand skull

2016-07-23_185240

一見すると人間の頭蓋骨に似ているように見えるが、なんと、その大きさは通常の人間の頭蓋骨の1.5倍。それに加え、異常なほど巨大な眼窩も目をひく。犬歯らしきものも確認できるが、人間の犬歯はこれほど大きく、鋭くはない。このような特徴から、UFO研究家のスコット・ウェアリング氏は、「宇宙人と人間のハイブリッド」の頭蓋骨ではないかとの自説を展開している。

facial reconstruction

この頭蓋骨は2007年、デンマーク・コペンハーゲンにあるシェラン島で、水道作業員が100年前の水道管を掘り起こした際に偶然見つかったそうだ。しかし、当時は大きな話題を呼ぶこともなく忘れ去られてしまったという。だが2010年、コペンハーゲンの獣医師によって、動物との同定作業が行われてから事態は急転。

「哺乳類のようだが、いくつかの特徴は地球上のどの動物にも当てはまらない」とのことで、本格的な調査が開始された。その後、この頭蓋骨は物理学研究の最高峰のひとつニールス・ボーア研究所に送られ、正確な生存年代の測定がなされたそうだ。人類学や考古学などで使用する炭素14年代測定が行われた結果、西暦1200年~1280年間に存在していたことが判明した。

そうすると、発見場所である水道管は100年前のものであるため、誰かが意図的に埋めた可能性は極めて高いとみられている。一説によると、この頭蓋骨はバルカン半島で最初に発見され、その後フランスやドイツを経由してデンマークに渡ったそうだ。いったい誰がどのような目的で秘密裏に保管していたのだろうか?

■秘密結社ペガサス教団が「宇宙人の遺骨」を保管していた?

地元住民の話によると、かつてシェラン島には、秘密結社「ペガサスの光教団」の活動拠点があったそうだ。現在ではあまり耳にしない教団ではあるが、ウィリアム・シェイクスピア、H.G.ウェルズ、トーマス・ジェファーソンといった著名な作家や政治家が在籍していたこともあったという。これだけの人物が集まるからには、なにか陰謀めいた秘密があるのは必至だろう。

この教団の設立目的は、宇宙人が作成したと思われる“絶対に壊れない”物品や、宇宙人の遺骨などを保管することであったそうだ。さらに、これらの品々は、ペガサス座付近からやってきた宇宙人から直接手渡されたものであるとも。今回の「宇宙人の頭蓋骨」もペガサス教団が保管していたものだとする線が濃厚であるが、決定的な証拠は未だ見つかっていない。

ペガサスの光教団の存在が事実であるならば、人類はかなり長い間、宇宙人の介入を受けてきたといえそうだが、トカナ編集部でも調査したところ、この教団に関するストーリーにおいてこれ以上の情報はほとんどない。彼らが世界史にどのような影響を与えてきたかは定かではないが、同じく宇宙人との関係が深いイルミナティやフリーメーソンの暗躍に匹敵する影響力を持っていた可能性も否定できない。

2016-07-23_185622

いずれにしろ、この「頭蓋骨」の実物を見たという人間が少ないこともあり、フェイクだと考える否定派が多いのも事実である。すでにペガサス教団によって隠されてしまった可能性もあるが、ぜひとも公開され、包括的な科学的検証が行われることを期待したい。

(編集部)

参考:「Daily Express」、「Disclose.tv」、ほか

参照元 : TOCANA


The mysterious huge-eyed skull believed to have 'belonged to an alien'

A MYSTERIOUS skull with huge eye sockets and fanged teeth, that has left scientists flummoxed, may have belonged to an alien, it is claimed.

By JON AUSTIN
PUBLISHED: 11:50, Tue, Jul 19, 2016 | UPDATED: 14:36, Wed, Jul 20, 2016



The strange skeleton head, described as 50 per cent bigger than a standard sized version, wasy found by Danish contractors replacing old sewage pipes workers on Sealand Island.

The workers were digging out the 100-year-old pipes when they found the skull under a building that once belonged to a butcher, it is alleged.

Experts at a Veterinary College in Copenhagen, who examined the find, concluded: “Although resembling a mammal, certain features make it impossible to fit the animal into Linnaean taxonomy.”

The scientists could not link it to any known species on Earth.

Subsequent carbon dating of the skull at the University of Copenhagen's Niels Bohr Institute for the sciences, determined it was about 800 years old - which only added to the mystery as it was found within pipes of just a century old.

The skull was found in 2007 but it was not looked at by scientists until 2010.

Further excavation of the area found only animal bones, stone axes, and equipment from the Neolithic period - nothing else that could be linked to the skull.

Sea-Land-skull-690920

Adding to the intrigue are claims the island was also once home to a mysterious sect of writers.

It is alleged Sealand was where the secretive Order of Pegasus Light was based. The alleged secret society of poets and writers, sworn to protect a group of unbreakable alien artefacts including, bizarrely, an alien skull allegedly left behind by extraterrestrial visitors from the constellation Pegasus.

The Order of Pegasus Light was formed in the 1300's and among its members have over time been some of history's most influential writers including William Shakespeare, Thomas Jefferson, H.G. Wells, and Ambrose Bierce.

Scott C Waring, editor of ufosightingsdaily.com, is convinced it must have come from an alien/human hybrid.

Skull-2-596889

The skull allegedly being scientifically analysed.

He blogged this week: "Here is a great skull found in Denmark and its really remarkable.

"The enlarged eyes, the teeth are mind-blowing. It doesn't fit into any known species and is 50 per cent larger than a human skull. Perhaps a half human, half alien hybrid."

However, many commentators simply believe the whole issue was a hoax particularly as it is no longer clear where the skull is.

People have observed how neat the skull is, with no parts missing.

The author of an article about the skull on the sceptical website Skeptophilia said all we have to go on are the photographs.

He wrote: "A photograph. No hard evidence at all, since none of the sources mention where the skull currently is, who the scientists are who carbon-dated it, or anything else.

"There's a brief mention of some group of oddballs called ‘The Order of the Light of Pegasus’ who had a house in Olstykke and were reputed to be ‘the guardians of objects... believed to be mysterious’, but searches for anything related to said Order all bring you back to websites having to do with the Sealand skull.

"The whole thing has the hallmarks of a hoax, but do I know it is? Nope. To prove that it's a hoax - or to prove anything else about it - you'd need to have access to the skull itself.

"If it is real, it'd be a pretty earth-shattering discovery, bringing up the inevitable question of why the scientists who studied it weren't trampling each other to death to be the first people to write a paper on it.

"But that, too, hardly constitutes proof of anything. At the moment, the best we can say is that there's no evidence one way or the other for a claim made by an unknown individual about an alleged scientific study by unnamed scientists about a skull that may or may not exist."

参照元 : Daily Express


DANISH WORKERS FIND ALIEN SKULL ON DENMARK'S SEALAND ISLAND

700_c8abc3a52ed5a8b27aee346a77f4fc4d

A skull that seems to suggest it’s from another world has been discovered…but what is it? Danish workers on Denmark's Sealand Island, were replacing hundred year old sewer pipes, under a building that once belonged to a butcher, when they dug up an amazing humanoid skull. IT MUST HAVE BEEN BURIED ON PURPOSE It was brought to a Veterinary College in the capital, Copenhagen, where they concluded “Although resembling a mammal, certain features make it impossible to fit the animal into Linnaean taxonomy.” It simply doesn't fit into the Earth's natural animal kingdom as we know it. Carbon dating of the skull was conducted at the University of Copenhagen's Niels Bohr Institute for the sciences, where they determined that it was about 800 years old. However, the workers who found the skull, found it buried above the hundred year old pipes, meaning that it must have been buried on purpose sometime after that. And there's even a good possibility that they know who might have hidden it there ( via ufosightingsdaily.com ). READ MORE:



参照元 : Disclose.tv

火星で小型アタカマ・ヒューマノイドが発見される

今度は小さいおじさんなのか?火星で小人が岩影からのぞき見している姿が発見される

2016年07月04日

f8a48a9e

10年以上前に、身長15センチほどの不気味な人型骸骨がチリのアタカマ砂漠で発見された。アタカマ・ヒューマノイドと名付けられ、地球外からの訪問者が、地球に不時着したのだという説がわきあがった。

そして現在、これと同じ生物が火星にいるという話がネット上で広まっている。YouTubeチャンネルのパラノーマル・クルーシブルが主張していることによると、火星を探索しているNASAの探索機キュリオシティのわずか数フィートのところで、小さな人型エイリアンが岩の陰からのぞき見している姿が見えるというのだ。



キュリオシティのマストカムカメラがとらえたもともとの写真には、赤い惑星の岩だらけの風景が写っている。だが、写真中央下の岩の陰に、なにか奇妙なものが見えるという。興味深いこの異形のものは、小さな火星人のように見え、サイズも15センチほどのアタカマヒューマノイドのようだという。

130ca697

YOUTUBEチャンネルのパラノーマル・クルーシブルは、この小さな火星人は、その体型から女性ではないかと考えているそうだ。
 
15800d19

岩の壁の隅から覗いているような姿にズームすると、頭、胸、肩、腕、脚、膝、足がはっきり確認できるという。
 
a7865ee0

bb97f700

また、この火星人はかつて火星に住んでいて今は数が減ってしまった種族で、そのサイズから、アタカマヒューマノイドと同じ種族だろと推測している。
 
4ceaa71a

なぜ、火星に奇妙なものが見えるのか

それにしても世界中の火星ウォッチャーは、次から次へと火星の画像からヒトガタめいた物体を探し出してくる。火星はいつもお祭り騒ぎ状態だが、なぜ、火星に奇妙なものが見えるのか?

