“太陽光”助成金詐欺の男1億2000万円脱税で再逮捕

2016/10/19 05:58

2016-10-20_111230

国の助成金をだまし取った罪で起訴された男が法人税1億2000万円余りを脱税したとして、東京地検特捜部に再逮捕されました。

太陽光発電システムの販売会社「日本スマートハウジング」を経営していた前山亜杜武容疑者(52)は、2013年までの3年間に約4億円の所得を隠し、法人税1億2000万円余りを脱税した疑いが持たれています。

特捜部によりますと、架空の業務委託手数料を計上するなどの手口でした。また、嘘の契約書を作り、脱税を手助けしたとして唐澤誠章容疑者(42)も再逮捕されました。

参照元 : テレ朝ニュース



2016-10-20_111242

2016-10-20_111251

2016-10-20_111301


【関連記事】
竹田恒泰の側近中の側近ともいわれる人物を詐欺容疑で逮捕