地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

イスラム国

【閲覧注意】人間で武器のテストをするISIS(イスラム国)【R18指定】

イスラム国(ISIS)が、人間を使って武器テストをする衝撃映像。

捕虜の処刑も兼ねてるのか?詳細は不明。

2017-11-22_180006

一瞬にして人間が粉々になる。グロ注意!

▼ISIS Weapons testing(※R18指定)



バルセロナで車突入テロ!13人死亡、5人の容疑者を射殺!イスラム国が犯行声明(現地映像あり)

バルセロナでテロ 車突入13人死亡か 武装男が店侵入との情報も

2017.8.18 02:45

2017-08-18_161723

【ベルリン=宮下日出男】スペイン北東部バルセロナで17日午後5時(日本時間18日午前0時)ごろ、群衆に小型トラックが突っ込み、地元警察によると1人死亡、32人が負傷し、うち10人が重体という。死者は13人との報道もある。警察当局はテロとみて捜査を始めた。

地元メディアによると、銃を持った男が近くのバーに侵入し立てこもっているとの情報もあり、車で群衆をはねた後、逃走した容疑者の可能性がある。

現場はバルセロナ中心部のランブラス通り。カタルーニャ広場に通じる約1・2キロの並木道でレストランやホテル、商店が並ぶ。バルセロナは、世界遺産サグラダ・ファミリア(聖家族教会)などで知られる建築家、ガウディの作品が建ち、世界中から観光客が訪れ、日本人観光客も多い。

在バルセロナ日本領事館によると、これまでのところ日本人が被害に遭ったとの情報はないが、確認を急いでいる。

スペイン国内では2004年3月、マドリード市内で191人が死亡し、1800人以上が負傷する列車爆破テロ事件が発生。イスラム過激派が犯行声明を出した。同テロ事件以降、スペイン国内でイスラム過激派によるテロ事件は起きていない。

一方、欧州では近年、トラックや自動車を使ったテロ事件が頻発している。16年7月にはフランス南部ニースで、同年12月には独ベルリンで、今年3月と6月には英ロンドンでも車両を使用したテロが相次ぎ発生した。

参照元 : 産経新聞




バルセロナでテロ 歩道に車突入 13人死亡

2017年8月18日 00時54分

2017-08-18_162020

【パリ賀有勇】スペインからの報道によると、北東部バルセロナの中心部のランブラス通りで、17日午後5時(日本時間18日午前0時)ごろ、歩道に小型トラックが突っ込んだ。ロイター通信などによると、13人が死亡、多数が負傷した。警察当局はテロとみて捜査を開始した。警察は現場付近を封鎖した。

武装した男2人がレストランに侵入したとの情報や、運転していた男が徒歩で逃走したとの情報もあるが、詳細は不明。

現場は、世界的な観光地のランブラス通り付近。救急車が多数駆け付け、救助作業を続けた。

欧州では最近、フランス南部ニース、ドイツの首都ベルリン、英ロンドンなど、通行人をはねるテロが相次いでいる。

参照元 : 毎日新聞







2017-08-18_162044

2017-08-18_162054

2017-08-18_162104


バルセロナで大量轢殺テロ事件 イスラム国「IS」が犯行声明を 死亡者13名に

2017年 08月 17日 17時 24分

バルセロナの人気スポットであるランブラス通りで白いライトバンが普段、歩行者しか使えない中央部に乗り、600メートルぐらいに亘って数十人を轢いて、走行の末にキオスクと衝突した。また、利用されたライトバンの中にはアフリカ北部、モロッコ出身のDriss Oukabir氏のメリリャ発行スペインパスポートが発見されたが、本人自身はジローナ県・リポイ基礎自治体の警察署に出頭し、パスポートを盗まれたと訴える。

加害者は1人逮捕されたが、攻撃に参加した容疑者は他に2人がおり、そのうち1人が射殺され、1人が逃亡中。封鎖された中心街の交通は非常に制限されて、バルセロナ市へのアクセスに検問も敷いている。

2017-08-18_162543

*Driss Oukabir氏のパスポートを利用してライトバンがレンタルされたが、本人が実行犯ではない模様。

既に現地メディアでは テロ攻撃として扱われており、現在まで死亡者13名、負傷者80名が確認されている。現在はメトロ、州立鉄道とRenfe鉄道はランブラス通りやグラシア通りなど付近の駅には止まらない。なお、イスラム国(IS)傘下のメディア、Amaq(アマック)によると、ISが攻撃を認めると伝えた。

2017-08-18_162624

現在、州警察の「Mossos d'esquadra」が エリアを立入禁止にしており、救急車は負傷者の手当に向かっている。

今件のテロ攻撃は近年、ヨーロッパ他国にも発生した同様攻撃と酷似している。そのうち、最大の惨劇となったのは2016年7月14日、フランス南部・ニース市の遊歩道「プロムナード・デ・ザングレ」において、花火の見物をしていた人々の列にトラックが突っ込んだ事件である。少なくとも84人が死亡し、202人の負傷者が出た。



事件現場はこちらになります

2017-08-18_162849

参照元 : pressdigitaljapan







【閲覧注意】イスラム国が公開した刀による斬首処刑&ナイフによる斬首処刑(R18指定)

イスラム国(IS)が公開した、剣による斬首処刑の映像とナイフによる斬首処刑の映像。

2017-04-07_215647

Beheading of Five Men by ISIS – One by Sword, Four with Knives

Video released by ISIS shows the beheading of five men. First, one man is beheaded by sword, then a group of four men who are beheaded with knives.

※ 閲覧注意(R18指定)



参照元 : Beheading of Five Men by ISIS – One by Sword, Four with Knives

トルコ・イスタンブールのナイトクラブで銃乱射テロ事件!外国人15人を含む39人が死亡、65人がけが「イスラム国」が犯行声明

サンタクロース姿の男が銃乱射 39人死亡 テロか

2017/01/01 17:56

2017-01-03_184442

トルコ最大の都市イスタンブールのナイトクラブで、サンタクロースの格好をした男が銃を乱射し、これまでに39人が死亡し、69人がけがをしました。

イスタンブールのナイトクラブで1日未明、サンタクロースの格好をした男が突然、銃を乱射しました。現地のメディアは、容疑者がアラビア語を叫んでいたと伝えています。地元当局はテロ攻撃だと断定し、これまでに39人が死亡し、69人がけがをしたことを明らかにしました。

容疑者は現場から逃走したとみられています。また、容疑者は2人組だったという情報もあり、治安当局が捜索を続けています。現場はイスタンブールでも人気のナイトクラブで、事件当時は新年を祝うパーティーが開かれ、約600人が参加していたとみられています。

