CIA 極秘扱いのUFO調査に関する“Xファイル”公開

2016/01/27 16:29

2016-01-27_211749

CIA(米中央情報局)が公式ホームページで、あのXファイルを公開です。

アメリカのCIAは「我々のXファイルをのぞいて見てくれ」として、かつて極秘扱いだったUFO(未確認飛行物体)の調査に関する資料の一部をホームページ上に掲載しました。UFOとされた写真も含まれていますが、資料自体は1978年にはおおやけになっていました。

CIAはUFOなどの謎を追う捜査官の活躍を描いた人気ドラマ「Xファイル」の登場人物にも触れ、「モルダー捜査官も喜んで使うだろう」などと資料を紹介しています。そのうえで、「疑う人にも信じる人にも興味を持ってもらえると思う」とコメントしました。

参照元 : テレ朝ニュース



2016-01-27_211800

2016-01-27_211815

2016-01-27_211833

2016-01-27_211843


CIA UFOに関するアーカイブの一部を公開

2016年01月26日 23:40

2016-01-28_154227

米中央情報局(CIA)は、UFOに関する数百の文書や写真を機密解除し、公開した。

CIAは、「宇宙人を保護している」、「地球外知的生命体の証拠を隠蔽している」などとしてよく非難されるが、今回サイトに1978年の調査のアーカイブを掲載した。

陰謀論の支持者たちにとっては思いがけないことだったが、CIAはUFO目撃の歴史的事実だけでなく、異常現象の分類を記したたくさんの書類も公開した。

CIAは、その任務と同時に、1947年から、世界中で起こった空飛ぶ円盤と関連した出来事も追ってきた。掲載された写真の大多数は、1940年から1950年代のもので、CIAの電子図書館「電子閲覧室」が提供したもの。これらの文書は、現役諜報員本人から直接入手したものや、謎の出来事に関する様々な国のマスコミ報道から集めたもの。

1978年末、CIAは地方裁判所の決定にしたがい、UFOに関する文書の存在を認め、原告にUFOに関する文書900ページ以上を渡すことを余儀なくされた。

なおCIAは、ページ数不明の57の文書については、国家安全上の理由から引渡しを拒否した。裁判所は、非公開会議でCIA代表者らの論拠に同意した。

参照元 : sputnik