首から血を流してコンビニに…男性死亡 埼玉

2014/07/19 14:21
 
mqdefault (9)

埼玉県八潮市のコンビニ店で、首から血を流した男性が店に入ってきた直後に倒れ、死亡しました。警察は殺人事件として捜査しています。

19日午前3時半ごろ、八潮市の「セブン−イレブン八潮2丁目いちょう通り店」で、店員の男性から「20代から30代の男性が首から血を流している」と119番通報がありました。男性は病院に搬送されましたが、約1時間半後に死亡しました。

男性は職業不詳の清田広大さん(24)で、警察によりますと、清田さんは首から血を流して店に入ってきた直後に倒れたということです。警察は、殺人事件として捜査本部を立ち上げ、付近の防犯カメラを確認するなどして捜査しています。

参照元 :
テレ朝ニュース


埼玉・八潮市で殺人事件、コンビニに血まみれの男性

2014年7月19日17:26
 
mqdefault (10)

19日未明、埼玉県八潮市のコンビニエンスストアに血まみれの男性が入ってきて倒れ、その後死亡しました。男性には刃物による傷があり、警察は殺人事件として捜査をはじめました。

「あそこに警察いますよね。あの辺です。あそこでたたかれていた」(目撃した人)

午前3時半ごろ、八潮市八潮のコンビニエンスストアで、「男性が血を流して店にきた」と男性店員から119番通報がありました。男性は八潮市に住む清田広大さん(24)で、店に入った直後に倒れ、病院に運ばれましたがその後死亡しました。清田さんの上半身には刃物による傷があり、警察は殺人事件として捜査を始めました。

「『やるのか』とか言っていた。午前3時半ごろ。騒いでけんかしているような声。犯人は逃げちゃった。3台の車で。1回あそこの交差点内でバックして、そのまま、まっすぐ逃げた」(目撃した人)

清田さんは18日午後3時半ごろ、自宅から乗用車で外出したということです。警察は清田さんの交友関係を調べるなどして、何かトラブルを抱えていなかったか捜査を進める一方、付近の防犯カメラの解析などを行い、逃げた犯人の行方を追っています。

参照元 :
TBSニュース