参照元 : テレ朝ニュース

2017-01-03_184458

2017-01-03_184514

2017-01-03_184521

2017-01-03_184533

2017-01-03_184541


トルコ銃乱射事件 容疑者逃走で厳戒態勢続く

2017/01/02 05:51

2017-01-03_184245

トルコ・イスタンブールのナイトクラブで39人が死亡した銃乱射事件で、容疑者は依然、逃走を続けていて、市内では厳戒態勢が続いています。

トルコ最大の都市イスタンブールのナイトクラブで1日、男が突然、銃を乱射し、イスラエルなどからの外国人15人を含む39人が死亡し、65人がけがをしました。容疑者の男は現場から逃走していて、市内では厳戒態勢が続いています。

これまでのところ、犯行声明などは出ていませんが、トルコのエルドアン大統領は、今回の事件を非難したうえで、テロとの戦いを続ける考えを強調しました。トルコ政府は、容疑者の男がサンタクロースの格好をしていたという当初の情報を否定し、男の身元の特定を急ぐとともに行方を追っています。

参照元 : テレ朝ニュース

2017-01-03_184310

2017-01-03_184319

2017-01-03_184326

2017-01-03_184346


トルコ銃乱射事件 「イスラム国」が犯行声明

2017/01/03 05:54

2017-01-03_183646

トルコ・イスタンブールのナイトクラブで起きた銃乱射事件で、過激派組織「イスラム国」が犯行声明を出しました。

「イスラム国」は2日、「『イスラム国』の英雄が手投げ弾と銃で攻撃し、十字軍の喜びを悲しみに変えた」などとする犯行声明をインターネット上に出しました。事件では、これまでに外国人25人を含む39人が死亡し、65人がけがをしました。容疑者の男は店の入り口で警察官と市民を撃った後、店内で客らを至近距離から次々と銃で撃ったとみられています。

警察は2日、実行犯とする男の顔写真を公開しました。地元メディアは警察が実行犯を25歳前後の中国・新疆出身の男とみて行方を追っていると報じています。また、これまでに事件に関わったとして12人の身柄を拘束したほか、男の関係先とみられるイスタンブール市内の住宅周辺の捜索を続けています。

参照元 : テレ朝ニュース



2017-01-03_183655

2017-01-03_183709

2017-01-03_183720

2017-01-03_183730

2017-01-03_183738

2017-01-03_183756

This terrorist scum killed more than 40 people in Istanbul

Part of channel(s): Syria (current event)
Turkish police issued a photograph of attacker on nightclub in Istanbul, in which more than 40 people were killed and more than 70 injured during New Year's Eve.

According to Turkish news agancy Dogan, police arrested eight people connected with terrorist attack in Istanbul. Terrorist is still on the run.

Turkis police also arrested two people who attack Hasan Pasha mosque in Istanbul

2017-01-03_183211

2017-01-03_183229


イスタンブールのナイトクラブ犠牲者のために開催された葬儀

First funerals held for victims of Istanbul nightclub shooting

As the hunt continues for the gunman who killed 39 people in a New Year’s shooting rampage in a nightclub in Istanbul, relatives of the victims are organising funerals.

In a mosque in the city of Mersin, a service has been held for a policeman shot in the early moments of the assault, 21-year-old Burak Yildiz.

In Istanbul, family and friends paid tribute to 35-year-old security guard Fatih Cakmak, another one of the first victims to be buried.

The owner of the Reina nightclub, Mehmet Kocarslan, spoke to mourners.

“How did he manage to get in despite all the intelligence and security measures?” he asked.

“I can only call this creature a demon. I can’t even say he’s a terrorist. I don’t know how he managed to get in.”

People have also been laying flowers outside the nightclub, which has been covered over with curtains.

Police say eight people are being questioned in connection with the attack but the gunman is not among those arrested.






死んだふりをしていたので助かったという男性。

Nightclub killings: “I pretended to be dead, so he wouldn’t keep shooting at me”

Survivors of the New Year nightclub shootings in Istanbul have been recounting what happened, with some saying they were lucky to escape.

Lebanese national Francois al-Asmar was one of those injured, suffering a gunshot wound to his shoulder.

He spoke to reporters from his bed in the Okmeydani Hospital.

“He fired just one shot, so I thought it was some angry or drunk man who fired his gun,” he said. “But a few seconds later we heard a machine gun.

“We were already lying on the floor from the first shot. I was hiding behind the table, sitting on the floor, but my shoulder must have been exposed.

“He was shooting us on the floor, he wasn’t shooting in the air but towards the floor where we were lying.

“If I’d been lying down completely, with my whole body on the floor, I would have been shot right along my body. I was actually sitting when I was shot.

“I had to get myself down lower. I pretended to be dead, so he wouldn’t keep shooting at me.”












イラクの首都バグダッドで自動車を使った自爆テロ発生!少なくとも32人が死亡、数十人が負傷「イスラム国が犯行声明」(映像あり)

イラク首都で自爆攻撃、少なくとも32人死亡 ISが犯行声明

2017/1/2(月) 19:02配信

2017-01-03_000946

【AFP=時事】(更新、写真追加)イラクの首都バグダッド(Baghdad)で1日、自動車を使った自爆攻撃が発生し、少なくとも32人が死亡、数十人が負傷した。警察と医療関係者らが明らかにした。

警察幹部によれば、過去3日間で2度目となるバグダッド市内での大規模な爆発により、少なくとも32人が死亡し、61人が負傷したという。

爆発については、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」がIS系通信社アマック(Amaq)を通じて犯行声明を出し、「殉教作戦」により40人前後を死亡させたと主張している。

現場は同市北東部に位置し、イスラム教シーア派(Shiite)が多数を占めるサドルシティー(Sadr City)地区。犠牲者の多くは、仕事を求めて街の交差点に集まっていた日雇い労働者らだったという。【翻訳編集】 AFPBB News

参照元 : AFPBB NEWS


Deadly car bomb attack in Baghdad claimed by ISIL

ISIL militants in Iraq are claiming responsibility for a suicide car bomb attack that has killed more than 20 people in Baghdad’s Sadr City.

Various reports put the death toll at between 24 and 37, with more than 60 wounded.

A statement on a website linked to ISIL says the attack targeted a gathering of Shi’ite Muslims.

The blast comes as the French President Francois Hollande visits the Iraqi capital and it is the latest in a series of bombings.

