仏ナントの大聖堂で火災、パイプオルガン損傷 放火か

2020年7月18日 22時13分


2020-07-19_101045

フランス西部のナントにあるサンピエール・サンポール大聖堂で18日に火災が発生し、内部のパイプオルガンなどが損傷した。

AFP通信などによると、同日午前8時(日本時間午後3時)前に大聖堂から出火したという通報があり、数時間後に鎮圧した。消防によると、パイプオルガン付近が激しく燃えたという。仏当局は燃えていた箇所が複数あるとして、放火の疑いで捜査している。

現在の大聖堂は15世紀に建築が始まった。第2次大戦の爆撃で損傷したほか、1972年にも修復工事の際に失火した。その後の再建工事では、屋根に木材ではなく鉄筋コンクリートが使われたという。

参照元 : 朝日新聞


2020-07-19_101054

2020-07-19_101103

2020-07-19_101111

2020-07-19_101124





みんなのFXは、初めてのFXを徹底的にサポート。今なら口座開設で最大50,000円キャッシュバック実施中! - 口座開設