客酔わせ30万円払わせた疑い、飲食店従業員ら逮捕

2016年1月30日(土) 4時32分

2016-01-30_162043

東京・足立区の飲食店で、男性客にワインを飲ませて酩酊状態にさせたうえでおよそ30万円の飲食代金を支払わせたとして、従業員の女らが警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、足立区の飲食店従業員で中国籍の張潤霞容疑者(36)ら2人です。張容疑者らは去年10月、男性客(41)にワインを飲ませて酩酊状態にし、正常な判断能力を損なわせたうえで、クレジットカードでおよそ30万円の飲食代金を支払わせた疑いが持たれています。

取り調べに対し、張容疑者は「酒を飲ませたのは間違いないが、支払いは経営者がやっていたので知らない」と容疑を否認しています。

現場近くでは去年1年間で同様の被害が10件相次ぎ、被害総額は300万円に上っているということで、警視庁が詳しく調べています。

参照元 : TBSニュース

2016-01-30_161959

2016-01-30_162011

2016-01-30_162127