これはパレイドリアという心理現象が働いているとも考えられる。パレイドリアは、ランダムな刺激の中で、そこに存在しないのに人の顔など日々のなじみのパターンを心に思い浮かべる心理反応のこと。無意味ななんの関連もない情報の中から規則性や関連性のパターンを見いだす知覚作用である。

パレイドリアはかつての社会で、世界の混沌を秩序づけ世界を理解可能なものにする役割を果たしたのかもしれない。思いもよらない場所で、キリストの顔などの宗教的イメージやテーマを見たと主張する人が多いのはこのせいだ。

アタカマヒューマノイドの謎

a16abd35-s

アタカマヒューマノイドの遺骸は、2003年10月19日に、オスカー・ムニョスという男性によって発見された。ムニョスがアタカマ砂漠のゴーストタウン、ラ・ノリアで歴史的価値のあるものを探しているときのことだった。

廃屋になった教会の近くで、15センチほどの奇妙な骸骨をくるんだ白い布を発見したのだ。骸骨は鋭い歯を持ち、てっぺんが奇妙にとんがったおかしな頭をしていた。体は黒くうろこ状になっていて、人間と違って肋骨は9本だったという。

2013年、スタンフォード大学の研究者が、骨髄から採取したDNAを分析した結果、誕生後6歳から8歳くらいまで生きていたらしい、人間の男性の珍しい奇形体であることがわかった。チンパンジーよりも人間に近く、サルではないことは確かだという。

via:Life on Mars or just a big rock?/ translated konohazuku / edited by parumo

参照元 : カラパイア 不思議と謎の大冒険


メキシコ・チワワ州北部で、この世の物とは思えない奇怪な生物のミイラが発見される

人間とも動物とも違う! 完全に正体不明な「立ったままのミイラ」が発見される=メキシコ

2016.04.05

トカナはこれまでミイラ化遺体の話題を数多くお届けしてきた。人為的に加工されたものであれ、自然現象による偶然の産物であれ、それらは一目で正体を判別できるものがほとんどだ。しかし、今回メキシコで発見されたミイラは、人間か動物か、はたまたUMA(未確認動物)かエイリアンなのか、まったく正体がわからない不思議な姿をしているのだった。

2016-06-29_191804

■正体は? 立っていた? 謎だらけのミイラ

先月27日、アメリカと国境を接するメキシコ・チワワ州北部、バエ・デ・サラゴサの砂漠地帯。現地の新聞紙「El Diario」によると、地元の漁師ゴンサロ・ガルデアさんが、この世のものとは思えない奇怪な生物の遺骸を偶然発見してしまった。

2016-06-29_192015

細長い手足、曲がった胴体、そして小さな頭部――人間のような骨格だが、私たちとは何かが違う。かと言って、動物のミイラにも見えない。しかも、頭部には大きな目と牙があるのだという。すぐに警察が駆けつけてミイラの正体を突き止めようとするも、誰にも特定することができない。

謎多きミイラの噂は即座に地元住民の間へと広まり、とあるフェイスブックユーザーによって撮影・投稿されたことで、世界中の人々へと伝えられた。ちなみに、ミイラは立ち上がった状態で写真に収められているが、謎の生物が絶妙なバランスを保ったままミイラ化したとすれば、前代未聞の恐るべき現象であるとして驚嘆の声も上がっている。

現在警察が押収し、ミイラの分析が続けられているというが、結果についての公式発表はゼロ。そのことがさらなる憶測を呼び、吸血UMA「チュパカブラ」のミイラではないかと周辺住民は恐怖で夜も眠れぬ日々を送っているようだ。ちなみに第1発見者のガルデアさんは、このミイラ化遺体は付近のラ・ボキージャ湖から這い出てきた未知の生物ではないかと考えている模様。

2016-06-29_191734

果たして、人間とも動物とも異なる謎のミイラの正体とは何か? そして、本当に2本足で立ち、腰を屈めた姿勢でミイラ化したのか? 謎は深まるばかりだが、警察による公式見解が発表され次第、続報をお伝えしよう。

(編集部)

参考:「El Diario」、「codigooculto.com」、「Hoy Chihuahua」、ほか

参照元 : TOCANA


Localizan extrano cadaver en Valle de Zaragoza

El Diario | Miercoles 30 Marzo 2016 | 14:28 hrs

2016-06-29_192534

Valle de Zaragoza.- Un extrano cadaver de un ser no identificado, fue localizado por habitantes del vecino municipio de Valle de Zaragoza, en la parte seca del Lago Toronto, vaso contenedor de la presa Boquilla, en aquel territorio, al cual se denomina “El Rebalse”.

Sin mayor datos que una fotografia publicada en redes sociales el pasado 27 de marzo por un habitante de Valle de Zaragoza, identificado como Jaime Antonio Adame Pando, se presentan los restos momificados de un ser extrano. El responsable de la publicacion pregunta ¿y esto que es?.

La imagen ilustra un ser con un craneo extrano, columna ondulada y extremidades traseras ligeramente mas grandes que las delanteras, rematando en lo que parece ser una cola. Sin mayores datos para contactar con el propietario de la fotografia, queda el reporte desde Valle de Zaragoza, localizado en la red social Facebook.

参照元 : EI Diario

2016-06-29_192742

2016-06-29_192756

イカは宇宙人の偵察機だった!?深海2000mで体長8mの巨大イカ「Mangapinnas」が発見される

イカが宇宙人の偵察機である理由

2015/11/26

皆さん、イカそうめん食べてますか?

イカそうめんってとても美味しいですが、イカの見た目ってどうですかね?

Fotolia_69973522_Subscription_Monthly_M

明らかにやばくないですか?どう考えてもこの世に自然発生するようには思えない姿形をしています。これがインテリジェントデザインうんぬんの議論は差し控えておきますが、とにかく普通ではありません。

最初に食べようと思った人は相当お腹が空いてたんだろうなあと思うシリーズの食べ物です。このイカですが、実は宇宙人の偵察機であるという説があります。今回はその理由を説明しましょう。

化石が無い

現在イカでイメージする大きさってだいたい30cmくらいですよね。しかしながら、その大きさのイカの化石が見つかっていないとのこと。巨大なイカの先祖と思われる生物の化石は見つかっているらしいのですが…。

巨大なイカとタコの化石発見 史上最大級、北海道の白亜紀地層から参照

つまり、宇宙人が地球に居る生物を真似て作成している可能性があるのです。ダイオウイカと他のイカ。なんか雰囲気違いますよね…? そういうことです。骨があんまり無いからじゃね?とか言うのはつまらないので止めてください。

目が異常に発達している

イカの目の性能は異常に発達しているのです。その性能は人間に並ぶか、それを超えるレベルの情報量を得ることができるらしく。しかしながら、その得た情報を処理するレベルに脳が到達していないのです。

脳が処理できない程の情報を得てどうしているのか。それを他のなにかに送信しているのではないか、という憶測に発展するわけです。

誰の調査?証拠は?とか言うのはつまらないので止めてください。

全世界の海に生息している

普通魚類は好む海水温度の海を中心に生息します。また、季節の変動によって温度が変わる場合潮に乗って移動する魚類も居るのです。

しかしながら、イカは違います。本当に幅広く全世界に生息しているのです。また、浅い海から深海まで深さもまちまち。おかしいですよね。普通の進化ではこうならないでしょう。明らかに様々な地域で生きられるように作られたのです。

いろんな種類のイカが居るから一概には言えないでしょとか言うのはつまらないので止めてください。

まとめ

このようにイカが宇宙人の偵察機であるという考えは、憶測の域を出ないものの十分に可能性がある論なのではないでしょうか。そしてイカの消費量が多い日本。自然災害が多いですよね。

確かに地域的な影響もあります。しかしながら、不可解な台風の進路のズレやゲリラ豪雨。本当に自然災害。天気のイタズラで片付けてしまって良いのでしょうか……。

これからもHOPELではイカの宇宙人偵察機説を追いかけていきます……。

参照元 : HOPEL


宇宙人の侵略か!?深海2000mで異常なほど足が長い体長8mの巨大イカ「Mangapinnas」が発見される!!

