右手に拳銃を持ち…交番の隣で警察官“自殺”か

2015/10/27 17:49
 
2015-10-28_091102

勤務先の交番の隣の敷地で、警察官が拳銃で自殺したとみられます。

27日午前8時ごろ、千葉県船橋市にある交番の隣の空き地で、男性が頭から血を流し、うつぶせの状態で死亡しているのが見つかりました。警察によりますと、男性はこの交番に勤務する29歳の船橋警察署地域課の巡査で、右手に拳銃を持っていたということです。

男性巡査は、26日朝から27日朝まで勤務の予定でしたが、未明から行方が分からなくなっていました。特に変わった様子はなく、遺書などは見つかっていませんが、現場の状況などから警察は、拳銃で自殺したとみて調べています。

参照元 : テレ朝ニュース



2015-10-28_091127

2015-10-28_091137

2015-10-28_091146

2015-10-28_091157