元・CIA エドワード スノーデンさん 地底人を暴露!?

(前略)

マスコミ・アカデミズム・表情報のみ3次元のみ思考の方々(B層)は、この世界盗聴問題を全く知らなかったか、少し知っていても、それこそ学研ムー等に載っている 都市伝説で価値の無い情報だと決めつけていましたね・・・(^_^;)

しかし、このたび元・CIA職員、エドワード・ スノーデンさん が体を張ってアメリカ政府らの盗聴問題を暴露しました!!本日8/1 朝のTVでも、ネット・携帯・電話・メール・SNS、個人情報、企業秘密など全て傍受されていると ハッキリ 言っていました!

2

で・・・・1昨年 熊本 幣立神宮 近くの世界平和道場・・・  川島伸介さんの企画で全国から参集して〜限界村復興、自然農法や地球維新について私も講演しました!

ほとんど農業にたいする思いなどまじめに語って、最後ひとこと地球維新は宇宙と地底への開国でもある!と一文を 付け加えたら・・・ 

なんと〜週刊文春さんが 「地底人セミナー」だったと報道してくれました(笑)

この「地底人」は 常識人にとっては 超〜トンデモの世界ですが(笑)
 
2

元・CIA職員、エドワード・ スノーデンさんが世界盗聴の次には 「地底の高度文明と地底人」を 暴露したとか・・

■元CIA職員がリークした地底人の存在を暴露

アメリカ国家安全保障局( NSA )の監視文書の情報をリークした人物として知られることになったエドワード・スノーデン元CIA臨時職員は、ベネズエラへの亡命を許可された。

そのためスノーデン元CIA臨時職員は、一時的にロシアに亡命し安全を確保したうえでベネズエラに向かう計画だ。そして今後安全な場所で、より衝撃的で世界を揺るがすような米国政府の秘密文書を暴露すると予告している。

そのスノーデン元CIA臨時職員は、先日「地球の内部」の秘密を暴露した。彼が暴露した内容は、地球の内部に高度な知的な人々が存在するという衝撃的な内容だった。

※情報源
Snowden Reveals Documents: 'More Intelligent Homo Sapiens Exist Underground'

mqdefault

■スノーデン氏が地底人の存在を暴露

スノーデン元CIA臨時職員によれば、米国は地球内部のマントル層の下に暮らす知的生命体の存在が確認されており核兵器で攻撃する計画を立てているというのだ。

地球には内部世界があり、そこに高度な文明があるというのはそこに迷い込んだ米空軍のパイロットが手記を発表しており、信じる信じないは別にして多くの人々の知るところである。

この空軍パイロットの手記では、内部地球では絶滅したはずの恐竜のような生き物も目撃したことが記述されている。地底の全ての世界・生命体を総称して、「アガルタ」と呼ばれていて「アガルタ」の住民は、アトランティスとレムリアの核戦争の生き残りの人々で、大陸が沈む前に地底に逃げて以来そこに住み続けている巨人族だという。

人種的にはコーカソイドやモンゴロイドなど多種多様である。また人類より数万年以上も進歩した技術を持っているらしく、またその中の何人かは絶えず地表の人間と接触して彼等のテクノロジーを小出しに伝授しているという。

■地底人はいずれ地上に出現する

地球内部から未知なる人類が出て来るという話は、「ヨハネの黙示録」でも予言されている。釈迦も「法華経」中で、地から人が湧いてくると説いている。地球内部に住めなくなり、彼らが地上に出てくる本当の理由は、地球内部世界が消滅するからなのだ。

では、なぜ地球内部世界が消滅するのか……

確かな事は分からないが、彗星の接近がポールシフト(地軸移動)や極ジャンプ(両極反転)を引き起こし、地磁気が一時的に消滅する可能性があるからではないだろうか....。

相変わらず渡辺さん、カタストロフィ情報満載です・・・(^_^;)

スノーデンさん「地底人暴露」 これが本当にならば・・・(笑)本当に常識が破壊されて「地球維新」も超加速するのですが・・・・

逮捕されたウイキリークス代表による宇宙人・UFO情報の暴露も 阻止された例もありますから、冷静に見守りたいと思います。

まさか・・・ね!!