2013年11月21日

1168

深海には人間の知らない世界が広がっていますが、まるでエイリアンのような生物も生きているようです。

メキシコ湾で採掘していた石油会社が海底で運用していた遠隔操作水中車両のカメラに、体長8mの巨大イカ「Mangapinnas」の姿が収められていました。驚くべき不思議な生物をご覧ください。



水深2100mで撮影されたこの映像には、体長8mの巨大イカ「Mangapinnas」の姿が収められています。イカは耳を動かして泳いでおり、異様に長い足を伸ばしています。

この珍しいイカ「Mangapinnas」の映像は、2007年11月に水深2400mで撮影されたもの。また初めて発見されたのは1907年、カメラに収められたのは1988年が最初でした。

異様なほど足が長い理由は、獲物を捕まえるため。体の20倍ほどまで足を伸ばすことができ、海の底に落ちているものや獲物が引っ掛かると捕まえて食べます。

まるでCGみたいな映像ですね。こんな生物が地球上に実在していることに驚かされます。

243

参照元 : コモンポスト



article-2509830-19811D4B00000578-969_634x396

article-2509830-19811D3300000578-894_634x286

article-2509830-19811D9700000578-605_634x284

article-2509830-1982BBB600000578-175_634x408

【関連記事】
こんな遺伝子コード見たことない!タコはエイリアンだった!?明石焼きとUFOの関係

謎の宇宙人「Jロッド」のDNAと人間のDNAを交配させて、ハイブリッドを作り出す研究が進行中!?

謎の宇宙人「Jロッド」が地球で大量繁殖中!? 大統領選挙後に明らかになる「エリア51」の真実とは?

2016.06.02

2016-06-05_002729

米国ネバダ州の砂漠地帯に位置し、長年UFOや地球外生命体とのつながりが囁かれてきた空軍基地といえば、ほかでもない「エリア51」だ。実はこの極秘研究施設にUFOや宇宙人が収容されているのではないかと信じる人々は多いが、それを裏づけるような元職員らによる数々の証言も残されている。ビル・ユーハウス氏は、そんな元職員のなかでも特に有名な人物の1人だ。

残念ながらユーハウス氏は2009年に他界しているが、今回は近年新たに発見された彼の証言ビデオをご覧いただき、その驚くべき“真実”に触れていただくとともに、エリア51で行われている極秘研究の実態について考えてみよう。



■米国に地球外技術を供与した宇宙人「Jロッド」

2016-06-05_002931

インタビューの撮影当時71歳だったユーハウス氏によると、彼は1958〜88年にかけて、基地内の「サイト4」と呼ばれる地下施設で行われた「空飛ぶ円盤」の飛行試験に空軍大尉として従事していたという。そして飛行試験を指揮していたのが、なんと「Jロッド(ジェイロッド)」と呼ばれる宇宙人だったようだ。

彼によると、Jロッドは1953年にアリゾナ州キングマンに墜落したUFOに搭乗していた4人の宇宙人のうちの1人だという。灰色の肌、150cmの身長、真っ黒いレンズのような目などの特徴から、所謂「グレイ型」エイリアンだったことがわかる。宇宙人たちはテレパシーで会話していたが、やがて英語を習得。(帰郷するための目的があったのかは定かではないが)「空飛ぶ円盤」の飛行試験への協力を申し出たようだ。



そして米国政府は、Jロッドの存在と彼らの科学技術を決して公開しないことを条件にJロッドからの技術供与を受け入れる。かくして「反重力」などJロッドがもたらした地球外技術、そして人類の科学技術を掛け合わせることで地球製UFOは完成したとされる。

■Jロッドは“今も”地球上に“たくさん”いる!?

2016-06-05_003132

なお、地球製UFOの完成後もJロッドは地球上に暮らし続けている可能性が浮上している。ユーハウス氏と同じく「サイト4」で極秘研究に従事していた微生物学者のダン・ブーリッシュ博士が、「1990年代にJロッドの体から細胞を採取し、DNA検査を行った」ことを暴露しているのだ。

さらに博士は、JロッドのDNAと人間のDNAを交配させて、ハイブリッドを作り出す研究が進行中だとも語る。しかも昨今は、Jロッド自身のクローンがすでに量産され、世界中に放たれているとの説さえ唱えられているようだ。これらすべてが真実ならば、米軍の目的とは一体何か? そして地球の未来に及ぼす影響は――?



今年11月に行われる次期アメリカ大統領選挙に向けて、民主党の最有力候補であるヒラリー・クリントン氏は「UFO情報の開示」や「エリア51の調査」を公約に掲げている。数十年にわたり秘密のベールに包まれたエリア51の“正体”が、ついに明らかになる日がやって来るのか? 次期アメリカ大統領選挙が全世界に与えるインパクトは、政治や経済、そして安全保障の面に限った話ではないのだ。

(編集部)

参照元 : TOCANA


「エリア51」の地球外知的生命体J-ROD

極秘軍事基地で地球外のハイテクノロジーを授けた異星人

1990年、アメリカ、オハイオ州のデイトンにあるライトパターソン空軍基地で、エンジニアとして働いていたビル・ユーハウスという人物が、テレビ番組で驚くべき発言をした。

アメリカ最大の極秘軍事基地「エリア51」があるグルームレイクの地下施設「サイト4」(通称S−4)で、自身が1958年から1988年にかけて、特定の空軍パイロットを使った「模擬空飛ぶ円盤」の操縦訓練計画に従事していたというのだ。

d3018e08f6ed3bb956d7ce193bb7d3d0-e1443086348365

ビルによれば、その「模擬円盤=UFOシミュレーター」が最初に開発されたのは、1958年。模擬機体のベースになったのは、1953年にアリゾナ州キングマンで回収された直径約30メートルの地球外のUFOを忠実に再現したものだったという。

さらに驚くべきことに、この飛行訓練のリーダーを務めていたのは「J−ROD(ジャロード)」と呼ばれるエイリアンだったというのである。

wps_8-e1443086278807

名前の由来は、彼らが使う文字による。Jに似た文字を、棒(ROD)のように羅列していたからだった。ジャロードについてビルは、

「身長は1・5メートルで、肌は灰色、アーモンド形の目には真っ黒なレンズがはまっているようだった。人間の寿命でいうと200歳を超えていて、細胞組織がかなり老化しており、寿命はそう長くない状態だった」

と語っており、彼のスケッチを描いている。ジャロードとの会話は、すべてテレパシーだったという。ジャロードは「地球外知的生物=イーブン」と称され、1960年代半ばからすでに、地球との科学交流計画が進行していたのだという。

wps_wps_

実は、ジャロードの存在を主張する人物が他にもいる。

「S−4」内の施設で国家の最高機密に属する研究をしていたという微生物学者のダン・バーリッシュ博士だ。1994年にジャロードの腕から細胞を採取し、DNAの分析を行ったという。ジャロードは「末梢神経障害」に侵されており、その治療法の開発に専念していたそうだ。

博士によれば、エイリアンと人間のDNAを交配させ、ハイブリッドを創造させる計画が進行しているという。悪魔のような計画の背後には、常に「MJ−12」が絡んでいるそうだ。事実なら、異星人のテクノロジーを取り入れたアメリカのUFO開発も含めた陰謀は、今日も着実な進歩を遂げていることになる。

文=並木伸一郎

参照元 : ムーPLUS

元海兵隊員の犯行声明文「現在の地球には、火星からやって来た両生類型エイリアンが蔓延っている」

【速報】「アメリカは“両生類型”宇宙人に支配されている」元海兵隊員の犯行声明文に大手メディアが騒然!

2016.03.14

日進月歩の宇宙科学。無限に広がるこの宇宙において、人類が唯一の知的生命体だという傲慢な考えはもはや古い。いまや私たちの関心が、すでに人類が宇宙人と出会っているのか、それともまだ出会っていないのか、そうだとすれば最初の接触はいつになるのか、という点に移行している事実は疑いようもない。

そして今、アメリカで逮捕された殺人未遂事件の容疑者が繰り広げた“とある主張”を巡り、市民の間に衝撃と動揺が広がっている。男が声高に主張する「世界の真実」とは……? 早速、詳細についてお伝えしよう。

▼左:容疑者 右:容疑者の描いた両生類型エイリアン

2016-06-04_113459

■衝撃の“真実”を記した声明文

3月8日夕方、同国首都ワシントンD.C.でホワイトハウスを取り囲むフェンスによじ登り、何かを一心不乱に投げていた男がシークレットサービスに逮捕された。ABCニュースやワシントンポストをはじめとする複数メディアの報道によると、男の名前はカイル・オードム。30歳の元海兵隊員だという。オードム容疑者が投げていたものは、人類の危機を訴える声明文だったが、そこに記されていた内容に多くの人が衝撃を受けているのだ。

Kyle Odom's Manifesto by Mediaite

1-3121f754d2

Kyle Odom's Manifesto by Mediaite



オンライン上にも公開されている声明文(全21頁)によると、なんと「現在の地球には、火星からやって来た両生類型エイリアンが蔓延っている」のだという。また、この事実に気づいてしまった容疑者は、“極めて性欲が強い”両生類型エイリアンたちに取り囲まれ、悲惨な性的虐待を受けた過去も暴露している。さらに彼が見聞きし、考えた物事は、すべて両生類型エイリアンたちに筒抜けの現状にあるというのだ。

そしてこの男、2日前にアイダホ州で発生した牧師銃撃事件の犯人として指名手配中であることも判明するが、声明文に記載された犯行に至る経緯が、より一層奇妙なものだった。

2016-06-04_114237

■12発の銃弾を受けても生き残った牧師

3月6日、オードム容疑者はアイダホ州コー・ダリーンにあるキリスト教福音派教会の駐車場で、ティム・レミントン牧師に至近距離から発砲。実に12発もの銃弾を撃ち込んだ。

