地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

アルゼンチン

【UMA】アルゼンチンで犬に似た巨大な半人半獣の怪物が激写される

半人半獣の超巨大UMA「犬人間」が地元紙で激写される! ピットブルさえ噛み殺す凶暴性…チュパカブラか?=アルゼンチン

2018.04.18

2018-04-19_174727

南米アルゼンチンの街中を深夜、半人半獣の怪物が歩き回っているというニュースが舞い込んできた。その姿は写真にも収められ、ネット上で大きな話題になっている。

アルゼンチン紙「Perfil」(11日付)によると、問題の怪物はアルゼンチン・サンタフェ州トトラスに出現、夜な夜な街中を歩き回り、これまでにジャーマン・シェパードとピットブルを噛み殺しているというから恐ろしい。

ネット上ではその怪物を写したとする写真が出回っており、米・映像ストリーミング配信会社「ネットフリックス」の人気ドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」に登場する怪物デモゴルゴンや、伝説のオオカミ男になぞらえて語られているという。

2018-04-19_174829

2018-04-19_174908

問題の写真には、犬に似た巨大な四足歩行の生物が写っている。体調は2.1mほどとのことだ。一瞬、脚が長いことでしられる犬種であるボルゾイを思わせるが、顔つきが全く違う。それにボルゾイは大型犬とはいえ、強靭な筋肉を持つジャーマン・シェパードや、凶暴な性格で強い顎を持つピットブルを無傷で噛み殺すのは難しいだろう。一体これは何なのだろうか?

以前トカナでもお伝えしたように、以前、南アフリカ共和国北東部リンポポ州で半分が犬、半分人間のような奇妙な生物が撮影されている。今一度その姿を見てみると、どことなく今回撮影された生物と似ているような気もするが……。ネット上では、どう考えられているのだろうか? 英紙「Mirror」(16日付)が、複数のYouTubeユーザーのコメントを紹介している。



「2005年にこれと同じものと橋の上で遭遇したことがある。そいつは突然振り返ると、カンガルーみたいに飛び上がって、コンクリートの壁をよじ登っていった。そして、高さ4.5m〜6mあるその橋から地上に向かってジャンプしたんだ」

「フィリピンでは“ASWANG”と呼ばれている。犬に変わった人間だ」

「これは悪魔だろ。猫や鳥にも姿を変えるはずだ」

▼二足歩行するチュパカブラ「YouTube」より引用

2018-04-19_175135

あるいは、南米の吸血UMA「チュパカブラ」の可能性もあるだろう。ポルトガルで撮影された「二足歩行するチュパカブラ」とも体の輪郭が似ている。これまでアルゼンチン当局の動きは報じられていないが、未知の生物だとしたら、世紀の大発見になるかもしれない。願わくば、これ以上被害が出ないうちに捕獲してもらいたいものだ。続報を心待ちにしよう。

(編集部)

参考:「Perfil」、「Mirror」、ほか

参照元 : TOCANA







【衝撃映像】少年が数人でサッカー中、草むらからゴブリン(UMA)が現れ、大騒ぎに!

【動画アリ】ゴブリンか!? 草むらをうごめくUMAに、サッカー少年が発狂寸前!

2017.03.06 月



草サッカーに興じる数人の少年たち。サッカー大国アルゼンチンならば、どこにでもある風景だろう。しかし次の瞬間、「あそこを見ろ!」という、おののいたような少年の声が響き渡る。その時、カメラはぎこちなくうごめく、小さくて黒っぽい物体を捉えていた。

さらにその物体が、ゆっくりとこちらに向かってくるような動きを見せると、撮影者の少年も、気が触れんばかりの悲鳴を上げながら走りだす。その後は地面を映すばかりの映像が、少年の焦りっぷりを物語る。

2017-05-02_224327

スマートフォンのカメラとみられる30秒ほどの映像が撮影されたのは、アルゼンチン北部の街・サンティアゴ・デル・エステロ。子どもたちの保護者によると、彼らはその後、恐怖のあまり、この広場に行けないでいるという。この件を伝えた各地元紙は、映像の中の未確認生物(UMA)を邪悪な妖精「ゴブリン」だとしている。

実はアルゼンチンでは、過去にゴブリンとされるUMAが、複数回目撃されている。2010年には、サンティアゴ・デル・エステロからもほど近いエル・クレストンの牧場で、猿に似ているが、明らかに異なる生物が出現。牧場主が拳銃で撃ち殺すという事件が起きている。

2017-05-02_224419

また、14年には、サンタフェ市内の民家で撮影されたホームビデオに、二足歩行の小型生物が駆け抜ける瞬間がはっきりと捉えられている。

世界8番目の広大な国土に、人口わずか4,000万人強のアルゼンチンには、人の手が加わっていない土地がまだまだ存在し、UMAも多数存在するといわれている。これまでも謎の吸血生物とされる「チュパカブラ」やネッシーのような巨大生物「ナウエリート」、小型妖精「ノーム」などの目撃事例も相次いでいる。欧米でその存在が言い伝えられるゴブリンがいても、まったく不思議ではないのである。

