地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

イエメン

イエメンで爆発、付近を車で走っていた州知事ら7人死亡

イエメン 爆発で州知事死亡 IS名乗る声明

2015年12月6日 22時16分
 
K10010331991_1512062300_1512062302_01_03

内戦状態が続く中東のイエメンで爆発があり、付近を車で通っていた州知事ら7人が死亡し、過激派組織IS=イスラミックステートを名乗る組織が、知事を狙った攻撃を行ったとの声明を出しました。

現地からの報道によりますと、イエメン南部の都市アデンで6日、爆発があり、付近を車で通っていたアデン州のサアド知事や護衛の部隊など少なくとも7人が死亡しました。これについて過激派組織ISを名乗る組織が「知事を狙うため、周到に計画をしたうえで道路脇に止めていた車を爆発させた」と犯行を認める声明を出しました。

イエメンでは、首都サヌアを掌握したイスラム教シーア派の反体制派と首都奪還を目指すハディ政権による戦闘が続いています。ISはこの内戦の混乱に乗じて活動を活発化させていて、敵視するシーア派の反体制派だけでなくスンニ派のハディ政権にも攻撃を繰り返していて、死亡したサアド知事は政権側が10月に任命したばかりでした。

国連は内戦を終わらせるため、年内の和平協議の再開を目指して政権側と反体制派との間の調整を進めていて、5日には国連のアフメド特使がアデンを訪れてハディ大統領と会談を行っています。

参照元 : NHKニュース



2015-12-07_202639

2015-12-07_202650

2015-12-07_202658

2015-12-07_202713

2015-12-07_202724

2015-12-07_202734


サウジアラビア(イスラエル軍?)がイエメンに中性子爆弾(モアブ/大規模爆風爆弾兵器)を投下か?

サウジアラビアが、イエメンへの攻撃で中性子爆弾を使用

2015/05/24(日曜) 21:21
 
20150525031613724s

アメリカの軍事評論家で同国の元海軍の隊員だったゴードン・ダフ氏が、イエメンの首都サヌアのジャバル・ナガム地区への爆撃で、中性子爆弾を使用したとして、サウジアラビアを非難しました。

ベトナム戦争に従軍した経験のあるゴードン・ダフ氏は、アメリカの退役軍人向けのラジオ番組・ベテランズトゥデイのインターネットサイトに発表した記事において、複数の理由を論拠とし、「ジャバル・ナガム地区への爆撃でサウジアラビアが使用した爆弾は、中性子爆弾である」と語っています。

また、「この攻撃で使用された爆弾は、2キログラム級の通常爆弾ではなく、より大きい重量のある爆弾だった」と述べました。

さらに、「特殊カメラで撮影された画像に注目すると、ジャバル・ナガム地区に着弾した爆弾の中に、中性子爆弾が存在していたことが見て取れる。サウジアラビアがイエメン攻撃で核爆弾を使用したのは、これが2回目である」としています。

参照元 : iran Japanese radio




2015年5月20日、イスラエル軍がイエメンのサナアに通常兵器では最大のMOABモアブ(Massive Ordnance Air Blast bomb 大規模爆風爆弾兵器)を投下したという情報が入ってきた。

サウジアラビア(イスラエルという説もある)がイエメンに対して中性子爆弾を使用したと報道され話題になっている。ちなみに報道したのは、イランラジオのみ。現段階では、その他メディアはこの件に関して取り上げていないところをみると、大型爆発であったものの、中性子爆弾ではない可能性が高い。

ちなみに、この爆発に関して「中性子爆弾を使用した」とコメントを出したのはアメリカの軍事評論家・元海軍の隊員だが、国際的にも現段階で核爆弾やそれに付随する爆弾を使用することは非難を浴びる事になり、国益に繋がりにくい点などを考えると、サウジアラビア政府が使用するとは考えにくい。

現段階で情報は錯綜しており、真偽は不明。

israeli_nuke-yemen1

IAEA confirms "probable" Israeli nuclear attack on Yemen, May 20, 2015

Israeli Neutron Bomb Yemen




2015年5月11日、サウジアラビアが中性子爆弾を投下している。子どもが悲鳴をあげています。

Saudi Arabia terrorist on Yemen today (this is the capital city Sana'a Which targeted by Saudi air-force today) - قصف التحالف على صنعاء اليوم شي مؤلم من إخواننا المسلمين

Yemen: Is this Nuclear bomb at Yemen 11-5-2015




2014年4月20日、サウジアラビアが空爆。

Saudi Nuclear Attack on Yemen using a Tactical Nuke





元IAEAの科学者は、この爆弾は中性子爆弾だと言います。

ゴードン・ダフ、ジェス・スミス著

イエメンから一つのビデオが送られてきた。それは2015年5月20日に撮影されたと考えられている爆発の映像で、核兵器の専門家の調査によると非常に高い確率で中性子爆弾である可能性があるという事だった。中性子爆弾の攻撃はイスラエル軍だけ可能であると。

