JR三ノ宮駅で新快速にはねられ女性死亡 約1万7千人に影響

2018/11/4(日) 13:46配信

2018-11-05_050210

4日午後1時20分ごろ、神戸市中央区布引町4のJR神戸線三ノ宮駅で、兵庫県姫路市の女性(65)が、野洲発姫路行き新快速電車にはねられ、死亡した。

JR西日本などによると、芦屋−西明石間で上下線とも一時運転を見合わせ、約1時間後に再開した。30本が運休し、30本が最大1時間遅れ、約1万7千人に影響した。運転士が下りホームから線路内へ立ち入る女性に気付いて非常ブレーキをかけたが、間に合わなかったという。乗客約500人にけがはなかった。

参照元 : 神戸新聞NEXT