容疑者は昨年8月に牧師と会話する機会を得たが、その時に牧師の本当の姿――黄色い目、緑色のまぶた――を見てしまい、牧師が火星からやって来た両生類型エイリアンであることを確信。彼を殺害しようと思い立ったというのだ。

2016-06-04_114322

しかし銃撃事件後、牧師は奇跡的に一命を取り留める。それを知った同容疑者は、声明文のなかで「人間であれば(あれほど至近距離から何度も撃ったのに)生きられるハズがない」と、牧師の正体が宇宙人であることを確信している様子だ。

なお、オードム容疑者の犯行声明には、米国議会にはびこる両生類型宇宙人のリストもあり、民主・共和両党の議員約50人が「火星人である疑いが濃厚」と名指しされている。



米国市民の間では、容疑者の症状はパラノイア(偏執病)であり、彼が幻覚を見ているのではないかとの指摘も上がっている。しかし、声明文に記載された“真実”があまりにも具体的であることから、現地のUFO研究家コミュニティなどでは、議会に宇宙人が潜り込んでいる可能性について真剣に調査しようとする動きも起きつつあるようだ。精神を病んだ凶悪犯罪者か、それとも“真実”に気づいた人類の救世主か――? 捜査の進展を待とう。

(編集部)

参考:「Scribd.」、「Washington Post」、「UFO Sightings Daily」、ほか

参照元 : TOCANA


Idaho shooting suspect’s ‘hypersexual’ Martian manifesto is a window into an unraveling mind

By Michael E. Miller March 9



Kyle Odom was arrested after throwing objects over the White House fence on March 8. He is suspected of shooting an Idaho pastor two days earlier, and released a manifesto warning of "Martians" in Congress before his arrest. (Jenny Starrs/The Washington Post) On Tuesday evening, as tourists snapped photos in front of the White House, a young man with blond hair and blue eyes approached the black iron fence.

Kyle Odom wasn’t there to take pictures, though.

He was there to deliver a message to the president.

A Secret Service agent spotted Odom tossing something over the fence and approached him. When the agent ran his name through a law enforcement database, a red flag popped up: an arrest warrant issued just two days earlier on the other side of the country.

The charge: attempted murder.

Arriving seemingly out of nowhere, Odom was arrested at the White House, bringing a sudden end to a two-day hunt for the Marine veteran.

It also provided a bizarre coda to an already baffling crime saga, one that stretched from rural Idaho to the nation’s capital and potentially threatened the lives of 50 members of Congress.

[What happened outside the White House]

When Secret Service agents unwittingly stopped Odom, the 30-year-old was the only suspect in the shooting of an Evangelical pastor in Coeur d’Alene, Idaho, on Sunday. According to authorities, Odom had ambushed Tim Remington in his church parking lot, shooting the popular pastor in the head and back before he vanished.

Remington, who survived the point-blank shooting in what one church member called a “miracle,” had appeared a day earlier with Sen. Ted Cruz (R-Tex.) at an event hosted by his presidential campaign. That led to speculation that the shooting was politically motivated.

But Odom’s manifesto suggests that the shooting, if he did it, was something else entirely: the act of an unraveling mind.

The 21-page manifesto, which authorities say Odom sent to his parents as well as several Idaho television stations, is a window into what he was thinking.

According to Coeur d’Alene police, Odom has a history of mental illness. In his manifesto, he outlined his path to Sunday’s shooting in clear but increasingly paranoid prose.

He admitted to plotting to shoot Remington. He also claimed that the pastor was part of a vast alien conspiracy to enslave the human race — a conspiracy that Odom believed extended to Congress.

“My last resort was to take actions to bring this to the public’s attention,” Odom wrote in the manifesto. “I hope that something good comes of it. Just realize that I’m a good person, and I’m completely innocent. Also realize that the ‘people’ I killed are not what you think.”

‘Who is Kyle Odom?’

The manifesto opens with the question on the minds of many Americans: “Who is Kyle Odom?”

“Born and raised in North Idaho,” Odom wrote. “Grew up in a loving family. Joined the Marine Corps after high school. Developed an interest in science. Went to school for a degree in Biochemistry. Won numerous scholarships and awards. Graduated Magna Cum Laude then got invited to prestigious university to work on genetics.

“Check my personal documents,” Odom continued. “As you can see, I’m pretty smart. I’m also 100% sane, 0% crazy.”

But the documents Odom sent to local media reveal an intense and dangerous paranoia, as well as an obsession over “hypersexual,” mind-controlling Martians.

“Everything started while I was at University of Idaho,” Odom wrote. “Spring 2014 was my final semester and was taking a heavy course load. I was very stressed due to the intensity of my schedule, so I searched for a way to cope. I discovered meditation, which seemed to help, so it became part of my daily routine. As I learned more about meditation, I became interested in consciousness and our ability to affect it. I kept working on my meditation techniques and began achieving extreme states of consciousness.”

One night in February 2014, Odom was meditating when he said he had an out-of-body experience.

“I entered a space that was completely dark and had no awareness of my physical boundaries/orientation,” he wrote. “I felt very peaceful there until a blue light began to approach me. As the blue light got closer, I realized that it was another being.”

When Odom awoke, he had tears in his eyes, according to his manifesto.

At first, the alleged alien encounter seemed like a blessing for Odom. “The remainder of the semester became exceedingly easy for me,” he wrote. “It felt like I had tapped into some kind of power. I was exerting no mental effort even though the classes had been extremely difficult before.”

But Odom’s close encounter would prove to be the beginning of his nightmare.

Odom accepted an offer from Baylor College of Medicine in Houston, to work on a PhD in human genetics, but he quickly dropped out because the work was too easy, thanks to his alien awakening, he wrote.

“The day after I decided to leave, my life became a living hell,” Odom wrote. He couldn’t sleep. After a few days, aliens posing as classmates tried to provoke him to become “the next school shooter,” he wrote, so he left Texas and returned to his home town of Coeur d’Alene.

“This is where the story gets weird,” he wrote. On a flight home after a job interview, Odom began to suspect that strangers were sending him secret messages. Newspaper headlines had hidden meanings.

“It was blatantly obvious they were doing something to me, but I didn’t know what,” he wrote. “I had applied to several government agencies before this happened, so I thought this might be their way of contacting me.”

Back in Idaho, a friendly text message would put a beloved local pastor in Odom’s path.

‘Whoever I was dealing with was extraterrestrial’

In Coeur d’Alene, Odom received a text message from John Padula, the Altar Church’s outreach pastor, inviting him to attend service, he wrote. When Odom first went to the church, though, “something felt very wrong,” he wrote. “I felt as if my life were in danger and I became so uncomfortable I had to leave.”

Odom began receiving text messages from Remington, but he saw them as something more menacing.

“At first they were innocuous bible messages, but then he started threatening me,” Odom wrote. “He sent messages talking about ‘their power’ and other things. He did all of this through bible verses so it would not look suspicious.”

2016-06-04_115038

Tim Remington leads the prayer during a rally for Republican presidential hopeful Ted Cruz at the Kootenai County Fairgrounds in Coeur d’Alene, Idaho, on March 5. (Kathy Plonka/Spokesman-Review via AP) When Remington allegedly sent Odom a text reading “angels,” the Marine veteran saw helicopters flying around his house. “At this point, I knew I was in trouble.”

Odom then began to experience strange sexual feelings — “it felt like someone was manually pumping blood into my penis” — and he heard suggestive songs inside his head, he wrote.

Soon the songs gave way to a voice telling him that he was going to be “sacrificed like Jesus and get beheaded,” he said. When a man knocked on his door with a religious pamphlet, Odom “became completely delirious” and “thought for sure I was going to die.”

He bought a one-way ticket to see his family in Albuquerque, and he said he thought the man next to him on the flight was reading his mind. At the baggage claim, Odom believed he was “surrounded” by aliens, whom he could detect by their constant “sniffing.”

“The sniff is something they do all the time,” he wrote. “I think it has to do with dominance.”

Odom thought he saw the aliens everywhere. They disguised themselves as humans but really looked like giant green frogs with proboscises on the top of their heads, he wrote.

“As time went on, they started coaxing me to go outside alone,” he wrote. “I was scared to death they would kill me, so I refused. Eventually, they threatened to harm my family, which caused me to give in to them. I told them I would do whatever they want if they left my family alone. They responded by saying ‘Go to church.’ I knew they meant The Altar, so I agreed to go when I got back.”

At The Altar, Odom smelled something like “a reptile and vinegar,” he wrote. “I realized that whoever I was dealing with was extraterrestrial, so I became very scared.”

At times, Odom’s manifesto appears to acknowledge that he is delusional. “I began to hear voices more often and I began to hallucinate things that I knew weren’t real,” he wrote. But he blames the voices and visions not on his own mind but on telepathic aliens.

Part of his alien obsession appears to have been sexual.

“They also started playing with me sexually,” he wrote of his Martian tormentors, who he labeled “hypersexual.” “Both the males and the females would play out their sexual fantasies in my mind.”



Once, in a grocery bakery, Odom believed he was “surrounded by a bunch of old men” who were actually aliens.

“They started stimulating” him and ordering him to perform sexual favors, he wrote.