参照元 : 日刊サイゾー


ゴブリン

800px-Kobold_artlibre_jnl

ゴブリン(英: goblin)は、ヨーロッパの民間伝承やその流れを汲む(主として)ファンタジー作品に登場する伝説の生物である。まれに「ガブリン」とも表記される。以下のような様々なイメージで捉えられている。

・ゴブリンとは、邪悪な、または悪意をもった精霊である。
・ゴブリンとは、おふざけが好きで意地の悪い(だが邪悪とは限らない)妖精である。
・ゴブリンとは、ぞっとするような醜い幽霊である。
・ゴブリンとは、ノームまたはドワーフのこと(またはその一種)である。

従って、伝承や作品によってその描写は大きく異なるが、一般に醜く邪悪な小人として描かれることが多い。また、ドイツのコボルトは、上記のゴブリンのイメージに重なる事もあり、英文ではしばしば「ゴブリン」と訳される。 なおホブゴブリンは、密かに家事を手伝う善良な妖精というのが伝承での姿だが、後世ではゴブリンに似たもっと大型の生物とされていることが多い。

▼フランシスコ・ゴヤの画によるゴブリン(1799年)。 2017-05-02_225350

ゴブリンの登場する作品

J・R・R・トールキンの『ホビットの冒険』に登場するゴブリンは邪悪で狡猾な種族であった。ただし、この中つ国の「ゴブリン」は『指輪物語』以降「オーク」という名に変えられ、ゴブリンはそれを英語に訳した名であるとされた。これは、作品から童話のイメージを拭い去るためであった。しかしオークであれゴブリンであれ、トールキンが確立したイメージは後世の娯楽作品におけるゴブリン像に強い影響を与えた。

トールキン以前の作品であるジョージ・マクドナルドの『お姫さまとゴブリンの物語』では、ゴブリンは地下に住む悪意のある醜い生き物として描かれている。この作品はトールキンも少年時代に好きな物語だったという。同じくトールキン以前の作品であるE・R・エディスン(w:en:Eric_Rucker_Eddison)の『ウロボロス』(w:en:The_Worm_Ouroboros)においては、ゴブリンは小麦色の肌を持ち、勇敢で正義心に富む種族として登場し、ゴブリン王である快傑ガスラークに率いられて主人公勢力であるデモンランドを助けてウィッチランドと戦う。

ジム・ヘンソン監督の映画『ラビリンス/魔王の迷宮』(1986年)では、マペットと小人の俳優が演じた多数のゴブリンが登場した。そしてゴブリンの王である魔王ジャレスは異形の生物ではなく、ハンサムで強大な魔力を持ち、冷酷ではあるが決して邪悪ではない存在であった(デヴィッド・ボウイが演じた)。

J・K・ローリングの『ハリー・ポッターシリーズ』でもゴブリン(松岡佑子の日本語訳では「小鬼」)が登場する。ゴブリンの経営による銀行・グリンゴッツがあり、その従業員もゴブリンが多い。銀行の業務で金属である貨幣を扱いトロッコにも乗車し、地下や坑道に生息するイメージが残されている。

映画『帝都物語』では、大柄ではないが猿のような姿で鉤爪を具える鬼が、工事中の地下鉄トンネル内でトロッコに乗って出現し工事を妨害する。

2017-05-02_225647

ゲームにおけるゴブリン

ゴブリンは『指輪物語』の発表後、テーブルトークRPG『ダンジョンズ&ドラゴンズ』においてオークとは別の種族として設定され、オークやコボルトとともに邪悪で人間に対立する人型生物で、独自の言語などを持ち、粗野な部族社会を形成する種族として確立された。あわせてホブゴブリンも大型の近縁種として設定される。これ以降、ゴブリンは雑魚モンスターの代表格として、多くのロールプレイングゲームにおいて登場する存在になっていく。

1.『ルーンクエスト』(グローランサ)のゴブリンは、「レッド・エルフ」「シダ・エルフ」「スローリフィングス」などとも呼ばれる種族で、植物の種や胞子を介して生殖を行うというきわめて特異な設定がなされている。

2.コンピューターRPG『ウィザードリィ』シリーズ第3作「Legacy of Llylgamyn(リルガミンの遺産)」においてゴブリンの部族が敵として登場。ゴブリンプリンス、ゴブリンシャーマンといった役割分担が示された。ただし、強力な個体としての「王」の存在は、『ダンジョンズ&ドラゴンズ』ですでに登場している。