In Iraq, Hollande hopes for ‘year of victory against terrorism’ https://t.co/V5yJm3sJds— Reuters Top News (@Reuters) January 2, 2017

On Sunday nine people, including four security personnel, were killed at a checkpoint south of Baghdad.

And on Saturday two suicide bombers killed at least 28 people in a market in Baghdad. ISIL said it was also responsible for that attack.




シリアで連続爆弾テロが起き、兵士や市民ら47人死亡 イスラム国が犯行声明

シリアで連続爆弾テロ 兵士や市民ら47人が死亡

2016/09/05 22:27
 
000082845_640

内戦が続くシリアで連続爆弾テロが起き、これまでに兵士や市民ら47人が死亡しました。過激派組織「イスラム国」が事実上の犯行声明を出しています。

シリアの首都ダマスカスや西部のホムスなど4カ所で5日、自動車爆弾などによる爆弾テロが相次ぎました。シリア反体制派のNGO(非政府組織)によりますと、これまでにアサド軍の兵士や市民ら47人が死亡し、多くのけが人も出ているということです。

一連の爆弾テロについて、過激派組織「イスラム国」系のメディアは「『イスラム国』の戦士が殉教作戦を行った」と伝えています。「イスラム国」はシリアやイラクでの劣勢が伝えられるなか、アサド政府軍やクルド人勢力など敵対勢力が支配する地域でテロ攻撃を激化させています。

参照元 : テレ朝ニュース


At least 40 people were killed in a series of bombings in mainly government-held areas of Syria on Monday, according to state media.

The self-styled Islamic State, or ISIL, said it was behind the attacks.

The deadliest were two explosions on the Arzouna bridge area at the entrance to Tartous, which killed 35 people, according to the Syrian Observatory for Human Rights.

Syrian state television said the first explosion was a car bomb and the second was a suicide belt detonated as rescue workers came to the scene of the first incident.

In the space of an hour, a suicide bombing struck a suburb west of Damascus, while a motorbike exploded in the northeastern city of Hasaka, which is controlled by Kurdish fighters. A car bomb also exploded in the central city of Homs. The Observatory said it hit an army checkpoint, killing four officers.

#Syria’s #war: Multiple #bomb blasts hit government controlled areas including Tartous, Homs, Hasaka AJENews https://t.co/nfjkvwaI7O— B.D. Mowell (bdmowell) September 5, 2016

Islamic State claims wave of bombings across Syria that killed at least 48 people https://t.co/oSodjEogSd pic.twitter.com/2zR4xjahEe— Chicago Tribune (@chicagotribune) September 5, 2016

The attacks follow the recapture by the army and its allies of a district of Aleppo that rebels had seized last month.

They also came just as the G20 summit wrapped up in China, and the United States and Russia failed to reach a deal on ending the violence in Syria.

President Barack Obama said his meeting with Vladimir Putin was “constructive but not conclusive.” Putin said the talks were “on the right track” and he hoped both nations would strengthen cooperation against terrorism.

Obama calls G20 talk with Putin “constructive but not conclusive.

Wave of ISIL-claimed bombings in Syria kills at least 40





バングラデシュ・ダッカ人質事件で、安否の分からなかった日本人7人全員の死亡確認 「イスラム国が犯行声明」

日本人7人の死亡確認 バングラデシュの人質事件

2016/07/03 00:34

2016-07-04_061047

バングラデシュのダッカで起きた人質事件で、安否の分からなかった日本人7人全員の死亡が確認されました。

1日夜、ダッカのレストランで武装グループが人質を取って立てこもりました。治安部隊の突入作戦によって日本人1人を含む13人が救出されましたが、建物内で20人が死亡しているのが見つかりました。

会見した菅官房長官は、男性5人、女性2人の合わせて日本人7人の死亡を確認したと発表しました。一方で、救出されたのは渡辺玉興さん(40代)だということです。

参照元 : テレ朝ニュース



2016-07-04_061059

2016-07-04_061108

2016-07-04_061118

2016-07-04_061129


バングラデシュ人質事件「イスラム国」が犯行声明

2016/07/03 06:56

2016-07-04_061456

バングラデシュの人質事件について、過激派組織「イスラム国」を名乗るグループが犯行声明を出しました。

犯行声明は「イスラム国バングラデシュ」の名前で、日本時間の3日午前0時すぎにインターネット上に掲載されました。声明では「5人の殉教者がダッカで市民の集いに出撃した」「イスラム教徒を空爆で殺害する限り、攻撃から逃れられないことを教えた」などとしています。

また、「イスラム国」に関係した別のSNSには、実行したとする5人の名前と顔写真が掲載されました。木原外務副大臣がダッカに到着し、現場のレストランの周辺を確認しました。

今後、日本大使館に設置された対策本部で指揮にあたります。今回の事件では20人が殺害され、軍の発表によりますと、ほとんどの犠牲者が首を切られたとみられています。日本人7人のほかにイタリア人9人、アメリカ人1人などが犠牲になりました。

参照元 : テレ朝ニュース



2016-07-04_061504

2016-07-04_061513

2016-07-04_061523

2016-07-04_061541

2016-07-04_061556

2016-07-04_061620

2016-07-04_061629

2016-07-04_061639


*GRAPHIC* Bangladesh: Bangladesh deadly cafe siege ends, ISIL claims responsibility

The 12-hour siege of a restaurant by gunmen in Bangladesh has ended, leaving heavy casualties.

The assailants attacked the restaurant in the diplomatic area of the capital Dhaka late on Friday and took dozens of people hostage. According to an army spokesman, the attackers killed 20 civilians, most of them Italian or Japanese. The victims were mostly hacked to death with sharp weapons. Security forces managed to rescue over a dozen hostages after storming the cafe. Six assailants were killed in the ensuing gun battle, while one of them was captured alive. Daesh terrorists have claimed responsibility. Meanwhile, Prime Minister Sheikh Hasina has condemned the attack and pledged to root out terrorism.







