地 球 情 報 局

珍事件・仰天NEWS・世界各国のNEWS・政治・衝撃映像など

海外ニュース・海外事件

ロスチャイルドが所有地内で、飛行機とヘリの衝突事故で4人死亡?

ロスチャイルド卿がバッキンガムシャーで飛行機事故で死亡した

2017年11月17日

2017-11-20_002452

金曜日の午後、バッキンガムシャーのロスチャイルド邸宅で、飛行機とヘリコプターが空中で墜落した後、ジェイコブ・ロートシルト卿と他の4人が死亡する恐れがあります。

地元の住民が昼明けの直後に大きな音を聞いた後、両機の残骸が空から落ちた。当局によると、ヘリコプターのパイロットとその一人の乗客だけでなく、パイロットと飛行機の乗客はすべてクラッシュで死亡した。

地元の住人は、記者に語って、言った:"私の父は大きな音を聞いた。私の母親は、近所を歩いていた人だったと思っていた男性が、暴動が起きていると言うためにマナーに上って行ったと語った。

"それは敷地のすぐ上ではなく、近くの森林で起こった。私の父は現場まで走った。誰もが緊急サービスを支援しています。


▼ジェイコブ・ロスチャイルドが乗った飛行機が墜落した現場の生中継


ナサニエル・チャールズ・ジェイコブ・ロートシルト(Rothschild、4th Baron Rothschild)は、強力なエリートのロスチャイルド銀行家の一員です。

2017-11-20_003113

ロスチャイルドは、1917年にイギリス政府に Balfour宣言に署名することによってイスラエルを創造 させるために、第一次世界大戦を設計したと一般的に信じられています。

ロスチャイルド卿は、2018年までに彼の家族が率いる新世界秩序が成立することを誇示しました。

デイリーメールの報告:最初の999回の電話が12.06pmに到着した後、少なくとも7台の消防車と3台の捜索救助車両が急いで現場に突入した。

警察の乗り物が衝突場所に到着し、役員は森林に証拠テントを張った。クラッシュエキスパートは、起こったことをまとめようとしています。

救助隊員は、生存者を特定するために墜落した残骸の上で消防隊の無人機を発射したが、誰も病院に運ばれなかったことは理解されている。

フライトデータは、2人乗りヘリがその時に1,025ftで飛行していたことを示していますが、突然12時間後には突然レーダーになりました。それは空気中に15分間しかいませんでした。

墜落した飛行機は、1人のパイロットと1人の乗客のためのスペースしか持たない人気の訓練機であるCessna 152と考えられています。

Cessna 152は、ヘリコプターと同じ時期にWycombe Air Parkから離陸しました。それはヘリコプターと同時にレーダーから姿を消した。

この飛行機は1982年に作られたものだと考えられていた。今年初めに墜落しそうなヘリコプターが建設された。

著名なロスチャイルド家によって設立された財団によって管理されているWaddesdon Estateのスタッフは、警察が現場を保護するために大規模なコードを投げつけたため、緊急車両を悲劇の場面に誘導するのを助けました。

ヘレン・ミレン主演の「クラウン」と「クイーン」の撮影に使われた壮大な邸宅は、クラッシュ時にクリスマスマーケットを開催していたと考えられています。

航空事故調査班のスタッフが、空中衝突を引き起こした原因を調査するための草案が作成されました。

AAIBのスポークスマンは、「航空事故調査班は、Aylesbury近くの航空機とヘリコプターを含む空中衝突を調査するチームを送っている」と述べた。

約10マイル離れたRAFハルトンは、軍用機は関与していないと言いました。

スポークスマンは、「関係する航空機のいずれも空軍と軍のどちらとも関係していないことを確認することができ、これは私たちが現時点で知る限りである」と述べた。

参照元 : yournewswire.com


エアクラッシュ:4人が飛行機として死亡し、ヘリコプターが衝突する

2017年11月17日

2017-11-20_004457

4人が飛行機で死亡し、ヘリコプターがバッキンガムシャーの空中で墜落した。テムズバレー警察は、各航空機で2人が死亡したと発表した。

警察と大気事故調査拠点(AAIB)は、Aylesbury近くのWaddesdon Estateで昼休みに衝突の原因を明らかにする共同調査を開始したと語った。

ワイコブ・エア・パークのスポークスマンは、両航空機は飛行場から来たと語った。テムズ川警察のレプカ・ミアーズ容疑者は、現段階で被害者の身元や性別について詳しくは伝えられず、彼女の「最優先事項」は親戚の一人だったと語った。

彼女は、クラッシュを引き起こした可能性があることを「あまりにも早い」と言っていた。AAIBは、関係する航空機はセスナだと言った。

緊急サービスはWaddesdon Manorの近くのUpper Winchendonに12:06 GMTと呼ばれました。

2017-11-20_004651

義務の消防士のミッチ・ミッセンは、彼の庭からの墜落を目撃した。

彼は言った: "私は見上げて、両方が空中で衝突した後、大きなバンと落ちる破片が続きました。

「私は急いで私の車の鍵と途中で緊急サービスと呼ばれるルートを取得し、私はその場所について最新情報を提供し続けました。

「残念なことに、実際の事故現場を特定することはできませんでしたが、可能な限り警察、火災、救急車を指示しました。

Aylesburyの教師であるAndy Parryは、クラッシュ時にWaddesdon Manorの学生と一緒にいたと語った。

彼は "大規模な打撃"を聞いて、空に破片を見たと言いました。

2017-11-20_004730

クラッシュ後にいくつかの道路閉鎖があったが、その後解体された。Aylesbury、Haddenham、Oxfordshire、Berkshireからの7台の消防車が現場に送られた。Bucks Fire and Rescue Serviceのスポークスマンは、消防車や都市捜索救助車両の30人のメンバーが出席したと語った。

彼は次のように付け加えた。「私はそれが荘園の近くの森林地帯にあると理解している。テムズ川救急車、2人の救急車乗務員、2人の救急隊員、迅速な対応車も現場に送られました。

2017-11-20_004804

Bucks Heraldの Hayley O'Keefe 氏は、TwitterでWaddesdon Hillの近くで「煙の煙」が見られたと発表した。

ウィンチェンダー川上聖メアリー・マグダレン教会のRev Mary Cruddasは、彼女が何か助けになるかどうかを知るためにサイトに行っていたと語った。

彼女は言った: "それが起こった区域は道から離れて、そして得るのが難しいです。"

プレゼンテーショングレーライン
BBC Newsのオンライン記者フィル・シェッカが現場に私が現場に着いたとき、地方と国家のすべての店舗のメディアが組み立てられたので、それは狂っていました。

森林地帯は非常に密集しているため、クラッシュサイトは見えませんが、光がぼやけているので、AAIBと警察がどこに立っていたかの光が見えます。

警察の存在は日中非常に目に見えており、大規模なコードラインが設置され、道路が閉鎖されています。

プレゼンテーショングレーライン
ナショナル・トラストが所有するWaddesdon Manorのスポークスパーソンは、事故は起きていないと述べたが、スタッフは緊急サービスを現場に向けるのを手伝った。

ブッカーエアフィールドとしても知られているウィルコムエアパークは、クラッシュの現場から約20マイル(32km)離れており、飛行訓練を提供しています。

2017-11-20_004955

2017-11-20_004506

2017-11-20_004519

2017-11-20_004538

参照元 : BBCニュース


Horror in the skies leaves four dead: Light plane and helicopter take off from flight training school moments apart only to smash into each other 1,000ft above the Rothschild family's Buckinghamshire estate just 15 minutes later

PUBLISHED: 14:11 GMT, 17 November 2017 | UPDATED: 18:43 GMT, 18 November 2017

Four people have been confirmed dead after a light aircraft and a helicopter crashed in mid-air over the Buckinghamshire countryside this afternoon.
The aircraft collided just 15 minutes after taking off from Wycombe Air Park which trains rookie pilots. Wreckage landed near the Rothschild family's Waddesdon Manor, 16 miles north-west of the airfield, just after midday.
Residents in the nearby village of Upper Winchendon heard a loud bang and could see and smell a plume of black smoke from the crash scene.
The pilot of the helicopter and its single passenger, as well as the pilot and a passenger of the plane, died in the crash, which happened at around 1,000ft.
Pictures from the scene show fragments of the helicopter's rotor-blades and the plane's fuselage scattered around the woodland floor.

▼Aerial footage from above the site where the helicopter and plane collided in mid-air this afternoon. Four people, two from each aircraft, are dead following the crash at 1,000ft

2017-11-20_031156

▼Those on the scene say no one survived the crash, which left smouldering wreckage near the grounds of the Waddesdon Manor. Police have now set up evidence tents at the site

2017-11-20_031309

▼A piece of fin, thought to be the tail-end of the small, Cessna plane involved, was visible

2017-11-20_031353

▼A plume of smoke was seen over the woodland shortly after the two aircraft came down

2017-11-20_031450

▼The aircraft came down near Upper Winchendon near Aylesbury, to the north west of London

2017-11-20_031600



A local resident told MailOnline: 'My father heard a loud bang. He ran up to the scene. It was clear pretty quickly that no one has survived.'
'My mother said a man, who I think was someone who had been out walking nearby, went running up to the manor to say there had been a crash. Everyone is now helping the emergency services.' At least seven fire engines and three search and rescue vehicles rushed to the scene after the first 999 call came in at 12.06pm.
Police vehicles arrived at the crash site and officers have put up evidence tents in the woodland. Crash experts are attempting to piece together what happened.
Rescue workers had launched the fire brigade's drone over the fallen wreckage in a bid to locate any survivors, but no one was taken to hospital.

None of the victims had been named last night, but the dead helicopter pilot's friend and former colleague Captain Phil Croucher said: 'He was probably the most respected instructor in the country. 'He achieved a very high position in the Army. If you wanted a training instructor there's no one more highly qualified.
'Almost everybody in the country has been instructed by him – most instructors have been trained by him. Everybody in the industry looked up to him.'
He was said to have been training a foreign flying student on a beginners' course when the helicopter crashed.
Captain Croucher, 65, of Ayrshire, said the pilot, who worked for Helicopter Services flying school near Aylesbury, was in his sixties and had a partner and family,
He added: 'I was shocked and surprised to hear what had happened. He was a real gentleman. Of course it is an industry where this does happen. We don't stop, we just get on and do the job, he wouldn't have wanted me to stop flying.'
Flight data shows a two-seater helicopter was flying at 1,025ft in the area at the time, but suddenly went off radar shortly after 12 noon. It had only been in the air for 15 minutes.
The plane that crashed is believed to be a Cessna 152, a popular training aircraft which has space for only one pilot and one passenger.



▼Police close to the crash site in the Buckinghamshire woodland today. No one on board either aircraft survived the crash

2017-11-20_031917

▼Police have accessed the woods and set up a cordon around where the two aircraft came down

2017-11-20_032030

▼Photos from the scene show police tents have been set up where the two planes came down

2017-11-20_032117

▼Fire engines and police were seen at the entrance to the estate as crash investigators took over

2017-11-20_032207

A Cessna 152 took off from Wycombe Air Park around the same time as the helicopter and disappeared from radar at the same time.
The plane thought to have been involved was made in 1982. The helicopter feared to have crashed was built earlier this year.
Both the aircraft feared to have crashed made successful loops this morning, suggesting that they were being used repeatedly for pilots' training.
Staff from the Waddesdon Estate, which is managed by a foundation set up by the eminent Rothschild family, helped direct emergency vehicles to the scene of the tragedy as police threw up a massive cordon around the area to preserve the scene.
Waddesdon Estate gardener Len Bellis described how he found the wreckage minutes later after hearing a 'horrendous noise'.
He said the Cessna was 'non-existent' but for a 5ft section of burning fuselage.
Two men he met at the scene told him they'd heard the plane 'stuttering' just before the crash.
The grand country manor house, which was used in the filming of The Crown and The Queen starring Helen Mirren, is understood to have been hosting a Christmas Market at the time of the crash. The Cessna 152, built in 1982, is owned by Airways Aero Associations. It needed extensive repairs in 1993 after a crash in Cornwall.
Staff from the Air Accident Investigation Branch have been drafted in to begin an inquiry into what led to the mid-air collision.
One pilot said it was easy to be distracted by the estate.
Writing on an internet flying forum, the 36-year-old added: 'I've been guilty of paying too much attention to pointing passengers to the Rothschild palace and not enough to a lookout.'

▼This helicopter disappeared off radar at 12pm today whilst flying over Waddesdon 15 minutes after it took off from Wycombe Air Park, which has confirmed its aircraft were involved

2017-11-20_032315

▼This Cessna 152 took off from the same airfield around the same time as the helicopter

2017-11-20_032358

▼This was the scene at the airfield where the planes took off this afternoon. A helicopter similar to that feared to have been involved in the crash remains on the ground

2017-11-20_032424

How did the mid-air crash happen?
The helicopter, a 2017 French-built Guimbal Cabri G2, took off for its second flight for the day from High Wycombe at 11.47 am.
According to data from Flight Radar 24, the aircraft had earlier successfully completed a 30-minute flight.
The aircraft took off and routed north over the Chiltern Hills Area of Natural Beauty. Within five minutes it was flying at 1,025 feet at 60kts approaching Princes Risborough.



▼The helicopter, a 2017 French-built Guimbal Cabri G2, took off for its second flight for the day from High Wycombe at 11.47 am

2017-11-20_032744

The helicopter, which can carry two people, continued towards Waddesdon. At 12 noon the aircraft was last seen at 1,025 feet to the east of Upper Winchendon.
Three minutes before the crash, a Cessna 152 which was built in 1982, was north west of Princes Risborough at 2,800 feet and travelling at around 70kts.
The flight tracking radar did not record the Cessna leaving Wycombe Park Aerodrome, although it is believed it departed shortly after the helicopter.
One minute before impact, the Cessna is believed to have increased its altitude to 3,700 feet, but it its final radar return moments before the accident showed it dropped down to below 2,800 feet.
Flight crash investigators will want to determine how an aircraft apparently 1,700 feet above the helicopter shortly before the crash could have been ended up being involved in a collision.
Like the helicopter, the Cessna was also on its second flight of the day.



A spokesman for Thames Valley Police said: 'Officers are currently at the scene of an air accident near the village of Waddesdon near Aylesbury.
'The force is coordinating the response to the incident which was reported at 12.06pm today.
'The Air Accidents Investigation Branch has been informed and staff are en-route to the scene. Fire and ambulance services are also in attendance and preservation of life is first priority.
'In consequence of this incident it is expected that there will be some disruption to the road network around Waddesdon for the rest of the day.'
The spokesman later added: 'We're aware of a number of casualties following an incident this afternoon in Waddesdon, Aylesbury.
'There were a number of road closures following the incident, which have now been lifted. We will provide further updates when available.'

▼Police vehicles surrounded the scene this afternoon as the investigation got underway

2017-11-20_032959

▼Fire crews and rescue workers raced to the scene after the first reports of the crash came in

2017-11-20_033045

▼An air ambulance landed on a nearby field although it is not thought anyone went to hospital

2017-11-20_033507

▼Aerial footage shows police activity in woodland set back not far from a local road

2017-11-20_033548

A spokesman for the AAIB said a the time of the crash: 'The Air Accidents Investigation Branch is sending a team to investigate a mid-air collision involving an aircraft and a helicopter near Aylesbury.' RAF Halton, which is around 10 miles away, said no military aircraft had been involved.
A spokesman said: 'We can confirm that neither of the aircraft concerned has a connection with either our air force nor the military, and this is as much as we know at this time.'
Country residence starred in films: The history of Waddesdon Manor and its billionaire owners Today's mid-air crash happened above the grounds of a manor built for one of the world's richest families - the Rothschilds.

The billionaire banking dynasty owned Waddesdon Manor from when it was built in 1889 until they gifted it to the National Trust in 1957.

The family's banking business was established by Mayer Amschel Rothschild (born in 1744) in Frankfurt in the 1760s.

