監視技術、米が日本に供与 スノーデンCIA元職員が会見

2017年6月1日 19:20

2017-06-30_082154

米国家安全保障局(NSA)による大規模な個人情報収集を告発し、ロシアに亡命中の米中央情報局(CIA)のエドワード・スノーデン元職員(33)が1日までにモスクワで共同通信と単独会見した。元職員は持ち出して暴露した文書は全て「本物」と強調し、NSAが極秘の情報監視システムを日本側に供与していたことを確認した。

日本政府が個人のメールや通話などの大量監視を行える状態にあることを裏付ける証言。元職員は、参院で審議中の「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案が、個人情報の大規模収集を公認することになると警鐘を鳴らした。(モスクワ共同)(共同通信)

参照元 : 沖縄タイムス



2017-06-30_085024





【関連記事】
●ロシアに亡命中のエドワード・スノーデン氏がニコニコ生放送で日本の危機を指摘

●福島第一原子力発電所事故の際に、米NSAが行なっていた活動の一部が明らかに

●自民党・小池百合子がCIAとの交流を告白!防衛相時代に持ち出し禁止のメールをプリントアウトしていた事が発覚

●米NSAが開示請求者をリストまたはランク分けして、情報公開請求に対する扱いを変えていたことが判明

●元CIA職員(元NSA局員)エドワード・スノーデン氏「6月2日、米国で自由法が採択された。米特務機関は、この先も大衆監視を続ける」

●CIAがアップルのiPhoneやiPadの利用者のパスワードなどを盗む方法を探っていたことが発覚

●米NSAと英GCHQがSIMカードの暗号化キーを入手!令状も盗聴器も無しに世界中の携帯電話を監視

●CIA工作員が、厳しい空港の検査を切り抜ける手口をまとめた機密文書がネット上に流出

●スノーデンが再び暴露「NSAはネット監視活動だけでなく、人的諜報を目的としたターゲット攻撃を行っており、北京にはその前線基地が存在する」

●米政府が作成したテロ関連の機密文書が流出 「第2のスノーデンが現れた」と波紋広がる

●【独誌報道】米国の裁判所が日本への盗聴許可か

●元CIA職員エドワード・スノーデンが地底の高度文明と地底人の存在を暴露?

●CIAがテロ容疑者の拷問に、「レッド・ホット・チリペッパーズ」の曲を大音量で聴かせていたという情報を知ったメンバーが不快感

●日本も米国のような監視社会に?JR大阪駅ビルで通行人の顔をカメラで撮影、その特徴を登録し、同一人物を自動的に追跡する実験開始

●NSA=アメリカ国家安全保障局による情報収集活動の実態を暴露したエドワード・スノーデン容疑者「私は使命を果たした、すでに勝利した」

●元CIA職員エドワード・スノーデン容疑者が暴露!自民党もアメリカ情報機関に盗聴されていた

●アメリカの情報機関「NSA・国家安全保障局」が極秘に大量の個人情報を収集していた事が発覚

●イギリスで究極の情報監視法案が可決される!日本人も監視対象となる「スヌーパーズ・チャーター法」が恐ろしすぎる!