読売テレビがたかじんのそこまで言って委員会での「陰謀論ゴングショー」おぼえてますか????

911テロは 自作自演とかハープ 人工地震など、国会議員やフルフォードちゃんに陰謀論を語らせ、番組でコテンパンにアホ呼ばわりして国民にバレそうな 陰謀論を一気にゴマかしました!

エドワードさん、アメリカ政府から追われており、うまく亡命できるとイイのですが・・・・

すべては地底情報を一気に ゴマかすための「いっかんした策略」でないことと「地球維新の加速」を祈ります(^^ゞ

参照元 : 鹿児島UFO 地球維新 天声会議




スノーデン「地底人が地球内部にいる。米政府は白人宇宙人の傀儡」

3e487ee4

スノーデン氏は昨年、ウェブサイト「インターネット・クロニクル」上に、米国の機密文書を公開。その内容は、「地底には高度な文明を誇る知的生命体が生存している」という驚くべきもの。本誌でも、関連記事を報じた。 

そしてさらに、「今年に入って米有力誌『フォーブス』が、"米政府は背の高い白いエイリアンに支配されている"と題する記事を掲載したんです。 記事はイラン国営のファルス通信の報道を引用したもので、フォーブス誌は荒唐無稽と斬り捨てていますが、その内容は衝撃的です。ファルス通信は、スノーデン氏からもたらされた情報をもとに、ロシアの情報機関・FSBが作成した報告書にあった内容だと説明しています」(前同) 

報道によれば、背の高いエイリアンは2〜3メートルの白人を思わせる容姿をしており、1950年頃に米政府に接触。以来、米政府との共同基地で技術研究を行っているという。 

「スノーデン氏が告発したNSAによる地球規模の盗聴網も、このエイリアンの入れ知恵だとされています。真偽のほどは不明ですが、もし共同の秘密基地があるとすれば、ネバダ州にある"エリア51"と呼ばれる空軍基地がそれに該当するのではないでしょうか」(同)

169085d8cd09cee0bea427beee509946

最新の研究によると古代天皇は遠い宇宙から来た高度文明ニダ 

アメリカの一流企業P&G社の御曹司フォスターギャンブル製作  

太陽神=古代天皇 「 ス ラ イ ブ 」 



洞窟に謎の地底人!? 欧州で目撃されたUMAの舞台裏

644653l

644652l

レプティリアンの死体か?

dorakoniann

シュメール文明の出土品と言われるレプティリアン!?土偶

05590d5c4d84684b9a654b31d833d18d

レプティリアン(爬虫類人間)が地球人に姿を変えて生活しているという。混血も多いらしい。




ビヨンセの丸い眼球が縦線の目に変わる瞬間映像。彼女はレプティリアンだったのか!?

Reptilian Shapeshifters among us.
Turns out David Icke was right about reptilians and the saturn moon matrix. He forgot to show you the earth is a flat plane. A Plane-t. The "t" is the unfolded cube. The 2D matrix is in your face. Everyone you know is retarded and can't pick out simple shapes/ symbols of Satan marked on all thighs in your life but you have no eyes to see them. Get to my channel immediately and catch up on reality that evades your detection.

A Real Reptilian Shapeshifter - Close Up




雅子様 指シェイプシフト




地上波でも取り上げられる





レプティリアン エリザベス女王のエージェントMI5が私のサイトに注目!

狂 邪 霊・・・・ 皇后陛下と呼べますか?


自分がトカゲ人間(レプティリアン)だと主張する女の子




アルファ・ドラコ二スからのレプティリアンの性質、外見、地球人に対してやって-いる事、など。




レプティリアン(トカゲ人間)の地球乗っ取り計画。ジャーナリストのデーヴィッド・アイク氏が暴露!



地底人は、たまに地上に出てきて目撃されることがある。中南米で目撃例が多いのは、シャンバラへの入り口が存在するせいだ。

634x372

南米に存在する小さな人間のミイラは、実は地底人だったのか?