Odom’s tormenting visions caused him to attempt suicide twice, he said in his manifesto.

“I filled a charcoal grill with lit coals, put it in my car and rolled up the windows,” he wrote. “I reclined my seat, laid there calmly, then fell asleep.”

But the aliens didn’t allow him to die, Odom wrote.

“They woke me up in an extreme panic, which caused me to get out of the car,” he wrote.

According to his manifesto, Odom then checked himself into the local Veterans Affairs hospital. A VA spokesman was not available Tuesday night to confirm whether Odom received treatment at the center.

After leaving the hospital, Odom returned to the Altar Church, where he eventually found himself face to face with pastor Remington.

‘My life was ruined’

It’s unclear whether Odom actually met with Remington, who emerged from a coma Monday and has not spoken publicly of the shooting. In Odom’s manifesto, however, the Marine veteran describes sitting down with the pastor sometime around August of last year.

“We were in mid conversation when he suddenly revealed himself to me,” Odom wrote. “I have no clue how he did it, but it looked as if his human face became his real face. … His eyes … were huge and bulging, the eyelids were darker green, and the irises were yellow/brown with slit pupils.”

Odom thought the church was going to turn him into a “sex slave,” he wrote, but when that didn’t happen, he left and didn’t return, allegedly until the shooting Sunday.

2016-06-04_114648


For a while, it appeared as if his nightmare might be ending. He returned to school, studying pharmacology at North Idaho College, he said.

“I began to recover,” he wrote.

“Unfortunately, they followed me to school,” he said of the aliens. “There were several of them in every class I took. They made it impossible for me to study, and they continually harassed me especially while I took tests.”

Odom wrote that he was targeted because of his knowledge of genetics and because the aliens had a hard time controlling his mind.

“I was too smart for my own good, so they decided to remove me from society,” he wrote. “They were worried I might change the way other people think, which could lead to problems. Problems in the form of a scientific revolution.”

After trying to kill himself twice, Odom felt that his only option was to go after the aliens, he wrote.

“My life was ruined,” he explained. “Ruined by an intelligent species of amphibian-humanoid from Mars.”

The manifesto doesn’t discuss why, exactly, Odom allegedly went after pastor Remington, only that Remington and Padula were supposedly aliens or the aliens’ “puppets.”

But the manifesto helps explain why Odom traveled to Washington after the shooting and tried to communicate with the president.


On Tuesday night, Coeur d’Alene Police Chief Lee White said that Odom drove from his home town to Boise, Idaho, where he boarded a flight to the nation’s capital. White said it was not clear how Odom was allowed to travel, but he might have boarded before he was identified as a suspect.

The manifesto suggests that Odom traveled to Washington to deliver a message to Obama. Part of his letter is addressed to the president.

“I want to thank you for your sacrifice to this country,” it begins, before suggesting that the president is controlled by aliens.

“They brag to me about what they do to you,” Odom wrote. “… I hope you stop letting them humiliate you. … It’s time someone took a stand to end this nonsense. Can you think of a better legacy than that?”

The manifesto also includes a list of “noteworthy Martians.” On the list are 50 members of Congress — belonging to both parties — as well as roughly three dozen members of the “Israeli leadership,” including “every single Prime Minister since 1948.”


“This is by no means an all-inclusive list,” Odom wrote. “Martians are ubiquitous. They exist at every level of society in every nation. Some have blue collar jobs, while other occupy positions of power. They control our government, our military, and Corporate America as well. They keep track of every ‘wild’ human on the planet and manage us like animals in a zoo. Our ‘freedom’ is a carefully crafted illusion.”

Morning Mix newsletter
Stories that will be the talk of the morning.

It’s unclear what Odom was trying to deliver to Obama when he was arrested Tuesday night, although it could have been flash drives with his manifesto on them, similar to those he sent to his parents and Idaho media.

White, the Coeur d’Alene police chief, said the manifesto had “definitely played a part in raising our awareness and concern” about Odom as a fugitive. He said that authorities were stumped about where Odom had gone until he emerged on social media Tuesday.

“Things are not what they appear to be. The world is ruled by [an] ancient civilization from Mars. Pastor Tim was one of them, and he was the reason my life was ruined,” Odom wrote in a Facebook post, changing his profile photo to a picture of an alien. “I will be sharing my story with as many people as possible. I don’t have time right now, they are chasing me.

“I shot Pastor Tim 12 times,” he said. “There is no way any human could have survived that event. Anyway, I have sent my story to all the major news organizations. I have no time, I have to go.”

He was arrested a few hours later.

参照元 : the washingtonpost

ヒラリー・クリントン「大統領に選ばれた暁には、国家の危機を排除するべく、エリア51に関する政府内部文書を可能な限り多く公開する」

「エリア51の秘密を明らかにする」とヒラリー・クリントン氏が主張

2016年03月28日 12時07分00秒

h_50480438

アメリカ・ネバダ州にある「エリア51」と呼ばれる施設は、アメリカ政府が長らく存在を隠していたことから「宇宙人やUFOの研究実験場ではないか」と注目されてきました。そこで、2016年アメリカ大統領選挙に出馬しているヒラリー・クリントン氏は、公約のひとつに「エリア51を調査すること」を掲げていて、テレビ番組内で改めて公約を守ることを宣言しています。



ヒラリー氏は、現地時間2016年3月24日にテレビ番組に出演し、「大統領に選ばれた暁には、国家の危機を排除するべく、エリア51に関する政府内部文書を可能な限り多く公開する」と公言しました。番組司会者の「文書が何らかの警告を発していた場合にどうするか」という問いには、「エリア51に秘密の何かが存在するならば、国家安全保障に対する脅威でない限り、国民と共有すべきだと考えています。もしもエリア51に何も秘密がないならば、人々に『何もないこと』ということを伝えるべきです」とヒラリー氏は答えています。

アメリカでは「国民の約半数がUFOや宇宙人の存在を信じている」という調査結果があり、エリア51は存在が長らく隠されてきたことや、周辺でUFOが頻繁に目撃されていると言われることから、「アメリカ政府が秘密裏に宇宙人やUFOを収容している」という説もあります。2013年にアメリカ中央情報局(CIA)がエリア51の存在を正式に認めていますが、宇宙人やUFOに関する情報は明らかになっていません。
 
002_m

なお、ヒラリー氏の夫であり元アメリカ大統領のビル・クリントン氏は、2014年にテレビ出演した際に、「大統領は、就任時に地球外生命体に関する秘密の報告書に目を通しており、国民に向けて文書を公開すべき」と発言していました。

Bill Clinton: Wouldn't be surprised if aliens visited Earth | The Daily Caller

参照元 : gigazine


伝説となった2006年製作のロシアによるドキュメンタリー “Third Reich – Operation UFO”の日本語字幕版です。

この映画はナチスドイツが所有していたと噂される南極大陸の秘密基地、1947年のリ-チャード・バードと米国空軍が行った “オペレーション・ハイジャンプ”における謎の飛行物体による襲撃、そしてナチスドイ-ツが重要視した数々のオカルトの世界に焦点を当てます。

反引力エンジン、空飛ぶ円盤、-そして古代アトランティスのテクノロジーを駆使したナチスドイツの背景には?20世紀-で最も謎に包まれる秘密結社、”Thule Society” (トゥーレ・ソサイエティ)、”Vril Soceity” (ヴリル・ソサイエティ)、”Ahnenerbe”(アーネンエルベ)を通し検証しま-す。

映画のメインテーマの一つはナチスドイツの伝説基地 “Base 211”(ベース211)です。ナチスドイツが戦前から南極大陸に興味を抱き、領地N-ew Swabia(ニュースウェイビワ)を確立したこと。

終戦間近に消えた大量の科学者や-エンジニアの数がヴァチカンやオデッサの”RatLines”や米国の”Operat-ion Paperclip“と折り合わない事実。また、地理的条件を元に南極大陸における秘-密基地の可能性を考察します。

その他のメインテーマにはナチスドイツが運営していた空飛ぶ円盤の開発事業です。発端-となるトゥーレ・ソサイエティのメンバーによるオカルト儀式からヴィクター・シャウバ-ーガーのインプロージョン・エンジン開発まで様々な証言や証拠の元、ナチスドイツの開-発事業を振り返ります。

ドキュメンタリーの終盤は20世紀後半における南極大陸付近のUFO目撃証言。宇宙物-理学の側面から提唱されたワームホールの出入口とHAARPとの関係性を絡め、ナチス-が地球空洞説を信じていたという推測を展開します。




オバマ大統領「いや、本当のことを言うとね、今まで宇宙人と直接連絡をとったことはないんだ。あった時には、すぐに教えるからね」

オバマ大統領がTVで超衝撃発言「まだ宇宙人と直接のコンタクトはない」 何らかの圧力が加わっているのか?