3.スティーブ・ジャクソン、イアン・リビングストンの『ファイティング・ファンタジー』においてはトロール、オークの改良型とも言うべき位置づけで登場し、詳細な設定がなされた。

4.『ソード・ワールドRPG』においては、「ゴージャスなゴブリン」というゴブリンにスポットを当てたシナリオや、ゴブリンの君主を主役にした外伝的エピソードなど、代表的なモンスターとしての役割を担っている。また、山本弘の作品群においてゴブリンが詳しく掘り下げられた。知力的、身体的に優れたロード種や精霊魔法を使いこなすシャーマン種といった上位種が存在する。

5.『ルナル・サーガ』においては、黒の月を崇める種族として登場。ゲーム的には雑魚としての扱いだが知能が高く魔法に対する偏愛がある。作成されるCP次第では非常に強力な敵ともなりえる。

6.『ブルーフォレスト物語』においては、降魔の影響を強く受けた種族として、突然変異的な多数の亜種が設定された。中でも「ゴブリナ」は女性しか存在しない愛らしい山の民という設定で、従来のゴブリン像を打ち破った。ゴブリナは『BEAST BIND 魔獣の絆 R.P.G』にもゲストアーキタイプとして登場している。

7.『ファイナルファンタジーシリーズ』では主に雑魚キャラクターとして登場する。

8.『ウォークラフト』においてはシリーズ2作目以降のすべての作品に登場し、知能が高く機械と火薬を扱うのが得意で、好奇心と無謀なまでの冒険心にあふれる愉快な種族として登場する。最新作ワールドオブウォークラフトでは商人としての側面が追加され、4人の商王子によって世界の経済と流通の安定を担っている種族、とされた。

9.『マジック・ザ・ギャザリング』のゴブリンはサーペイディア・ゴブリン、モグ、シヴ・ゴブリン、カイレン・ゴブリン、悪忌、ボガート、ホブゴブリンの7種が存在する。ほとんどのゴブリンは凶暴かつ愛らしい言動をするが、シヴ・ゴブリンやカイレン・ゴブリンなどは非常に知能が高く、中にはスクイーやスロバッドなど主役級の役割を果たしたゴブリンも存在する。

10.『REDSTONE』のゴブリンは槍をもった悪魔型モンスターの一種として登場。前述のとおり悪魔型なので、人型というより犬のような耳の付いた獣人のような形態をしている(同系統のモンスターは体色などの違いで表現されている)。コボルトの上位種としての位置づけなので雑魚モンスターとしての位置づけは薄い。

11.『The Elder Scrolls』には大別して2種類のゴブリンが登場する。廃鉱や遺跡に住み着く野生のゴブリンと、種族を名乗り洞窟などで低レベルの文化生活を営むものであるが、どちらもダンジョン内の雑魚モンスターであることに変わりはない。ただし、このゲームに登場するゴブリン・シャーマンはアンデッドのみを召喚するという際立った特徴を持っている。

12.対戦型ゲームブック『ロストワールド』では、プレイヤーキャラクターとしてジャイアントゴブリンが登場。人間に引けを取らない巨躯で、強力な攻撃を繰り出してくる。

13.『迷宮キングダム』においては、百万迷宮世界の生態ピラミッドの下から二番目(最下位は人間)に位置する最弱のモンスターとして登場。すぐ死んでしまうが圧倒的な繁殖力でもって奴隷や貨幣代わり、時には食料などの役割を担い、迷宮世界で種族として生き延びている。また他の作品同様に様々な種類が存在し、時には強力な小鬼英雄が誕生することもある。本作品におけるマスコット的な役割。

14.『アリアンロッドRPG』では邪神の力によって生物が邪悪なモンスターに変化した(「邪悪化」)という設定だが、このうち小人族たるフィルボルが邪悪化したのがゴブリンとなった。

参照元 : wiki/ゴブリン



南米・アルゼンチンの北部で、家畜の奇形動物が多発!遺伝子組み換え作物用の強力な殺虫剤や除草剤が原因か?

透明ブタ、双頭ヤギ、象鼻の仔犬… 南米で多発する奇形動物の原因とは!?=アルゼンチン

2016.05.31

南米・アルゼンチン北部で家畜の奇形が続いている。双頭のヤギ、8本足のブタ、象鼻の仔犬……。ショッキングな写真の数々とともに報告が相次いでいる。

■アルゼンチン北部で報告される先天異常の動物

アルゼンチン北部のパンパ・デ・ロス・グアナコスで養豚業を営むアデレモ・バラデス・バスケッツさんは薄紙のような皮膚の赤ちゃんブタに衝撃を受けたという。あまりにも脆弱なその皮膚は半ば透き通っていて、血管や筋肉、骨格まで丸見えの状態で、残念ながら出産からまもなくして息をひきとったということだ。