A. 2000ポンドの爆弾ではない。それよりもはるかに大きい。

B. それをMOAB(Massive Ordnance Air Blast bomb 大規模爆風爆弾兵器)でやろうとすると4000ポンド以上の爆弾が必要である。F-15やF-16戦闘機の最大積載量は2000ポンドであるのでMOABでこの爆発を引き起こすのは不可能である。

C. 大きさや色、閃光、火の玉の維持時間、巨大なキノコ雲からみてそれは小型の中性子爆弾である。CCDカメラには中性子線による引っかき傷のような白い閃光が確認されている。

もし放射線が強すぎればチップを焼いてしまうだろう。それは日本の福島原発に送り込んだカメラロボットで非常に問題になった事である。

D. この爆弾の運搬は、IDF F-16によって行われた可能性が高い。これはサウジの塗装が施されていた。彼らはもはや隠そうともしない。彼らはもはやIAEAが何も言わない事を知っている。これは本当の戦争犯罪だ。国連は無視している。ロシアや中国も何も言わない。

E. これはイエメンに落とされた2発目の核爆弾である。

【追伸】

A. この動画(一番上の動画)が撮影されたカメラの場所は衝撃波が来たタイミングから換算して爆心地から4-5マイル離れた場所で撮影されたと推測される。

B. サウジはF-16型の戦闘機を所有していない。爆弾を投下した戦闘機は、写真およびエンジンの音などからシングルエンジンのF-16タイプの戦闘機であると推測される。

参照元 : Saudis Have Israel Nuke Yemen for Them


MOAB-大規模爆風爆弾。重さは20トンあり、通常爆弾としては世界最大で、都市の-2街区分を消滅させるほど強力な威力を持つ。実戦で使用されたことはまだないが、たとえ敵が地下深くにコンクリートで司令部を造っても、破壊してしまうのだ。



143244819599967803180_11q_278

143244818077850373180_IMG_20150524_141626


サウジアラビアがイエメンのシーア派系武装勢力が占拠する首都サヌアの軍事基地などを空爆

サウジアラビア イエメンの軍事基地など空爆

2015/03/27 00:05
 
ダウンロード

内戦状態が続いている中東のイエメンに対して、隣国のサウジアラビアが空爆を始めました。

サウジアラビアは26日未明、イエメンのイスラム教シーア派系武装勢力「フーシ」が占拠する首都サヌアの軍事基地などを空爆しました。イエメンでは、シーア派のイランが後ろ盾となっているフーシが台頭していて、内戦状態が続いています。

イランは、攻撃は「軍事的侵略で事態を複雑にする」として、直ちにやめるよう求めています。サウジアラビアは、シーア派と対立するスンニ派が大半を占め、ジュベイル駐米大使は「ハディ大統領による正当な政府を防衛するためだ」と説明しました。サウジアラビアは、兵士15万人と戦闘機100機を投入する予定です。

参照元 : テレ朝ニュース



maxresdefault

【関連記事】
サウジアラビアが主導する中東諸国の軍がイエメンのシーア派武装勢力を標的とした空爆を開始

サウジアラビアが主導する中東諸国の軍がイエメンのシーア派武装勢力を標的とした空爆を開始

サウジ主導のイエメン空爆続く ハディ大統領はエジプト入り

2015.03.28 Sat posted at 19:16 JST
 
yemen

サヌア(CNN) サウジアラビアが主導する中東諸国の軍は27日、前日に続きイエメンのシーア派武装勢力「フーシ派」を標的とした空爆を行った。フーシ派が掌握する首都サヌアでは同日夜、大きな爆発音が聞こえた。空爆による負傷者の数や被害の程度は分かっていない。

サヌアの他にも国内15カ所で空爆が行われており、フーシ派の拠点である北西部のサーダでは少なくとも10人の死者を出した。空爆の標的となっているフーシ派は先ごろ、イエメンの首都サヌアを制圧。25日には同国のハディ大統領が逃れていた南部の港湾都市アデンの主要地帯を支配下に収めた。
 
フーシ派の進攻を受けアデンを脱出したハディ大統領は27日、アラブ連盟の首脳会議に参加するためエジプトに到着した。アラブ連盟の加盟国の多くは今回の空爆に参加しており、ハディ大統領の復権をもくろんでいるとみられる。
 
イエメンは実質的に内戦状態に陥っており、ハディ政権を支援するサウジアラビアと、フーシ派と連携するイランの代理戦争の様相も呈している。空爆を主導するサウジアラビアとしては、シーア派の大国イランを警戒しており、イエメンがシーア派に支配される事態は避けたい意向だ。
 
