世紀の大富豪、ロスチャイルド家の禍々しいオカルトパーティーの様子

2015-11-04_145233

現代における最も成功した人と言えばやはりロスチャイルド家のマイアー・アムシェル・ロートシルトだろう。ロスチャイルド家は、18世紀後半にフランクフルトのゲットー(ユダヤ人隔離居住区)出身のマイアー・アムシェル・ロートシルトが銀行家として成功したことに始まり、彼の五人の息子がフランクフルト(長男アムシェル)、ウィーン(二男ザロモン)、ロンドン(三男ネイサン)、ナポリ(四男カール)、パリ(五男ジェームス)の五か所に分かれて銀行業を拡大させた。

その後、フランクフルト家、ウィーン家、ナポリ家は絶家扱いとなり、ロンドン家とパリ家が現在まで残っており、銀行業を手掛けている。現在、ロスチャイルド家が営む事業は主にM&Aのアドバイスを中心とした投資銀行業務と富裕層の資産運用を行うプライベート・バンキングが中心である。

そんなロスチャイルド家の裕福さが垣間見えるオカルトパーティの写真が幾つか見つかったので、紹介しよう。

このオカルトパーティはギー・ド・ロチルドとその妻マリエ・ロチルド主催で開催されたこのパーティはフランスにある彼等のマンション「シャトー・デ・フェリエール」で行われた。

パーティの主催者ギー・ドとマリエ・ロチルド。オカルトパーティの為の服装で皆の前に姿を現した。ちなみにこのマンションは彼等がオカルトパーティを開くまで無人のまま放置されていたが、開催を切っ掛けに大掃除が行われたようだ。

d03c61fd

開催時のシャトー・デ・フェリエールはオレンジ色の証明で光り輝いていた。まるでマンション全体が燃えているかのように・・・

114ac63e

マンション内部の階段付近には常に男性の使用人たちが猫の姿で待機しており、彼等は常に猫のようにふるまい、階段付近で寝た振りをしていたそうだ。

78418ce4

小さな空を持つ顔と、黄金の女王
d031802a

この帽子だと絶対首が痛くなりませんか?
b9bffd6b

主催者の二人はシュールレアリズムにのめり込んでいたようで、これはマンションの全体的なデコレーションとゲストのコスチュームからも見て取れる。
7059eeb2

デヴィッド・ボウイの緊急連絡先に入っていそうな人々
6a4c7dc6

ロスチャイルドの投資家たちは割と普通めの盛装をしていたようだが、チャンスを棒に振ったのかも知れない。
75c692d3

ルネ・マグリットの有名なシュールレアリズム画「ザ・サン・オブ・マン」をモチーフにしたコスチューム。
c8bb8a5f

これは食用なのかは分からないが、とりあえず手を付けたくないのは確かだ。
84d9ff7c

これは「二匹の亀が汚物の中で抱き合っている」という作品なのかな?
93c191ed

盛り上がろう!
2b075697

これは果たして帽子なのか、女性が事故で籠に閉じ込められているのか分からない。
58166c4f

この人物は有名なシュールレアリズム画家サルバドール・ダリだ。ロスチャイルド家のパーティにはこういった超有名人が良く呼ばれている。例えばブリジッド・バルドー、グレース・ケリー、オードリー・ヘップバーン等がその一例だ。
2cc884f1

主催者のギー・ドが被ったこの幾つもの顔がある帽子は数多くのゲストを魅了した。
62d366af

ゲストに配られた招待状の一つだ。この招待状は鏡が無いと読めないようになっている。この招待状には「ゲストは黒いネクタイの正装か、ドレスで来る事」そして、「シュールレアリズムを被り物で表現する」ようにお願いがされている。
4be304f6

晩御飯の時間だ!
c17312b4

全裸のマネキンの首元に血のような真っ赤な切り傷がある。とても良いアイデアなのだが、やはり気味が悪い。
bf861ef8

マリエ・ロチルドのこの大きすぎるトナカイの被り物の両目にはダイヤモンドが埋め込まれている。
8c1cc972

via:viralnova・原文翻訳:riki7119

参照元 : カラパイア 不思議と謎の大冒険


ハザール・マフィアとロスチャイルドの悪行について