2016-06-04_151048

この“透明なブタ”が生まれた場所からほんの数キロ離れた家では、2014年に象のような長い鼻の真っ黒い仔犬が生まれている。映画『ハリー・ポッター』に出てくる妖精キャラクターに似ていることから“ドビー”というニックネームで呼ばれ、ネットに投稿された写真はたちまち多くの人に共有され、地元メディアでも紹介された。

この“ドビー”と同時に生まれた11匹のうち、この姿で生まれたのはドビーだけだったという。オーナーのエデュワードさんは当初、ドビーだけ死産なのかと思ったというが、よく見ると弱々しくも動いているのが確認できたという。そこでエデュワードさんはドビーを母親から引き離して何か飲ませようとしたが、この“象鼻”が障害になってうまく栄養を与えることができなかったということだ。友人もドビーを診てくれたというがその甲斐もなく、残念ながらその後すぐに死んでしまったようである。

2016-06-04_151137

このドビーがきっかけとなり地元でも有名になったエデュワードさんは、近隣の人々から何本かの電話を受け取ったという。何かの悪霊に憑かれているので、ドビーを焼き払うべきであると告げられたというケースでは、単なる迷信にすぎないとしてこの忠告を受け入れなかったエデュワードさんだが、確かにドビーの出現は謎を残したままだ。そんな中、地元メディアでは、この地の農家で多く使われている除草剤による影響を指摘している。

■4本足のヒヨコ、“象ブタ”、双頭のヤギ

エントレ・リオス州のアルデア・サン・ファンでは頭が1つで胴体が2つあるブタが生まれている。頭は1つなのだが、なぜか鼻は2つあり異様さを増している。またその直後に同地域では逆に頭が2つで胴体が1つのウシが誕生している。ちなみに、足は6本あることが確認されている。さらに足が4本のヒヨコも生まれているということだ。

2016-06-04_151237

同じく南米コロンビアのカリブ海地域の都市・リオアチャでは、まるで人間のような顔をした“人面ブタ”が生まれたことが報告され話題になったが、アルゼンチン北部のトゥクマン州では象のような鼻を持ち、目に形態異常がある“象ブタ”(Elephant Piglet)が誕生している。

2016-06-04_151325

農業に従事するユアン・フランシスコ・バスケッツさんは、この異様なブタの赤ちゃんを見つけた時、当然ながらとても驚いたということだ。この“象ブタ”は一緒に生まれた12匹のうちの1匹で、生まれ出てすぐに死んでしまったということだ。まだ報告は続き、同じくトゥクマン州で双頭のヤギが生まれている。足は4本だ。今後もこの地域一帯で奇形の家畜やペットの出現がまだまだ続きそうである。

2016-06-04_151416

■遺伝子組み換え作物用の強力な殺虫剤や除草剤が原因か

前出の“透明なブタ”のオーナー、アデレモ・バラデス・バスケッツさんはこの地には古くから伝わる“アルマムラの伝説”の話をする人々が出てきているという。アルマムラの伝説とは、貞操観念が希薄で近親相姦を重ねる女が罰としてロバにされ、鉄の鎖が足についたまま、奇妙な叫び声をあげながら夜な夜な歩き回っているという話で、一連の奇形動物の誕生はそのたたりではないかと恐れられているというのだ。

バスケッツさんはこのウワサ話を耳にしてはいるものの、やはり農家が使っている殺虫剤や除草剤の影響が大きいのではないかと考えている。「当局に調べてもらいたいですね。地方自治体が調査に乗り出すべきです」とバスケッツさんは英紙「Daily Mail」の記事で語っている。

この地域で主に生産されている農作物は、遺伝子組み換えされた大豆と綿である。もともと殺虫剤や除草剤の耐性微生物の遺伝子が組み込まれている遺伝子組み換え作物の生産には、その農地に強力な殺虫剤や除草剤を大量に使用するわけだが、その中でも特に強力な遺伝子組み換え作物専用の除草剤がこの地域で使われているということだ。EUでは使用が禁止されているこの除草剤を、何を隠そうこのアルゼンチンが世界でもっとも大量に使っているのだ。

地元の小児科医によれば、2008年からこの地域の大豆生産は7倍に膨れ上がっており、それに伴って家畜やペットの奇形が4倍にも増えているということだ。

オランダの養豚業者の報告によれば、費用を抑えるために遺伝子組み換えの大豆のエサを与えたところ、出生時異常が急激に増えたということだ。アルゼンチン環境NGOのディレクターは「アルゼンチンでもほかの地域でも、除草剤が生態系と、動物と人間の健康に影響を及ぼしている証拠はじゅうぶんにあります。(中略)さらに遺伝子組み換え大豆に動物のホルモンと遺伝子の変化を促す決定的な要因があるかもしれません」と語る。この動物たちの奇形の多発が、いつ人間にも及んでくるのかわからないということだろうか。

(文=仲田しんじ)