驚愕! 体長15センチの宇宙人といわれているミイラから人間と同じDNAが検出される

2013年4月27日

yjimage

さかのぼること約10年、2003年に南米チリのアタカマ砂漠で人類らしきミイラが発見された。しかし、その大きさはたった15センチ!! 人類にしては小さすぎるのだ。宇宙人のミイラではないかと言われていたが、その正体がついに判明したようだ。

謎のミイラのDNA鑑定を行ったところ、なんと人間と同じDNAが検出されたというのである。

この体長15センチのミイラは発見された場所の名前をとって「アタカマ・ヒューマノイド」、通称「ATA」と呼ばれている。

ATAは確かにパっと見はヒトをそのまま小さくしたような骨格である。しかし、よくよく見てみると頭部と体のバランスが成人のものではないし、頭蓋骨の形も違う。さらに人間なら12対あるはずの肋骨が9対しかないということもわかったそうだ。

ATAは一体何者なのか。この謎を解明すべく、アメリカのスタンフォード大学の研究者によってATAのDNA検査が実施された。するとATAの体からは人間のDNAが検出されたというのだ!

そのほかX線やCTなどの検査も実施され、その結果から最終的に「ATAは6〜8歳の人間の男児」と結論づけられたという。何らかの異常から胎児サイズのまま成長することができなかった少年ではないかと見ているそうだ。そんなことが本当にありうるのだろうか? この珍しい結果に科学者も「実に興味深い」と話しているという。

人間と同じDNAが検出されたのは事実。しかし宇宙人のDNAが人間のものに近かったら……。なお、このドキュメンタリー番組『シリウス』にまとめられている。気になる人はチェックしてみてもいいだろう。

参照元 : Youtubeシリウス

ロケットニュース24

ついに15cmのミイラの正体が判明した!やはり、グレイタイプの宇宙人だったのか!?

人間と同じDNAが検出され、CTスキャンなどから、出産後6〜8年成長せずに生きて死んだ男児だということが分かった。

acde6510

20130609152509fff

こちらはX線写真。左から順に、人間の胎児、人間の新生児、アタカマ・ニューマノイド(エイリアン・ミイラ)

2013060915285624c

20130609152832663

20130609152810c9c

20130609152744b6f

ギャリー・ノーラン博士(幹細胞生物学)は「何らかの以上で、胎児のままの姿で何年も生き、呼吸をし、食べ物を食べ、それが代謝されていた痕跡が確認されました。」と語っている。

youtube映像はこちら▼






元CIAスノーデン暴露「米政府と巨大宇宙人秘密基地」 vol.01

2014年2月22日 07時00分
 
o0430035212592832257

世界最強と称される情報機関・CIA(米中央情報局)の元職員であるエドワード・スノーデン氏(30)。

「同氏は13年5月に渡航先の香港で、米政府の機密を全世界に向けて暴露し、一躍、時の人に。肝を冷やした米政府は、情報漏洩の罪で指名手配しています」(通信社記者)

スノーデン氏は地元の短大を卒業後、米陸軍に入隊。訓練中に大怪我を負う。怪我の治療中にNSA(米国家安全保障局)からスカウトされ、情報機関の職員となった。NSAで働いている間にCIAからもスカウトを受け、今度は同組織の職員に。

米国が誇る2大情報機関で勤務したことにより、スノーデン氏は門外不出の機密情報を蓄積していったわけだ。
 
「NSAは偵察衛星と世界中に設置された傍受アンテナを駆使して、無線、電話、FAX、Eメールなどを傍受、分析している情報機関。米軍と自衛隊が共同利用している青森の三沢基地にも、巨大な傍受アンテナが設置されています。スノーデンは、NSAが米国民のみならず、世界中の人々を盗聴していることを告発。重大な人権侵害だと憤慨してみせました。続いて、ドイツのメルケル首相の携帯電話や、国連機関職員のメールや携帯電話も盗聴していたことも暴露したため、世界中でトップニュースとなったんです」(軍事ライター・黒鉦英夫氏)

