立体駐車場から車転落 40〜80代男女3人死亡 2人大けが

2016年12月31日 19時21分

qdE9cIP

31日午後、神奈川県横須賀市の立体駐車場の5階から、家族5人が乗った乗用車が転落し、40代から80代の男女3人が死亡したほか、2人が大けがをしました。

31日午後1時前、横須賀市小川町にある立体駐車場、「サイカヤパーキング」の5階から車が転落したという通報が消防や警察にありました。

警察によりますと、転落した乗用車には5人の家族が乗っていて、このうち、東京・世田谷区に住む廼島和彦さん(56)と妻の晶子さん(46)、和彦さんの母親で別の場所に住む、弘子さん(81)の3人が、病院へ運ばれましたが死亡しました。このほか、廼島さんの10代の息子2人も大けがをして病院で手当てを受けているということです。

この事故で道路を歩いていた人などにけがはありませんでした。

警察によりますと、乗用車はバックをして、高さ60センチある鉄製の転落防止用柵を倒しながら乗り越えたあと、フェンスごと地面に転落したと見られています。

警察は乗用車が勢いがついた状態で柵やフェンスに突っ込んだと見て、事故の詳しい原因を調べています。

現場は京浜急行の横須賀中央駅から800メートルほど離れた、市役所などが建ち並ぶ市の中心部にある立体駐車場です。

立体駐車場5階の柵 外側に大きくゆがむ
 
NHKのヘリコプターから撮影した映像では、事故現場の立体駐車場は5階に設置された柵が外側に向かって大きくゆがんでいる様子が確認できます。また、駐車場の下の道路には屋根が潰れた状態の車があり、周囲にはものが散乱していて、救急隊員とみられる人たちが作業にあたっている様子も写っています。

「車から小さい男の子を救出」

事故を目撃した男性は、「雷が落ちたようなすごい音がして、見たら5階のフェンスが落ちて、すぐに車が落ちてきた。中で男の子が痛い痛いと言っていたので、人が集まってきて、その子を出してあげた。アメリカ兵も集まり、ひっくり返った車体を持ち上げて、中にいた人を出した」と話していました。

また、救助にあたった男性は、「アメリカ兵が来てくれて全部で10人ぐらいで車体をひっくり返してようやく助け出した。小さい男の子を車から出したときに、お父さんとお母さん、お兄ちゃんが中にいると言っていた」と話していました。

立体駐車場の事故 過去にも
 
車が立体駐車場のフェンスを突き破って転落する事故は、これまでも繰り返し起きています。平成26年12月には、東京・府中市にある卸売市場の立体駐車場で乗用車が3階の屋上部分から地上に転落し、運転していた67歳の女性が死亡しました。車を後ろ向きに駐車しようとしたところ、フェンスを突き破って転落したと見られています。

平成22年には大阪・八尾市で乗用車がデパートの立体駐車場の4階から転落し、乗っていた男性2人が死亡しました。乗用車は駐車場の車止めを乗り越え、さらに高さ1.3メートルの鉄製のさくを突き破って転落しました。

平成18年には山口県下関市の商業施設の立体駐車場でらせん状の通路から乗用車が転落し、乗っていた60代から70代の男女4人全員が死亡しました。通路には高さ2メートルのフェンスがありましたが、車はこれを突き破って転落しました。

参照元 : NHKニュース


<車転落>家族3人死亡、2人重傷 神奈川の立体駐車場

2016/12/31(土) 20:16配信

2017-01-01_043945

31日午後0時50分ごろ、神奈川県横須賀市小川町の立体駐車場「サイカヤパーキング」5階から、家族5人が乗った乗用車が約13メートル下の地面に転落した。乗用車に乗っていた東京都世田谷区給田3の廼島(のじま)和彦さん(56)と妻晶子さん(46)、母弘子さん(81)の3人が死亡。和彦さんの長男(16)と次男(11)が重傷を負った。道路上で巻き込まれた人はいなかった。

県警横須賀署などによると乗用車はバックして転落したという。事故1分前に駐車場に入庫した記録があったことから、同署は、駐車場に車を止めようとして、アクセルとブレーキを踏み間違えた可能性もあるとみて詳しい状況を調べている。

駐車場には車止め(高さ12センチ)と鉄製バー(同57センチ)、フェンス(同120センチ)があり、車止めとフェンスは約2メートル離れている。乗用車は車止めとバーを乗り越えた上、フェンスを突き破って転落。半回転してひっくり返った状態で地面に激突し、車体上部が大きく潰れた。

同署によると、横須賀市で暮らしている弘子さんと年末を一緒に過ごそうと、和彦さんら一家4人が同市を訪れていたという。

現場にいた男性によると、事故直後に通行人5、6人が車両を起こそうとしたが動かず、駆け付けた米兵が手伝って十数人で車を起こし、ドアの隙間(すきま)から1人ずつ救助したという。男性は「今までに聞いたことのない、表現できないような大きな音がした。若い男性は体をけいれんさせ、高齢の女性は『痛い、痛い』とうなっていた。そのうちに消防が来た」と話した。

現場は京急線横須賀中央駅から約500メートルの位置にあり、市役所にも近い市の中心部。米海軍横須賀基地も近い。乗用車が転落した道路は、日ごろから人通りは少ないという。近くに住む70代の男性は「あの高さから落ちて、車内の人は大丈夫だっただろうか。大みそかの事故で何とも言いようがない」と心配そうに語った。通り掛かった40代の女性は「フェンスを突き破って落ちるなんて、相当のスピードだったのか」と話した。【田中義宏、水戸健一】

参照元 : 毎日新聞

2017-01-01_043909

2017-01-01_043926

2017-01-01_043804

2017-01-01_043854

2017-01-01_043832

20161231-00014585-kana-000-view

qdE9cIP

Z8kwJOe

iqxbcFj

▼車種はエスティマ(元はこんな感じ)

tUEz7iv

▼落ちた場所

zfGXmxG