▼The aircraft came down near the grand Waddesdon Manor. A man believed to have been walking nearby ran up to the manor to tell staff what had happened

2017-11-20_033709

▼Waddesdon Manor, shown here in 1890, was built between 1874 and 1889 in the Neo-Renaissance style of a French chateau for Baron Ferdinand de Rothschild

2017-11-20_033812

The name Rothschild is derived from the House of the Red Shield ('Rot Schild') which was built by Mayer's ancestors in one of the first Jewish ghettos in the German city in the 16th century. Through Mayer's five sons - Amschel, Salomon, Nathan, Karl and Jakob - he set up an international banking enterprise with branches in London, Paris, Vienna and Naples, as well as Frankfurt, by the 1820s.

2017-11-20_033859

Nathan, in particular, made huge profits via the Napoleonic Wars. He provided financial support to the Duke of Wellington and went on to loan money to English troops fighting Napoleon - netting healthy profits when the debts were repaid.
In the 19th century, the Rothschilds owned the largest private fortune in the world.
The dynasty's wealth today has been divided among various descendants - and, in addition to banking and finance, has its interests in mining, energy, real estate and winemaking.
The Rothschild family is also known for its charitable activities, particularly in the arts and education. The last time Waddesdon Manor was owned by a member of the family was in 1957, when it belonged to James de Rothschild.
He bequeathed the house and its contents to the National Trust and today it is managed by the Rothschild Foundation chaired by Jacob Rothschild, 4th Baron Rothschild.

▼Boris Johnson met Lord Rothschild at the manor in 2014 for the opening of an exhibition

2017-11-20_033934

Beth Rothschild, Jacob's daughter, still lives on the estate.
Born in 1964, she is a Vice President of the Wiltshire Blind Association, and she is a trustee of the Rothschild Foundation. Beth married Antonio Goffredo Tomassini in 1991.
With 390,000 visitors annually, Waddesdon Manor is one of the Trust's most visited properties.
It has featured in several films and TV shows, including The Queen, which starred Helen Mirren; Downton Abbey, where it stood in for the exterior of the fictional Haxby Park; and The Crown, the biographical TV series about Queen Elizabeth II.

▼Mrs James de Rothschild outside Waddesdon Manor in 1979

2017-11-20_034028

参照元 : dailymail

【衝撃映像】ブラジルのギャングがFacebookライブ中に、警察のヘリから銃殺される瞬間映像

ブラジルのギャングが、Facebook生ライブ中に警察のヘリコプターに襲撃され皆殺しにされるという衝撃映像。

2017-11-09_182035

Bandits were live on Facebook when they were killed by police helicopter



▼ブラジル警察が逃走車をヘリコプターで射撃する様子(上動画とは無関係)



エジプト・ギザにあるクフ王のピラミッド内部に巨大空間発見

クフ王の埋葬室か…ピラミッド内に巨大空間発見

2017/11/2(木) 21:07配信

2017-11-09_180505

名古屋大などの国際研究チームは2日、エジプト・ギザにあるクフ王のピラミッド内部に巨大な空間があるとの調査結果を、英科学誌ネイチャーで発表した。

研究チームは、宇宙から飛来するミュー粒子を使ってピラミッドを透視。巨大通路「大回廊」(全長約50メートル)の約20〜30メートル上に未知の空間があるのを発見した。詳しく分析したところ、全長が約30メートルもあることがわかった。チームの森島邦博・名大特任助教は「大回廊に匹敵する規模の可能性がある」と話す。

名大の河江肖剰(ゆきのり)共同研究員(エジプト考古学)は「王の埋葬室の可能性もある」とみる。従来は「王の間」が埋葬室と考えられてきた。しかし、河江さんによると、王の間の天井には古いひび割れがあり、崩れる危険がある場所に埋葬するとは考えにくいことから、本当の埋葬室は別の場所だという説もあった。河江さんは「今回見つかった空間に本当の埋葬室があるかもしれない」と話している。

参照元 : 読売新聞


1922年に考古学者、及び写真家によって撮影された、エジプトの都市テーベ、王家の谷にあるツタンカーメン王の墓の内部。

2017-11-09_180738

2017-11-09_180750

2017-11-09_180803

2017-11-09_180816

2017-11-09_180829

2017-11-09_180843

2017-11-09_180855

2017-11-09_180912

2017-11-09_180925

2017-11-09_180938

2017-11-09_180954

2017-11-09_181013

2017-11-09_181029

2017-11-09_181049

2017-11-09_181101

2017-11-09_181116

2017-11-09_181142

2017-11-09_181204



ロックフェラー家が所有する3軒の邸宅を売却

ロックフェラー家が3邸宅を売却へ、総額83億円

2017/10/9(月) 12:30配信

2017-10-09_200546

米国の富豪デービッド・ロックフェラーが101歳で死去してから半年ほどがたち、一家は所有する3軒の邸宅を売却することを決めた。

フォーブス電子版の寄稿者でもあるアリアナ・ロックフェラーが語るそれぞれの邸宅と祖父デービッドの思い出とともに、3軒について紹介する。

1. 立地:ニューヨーク州ウエストチェスター郡スリーピーホロウ(1938年竣工)
・売却価格:2200万ドル(約24億8000万円)
・面積:約1054平方メートル(11ベッドルーム、12バスルーム)
・その他設備など:ハドソン川の眺望、広大な庭、3ベッドルームのゲートハウス(使用人用)、6ストールバーン(家畜用)、温室3棟、リンゴ園、ヘリポート
・隣人:投資家ジョージ・ソロス、ヘッジファンド運営会社「オクジフ・キャピタル・マネジメント・グループ」CEO、同「スタインハート・パートナーズ」創業者など
・逸話:ニューヨークのエリート層に好まれた建築家モット・シュミットが手掛けた。デービッドの祖父ジョン・ロックフェラーが所有していた「カイカット」の邸宅からわずか3kmほどの場所にある。

また、亡くなった妻を称えてデービッドが創設した農業教育施設「ストーンバーンズ・センター・フォー・フード&アグリカルチャー」も近い。

・アリアナが語る思い出:よく祖父と並んで芝生の上に座り、ホタルが飛んでいるのを眺めた(デービッドは昆虫学に詳しかったことで知られている)。ホタルは「鞘翅(こうちゅう)目カブトムシ亜目の昆虫だ」と教えてくれた。

2. 立地:メーン州シーハーバー(1972年竣工)
・売却価格:1900万ドル
・面積:約468平方メートル(7ベッドルーム、5.5バスルーム)
・その他設備など:花こう岩のスイミングプール、バラ園、果樹園、ゲスト用コテージ、近隣にアーカディア国立公園
・隣人:実業家マーサ・スチュワート、靴製造大手デクスター・シュー・カンパニー創業一族のスーザン・アルフォンドなど
・逸話:同世代のその他の多くのエリートたちと同様、デービッドの両親もまた、メーン州のマウントデザート島にある港町バーハーバーで夏を過ごした。デービッドの父親ジョン・ロックフェラー2世は1913年以降、延長およそ72kmの公園内の道路整備を支援した。

デービッドは2002年に出版された回顧録で、メーン州では「船の操縦の仕方を学び、自然に対する関心を深めた」と語っている。回顧録の大半は、港が見えるこの家の書斎で執筆された。

・アリアナが語る思い出:「クリスマスはいつも、メーン州の家で過ごしていた。クリスマスの朝には皆が暖炉の前に集まってプレゼントを開け、一緒に昼食を取った」

3. 立地:ニューヨーク市マンハッタン(1924年竣工)
・売却価格:3250万ドル(約36億6800万円)
・面積:約908平方メートル(8ベッドルーム、8バスルーム)
・その他設備など:温度制御機能付きワインセラー 、使用人用ベッドルーム6部屋、ライブラリー、エレベーター
・隣人:富豪チェース・コールマン、ロウズ・コープ共同会長ジョナサン・ティッシュ
・逸話:チェース・マンハッタン銀行に入行した後、デービッドは1948年に妻ペギー(マーガレット)とともにアッパーイーストサイドにある住宅を購入。夫妻はこの家で6人の子供を育てた。

この家には、ピカソやマティス、ゴーギャンなどの作品およそ2000点のアートコレクションがあり、多くが壁に飾られている。

・アリアナが語る思い出:「私がコロンビア大学に通っていたころ、よく祖父のこの家に泊まったり、一緒に夕食を取ったりしていた」

「私の勉強のことや、祖父がチェース・マンハッタン銀行で働いていたころのことをよく話した。混雑した地下鉄の車両の中で半分の長さに折った新聞を読みながら、マンハッタン南部のオフィスまで通勤していたそうだ」

参照元 : forbes japan




2017-10-09_200852

【関連記事】
●【国際金融マフィア】D・ロックフェラー(99)の息子で医師のR・ロックフェラー氏(65)が飛行機事故で死亡

●CFRのボス・米大富豪の大物デイヴィッド・ロックフェラー氏が101歳で死去

●フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ氏(CEO)はデイヴィッド・ロックフェラーの孫だった

●デイヴィッド・ロックフェラー茶飲み友達・苫米地英人と康芳夫対談・本当のNWO(新世界秩序設計計画)「クリントンの旦那はロックフェラー家の隠し子だった」

●ユダヤ金融マフィア(CFR)の大物、デイヴィッド・ロックフェラーに「We Are Change」のルーク氏とジャーナリストが直接抗議

●【金融マフィア】デイヴィット・ロックフェラー自身が「世界政府を作るために働いてきた」と自著で告白

●石油王ロックフェラー兄弟財団、化石燃料に対する投資を止めると発表

【閲覧注意】米ラスベガス銃乱射事件!TVでは放送出来ない映像や画像が流出(R18指定)

なぜかこのタイミングでネット上に流出!宿泊していたホテルの部屋で自殺した犯人Stephen Paddock” の死体画像や部屋内部の画像。銃撃現場は地獄絵図な画像。

事件後の現場のグロ映像などがネット上にアップされた。果たしてクライシスアクターによるヤラセなのか?

▼Photo of a Dead Stephen Paddock? – LVMPD Leaked Intel- Stephen Pollack Was an FBI Agent Supplying Arms to ISIS Inside the USA

●米ラスベガス銃乱射事件の犯人Stephen Paddock”の死体画像

▼犯人が潜伏していたホテルの部屋

2017-10-05_130940

▼犯人のホテルの宿泊記録
2017-10-05_071755

▼米ラスベガス銃乱射事件後の現場(地獄絵図)

【閲覧注意】米ラスベガス銃乱射事件後の現場(R18指定)

2017-10-05_131101





▼犯行中、同じホテルに宿泊していた人物が48階部分から撮影した映像




<ラスベガス乱射>IS犯行声明の信ぴょう性に疑問符

2017/10/5(木) 17:23配信

【カイロ篠田航一】ラスベガスで1日起きた銃乱射事件では過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。だが米捜査当局は容疑者とのつながりを否定し、声明の信ぴょう性に疑問符が付いている。中東で退潮が鮮明なISが勢力誇示を狙って無関係な事件に便乗し、支持者を扇動する宣伝に利用した可能性もある。

ISは、系列のニュースサイト「アーマク通信」で犯行声明を出す場合が多い。最近は当局の捜査で虚偽が判明する事例が目立つ。

6月にフィリピンでカジノ施設に男が放火し30人以上が死亡した事件では「IS戦士が実行」との声明が出たが、容疑者はギャンブル依存症のキリスト教徒と判明。6月にパレスチナ人の男らがイスラエルの警官を襲撃した事件も、ISの犯行声明後にイスラム原理主義組織ハマスが「容疑者はわれわれの組織に属しISは無関係」と否定した。手口の詳細など容疑者側しか知り得ない「秘密の暴露」がない場合、便乗の可能性が出てくる。

一方、6月にイランで起きた同時テロでは、容疑者が侵入した国会議事堂内部の映像を公開。厳重な警備を突破した「成果」を強調する狙いが明確で、イスラム教シーア派国家イランを敵視する自称スンニ派組織ISの関与が濃厚とみられる。

今月1日のラスベガスの事件では、ISは容疑者が「十字軍の連合国を狙えという最高指導者の呼びかけに応じた」と主張、3日前に公開していたバグダディ最高指導者の「肉声」に言及した。敵視する米国で起きた大事件を「手柄」として利用しようとした思惑もうかがえる。

参照元 : 毎日新聞


【ラスベガス銃乱射事件は偽旗(ヤラセ)事件 】なぜか事件が起きる前からGoogle上に事件の記事が存在!

ラスベガス銃乱射、部屋の写真が流出 銃や弾薬 メモらしきものも

2017/10/4(水) 11:25配信

2017-10-04_235435

【AFP=時事】米ネバダ(Nevada)州ラスベガス(Las Vegas)で起きた銃乱射事件で3日、容疑者が銃撃を行ったホテルの部屋の写真が流出した。写真にはスコープが取り付けられた複数のアサルトライフルや弾薬、薬莢(やっきょう)が散らばった床、テーブルの上に残されたメモとみられるものが写っていた。

ラスベガスのジョゼフ・ロンバード(Joseph Lombardo)保安官によると、カジノホテル「マンダレイ・ベイ(Mandalay Bay)」の32階から銃を乱射したスティーブン・パドック(Stephen Paddock)容疑者がいた部屋には、複数のカメラも設置されており、そのうち1台は廊下から部屋に近付く人がいないか監視するために設置されたものとみられている。

ロンバード保安官は、捜査当局はテレビ局「ボストン25(Boston 25)」と 独紙ビルト(Bild)が公開した部屋の内外の写真を調査していると述べた。

写真の一枚には、パドック容疑者とみられる遺体の傍らに二脚に据え付けられたアサルトライフル2丁と、足元付近のテーブルの上に置かれた手書きとみられるメモが写っていた。

別の写真にはきちんと積み重ねられた大量の挿弾や椅子の上に置かれた複数のライフルが写っていた。

部屋の前の写真には、部屋のドアを貫通した銃弾による複数の穴が写っていた。ドアの前に立つホテルの警備員たちにパドック容疑者が発砲し、警備員1人が脚を撃たれた時にできた穴とみられる。

ロンバード保安官によると、パドック容疑者は1日夜、32階の部屋の窓から合計で約9分間にわたって音楽祭の聴衆約2万2000人に向かって銃を乱射し、これまでに59人が死亡した。

部屋の前に廊下に置かれたルームサービスワゴンにはカメラ1台が取り付けられていた。パドック容疑者は部屋に近づく人間を監視していたとみられている。ロンバード保安官は「(映像を)送信していたのかは分からないが、複数のカメラが設置されていた」と述べた。【翻訳編集】 AFPBB News

参照元 : AFPBB NEWS

2017-10-04_235514


米銃乱射、容疑者と親しい女性がフィリピン出国し米国へ

2017年10月4日 15:33

2017-10-04_235809

米ネバダ州ラスベガスで発生した銃乱射事件の実行犯、スティーブン・パドック容疑者と日常的な付き合いがあったとされるマリルー・ダンリーさんの写真。ラスベガス市警提供(2017年10月2日公開)。

【10月4日 AFP】(更新、写真追加)米ネバダ(Nevada)州ラスベガス(Las Vegas)で起きた銃乱射事件で、実行犯とされるスティーブン・パドック(Stephen Paddock)容疑者(64)と親しく付き合っていたとされるマリルー・ダンリー(Marilou Danley)さん(62)が、滞在していたフィリピン・マニラ(Manila)を出国し、米国へ向かったことが分かった。フィリピンの移民局が4日、明らかにした。

移民局の報道官は報道陣に、ダンリーさんはフィリピン航空(Philippine Airlines)便で米ロサンゼルス(Los Angeles)へ向かったと明かした。また、別の航空業界関係者によると、出発は現地時間の3日夜だったという。

これに先立ち、フィリピン国家捜査局(NBI)は、米連邦捜査局(FBI)からダンリーさん捜索の協力依頼があったと明らかにしていた。

NBIのニック・スアレス(Nick Suarez)報道官は、「FBIはダンリーさん捜索のため国際刑事警察機構(インターポール、Interpol、ICPO)のフィリピン支局と連携している」と述べた。

