火炎瓶で放火 中国籍の男逮捕

2016年3月8日(火)0時3分配信

2016-03-09_000813

去年12月、東大阪市の住宅に何者かが侵入し、火炎瓶を使って放火した事件で、警察は当時、現場近くで、全身火傷を負った中国籍の男を確保していましたが、男が回復したことを受けて、7日逮捕しました。

放火などの疑いで逮捕されたのは、東大阪市の無職で中国籍の、王選慶容疑者(53)で、去年12月、東大阪市御幸町の会社員の男性の住宅に侵入して、玄関付近に放火した疑いが持たれています。

王容疑者は、当時現場からおよそ1キロ離れたところで、全身火傷を負った状態で警察官に身柄を確保されていました。

王容疑者は、被害にあった男性の元同僚で、取り調べに対して「人間関係で悩んでいたので火をつけた」などと容疑を認めているということです。

玄関付近では火炎瓶が見つかっていて、警察は男性を狙った犯行とみて捜査しています。

参照元 : 毎日放送

2016-03-09_000828

2016-03-09_000835

2016-03-09_001136

2016-03-09_000857