清掃業売却詐欺:2000万円詐取容疑 大阪府警2人逮捕

2014年05月29日 16時00分
 
m_abc-20140530002

大阪府八尾市の一般ごみ収集許可を得た清掃会社2社の売却を持ちかけ現金2000万円をだまし取ったとして、大阪府警捜査4課は29日、職業不詳の丸尾勇容疑者(66)=八尾市若林町1=ら2人を詐欺の疑いで逮捕した。府警によると、丸尾容疑者は、2社が加盟する任意の清掃組合の運営を実質的に取り仕切っていた。丸尾容疑者は容疑を否認しているという。

他に逮捕されたのは、うち1社の実質経営者とされる韓国籍の文政英容疑者(46)=大阪府大東市灰塚3。容疑は2012年春ごろ、50代の解体業の男性に「名義を替えた翌日から清掃業ができる」と虚偽の説明をして、清掃会社2社の売却代金として2000万円を詐取したとされる。

府警によると、八尾市の規定で、一般廃棄物収集運搬業の許可を得た会社を相続する場合、親族などに限られると定められている。丸尾容疑者らはこのルールを知りながら、対象外の男性に売却話を持ちかけたという。また2社は有限会社だったが、男性に「会社の株式をすべて譲渡する」と記載された虚偽の契約書も渡していた。

丸尾容疑者は毎日新聞の取材に「元々は部落解放同盟大阪府連合会支部幹部だったがもう辞めた。今は任意の人権団体を設立し、会長をしている」としていた。

◇丸尾容疑者一問一答 現金だまし取る目的「あるはずない」

丸尾容疑者は逮捕前の今月上旬、毎日新聞の取材に応じた。主なやり取りは次の通り。

−−どのような経緯で会社を売ることになったのか。

(被害者は)2012年ごろ、第三者を通じて「会社を買いたい」と言ってきた。「じゃあ買えや」と話し、2000万円で売った。

−−会社の登記は変更したのか。

書面上は何も残っていない。弁護士に依頼している最中に、相手から「(会社の経営は)もうできない」と言われたから。

−−会社はまだ残っているのか。

4月いっぱいで閉鎖した。

−−相手から現金をだまし取る目的があったのか。

あるはずも何もない。

参照元 :
毎日新聞

douwa1