またスアレス氏によると、先月フィリピンに入国したダンリーさんに対してパドック容疑者から10万ドル(約1100万円)の送金があったとの報道について、NBIが捜査をしているという。

ダンリーさんはオーストラリア出身。豪政府はダンリーさんがラスベガスで働くため、20年前に米国へ移住したことを認めている。(c)AFP

参照元 : AFPBB NEWS


【映像】ラスベガス銃乱射 タクシーが捉えた現場の混乱

2017/10/4(水) 17:15配信

2017-10-05_000142

米ネバダ州ラスベガスで1日夜に発生した銃乱射事件で、容疑者が発砲拠点としたホテルに居合わせたタクシー運転手のボディカメラが、銃撃された音楽祭の会場付近の混乱を捉えていた。

タクシー運転手の女性は事件発生時、容疑者の発砲拠点となったホテル「マンダレイ・ベイ」におり、「警察はどこ?ちょうどホテルの玄関にいる。ここは正常にみえる」と同僚や会社に状況を無線で知らせた。

聴衆が逃げ惑う音楽祭の会場付近で、脚を負傷したと訴える男女のカップルがタクシーに乗り込み、早急に発進すよう指示。男性は「できるだけ早く運転してほしい」と要望した。

カップルはパニック状態で、「みんな死んでしまった。いい加減にして」などと憤慨しており、運転手は2人の話を丁寧に聞くなど落ち着かせようとしているようだ。

映像は約18分。その中にはカップルの女性が親族に電話し、2人の無事を伝える声も確認できる。運転手は2人を宿まで送り届けた。

地元警察はこれまでに58人が死亡、527人が負傷したと発表している。

(アメリカ、ネバダ州ラスベガス、撮影:2017年10月1日 映像:Newsflare/AFLO)

参照元 : XFLO

2017-10-05_000220

2017-10-05_000246

2017-10-05_000322


乱射は9〜11分間 見張りカメラも

2017/10/4(水) 15:41配信

アメリカ・ラスベガスの銃乱射事件で、自殺した容疑者の男が、9分間から11分間にわたり銃を乱射し、部屋の内外に見張り用のカメラを設置していたことがわかった。

現地警察は3日、記者会見し、スティーブン・パドック容疑者(64)の関係先から、これまで47丁の銃を押収し、連射を可能にする「バンプストック」と呼ばれる特殊な装置も12点発見したことを明らかにした。

また事件当時、パドック容疑者がコンサート会場に向けて連射した時間の長さが、9分間から11分間だったほか、パドック容疑者が、見張り用のカメラを廊下に2台、ドアののぞき穴に1台とりつけていたことを明らかにした。

警察はまた、警察官が装着しているボディーカメラの映像を公開し、発生当初の混乱した状況について説明した。

一方、大量の銃の入手経路についても関心が集まっている。

パドック容疑者は、自宅に近い銃販売店でも銃を購入していた。

合法的に購入するのに問題はなかったという。

この銃販売店によると、パドック容疑者が銃を購入した際、犯罪歴の調査などで、問題は一切なく、銃の所持について不安要素となる事柄は、なかったとしている。

再び、より厳しい「銃規制」を求める声が上がる中、トランプ大統領は、ホワイトハウスの記者団に対し、「いつか議論をする時が来るかもしれない。でも今ではない」と述べた。

参照元 : ホウドウキョク









▼事件が起きる前に ↓ 既にGoogle上に事件の記事が存在

2017-10-11_042525

















【関連記事】
●【衝撃映像】米ネバダ州ラスベガスのコンサート会場で銃乱射事件 59人死亡、527人が負傷

【閲覧注意】米ラスベガス銃乱射事件!TVでは放送出来ない映像や画像が流出(R18指定)

【衝撃映像】米ネバダ州ラスベガスのコンサート会場で銃乱射事件 59人死亡、527人が負傷

米史上最悪…ラスベガスで銃乱射事件 死者58人に

2017/10/03 05:50

2017-10-03_090939

アメリカ史上最悪の銃撃事件となったラスベガスの銃乱射は、死者が58人に上りました。現場から報告です。

(国吉伸洋記者報告)
事件発生から15時間以上が経過しましたが、現場では現在も規制線が張られたままです。普段なら観光客で大変にぎわう場所なのですが、2日は警察官と報道陣の姿が目立っています。

観光客:「とても悲しい。心が痛いです」「残念だが、米国ではこういう事件が多い」

1日夜、2万人以上が参加したラスベガスのコンサート会場で64歳の男が銃を乱射し、これまでに58人が死亡、500人以上がけがをしています。警察によりますと、この男は自殺したということです。男が銃を乱射した32階の部屋からは銃などが10点以上見つかっていて、計画的な犯行をうかがわせます。

一方、現地ではけが人の数があまりにも多いため、多くの人に献血を呼び掛けています。テロとの関連はまだ分かっていませんが、史上最悪の事件が起きたことを受けて、トランプ大統領が4日に来る予定です。

参照元 :



2017-10-03_091009

2017-10-03_091022

2017-10-03_091040


米乱射、動機解明急ぐ=64歳容疑者、犯罪歴なし―ラスベガス

2017/10/3(火) 7:17配信

lvs710-jpp025141552

【ラスベガス(米ネバダ州)時事】米ネバダ州ラスベガスのコンサート会場で59人が死亡、527人が負傷した銃乱射事件で、捜査当局は2日、自殺したスティーブン・パドック容疑者(64)の自宅を捜索するなど動機の解明に全力を挙げた。

米メディアなどによると、容疑者に犯罪歴はなく、テロ組織との関連も確認されていない。

トランプ大統領夫妻は2日、ホワイトハウスの南庭でペンス副大統領やスタッフと共に、乱射の犠牲者を悼んで黙とうをささげた。政府機関には半旗が掲げられた。トランプ氏は4日、ラスベガスを訪問し、警察関係者や遺族らと面会する。

サンダース大統領報道官は2日の記者会見で、犯行の背景や再発防止策に関しては「今は国が団結する時だ。捜査が始まったばかりで動機も分かっておらず、政治的な話をするのは時期尚早だ」と言及を避けた。

捜査当局は2日未明、ラスベガスから北東に約100キロ余り離れたネバダ州メスキートの容疑者の自宅を捜索。自宅から数丁の銃や弾薬が発見された。入手先は明らかになっていないが、ネバダ州は米国でも銃規制が緩やかで、所有者は届け出などを義務付けられていない。

CNNテレビなどは、パドック容疑者の父親=1998年に死亡=が、かつて連邦捜査局(FBI)に指名手配されていた銀行強盗犯だったと報道。ただ、容疑者自身については交通違反以外の犯罪歴はないという。

過激派組織「イスラム国」(IS)は2日、「最高指導者の呼び掛けに応じ、IS兵士がコンサートを見下ろすホテルから群衆に向けて銃を発射した。約600人を死亡・負傷させ、弾薬を使い果たした後で殉教者になった」と犯行を主張する声明を出した。一方、米当局は容疑者とテロ組織との関係を否定している。

警察によると、パドック容疑者は1日午後10時すぎ、約2万2000人が集まるカントリー音楽のコンサート会場に向け、近くのホテルの32階の部屋から銃を乱射したとみられている。警察の特殊部隊が部屋に突入した際には既に自殺していた。室内からは複数のライフルを含む10丁以上の銃が見つかった。

参照元 : 時事通信










【関連記事】
●【ラスベガス銃乱射事件は偽旗(ヤラセ)事件 】なぜか事件が起きる前からGoogle上に事件の記事が存在!

【閲覧注意】米ラスベガス銃乱射事件!TVでは放送出来ない映像や画像が流出(R18指定)

【茶番】北朝鮮がトランプ米大統領の「完全破壊」演説に対抗!「太平洋上で水爆実験、米国のおいぼれを必ず火で罰する」

北朝鮮外相「おそらく太平洋上で水爆実験」

2017年9月22日 10時00分

2017-09-24_161849

北朝鮮のキム・ジョンウン(金正恩)朝鮮労働党委員長が、アメリカのトランプ大統領の国連総会での演説を非難する声明で言及した「史上最高の超強硬な対応措置」について、ニューヨークを訪れているリ・ヨンホ外相は「私の考えでは、おそらく水爆の実験を太平洋上で行うことになるのではないかと思う」と述べ、トランプ政権を強く威嚇しました。

北朝鮮のキム・ジョンウン朝鮮労働党委員長は22日、アメリカのトランプ大統領が19日の国連総会での演説で「アメリカと同盟国を守らざるをえない場合、北朝鮮を完全に壊滅するほか選択肢はなくなる」と述べたことに対する声明を発表し「史上最高の超強硬な対応措置の断行を慎重に検討する」と強く反発しました。

これについて国連総会に出席するためニューヨークを訪れているリ・ヨンホ外相は21日「対応措置とは何を意味するのか」という記者団の問いかけに対し「どのような措置が取られるかはよくわからないが、私の考えではおそらく水爆の実験を太平洋上で行うことになるのではないかと思う」と述べ、トランプ政権を強く威嚇しました。

参照元 : NHKニュース




金正恩氏が初の直々声明「米国のおいぼれを必ず火で罰する」 トランプ米大統領の「完全破壊」演説に対抗 米朝首脳が名指しで罵倒合戦

2017.9.22 07:53

2017-09-24_162216

【ソウル=名村隆寛】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は21日、トランプ米大統領が19日に国連総会で行った演説を「歴代最も暴悪な宣戦布告であり、史上最高の超強硬対応措置の断行を慎重に考慮する」と非難する声明を発表した。朝鮮中央通信など北朝鮮メディアが22日、伝えた。

金委員長直々の声明が発表されるのは今回が初めて。声明は北朝鮮の国家最高位とされる国務委員長の名義で、金委員長が党中央委員会庁舎で発表した。祖父の金日成(イルソン)主席、父の金正日(ジョンイル)総書記の体制でも最高指導者名義の声明が出されたことはなく、米国への最大の警告とみられる。

声明で金委員長は、「トランプが世界の面前で私と国家の存在自体を否定して侮辱し、わが共和国(北朝鮮)をなくすという歴代で最も暴悪な宣戦布告をしてきた以上、われわれもそれに見合う史上最高の超強硬対応措置断行を慎重に考慮する」と主張した。

また、「朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)を代表する者として、わが国家と人民の尊厳と名誉、そして私自身の全てを懸け、わが共和国の絶滅をわめいた米国統帥権者(トランプ氏)の妄言に代価を支払わせる」と強調。「トランプが何を考えようが、それ以上の結果を目の当たりにすることになろう」「米国の老いぼれの狂人を必ず火で罰するであろう」となどと主張した。

「米国執権者は情勢緩和に役立つ説得力のある発言をするどころか、わが国家の『完全破壊』という歴代米国大統領いずれからも聞いたことのない前代未聞の無知蒙昧(もうまい)な狂った妄言を吹きまくった」と罵倒した。

トランプ氏は、19日の国連演説で北朝鮮の「完全破壊」に言及し、金委員長を「ロケットマン」と呼び非難しており、金委員長は、強い警告を米国に返した形だ。金委員長は対応措置の断行を「慎重に考慮する」と含みを残してはいるが、米朝関係は首脳同士が名指しや蔑称で罵り合うという最悪の状況になった。

参照元 : NHKニュース


北は事実上アメリカの傀儡

だからアメポチの小泉の時に拉致被害者が帰ってきた。経済人や宗教家などを使って(X-FILEのスモーキングマンみたいに)金一家を巧みに操っている(操られてるのは日本も同じ)

アメリカぐらいの工作力・情報力があれば北の転覆などたやすい。それに本気出せば絶対に北の核開発は阻止できる。それをやらないのは何かしらの目的があるから、それは日本人の危機意識を高めて右派の安部の支持率を上げることと、防衛品を売りつけることだと思われるが、もしかしたら核ミサイルを日本に打ち込ませて、それを契機に9条改正&核武装(中国との核戦争をやらすため)させようとしている可能性もある。

さすがに核ミサイル打ち込まれたら、マスゴミ(アメリカ)も9条改正&核武装を煽りやすいからな。最近の北の核開発の進捗状況はおかしい、相当な組織が後押ししないとあんなにスムーズに開発できない。

中国やロシアにとって北が核保有することにメリットは一切ない。ほかにどこかの大国を考えると謀略ばっかやってるアメリカ以外に考えられない。今後、トランプが大統領になることはほぼ間違いないと思われるが、もしかしたらトランプに北を攻撃させて、その報復として日本に攻撃させようとしてるのかもしれない。

トランプ大統領の時に北で何らかの騒動が起こって、アメリカが北を攻撃する可能性が出たら、在日米軍基地から離れた方がいいぞ、2021年に注意せよ。

ただ最近の日本押し、クラブワールドカップでの躍進、ピコ太郎の世界的ごり押しなどが311前の状況に似てるから、2017年に日本が絡む事件が起きる可能性もある。

事件は安部の支持率に影響せず、ナショナリズムを高めるものになる(北の通常弾頭による攻撃ぐらいはあるかも)

・北攻撃は左派系文在寅大統領が誕生した後。文在寅大統領に切っ掛けを作らせ、あるいは、経済制裁を強化し北を暴発させ、報復の責任を左派と北に全て押し付ける。奇数年の年は奇数月(5月、7月、9月、11月)、奇数日が危ない。

・右派でアメリカのパペット安部が総理の時は核ミサイルによる報復はない。報復は通常弾頭。 安部が総理じゃない時は核による報復は十分あり得る。

・右派でアメリカのパペット小池が都知事の時に東京が攻撃されることはない。大阪もない。地政学的に佐世保、福岡などの九州、岩国などの西日本、民進系知事の新潟が危ない。

・報復を契機に日本の憲法を改正させ、ICBMを保有できるようにし、中国と核戦争。

・ピコ太郎のPPAPも日本(アップル)と中国(パイナップル)に北のミサイル(ペン)を撃ち込み、日本と中国とを戦争させるというイルミナティの予告(暗示)。

・EMP攻撃にも備えよ。アメリカの支配下にあるメディアがEMP攻撃の危険性を煽るということは、EMP攻撃があるということ。光回線への変更、サージプロテクターの設置など。








トランプ大統領が「北朝鮮の完全破壊」に言及 → 北の国連大使が演説途中に退席!12月以降に北を軍事攻撃、米が安倍首相に伝達?