参考:「Daily Mail」、ほか

参照元 : TOCANA


A goat with two heads, eight-legged pigs and a puppy born with a TRUNK: Shock photos of the mutant beasts with bizarre deformities 'caused by GM pesticides'

・A skinless pig, puppy born with a trunk and two headed calf ・A series of mutated animals have been found in rural northeast Argentina ・Farmers blame harsh chemical Glyphosate for causing the mutations ・Argentina is the world's largest user of the pesticide which faces EU ban

By LISA-MARIA GOERTZ FOR MAILONLINE
PUBLISHED: 11:13 GMT, 23 May 2016 | UPDATED: 02:31 GMT, 30 May 2016

They look like something from a horror movie - a black dog with a mini trunk protruding from its nose. The baby yellow chick with not two but four feet, the spider piglet with one head, two bodies and eight legs, the goat with two heads and the baby pig with skin so wafer thin you can see the muscles and blood flowing around its body.
These are just of a few of the mutant animals found living in Argentina and exactly why is something of a mystery.
Pig farmer Ademaro Valadez Vasquez told how the piglet with the paper skin was born, but died just a few hours later. 'When it was alive you could see the blood flowing around its body, and things moving inside its body,' he said.
Scroll down for video

346A9B1D

Mutant: This mutated puppy was nicknamed 'Dobby' after the house elf from the Harry Potter films as it had a trunk where its nose should be. It was one of 11 in the litter and died within a fortnight of being born

346A9B4900000578-0-image-a-6_1463742979521

Body double: A piglet with two bodiesand eight legs but just one head was also born in Argentina's north-east Entre Rios region

346B669400000578-3600831-image-a-27_1463756200678

Freaky: In a startling case, this mutant goat was born with with two snouts, no eyes, no ears, without a tail and hairless in Las Arrias, Cordoba, Argentina

The piglet with the see through skin was born just a few miles away from the black dog nicknamed 'Dobby' after the house elf from the Harry Potter films.
Pictures of the black freak puppy that has a trunk for a nose went viral in the days after he was born in 2014.
Owner Eduardo Landin said he was shocked when he noticed that one of his new puppies appeared to have a trunk instead of a nose.
Eduardo, 35, said: 'It was kind of similar but also shockingly different to the other puppies, so I realised it was in some way deformed and at first I thought it was dead.
'But then I saw it moving and trying to feed, so I helped it over to the mother and it managed to drink something but it's nose kept getting in the way.'
He said that the deformed puppy was one of a litter of 11 and was the only one that was not normal. He added: 'I was amazed at how quickly word spread and loads of people are coming round to look at the tiny puppy, and take pictures and videos.
'One of the children that came round said it looked like a character from the Harry Potter movie and that's what everyone is calling it in the local media here.
He went on: 'I am worried if there might be something in the air or the soil or water causing this as we only live 15 kilometres (9 miles) away from the village where the last mutant was born that looked like that Potter character. One of the pigs in my litter was normal, but the other was a mutant freak.'' Both the puppy and the piglet were born in or near the village of Pampa de los Guanacos in the Copa area of the Santiago del Estero Province, in northern Argentina.
At the time local media said that the deformation was due to the use of pesticides on farmland in the region although they admitted they had never seen anything similar before.
Eduardo said: 'We have had a few calls from people telling us it's evil and we need to kill it and burn the body. But that's just superstition talking, it is a mutation but it isn't evil.'

346A9B0500000578-0-image-a-7_1463743000443

Two-faced: A two-headed calf was born with six legs in Los Conquistadores after five hours of labour. The vet put the mutation down to nearly formed twins that ended up staying together due to a genetic malformation

346B66DC00000578-3600831-image-a-25_1463754857828

Human-like piglet: In a separate case in the city of Riohacha, a city in the in the northern Caribbean Region of Colombia, a piglet was born looking like a human

346A9B5D00000578-0-image-a-4_1463742877285

Theories: Local media are blaming the deformities on pesticide chemicals sprayed on genetically modified soy beans in the country - while others said the mutations were caused by 'evil spirits'

346B266F00000578-3600831-image-a-9_1463746725803

Outbreak: Researchers say the high incidence of birth defects in north eastern Argentina correlates with increased use of the pesticide glyphosate - which is used on genetically modified soy bean crops And in nearby Aldea San Juan a pig was born with two bodies, and one head but with two snouts joined together.
In the same week a cow with two heads and six legs was born in the same region and a chick hatched with four legs.
In a separate case in the city of Riohacha, a city in the in the northern Caribbean Region of Colombia, a piglet was born looking like a human.
And in yet another bizarre case a piglet was born with a head shaped like an elephant and deformed eyes and no hair.
Born in the northern Province of Tucuman, it was nicknamed the 'Elephant Piglet' because of its small trunk-like 'nose'.
The farmer Juan Francisco Vazquez was surprised to discovered the bizarre birth on their farm. The piglet was reportedly the fourth to be born in a litter of 12 and died soon afterwards – after it's mother bit it to death.

