脱税告発1億2000万円 赤坂の高級クラブ女性経営者

2014/08/26 11:56
 
mqdefault (1)

東京・赤坂で高級クラブを経営していた女性が1億2000万円余りを脱税したとして、東京国税局から刑事告発されました。

所得税法違反の疑いで告発されたのは、韓国人クラブ「セレナーデ赤坂」の張美英(チャン・ミヨン)経営者(53)です。張経営者はおととしまでの2年間、店の経営で得た所得2億円余りを申告しなかったほか、ホステスらの給料から天引きした源泉所得税を国に納めず、合わせて1億2200万円を脱税した疑いが持たれています。

張経営者は、所得を隠すために第三者の名義で店を営業していました。脱税した金は、貯蓄や店の事業資金に充てたとみられています。

参照元 :
テレ朝ニュース