【北朝鮮】金正恩労働党委員長の「偶像化」が進んでいる 核保有の次はイスラム国との連携か

金正恩「核保有」の次は「イスラム国」との連携か

2016.07.01 07:00

P47kimjonun_aflo

北朝鮮・金正恩労働党委員長の「偶像化」が進んでいる。36年ぶりの朝鮮労働党大会の開催は、独裁者の権力基盤を固めるためのものだ。この党大会は何をモデルに開催されたのか。そして、繰り返される「核保有」発言と、日米韓インテリジェンス関係者の間に飛び交う「謎の情報」について、作家で元外務省主任分析官の佐藤優氏が読み解く。

5月6〜9日、北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の平壌で、朝鮮労働党第7回大会が行われた。前回の第6回大会が開催されたのは、36年前で、北朝鮮建国の父である金日成が主宰した最後の党大会だった。

第6回大会で、金日成は、全社会の主体(チュチェ)思想化を提唱し、当時存在していたソ連・東欧諸国などの社会主義国が掲げていたマルクス・レーニン主義とは、一線を画したイデオロギーで、北朝鮮を統治する方針を明確にした。

さらに金日成の息子の金正日が政治局常務委員に選ばれ、共産主義国としては異例の世襲体制(王朝)の道筋がつけられた。北朝鮮の憲法では、朝鮮労働党は国家を指導する特別な位置にある。これは旧ソ連のスターリン憲法を踏襲したものだ。

過去36年間、労働党は大会を行っていなかったので、第6回大会で選出された幹部は、既に死去しているか、生きていても加齢で十分な活動ができないと推定される。今回の中央委員も中央委員候補も金正恩派によって完全に固められたと見ていいであろう。1934年にスターリンによって行われたソ連共産党第17回大会は「勝利者の大会」と呼ばれたが、これを金正恩が労働党第7回大会のモデルにしていると筆者は見ている。

問題は、金正恩が今後、核をどう取り扱うかだ。朝鮮労働党の規約改正で「経済建設と核戦力建設を並進させる」という文言が盛り込まれた。北朝鮮は、今後の核実験と長距離弾道ミサイル発射によって、恫喝をかけながら、米国を交渉に引き出そうとしている。ただし、米国と本格的に対峙することを避けるというのが金日成と金正日の政策だったのだが、遺訓から解放された金正恩には抑制が働かない可能性がある。

さらに北朝鮮の工作員が「イスラム国」(IS)の自称首都ラッカに出没しているという情報がインテリジェンス関係者の間で流れていることだ。北朝鮮は、地下秘密基地を造る土木能力に秀でているので、米軍の偵察衛星、無人飛行機やロシア軍の空爆から逃れる本格的な施設をISは必要としているのであろう。

北朝鮮は、過去にもシリアやリビアで地下秘密基地を造った実績がある。旧ソ連は、国際テロリスト・カルロス(終身刑が確定し、フランスで服役中)を支援したことがある。カルロスは、ソ連のルムンバ民族友好大学に留学したときにテロリストとしての訓練を受けたが、思想的に共産主義に共鳴したわけではない。カルロスの西側やOPEC(石油輸出国機構)に対するテロ攻撃が結果としてソ連の利益に役立つので利用したのだ。

ISと北朝鮮は、イデオロギーは異なるが、米国とその同盟国に対する敵対行動については、利益を共有している。北朝鮮の工作員が、ISのテロリストを偽装して、日本や韓国でテロ活動を行う危険に備えなくてはならない。

●さとう・まさる/1960年生まれ。1985年、同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。『SAPIO』で半年間にわたって連載した社会学者・橋爪大三郎氏との対談「ふしぎなイスラム教」を大幅に加筆し『あぶない一神教』(小学館新書)と改題し、発売中。

※SAPIO2016年7月号

参照元 : NEWSポストセブン


金正恩氏は体重130キロで不眠症の可能性も 韓国情報機関が報告

2016年7月01日18:16

韓国の情報機関は、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)党委員長が体重130キロを超え、生活習慣病を患っている可能性があることを明らかにしました。

「初めて登場した時は90キロだったのが、2014年には120キロ、最近では130キロと推定されます」(イ・チョルウ議員)

これは、韓国の情報機関・国家情報院が1日の国会で報告したもので、金正恩党委員長の体重は、この4年間で40キロほど増え、およそ130キロに達しているということです。また、急速に体重が増えたことで、不眠症や生活習慣病を患っている可能性があると分析しています。

国家情報院はこのほか、国連の経済制裁によって、北朝鮮の輸出の半数近くを占める石炭の輸出がおよそ4割減少し、武器の輸出も9割減ったと報告しています。

参照元 : TBSニュース



【関連記事】
パナマ文書で発覚!イギリスの銀行家が北朝鮮の武器販売、核兵器増強を支援していたことが判明

北朝鮮が拉致被害者を含む日本人行方不明者の調査を全面的に中止「特別調査委員会」の解体を発表

【閲覧注意】金正恩に粛清された人民武力部長の玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)が、高射機関銃で銃殺される映像(R18指定)

北朝鮮ウオッチャー「何しろ直近の3年間、金正恩は複数回、暗殺もしくはクーデター危機に直面していますから」

海外に派遣されていた北朝鮮の幹部ら十数人が相次ぎ亡命「高射機関銃による残忍な処刑などに恐怖を感じた」

理髪店がヘアカット割引ポスターに金正恩の顏を使用→北朝鮮大使館員からクレーム受ける→店主「ここはイギリスだ!民主主義に反する!」と反論→追い払う

【北朝鮮】金正恩第1書記の叔母・金慶喜氏(金敬姫、朝鮮労働党書記)が、夫の処刑直後に死亡か?死因は「自殺か心臓麻痺」

【北朝鮮】金正恩の元恋人を含む10数人の有名アーティストが違法にポルノ撮影、製作、販売したとして公開銃殺刑

金正恩と一緒にバスケットの試合を観戦するデニス・ロッドマン

イスラム国が世界各国4000人以上の氏名や住所が書かれた名簿を公開し、名簿にある人達を殺害するよう呼びかけ!リストに69人分の日本人の情報も

リストに邦人も「イスラム国」殺害呼びかけ

2016年6月23日(木)0時15分配信

2016-06-23_045943

過激派組織「イスラム国」を名乗る組織が21日までに、世界各国4000人以上の氏名や住所など、個人情報が書かれた名簿を公開し、支持者らに対し、名簿にある人たちを殺害するよう呼びかけた。

名簿には、少なくとも69人分の日本人の情報が含まれているが、なぜ選ばれたのかなどは分かっていない。

参照元 : 日本テレビ系(NNN)

2016-06-23_045951

2016-06-23_045959




イスラム国がイラク北部にある遺跡「ナブ神殿」を爆破!さらに、「エジプトのピラミッドを含む古代遺跡を破壊する」などと警告

「イスラム国」がピラミッド破壊をネットで警告

2016/06/10 17:18

2016-06-13_010751

エジプトのピラミッドの破壊を警告しました。

過激派組織「イスラム国」がインターネット上に公開した映像には、イラク北部にある遺跡「ナブ神殿」を爆破する様子が映し出されています。さらに、「エジプトのピラミッドを含む古代遺跡を破壊する」などと警告しています。「イスラム国」はこれまで、偶像崇拝にあたるとして支配地域にある古代遺跡を次々と破壊しています。