トランプ氏国連演説、米国第一と国連理念を融合 北朝鮮大使は途中退席

2017/9/20(水) 1:42配信

【ニューヨーク=黒瀬悦成】トランプ米大統領による初の国連総会での一般討論演説は、「米国第一」を含む、国連加盟各国の主権を尊重する自国優先主義こそが世界の「平和と繁栄」の実現に向けた国連の活性化につながると表明した。背景には、米国が外交・安全保障分野での重要課題と位置づける北朝鮮の核・ミサイル開発問題やシリア情勢、テロとの戦い、ベネズエラ情勢などについて、いずれも国連を通じた国際連携なしには事態の打開が難しいとの判断がある。

トランプ氏が北朝鮮による横田めぐみさんらの拉致問題に言及し、北朝鮮の核・ミサイル開発を国際社会全体の問題と位置づけたのも、各国がそれぞれの安全保障上の利害を共有してこそ事態解決の道が開かれるとみている表れだ。

日本としても、トランプ氏が国連総会の場で日本の拉致問題に言及したことは、北朝鮮の核問題に隠れて拉致問題が国際社会の中で存在感が低下していく懸念を薄めた点でも大きな意義があった。

トランプ氏が北朝鮮の「完全破壊」に言及した際、議場からはどよめきが起きた。北朝鮮の国連大使も演説途中で抗議の退席。こうした場面もトランプ氏の強い姿勢を際立たせた。

トランプ氏は大統領に就任する前の昨年12月、国連は「集まって話して楽しむクラブに過ぎない」などと批判していた。トランプ氏による今回の演説は、国連を軽視するかのような従来の立場と孤立主義を連想させる「米国第一」の主張を、国連の理念である「主権」「安全」「繁栄」と絶妙に融合させ、「トランプ時代の国連」という新たな概念を打ち出したといえる。

参照元 : 産経新聞




12月以降に北朝鮮を軍事攻撃、米国が安倍首相に伝達で衆院選前倒しか…有事想定で準備か

2017.09.20

2017-09-21_090807

報道各社は18日、安倍晋三首相が28日の臨時国会冒頭に衆議院を解散し、10月22日投開票の日程で総選挙を実施すると一斉に報じた。報道では「大義なき解散」「森友・加計隠し」などの文字が見られるが、具体的な解散総選挙の理由は報じられておらず、安倍首相の心内を誰もつかめていないことを意味するといえるだろう。

このようななか、永田町関係者の間では、「森友・加計隠し」どころではない解散総選挙の理由があるといわれている。ある与党議員は語る。

「安倍首相が早期の解散総選挙を決心したのは、トランプ米大統領側から『12月以降、北朝鮮を攻撃する』と内々に連絡を受けたからだといわれています。米国が北朝鮮を攻撃、つまり第2次朝鮮戦争が勃発すれば、日本は対岸の火事ではすまなくなる。北朝鮮の弾道ミサイルによって国民が被害を受けたり、原発や自衛隊・米軍基地が特殊部隊によって攻撃される可能性があるのです。

それだけではなく、経済的混乱や、金正恩体制なき後の北朝鮮をどのように取り扱うのかという戦後処理など、長期安定政権でなければ対応できない問題に直面することになるでしょう。安倍首相は、危機で日本を漂流させないために解散総選挙を決心したのではないか、という見方も広まっています」

ヘイリー米国連大使は9月17日に、「米国は北朝鮮問題を米国防総省に委ねざるを得なくなるかもしれない」と表明し、軍事的オプションを選択する可能性を示唆。さらに18日にはマティス米国防長官が、ソウルを重大な危険に晒さずに実行できる軍事的選択肢もあると発言した。

今日本では、「安倍首相が首相公邸に泊まれば、北朝鮮が弾道ミサイルを発射する」といわれるほどに、安倍首相の動静には高い関心が払われているが、来る衆院選の結果が今後の日本を大きく左右する可能性があることを、有権者は肝に銘じて投票する必要がありそうだ。

(文=編集部)

参照元 : Business Journal








【衝撃映像】メキシコ中部で19日起きたM7.1の強い地震で少なくとも死者225人

メキシコ中部地震、死者225人に=救助難航で犠牲拡大

2017/9/20(水) 14:47配信

2017-09-21_083815

【サンパウロ時事】メキシコ中部で19日起きたマグニチュード(M)7.1の強い地震で、当局やボランティアの市民による救助作業は夜を徹して続いた。

救助当局によると、20日午前(日本時間深夜)現在で死者は少なくとも225人に達した。首都メキシコ市や隣接州で小学校など多くの建物が倒壊しており、犠牲者数はさらに増える見込み。これまでに日本人の被害情報はない。

メキシコでは7日に南部沖を震源地とするM8.1の地震が起きたばかり。今回の震源地はメキシコ市の南東約120キロ。比較的もろい造りの家屋や工場、倉庫のほか、アパートやオフィスビルも崩壊し、多くの人ががれきの下敷きになったもようだ。広範囲に被害が広がり、救助作業は難航している。

メキシコ市南部では、4階建ての小学校の1階部分が圧壊。住民らがツイッターで加勢を募るなどして懸命の救助作業を続けたが、教育相によると、がれきの下から児童・生徒21人と教職員4人の計25人の死亡が確認された。

ペニャニエト大統領はビデオメッセージで「残念ながら子供を含む多くの人が命を落とした。心から哀悼の意を表する」と表明し、メキシコ市の4割、隣接するモレロス州の6割が停電していると説明した。その上で被災者に当局の指示に従うよう求めるとともに、治安機関や災害当局を総動員して生存者の救出とライフラインの復旧に当たると宣言した。

19日は、約1万人が犠牲となった1985年のメキシコ大地震からちょうど32年に当たっていた。

参照元 : 時事通信



▼メキシコ地震の瞬間映像











2017-09-21_084201

Rescue efforts underway after second deadly Mexico earthquake

Wednesday dawned a grey day and with it a sombre mood as rescue efforts took place in Mexico.

At least 22 schoolchildren are among some 225 who have died in the country’s most lethal earthquake in a generation.

Survivors have been rescued from the rubble, but fears remain for those trapped beneath hundreds of collapsed buildings.

Dozens more youngsters are feared buried under the Enrique Rebsamen school in the capital city. It enrols students from the ages of three to 14.

President Enrique Pena Nieto visited the site of the collapsed school as dozens of volunteers and emergency service personnel dug through the debris, some using just their bare hands.

The magnitude 7.1 quake rocked Puebla State, just over a hundred kilometres from Mexico City, on Tuesday afternoon. It came exactly 32 years to the day since thousands were killed in another devastating quake in the capital. Earlier this month, an 8.1 magnitude tremor killed at least 90 people in the south of the country.

Tents and aid centres have been set out to distribute food, water and other supplies to those in need.








ノストラダムスの予言で北朝鮮による2度のミサイル攻撃で第三次世界大戦勃発と予言!「電磁パルス攻撃」の脅威

北朝鮮のミサイル発射→2017年に第三次世界大戦勃発はノストラダムスが予言していた!! 「27年続く」殺し合いの衝撃的結末とは!?

2017.08.29

中世ヨーロッパに登場した希代の大予言者・ノストラダムの予言集に“2017年予言”があったことが報告されている。その予言によればなんと、2017年中に第三次世界大戦が勃発するというのだ。今月29日にも北朝鮮のミサイルが日本上空を通過するなど、東アジアを取り巻く安全保障情勢がますます不安定化する中、果たしてこの予言は的中してしまうのだろうか?

■北朝鮮による2度のミサイル攻撃で第三次世界大戦勃発?

ノストラダムス研究家で作家のアショク・K・シャーマ氏によると、ノストラダムスの予言集の中に2017年に起きる出来事を暗示している詩がいくつかあるという。

2017-09-10_163705

まずは今年1月に発足したアメリカ・トランプ政権の登場だ。ノストラダムスの詩にはよく「トランペット」という言葉が登場するのだが、これこそがまさにトランプ大統領を指しているという。

トランペット(トランプ)は大きな仲たがいで揺れ動いている。ある合意が破棄される。顔が天国を見上げる。血塗られた口は血の海で泳ぐだろう。牛乳とハチミツで清められた顔が地面に横たわる。

英訳文:The trumpet shakes with great discord. An agreement broken: lifting the face to heaven: the bloody mouth will swim with blood; the face anointed with milk and honey lies on the ground.

これは今、バランスを失いかけて揺れ動くトランプ政権と国際情勢を暗示した詩であるという。そして欧米、とりわけアメリカが弱体化していることを指摘しているというのだ。続いて戦争に関するものの中で最も重要な詩が下記だ。

2017-09-10_163757

2回打ち上げて2回落とすと、東は西を弱めるだろう。海で繰り広げられたいくつかの戦闘の後、その敵は肝心な場面で失敗するだろう。

英訳文:Twice put up and twice cast down, the East will also weaken the West. Its adversary after several battles chased by sea will fail at time of need.

シャーマ氏はこの詩が示しているのは、現在の世界情勢の地政学的状況であるという。東が西を弱めているというのは、アジア勢力が欧米を弱体化させていることであり、おそらく2回の攻撃がさらに欧米の軍事力を損なうものになるというのだ。

これはつまり、北朝鮮のミサイル攻撃や、中国海軍の南シナ海における軍事衝突などを示唆し、これが年内の第三次世界大戦勃発につながると考えられるという。しかしながら予言を締めくくる言葉は「肝心な場面で失敗する」とあり、シャーマ氏によれば中国の海洋進出の野望が挫折に終わることを示しているということだ。また英紙「Express」の記事によれば、年内にも始まるこの第三次世界大戦は、なんと27年間も続くというのだ。

北朝鮮によるICBM(大陸間弾道弾)と思われる一連のミサイル発射実験はなおやむ気配はなく、グアム沿岸にも落下させると北朝鮮側が豪語しているのはご存じの通りだ。これに対してアメリカのトランプ大統領は事が起きれば炎と憤怒(fire and fury)で応じることを表明している。

2017-09-10_163841

なんとも不気味な予言だが、現在の緊張が高まる国際情勢に鑑みれば見当外れなものではないことも明らかだろう。しかしながら、詩の解釈そのものが適切なものであるのかどうか、異論や議論の余地はじゅうぶんにあることも事実だ。

■2017年ロンドンテロ事件も予言

第三次世界大戦だけではない。ノストラダムスの2017年予言には、すでに的中したロンドンテロをはじめ、世界情勢のターニングポイントといえるものにもなるような予言も残されているという。まずは6月のロンドンテロの予言が下記だ。

偉大な男は、雷鳴によってその日に打ち倒されるだろう。嘆願書の持参人によって予告された邪悪な行為だ。見込みによれば別件は夜に起きる。ランス(フランス)とロンドンでの闘争と、トスカーナ(イタリア)での疫病だ。

英訳文:The great man will be struck down in the day by a thunderbolt. An evil deed, foretold by the bearer of a petition. According to the prediction another falls at night time. Conflict at Reims, London, and pestilence in Tuscany.

「ロンドンでの闘争」というのは確かに6月のロンドンでのテロを彷彿させる。不気味なのはフランス・ランスとイタリア・トスカーナの地名があがっている点だ。そして疫病(pestilence)という言葉も気になる。今後年末までの間に、双方の地域で何か悪いことが起きないことを願いたいものだ。

そしてこうした人災だけでなく、ノストラダムスの2017年予言には深刻な気象変動を指し示すものもあるという。

これから40年間虹は見られなくなり、これから40年間毎日見られる光景が出現する。乾燥した大地はさらに干上がり、時折大洪水に見舞われる。

英訳文:For forty years the rainbow will not be seen. For forty years it will be seen every day. The dry earth grow more parched, and there will be great floods when it is seen.

2017-09-10_163944

この詩はまさに2017年から本格化する気象変動を指し示しているという。日本各地でもこれまでには見られなかった局地的豪雨や雷、ひょうなどが相次いでいるが、それもそのはず、この予言によれば今年を境に地球の気象は完全に変わってしまったことになるのだ。

何かと不気味で絶望的なものばかりのノストラダムス2017年予言だが、もちろんどう解釈するかは人それぞれだろう。早いもので今年もあと4カ月あまりとなったが、いろんな意味で気を引き締めて残りの日々を過ごすことが求められているのかもしれない。

(文=仲田しんじ)



参考:「Express」、ほか

参照元 : TOCANA


米、11日採決堅持=北朝鮮制裁、中ロに圧力−国連安保理

2017年9月8日 22:37

【9月8日 時事通信社】北朝鮮による6回目の核実験を受け、国連安全保障理事会は7日、米国が配布した制裁強化決議案の調整を続けた。外交筋によると、米国は決議案修正の用意はあるものの、11日に採決する方針を崩していない。中ロ両国は決議案に慎重で、採決強行の場合、拒否権を行使する可能性もある。

安保理は核実験前から、11日午後(日本時間12日未明)に北朝鮮関連の会合を開く予定だった。米国はこれに合わせた採決を目指し、6日に北朝鮮への原油や石油製品の供給停止、金正恩朝鮮労働党委員長の資産凍結などを盛り込んだ制裁決議案を配布した。

核実験から間もない時期に、常に最大の交渉相手となってきた中国の合意もないまま、全理事国に決議案を配布するのは極めて異例。外交筋は、決議案の内容で譲歩するよう「中国やロシアに圧力をかける狙いがあるのではないか」と指摘する。

米国の性急な動きを受け、安保理の各国大使らとエチオピアを訪問していた中国の劉結一国連大使は7日、旅程を短縮してニューヨークに戻った。決議案交渉に参加するためとみられる。

今回の決議案は、北朝鮮の生命線である燃料の全面禁輸をうたっており、北朝鮮の暴発を懸念する中ロの同意を得るのは難しいという見方がある。ロイター通信によると、ロシアは「最強の制裁」(ヘイリー米国連大使)を現段階で科してしまうと、北朝鮮が挑発行為を続けた場合、新たに打つ手がなくなるとして、決議案に疑義を呈しているという。ラブロフ外相は8日、記者会見で「(決議案が)どのような形になるかを予測するのは時期尚早だ」と述べた。

決議案はまた、制裁指定された船舶の臨検時に「あらゆる必要な措置」を講じることを許可すると明記した。軍事力行使を容認しているとの解釈も可能で、識者からは懸念も出ている。

元国務省高官でペンシルベニア州立大教授のジョゼフ・デトーマス氏(核不拡散)は臨検時の措置に関し、「今は一つの事件が大きな戦争を引き起こすところに以前より近づいている。非常にリスクのある提案だ」と語った。

参照元 : 時事通信社


安保理制裁案の11日採決、不透明に…中露反発

2017年09月08日 23時53分

【ニューヨーク=橋本潤也】国連安全保障理事会の北朝鮮への追加制裁決議案を巡り、米国が目指す11日の採決に不透明感が強まっている。

石油供給の全面禁止など「最も強い制裁」(米国のヘイリー国連大使)を、中国やロシアが認めないとの観測が広がっているためだ。

米国が配布した決議案について、英国のライクロフト国連大使は7日、ツイッターに「最大限の圧力が必要だ」と書き込み、11日採決を目指す考えを強調した。

追加制裁には、安保理が指定した制裁対象の貨物船に対し、公海上で国連加盟国の軍や海上執行機関などが臨検出来ると盛り込まれた。「あらゆる措置」を取れると明記され、軍事手段を含むとも読み取れるため、「極めて強力な制裁」(国連外交筋)とされる。北朝鮮の周辺海域で米軍が臨検を強行すれば、軍事衝突に発展する危険もあるとの指摘が出ている。

参照元 : 読売新聞


【ショック】2018年版ノストラダムスの大予言が絶望的!「史上最悪の地震発生」「豚人間」「 第三次世界大戦」など悲報10連発!