346B66AC00000578-3600831-image-a-23_1463754847160

Seeing double: In the same week a cow with two heads and six legs was born, in the same region and a chick hatched with four legs

346B66C900000578-3600831-image-a-24_1463754853094

Deformed: And in another bizarre case, this animal nicknamed 'Elephant Piglet' was born with a head shaped like an elephant and deformed eyes and no hair and a small, trunk-like 'nose'

He said: 'We had a dozen piglets but the fourth born was badly deformed. Its mother bit into it until it died. That shocked me.
'I am not sure if this was because the mother did not recognise it as her, or because her instincts (knowing that it would not survive) made her do it.'
And in a separate case a goat was born with two snouts, no eyes, no ears, without a tail and hairless. And while at first locals blamed superstitious spirits for the mutations, blame has shifted to the widespread use of the harsh chemical glyphosate which is used as a pesticide.
Mr Vasquez, the farmer with the skinless piglet, said: 'Some superstitious people around here say it was down to the legend of Almamula.
'Local legend says that Almamula was a woman with no morals who committed incest with her brother and father. She was turned into a donkey and now walks around at night making a strange noise, with an iron chain attached to her leg.
'But I think its probably chemicals. I want tests done, the local government should investigate.' Argentina is the world's biggest user of the controversial product, which kills all non-genetically modified (GM) crops.
The country supplies GM soya beans that are fed to animals in the UK, and cotton that is used in the manufacture of everything from T-shirts through to tampons.
EU policy makers are considering banning the harmful chemical which is known to cause serious birth defects in both animals and humans.
Around 12 million Argentines live in regions where soya beans are cultivated, surrounded by the fields where glyphosate is sprayed, which are dubbed 'pueblos fumigados' or sprayed villages, says paediatrician, Dr Medardo Avila Vazquez.
He said the numbers of deformations had quadrupled from in nine years to 2008 as cultivation of soya beans in the province increased seven fold.

346A9B7100000578-0-image-a-3_1463742838691

Spider pig: The mutated piglet was born with eight trotters as part of a litter which also featured a pig born with two mouths. Both animals died

346A9B6D00000578-0-image-a-2_1463742834478

Skinless: This pig was born with skin so paper thin the farmer could see the blood flowing through the pig's veins before the defective animal died a few hours after birth

346A9B6500000578-3600831-image-m-22_1463754790142

Siemese: This goat was born with two head in the village of El Malacara, Argentina but died just minutes later



A Danish farmer who changed his pig feed from non-GM soya to the cheaper GM soya pig feed found the number of birth defects suddenly increased.
He had a piglet born with only one large eye, a second with a hole in its skull, and one with a huge 'elephant tongue' and a female piglet with testicles.
Silvana Bujan, Director of Environmentalist NGO Bios Argentina, told MailOnline: 'There is sufficient scientific evidence in Argentina and the rest of the world that proves with absolute certainty the damage the herbicide does to our eco-system and to the health of humans and animals when used intensively in the production of food.
'There is evidence that the change from pasture goods to genetically-modified soya, as well as the traces in the air, water and grasses that they ingest, could well be one of the decisive factors in the hormonal and genetic changes of the animals.'

参照元 : Dailymail

【衝撃映像】ヘリコプター2機が空中で衝突!五輪メダリスト2人を含む搭乗者計10人死亡

仏五輪メダリストら10人死亡 アルゼンチンでヘリ衝突

2015年3月10日20時03分

AS20150310004311_commL

AFP通信などによると、アルゼンチン北西部ラリオハ州で9日、ヘリコプター2機が空中で衝突し、フランス人の五輪メダリスト2人ら搭乗者計10人が死亡した。

死亡した搭乗者には、2012年ロンドン五輪の400メートル自由形で金メダルをとった競泳選手カミユ・ムファさん(25)、08年北京五輪で銅メダルのボクシング選手アレクシ・バスティヌさん(28)ら、著名なスポーツ選手が含まれていた。

選手らはテレビ番組の撮影中だったという。現場周辺はブエノスアイレスから北西約1100キロの山岳地帯。

参照元 : 朝日新聞




Footage of helicopter collision in Argentina - 10 March 2015

AS20150310004329_commL

A video of the exact moment when two helicopters crashed, resulting in the deaths of 10 people in northern Argentina, has emerged online.

The footage, which was first published on the Argentine newspaper El Sol's website, shows the two helicopters hovering in mid-air before the impact occurred.

Three French sports stars – Olympic swimmer Camille Muffat, yachtswoman Florence Arthaud and boxer Alexis Vastine – were among the 10 people killed.

They were taking part in the filming of a reality television adventure show called Dropped.