エジプト政府は「すべての観光地は厳重に警戒されていて、ピラミッドだけでも197台のカメラで常に監視している」として、安全だと強調しています。

参照元 : テレ朝ニュース



2016-06-13_010802

2016-06-13_010810

2016-06-13_010820




ISISがシリアの国土から盗んだ石油を安価でトルコに売り、それで大儲けするトルコがISISに兵站物資や武器や人材を提供

[RT]ISIS‐トルコ、このおぞましい犯罪者同盟

2016/04/06 12:22 PM

動画は、"続きはここから"以降の記事の予告編のような内容です。BCN童子丸HP様の記事から字幕を入れさせていただきました。

"続きはここから"以降の上の記事は、【ISISがシリアの国土から盗んだ石油を安価でトルコに売り、それで大儲けするトルコがISISに兵站物資や武器や人材を提供していることの、確たる証拠】についてです。下の記事は【ISISがトルコと手を組んでパルミラなどの古代遺跡から大量の貴重な歴史遺産を盗み出し、東ヨーロッパを通してアメリカなどに密輸している証拠】についてです。(※【】内は転載元の翻訳者のコメントから引用)

ダーイシュは石油密売を手掛ける国有資産省の中に「遺物局」までもっているようです。遺物局が貴重な歴史遺産を売って資金源にしているようですが、ダーイシュを使役する欧米支配層にとって知られたくない"遺物"もあるのではないかと思います。シリアが狙われる宗教的理由については、シャンティ・フーラ映像配信の"シリアのアラウィ派が狙われる理由"のところで解説されています。

(編集長)

ISIS、石油とトルコ:クルド人によって聖戦主義者から解放されたシリアの町でRTが見つけたもの 転載元) YouTube 16/4/5



文字起こし

RTドキュメンタリー部員はシリアの町シャッダディを訪れた。
それはクルド人民防衛隊(YPG)によってISISから解放された。
それでも訪問するには危険な場所である。

ISIS戦士たちは大慌てでシャッダディの町を離れた。
YPGの兵士たちはISISの上官たちの家を捜索した。

2e12aa3c6ed9921069cc86589795fc64-480x269

3dcadbc25fe74b9757655e8ebc191f39-480x269

彼らは、そこに残されたISISのパスポート全部にトルコのビザが付いているのを発見している。

[YPGの代表者]
「これらのパスポート全部にトルコの印が押してあります。それは、シリアに入った全ての戦士たちがトルコの国境線から入国したことを示します。ここにもう一つのトルコの印があります。」

c5641e8528dde0fe7c791a0da8ef0340-480x269

[トルコから来た捕虜のISIS戦士]
「国境線を渡るのは簡単です。国境に兵士がおらず何の問題もありません。トルコとISISの間には繋がりがあります。両者の間には石油と食料とそして武器の貿易があります。兵站面での援助すらあるのです。」

我々のチームは、ISISの石油取引に関する専用の文書を入手している。

34af4c648eeee87cbb97c9e2d484b68a-480x269

『2016年1月23日に、油井215番から383バーレルが採掘された。』

2016年1月23日にISISは1225.3バーレルの石油を売って、合計で110142.10ドルの利益を得た。

3dcadbc25fe74b9757655e8ebc191f39-480x269

もっと多くの独自入手の文書にご注目を。

字幕の出典:[BCN童子丸HP]ISIS‐トルコ、このおぞましい犯罪者同盟

(続きはここから)

————————————————————————

RT記事が確たる証拠を明示する:ISIS‐トルコ、このおぞましい犯罪者同盟
記事配信元) BCN童子丸HP 16/4/3

参照元 : shanti-phula


シリアの首都ダマスカス近郊と中部ホムスで連続爆弾テロ!127人死亡 ISが犯行声明

連続テロで127人死亡=政権標的、ISが声明―シリア

2016年2月22日(月)5時9分配信

【カイロ時事】シリアの首都ダマスカス近郊と中部ホムスで21日、連続爆弾テロが相次ぎ、AFP通信によると民間人多数を含む少なくとも計127人が死亡した。

いずれもアサド政権の支配地域が標的となっている。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。

ダマスカスでは、郊外にあるイスラム教シーア派の「サイエダ・ゼイナブ廟(びょう)」付近で4回にわたって自爆や自動車爆弾による爆発があり、少なくとも68人が死亡した。アサド大統領が属するイスラム教アラウィ派の住民が多いホムスのザフラー地区では、2度の爆発により59人以上が犠牲になった。

参照元 : 時事通信


Bloody Sunday in ‪Syria's ‪‎Damascus, ‪Homs‬

resized

Four deafening blasts rocked today, Sunday, the Shia-populated district of Sayyidah Zaynab in the southern suburbs of Damascus, leaving more than 46 people dead, 100 injured in latest poll.

Local witnesses reported that at least two of the four explosions were carried out by suicide bombers.

The Sayyidah Zaynab district is where Imam Ali’s daughter is buried, and is one of the most significant iconic places for Shia Islam.

On January 31st, more than 50 people were killed, scores injured in a twin suicide bombings in the same district. ISIS claimed responsibility for the attack.

The stricken neighborhood is home for thousands of internally displaced people who fled the war in surrounding towns, as well as Shia fighters defending the shrine.

Hours earlier, two explosions hit the central city of Homs leaving at least 58 civilians dead, many others wounded in one of the city’s busiest streets at rush hour.

参照元 : liveleak


シリアレポート

21 Feb 2016

Four deafening blasts rocked today, Sunday, the Shia-populated district of Sayyidah Zaynab in the southern suburbs of Damascus, leaving more than 46 people dead, 100 injured in latest poll. Local witnesses reported that at least two of the four explosions were carried out by suicide bombers. The Sayyidah Zaynab district is where Imam Ali’s daughter is buried, and is one of the most significant iconic places for Shia Islam.
On January 31st, more than 50 people were killed, scores injured in a twin suicide bombings in the same district. ISIS claimed responsibility for the attack.
The stricken neighborhood is home for thousands of internally displaced people who fled the war in surrounding towns, as well as Shia fighters defending the shrine.
Hours earlier, two explosions hit the central city of Homs leaving at least 58 civilians dead, many others wounded in one of the city’s busiest streets at rush hour.

