【衝撃】CIAがレッチリの曲を拷問に使用していた可能性が浮上 / メンバー「やめさせるために何でもする」

flea

アメリカ上院情報特別委員会は2014年4月3日、CIA(米中央情報局)は虐待的な尋問プログラムに関する報告書について、その主要プログラムの公開を可決した。そのなかに驚くべき内容が盛り込まれていたことが判明したのである。

その内容とはテロ容疑者の自由を奪い、ロックを大音量で延々と流していたというもの。使用された楽曲は、世界的ロックバンド「レッド・ホット・チリペッパーズ」(以下、レッチリ)のものであった。このことを知ったメンバーは不快感をあらわにして、このようなことを繰り返させないための策を講じる考えを示している。

・フルボリュームで際限なく再生
この拷問が行われたのは2002年頃とされている。CIAに捉えられた2人のテロ容疑者が、のちにカタールの衛星テレビ放送アルジャジーラに話したところによると、拷問には10の方法があったという。

そのうちのひとつに彼らの楽曲が使用されていたそうだ。アブ・ズベーダという人物は、天井に手を縛り付けられて、フルボリュームでレッチリの曲を際限なく聞かされたという。

・メンバーは不快感
このことについて、バンドのドラマーであるチャド・スミスは不快感を示し、「気に入らない」と海外メディアのインタビューに応えている。また、ベーシストのフリーはTwitterでショックを受けていることを告げ、「やめさせるために何でもする」と発言しているのだ。

・歌詞のない楽曲
ちなみに使用された楽曲は不明だが、歌詞のないものであったとの情報もある。それにしてもひどい話だ。音楽に対する冒涜であり、メンバーが不快感を示すのも当然である。全容が速やかに解明されることを願う。

shutterstock_109571897

参照元 : TMZ MEDIATE
Twitter :Flea(英語)
執筆 : 佐藤英典
ロケットニュース24

ベーシスト、フリーのTwitter投稿▼

TMZのインタビューを受けるドラマーのチャド・スミスの映像

海外のニュース映像▼


【関連記事】
元CIA=米中央情報局の職員、エドワード・スノーデン容疑者が暴露!自民党もアメリカ情報機関に盗聴されていた

【米無人機攻撃】米CIA「民間人はほんの少ししか殺していない」

アメリカの情報機関「NSA・国家安全保障局」が極秘に大量の個人情報を収集していた事が発覚

産経新聞(統一CIA系新聞社)が全国版1面で統一協会と日韓トンネルを言及する記述を含む記事掲載

米軍の無人偵察機攻撃による”民間人殺害”開き直りは許されない!真実の告白という点で、アルカイダの方が米国よりも上?

NSA=アメリカ国家安全保障局による情報収集活動の実態を暴露したエドワード・スノーデン容疑者「私は使命を果たした、すでに勝利した」

【産経統一教会CIA新聞】首相に逆らう法の番人「憲法守って国滅ぶ」 ⇒ 首相守って国滅ぶの間違いだろ?