シオニスト政権が、ISISから買収した原油を転売

2015/11/22(日曜) 23:21

B9ojy7zCMAEsDHQ

シオニスト政権イスラエルが、テロ組織ISISから買い取った原油を、精製してから転売していることが明らかになりました。

イラクのニュースサイト、アルアラビーオル・ジャディードが、イラクとシリアにおける石油の密輸組織のメンバーやネットワークの話として伝えたところによりますと、ISISはこれらの国の石油を、トルコとイラクのクルド人居住区を通じてシオニスト政権に販売しているということです。

シオニスト政権もまた、テロリストから買い取ったこれらの原油を精製した後に転売しています。この報告によりますと、シオニスト政権は夜間にISISから買い取った原油を、トルコやイラクのクルド人居住区を経由して、イスラエル領内にあるアシュドッド港に移送し、これを一度精製してから、1バレルあたり30ドルから35ドルで転売している、ということです。

ISISが、シリアとイラクで採掘する石油は、日量3万バレルと見積もられており、これらの石油を積載した、1日当たり70隻から100隻のタンカーが、石油の密売組織の助けにより占領地イスラエルに移送されています。 イラクとシリアで採掘された原油は、ISISにとって最も重要な資金源であり、この組織は毎月、このルートにより数百万ドルの収益をあげています。

参照元 : イランラジオ・日本語版


イスラエルとISISが、臓器密売で協力

2014/12/23(火曜) 23:35

シオニスト政権イスラエルの医療チームが、イラクとシリアでの臓器密売のため、テロ組織ISISと協力を行っています。

情報筋が23日火曜、イスラエルのチャンネル2の報道として伝えたところによりますと、テログループISISは、最近、財政源の拡大を目的に、イスラエルなど各国の医療グループの協力を受け、イラクやシリアで殺害した人の臓器を密売しています。

この報告によりますと、ISISは、イラクやシリア、そしてトルコで、遺体から心臓、腎臓、肝臓などの臓器を取り出し、それらを密売するためにイスラエルの医師の協力を受けているということです。

ISISはさらに収入を確保するために、麻薬、歴史的な遺物、石油の密売を行っています。医師の一人は、ISISは殺害した人質や犠牲者の他、ISISの戦士の臓器も密売していると述べています。これらのテロリストは、イラク北部のモスルに、臓器を売るための病院を設立しています。

参照元 : イランラジオ・日本語版


『ISIS(ユダヤ国)のイスラエル人司令官がイラクで身柄を拘束される』

October 19, 2015

general1_censored-1

アメリカとロシアの対決が延期されたものの、それ以外では切迫してきた。舞台裏では、米国政府内のヴァイオリン弾きシオニスト‐イスラエル人ユッシ・エロン・シャハク大佐が イラクの民兵部隊によって身柄を拘束されている。

これは先日、シリアのクネイトラでテロ集団の幹部と面談していたところ、空爆によって死亡したイスラエル軍准将を思い起こすものだ。

Veterans Today ダマスカス局長ナヒード・アル・サッハーニ 米軍戦闘機によってアレッポの町に電気を供給する火力発電所と変電所が攻撃された。VT紙と話をした信頼性の高い情報筋は、『ISISとその系列集団に対するロシアの空爆が継続される中で、米国政府内の利己的な目的を抱く連中が、シリアで民間施設を攻撃するために裏で糸を引いている』と語った。

10月11日、アメリカの2機のF16戦闘機がアレッポの田舎町タル・シャイール、バーブ一帯のインフラを空爆で破壊し、アレッポ市ほぼ全域の電力供給が遮断された。

これによりアレッポの病院や学校、一般家庭の全てが停電状態となり、給水設備、下水施設も稼動していない。現地の気温は30度で、発電所破壊による影響は極めて深刻だ。

ここで重要な問題は、『誰が飛行を命じて、シリアのインフラを破壊するよう命じたのか?』という点だ。ロシアは確実に気づいている。

『シリアを巡る2つの大国との協力可能な交渉に熱狂的なシオニスト擁護者の分子が米ロ関係を緊張させようと執拗に取り組んでいる。オバマが米軍を制御できない事実は、もはや秘密なことではない』と情報筋は語った。

(以下略)

参照元 : Breaking: Israeli General Commanding ISIS Captured in Iraq

【関連記事】
イスラエル人医師が、臓器売買でテロ組織ISISに協力

ISILは、臓器密売人:イラク


ISIS=モサドだから転売じゃなくて直売。

ユダヤの商人は、空爆してる諸国にも武器を売って儲けてるわけだし。日本は、関わらない方がいいよ。こんな猿芝居に。

支援というか元を辿れば、アルカイダも含めて、イスラムの過激派成立支援はイスラエル。その証拠に、過激派の癖に、すぐ近所のイスラエルを攻撃しない。その代わりに、イスラム同士で殺し合ってる。

イスラエルにとってISISが暴れてくれるおかげで、近隣の脅威のイスラム系の国々が荒廃してくれるし、石油は盗めるだろうし、何よりも武器商売で稼げる。西洋の空爆参加で、お得意様の兵器在庫一層できるし、嫌いなイスラムは荒廃させられるし、イスラムヘイトが広がって、パレスチナ人の虐殺がはかどる。

イスラエルにとって何もかもが都合良い。これだけでもISISと繋がっているというのは分かりきったこと。そこに、部外者のロシアが闖入して、シナリオにない空爆を始めたので、一生懸命、妨害してるのが現状でしょ。トルコなんて下っ端だから逆らえない。