945277_1156275134409300_5058507074648986902_n


12743633_1156275177742629_1891475373528501447_n

CbvuCO0UYAEvNRN

参照元 : syriareport


Up to 80 people are feared dead and around 200 are believed to be injured after several blasts rocked Damascus, Sunday.

Syria: Up to 80 dead as multiple blasts rock Damascus



【衝撃映像】イスラム国による自爆テロ失敗 自爆トラックが近づく前に爆破される

イラクにて、イスラム国による自爆テロ失敗。

爆弾を積んだ自爆トラックが近づく前に爆破される映像。イラクのキルクークで撮影されたイスラム国による自爆テロ失敗の映像。爆弾を積んでるので、物凄い爆発を起こす。

2016-01-25_204442

Iraqi PMU Forces shoots wheel of an approaching ISIS car bomb and fails

Date: 24-01-2016



【閲覧注意】イスラム国が捕虜3人に爆弾を密着させ処刑する映像を投稿(R18指定)

イスラム国(ISIS)が捕虜3人を爆破する動画を投稿。座らせた捕虜に爆弾を密着させ点火し、2回の執行で計3名を爆殺した。

1247

635

564

485

2169

※ 閲覧注意(R18指定)映像はこちら

【閲覧注意】イスラム国がクルド人兵士、ペシュメルガの戦闘員を銃で処刑する映像を公開(R18指定)

ISIS(イスラム国)が、新たな処刑ビデオを公開。ビンラディンを名乗る人物がクルド人兵士、ペシュメルガの戦闘員を銃で殺害。

2015-12-25_121659

ISIL This Isis Kurd introduces himself as "Bin Ladin" In the new video in which a peshmerga is executed

※グロ注意(R18指定)



イスラエル国防軍兵士とイスラム国の戦闘員が会話

ゴラン高原:イスラエル国防軍兵士がISIL戦闘員と会話している理由は何だ?

25 November 2015
 
IDF_Soldiers_Salaries_To_Increase_in_2015

石油と地政学の専門家ウィリアム・イングドールは、2013年にイスラエルが占領し続けているシリア領ゴラン高原で油田を盗んだニュージャージー州の『目立たない』ユダヤ系石油企業『Genie Energy Ltd.(ジェニ・エナジー)』の採掘権をイスラエル政府が承認したが、今年の10月に同社の子会社『Afec社』が新たな油田を発見し、権限もないのに不当に触手を伸ばしている件について、詳細な記事を書いている。 

★ジェニ・エナジー社の戦略的諮問委員会の役員は、アル中の人殺しディック・チェイニー、元 CIA長官ジェームズ・ウルジー、ビル・リチャードソン、ジェイコブ・ロスチャイルド卿、メディア王ルパート・マードック、ラリー・サマーズ、マイケル・スタインハートが名を連ねている。

なお、D.チェイニーは、世界最大の石油掘削機販売企業『ハリバートン社』の元 CEOで最大の株主。同社は、イラク復興支援事業で巨額な支援金を盗んだ外道でもあり、イスラエルの巨大兵器産業『アイゼンベルグ社』、アメリカの兵器産業『レセイオン社』の幹部でもある。

★戦争を煽り、テロリストを利用して他国を侵略させている主要な黒幕が上記の面々ゆえ、日本国民は、『安倍晋三が石油泥棒』でロシアから糾弾されている事実と共に、よく覚えて置くようにこの事実が世界中でばれてしまったので、最近→『Daesh (ISIS=ユダヤ国)』に変更したわけ。

★モサド=『Israel Secret Intelligence Service :ISIS(イスラエル秘密諜報局=ユダヤ国)』の略

参照元 : sputniknews


Golan Heights: Why is Israeli IDF Military Talking to ISIL?

21:15 25.11.2015
 
o-ISIL-facebook

Since the beginning of the Russian operation in Syria, details have emerged of the 'very dirty role' of Washington's close allies, including Turkey, the Gulf States and Israel, F. William Engdahl emphasizes.

Incredible as it may seem, an Israeli high-ranking military man was "caught with IS pants down" in late October, American-German researcher, historian and strategic risk consultant F. William Engdahl notes.

"In late October an Iranian news agency, quoting a senior Iraqi intelligence officer, reported the capture of an Israeli army colonel, named Yusi Oulen Shahak, reportedly related to the ISIS [ISIL] Golani Battalion operating in Iraq in the Salahuddin front," Engdahl narrates in his latest article for New Eastern Outlook.

According to a Commander of the Iraqi Army, quoted by the media outlet, the IDF colonel "had participated in the Takfiri ISIL group's terrorist operations."
The researcher stresses that since the beginning of the Russian military operation against the Islamic State in Syria lots of inconvenient truths about the US-led anti-ISIL coalition and its partners have ultimately come to light.
Netanyahu's Likud and the Israeli military work closely with the US neoconservative warhawks, Engdahl notes, adding that with the help of Washington's neocons Jerusalem is solving its own geopolitical problems in the region. The name of one of these problems is Hezbollah. Interestingly enough, Hezbollah has been spotted fighting fiercely against ISIL.
"Since at least 2013 Israeli military have also openly bombed what they claim were Hezbollah targets inside Syria. Investigation revealed that in fact Israel was hitting Syrian military and Hezbollah targets who are valiantly fighting against ISIS [ISIL] and other terrorists," the researcher continues.
Israel is not the only power who has been chasing its own adversaries under the pretext of an anti-terror war. Much in the same vein Turkish leader Erdogan jumped at the opportunity to bomb the Kurdish militants of the Democratic Union Party (YPG) and Kurdistan Workers Party (PKK) under the pretext of the anti-ISIL war.
Needless to say, Washington's year-long air campaign aimed against ISIL also raises a lot of questions.
The researcher draws attention to a largely neglected report released in 2014 by the UN Disengagement Observer Force (UNDOF) since 1974 stationed along the Golan Heights border between Syria and Israel.
"The UN documents showed that the Israeli Defense Forces (IDF) were maintaining regular contact with members of the so-called Islamic State since May of 2013. The IDF stated that this was only for medical care for civilians, but the deception was broken when the UNDOF observers identified direct contact between IDF forces and ISIS soldiers, including giving medical care to ISIS [ISIL] fighters," Endahl elaborates.

