ケルンの集団性的暴行で激震に見舞われるドイツ 揺れる難民受け入れ政策

2016年01月14日(木)15時55分

kimura160114-thumb-720xauto

集団暴行に抗議して集まり、移民排斥を訴えるケルンの極右支持者 Wolfgang Rattay-REUTERS

新年早々、ドイツが激震に見舞われている。西部ケルンでニューイヤーズ・イブ(大晦日の夜)、560人以上の女性が大勢の男に取り囲まれ、股間や胸をまさぐられる性的暴行や窃盗など650件以上の被害にあった。ユダヤ人迫害の暗い過去を持つドイツは難民と犯罪を結びつけることをタブー視してきた。しかし容疑者の半数以上がアルジェリアやモロッコなどの難民だったことから、国内だけでなく欧州を2分する論争に発展している。

大晦日の夜、ケルン中央駅や大聖堂に数千人が集まり、ファイヤークラッカーやロケット花火で騒ぎ出した。前年の倍に当たる200人以上の警官が警備に繰り出したが、手に負えず、無法状態に陥った。数十人の男が女性を取り囲み、突き回したり、胸や股間をまさぐったりのやりたい放題。容疑者の中にはドイツ人や米国人も含まれていた。洋服のフードに爆竹を放り込まれ、財布を奪われた女性やレイプされたケースもある。

規模こそ違え、同様の被害はハンブルク、デュッセルドルフ、フランクフルトのほか、オーストリア、フィンランド、スイス、スウェーデンで起きた。ケルン警察が当初、「お祭り気分の中、新年の祝賀騒ぎは概ね平和裏に終わった」と発表したことから、メディアはこの事件を報じなかった。

移民排斥を恐れ報道自主規制
ドイツではイスラム排斥を公然と唱える極右勢力が不気味な広がりを見せ、昨年、難民の施設を狙った放火などの犯罪行為が887件も起きている。ケルンの集団性的暴行をニュースで取り上げれば、難民排斥の口実に使われるという自粛の心理が人権派ジャーナリストや政治家に働いたのだろう。しかし「それじゃ女性の権利はどうなるの。少なくとも前年の大晦日まではこんな事件は起きなかった」と怖い思いをした被害女性が声を上げ、抗議活動を展開した。

昨年秋、ドイツの首相メルケルが「ウエルカム」とハンガリーで足止めされていた難民に門戸を開く方針を表明。ドイツ国民も通りに繰り出し、次々と到着する難民を温かく歓迎した。昨年、ドイツに流入した難民は前年の5倍以上の110万人に達した。中国とほぼ同じ世界最大級の経常黒字を積み上げ、財政も黒字という超優等生のドイツだが、この調子で難民が流入し続けると近い将来、パンクする。こうした不安心理が広がる中で、ケルンの集団性的暴行は起きた。

メルケルは大晦日に「大量の難民流入と社会統合が引き起こす問題に正しく対処すれば、必ず明日へのチャンスになります。我々は試練の時を生きています。ドイツはそれに対応できる強い国です」と難民受け入れの方針を改めて示していた。それだけに反発は強烈だった。1月5日にケルンで抗議デモを行った女性約400人は「メルケルさん、どこに隠れているの。何か、発言することはないの」と怒りをプラカードに書き連ねた。事件を報じなかった公共放送は自らの不明を恥じ、ソーシャルメディアで謝罪した。

ドイツでは禁錮3年の有罪が確定した場合に難民の地位が問われる。「この期間を1年に短縮してはどうか」「犯罪行為を行った場合、ドイツでの居住権を剥奪すべきだ」という声が政権の足元から噴き出す。「西洋のイスラム化に反対する欧州愛国主義者」(PEGIDA、ペギーダ)やユーロ離脱を党是にする新興政党「ドイツのための選択肢(AfD)」はここぞとばかりに「メルケルが受け入れを表明するから、こんな事件が起きるのだ」と批判を強めている。

直近の世論調査では実に国民の20%がイスラム排斥を唱えるPEGIDAの主張に共感を覚えると回答しているのだ。東部ライプチヒでは外国人排斥のデモ行進が暴走し、ケバブ店の窓ガラスが割られたり、車やゴミ箱に放火されたりする騒動に発展、211人が逮捕された。難民受け入れに反対する抗議活動では、メルケルにイスラムのスカーフをかぶせたり、股間に黒い手を当てたりするポスターが掲げられている。

トルコでもドイツ人がテロの犠牲に
欧州連合(EU)でメルケルが主導した経済力や人口に応じた難民受け入れ枠の割当制に反発する旧東欧諸国の指導者も黙っていない。難民を締め出すため有刺鉄線のフェンスで国境を閉ざしたハンガリーの首相オルバンは「自由主義は危機に瀕している。我が国の対応は正しかった。欧州に向かう難民の流れを止めるべきだ」とトーンを上げる。スロバキアやポーランド、ルーマニアも同調している。

しかし英国のレイプ被害支援団体によると、イングランドやウェールズ地方で年間9万7千人もの男女がレイプされている。性的暴行の被害者は年間50万人だ。集団心理による犯罪、性的ハラスメント、窃盗や強奪は難民に限った話ではない。ただケルンでは過去3年間に計1万1千人が大晦日の夜と同じような被害を受けており、地元警察も行政当局も事件の重大性を見落とし、対応を誤った。

昨年11月のピーク時に1日に1万人を数えた難民の流入は現在、3千人に減っている。メルケル率いるキリスト教民主同盟(CDU)からは認定基準を満たさない難民を1日1千人国外追放する「ゼロ・トレランス」のアプローチを求める声が上がる。

1月12日には、トルコ最大都市のイスタンブールで過激派組織「イスラム国(IS)」の犯行とみられる自爆テロが起きた。10人が死亡したが、犠牲者はいずれもドイツ人観光客。ドイツの国内世論がさらに先鋭化するのは必至である。昨年、難民が大挙して欧州に押し寄せ、「難民危機」と大きな問題になった。しかしドイツの人道主義と欧州の結束が本物か、問われるのはこれからだ。

参照元 : NEWSWEEK


2016年1月1日に発生した、ドイツ・ケルンでの集団強姦事件。主に10代から20代前半の若い女性たちが、難民の男らに性的暴行、強姦などの被害を受けた。

被害届の数は500件を超え、その異常性が話題を呼んでいる。映像は1月1日のケルンにて撮影された、被害者の1人と思われる女性が男たちに襲われている場面。

2016-01-20_150720

Sexual Attack and Rape - Cologne, Germany.

Arab animals takes crying women by force to a train tunnel.

Girl Sexually Attacked by refugees in Cologne, Germany 1-1-2016