福島第一原発周辺で遺伝子レベルで突然変異が起こった植物や動物が見つかる

2014年8月16日 13:15
 
676579852

福島第一原子力発電所の周辺で、遺伝子レベルで突然変異が起こった植物や動物が見つかった。福島県では、放射能に汚染された地域で育つ稲の防御遺伝子が活性化され、DNA複製に作用し、異変が起こったという。

日本全土に分布するヤマトシジミ(蝶)の体長は著しく減少した。また死亡率も高まり、発育異常もみられるようになった。「ガゼータ・ルー」が伝えた。

福島に巣をつくっているツバメの形態異常も増加している。研究者たちは、チェルノブイリと福島での事故による生物学的影響は似ているとの見解を示している。

参照元 : ロシアの声





【関連記事】
東日本大震災の発生から2年半 高放射線量地域で生物に異変!奇形が疑われるツバメや魚、蝶や毛虫

【閲覧注意】チェルノブイリ原発事故・1986の真実 「突然変異によって生まれてきた人間」