Two pilots and several members of the ALP TV production company involved in filming the programme for French station TF1 were among the dead, officials said.





【衝撃映像】アルゼンチンで家の中を小人が走り抜ける瞬間が撮影される

家の中を小人が走り抜ける…アルゼンチン

2014/09/15

gnome

アルゼンチンで、家の中を小人が走り抜ける瞬間が撮影されました。YouTubeで動画が公開されています。

撮影したのはサンタフェ在住のシルビアさん(仮名)。彼女の息子が玄関の廊下で遊んでいるときに、台所から外庭に向かって、灰色の小人のような生き物が走り抜けていく様子がハッキリと写っています。

シルビアさんによると、小人は強烈な悪臭を放っていたそうです。また、撮影中のビデオ画像には、電磁干渉ノイズが見られました。

シルビアさんの息子は、昼寝の時間に誰かと遊んでいたり、ひとりごとを言うなど、以前から奇妙な行動がありました。この日も神経質な様子を見せていたため、観察するためにビデオを回していたそうです。

映像が撮影された後も、小人と子供の遊びは、3年間続いたとのこと。小人に悪意はないようですが、臭いがひどく、夜中に怖ろしい叫び声を上げることがあるといいます。

映像は2011年1月に撮影されたもの。今年の4月になって、はじめてインターネットで公開されました。影のつき方や動きが不自然など、CG合成を疑う声もあります。

参照元 : アメナマ


Video: ‘Gnome’ Startles Toddler’s Family in Argentina

By Cryptozoology News September 14th, 2014

ARGENTINA — The video of a toddler playing on a hallway’s floor created bouts of controversy among South American internet users when a gnome-looking creature made sudden appearance behind the child.
Santa Fe resident Silvia says she was videotaping her son when the little being came out of the kitchen and stormed toward the backyard.

The video, sent to an Argentinian YouTube channel last April, is about one minute long and it shows a sprinting skinny humanoid with a gray skin.
“We received this video taken with a cell phone in 2011,” they said. “They kept the secret for years, but they finally decided to share it with the world for as long as we keep them anonymous.”
According to Silvia, the “creature” produced an intense foul odor and an electromagnetic interference that can be seen on the film.
“This family has always noticed a strange behavior in the toddler, playing and talking to himself around the house at nap time,” they explain. “In January 2011, the child was playing in the hallway when she noticed he was a little nervous, so she wanted to videotape the behavior,” they continued.
Reportedly, the woman first thought that the fast moving silhouette was just a mouse. It was later on that she panicked when she noticed its “odd body structure”.



But the strangeness, they said, didn’t end up with the video; the child purportedly kept playing with these “entities” for three years.
“They don’t appear to be hostile, but the stench is unbearable and they emit a bloodcurdling scream at night.”
And while the video is certainly interesting to watch, some believe it is clearly a hoax.

“The shadow of the creature is a single, strong, distinct shadow that remains clear and distinct even as the shadow comes close to the table leg, which has no discernible shadow at all.  Plus, it looks like CG motion, not natural motion: Small, light creatures don’t move like that – its just the physics of the situation (mass/weight increases with the cube of the height). It’s running with the gate of a full-sized human,” a coherent James Nelson writes after watching the rediscovered footage.
Back in August, book writer Keith Sniadach shared pictures of a similar creature taken while staying at his summer cabin in the mountains of western Pennsylvania.
Leprechauns and gnomes are little mischievous entities present in folklore legends in many countries around the world. In 1989, a dead creature believed to be a gnome was found in Spain. It was later determined by doctors and investigators that the “Gnomo of Girone” tissue belonged to an unknown animal never seen before. Others, like researcher Pedro Palao, explained that the strange creature could be the fetus of a ruminant and dubbed it a hoax.

参照元 : Cryptozoology News



中国の指導者「習近平」がアルゼンチン訪問中 中国大使館の副武官を逮捕

【禁聞】習近平アルゼンチン訪問中 大使館幹部逮捕

2014年07月24日
 
s11306

【新唐人2014年7月24日】中国の指導者の外国訪問の際に、必ず目にするのが大勢の抗議者たちです。世界各地の法輪功学習者らも当局が1999年に迫害を発動して以来、抗議を続けています。一方、世界各地の中国大使館はこの種の抗議の妨害に余念がありません。先日、習近平主席のアルゼンチン訪問期間中、法輪功学習者への襲撃を命じた中国大使館幹部がアルゼンチン警察に連行されました。
 
7月18日、習近平国家主席がアルゼンチンの首都、ブエノスアイレスに到着し、4日間の公式訪問を始めました。アルゼンチンの法輪功学習者らは習主席の滞在先であるシェラトンホテルの前で「習近平を歓迎する」、「法輪功への迫害を即刻停止せよ」、「法輪功迫害のならず者集団を裁けよ」などの横断幕を掲げました。
 