スノーデン氏は複数の国に対し、政治亡命を申請しているが、亡命受け入れを表明した国はなし。現在、ロシア政府が一時滞在許可を与えているため、ロシア国内で暮らしている。
 
「スノーデン問題は、オバマ政権にとって大きな痛手です。レームダック(死に体)が指摘されるオバマ政権は、スノーデン氏の告発によって、対ロシア外交でも圧倒的不利に陥った。一方のロシアは、米国に対して"ジョーカー"を手にしたと言えます。彼のロシア滞在の許可は1年限定。今年の7月に切れます。それを延長するかしないかで、ロシアがスノーデン氏から情報をすべて吸い上げたかどうかが、わかりますよ」(元・時事通信社ワシントン支局長の小関哲哉氏)

プーチン大統領率いるロシアにとって、最大のライバルである米国への切り札となったスノーデン氏。

さらに、一連の告発によって、人権擁護を主張する世界中の人権団体から英雄視されるようになった。

「米国の暗部を暴露したスノーデン氏は、米国をよく思わない国や団体から見ればヒーロー。事実、イギリスやフランスの知る権利を擁護する団体からは賞を授与されていますからね。

先日、ノルウェーの元閣僚が、彼をノーベル平和賞候補に推薦したと報じられました。受賞は逃しても、こうした動きがさらに広まれば、米国はさらなる苦境に立たされるでしょうね」(外交問題に詳しい参議院議員・浜田和幸氏)

スノーデン氏が持つ機密情報が、垂涎の"対米カード"であることは論を待たない。

ただ、「NSAが盗聴しているのは、インテリジェンスコミュニティの人間なら誰でも知っていたこと。バレていないだけで、他の国々も多かれ少なかれやっています。ロシアにも、軍参謀本部傘下にGRUという情報機関があります。ここでは盗聴などの秘密工作も行っている。米国がこれを知らないわけはないので、プーチンがスノーデンを匿うのなら、報復としてロシアの悪行を暴露して対抗できる。でも、米国がそれをしないのは、なぜか。不思議でなりません」(前出・黒鉦氏)

02月23日公開のvol.02続く・・・。

週刊大衆02月24日号

参照元 : 日刊大衆


元CIAスノーデン暴「露米政府と巨大宇宙人秘密基地」 vol.02

2014年2月23日 07時00分

2

その理由は、米国がロシアを刺激して、ある情報を漏らされることを恐れているからだという。

「実は、スノーデン氏が持ち出した米国の最大の機密は、"米政府と宇宙人に関する情報"だと言うんです」(日本宇宙現象研究会会長・並木伸一郎氏)

スノーデン氏は昨年、ウェブサイト「インターネット・クロニクル」上に、米国の機密文書を公開。その内容は、「地底には高度な文明を誇る知的生命体が生存している」という驚くべきもの。本誌でも、関連記事を報じた。

そしてさらに、「今年に入って米有力誌『フォーブス』が、"米政府は背の高い白いエイリアンに支配されている"と題する記事を掲載したんです。記事はイラン国営のファルス通信の報道を引用したもので、フォーブス誌は荒唐無稽と斬り捨てていますが、その内容は衝撃的です。ファルス通信は、スノーデン氏からもたらされた情報をもとに、ロシアの情報機関・FSBが作成した報告書にあった内容だと説明しています」(前同)

報道によれば、背の高いエイリアンは2〜3メートルの白人を思わせる容姿をしており、1950年頃に米政府に接触。以来、米政府との共同基地で技術研究を行っているという。
 
「スノーデン氏が告発したNSAによる地球規模の盗聴網も、このエイリアンの入れ知恵だとされています。真偽のほどは不明ですが、もし共同の秘密基地があるとすれば、ネバダ州にある"エリア51"と呼ばれる空軍基地がそれに該当するのではないでしょうか」(同)

なんだか、オバマ大統領の顔が宇宙人に見えてきた気がする!?

週刊大衆02月24日号

参照元 : 日刊大衆