2017.09.06

2017-09-10_165039

2017年も9月を迎え、そろそろ店頭にも2018年のカレンダーや手帳が並び始めている。少し気は早いが、例年恒例となっている「ノストラダムスの大予言」の2018年版をご紹介しよう。

■ノストラダムスの大予言10

2017-09-10_165114

1、ヴェスヴィオ火山の噴火
ノストラダムスによると、ポンペイに悲劇をもたらしたイタリアのヴェスヴィオ火山が来年2018年に再び噴火、“5分毎に”地球を揺らし、6千人〜1万6千人の犠牲者が出るという。

2、人間が動物と話すようになる

ノストラダムスは、「豚が人間の友人となるだろう」と予言している。現代的に読み直せば、科学技術の進歩により、動物との会話が可能になるとも取れるが、遺伝子操作により人間と動物のハイブリッドが生まれると考えることもできる。あるいは、“豚”に注目すれば、最近ニュースにもなった豚から人への臓器移植を予言していたと見ることもできるだろう。

3、経済の崩壊
ノストラダムスによると、2018年に「金持ちは幾度となく死に絶える」とのことだ。現代の我々からすれば、驚くには値しない予言ともいえるだろう。

2017-09-10_165155

4、第三次世界大戦
「2つの大国の間で戦争が勃発し、27年続くだろう。彗星の出現とともに恐ろしい暴力が振るわれるだろう」

ノストラダムスによると、2017年と2018年が人類にとって重要な年になるという。“彗星”という言葉から察せられるように、戦争の勃発は夜だとする解釈もあるようだ。ISISや北朝鮮の脅威が騒がれる昨今、ノストラダムスが別の箇所で予言しているアンチキリストの出現とも一致している。

5、史上最悪の地震
これは地震大国に住む我々にとっては非常に心配になる予言だ。日本列島のどこで巨大地震が発生してもおかしくない。ノストラダムスによると、2018年はアメリカ大陸の西側が特に危険とのことだ。

2017-09-10_165235

6、人工抑止政策
「子どもを欲する者は、資格あるいは許可が必要になる。自分たちの思い通りに子どもを産むことはできない」

国連によると、世界人口は2050年までに97億人、2100年までに112億人に達するという。適正世界人口は数億人〜20億人程度と言われているが、いずれにしろ、人口過剰であることには変わりがない。噂によると、マイクロソフト共同創業者ビル・ゲイツ氏も、人口抑制計画に関心があると言われている。人口爆発の阻止は世界的な問題である。

7、寿命が200歳になる
「医療の進歩により、寿命は200歳まで延びる。80歳であっても50歳の見た目となるだろう」

早稲田大学創設者の大隈重信は、適切な生活を送れば125歳まで生きられるとする「人生125歳説」を唱えたが、人類史上最も長生きした人物は、122歳まで生きたフランス人のジャンネ・カルマンさんである。人類が来年からいきなり200歳まで生きるようになるとは思えないが、もしかしたらアンチエイジングにおけるブレークスルーを予言しているのかもしれない。

8、言語の統一
『旧約聖書』によると、天にまで届く高さのバベルの塔を建設しようとした人間の傲慢さに神が怒り、コミュニケーション不全に陥らせるために、それまで1つだった言語を複数にしてしまった、と言われている。ノストラダムスによると、「新モーター」の発明により、人類はバベルの塔以前の状態に戻るという。おそらく、この新モーターはコンピュータや翻訳機を指していると思われる。また、言語の壁が無くなると、国という概念もなくなっていくとのことだ。

2017-09-10_165319

9、地球温暖化
「王が森を盗み、空が開け、大地は熱で焼け焦げる」

16世紀のノストラダムスが地球温暖化を予言していたとは驚きであるが、彼は確かに異常気象が地球を焼き尽くしてしまうと予言しているというのだ。

10、西側諸国で税金がなくなる
2017年、米トランプ大統領は所得税の削減を約束した。同様に、ヨーロッパで人気を博す多くのポピュリズム政党が経済成長の処方箋として減税を掲げている。

来年のことを言えば鬼が笑うかもしれないが、少しでも未来のことを知りたいと思うのが人間の性だろう。今回の予言が全て的中するかは分からないが、来年を境に世界がガラッと変わってしまうことも十分あり得るだろう。その時が来てしまった時のために、心の準備だけはしておいた方が良いかもしれない。

(編集部)

参考:「Disclose.tv」、「Lombardi」、ほか

参照元 : TOCANA


「電磁パルス攻撃」の脅威とは? 高高度の核爆発で日本全土が機能不全に 防護対策進まず…

2017.9.9 17:00

2017-09-10_170012

北朝鮮が核兵器や弾道ミサイルで挑発を続けるなか、もう一つの深刻な脅威として「電磁パルス攻撃」の可能性が指摘されている。上空で核爆発を起こし、広範囲で都市機能を破壊するものだ。北朝鮮は既に攻撃能力を持つとみられるが、日本の対策はほぼ手つかずで、専門家からは懸念の声が上がる。(小野晋史)

大規模停電の恐れ

電磁パルス攻撃は、高度30〜400キロの上空で核爆発を起こして行う。その際に生じたガンマ線が大気を構成する窒素や酸素などの分子に衝突。分子に含まれる電子がはじき飛ばされて雷のような巨大な電流が発生するなどした結果、強力な電波の一撃である電磁パルスが地上に襲いかかる。

電磁パルスは送電線を伝ってコンピューターなどの電子機器に侵入。その電圧は5万ボルトに達するため、機器はIC(集積回路)の機能停止で損壊し、同時に大規模な停電も発生すると予測されている。核爆発に伴う熱線や衝撃波は、地上には届かない。

影響範囲は爆発の高度や規模によるが、高度100キロで広島型原爆の3分の2に相当する10キロトン(TNT火薬換算)の場合、日本全土をほぼ覆う半径約1100キロにも達する。

1962年に米国が北太平洋上空で行った高高度核実験「スターフィッシュ・プライム」では、高度400キロの宇宙空間での核爆発で電磁パルスが発生。爆心から1400キロも離れた米ハワイ・ホノルルなどで停電が引き起こされ、その威力が実証された。

空から襲う“津波”

現代社会は電気なしでは成り立たない。電磁パルス攻撃によって大規模な停電が発生し、公共インフラを支える電子機器が損壊すれば、都市機能はまひする。

電話やインターネットなどの通信やガス、水道の供給が停止。飛行中の航空機が操縦不能になったり、電力を絶たれた原子力発電所が制御不能に陥ったりする恐れも指摘されている。

米国の専門家チームが今世紀に入ってまとめたシナリオでは、10キロトンの核爆弾がニューヨーク付近の上空135キロで爆発した場合、被害は首都ワシントンを含む米国東部の全域に及ぶ。

損壊した機器を修理する人員や物資が大幅に不足し復旧には数年を要し、経済被害は最悪で数百兆円に達する。電磁パルスは健康に直接影響しないとされるが、食糧不足や病気などで死傷者は数百万人に上ると推定している。

元陸上自衛隊化学学校長の鬼塚隆志氏は「電磁パルス攻撃は宇宙から襲う津波のようなものだ。被害を完全に防ぐことは難しくても、備えを固めるなどして減災に取り組む必要がある」と強調する。

「日本は無防備」

電磁パルス攻撃は地上への核攻撃と違い、ミサイルの弾頭部分を大気圏再突入時の高熱から守る技術は必要ない。小型の核弾頭を搭載したミサイルを発射し、目標上空で起爆するだけだ。

米国防総省の内部では、北朝鮮が既に核弾頭の小型化に成功したとの見方もある。成功が事実なら、弾道ミサイルや人工衛星を搭載したロケットが上空を通過するとみせかけ、日本の真上の宇宙空間で核爆発を起こすことも可能だ。日本の領土や領海に着弾する恐れがない場合、迎撃ミサイル発射のタイミングを逃す可能性は十分にある。

電磁パルス攻撃は米国やロシア、中国も能力を保有しているとされる。核爆発以外の方法でも可能だ。米露中のほか、北朝鮮や中国の脅威にさらされる韓国や台湾でも、インフラや軍などの防護対策が進んでいる。

これに対し日本は取り組みが遅れている。電子戦に関わる研究開発を担う防衛省の電子装備研究所は、電磁パルス攻撃を受けた場合に「(自衛隊の)指揮・統制機能が無力化される恐れ」があるとして、今秋にも防護技術の動向調査を始める。

だがその内容は攻撃の脅威に関する調査や、防護技術の実現に向けた課題の明確化など基礎的な検討にとどまる。

電磁パルスが防衛装備品に与える影響に詳しい企業関係者は「日本には、電磁パルス攻撃への備えがまともに存在しない。社会全体が無防備な現状は非常に危険だ」と警鐘を鳴らす。

参照元 : 産経新聞

在キューバ米国大使館の職員らが「音響兵器」による攻撃を受け、犠牲者は16人

米外交官16人、音響攻撃で犠牲に キューバ

2017年08月25日 09:3

2017-08-25_094807

米国務省は24日、在キューバ米国大使館の職員らが音響兵器による攻撃を受け、犠牲になった人は少なくとも16人に上がると発表した。AFP通信が伝えた。

国務省のヘザー・ナウアート報道官の声明によると、攻撃は既に停止したようだが、けがをうけた米政府職員が複数いる。

AFP通信の報道によると、けがをした人々は音響兵器の一種による攻撃を受けたとみられる。昨年末、米大使館の職員らとカナダ人少なくとも1人が症状を感じ始めた。しかし、けがの詳細は明らかにされていない。

この攻撃についてレックス・ティラーソン米国務長は「健康攻撃」と表現。

参照元 : SPUTNIK





「トモダチ作戦」に従事したという米国居住の157人が放射能被爆による被害を受けたとして50億ドル基金要求、米で東電を提訴

「トモダチ作戦」157人が米で東電を提訴、50億ドル基金要求

2017/8/24(木) 16:55配信

2017-08-25_024537

[東京 24日 ロイター] - 東京電力ホールディングス<9501.T>は24日、2011年3月の福島第1原発事故発生後の米軍による被災地支援活動、いわゆる「トモダチ作戦」に従事したという米国居住の157人が、放射能被ばくによる被害を受けたとして、50億ドル(約5450億円)の基金の創設や損害賠償を求めて米国の裁判所に提訴したと発表した。

東電によると、157人は今月18日、米カリフォルニア州南部地区連邦裁判所で提訴。損害賠償の請求金額は訴状には記載されていないという。

同社は、2013年3月15日付で米国で同種の提訴(24日時点の原告数239人)を受けており、今回の原告は同訴訟との併合を求めているという。

提訴に対し東電は、「原告の主張、請求内容を精査して適切に対処する」としている。業績への影響は不明だという。

(浜田健太郎)

参照元 : ロイター






バルセロナで車突入テロ!13人死亡、5人の容疑者を射殺!イスラム国が犯行声明(現地映像あり)

バルセロナでテロ 車突入13人死亡か 武装男が店侵入との情報も

2017.8.18 02:45

2017-08-18_161723

【ベルリン=宮下日出男】スペイン北東部バルセロナで17日午後5時(日本時間18日午前0時)ごろ、群衆に小型トラックが突っ込み、地元警察によると1人死亡、32人が負傷し、うち10人が重体という。死者は13人との報道もある。警察当局はテロとみて捜査を始めた。

地元メディアによると、銃を持った男が近くのバーに侵入し立てこもっているとの情報もあり、車で群衆をはねた後、逃走した容疑者の可能性がある。

現場はバルセロナ中心部のランブラス通り。カタルーニャ広場に通じる約1・2キロの並木道でレストランやホテル、商店が並ぶ。バルセロナは、世界遺産サグラダ・ファミリア(聖家族教会)などで知られる建築家、ガウディの作品が建ち、世界中から観光客が訪れ、日本人観光客も多い。

在バルセロナ日本領事館によると、これまでのところ日本人が被害に遭ったとの情報はないが、確認を急いでいる。

スペイン国内では2004年3月、マドリード市内で191人が死亡し、1800人以上が負傷する列車爆破テロ事件が発生。イスラム過激派が犯行声明を出した。同テロ事件以降、スペイン国内でイスラム過激派によるテロ事件は起きていない。

一方、欧州では近年、トラックや自動車を使ったテロ事件が頻発している。16年7月にはフランス南部ニースで、同年12月には独ベルリンで、今年3月と6月には英ロンドンでも車両を使用したテロが相次ぎ発生した。

参照元 : 産経新聞




バルセロナでテロ 歩道に車突入 13人死亡

2017年8月18日 00時54分

2017-08-18_162020

【パリ賀有勇】スペインからの報道によると、北東部バルセロナの中心部のランブラス通りで、17日午後5時(日本時間18日午前0時)ごろ、歩道に小型トラックが突っ込んだ。ロイター通信などによると、13人が死亡、多数が負傷した。警察当局はテロとみて捜査を開始した。警察は現場付近を封鎖した。

武装した男2人がレストランに侵入したとの情報や、運転していた男が徒歩で逃走したとの情報もあるが、詳細は不明。

現場は、世界的な観光地のランブラス通り付近。救急車が多数駆け付け、救助作業を続けた。

欧州では最近、フランス南部ニース、ドイツの首都ベルリン、英ロンドンなど、通行人をはねるテロが相次いでいる。

参照元 : 毎日新聞







2017-08-18_162044

2017-08-18_162054

2017-08-18_162104


バルセロナで大量轢殺テロ事件 イスラム国「IS」が犯行声明を 死亡者13名に

2017年 08月 17日 17時 24分

バルセロナの人気スポットであるランブラス通りで白いライトバンが普段、歩行者しか使えない中央部に乗り、600メートルぐらいに亘って数十人を轢いて、走行の末にキオスクと衝突した。また、利用されたライトバンの中にはアフリカ北部、モロッコ出身のDriss Oukabir氏のメリリャ発行スペインパスポートが発見されたが、本人自身はジローナ県・リポイ基礎自治体の警察署に出頭し、パスポートを盗まれたと訴える。

加害者は1人逮捕されたが、攻撃に参加した容疑者は他に2人がおり、そのうち1人が射殺され、1人が逃亡中。封鎖された中心街の交通は非常に制限されて、バルセロナ市へのアクセスに検問も敷いている。

2017-08-18_162543

*Driss Oukabir氏のパスポートを利用してライトバンがレンタルされたが、本人が実行犯ではない模様。

既に現地メディアでは テロ攻撃として扱われており、現在まで死亡者13名、負傷者80名が確認されている。現在はメトロ、州立鉄道とRenfe鉄道はランブラス通りやグラシア通りなど付近の駅には止まらない。なお、イスラム国(IS)傘下のメディア、Amaq(アマック)によると、ISが攻撃を認めると伝えた。

2017-08-18_162624

現在、州警察の「Mossos d'esquadra」が エリアを立入禁止にしており、救急車は負傷者の手当に向かっている。

今件のテロ攻撃は近年、ヨーロッパ他国にも発生した同様攻撃と酷似している。そのうち、最大の惨劇となったのは2016年7月14日、フランス南部・ニース市の遊歩道「プロムナード・デ・ザングレ」において、花火の見物をしていた人々の列にトラックが突っ込んだ事件である。少なくとも84人が死亡し、202人の負傷者が出た。



事件現場はこちらになります

2017-08-18_162849

参照元 : pressdigitaljapan







英政府が2040年からガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する方針

英国、2040年からガソリン車とディーゼル車を販売禁止へ=現地紙

2017/7/26(水) 9:00配信

2017-07-27_040829

[ロンドン 25日 ロイター] - 英政府は、2040年からガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する方針を26日に発表する見通し。大気汚染対策の一環で、電気自動車(EV)への完全移行を目指す。現地有力紙などが報じた。

フランス政府も先に、40年までにガソリン車とディーゼル車の販売終了を目指す方針を発表している。

英紙タイムズによると、英政府はモーターとガソリンあるいはディーゼルエンジンを組み合わせたハイブリッド車(HV)の販売も40年までに終了する方針。

デイリー・メール紙は、20年からは、最も大気汚染が深刻な道路で大気質の改善が見られない場合、地方自治体がディーゼル車に課税することが可能になると伝えた。

参照元 : ロイター


フランスがガソリン車の販売を禁止する真の理由 産油国は低価格戦略で対抗するしか道がないのか

2017年7月27日(木)

2017-07-27_094715

7月6日、フランスのユロ・エコロジー大臣(環境連帯移行大臣)は、2040年までに、二酸化炭素の排出削減のため、国内におけるガソリン車およびディーゼル車の販売を禁止すると発表した。

具体的内容やそこに至る道筋など詳細は明らかにされていない。また、EV(電気自動車)の走行距離やバッテリー寿命など技術的課題、そして給電インフラや産業構造転換など社会経済的課題が現時点では解決されていないことから、実現は難しいとする見方もある。

しかし、フランス政府の発表は、G7の先進国政府として初めての、内燃機関自動車の販売禁止方針の表明である(7月26日には英国も2040年までにガソリン・ディーゼル車の販売を禁止する方針を打ち出した)。そして、パリ協定離脱を宣言した米トランプ大統領が初めて出席するG20(7月上旬にドイツ・ハンブルグで開かれた20カ国・地域首脳会議、以下G20ハンブルグ会議)とフランス訪問の直前という絶妙のタイミングで、最大の政治的効果を狙って打ち出された、マクロン仏新大統領の決断であった。

本稿では、このフランスの発表の狙いと背景を分析するとともに、今後の産油国、特に三大産油国の対応について検討してみたい。

パリ協定の性格

2017年6月1日、トランプ大統領は、選挙公約に従って、米国のパリ協定からの脱退を発表した。ただ、実際の脱退は、発効3年後から通告可能で、通告の1年後に効力を有することから、将来の話になる。

