2015年9月21日、南ロサンゼルス55番ストリートマーケットで、韓国系アメリカ人の店主が若いギャングに殴られ刺されました。報道機関に映像を提供した店主の娘によると、3人の若者ギャングが酒を購入するふりをし、IDを表示することを拒否した後に事件が勃発した。

若者ギャングは、酒の代金を払わず店を出ようとしたので、店主が店の外まで拳銃を持って出ると、他のギャングが店主を蹴り、一気に襲いかかって暴行され、最後に刺されます。店主の娘は、若者ギャングを識別しやすくするために、映像をリリースしました。

2015-10-02_092502

A Korean-American shopkeeper was beaten and stabbed by a gang of youths on September 21, 2015 outside the 55th Street Market in South Los Angeles. According to the shopkeeper's daughter, who provided the footage to news agencies, the argument broke out after three underaged youths refused to show IDs while purchasing alcohol.

The youths left the store and returned a few minutes later with a larger group. When the shopkeeper confronted them outside the store as they attempted to leave with the alcohol, one of the youths breaks a bottle over his head before the group kicks and beats him. The daughter released the video with the intent of getting the public to help identify the youths.

Shopkeeper Beaten, Stabbed by Gang of Youths