駅で果たし合い、暴行容疑で在特会メンバーら逮捕

2018/11/19(月) 20:05配信

2018-11-20_105816

互いに胸ぐらをつかむなどしたとして、兵庫県警垂水署は19日、暴行の疑いで、大阪府門真市幸福町、飲食業、荒巻靖彦容疑者(54)と、韓国籍で兵庫県高砂市中島、建設業、孫国一容疑者(54)を逮捕した。両容疑者は「先に手は出していない」と容疑を一部否認している。

同署によると、荒巻容疑者は在日韓国人らの排斥を掲げる「在日特権を許さない市民の会」(在特会)に所属。18日午前11時ごろに大阪市内で行われたデモ活動に参加した際に、対立団体に所属する孫容疑者と口論になった。神戸市垂水区のJR垂水駅で午後8時に待ち合わせをしたうえで再会し、再び口論に発展したという。

逮捕容疑は18日午後8時ごろ、同駅の改札で互いに胸ぐらをつかみ、胸に肘を押しつけるなどの暴行を加えたとしている。

参照元 : 産経新聞

▼荒巻靖彦容疑者(54)

2018-11-20_105922

相手の韓国籍の男は検索してもヒットしませんでしたが、下の映像の中で顔が映ってます。

▼4分10秒付近から怒鳴りあいの喧嘩に発展