拳銃“所持”で市議を書類送検 ネット出品して発覚

2014/08/21 18:21
 
mqdefault (1)

市議会議員が、実弾が出るように改造された拳銃などを無許可で所持した疑いです。

八幡浜市議会・岩渕治樹議員:「危険なものというのは一切、認識はございませんでしたので、反省をさせて頂きたいと思っております」

書類送検されたのは、愛媛県八幡浜市議会の岩渕治樹議員(62)です。警察によりますと、岩渕議員は、許可なく自宅で改造拳銃1丁と模造拳銃3丁を所持していた疑いです。

今年1月、岩渕議員がネットオークションに改造拳銃1丁を出品していたことから発覚しました。岩渕議員の自宅にはモデルガンなど約100丁があり、警察の調べに「趣味で集めていた。所持していたのは間違いない」などと容疑を認めています。

参照元 :
テレ朝ニュース