2016.02.15

2016-02-23_164717

アメリカ合衆国大統領――それぞれが国家レベルの自治権を持つ50州をとりまとめる、連邦政府の最高権力者である。世界第1位の経済力と軍事力、そして頭脳を背景として、まさに人類の命運を握る人物だ。私たちが地球外生命体と対峙する際には、人類を代表する存在として対応を委ねられることになるだろう。

今さら指摘するまでもないが、現在その地位にいるのは第44代のバラク・オバマだ。すでに任期も残りわずかとなったオバマ大統領だが、このタイミングで、彼の口から宇宙人に関する驚くべき情報が明かされ世界中のメディアを沸かせている。世界最大の宇宙研究機関であるNASAを擁するアメリカの最高権力者が、宇宙に関する最新の研究成果をすべて把握していることは疑いようもない事実。そんな人物が、宇宙人について一体何を語ったというのか? 詳細についてお伝えしよう。

■現職大統領が語った人類と宇宙人のコンタクト

今月12日の米紙「ウォール・ストリート・ジャーナル」によると、問題の発言は先週の木曜日、ワーナー・ブラザーズ・テレビジョンのトーク番組『エレンの部屋』に出演していたオバマ大統領の口から飛び出したという。

2016-02-23_164746

その日の番組は、司会者であるエレン・デジェネレス氏と“大統領のことならなんでも知っている”少女、メイシー・ヘンスリーさん(6)からの質問にオバマ大統領が答える形で進行した。

メイシーさん:「『ボー』と『サニー』(大統領の愛犬)も、シークレットサービスの警護を受けているの?」
大統領:「彼らは大体ホワイトハウスにいるんだ。でも、そこから出るときはいつも一緒だね」
メイシーさん:「“極秘文書”みたいなものは持ってるの?」
大統領:「はは。それは秘密なんだよ」

――と、ここまでは想定通りの受け答えだ。しかし次の瞬間、この少女が鋭い質問を投げかけたのだ。



メイシーさん:「宇宙人たちと連絡をとったことはある?」
大統領:「いや、本当のことを言うとね、今まで宇宙人と直接連絡をとったことはないんだ。あった時には、すぐに教えるからね」

このように、アメリカ合衆国大統領自身が、過去から現在にかけて地球外知的生命体とのコンタクトはないと明かしたのだ。6歳の少女を前にしての発言とはいえ、今回の発言のインパクトは極めて大きい。

■何らかの圧力がはたらいている!?

というのも、第42代大統領を務めたビル・クリントン氏は、2014年4月にテレビのトークショーに出演した際「すでに宇宙人が地球にやって来ていたとしても驚くべき話ではない」と、まるで地球外知的生命体とのコンタクトがあることをほのめかすような発言を行っている。さらに彼の妻であり、現時点では次期大統領の最有力候補と目されるヒラリー・クリントン前国務長官は、昨年末に「エイリアンはすでに地球にいる」主旨の発言を行っているのだ。

すべてを知り得る立場にある(あった)人物の口から発せられた“真実”が食い違っているという事態を、私たちはどのように受け止めればよいのか? 在任中であるオバマ大統領には、何らかの圧力がはたらいている、もしくは否定しなければならない事情がある、そう考えるのは早計だろうか? まさに謎は深まるばかりだが、次に着目すべきは任期終了後のオバマ氏、そして(次期大統領に就任したならば)ヒラリー・クリントン氏の発言がどのように変化するのか、という点に尽きるだろう。

(編集部)

参考:「THE WALL STREET JOURNAL」、ほか

参照元 : TOCANA


President Obama: Will Let You Know When Humans Contact Aliens

2016-02-23_165400

OMETHING IS OUT THERE? President Barack Obama looks through a telescope during an event on the South Lawn of the White House in 2009. PHOTO: ASSOCIATED PRESS

By BYRON TAU
Feb 12, 2016 1:06 pm ET

The truth about extraterrestrial life isn’t known, and when it is, President Barack Obama will let you know.

That is the message Mr. Obama had for six-year-old “presidential expert” Macey Hensley in an interview broadcast Friday. Interviewed by Ms. Hensley on The Ellen DeGeneres Show, Mr. Obama said humans haven’t contacted alien life.

“We haven’t actually made direct contact with aliens yet,” said Mr. Obama, with lawyerly precision. “When we do, I’ll let you know.”

Macey also wanted to know if Mr. Obama’s dogs had Secret Service protection.

“Bo and Sunny, they’re on their own. But usually we don’t let them out of the White House unless they’re with us,” he said, referring to his two Portuguese water dogs.

Mr. Obama taped an episode of The Ellen DeGeneres Show on Thursday as part of California trip that included both business and pleasure. He is expected to spend the weekend golfing before a summit with Asian leaders next week.

“It’s always good to get out of Washington, which can sometimes be a little depressing,” he told host Ellen DeGeneres.

The lighthearted interview featured a video message from First Lady Michelle Obama to Mr. Obama in honor of Valentine’s Day. The first couple will be apart for the holiday.

“Roses are red. Violets are blue. You are the president. And I am your boo,” Mrs. Obama said in the message.

参照元 : THE WALL STREET JOURNAL

アメリカは、「白いエイリアン」の支配層にコントロールされている

「アメリカ国家はエイリアンの支配層にコントロールされている」と全世界で報道された 2014年 1月 14日に

下の記事はオカルト媒体からのものではなく、世界有数の経済誌フォーブスの昨日の記事です。

fbc-aliens

▲ 2014年1月13日の米国フォーブスより。

陰謀論 vs アンチ陰謀論 vs ニュータイプの陰謀論

今日は、あまり余談なしでこの記事を翻訳したものをご紹介したいと思います。というのも、私自身、いろいろと考えましたが、読まれた方々にも考えてみていただきたいと思う部分もあるからです。

フォーブスの記事の主旨は一言で書くと、

「これはイランとロシアが、元からあったアメリカ国内の陰謀サイトの記事を引用して作った記事で、それ自体が陰謀である」

というもののようです。

フォーブスの記事は、この情報が最初に発信されたイランの英字メディア「ファルス通信社」の報道を引用したものです。

ir-fars

▲ イランのファルス通信( Fars News Agency )のサイト。普通の英字ニュースサイトです。

正直、どの言い分が正しいのかはわからないですが、ここ数年、さまざまに繰り広げられてきた陰謀論の概要というのも多少知っていますし、また、それに対しての論争などが多く存在し続けながら 2014年に突入したという感じがあります。

私自身は、あまり陰謀論というのが好きではなく、また、最近では「宇宙からきたエイリアン」という存在への信念もゼロに近いほど消えています。

宇宙人といえば、グレイ(よく取り扱われる宇宙人のタイプのひとつ)と誰でも想像してしまう世の中ですけれど、私の子どもの頃には、もっともっと人々の考える宇宙人にはバラエティがありました。

グレイひとつをとっても、こちら方面でも「思考形式が全世界で統一化され始めた世界」ということを感じます。

(参考図)

いわゆるグレイといわれる異星人

gray-aliens

▲ 今はこの世のエイリアンの概念のほとんどをこれが占めています。始まりは『2001年宇宙の旅』、『未知との遭遇』などの映画の公開後あたりから。

tripod-4a731

▲ 今から 116年前の 1898年に書かれた H・G・ウェルズの小説『宇宙戦争』の挿絵の火星人。今見るとカワイイですね。

しかし、「エイリアン」という概念についてはともかくとしても、イランの報道の記事の中にある

「国を支配している《秘密の政権》の背の高い白いエイリアンは、全世界的な電子監視システムの構築を求めている」

という下りなどは、最近のアメリカ国家安全保障局が実際におこなっていることを考えますと、

> 国を支配している《秘密の政権》の背の高い白いエイリアンは

という文脈と、

> 全世界的な電子監視システムの構築を求めている

の文脈を分ければ、後者は現実というか、すでに実行されているわけで、これらのことも、上の上を辿り上れば何らかの人々なり機関なりは存在すると思われて、そういうものは一体何なのだろうと。

基本的に私自身は証拠のあるもの以外は信じることのできない人ですけれど、世界全体が「ヘンな方向に進んでいるように見える」のもまた事実。

あるいは、私は、逆に「証拠があるなら何でも信じる」ので、危うい人ではあります。そういうこともあり、冒頭に、「考えてみていただければ」というようなことを記した次第です。

ポール・ヘリヤーという人物

なお、記事に出て来るポール・ヘリヤーという人については、シチズンズ・ヒアリング・ディスクロージャー公聴会 という Wikipedia のページからの抜粋でわかるような気がしますので、抜粋しておきます。

Believer-Paul-Hellyer

▲ ポール・ヘリヤー元カナダ防衛大臣。ディスカバリー・チャンネルより。

このシチズンズ・ヒアリング・ディスクロージャー公聴会というのは、

概要

2013年4月29日から5月3日の5日間、ワシントンにあるナショナル・プレス・クラブにてリサーチャーや政府・軍のエージェントら40人によるUFO情報を暴露するための公聴会が執り行われた。

この会議のテーマは「「国会が情報公開をしないのであれば、国民が実行する」というものであった。退役した軍の要人や、アポロ計画に参加した宇宙飛行士、政府高官閣僚経験者などが参加しUFO情報を公開した。

というもので、その中に、

元カナダ防衛大臣ポール・ヘリヤーの証言

カナダ議会で23年余り議員を務めたポール・ヘリヤーは以下の証言を行った。

「少なくとも4種類のエイリアンが何千年もの間、地球に来ている」
「今いるエイリアンのうち5種類の名前は「ゼータ・レティクル、プレアデス、オリオン、アンドロメダ、わし座(アルタイル)である」
「少なくとも2人がアメリカ政府機関で働いている」
「その情報開示を阻む既得権を持つ「陰の政府」がアメリカには存在し、一方的に世界を支配しようとし、宗教の違い等から生じる様々な不和を引き起こしている」