そのトランプ大統領のG20ハンブルグ会議とフランス訪問の直前のタイミングで、パリ協定のホスト国として、地球温暖化対策の積極的推進を表明し、リーダーシップを取ろうとしたマクロン大統領の政治的決断は「凄い」というほかない。

特に近年、EU(欧州連合)内では、メルケル独首相の主導権が目立ち、フランスの影が薄くなっていただけに、マクロン大統領の国際的な発言力強化につながるものであった。環境立国は、EUとしての未来戦略でもある。

パリ協定は、2015年11〜12月にパリで開催された、第21回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)で締結され、16年11月発効した国際条約である。しかし、パリ協定は、同床異夢の産物であり、内容が十分に整合的であるとは言い難い。

パリ協定では、まず世界共通の長期削減目標として、産業革命前からの気温上昇を2度(可能ならば1.5度)未満に抑制するとし、先進国だけでなくすべての国が削減目標を自ら策定し、国内措置を履行、5年毎に目標を提出することとした。

ところが、各国目標が達成されても、削減量が大きく不足し、全体目標は達成できないことから、各国は5年ごとに目標を見直し、これを強化していくこととされている。「グローバル・ストックテイク」と呼ばれる一連の仕組みだ。

COP21終了後、会議報告を聞いた時、環境NPO・環境省関係者は2度目標の合意を、産業界・経産省関係者は各国目標の履行を強調していた。筆者は同じ会議の報告とは思えなかったことを記憶している。当然、EU各国は、全体目標の実現を重視している。

ディーゼル車の行き詰まり

実は、米国は脱退するまでもなく、パリ協定で自ら課した削減目標(2025年に2005年比26〜28%削減)の達成は何ら難しいことではない。シェール革命により、米国内の天然ガス(パイプラインガス)価格が下がり、火力発電用燃料は石炭からガスにシフトしており、二酸化炭素排出量は順調に減り続けている。

したがって、トランプ大統領がいくら石炭復権を叫んでもその実現は難しい。米国石炭産業の後退は、パリ協定ではなく、シェール革命によるものである。そのため、トランプ大統領にとっての問題は、目標見直し時の目標の緩和禁止規定の解釈の問題に過ぎないとする指摘もある。

確かに、地球温暖化対策は人類の持続的発展にとって喫緊の課題ではあるが、先進工業国において、現時点で、現状の自動車産業を否定する政策方針を打ち出すことは、驚きである。

現在の自動車産業は、エンジンをはじめ部品点数も多く、関連産業のすそ野も広く、雇用に与える影響も大きい。日本自動車工業会によれば、車体・部品関連の製造業雇用者だけで約80万人、販売・サービス等の自動車関連産業全体では550万人の雇用者があるといわれる。それに対し、EVは、モーターを中心に部品点数も少なく、雇用吸収力も必ずしも大きいとは言えない。わが国では、こうした決定を国民的議論なしに突如発表することは無茶な話だろう。

現時点で、フランスが内燃機関自動車の禁止方針を打ち出した背景には、ドイツのフォルクスワーゲン(VW)による米国燃費規制違反を契機とするディーゼル乗用車の技術的限界もあるのであろう。7月18日には、独ダイムラーが燃費規制とは無関係としつつも、「メルセデス・ベンツ」ブランドのディーゼル車の大規模リコールを発表したところであり、また、7月5日には、スウェーデンのボルボも2020年には販売全車種を電動車にすると発表している。

伝統的に、フランスを代表する自動車会社ルノーを含め、欧州系の自動車メーカーは、ディーゼル乗用車に強い。にもかかわらず打ち出されたフランスの内燃機関自動車販売禁止方針は、ディーゼル自動車技術に対するギブアップ宣言であり、フランス自動車業界に対する「転身」要請かもしれない。

わが国では、石原慎太郎・元東京都知事のディーゼル排ガス規制時の経緯からディーゼル車へのイメージが悪いが、欧州では、ディーゼル車はガソリン車よりむしろハイテクなイメージがあり、燃費不正発覚以前には、乗用車の新車登録ベースで、ガソリン車よりディーゼル車の方が、むしろ多かった。同クラスの乗用車で、ディーゼル車の方が20%程度燃費が良いこと、燃料税もガソリンよりディーゼルが安い国が多いことも、欧州のディーゼル車人気の要因であった。

一般に、燃費規制と排ガス規制の間には、エンジンの構造上、トレードオフの関係があるといわれる。公害問題華やかなりし時代には、大気汚染対策としての排ガス規制の強化が進んだが、その後の地球温暖化が問題となってからは、燃費規制が徐々に強化されてきた。そうした中で、燃費規制と大気汚染対策、特に窒素酸化物(NOx)規制を両立させることが難しくなってきたことが、VWの燃費不正の背景にある。その後、燃費不正は、多くのディーゼル車メーカーに広がった。

なお、マクロン大統領は、前のオランド政権の経済・産業・デジタル大臣時代、ルノーに対する政府関与を巡って、ゴーン率いる経営陣と対立したこともあった。だが、ルノーは早い段階からEVの本格的導入に向けて取り組んでおり、わが国でもEVに強いと見られる日産自動車・三菱自動車と資本提携している。

原子力発電による電気

もう一つ、フランスが内燃機関自動車の禁止方針を打ち出し、EV等の電動車に舵を切った背景には、フランスの電力がほとんど二酸化炭素を排出せずに作られていることもある。

電気事業連合会の資料によれば、フランスにおける電源別発電電力の構成比(2014年)は、石炭・石油・天然ガスで5%、原子力で77%、水力・再生可能エネルギーその他で17%だった。化石燃料起源の電力は5%に過ぎず、8割近くが原子力起源の電力で、クリーンな電力であると言える。

これに対し、わが国では、化石燃料86%・原子力0%・再生可能エネルギー14%と、化石燃料起源の電力が圧倒的に多く、現時点では、EVは温暖化対策にならない。自動車の走行段階でCO2排出がなくとも、発電段階でCO2を出すのではトータルでクリーンな自動車とは言えない。

1970年代に石油危機を2度経験し、フランスでは、エネルギー安全保障確保の観点から、石油依存脱却の切り札として、原子力発電の強化を図って来た。チェルノブイリ事故が起きても、また福島第一原発の事故の後でも、原子力への依存・信頼は揺るがなかった。「中東の石油より、自国の科学者を信じる」という言葉もあった。2016年の一次エネルギー供給ベースでも石油が32%に対し原子力は39%を占めた(英エネルギー大手BPが毎年発行している「BP統計」2017年版)。

その取り組みが、地球温暖化対策においても、功を奏していると言える。そもそも、パリ協定自体、そうした確固としたエネルギーの基盤がフランスになければ、まとまらなかったに違いない。わが国が直面している環境保全・エネルギー安全保障・経済成長のいわゆる「3E」のトリレンマから、フランスは解放されているのである。

ドイツの立場

フランスの内燃機関自動車禁止方針発表に、最もショックを受けたのは、ドイツのメルケル首相であったかもしれない。ドイツは、EU内でフランスと並ぶ環境保護国家であり、温暖化対策のリーダーである。しかし、現時点では、フランス同様に、将来の内燃機関自動車禁止方針は打ち出せないであろう。

なぜならば、国内自動車産業の規模がフランスの約3倍であるからだ。2016年の世界の自動車生産量は、中国2812万台、米国1220万台、日本920万台、ドイツ606万台がトップ4位であり、フランスは第10位の208万台である(日本自動車工業会調べ)。

また、発電における石炭と天然ガスへの依存度はそれぞれ46%と13%だ。自然エネルギーが21%と比較的高いものの、火力比率が高いため、電化は温暖化対策にならない。

ドイツは、温暖化対策先進国と言われながら、ロシアからの天然ガス依存上昇に対する安全保障の配慮からか、石炭火力を温存する政策を伝統的に採用してきた。政治的にも、石炭労組の発言力は未だに強い。原子力発電の将来的廃止を打ち出す中、今後は、日本同様、「3E」のトリレンマから抜け出すことは難しくなるものと思われる。

原油価格低迷の意味

国際エネルギー機関(IEA)によれば、2015年の世界の石油需要の約56%は輸送用燃料であり、そのうち約8割が自動車燃料と考えられる。産油国にしてみれば、今回のフランス政府の方針表明は、市場における核心的な需要の喪失を意味する。既に、インド政府も、2030年を目途にガソリン車の販売禁止の方向を打ち出しており、一部の北欧諸国も同様の検討を行っているといわれる。

産油国としては、こうした動きが続くことを警戒していることであろう。

しかし、OPEC産油国は地球温暖化対策に対抗するための措置を、既に2014年秋の段階で講じていると見られる。

2014年11月のOPEC総会におけるシェア確保戦略発動による減産見送り決議である。一般的には、シェールオイルの増産に対抗して、価格戦争を仕掛けたとされている。バレル当たり100ドルから50ドル水準への価格引き下げによって、生産コストの高いシェールオイル減産を目指したことは確かである。

同時に、高価格を維持することによる需要減少と石油代替技術の開発の阻止を目指したものとも考えられる。OPEC産油国にとって、シェア確保戦略とは、現在の石油市場のシェアも重要であるが、将来のエネルギー市場における石油のシェアの維持も視野に入れた構想である。

特にサウジアラビアにとっては、「石器時代が終わったのは石がなくなったからではない」(ヤマニ元石油相)。シェール革命も、技術革新による資源制約の克服であった。サウジは石油資源の枯渇よりも、石油の需要を奪う新技術の登場を一番恐れている。サウジアラムコ(国営石油会社)の新規株式上場(IPO)も、地球温暖化対策による原油資産の座礁資産(Stranded Asset、資金回収できなくなる資産のこと)化に対するリスク分散、一種の「保険」であるとする見方もある。

現時点においてEVは、走行距離の問題やバッテリー寿命などの技術的問題、給電施設などインフラの問題があって、まだまだ普及段階とは言えない。だが、将来技術開発が進めば、そうした問題点は一つずつ解決されてゆくだろう。

EVの普及を先送りさせるには、産油国として打つ手は、財政赤字に耐えつつ、原油価格を低迷させ、技術開発のインセンティブをそぐことぐらいしか考えられない。

おそらく、2016年の年末以降、協調減産でOPECと行動を共にしているロシア等の非加盟主要産油国にしても、同じ認識を持っているであろう。

最大の産油国であり、最大の自動車生産国である、アメリカはどうか。エネルギーの自立(自給化)と同時に、自国の雇用の確保を目指すトランプ政権にとっては、パリ協定や地球温暖化対策など、関係ない。現状の方針を進めてゆくしかない。

そうなると、OPECと非加盟主要産油国は、短期的にはシェールオイルとシェアを争い、中長期的には石油代替技術と需要を争いつつ、現状程度の協調減産を続けていくことになる。

したがって、今後、相当長期にわたって、原油価格は現状程度で低迷を続けるのではないかと考える。

参照元 : 日経ビジネス





【超監視社会】米ウィスコンシン州の自販機メーカーが、従業員にマイクロチップ埋め込みを提供

手にマイクロチップ埋め込み、米メーカーが従業員にオファー

2017/7/26(水) 11:31配信

2017-07-26_194123

[25日 ロイター] - 米ウィスコンシン州の自販機メーカーが、従業員に対し、スナックなどの購入、コンピューターへのログイン、コピー機使用などの際に使えるマイクロチップを手に埋め込む機会を提供している。電磁波によって通信し、15センチ以下に近づけると情報が読み取れる仕組み。

このメーカー「スリー・スクエア・マーケット」のバイスプレジデント、トニー・ダナ氏によると、チップは米粒ほどの大きさで、従業員85人のうち50人前後がインプラントを選択した。親指と人差し指の間に注射器状の器具で埋め込む。

これは非接触型クレジットカードやペットの識別チップに使われている技術に類似したもので、同社は社員にこの技術を提供するのは全米初としている。チップはスウェーデンのメーカーが製造するという。

ダナ氏は今回の企画について、無線通信を使用した識別チップがより広範囲な商用性を持つかどうかを見極める試みの一環と説明した。

同社のトッド・ウェストビー最高経営責任者(CEO)は声明で「この技術はいずれ標準化され、パスポートや公共交通、あらゆる購買の場などで採用されるだろう」と述べた。 

ただ、ハッキングの懸念などからこうした動きに反発する声もあり、2月にはネバダ州の上院議員が強制的なチップの埋め込みを違法とする法案を提出している。

参照元 : ロイター












カトリックの少年合唱団の少年聖歌隊の寄宿学校で、500人以上の少年が性的・身体的虐待

カトリック少年合唱団で性的虐待と暴力被害547人 独 調査報告

2017年07月19日 11:04

img_d1b29f7c952c6a6c9d0ab9a96dd30ca2120366

【7月19日 AFP】カトリックの少年合唱団として世界的に有名なドイツ南部バイエルン(Bavarian)州レーゲンスブルク(Regensburg)の少年聖歌隊の寄宿学校で、500人以上の少年が性的・身体的虐待を受けていたとする報告書が18日、弁護士によって発表された。被害者らは「刑務所、地獄、あるいは強制収容所」のようだったと述べており、このようなスキャンダルとしては国内最悪レベルといえる。

2年前にレーゲンスブルク教区から調査を依頼された弁護士のウルリッチ・ウェバー(Ulrich Weber)氏によると、547人に上る被害者の多くは、レーゲンスブルク大聖堂聖歌隊(Regensburger Domspatzen、「大聖堂のスズメたち」の意)学校でのことを「恐怖と暴力、無力感に彩られた人生最悪の時」として記憶している、と証言している。

今回発表されたのは、1945年から1990年代初めにかけてレーゲンスブルク大聖堂聖歌隊で行われていたとされる虐待に関して行った調査をまとめた最終報告書。 調査団を率いたウェバー氏は、この少年聖歌隊学校では虐待阻止の取り組みが十分に行われなかったとして、教会幹部らを批判。その中には前聖歌隊指揮者で前ローマ法王ベネディクト16世(Benedict XVI)の兄、ゲオルク・ラッツィンガー(Georg Ratzinger)氏(93)も含まれている。

ウェバー氏によると、調査により性的虐待67件、その他身体的暴力による虐待500件が判明した。また、両方の虐待の被害者となった少年も複数いたという。当時の合唱団員全員の話を聞くことはできなかったものの、正確な被害者数は約700人に上るのではないかと同氏は述べている。

同氏によると、加害者と疑われる人物として特定された49人は、そのほとんどが教師か教育者だが、虐待が起きたとされるときからかなりの年数が経過しており、刑事責任を問われる可能性は低いという。(c)AFP/Ralf ISERMANN with Frank ZELLER in Berlin

参照元 : AFP BB NEWS

img_1eb96307b6f857f69348666773e1c7cb144479

img_d1b29f7c952c6a6c9d0ab9a96dd30ca2120366


ローマ法王、児童の性的虐待問題で謝罪

2014.04.12 Sat posted at 16:10 JST

2017-07-21_202200

(CNN) ローマ・カトリック教会のフランシスコ法王は11日、カトリック聖職者による児童らへの性的虐待問題に関連し、「個人的に許しを乞いたい」と謝罪の意を表明した。また、虐待を犯した者は処罰を受けなければならないとも述べた。

バチカン放送局によると、国際的な児童保護運動などを進めるカトリック教の非政府組織(NGO)の代表者に語った。性的虐待問題に関する同法王のこれまでの発言の中で最も強い調子の非難をにじませたものともなっている。

米国に本部がある聖職者による虐待被害者の連絡団体は、法王が虐待の実行者への処罰に触れたのは初めてとみられると指摘。ただ、言葉ではなく今後の行動が必要とも釘を刺した。

フランシスコ法王は、教会は虐待の被害を承知しているとし、この被害は聖職者によってもたされた個人的かつ倫理的なものであると指摘。その上で虐待問題への対処では1歩たりとも後退しないとの決意を示した。

同法王は今年3月、イタリアの地元紙コリエレ・デラ・セラとの会見で性的虐待問題への対応に触れ、「カトリック教会は多分、透明性と責任を持って行動した唯一の公的組織」との考えを表明。

「しかし、攻撃を受けたのは教会だけだった」などと弁護的な発言もし、虐待の被害者らから非難されていた。

国連の委員会は今年2月、カトリック聖職者による児童への性的虐待についての報告書を発表し、この問題に対するバチカンの対応は不十分と批判。教会は犠牲者への配慮より自らの組織防衛を重視していると切って捨てていた。

参照元 : CNN.CO.JP




【衝撃映像】ロシアの道路で交通事故後に炎上!民間人が炎上する車から間一髪救出

ロシアの道路で交通事故発生!周りの人達がかけつけて、炎上する車から救出。

間一髪のタイミングで事故車からケガ人を救出する衝撃映像。

2017-07-21_024443

2017-07-21_024456

2017-07-21_024511

Elderly man rescued people from burning car 

People trapped are rescued by a group of civilians from burning car



ローマ法王の枢機卿フランチェスコ氏・秘書の自宅でゲイによるドラッグ乱交パーティーが開催されていた事が発覚!

