日イスラエル首脳会談 中東和平実現を呼び掛け

2015/01/19 05:56

mqdefault (2)

中東を歴訪中の安倍総理大臣は、イスラエルのネタニヤフ首相と少人数の首脳会談を行い、「対立がエスカレートする行為は控えてほしい」と述べて、中東和平の実現を強く呼び掛けました。

会談で安倍総理は、まずフランスでのテロについて改めて断固として非難する考えを伝えました。これに対してネタニヤフ首相は、テロは世界に広がっているので日本も注意すべきだと指摘したうえで、その広がりを止めなければならないと述べました。

また、中東和平に関して安倍総理は、対立がエスカレートする行為は控えてほしいと強く求めて、和平への実現を呼び掛けました。さらに安倍総理は、中東和平のために駐留している多国籍軍のために104万ドルの支援を表明しました。ただ、ネタニヤフ首相は、中東和平に関する具体的な言及は避けました。

また、経済面でも日本とイスラエル間での投資協定やFTA(自由貿易協定)への動きを進めていくことで合意しました。安倍総理は日本時間の19日夕方、戦後70周年の節目としてホロコースト博物館を視察した後に、平和への決意を表明する予定です。

参照元 : テレ朝ニュース