この証言はアメリカのハフィントン・ポストなどで報じられた。

という記述があります。

それでは、ここからフォーブスの記事です。

Iran Says 'Tall, White' Space Aliens Control America

Forbes 2014.01.13

イランは「アメリカは背の高い白いスペースエイリアンに支配されている」と言う

NSA (アメリカ国家安全保障局)の内部告発者エドワード・スノーデンにより漏洩した文書で、アメリカは背の高い白いエイリアンにコントロールされているということが明らかになった。そしてまた、このエイリアンは 1930年代のナチスドイツとも関係があるという。

こんな話をきくと(米国人の)あなたは眠れなくなってしまうかもしれない。

しかし、注意すべき点は、この UFO とエイリアンのストーリーが、イランのファルス通信( Fars News Agency )の英字メディアで公開されたということだ。ご存じの通り、イランは核兵器の獲得に非常に近いところにいる。

これは、狂気的な陰謀論であると思われる。そして、自然に考えれば、その背後にはロシアが関与している。

というのも、このエイリアンの「アメリカ侵略」の疑惑は、ロシア連邦保安庁( FSB )の諜報機関の報告書によって明らかになっているのだ。

イランのニュースでは、「エイリアン/地球外知的生物の協議事項をアメリカ国内、そして国際的に推進していることの証拠に関しての余地を埋める部分がある。そして、これらは 1945年からおこなわれてきた」と報道されている。

ファルス通信は、このストーリーを非常に激しい米国の陰謀論サイトである whatdoesitmean.com から持ってきている。それは明白だ。 whatdoesitmean.com の記事の要点は以下の通りだと私は理解している。

ロシアで亡命生活中のスノーデンは、 「トールホワイト(Tall White / 背の高い白いエイリアンの意)は地球に到着した後、 1930年代にナチスドイツの先進的な潜水艦の艦隊を構築する手助けをした。その後、1954年にアメリカのドワイト・アイゼンハワー大統領大統領が、トールホワイトと会い、現在に続くアメリカを支配する《秘密の政権》が設立された」とリークしたというものだ。

そして、ニュースは以下のように続く。

「最も不安なことは、このロシア連邦保安庁の報告書は、米国を支配している《秘密の政権》のトールホワイトは、全世界的な電子監視システムの構築を求めており、それにより自分たちの真実の存在を隠してしまおうとしている。それは、彼らの世界征服のための最終段階だとスノーデンの文書が述べていることだ」。

さらに、

「一方、アメリカ政府はオバマ大統領との激しい闘争に巻き込まれている。オバマ大統領は、エイリアンの影の政府を主導しており、そして、そのアメリカ=エイリアン同盟に反対する未知の勢力がある。ロシア当局者たちが最も懸念していることは、ロシア連邦保安庁の報告書が結論として、この『トールホワイト』たちに対抗する秘密勢力が、別の地球外生命の力と結託し、オバマ大統領に対抗しようと団結していることである」

と記されている。

良く出来た陰謀論には納得性のある色つやのついた真実が必要だ。狂気の部分をカムフラージュするために知的な覆いが必要なのだ。

そこで、サイト whatdoesitmean.com は、カナダの元国防相であるポール・ヘリヤー( Paul Hellyer )を引用している。ヘリヤーは現在は熱烈な UFO 活動家だ。

ヘリヤーは、スノーデンの UFO リークの正確さを確認している。

今回の話は実に面白い。ご存じのように、イランは 7600万人の人口を持つ、適度にパワフルな国家であり、比較的大きな軍事力と、核兵器の保持が可能な技術力を持つ。そしてヒズボラなどの諜報機関を通してのテロ遂行力もある。

そして、イラン政府は原理主義政府だ。米国人の市民たちが陰謀論を唱えているならば、鼻で笑うことができるはずだ。

しかし、彼らは笑うのではなく、英字新聞でこの情報を流すことにより、米国民のエイリアン陰謀論の信者たちに対してネタを提供した。しかも価値のあるネタを。

イランのファルス通信社という報道機関は、伝えられるところによれば、イランの影響力のある革命防衛隊と提携している。これはイランが、どのような手段を使ってでもアメリカを叩きのめすことに必死なっているということを示唆している。

あるいは、イラン政府の最高レベルに、アメリカの政治に対して非常に特異な見解が存在しているということでもある。

まあしかし、イラン政府がアメリカ政府の最高意志決定は宇宙のエイリアンの力だと考えているのなら、それはそれで悪いことではないかもしれない。

高い場所の友人を持つことは良いことだ。それがたとえ双頭でも。

参照元 : In Deep (旧)


2013年12月30日に、ロシアのニュース専門局「ロシア・トゥデイ」で放送された-異星人問題に関するモスクワ〜トロント間の中継インタビュー。




※このビデオはカナダの前防衛大臣の情報開示スピーチの一部抜粋です。

このスピーチは2013年5月に行われた分です。



森に囲まれた墓地に緑色の肌のエイリアン

【衝撃動画】墓地に佇む淋しげな宇宙人!! やっぱり緑色の肌だった!

2015.12.10

この数週間、“緑色”の肌を持つ宇宙人と思しき目撃情報が立て続けに報道され、世界中で注目を集めている。トカナでもいくつかの記事でお伝えしたが、そんな奇妙な現象に拍車をかけるように、今回またも緑色の宇宙人が映像に収められていることが発覚した!



「YouTube」に公開された問題の動画をご覧いただこう。そこに映るのは、森に囲まれた墓地だ。苔むした墓石も多く、なにやらひっそりとした空気が漂う。そんなどことなく怪しい雰囲気に満ちただが、よく目を凝らすとお分かりいただけるだろう。なんと、墓の奥の方で、緑色の宇宙人がうなだれるようにして佇んでいるではないか。その不思議な風貌は、日本人にとっては映画『もののけ姫』に登場する森の精霊「コダマ」を想起させる。

撮影場所などの詳細は明らかではないが、動画の解説によると、この映像が撮影されたのはちょうど今から10年前のことだという。そして最近になって撮影者数人で映像を見返していたところ、仲間のひとりがこの驚くべき存在に気づいたそうだ。

現在、世界のネットユーザーたちを戦慄させているこの動画だが、視聴者からはやはり「作り物ではないか」との厳しい声も上がっている。「Did you see it?(見ましたか?)」や「Zoomed in 500% and slowed down 3 frames a second(500%ズームし、1秒あたり3フレーム遅く)」の字幕など、視聴者向けの凝った編集が純粋に真偽を問う視聴者の反感を買ってしまったのかもしれない。

2015-12-16_213859

しかし、「私はこれがリアルか、フェイクかについて言うつもりはない。あなたたちの意見をもらうために、ただ示しているんだ」とまったく意に介さない投稿者。いずれにしても真相は謎のままである。

さて、緑色の宇宙人たちがこうも続いて話題になると、その裏に何らかの思惑があるのではないかと考えざるを得ない。果たして、宇宙人たちがついにその存在を主張し始めたのか? それにしても、なぜ緑色なのか、不気味さを掻き立てられる読者も多いことだろう。2015年も残り1カ月を切ってしまったが、まだ今年中に緑色の宇宙人が出現することがあるかもしれない。

(マサコ)

参考:「EXPRESS」、ほか

参照元 : TOCANA


WATCH: Bizarre 'alien' caught on camera hiding in cemetery

FOOTAGE has emerged showing what appears to be a bizarre humanoid skulking behind a gravestone in a remote cemetery.

By JON AUSTIN
PUBLISHED: 00:25, Fri, Dec 4, 2015 | UPDATED: 01:41, Fri, Dec 4, 2015

Alien-Grave-624097

The alien lurking (ringed) and (inset) close up
Video posted on YouTube says the footage was filmed in exactly ten years ago, but the person who recorded it only spotted the 'creature' years later when they were watching it back.

The camera slowly pans across the tombstones in a graveyard surrounded by trees before it stops and a subtitle appears asking: "Did you see it?"

It then replays the footage and a red arrow points out a grotesque humanoid form which peeps out from behind a headstone then appears to duck back in.

It is not clear from the video where it was filmed or who by.

Cemetery-1-405377

The video then shows the creature with green and grey skin in close up after being zoomed in on by 500 per cent and slowed to three frames a second.



The video ends on the question: "What is it?"

A number of people have reposted the video online.

One who published it on YouTube said: "I'm not saying this is real or fake. I'm just showing you for your own opinion."

Many viewers suspected the video was a hoax.

Alien-Face-405378

Do you know him?

One YouTube viewer said: "I saw it but it has to be fake."

Another man who viewed it said: "Something seems fishy about that video. They have their video camera at a cemetery."

Another posted on YouTube: "I have to agree it is great footage and fishy at the same time."

Then there were the undecided, with one online poster adding: "Awesome video. I can't really say if it's fake or not, but pretty cool."

2015-12-16_213859

Weird thing skulks behind tombstone

Predator-Film-405379

Could it by any chance be related to the monster from the Predator films?