According to the researcher, the observers revealed that the IDF had long been working closely with various factions of Syrian terrorists in the Golan Heights, including ISIL and al-Qaeda's affiliate al-Nusra Front.
Since 2013 Israel has repeatedly launched attacks on Syria along the Golan Heights under the pretext of its counter-terror operations against Hezbollah. Furthermore, UNDOF has also been attacked by the Islamic State and al-Nusra Front.
It seems that "someone obviously does not want UNDOF to remain policing the Golan Heights," Engdahl remarks.
Why do Israeli IDF military have such a passionate interest in Syria's Golan Heights?
"In 2013, when UNDOF began to document increasing contact between Israeli military and IS [ISIL] and al-Qaeda along the Golan Heights, a little-known Newark, New Jersey oil company, Genie Energy, with an Israeli daughter company, Afek Oil & Gas, began also moving into Golan Heights with permission of the Netanyahu government to explore for oil," Engdahl narrates.

In October 2015 Afek Oil & Gas' chief geologist Yuval Bartov announced that the company had found a huge oil reservoir on the Golan Heights.
As Engdahl elaborated in his previous article on the matter, the International Advisory Board of Genie Energy includes, amongst others,  such prominent figures as Dick Cheney, former CIA head James Woolsey, Jacob Lord Rothschild and media mogul Rupert Murdoch.
"Of course no reasonable person in their right mind would suggest there might be a link between Israeli military dealings with the ISIS [ISIL] and other anti-Assad terrorists in Syria, especially in the Golan Heights, and the oil find of Genie Energy in the same place, and with Netanyahu's latest Golan Heights 'rethink' appeal to Obama," he notes with an unconcealed sarcasm, adding that it seems that 'Ol Netanyahu' and his military men have got caught "with their hands in a very dirty cookie jar in Syria."

参照元 : sputniknews日本語版

【関連記事】
ブラック上院議員、アメリカと同盟国のテロ支援認める「シリアの正規軍と戦うためにテロリストを訓練し、彼らを装備させている」

イスラム国(ISIS)を指揮していたイスラエル軍大佐がイラクで逮捕される

イスラム国のスポンサーはイスラエルとサウジ?米財務省がトヨタ自動車に対し、ISに車が渡った経緯について情報提供求める!

イスラム国(IS)「全ての日本人を殺害し、彼らの財産を消失させるつもりだ。日本はアメリカ率いる国際連合を支持している」

シリア全土から集まったクリスチャン戦闘員数百人が、聖書の時代から続くシリアの町が「イスラム国」に制圧されることを防ぐため結束

イスラエルの傭兵部隊”イスラム国”(IS)が「ユダヤ人を絶滅させる」とヘブライ語で茶番動画を公開

シオニスト政権「イスラエル」が、イスラム国(IS)から買い取った原油を精製して転売

トルコ大統領の息子がイスラム国の原油密輸を担当か ISと一緒にいる写真流出

イスラエルの傭兵部隊”イスラム国”(IS)が「ユダヤ人を絶滅させる」とヘブライ語で茶番動画を公開

イスラム国がロシアのスパイを殺害する映像公開

“ロシアのスパイ殺害” 「イスラム国」が映像公開

2015/12/03 11:52

2015-12-03_211604

過激派組織「イスラム国」は、ロシア国籍のスパイを殺害したとする映像を公開しました。ロシアが「イスラム国」の拠点などへの空爆を開始して以降、初めてのことです。

「イスラム国」は2日、インターネット上にロシア語で「チェチェン共和国のグロズヌイ出身で情報機関の指示で『イスラム国』に潜入した」などと話す囚人服を着た男性を殺害したとする映像を公開しました。「イスラム国」はこれまでにも、「ロシアのスパイ」とする人物の殺害映像を公開してきましたが、ロシアがシリア領内での「イスラム国」への空爆を開始して以降、初めてのことです。この映像についてロシア側は、今のところコメントしていません。

参照元 : テレ朝ニュース

2015-12-03_211541

2015-12-03_211554

2015-12-03_211627


初詣は警戒か?イスラム国が日本の主要神社の警備情報を入手

「イスラム国」が日本の主要神社・警備情報を入手か? 初詣が危ない! 〜日中テロ対策比較〜

2015.12.01

img_f5cb393445c58c7df22ee2e7d02f2324196678

中国共産党の機関紙「人民日報」の国際版「環球時報」では、11月19日、「イスラム系過激派組織ISの攻撃対象の出身国に法則性はない」とする記事を掲載した。これはISが先日、中国人とノルウェー人の人質2人を殺害したと発表したことを受けてのもので、中国がターゲットになってはいないとしたもの。しかし、これに軍事評論家の青山智樹氏は「実際にはその逆」と反論する。

「たしかにISは中国に対して表立って宣戦布告などはしていませんが、中国が公的には信教の自由を認めておらず、新疆ウイグル地区でイスラム教徒に対する弾圧を行なっていることに注目し始めているという情報があります。中東方面のネット上でも原理派寄りな連中が中国批判をしていたりするので、ターゲットにならないということはない」

欧州の新聞などでは、中国側の声明に対し、表立ってISとの対立を避けようとしているのではないかという解説も見られる。その理由は中国人が世界各国で展開しているチャイナタウンにあるともいわれている。もし中国がターゲットとなれば困るのは世界中のチャイナタウンでのテロ危機。チャイナタウンは中国にとって各国の情報収集の役割を果たしてもいるだけに、ここを攻撃されるのは絶対に避けたいというわけだ。

そもそも中国国内でもISと無関係な国内テロ事件が頻発しており、その脆弱性が世界に知れ渡ってしまっている。それだけになおISのような大規模組織から狙われるのは避けたいところだろう。さらに中国ではネット上で「ISから敵視されている認識が広まるのは中国政府にとって都合が悪い。なぜなら反日感情などを煽れなくなってしまうから。本当の脅威が別にあることを国民が知ってしまう」という意見も見られた。

一方、日本のテロ危険度について青山氏はこう語る。

「日本はそもそも銃器類の所持に非常に厳しく、入国管理に関してもフランスなどと比較にならないほど緻密ですから、フランスのような大規模なテロは日本では起こりえないでしょう。入国に対すること、国内で銃器類を入手すること、この2つのハードルでテロの実行が困難なのです」

ただ、海外では東京の有名神社の警備についての詳細な情報がISに渡ったという怪情報も伝えられたりしている。

「もし危険があるとすれば局地的なテロで、火炎瓶のような原始的なものを使ったもの。特に日本では初詣に明治神宮や川崎大師など人気神社に数百万人が集まるとかあらかじめ判明している神社があるので、警備さえくぐれればテロは可能。来場者を全員ボディチェックするわけにはいきませんし、火炎瓶であればペットボトル1本分のガソリンに火をつければいいだけ。現段階では実行せず、情報だけは握ったことを匂わせて右往左往する日本政府を手玉に取ったとPRしているようにも見える」