午前11時、中国大使館と密接な関係にある地元の「華人スーパーマーケット協会」および「福建同郷会」の責任者数人が法輪功学習者に対し、脅迫を行いました。中国大使館が雇った手先らも相次ぎ現場に現れ、法輪功学習者らを襲撃し、横断幕とパネルを奪おうとしました。現場では大使館の副武官がこれらの手先に指示を出していました。
 
アルゼンチン法輪大法学会 傅麗維さん
「指導者が来た時、大使館が最も恐れるのは、法輪功のパネルや横断幕が指導者の目につくことです。全世界の中国大使館はみなこれを恐れています。ゴロツキのような彼らの奪い方にはアルゼンチン警察も驚き、『危険すぎる』と上に報告しています。丸腰の我々に対する態度があまりにも悪く、猖獗きわまりないのです」
 
アルゼンチン法輪大法学会の責任者、傅さんによると、アルゼンチン警察は中国大使館側の暴行を目撃してから、警察を増派して、手先らが法輪功学習者に接近できないようにしました。
 
習主席の車列が近づいて来た時、大使館の副武官が合図を出すと、手先らは一斉に飛びかかり、横断幕を奪おうとしました。アルゼンチン警察は棍棒で彼らを止めました。その時に習主席の車列が通りました。
 
19日午前、習主席はアルゼンチン国会を訪れました。法輪功学習者を守るためにアルゼンチン警察当局は機動隊を出動して中国大使館の手先らが接近できないようにしました。しかし、中国大使館の副武官は他の工作員に警察の警戒線を突破するよう指図しました。最終的に副武官は警察に連行されました。
 
アルゼンチン法輪大法学会 傅さん
「あの副武官は警察に我々を追い出すよう求めましたが、警察は無視しました。手先らは強引に警戒線を突破しようとしましたが、警察に押さえつけられました。狂気に満ちた彼らは再度立ち上がり、こっちに来ようとしました。この時、私服警官が現れて、別の警察とともに彼を押さえつけ、手錠をかけて、連行しました」
 
傅さんは、習主席は国会から出た時に階段の上から法輪功学習者が掲げている横断幕を見たはずだと言います。車列が国会を離れるときも、再度法輪功学習者らを目にしました。
 
傅さんは、中国大使館の手先の当日の様子をディスクに焼いて広く配ると同時に法的措置を取ると話しました。
 
アルゼンチン法輪大法学会 傅さん
「こちらの大手テレビ局に当日の映像を全部送り、報道してもらいました。月曜日の夜には3番目に大きいテレビ局も放送予定です。次は抗議書簡を持って、国会に行って陳情します。当日の映像をCDに焼いて、みんなに配ります。明日は裁判所に行って、彼らを提訴します」
 
情報によると、2005年12月、元政法委員会書記の羅幹のアルゼンチン訪問期間中、法輪功学習者らは羅幹を「ジェノサイド」と「拷問の罪」でアルゼンチン連邦裁判所に提訴しました。
 
案件審理の過程で、裁判官は羅幹の上司である江沢民が法輪功迫害を発動した第一人者であると判断し、江沢民案件も一緒に審理を行いました。
 
2009年12月17日、裁判官はアルゼンチン連邦警察国際刑事警察部に、江沢民と羅幹に対し、「人道に対する罪」で逮捕状を発行するよう命じました。
 
裁判官は142ページにわたる法律文書の中で、中国共産党の法輪功に対する迫害および、江沢民と羅幹がその中で果たした役割について詳しく陳述しました。

新唐人テレビがお伝えしました。

(中国語)


(翻訳/龔 編集/坂本 ナレーター/水田 映像編集/李)

参照元 : 
新唐人テレビ



カルト宗教信者の養父母に犬や猿と一緒に車庫の中に9年間、監禁され、ベルトで叩かれサルの餌の残りを食わされいた15歳の少女を保護

イヌやサルと…15歳少女を9年間監禁 餌の残りを…

2014/04/18 16:46
 
mqdefault (3)

15歳の少女が9年間、監禁されていました。

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで、養父母に9年間、監禁されていた15歳の少女が保護されたことが16日、明らかになりました。現地メディアによりますと、少女はイヌとサルなどと車庫の中に閉じ込められ、救出された時の体重はわずか20kgで、身長は136cmしかありませんでした。

少女は「サルの餌の残りを食べさせられ、ベルトでたたかれるなどの暴行を受けていた」と話しているということです。養父母は暴行と監禁の疑いで逮捕されました。2人はカルト宗教の信者でしたが、事件との因果関係は分かっていません。少女の実の親は生活苦から、2001年から少女を養父母に預けていたということです。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2014

参照元 :
テレ朝ニュース



最新記事






楽天トラベル



bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で


人気ブログランキング

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