サウジアラビアは、ハディ大統領が書簡で軍事介入を要請してきたと主張している。書簡の内容は同国外務省によって公開された。

サウジアラビアの関係筋によれば、他に軍事作戦に参加しているのは、アラブ首長国連邦(UAE)、クウェート、バーレーン、カタール、ヨルダン、モロッコ、スーダン、エジプト。米軍は情報活動や後方支援といった分野で作戦に参加しているとされる。

参照元 : CNN.CO.JP


イエメンの武装勢力、空爆にも関わらず攻勢に

サウジアラビア主導の空爆にもかかわらず、イエメンで武装勢​​力が過激派を強制することを発表。国の南部で多くの利益を作った。記者は政府軍が奪還していると発言。

Insurgents in Yemen have made more gains in the south of the country despite Saudi Arabia-led airstrikes intended to force the militants back.

Local reporters say government forces have recaptured some contested areas with the assistance of the bombing campaign that started on Thursday.

But the Shia insurgents have seized part of Abyan province, the home of President Abd-Rabbu Mansour Hadi, and Shabwa province, both in the south.

Heavy fighting between government forces and insurgents in Aden on Saturday left many casualties. The president named the southern city as a temporary capital after the rebels took hold of the capital Sanaa.

In Aden, stores remain closed. Saudi Arabia's state-run news agency says 86 diplomats from Saudi Arabia and other allied countries left Yemen on a military ship.

The AFP news agency says about 200 embassy employees and UN agency workers also left Yemen by plane from Sanaa.

Yemeni insurgents on offensive despite air strikes




イエメン:イランとサウジアラビアの代理戦争、混迷を極める

2015年3月28日 10時18分 更新

iemen

イスラム教スンニ派のサウジアラビアと同教シーア派のイランは、ずっと敵対していた。しかし、両国は直接衝突を避け、その代わりとして中東で代理戦争を展開してきた。25日、サウジアラビアはイエメンのイラン派組織「フーシ(Houthis)」に対して空爆を仕掛けた。

爆発寸前だった代理戦争が湾岸地域を飲み込む可能性がある大火へと変化した。サウジアラビアの攻撃により、イエメンにおけるイランの覇権は脅威にさらした。富裕国に挟まれている最も貧しいアラブ国家「イエメン」は戦場に変わった。

サウジアラビアは、イエメンでの空爆にあたり、少なくとも10か国による連合を指揮および援助している。同空爆は選挙で選ばれたスンニ派政府の支持を得ている。イエメンの大統領は国外へ逃げた。

イエメンへの攻撃は、陸・海・空から展開される。一方、シーア派のフーシは徹底抗戦をを誓った。そして、わずか24時間後、衝突は米国、英国およびロシアを含む世界で最も大規模な争いになった。

フーシ派政治勢力のひとりであるムハンマド・アル・ブクハイティ(Mohammed al Bukhaiti)氏は、アル・ジャジーラ(Al Jazeera)に、「イエメンでは侵略が進行中であり、私たちは侵略に対して勇敢に立ち向かいます。軍事行動は地域を広域な戦争へと引きずりこむでしょう」と述べた。

報道によると、サウジアラビアは15万人の軍隊を導入し、数日中に5,000人の兵士を南部の都市「アデン(Aden)」に送るつもりであるという。

複数の報道によると、エジプト当局は陸・海・空の援助をサウジアラビア主導の連合に提供することを誓った。アラブ首長国連邦は戦闘用のジェット機を30機提供した。バーレーンは8機、モロッコとヨルダンはそれぞれ6機ずつ提供した。

第二次世界大戦以後、米国が直接関与しない中では最大の連立である。米国は連合に対して、調査、戦略、物流面のサポートとして参加している。

イランのザリフ(Zarif)外相は「『米国の後押しを受けた侵略』の即時終了を要求した」と述べた。同相は、今までずっと、湾岸諸国や西側に向けて慎重でいるように、近視眼的にならなようにと警告してきたという。アルカイダやISISと同じ展開になることを避けるためである。

26日午後、空爆が再開された。報道によると、フーシはサウジアラビア国境に到達し、国境を横断することを目指している。戦争は地上戦に突入する可能性がある。

アメリカン・エンタープライズ研究所のイエメンアナリストであるアレクシス・クヌステン(Alexis Knutsen)氏は、「彼ら(フーシ)は再びサウジアラビア領土を攻撃する可能性があります」と述べた。

イランとフーシは、お互いに直接的な軍事協力をしていないと一貫として主張してきた。しかし、「昨年末にフーシが首都を奪取して以降、イランはフーシに武器・訓練・資金を提供している」という報道が複数ある。