Some viewers even felt it was proof of aliens or even demons.

Chimiami11 posted to YouTube: "It looks sad."

Billybonewhacker added: "I think this thing is demonic. I've heard of similar things being sighted here in Oklahoma and the Bible alludes to the demonic having an affinity with cemeteries."

Kruimels said: "That is an alien, I can recognise them very fast.

"This one doesn't look nice."

参照元 : EXPRESS

【衝撃映像】中国・上海の路上で複数の自動車が突然、宙に舞い上がった怪事件はワイヤが原因か?

【怪動画】複数の自動車が突然、宙に浮いた!! 謎のエイリアンの姿も写り込む!=中国

2015.11.30

現在、中国最大の都市・上海の路上で発生した自動車事故の映像に、世界中のメディアが注目を寄せている。それもそのはず、問題の映像には、事故を起こした自動車が突然宙へと舞い上がる信じ難い光景が収められていたのだ。これは一体、何がどうなっているのか? まずはあなた自身の目で、驚愕の瞬間を確かめてほしい。



まっすぐに伸びる、見通しの良い大通り。現場の交差点では自動車やバイク、自転車、そして歩行者が入り交じり、混沌とした交通状況だったようだ。そして画面奥から交差点へと進入してきた1台のワンボックスカーが、停止線付近に差し掛かった時、目を疑うような瞬間が訪れる。なんとワンボックスカーの車体が、何かに吊り上げられるようにしてふわりと浮き上がり、横倒しになってしまったのだ。しかも、隣の車線で停止していたワンボックスカー、さらに対向車線に右折進入してきたセダンまでもが謎の空中浮揚に見舞われている。

2015-12-02_094134

交差点に設置された監視カメラの映像が地元ニュースで報じられると、瞬く間にインターネット上で拡散、事故の原因についてさまざまな憶測が飛び交った。地中を走る電線の影響、路上にあった鋼鉄製のケーブルが画面右端の路面清掃車のブラシに巻き込まれたため、さらにはエイリアンによる攻撃ではないかという声まで巻き起こっているようだ。

しかし映像からは、路上に何らかの変化が起きていた様子を確認することができない。やはり、ここで考慮しなければならないのは今回の事故がエイリアンの仕業だった可能性だろう。実は世界に目を向ければ、走行中のトラックが突然強力なパワーによって空中に持ち上げられ、地面に叩きつけられるという事例が複数報告されている。しかも、事故後に運搬物がごっそりなくなっていることも多いのだ。



今回の映像を解析したUFO研究家スコット・ウェアリング氏は、事件直後に横倒しになったワンボックスカーの傍らを平然と歩き去った男の身長が2m近いことを指摘し、この人物こそがエイリアンであり、何らかの理由によって彼を激怒させたことが事故につながったのではないかと指摘している。果たして、事故の本当の原因は何だったのか? 真相究明のため、中国の交通当局にはさらなる情報の開示を求めたい。

(編集部)

参考:「The Daily Mail」、「UFO Sightings Daily」、ほか

参照元 : TOCANA



UF

UFO, (2)

UFO


交差点で車が浮いた…中国で驚きの事故

2015年11月30日(月)20時25分配信

2015-12-06_064325

中国・河北省で走行中の車が突然浮き上がり、横転する奇妙な事故が起こった。

中国・河北省で発生した奇妙な事故。交差点に走ってきた車が横断歩道手前で止まろうとした瞬間、停車していた車と一緒に突然、浮き上がり横転。さらに、反対車線を走っていた乗用車も浮き上がった。

中国中央テレビによると、事故当時、道路上には長い鉄のワイヤが落ちていたが、走ってきた清掃車のブラシ部分にこのワイヤが引っ掛かり、ワイヤが張られた状態になったことから車が持ち上がってしまったという。

参照元 : 日本テレビ系(NNN)



2015-12-06_064344

2015-12-06_064400

2015-12-06_064427

▼ちなみにドイツで起こったトラックが浮き上がり、積み荷が無くなっていたという怪事件の動画はパロディ映像の可能性あり!



宇宙人が火星を徘徊していた!?探査車が撮影した風景に写っていた

マーズ・ローバーは見た! 火星を徘徊するエイリアンの姿!!

2015.10.12

将来の移住をもくろみ、日夜火星の探査に熱を上げる人類――。その人類の目となって活躍する探査車たちが撮影する火星の風景には、しばしば驚くべきものが紛れ込むようだ。

■恐怖心が生み出す幽霊

幽霊の正体見たり枯れ尾花――。

上掲の一句は、江戸時代の俳人である横井也有が残したものである。恐る恐る目を向ければススキの穂でさえも幽霊に見えてしまう、というものの例えだ。横井という人は、ユーモアを持ちながら、人の心を鋭く観察していたようだ。

幼い頃に思いを馳せれば、江戸時代の人々が恐れた“枯れ尾花”のような存在が、いくつかは身の回りに転がっていたはずである。校舎の窓にゆれる白いカーテンや、お寺の境内に並ぶ墓石の群れ、あるいは夜空に響く動物たちの声が、無性に恐ろしく感じられた経験はないだろうか?(読者のみなさんが、かつて勇敢きわまる少年少女であったなら失礼!)

臆病な感性が物事の本質を見誤らせるのは、今も昔も変わらない人の心はたらきなのである。

さりとて、物事の本質をゆがめてしまうのは恐怖心だけではない。時として過度の期待というものが、人を惑わせることもある。

■火星の巨大人面岩、20年越しのタネ明かし

Martian_face_viking

800px-Face_on_Mars_with_Inset

今を去ること39年前、アメリカ航空宇宙局 (NASA) の火星探査機であるバイキング1号が撮影した写真のなかに、火星の地表に張り付いた巨大な人の顔が映りこんでいた。

当時“人面岩”として報じられたこの地形は、オカルト界隈では絶えず人気をさらい、火星人が実在する根拠として考えられてきたものだ。

ところがその20年後、新たに打ち上げられた最新鋭の火星探査機は、バイキング1号よりも詳細な写真を地球に送り、“人面岩”が何の変哲もない岩山であることを証明してみせたのである。これにより“人面岩”をよりどころにして火星人の実在を唱えてきた論客たちは面目を失い、意気消沈を余儀なくされた。

この出来事の後、火星の観測写真をめぐるオカルト談義は下火となって、メディアへの露出も減少の一途をたどってゆくことになる。

■加速するローバー画像検証ラッシュ

しかし近年、火星調査の進展とインターネットの普及に伴い、画像的検証の機運が高まりつつある。

FacebookやTwitter、もしくは掲示板といったツールが活用されることで、火星探査車両「マーズ・ローバー」が発信する膨大なデータの中からハッとするような画像が多数発掘されている。

トカナが注目するUFO研究家のスコット・ウェアリング氏も、有力な発掘者の一人だ。ウェアリング氏は自身のブログである「UFO Sightings Daily」で、ローバーが激写した火星人の画像を取り上げている。

先月20日に公開されたのは、ウェアリング氏自らが発見したという、崖のふちに立つエイリアンの写真。両腕を垂らし、二本足で立ち上がって崖の下を覗き込むエイリアンの姿について、ウェアリング氏は故エルヴィス・プレスリーに似ているというブログ読者のコメントに同調してみせた。

「私も同じことを考えました。エイリアンはカッコイイ髪型をしていますよね。エルヴィスは地球を離れて、火星に帰っていたようです」(スコット・ウェアリング氏)

さらに、先月27日には、Youtubeの動画配信者が発見したという、火星の丘で寝そべるエイリアンの写真を紹介した。平たい石の上に腰をかけ、のどかに日光浴を楽しんでいるかのような印象だが、動画の配信者によると実は不気味な光景なのだという。

拡大した画像をよく観察してみよう……すると、サスペンス映画『スクリーム』に登場した殺人鬼のマスクを思わせる、恐ろしげな表情が露となる。

2015-10-26_215351

2015-10-26_214203



さて、記事のなかでウェアリング氏は、数多くの神秘的発見をもたらしてきたマーズ・ローバーについて自らの考えを語っている。

「なぜNASAはこうした宇宙人の姿を無視するのでしょうか? それというのも、生命の発見はNASAの公の使命ではなく、ローバーが果たす隠された役割だからです。ローバーは大衆の好奇心――彼らがさまよい人(rover)と名付けた好奇心を満足させるために存在しているのです」(スコット・ウェアリング氏)

■時には疑いの目を向けるべし

盛り上がりをみせる第二の“人面岩”ブーム。ただし、以前の失敗を踏まえるなら、安易にブームに乗っかってしまうのは危険だ。

幽霊の正体見たり枯れ尾花――。

人が人である以上、錯覚に惑わされることは避けがたく、ある程度は割り切って楽しむことも必要だろう。とはいえ、世の中に誰もが仰天するような存在が隠れ潜んでいると信じるのも、偽りのない人の心のありようだ。無数の“枯れ尾花”のなかに、ひと握りの本物が紛れ込んでいることを願うばかりである。

(文=Forest)



参考:「UFO Sightings Daily(立つエイリアン)」、「UFO Sightings Daily(座るエイリアン)」、ほか

参照元 : TOCANA

UFO (3)

UFO, (2)

UFO, U(1)

UFO,4

最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