【速報】ローマ法王の従者宅で「ゲイのキメセク乱交パーティ」開催が発覚、強制捜査へ!バチカンの乱れた性の実態に全世界戦慄!

2017.07.06

2017-07-08_045334

バチカンのソドム化が止まらない。近年、聖職者による児童への性的虐待事件が次々と明らかになっているが、なんと今度は「同性愛男性らによるドラッグ乱交パーティー」がバチカン市内で行われていたことが発覚し、大問題に発展している!

■バチカン市内でドラッグ乱交パーティー

英紙「Daily Mail」などによると、イタリア・バチカン市内のアパートの一室で今月、ローマ・カトリック教会が何よりも忌避するソドミーが繰り広げられていたことが明らかになった。地元警察が現場に突入すると、そこにはドラッグを貪り、性行為に励む男らの一群があったという。しかも、そのアパートは“聖職者による性的虐待事件”も取り扱うバチカン教理省のすぐ隣だったというから驚きだ。

問題はこれだけではない。なんと、同アパートに登録されていたのは、法王フランシスコと親密な間柄で知られる、枢機卿フランチェスコ・コッコパルメリオ氏の秘書(聖職者)だったというのだ!

2017-07-08_045419

コッコパルメリオ氏は、教会一般法の正統な解釈をつかさどる機関である「教皇庁法文評議会」の議長でもあり、バチカンで極めて高い地位にある御仁だ。今回の事件に本人や秘書が関わっているかは現時点では明らかになっていないが、もし何らかの関係があると判明した場合、バチカンの信用は地に堕ちることになるだろう。

2017-07-08_045446

一体、バチカンに何が起こっているのだろうか? 先月28日にも、法王フランシスコの側近で、ローマ法王庁で財務長官を務めるジョージ・ペル枢機卿が、複数の性犯罪容疑で起訴されたばかりである。かねてよりペル枢機卿は、児童への性的虐待をしていると見られていた上、同僚の司祭の犯行を隠蔽した疑惑もある。本人は容疑を完全に否定しているが、真実は近いうちに明らかになることだろう。

■バチカンの隠蔽体質

2017-07-08_045538

トカナでもお伝えしたように、バチカンの隠蔽体質はもはやお家芸と言えるレベルに達しており、一見したところ聖人君主のように見える法王フランシスコまでも「ペドフィリア神父を放任する発言」をしている。

2014年に性的虐待問題に関する諮問委員会が設置されたものの、同委員会を牽引してきたマリー・コリンズ女史が今年に入り、いつまでも提言が実行されないことに憔悴し、辞任に追い込まれている。

とはいえ、キリスト教聖職者の性的暴走は今に始まったことではない。中世よりカトリック教会は機能不全に陥っており、独身主義と男色の習俗はその頃から存在している。最大の問題は、彼らが人間の性や欲望を直視していないことだろう。陰謀論的には、キリスト教会の破壊を目指す悪魔崇拝組織「イルミナティ」がバチカンを蝕んでいると見ることもできるかもしれないが、真相は文字通り闇の中である。

諮問委員会がほぼ無力化し、自浄作用を失った今のバチカンに、独力で問題に取り組む余力が残っているとは到底思えない。抜本的な解決には外部からのてこ入れが必要になりそうだ。バチカンの膿が綺麗さっぱり搾り出される日は来るのだろうか?

(編集部)

参考:「Daily Mail」、「Mirror」、ほか

参照元 : TOCANA




強姦犯罪が多い国ランキング&治安が最悪な国ランキング

レイパー山口敬之もびっくり!? レイプ犯罪が多い国ワースト7が超ヤバい! 11歳未満の少女がレイプされまくる国も…

2017.07.04

2017-07-08_022447

フリージャーナリストの詩織さんが昨年、元TBSワシントン支局長の山口敬之氏に酒を飲まされレイプされたとして警察に被害届を提出したが、東京地検はこれを不起訴とした。詩織さんはこの処分を不服として、検察審議会に審査を申し立てるとともに記者会見を開き、被害の実態を涙流らに訴えた。本件の影響もあり、このところ何かとレイプの話題が多いように感じる。山口氏の件は特異な例としても、そもそも日本では海外と比べてレイプ犯罪が多いのか、少ないのか? あるいは、レイプに関する罪は重いのか、軽いのか? 世界の統計データを参考にしながら、現実を見ていこう。

ここでは、最新データに基づき、レイプ犯罪の発生件数が多い国トップ7を紹介することにしたい。以下に挙げる国々に、先進国も少なからず含まれることを意外に思われるかもしれないが、もともとこのようなデータは実態が掴みづらく、発展途上国よりも先進国のほうが性犯罪の実態を探りやすい、という背景が関係しているかもしれない。では、第7位の国から順番に見ていく。

2017-07-08_022536

7位:カナダ

カナダでは毎年、約46万件もの性的暴行事件が起きているが、報告される割合は1000件のうち33件ほどに過ぎず、さらに実際に罰せられるケースに至っては、わずか29件ほどだ。事件の多くは家庭内で発生し、ほとんどの加害者は友人や家族となっている。その中には、身体障害をもつ女性を生涯にわたって陵辱し続けるという卑劣なケースもあり、全レイプ事件のうち17%は未成年の少女が被害者だという。なお、北米に暮らす女性のうち4人に1人は、その生涯でレイプの危険に直面しており、うち11%はレイプによって実際に負傷しているとの統計もある。

6位:ニュージーランド

英国の医学誌「The Lancet」の報告によると、ニュージーランドにおける性的暴行の発生率は世界平均をはるかに上回っており、被害女性の割合は女性人口の約16%に上るという。統計的には、未成年女性の3人に1人、および未成年男子の6人に1人が、16歳までに何らかの性的虐待を受けていることになる。それでも、この国で起きる性犯罪のうち警察に報告される割合は、わずか9%だ。つまり、多くの性的暴行は闇に葬られることとなる。たとえ警察に報告されても、有罪判決を受けるのは13%に過ぎない。このような事件があまりにも多く、レイプの被害に遭っても警察が真剣に取り合ってくれないと諦めてしまうことも少なくないようだ。

5位:インド

インドが上位につけることは多くの読者が予想していた通りかもしれない。多発する性暴力事件は、同国が抱える大きな社会問題となっている。データによれば、女性に対する性犯罪の発生件数は年々上昇傾向にあり、被害者は18〜30歳が多い。また、被害者の3分の1は18歳未満、10人に1人は14歳未満という驚きの統計もある。犯人の大半は面識がある人物(隣人、親戚、両親のいずれか)だという。

2017-07-08_022734

4位:イングランドとウェールズ(英国)

同国政府による2013年の報告によると、イングランドとウェールズでは、毎年約8万5千人のレイプ被害者が出て、そのうち女性は86%ほど。しかも、被害女性のうち5人に1人が十代後半から性的暴力を経験しているという。13〜18歳の若年層を対象とした調査によると、少女の3分の1、少年の6分の1が性的暴力を経験しており、常態化した性的虐待を受けている少女は10万人にのぼるという。英国というと、上品で礼儀正しい「紳士の国」のイメージが常につきまとうが、実態は大きく異なるようだ。

3位:米国

もしかしたら米国が1位でないことを意外に思う人もいるかもしれない。同国ジョージ・メイソン大学の性的暴行に関するデータによれば、米国人女性の3人に1人が生涯のうちに性的虐待を受けた経験を持つという。そのうち約80%は25歳までの処女の時期にレイプされているようだ。

毎年、(12歳以上の)30万人が性的暴力の被害に遭っているが、そのうち70%の人々は警察に報告していない。そしてなんと、強姦を犯した者の98%は1日たりとも刑務所に送られないという実態がある。

米国人というと、男性でも女性でも積極的に権利を主張するというイメージが強いが、警察に届け出る人が多くないことは意外に感じられる。歌手のマドンナは1970年代にニューヨークに住み始めた頃、見知らぬ男性にレイプされた経験があるとカミングアウトしている。だが、そのことで警察に通報しなかった理由を聞かれると、「穢された事実は変わらない。時間の無駄だし、あまりにも屈辱的だったから」(ハフィントンポスト、2015年3月14日)と答えた。これは、いかにもアメリカ人らしい合理的な割り切り方なのかもしれない。

2位:スウェーデン

スウェーデンといえば、世界でもっとも性に開放的な「フリーセックスの国」というイメージもあるが、実際には人口あたりのレイプ件数で世界2位につけるほどの悲惨な状況だ。現在、全スウェーデン人女性の4人に1人がレイプの被害者となっている。そして、その件数も年々増加を見せている。

また、同国では女性の3人に1人が10代で性的暴力を受けた経験を持つ。また、2013年前半には1000人以上の女性がムスリムの移民からレイプされたと報告している。しかも、そのうち3割ほどは15歳未満の女性だった。

しかし、不思議な話もある。実は英・レガダム研究所の調査によると、スウェーデンは性犯罪が少ない国ランキングでも10位に入っているのだ。もしかしたら、わずか人口1000万人ほどの同国の場合、「強姦」の定義が厳しく、他の国ではレイプに含まれないケースでも場合によってはカウントすることがあり、それが2位という結果になった要因の一つかもしれない。

2017-07-08_022845

1位:南アフリカ

南アフリカは、世界でもっとも人口あたりの性犯罪率が高い国となっており、なんと同国に暮らす女性の40%以上が生涯のうちにレイプ被害に遭うという。実際は9件あたり1件ほどしか報告されないが、把握されている数だけでも世界ワースト1の結果となっている。しかも全レイプ被害者のうち、41%が未成年であり、さらに15%は11歳未満の子どもだという。

■日本は一応「安全」? でも実態は……

さて、これらの国々と比べて、日本におけるレイプ被害の件数はどのくらい深刻なのだろうか。「NationMaster」というサイトは、人口10万人あたりのレイプ件数によってランキングを発表しているが、対象となった119カ国のうち日本は105位。諸外国よりも性犯罪の被害件数が少なく、外国人から比較的「安全な国」と思われているのも頷ける結果かもしれない。

しかし、注意しなければならないのは、各国におけるレイプの発生件数は、あくまでも報告された件数であり、潜在的な被害者がどのくらい存在するかは、それぞれ事情が異なるという点だ。つまり、ランキングはレイプ犯罪の実態を忠実に反映していないかもしれず、数値そのものを素直に受け取れない面があるのだ。

日本では、女性が性的暴行を受けたことを恥と考え、近親者にも容易に相談できないというケースが多々存在する。ましてや、加害者が近親者や会社の上司であればなおさらだろう。社会の“しがらみ”が、結果的に被害女性に沈黙を強いている可能性を否定することはできない。

そのような社会のあり方の中で、今回のジャーナリスト詩織さんは、名前と顔を隠さずに自身のレイプ被害を世に訴えたという点で、極めて珍しいケースといえるだろう。事件がどのような結末を迎えるかは別として、今後は「私も詩織さんに続こう」と決意する女性も出てくるかもしれない。

7月13日からは性犯罪の厳罰化を盛り込んだ改正刑法が施行され、レイプ犯罪はこれまで以上に厳罰化されることになる。また、18歳未満の少女が親などの近親者から性的暴行を受けた場合も、これまで以上に厳しい罪に処せられる。さらに、初犯でも執行猶予がつかず実刑となる割合も増えると考えられている。今までの刑法があまりにも時代遅れで、男性優位社会の表れだったという声もあるが、これを機会に人々が立ち上がり、性犯罪の泣き寝入りを許さない社会へと変化してほしいものだ。

百瀬直也(ももせ・なおや)
超常現象研究家、地震前兆研究家、ライター。25年のソフトウエア開発歴を生かしIT技術やデータ重視の調査研究が得意。Webサイト/ブログ:『探求三昧』、『神秘三昧』、『防災三昧』、Twitter:@noya_momose

参考:「WONDERSLIST」、「NationMaster」、ほか

参照元 : TOCANA


【閲覧注意】 治安が最悪な国 まとめ

2015年02月15日

20位 ニュージーランド

2017-07-08_033645

ニュージーランド(英語: New Zealand)は、南西太平洋のオセアニアのポリネシアに位置する立憲君主制国家。島国であり、二つの主要な島と、多くの小さな島々からなる。北西に2,000km離れてオーストラリア大陸(オーストラリア連邦)と対する。南方の南極大陸とは2,600km離れている。北はトンガ、ニューカレドニア、フィジーがある。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国である。 一般的には、ニュージーランドは、比較的安全な国と言われています。しかし、その考えは、忘れた方が無難です。車上荒しも家に入る泥棒も逮捕される事は、殆どありません。泥棒の被害に遭った話は、良く聞きますが、泥棒が捕まったと言う話は、聞いたことがありません。
出典:ニュージーランドの治安 / ニュージーランドドリーム

強姦も多いです。強姦の場合は、殺される可能性が高くなります。1998年9月に日本人の若い女性がオークランドのCityのビルの中から死体となって発見されました。強姦殺人でしたが、犯人は未だに捕まっていません。 麻薬などは、若い人などが平気で良くやっているようですが実態は分かりません。

19位 台湾

2017-07-08_033753

台湾(たいわん、中: 臺灣、台: Tai-oan / タイワン、英: Taiwan)は、アジア大陸の東南沿海、太平洋の西岸に位置する島嶼である。別称または美称としてフォルモサ(ポルトガル語: Formosa, 麗しの島)がある。また台湾という呼称にはいくつかの使われ方があり、その歴史や政治状況を反映して、広義には地域または政治実体としての呼称としても用いられる。自然災害に遭う確率が高いそうです。確かに台風はしょっちゅう台湾を掠めています。また、日本同様、地震多発国でもあります。
出典:世界の危険区域トップ20 | 死ぬまでに一度は行ってみたい場所。

安全そうな台湾ですが、数十年前はタクシー運転手の日本人女性(大学生)殺人事件、数年前も強姦事件がありました。
出典:旅行者のための台湾安全情報 | 台北ナビ

18位 オーストラリア

2017-07-08_033943

オーストラリア連邦(オーストラリアれんぽう、英語: Commonwealth of Australia)、またはオーストラリア(Australia)は、オセアニアに位置する連邦立憲君主制国家。南東にはニュージーランド、北には、インドネシア、パプアニューギニア、東ティモールがある。ロシア、カナダ、中国、米国、ブラジルに次ぐ世界で6番目に面積の大きい国である。英連邦加盟国であり、英連邦王国の一国。 オーストラリアも農夫などは銃の所持(あくまでも害獣駆除用ですが)が認められており、道路沿いの標識に銃創を見る事も少なくない。
出典:オーストラリアの治安や犯罪情勢について・・・。 - Yahoo!知恵袋

フーネル・ウェブ・スパイダー・タイガースネーク・セアカゴケグモ 等の危険生物も多く生息している。
出典:世界の危険区域トップ20 | 死ぬまでに一度は行ってみたい場所。

17位 ドミニカ共和国

2017-07-08_034026

ドミニカ共和国(ドミニカきょうわこく、スペイン語: Republica Dominicana)は、西インド諸島の大アンティル諸島のイスパニョーラ島東部に位置する共和制国家。大アンティル諸島で二番目に大きな島であり、同島西部にあるハイチと国境を接する。モナ海峡を隔てて東にプエルトリコが、ウィンドワード海峡を隔てて西にキューバと、ジャマイカ海峡を隔ててジャマイカが存在する。首都はサントドミンゴ。ドミニカ共和国では,年間30件前後の誘拐事件が発生しており,外国人が被害となる事件も発生しています。また,富裕層だけに被害が限られておらず地方都市でも事件が発生しています。これらの事件には,強奪を目的とした短時間誘拐(拉致)も含まれています。
出典:海外安全ホームページ: テロ・誘拐情勢

また、北アメリカと中南米の麻薬の中継基地でもあります。

16位 ベネズエラ

2017-07-08_034115

ベネズエラ・ボリバル共和国(ベネズエラ・ボリバルきょうわこく)、通称ベネズエラは、南アメリカ北部に位置する連邦共和制社会主義国家である。東にガイアナ、西にコロンビア、南にブラジルと国境を接し、北はカリブ海、大西洋に面する。首都はカラカス。南米大陸でも指折りの自然の宝庫として知られている。いわずと知れた麻薬大国。ラテンアメリカでは3位の殺人率を誇ります。ベネズエラでは誘拐事件が多発しており,治安機関が認知した2012年の発生件数は576件でした。カラカス首都区では,誘拐事件は1日平均約4件発生しているとの警察の非公式データもあります。
出典:ベネズエラ!世界一治安の悪い国家のとんでもない刑務所! - おーやんのワクワクニュース!!

