北九州市の暴力団 工藤会ナンバー3らを逮捕

2014年10月1日 5時05分

K10050145311_1410010542_1410011039_01

北九州市の暴力団、工藤会の壊滅に向け、警察は集中的な取締りを行っていますが、去年1月に福岡市で女性が切りつけられた事件で、組織的に女性を殺害しようとした疑いが強まったとして、警察は工藤会のナンバー3にあたる幹部の男ら数人を組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕しました。

逮捕されたのは北九州市に本部がある指定暴力団、工藤会のナンバー3で理事長の菊地敬吾容疑者(42)ら工藤会系の暴力団員数人です。

警察の調べによりますと、菊地容疑者らは工藤会の幹部などと共謀し、去年1月に福岡市博多区の路上で45歳の看護師の女性を殺害しようと刃物で切りつけ、けがをさせたとして、刑法より罰則が重い組織犯罪処罰法の殺人未遂の疑いが持たれています。

警察によりますと、女性の勤務先と工藤会の幹部との間に接点があったことから捜査を進めた結果、切りつけの実行役や女性を尾行する役、それに車の調達役などに分かれて組織的に実行した疑いが強まったということです。

警察は9月に、16年前に漁協の元組合長が殺害された事件に中心的に関わったとして逮捕した工藤会トップの野村容疑者とナンバー2の田上容疑者、それにほかの暴力団員らの合わせて10人前後についても同じ容疑で逮捕状を取っていて近く逮捕する方針です。警察は女性を狙った動機を調べるとともに、警察官3800人の態勢で集中的な取締りを続け、工藤会の壊滅を目指す方針です。

参照元 : NHKニュース




工藤会トップら9人逮捕、看護師を殺害しようとしたか

2014年9月01日11:46

mqdefault (9)

去年1月、福岡市で看護師の女性を刃物で殺害しようとしたとして、警察は、特定危険指定暴力団・工藤会トップの野村悟容疑者(67)ら9人を組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕しました。

女性は頭や胸を刺され重傷です。 捜査関係者によりますと、看護師の女性は、野村容疑者が医療機関を訪れた際に処置を巡ってトラブルになっていたということです。

参照元 : TBSニュース



予備動画