「さみしくて」アライグマ捕獲 容疑で78歳男を書類送検

2015/1/15 17:33

d_07661390

特定外来生物のアライグマを捕まえ、飼育したとして、鳥獣保護法違反と外来生物法違反の疑いで、兵庫県警兵庫署は15日、神戸市兵庫区内の無職男(78)を書類送検した。調べに、男は「一人暮らしのさみしさを紛らわせたかった」と供述しているという。

送検容疑は、昨年8月、同市兵庫区鵯越筋の山中に箱わなを仕掛け、9月4日、わなに掛かった雄のアライグマ(体長約60センチ)を自宅で12日間飼育した疑い。

野生動物の捕獲、飼育は鳥獣保護法で規制されている。特定外来生物のアライグマは外来生物法でも飼育が禁止されている。

同署によると、男は山中に投棄された箱わなを修繕して使用していたという。

参照元 : 神戸新聞NEXT


調べると、この人は普通に飼育してるみたいだけど?

動画の説明文

この週齢から飼い始めると後を追って来て良く懐き、扱いやすいです。

一般的に「飼育」可能なのは、この頃だけと思われがちですが、逆にこの頃から母親替わ-りになって愛情込めて育てると凶暴性も無くなり、犬や猫との共生が可能になります。

躾の最大ポイントは、絶対に叱ったり、怒ったりしないこと。

野生動物に怒りの感情を入れるのはもってのほかです。

この子は、奇跡的にアライグマ飼育歴10年選手の方と出会い、今では新築の住宅に犬と-フリーで過ごしています。

日本一幸せを掴んだ熊ちゃんです。