先月、フーシ代表団はテヘランを訪問し、両国間の旅行を容易にするための民間の飛行協定に調印した。

27日、ヒズボラのメンバーがイエメンで、アデンに侵攻しようとしているフーシ兵士に訓練を施し武器を提供していたという情報が出回った。アデンは、イエメンのアブドラボ・マンスール・ハディ(Abed Rabbo Mansour Hadi)大統領の最後の拠点だった。

フーシは、ロシアや中国と経済取引を成立させることによって、イエメンにおける自身の存在に合法性をもたせようとしている。アラビア半島でアルカイダと戦うことによって、民衆のサポートを得ようとしている。また、サウジアラビアの空爆はフーシに対して有利に働くかもしれない。

クヌステン氏は、「空爆は、イエメン人を団結させるかもしれません。フーシに反対する人々までもを団結させる可能性があります」と述べた。

イエメンのハディ大統領は26日、アデンを去りサウジアラビアに入った。それもフーシの勝利と言えるかもしれない。クルステン氏は「現時点で、ハディ大統領が返り咲きをするのは極めて難しいと言えます。ハディ大統領は国外逃亡したので、状況は大統領に不利です」とコメントした。

サウジアラビアは、逃亡したハディ大統領とともに、フーシより先にアデンに入る準備をしている可能性がある。しかし、その行動は人民に敵対的にとられるかもしれない。イエメン南部は長い間、アルカイダを標的としている米国のドローン無人機の空爆地であった。民間人の殺害が二次被害として生じている。それゆえ、多くの現地人は、米国や米国側をあまり快く思っていない。

サウジアラビアの空爆は、今までに少なくとも17人の民間人を殺害した。空爆と外国の介入か、それともフーシかという二者択一を与えられたなら、現地の人の中にはフーシを選ぶ人も出てくる可能性がある。

フーシを支持しているフセイン・アル・ブクハイティ(Hussain al Bukhaiti)氏は「私たちはイランを必要としません」とコメントした。同氏は、サナア(Sanaa)を拠点として活動する翻訳家兼ジャーナリストで前述のムハンマド・アル・ブクハイティ氏の兄弟である。

フセイン氏は、「湾岸諸国と西欧諸国についての問題は、フーシの力を過小評価していることです。今、全世界は、フーシが何者であるかを知るでしょう」と語った。

*この記事は、米国版International Business Timesの記事を日本向けに抄訳したものです。(原文:Alessandria Masi記者「Iran, Saudi Proxy War In Yemen Makes International Enemies, Local Friends For Houthis」)

参照元 : インターナショナルビジネスタイムズ

【関連記事】
サウジアラビアがイエメンのシーア派系武装勢力が占拠する首都サヌアの軍事基地などを空爆

【衝撃映像】イエメンに住む12歳の少女は、涙の代わりに目から小石が出てくる奇病に悩まされる

【動画あり】目から小石が出てくる奇病に悩まされる少女 / 症状が知れ渡ると村全体がパニックに

yiemen140204_02

現在、世界には、原因不明の病気や症状に悩まされている人が多くいる。中東の国、イエメンに住む12歳の少女もそのうちの1人。

彼女とその家族を悩ませている奇病、それは目から涙の代わりの小石が出てくるというものだ。それも、1つだけではなく、何個も出て来るという。彼女の姿は、YouTubeの動画で確認できる。

動画では、少女の姿とともに、目から小石が出てくるシーンも紹介されている。眼球から小石が出てくる様子は見ているだけ痛々しく、非常にショッキングな映像だ。ちなみに、病気の原因は、医師にも分からないとのこと。

この事実が少女の住む村人の間に知れ渡ると、「彼女は魔法使いだ」と噂が広まり、村中がパニックになったらしい。村人の中には、「彼女は悪魔だ」と言う人もいるのだとか。

とにかく、医師が彼女の病気の原因を一日でも早く突き止めることと、彼女が魔女狩りの犠牲にならないことを強く祈るばかりだ。

参照元:
YouTube Mirror News(英語)
執筆:和才雄一郎
ロケットニュース24



【閲覧注意】結婚式のパーティで悲劇 誤って銃を発砲!3人が死亡、1人が負傷

イエメンにて、結婚式の最中に誤って人に発砲

江南スタイルで参加者が楽しく踊っていた時に悲劇は起こった。空に向けて銃を撃っていた参加者が手元がくるって、近くに居た人に弾が3発命中。結婚式のお祝いパーティーは途中で消灯します。この発砲で3人が死亡し、1が負傷した。

Wedding celebration results in three deaths and one injured after an AK goes off in the middle of party.

Yemeni Gangnam Style wedding results in three accidental AK47 head shots at close range







最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