TSUTAYAが通知カードで本人確認 今後は「利用せず」

2016年1月25日 22:38

logo

レンタル大手TSUTAYA(ツタヤ)が、マイナンバー制度の個人番号が記載された「通知カード」を新規会員登録の際の本人確認に利用していたことが25日、分かった。通知カードは身分証明書代わりに使うことが認められていない。

ツタヤは、26日以降は利用しないよう全国の店舗に通知する予定。

同社によると、昨年10月16日以降、本人確認の際に保険証や光熱費の請求書と合わせて身分証の代わりとし、氏名と住所だけを目視で確認していた。

内閣官房社会保障改革担当室の担当者は「防犯カメラに写ったり、店員が間違えてコピーしたりして個人番号が流出してしまう可能性があるため、こういった利用は適切ではない」としている。

同社広報部は取材に「違法性はないと認識しているが、利用者に不安を与えるかもしれないので今後は利用しない」と回答した。

参照元 : スポニチ


なんの意味もないマイナンバー。

無能な公務員が己の利権の為だけに多額の税金を使って作り出した無用の産物。制度を作って、どうやって活用するか検討するという無計画っぷりに呆れる。

ツタヤの管理レベルが、かなり低いのが分かる。防犯カメラには通知カードが録画されているだろうから、今後、漏えいの可能性がある。




【関連記事】
今月から役所の手続きで使われ始めた「マイナンバー」で、全国的なシステム障害が再発

安倍政権の恐ろしい統制社会!愛知県稲沢市が掲げた強権手法に住民が戦々恐々「マイナンバー拒否で住民票を消除?」

マイナンバー通知カードの簡易書留、受取人不在などで約10万通が返送

【朗報】マイナンバー制度は「憲法の保障するプライバシー権を侵害する」として、全国で一斉提訴

マイナンバー制度はどれぐらい危険なのか?構築を担当した人物に11の疑問をぶつける

茨城県や栃木県で、マイナンバーの番号通知カードが相次いで誤配達 これまでに16件確認

自分のマイナンバーをブログで公開した”さゆふらっとまうんど氏” マイナンバー法違反の疑いがあるとして、国の第三者機関が削除要請

専門家「マイナンバーカードは紛失や成り済ましなどデメリットも大きい。必要だと感じた時に申請すればいいので慌てて作る必要なし」

マイナンバー制度に関連する入札巡り、厚労省職員の男が便宜を図った見返りに100万円の賄賂受け取り逮捕

マイナンバー制度スタート早々「詐欺被害」70代女性が現金を騙し取られる

米政府版マイナンバー、約2150万人の個人情報流出!その中の560万人については指紋データも流出していたことが判明

多くの会社でマイナンバーを正しく利用するための体制が整っていない!この状態のままスタートすれば漏えいの可能性大

【マイナンバー制度】主権者である国民の全情報を国が監視、政府の秘密は特定秘密保護法で隠す。民主主義に反する異常な管理社会

マイナンバー制度で風俗や水商売のおねえさん達に問題が発生 → 夜の店がバッタバッタと倒産する

http://blog.livedoor.jp/charosuke0127/archives/52011788.html

【監視社会】マイナンバー制度の準備が完了している企業や自治体は僅か4%

【監視社会】マイナンバーで医療情報まで管理!利用範囲を戸籍やパスポート、証券分野などへの拡大目指す

マイナンバー制度で健康保険証も一元化へ ネット上の電子情報を本人の同意なくても第三者に提供できる個人情報保護法の改正も目指す

【監視社会】個人の銀行口座もマイナンバー(共通番号)で国が管理!プライバシーの侵害

【監視社会】マイナンバー制度を「銀行預金口座」にも適用する改正法案を閣議決定