また、隣国コロンビアと緊張状態にあります。

15位 コートジボワール

2017-07-08_034235

コートジボワール共和国(コートジボワールきょうわこく)、通称コートジボワールは、西アフリカに位置する共和制国家。東にガーナ、北にブルキナファソ、マリ、西にギニア、リベリアと国境を接し、南は大西洋に面する。法律上の首都はヤムスクロ(ただし、実質上の首都機能は旧首都のアビジャンが担っている)。かつて日本では「象牙海岸共和国」と呼ばれていた。コートジボワール西部地域の犯罪集団は日常的に住民を襲撃。住民が自宅にいる時、農地で働いている時、市場に向かっている時、村から町へ移動している時など、襲撃はいつでも行われている。村の女性たちが品物を売買するために集まる毎週の市場開催日に襲撃はピークに達する。また、11月から3月にかけてのカカオ収穫時期も同様だ。
出典:コートジボワール:西部地域で犯罪や性暴力がまん延 | Human Rights Watch

14位 グルジア

2017-07-08_034322


グルジアは、西アジア北端、南コーカサス地方に位置する共和制国家。旧ソビエト連邦の構成国のひとつで、1991年に独立した。首都はトビリシ。東ヨーロッパに含められることもある。南オセチアとアブハジアが独立状態となっており、ロシアなど一部の国から承認を受けている。駅周辺にはギャンブル系の店が非常に多い。そのせいか若い輩連中による観光客を狙ったナイフ強盗が多発している。2008年に南オセチア紛争が起こったのは記憶に新しいところです。
出典:旅が仕事 世界一周BLOG:危険な街、グルジア、トビリシ 数々の日本人強盗事件-バックパッカー男一人旅女

13位 ジンバブエ

2017-07-08_034401

ジンバブエ共和国(ジンバブエきょうわこく)、通称ジンバブエは、アフリカ南部の共和制国家。首都はハラレ。アフリカ大陸の内陸部に位置し、モザンビーク、ザンビア、ボツワナ、南アフリカ共和国に隣接する。2002年に加盟資格を停止されるまでイギリス連邦の加盟国であった。深刻な貧困問題。エイズの末期患者、結核、ヘルペスやその他の感染症患者が多く、男性同士のセックスはHIVの感染確率が高いです。
出典:世界の貧困を伝える旅: 治安の良さが奇妙すぎる。最貧国と言われるジンバブエの首都ハラレと刑務所事情ほか。

12位 コンゴ

2017-07-08_034457

コンゴ (Congo, Kongo) は、中部アフリカの地域。バントゥー語で「山」を意味する。現在は3ヶ国に分割されている。コンゴ共和国の旗 コンゴ共和国 - 首都ブラザヴィル。コンゴ民主共和国の旗 コンゴ民主共和国 - 旧ザイール、首都キンシャサ。アンゴラの旗 カビンダ - アンゴラ領。女性の危険度が世界最悪の地域と言われていて、女性や女の子たちは「敵を支持した」という理由で、軍事行動の際にレイプされることが多く、これはコミュニティに恐怖心を植え付ける狙いがあります。
出典:女性や子どもへのレイプを止めて! | コンゴ民主共和国 | 日本ユニセフ協会

11位 リベリア

2017-07-08_034553

リベリア共和国(リベリアきょうわこく)、通称リベリアは、西アフリカに位置する共和制国家。北にギニア、西にシエラレオネ、東にコートジボワールと国境を接し、南は大西洋に面する。首都はモンロビア。アメリカ合衆国で解放された黒人奴隷によって建国され、1847年に独立し、現在のアフリカの中ではエチオピアに次いで古い国である。1989年から2003年にかけて断続的に2度も起きた内戦により、戦争一色の無秩序な国と化していた。
出典:リベリア - Wikipedia

10位 ハイチ

2017-07-08_034649

ハイチ共和国(ハイチきょうわこく、ハイチ語: Repiblik d Ayiti、フランス語: Republique d'Haiti)、通称ハイチは、中央アメリカの西インド諸島の大アンティル諸島内のイスパニョーラ島西部に位置する共和制国家である。東にドミニカ共和国と国境を接し、カリブ海のウィンドワード海峡を隔てて北西にキューバが、ジャマイカ海峡を隔てて西にジャマイカが存在する。首都はポルトープランス。 2010年の大地震でさらに混乱、とてつもない大混乱という訳ではないそうですが、以前から続くデモや反政府軍の動静など、不安材料が多数あると言えます。最近では、アメリカを襲って有名になったハリケーン「サンディ」も直撃しており、思うように復興が進んでいないそうです。
出典:世界の危険区域トップ20 | 死ぬまでに一度は行ってみたい場所。

9位 ロシア・コーカサス地方

2017-07-08_034751

コーカサス(英語: Caucasus)、カフカース(カフカス、ロシア語: Кавказ (Kavkaz)、グルジア語: კავკასია、アルメニア語: Կովկաս、アゼルバイジャン語: Qafqaz)は、黒海とカスピ海に挟まれたコーカサス山脈と、それを取り囲む低地からなる面積約44万km2の地域である。悲惨な結果におわった学校占拠事件がおこった北オセチアのあるカフカス地方。民族・宗教が入り乱れ新たな「世界の火薬庫」といわれはじめています。日本ではチェチェン紛争が有名だと思います。
出典:ロシア・カフカス地方とテロ [社会ニュース] All About

8位 ブルンジ

2017-07-08_034835

ブルンジ共和国(ブルンジきょうわこく)、通称ブルンジは、中部アフリカの内陸に位置する国家。ルワンダ、コンゴ民主共和国、タンザニアと国境を接している。多数派のフツと少数派のツチの間で対立があり、1962年の独立以降たびたび衝突し、1993年には内戦にまで発展している。ブルンジは、ツチ族とフツ族が抗争を繰り返している国です。外国人を特に狙った犯罪というのはあまり報告されていないようですが、そもそもブルンジを訪れる外国人というのは、はじめから安全対策を十分講じてから入国するためかも知れません。抗争は収束に向かってきているようですが、それでも危険なことに変わりありません。
出典:世界の危険区域トップ20 | 死ぬまでに一度は行ってみたい場所。

7位 スーダン

2017-07-08_034917

スーダン共和国(スーダンきょうわこく)、通称スーダンは、北アフリカに位置する国家である。首都はハルツームである。エジプト、リビア、チャド、中央アフリカ、エチオピア、エリトリア、南スーダンと国境を接し、東は紅海に面している。アルジェリア・コンゴ民主共和国に次いでアフリカ大陸で3位の面積を擁する。2011年7月に南スーダン共和国が分離独立する前は、面積2,505,810km2とアフリカ大陸最大の国土を有する国家であったダルフール紛争で有名なスーダン。2011年の7月、南スーダンと分離し、2つの国に分かれています。反政府勢力は未だに活動中で、情勢は現在収束に向かいつつあるようですが、それでもやはり危険です。人道支援団体の誘拐事件なども多数報告されているそうです。
出典:世界の危険区域トップ20 | 死ぬまでに一度は行ってみたい場所。

6位 コロンビア

コロンビア共和国(コロンビアきょうわこく)、通称コロンビアは、南アメリカ北西部に位置する共和制国家である。東にベネズエラ、南東にブラジル、南にペルー、南西にエクアドル、北西にパナマと国境を接しており、北はカリブ海、西は太平洋に面している。首都はボゴタ。南アフリカはレイプ犯罪率の高い国として知られていますが、コロンビアは最も身代金狙いの誘拐の多い国として有名です。コロンビアの誘拐犯やコカインディーラーは、“the devil’s breathe(悪魔の息)”と闇の世界で知られる新しいドラッグを使い始めているといいます。
出典:世界一治安の悪い国ランキング 2012年版

5位 パプアニューギニア

2017-07-08_034955

パプアニューギニア独立国(パプアニューギニアどくりつこく)、通称パプアニューギニアは、南太平洋にあるニューギニア島の東半分及び周辺の島々からなる立憲君主制国家。東南アジア諸国連合(ASEAN)の特別オブザーバーであるが、地理的にはオセアニアに属する。オーストラリアの北、ソロモン諸島の西、インドネシアの東、ミクロネシア連邦の南に位置する。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国。パプアニューギニアの首都はポートモレスビーといい、他の土地と比べると若干発展しているようにも見えますが、なんと旅行者は単独での外出は禁止。ツアー会社の人やNGO団体、大使館の職員など、現地に住んでいる人と一緒でなければ外出することはできません。
出典:パプアニューギニアの治安の実態〜ホテルから出れば命の保証はない

企業やビジネス関係者と思われるビル、マンションには高い鉄格子がぐるっと取り囲み、24時間のガードマン体制。

4位 ソマリア

2017-07-08_035044

ソマリア連邦共和国(ソマリアれんぽうきょうわこく)、通称ソマリアは、東アフリカのアフリカの角と呼ばれる地域を領域とする国家。ジブチ、エチオピア、ケニアと国境を接し、インド洋とアデン湾に面する。1991年勃発の内戦により国土は分断され、事実上の無政府状態が続き、エチオピアの軍事支援を受けた暫定政権が首都を制圧したものの、依然として内戦状態が続いている。無政府状態で、各地の有力者が群雄割拠する状態です。内戦状態にあるので、特別な理由がない限りはソマリアに入国するべきではないようです。暫定政権の話もありますが、全く掌握出来ていない状態で、重火器を使った攻撃が発生します。外務省から退避勧告が出ています。
出典:世界の危険区域トップ20 | 死ぬまでに一度は行ってみたい場所。

3位 パキスタン

2017-07-08_035130

パキスタン・イスラム共和国(パキスタン・イスラムきょうわこく、ウルドゥー語: اسلامی جمہوریہ پاکِستان‎)、通称パキスタンは、南アジアの国家で、イギリス連邦加盟国である。首都はイスラマバード。最大の都市はカラチ。面積は80万km2で日本 (38万km2)の約2倍程。東はインド、北東は中華人民共和国、北西はアフガニスタン、西はイランと国境を接し、南はインド洋に面する。国土の中心部を流れるインダス川の流域に国民の80%以上が住み、人口の増加が著しい国の一つである。アフガニスタンとの国境付近は、過激派勢力タリバンの浸透した地域です。テロに巻き込まれる危険があります。外務省から退避勧告が出ています。首都のイスラマバードでもテロの危険性は否定出来ず、また夜間の外出は注意が必要とのことです。カラチ市では、停電や断水、ストライキといった些細な事をきっかけとして暴動が発生したり、また報道されない路上犯罪が多いことから治安状況は極めて悪く、体感治安は最悪な環境にあると言える。更に市内で容易に銃が入手できる。
出典:世界の危険区域トップ20 | 死ぬまでに一度は行ってみたい場所。

2位 アフガニスタン

2017-07-08_035218

アフガニスタン・イスラム共和国(アフガニスタン・イスラムきょうわこく)、通称アフガニスタンは、中東・南アジアに位置する共和制国家。内陸国であり、分離したパキスタンが南及び東に、西にイラン、北にタジキスタン、トルクメニスタン、ウズベキスタンで、国の東端(ワハーン回廊)は中華人民共和国に接する。首都はカーブル。国民の平均寿命が48歳であり、世界で二番目に短い国である 13年は特に女性や子供の被害増加が顕著で、女性の死傷者は12年比36%増の746人、子供は同34%増の1756人。いずれも反政府武装勢力が多用する即席爆破装置(IED)と呼ばれる爆弾被害が多かった。
出典:民間人死者2959人、再び増加 2013年のアフガン 治安悪化懸念 - MSN産経ニュース

1位 イラク

2017-07-08_035259

イラク共和国(イラクきょうわこく)、通称イラクは、中東・西アジアの連邦共和制国家である。首都はバグダード(バグダッド)で、サウジアラビア、クウェート、シリア、トルコ、イラン、ヨルダンと隣接する。古代メソポタミア文明を受け継ぐ土地にあり、世界で3番目の原油埋蔵国である。 現在やや沈静化に向かっているものの、危険地帯には変わりありません。テロ、銃撃などに巻き込まれる危険性があります。
出典:その国は危険?安全?海外旅行に世界治安ランキング一覧

参照元 : naverまとめ

最新記事
Amazon




楽天トラベル


人気ブログランキングへ

【注目記事】
★裏天皇とは一体誰なのか?「前田ゴロウ(ユダヤ名:オクラディッシュ・ハーマン)、小野寺 直、伏見博明」明治以降の皇室を牛耳ってきた傍流勢力

★3.11東日本大震災は人工地震だった!元アメリカ国家安全保証局が内部告発 「米国とイスラエルの裏権力が核兵器を使った」

★【神道の闇】天皇一族は悪魔崇拝者 神道=日本版キリスト教・ユダヤ教

★日本や世界各地にある「鳥居」の謎 宇宙人との関連性

★【日航機123便墜落テロ事件】事後処理の為の特殊部隊の編成、情報撹乱、毒ガス攻撃、火炎放射器で焼き殺す!まさに地獄以下の有様

★日航機123便墜落テロ事件の不可解な点!米軍は事故後20分で墜落地点を特定!助かるべき多くの生存者が殺された

★自民党・安倍政権は民主党を上回るスピードで売国(公約違反)を進めている

★関東連合OBで元暴力団の石元太一被告と海老蔵事件の伊藤リオンがセキュリティの黒人とガチ喧嘩してる映像が流出

★シリアの化学兵器攻撃は911やボストンテロ同様、アメリカの自作自演 【決定的証拠 まとめ】

★1%の人間が企む世界支配の計画を暴く『これは架空の物語ではありません』

★チャンネル桜事務局の壁に十字架 そして新興宗教『キリストの幕屋』『統一教会』との関係とは?

★911同時多発テロ 世界貿易センタービルの嘘を暴く

★【閲覧注意】VIEWER WARNING テロリストがアサド政権に協力した2人の男を処刑!生きたまま首を切断(R15指定)

★【閲覧注意】<シリア>SAFヘリコプターによる空爆の余波 首が吹き飛んだ死体

★【閲覧注意】<シリア>カメラの目の前で兵士の頭が吹っ飛ぶ瞬間映像(グロ注意)R18指定

★【閲覧注意】シリアにて戦車の砲撃を受けた反体制派メンバーが粉々にふっ飛ぶ瞬間映像

★【閲覧注意】タリバンのメンバーが、断頭した男性の生首でサッカー(R18指定)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