[竹下雅敏氏]明治維新の中核組織となった天忠党(→大日本皇道立教會→貴嶺会) 〜裏天皇組織の政治工作部隊〜

2016/03/28 10:30 PM

竹下雅敏氏からの情報です。

貴嶺会のホームページより転載しました。冒頭の組織図には、天忠党の総督として、光格天皇皇子(武生宮長仁)・中山忠伊とあります。天忠党はその後「大日本皇道立教會」となり、貴嶺会に至っています。赤字にした部分、および太字にした部分をご覧になると、実は天忠党こそが明治維新の中核組織であったことがわかります。

“続きはこちらから”以降では、秘密結社であった天忠党の構成員と思われる人物が書かれていますが、時事ブログでの、これまでの天皇家に繋がる系図などの考察から、現在の日本の真の支配層と考えられる血筋と一致しており、まさしくこの集団が裏天皇組織の政治工作部隊だと考えます。

文末近くにある△砲蓮◆斑薜妨の側近であった中山家大夫で明治天皇を養育申し上げた田中河合”とあります。この明治天皇は本物の睦仁親王だと考えられます。

大日本皇道立教會の幹事長は、頭山満(玄洋社)になっています。彼は2代目裏天皇・堀川辰吉郎に仕えていたことがはっきりしています。以前紹介したホームページの写真を参照して下さい。

昨日の記事で添付した系図には一部誤りがありましたので、訂正しています。この系図をご覧になると、先のホームページの写真で、堀川辰吉郎に仕えていた人物が何人か出て来ます。どうやらこうした陰謀集団は、血筋で繋がっているようなのです。

(竹下雅敏)

貴嶺会関係組織図
記事配信元) 貴嶺会 日付不明

20160208soshikizu01

貴嶺会関係組織図

家督念証

中山家及天忠党顕彰慰霊祭趣意書

(続きはここから)

天忠党 顕彰慰霊祭趣意書

参照元 : shanti-phula


[竹下雅敏氏]大陸とも深い繋がりがある天忠党の後継団体と日本近代史の実相 〜大本教は単なる宗教団体ではない〜

2016/04/13 10:30 PM

竹下雅敏氏からの情報です。

これまでに取り上げた系図で、天忠党の後継団体が半島人脈と深い関係にあったことがわかりました。今回、さらに中山家と愛新覚羅家との関係を見ると、大陸とも深い繋がりがあることがわかります。

以前の記事で、大日本皇道立教会は裏天皇・堀川辰吉郎を奉じる政治結社ではないかと指摘したのですが、幹事長に頭山満の名があります。彼は玄洋社の代表で、大陸に深く関わっていたことが知られています。

“続きはこちらから”以降には、あまり知られていない“日本近代史の実相”が書かれています。文章から、私の推理はほぼ間違いないものだとわかります。文末に大本教の開祖・出口ナヲの次男清吉が出て来ますが、彼は嵯峨家の出自だとのこと。上田音吉の孫・上田鬼三郎は出口ナヲの娘のスミと結婚して、出口王仁三郎を名乗ります。大本教が単なる宗教団体ではないということがわかると思います。

(竹下雅敏)

貴嶺会関係組織図
記事配信元) 貴嶺会 日付不明

転載元より抜粋) Wikipedia 日付不明 皇室、正親町三条家(嵯峨家)及び清朝帝室(愛新覚羅氏)の系図実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係光緒帝は咸豊帝の養子、宣統帝は同治帝及び光緒帝の養子として帝位継承

c8f46c5a47032cb2575afc92146c3a71

020ed61b771ce264a07af40a2af66226

画像の出典:溥儀溥傑・嵯峨浩

642c05736101f323f2eaa156bdeea2d3

(続きはここから)

――――――――――――――――――――――――

記事配信元) kishu-bunka.org 日付不明

参照元 : shanti-phula