メキシコの農場で240人以上の遺体 事件か

2017年3月11日 23時03分

2017-03-12_171856

麻薬組織による凶悪事件が相次ぐメキシコで、農場の敷地から男女合わせて240人以上の遺体が埋められていたのが見つかり、警察などは何らかの事件に巻きこまれたと見て詳しく調べています。メキシコ東部ベラクルス州で、行方がわからなくなっている人を探す家族でつくる団体は、10日、地元にある農場の敷地の複数の場所から男女合わせて240人以上の遺体が埋められていたのが見つかったと明らかにしました。

この団体によりますと、去年8月、農場に多くの遺体が埋められているのを団体の関係者が見つけ、通報を受けた警察などがおよそ半年にわたり敷地を掘り起こすなどして、調べてきたということです。

見つかった遺体は、体の特徴や一緒に見つかった服などから14歳から25歳と見られるということで、警察などは、何らかの事件に巻きこまれたと見て詳しく調べています。メキシコでは麻薬密売組織などによる凶悪事件が相次いでいて、北部ヌエボ・レオン州でもことし1月、50人以上の遺体が埋められているのが見つかり、地元メディアは事件の背後には麻薬カルテルが関わっていると伝えています。

メキシコでは、当局が麻薬密売組織の取締りを強化した2006年以降、明らかになっているだけで国内でおよそ3万人の行方がわからなくなるなど、悪化する治安対策が大きな課題になっています。

参照元 : NHKニュース