ISからすれば日本に対しては大きなリスクをとって爆破などするよりも、人質を取っての身代金をとるような形の方がいいということか。

「もっとも日本はこれをうまく利用して防衛省や警察の対テロ特殊部隊を強化したいという思惑もあります。実際、アメリカから特殊部隊用の武器を増やすよう迫られているともいわれているので、軍事力強化という流れになりやすいでしょうね。日本が軍事力を増大させれば、アメリカの駐留負担が減るので、表向き平和的な方向性を見せることにもなります」

ISをめぐっては日本も中国もテロ撲滅というより、自国の利益を考えているということか。

(ハイセーヤスダ)

参照元 : TOCANA

f0139447_13392673

CIMG7100

【閲覧注意】イスラム国に斬首されたシリア人男性、生首の状態で口が動く(R18指定)

【超・閲覧注意】「イスラム国」に斬首された男の口が動いた!! 生首になっても何かを訴える凄惨映像=シリア

2015.11.30
 
2015-12-02_141216

昨年6月、イスラム教スンニ派の武装組織「イスラム国(IS)」が一方的に国家の樹立を宣言した。その後、征服地域を広げた「イスラム国」は、彼らへの従属を拒むシリア政府軍兵士や反体制派、少数民族クルド人、さらに各国のジャーナリスト、そして女性や子どもを含む多数の一般市民を残虐な方法で殺戮してきた。今月29日、英国に拠点を置くシリア人権監視団が発表したところによると、犠牲者の数はすでに3,500を超えたという。

そんな「イスラム国」が処刑の方法として頻繁に用いる行為が“斬首”だ。言わずもがな、刃物で首を胴体から切断するこの手法は、古代から近代にかけて世界各地で行われていたが、現在はサウジアラビアなど一部の国で採用されるのみとなっている。「イスラム国」が斬首を好む理由として、宗教的理由や恐怖心を煽るイメージ戦略などの指摘があるが、いずれにしても前時代的な行為であることに間違いないだろう。特に今年5月に「イスラム国」がインターネット上に公開した斬首映像は、極めて衝撃的な内容を含み、この組織の野蛮さと残虐さを如実に示す内容となっている。

後ろ手に縛られ、地面を引きずられるようにして運ばれるシリア人男性。そして、黄色いベンチに座らされた彼の髪の毛を、「イスラム国」兵士が無理矢理掴む。男性は必死に何かを主張し続けていたようだが、それが受け入れられるはずもなく、やがて狂気の瞬間は訪れる――。次に登場した男性の首は、すでに胴体から切り離されたあとだった。今まで斬首によって殺された人々と同様、男性の首は無残にも胴体の上に鎮座している。しかし本当にショッキングな光景は、その次の瞬間にやって来た。なんと斬首された男性の口が、動いた。死してなお何かを訴えるかのように、口をパクパクさせているのだ。

まだ彼に意識があるのか、それとも単なる筋肉の痙攣だったのかはわからない。しかし、男性の無念を物語る極めて悲惨な映像だ。「イスラム国」の非道に対する怒りと同時に、なぜ人はここまで残虐になれるのか、人間という存在の恐ろしさに戦慄を覚える読者も多いのではないだろうか。
 
(編集部)

■「イスラム国」に斬首されても何かを訴えるシリア人男性



参考:「TBS News i」、ほか

参照元 : TOCANA


「イスラム国」3500人以上処刑、民間人が過半数

2015年11月30日(月) 10時29分

2015-12-02_141918

過激派組織「イスラム国」が、国家樹立を一方的に宣言した去年の6月以降、シリア国内で3500人以上を処刑していたことが明らかになりました。過半数は戦闘に参加していない民間人だということです。

これは、AFP通信が、イギリスに拠点を置くシリア人権監視団の集計として報じたものです。

集計によると、過激派組織「イスラム国」は、去年6月に国家樹立を一方的に宣言して以降、シリア国内で3591人を処刑し、そのうち、過半数の1945人は民間人で、女性と子ども180人が含まれるということです。過去1か月だけでも53人が処刑され、そのうち35人が民間人だったとしています。

民間人以外では、シリア政府軍の兵士が975人、反体制派や少数民族クルド人の兵士が247人処刑され、「イスラム国」のメンバーも、脱走を企てたり、スパイの疑いで、415人が処刑されたということです。

「イスラム国」は、処刑に加え、拉致やレイプなどを行っており、国連は人道に対する罪を犯しているとして強く非難しています。

参照元 : TBSニュース

img_f5cb393445c58c7df22ee2e7d02f2324196678


エジプトのカイロ近郊にある検問所をバイクに乗った覆面2人組が銃撃 警察官4人死亡

覆面2人組がエジプトの検問所襲撃 警官4人死亡

2015/11/29 05:52

2015-11-29_113437

エジプトのカイロ近郊にある警察の検問所を28日、武装した2人組の男らが襲い、警察官4人が死亡しました。

エジプト内務省によりますと、事件があったのはカイロ近郊のギザ市南部の幹線道路の検問所です。28日、オートバイに乗った覆面姿の2人組の男らが検問所を通りざまに銃撃し、警察官4人が死亡しました。

男らは逃走し、行方は分かっていません。犯行声明は出ていませんが、カイロ周辺では、過激派組織「イスラム国シナイ州」や現政権に反発する武装グループがテロを繰り返しています。検問所はピラミッド地区の南にあり、観光客も利用する道路にありました。

参照元 : テレ朝ニュース



2015-11-29_113458

2015-11-29_113507

2015-11-29_113524


エジプト・カイロ近郊、検問所銃撃され警官4人死亡

2015年11月29日(日) 6時53分

2015-11-29_113129

エジプトの首都カイロ近郊で、ピラミッドの近くにある検問所が武装グループに襲撃され警察官4人が死亡しました。

AP通信などによりますと、カイロ近郊のサッカラで28日、ピラミッドなどの古代遺跡がある観光地を警備するための検問所をバイクに乗った男らが襲撃し、機関銃を乱射しました。男らは警察官4人を殺害しバイクに乗って逃走しました。

ロイター通信によりますと、事件後、28日夜になって過激派組織「イスラム国」の支部を名乗る武装グループが犯行声明を出しました。

先月31日に起きたロシアの旅客機墜落についても「イスラム国」の支部を名乗るグループが犯行声明を出していて、エジプトの観光業に深刻な影響が出ています。

参照元 : TBSニュース

2015-11-29_113137

2015-11-29_113148

2015-11-29_113228

2015-11-29_113200

最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