NYダウ 530ドル急落 2日間で900ドル近く値下がり

2015/08/22 11:52
 
2015-08-23_234016

ニューヨークのダウ平均株価が530ドル急落しました。約4年ぶりの下げ幅です。

21日のニューヨーク株式市場は、中国の景気減速の影響に懸念が強まったため、全面安の展開になりました。ダウ平均株価は取引終了にかけて値を下げ、終値は前の日に比べて530ドル94セント安い1万6459ドル75セントでした。ダウ平均はこの2日間で900ドル近く値下がりしています。

市場関係者:「投資家は怖くてお金を市場から引き揚げている。4カ月から6カ月先は上がるかもしれないが、しばらく今年一番の辛抱の時が続くだろう」

また、原油先物相場も一時、1バレル=40ドル台を割り込み、約6年5カ月ぶりの安値になりました。

参照元 : テレ朝ニュース



2015-08-23_234033

2015-08-23_234046

2015-08-23_234105